« 新刊案内 | トップページ | »

2007.06.27

外交とは、武器無き戦い

※ 慰安婦決議案、米下院委が可決 「公式に認め謝罪を」
http://www.asahi.com/international/update/0626/TKY200706260444.html

 本議会での決議まで行くかどうかが次の焦点になるんでしょうか。野党が主導権を握る議会では十分に起こりうることですから、起こってしまったことは致し方ない。ひとつ注意しなければならないのは、今回は、慰安婦決議として結実したけれど、これをアメリカで画策した連中は、何も慰安婦問題に限定しなくても、議会を動かして日本を叩くだけの力を持っているということですから、今後は、防衛問題や経済問題問題等でも難癖を付けて来る可能性は十分にある。
 韓国系アメリカ人はともかく、中国系に関しては、彼らも山ほどアキレス腱を持っているわけですから、北京がそういう手に出るのであれば、こっちにも考えがある、とチベットやダルフール問題で、非難決議をバンバン仕掛けるだけのことはやらなきゃ駄目ですよ。
 これは武器を持たない平時の戦争なのだという認識をもってこそ、初めて挽回のチャンスを得られる。

※ 日本の生活に絶望、北朝鮮へ帰国=脱北女性「誘拐された」と主張
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000075-jij-int

 放っておけ。ただ、生活できなければこうなることは目に見えているわけで、帰還事業で騙された皆さん、どうぞ帰って来て下さい、というのであれば、きちんとケアできる体制を整えるべきでしょう。民団とかも支援策を持つべきだと思う。

※ 県警本部長「買収会合、証拠上なかった」 県議選事件
http://www.asahi.com/national/update/0627/SEB200706260023.html
*県警元幹部が元被告らの供述変遷に疑問
http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000706270001

 裁判では事実上の白旗なのに、議会でのらりくらりと逃げ回って、有権者への侮辱ですよね。警察が一人治外法権で民主社会に君臨するなんてことが許されるはずもない。こんな状況を日本全国で許すから、現場が暴走して冤罪の山を築き続けるんです。

※ 鹿児島県警 「調べ協力すれば出してやる」 「冤罪」後も自白強要か
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kagoshima/20070626/20070626_003.shtml

>昨年11月に逮捕された

 昨年の暮れと言えば、志布志事件の冤罪説が大っぴらに語られていた時期なのに、まだこんなことをやっていたんですよね。つくづく学習能力の無い連中です。

※ 光市母子殺害 元少年「危害加えるつもりはなかった」
http://www.asahi.com/national/update/0626/OSK200706260069.html

 私は、この事件の弁護団は、元少年を死刑にするという明確な目的があるんだろうと思います。これが一審二審レベルで出ていた話ならともかく、突然、こんなキテレツな話を持ち出しても仕方無いでしょう。まだしも、少年犯罪しかも事実上の初犯で死刑は許されない、と言う方が、それを回避する可能性はある。
 弁護団の目的は、こんな出鱈目な弁護方針であっさりと死刑判決を出させて、死刑制度の残酷さをアピールすることが目的ですよ。無期懲役とかで落ち着いて一番困るのは、この弁護団だと思う。

※ 新型新幹線 広がる座席幅、技術と苦心の1センチ
http://www.asahi.com/life/update/0625/NGY200706250004.html

 3列シートを止めりゃ良いジャン。JRに限らないけど、日航のビジネス3列シートとか、何考えてんだよ? と言いたくなりますよ。

※ 「ズボン弁償67億円出せ」訴えた裁判官が全面敗訴
http://www.asahi.com/international/update/0626/TKY200706260464.html

 近年希に見る清々しい判決ですね。アメリカの司法にもまだまだ良心はある。

※ どうでも良い機内話

 以下の話は、本来どうでも良い話ですから、そのつもりで読んで下さい。飛行機好きな読者が多いからご報告するまでの話でして。私がエアラインに求めるものは、定時運行と、仕事が出来る環境、つまりパソコンのバッテリー関係だけです。欲を言えばルフトみたいな機内LANサービスも欲しいけれど、今の日本のエアラインにそこまで求めるのは無理だから。私はエアラインに安全すら求めるつもりは無いです。それだって結局はコストとトレードせざるを得ないのですから。

 まず往路での失敗。朝飯を食い損ねました(~_~;)。これは今でもちょっと後悔している。別に爆睡していたつもりも無いんだけど、起きたら、着陸まで1時間ちょっとで、デスから「朝食終わりましたが、お持ちしますか?」と尋ねられて、着陸までの時間を考えて、「良いです」と断ってしまった。
 帰路の食事。まずメインで、洋食を選んだわけですね。私は、機内で炊いたとか書いてあるご飯を食べるつもりでいたのに、最初にパンが配られて、別にそれを取る意思はなかったんだけど、まあ「いかがですか?」と差し出されたから、ロールパンを一つ取って食べたんです。別にご飯にしますか? パンにしますか? と訊かれたことも無かった。したらとうとうご飯は出てこなかったし、それ以降、パンを「もう少しいかがですか?」と言われることも無かった。
 テーブルを片づける時に、「すみません、私はご飯を食べたかったのですが?」と言ったら、デスが平身低頭2度3度頭を下げに来た。いえ、人間がやることだからミスがあるのは仕方ないけれど、いつもやっていることで、しかも基本的にミスを内在しているサービスのような気がするわけで、改善が必要だと思いましたね。ミールサービスの内容を聞いて歩く時に、せめてパンにするか白米にするかまで訊いてメモすべきでしょう。
 朝食、これも爆睡していたわけですが、幸い着陸2時間前には目が覚めた。したらデスがつかつか寄ってきて、「朝食はいかがしましょうか?」え!? もう終わったのかよ……、と思ったら、そうじゃなくて、フリータイム制を採用しているので、お好きな時にお食べ頂けます、という。ただメニューはショボイんですよね。明らかにコストダウンしているな、という感じでした。私はその時は豚骨ラーメンを食べたのですが。

 全般的に、たとえばビジネスクラスならどのエアラインも普通にやっているウエルカム・ドリンクが無かったり(これは辛い! 食事が始まるまでの2時間ちょっと水無しだもん)、機内使用グッズのサービスがスリッパだけになったり(歯ブラシ等は任意にバスケットからピックアップさせる)、コスト削減の波がこんな所にまで来たのか、という感じでした。

 あと、荷物の宅配の問題。これはちょっと酷いと思いました。今回、ペーパーをSAL便じゃなく手持ちで持ち帰る羽目になって、スーツケースに入れる分と、預けられるかどうか微妙だから、手持ち用意の荷物の二つに分けたんです。手持ちの方は、4キロくらいかな、と思ったら、6キロ越えていた(~_~;)。トータルで33キロ近く行ったけれど、どうにかそれもスーツケースと一緒に積んで貰えました。
 で、私はその手持ちの方を成田で宅配手続きしたかったんですよ。日航の無料サービスで。ところがそれは事前予約が必要なんです。しかも予約センターは日本にしかなくて、昼間しか電話を受け付けていない。時差があるから結局向こうから電話するチャンスが無かった。機内でデスに聞いたけれど、それはもう有料でお願いするしかありませんね、ということだった。で成田に降りて実際にカウンターに出向いたら、それはABCのカウンターだったんです。かくかくしかしかで連絡できなかった、システムとして良くないですよね? と言ったら、向こうはいかにも聞き慣れたクレームだったらしく、「そうですよね」という感じでした。つまりサービスとして、それが使われることを前提としていないんですよね。使えないサービスであることを承知で日航は宣伝している。こういうのは止めて欲しいと思いましたね。そもそもなぜ予約必須なのか、変でしょう、それ。
 ちなみに、アメックスも無料宅配サービスをしているんですが、なんと今回、間違って女房のカードを持参してしまい、カードが全く使えなかったんですよ。私は過去にABCを使ってスーツケースを宅配させて、何度も破損させられた苦い経験があるので、スーツケースの類は必ず自分で持ち帰ることにしています。

 もう一点、これもどうでも良い話ですが、現地での機材移動用に、キャスターを持参したわけです。出発時はカーゴに預けた。預けるまでは全く無事でした。所が、プレスデーに出掛けようと荷物を置いて廊下に出た途端、愕然としましたよ。なんとタイヤ部分が両方とも軸受けから外れている!? 内側のディスクが全壊状態で、タイヤ部分がまっすぐ回らない。ただ機材がやたら重いので、まるでキャタピラみたいにタイヤが回転はするんですけれどね。段差やカーブになると途端に脱輪する。とうに減価償却が終わったキャスターだから、ま良いかと思ったけれど、どんな積み方をすればあんな壊れ方をするんだろう、と思いましたよ、日航さん。

※ メルマガおまけ 痒い

|

« 新刊案内 | トップページ | »

コメント

※ 慰安婦決議案、米下院委が可決 「公式に認め謝罪を」

まず、与野党逆転はこの票差ではあまり関係ありませんね。反対票2票だけ。おまけにホンダ議員が安倍の訪米時の謝罪を受け入れ決議案を棚上げしていた委員長に議決を迫り翻意させたのが、れいの意見広告であったこともわかりましたね。
中国非難決議はダルフールもチベットも行われていますけど中国は平然と無視しているんですよね。日本も中国と同じ政治体制ならそういう真似も出来るんでしょうけどね。

投稿: | 2007.06.27 10:21

>ダルフール問題で、非難決議をバンバン仕掛けるだけのことはやらなきゃ駄目ですよ。
すでに米議会ではダルフール関連で決議案や法案が20以上あげられてますよ。なかには北京オリンピックボイコットなんてのもあるとか

投稿: たまお | 2007.06.27 10:30

>機内話
JALのサービスにお怒りのようですが、フライトキャディーサービスは、インターネット経由でも予約ができます。先生は、海外出張中もブログを更新されていたので、PCをお持ちになっていたと思うので、そちらからの予約はお考えにならなかったのでしょうか(JALのサイトから、指定フォームで予約できるようになっております)。

座席の件は、ビジネスクラスは、NHはJL、LH等も2-3-2なので、これはやむを得ないと思います。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.27 11:39

43年も前から定着している3列シートは、言うまでもなく需要見合いです。九州新幹線は普通車も2列ですし、山陽新幹線のこだま、ひかりレールスターの指定、かつての東海道こだまの指定(2&2)も同様。
3列が嫌なら日垣先生のようにグリーンに乗る手もあります。誰の支出かはともかく。

投稿: | 2007.06.27 12:02

>光市母子殺害
これ、何がムカツクって、犯人もさることながら、この弁護団です。あれは法廷侮辱罪(?)に問えるんじゃなかろうか?
裁判の場に望むのは、罪に応じた罰を法に照らして公正に定める場であって、事実を捻じ曲げてまでの犯罪の値引き交渉の場なんかではない。ここを勘違いしている馬鹿弁護士には、きっちりと懲罰を加えるべきだと思いますね。

投稿: | 2007.06.27 12:27

CAのこと「デス」ってのはどうかと思いますよ、このデブ。

投稿: | 2007.06.27 12:30

>慰安婦決議案、米下院委が可決 「公式に認め謝罪を」

2006年9月に決議された時も、広告が出ていたのか?
中韓が直接言っても効かなくなったから、やり方を変えてきただけだろ。

投稿: | 2007.06.27 12:37

>この事件の弁護団は、元少年を死刑にするという明確な目的があるんだろうと思います

少なくとも弁護団は被告の弁護される権利を著しく損ねているという自覚を持つべきだと思いますね。
弁護団は後からチョークスリーパーの体制で奥さんを締め上げたと言っているのに、それでいて「危害を加えるつもりが無かった」とか言っているらしいですから。
あの技は明確に相手を落とすか絞め殺す、或いは苦しめて降参させるつもりじゃないとかけられません。
格闘技未経験でもそんなのは一回かけてみれば分かると思うのですけどね、、、
個人的には「もういいからさっさと吊るしてやれ」と思いますが(笑

この件で「ネットイナゴが暴れている」という論点からしか見る事が出来ていないブログと最近コメントを交わしたのですが「弁護団が死刑廃止という思想信条の実現の場に法廷を利用しているしそれが事実でなかったとしても被告の権利を著しく害しており問題である」と書いた所、例え弁護側の思想信条のせいで被告が害を被ったとしても弁護士としての責務に忠実なだけであり全く問題ない。誠実義務があるから当然の事だ
とブログ主とは別のそこの常連に言われました。
、、、俺が悪かったのだろうか?('A`)

何れにしろ他のブログに行って論議すると、大石氏のブログは色々な立ち位置の人間がお互い上手く共存し議論を発展する事が出来る稀有な場所だと改めて感じました。
同じ傾向の人間だけが集まってそこから少しでも意見がぶれた場合はブログ主、常連総がかりで追い出してしまうならば、ミクシィのように許可制にしてしまう方がよほどいいですから。

あと左側の意見を持つならばある程度軍事と歴史に詳しいべきだとも。
何か無闇に疲れた、、、orz

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.27 12:41

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000008-yonh-kr
>声明は「数万人の女性が拉致され、だまされて慰安婦になり、日本軍が運営する『慰安所』で強制的に暴行され性の奴隷となった」とし、

'`,、('∀`) '`,、

投稿: SEED | 2007.06.27 12:51

>死刑制度の残酷さをアピール
いやもう、誰に聞いてもますますもってさっさと出来るけ残酷に殺せ、か、もう弁護人も死刑、の二つだけなんですが。

投稿: nanasi | 2007.06.27 13:05

>したらとうとうご飯は出てこなかったし、それ以降、パンを「もう少しいかがですか?」と言われることも無かった。

ちゃんと言わないとだめんだな。ラーメンとチャーハンを頼むと必ずと言っていいほどチャーハンスープがでてこない。他に餃子とビールも頼んであるのにね。そんでチャーハンスープお願いしますって頼むと「なに、このデブ」って顔するんだよ。<まあ、地上の話だが

投稿: TOソープランド | 2007.06.27 13:06

>慰安婦決議案、米下院委が可決 「公式に認め謝罪を」

この問題で米議会に対して過剰反応する御仁が出てきそうなので一言。この日下院外交委員会で議決に付された法案・決議案の一覧です。
http://foreignaffairs.house.gov/markup_notice.asp?id=848

対日決議案のH. Res. 121の他に、H. Res. 427(Urging the Government of Canada to end the commercial seal hunt)やH. Res. 467(Condemning the decision by the University and College Union of the United Kingdom to support a boycott of Israeli academia)といった割とどうでもいい決議案がわんさか上程されてます。アメリカの下院決議というのは所詮その程度のものです。

アメリカの下院議員は2年に1度、地元の有権者に自分がこんな立法を行ったという実績をアピールして再選を勝ち取らなくてはならない。基本的に党議拘束もなければ政府提出法案もない(=全て議員立法)、日欧の議院内閣制とは全く別物の議会制度の下で、彼らは日々選挙民向けの実績作りに余念がないのです。何せ各会期ごとに個々の議員がどのような法案を幾つ提出したかや本会議でどのような投票行動を採ったかを市民団体や圧力団体が監視し、その記録を基に有権者は投票するのですから。例のホンダ議員だって自らの出自よりも選挙区事情の方が議員であり続けるためにはよっぽど大事。そういうアメリカの政治過程の実態を知らずに、今回の決議案に対抗して日本もアメリカの戦時人権侵害を挙げつらおうとか言い出すのは政治オンチ以外の何者でもありません。

投稿: | 2007.06.27 13:21

あとアメリカの共和党・民主党を「与党」「野党」と呼ぶのも厳密には間違いですね。厳格な三権分立制(大統領と議会の二元代表制)を採るアメリカではそもそも「与党=議会多数を占める政権党」という概念はなく、大統領の政党如何に関係なく向こうで言うところの議会のmajority partyとminority partyがあるだけです。(議会多数党は勝者総取りのルールに従って議長職と全ての委員長・小委員長職を独占することができ、議会運営で主導権を握れます。去年は本会議で通らなかった慰安婦決議案が今回通りそうなのは民主党議会で主要ポストが完全に入れ替わったせい。)大統領を輩出している政党と議会の多数党とが食い違ってる現状は与野党逆転ではなく執政府と立法府が分断されているdivided government(分割政府)ということになります。

投稿: | 2007.06.27 13:45

>慰安婦決議案、米下院委が可決 「公式に認め謝罪を」

大戦末期に米陸軍のOSS(戦略情報局)が作成した日本軍
慰安婦の取調べ調書ではっきりと、これは商行為だと
認定してるんだからこの調書を錦の御旗にすればよかった
と考えます。
インドネシアのオランダ人慰安婦の事件にしてもすでにBC級
戦犯の裁判で首謀者として慰安所の経営者の民間人が服役
しているんですから、その当時では日本軍による法的強制とは
とらえられていないのは明白なわけで。
もし謝罪をせよというのならばアメリカがまず戦犯の捜査が
いい加減で杜撰だったと認めなきゃ矛盾してしまうと思う
んですよ。それでそこの所を徹底して攻めるべきだったのではないか、せめてアメリカの腕利きの弁護士や宣伝の専門家を雇って広告を出すべきじゃなかったかと思いますね?

投稿: BBX | 2007.06.27 13:59

結局はFACT5で共和党議員まで敵に回し、ホンダに安倍と面会して本会議上程を見送るつもりだった議長説得する材料を与えてしまったWP意見広告出したアホどもがいけないんだろう。
下村官房副長官が必死で掲載やめてくれ、議員は賛同してくれるなと説得して回っていたのにね。まあ、だから賛同者は民間人と無所属平沼を除いては陣笠連中だけだけど。

投稿: | 2007.06.27 14:50

> 3列シートを止めりゃ良いジャン。JRに限らないけど、日航のビジネス3列シートとか、何考えてんだよ? と言いたくなりますよ。

非常に簡単かつ顧客対応として重要な理由です。3列を用意しておけば奇数組団体をうまく配列できるからです。一般旅行でのビジネス利用者も増えてますから、重要な経営戦略にしている可能性だってあります。

投稿: | 2007.06.27 16:09

>これをアメリカで画策した連中

7年前からホンダ議員が謝罪決議案を出していましたが毎年蹴られてました。
今回、外交委員会で通ったのは安倍首相の「狭義の強制は無かった」発言と日本の超党派議員によるワシントンポストの広告のせいなのですが。
この人達は画策した連中と仲良しなんでしょうか、それとも踊らされたのでしょうか?

ホンダ議員はマイノリティー保護に奔走しており911以降のイスラム教徒保護にも動いたことがあるのですが「画策した連中」ってどんな集まりなのやら。
http://www.chosunonline.com/article/20070212000058
>2006年にイスラム教徒の下院議員当選者がコーランに宣誓をするとし、他の議員たちから批判された際も、ホンダ議員は黙っていなかった。そして「米国は多様性を受け入れなければならない」と反論する公開書簡を発表した。

投稿: 名無しさん | 2007.06.27 19:01

>慰安婦など諸々・・・・・

関ヶ原で敗れた薩長も268年間辛抱した、大戦で敗れたのも薩長が作った政府だからここは先人に習ってもうしばらく辛抱を・・・・

関ヶ原の戦い、慶長5年(1600年)→→・・・・・・→寛文2年(1662年)→→・・・・・・・・・・→明治維新1868年
太平洋戦争終了、日本敗北(1945年)→→・・・・→平成19年(2007年)→→・・・・・・・・→2213年(仕返し予定この辺)
                                 ↑
                           今この辺(あと206年ある)

投稿: BBX | 2007.06.27 20:33

>北京がそういう手に出るのであれば、こっちにも考えがある、とチベットやダルフール問題で、非難決議をバンバン仕掛けるだけのことはやらなきゃ駄目ですよ。

もうすでにパンパン出てますからこっちが仕掛ける余地もないかと。
なぜかホンダ先生は消極的だったなんて話もあるそうですがねw

http://tameike.net/comments.htm#new
〇幸いなことに、今のワシントンでは慰安婦問題などほとんど注目されておりません。 マイク・ホンダ議員が手柄をあげた。That's all.であります。そんなことより、ああた、今はなんといってもダルフールですがな。関連の決議案と法案が実に25本、だそうです。
女優のミア・ファーローさんが先頭に立っていて、北京五輪のボイコットを、なんて声まで出ています。これをどうやって処理するのか。中国側の手際が見物です。

(おまけ)ジェノサイドオリンピック!と叫ぶ ミア・ファーロー
http://www.youtube.com/watch?v=5gezQh-nMBc

投稿: | 2007.06.27 21:08

>日本の生活に絶望、北朝鮮へ帰国

 やらせの記者会見の後、強制収容所に直行か、良くて1ヶ月くらいの洗脳教育だろうが、まぁ、せいぜい成仏して欲しい。同情できない。


>光市母子殺害 元少年「危害加えるつもりはなかった」

 こちらの弁護士、よほど普通人よりも高度な知性をお持ちのようで……
 http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005
『彼らがそのような主張をするのは、被告人が主張しているからであり、「弁護団が自分たちの主張を展開している」はずがない。』
 なお、依頼人の主張を鵜呑みにしてはならないとは、弁護士のマニュアルにちゃんと書いてあることなのだが。

投稿: 土門見人 | 2007.06.27 21:16

>こちらの弁護士

と言うか、この弁護団のこと良く知らない人なんでしょ。安田ははっきりとインタビューで「大事なのは事実であって被告人が何を主張してるかなんてどうでもいい」って答えてるんですけどね。彼の昔からの持論だし、被告人が本当に甘えたかっただけなんて言ってるのか?の質問に対してこう答えてるところを見ると被告人は元々そんな主張してなかったんでしょうね。

投稿: | 2007.06.27 21:29

>>7年前からホンダ議員が謝罪決議案を出していましたが毎年蹴られてました。
>>今回、外交委員会で通ったのは安倍首相の「狭義の強制は無かった」発言と日本の超党派議員によるワシントンポストの広告のせいなのですが。

 アメリカ議会を語るにあたって、中間選挙の結果をさらりと無視するとは大胆ですね。結論ありきでものごとを見ていると、そのように見えるのでしょうか。

投稿: 7743 | 2007.06.27 21:50

>安田ははっきりとインタビューで「大事なのは事実であって被告人が何
>を主張してるかなんてどうでもいい」って答えてるんですけどね。

んじゃ、やっぱり懲戒請求の要件を満たしているんじゃないのかw

「懲戒請求は違法だ」という書き込みがよく見られます。
本当に懲戒請求が違法になるのかどうか、直接電話して問い合わせてみましょう。

東京弁護士会 弁護士への苦情 (電話) 
ttp://www.toben.or.jp/consultation/complaint/

何人も、弁護士又は弁護士法人について懲戒の事由があると思料するときは、その事由の説明を添えて、その弁護士又は弁護士法人の所属弁護士会に
これを懲戒することを求めることができる。(弁護士法第五十八条)
ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html

投稿: | 2007.06.27 22:22

>イカレた弁護団
 ところで、かの忌まわしき 名古屋カップル殺人(不良どもが恋人同士を拉致してさんざんなぶりものにしたあげく、綱引きのように楽しんで絞殺した、あの事件)の弁護人をつとめ、殺人鬼どもの死刑を回避させたのが、件の安田だという指摘を目にしたのですが、
こういうのはどこで確認できるのか、ご存知の方はおられますか?

投稿: ヨモスエ | 2007.06.28 02:17

※連続投稿になり、申し訳有りません。


>高度な知性をお持ち
>http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005

こちらのブログも併せてどうぞ。
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8f3b.html

投稿: ヨモスエ | 2007.06.28 02:29

>アメリカ議会を語るにあたって、中間選挙の結果をさらりと無視するとは

反対票がたった2票の状態じゃあ、民主共和関係ないね。本会議だったら議長問題もあって関係あっただろうけどね。

投稿: | 2007.06.28 07:59

>慰安婦決議案

よくよく考えてみると、これはアメリカ自身が先の東京裁判や
BC級戦犯の裁判がいかに杜撰でいい加減なものであったかと
いうことを白状しているようなものだな。
 20万人を強制連行でしたっけ?東京裁判においては人道に
対する罪ということを高らかに言っているくらいだから
これが事実ならば何故スルーしたのだろうか?
ものすごく不思議でならないww

投稿: 123 | 2007.06.28 09:39

>JALのサービスにお怒りのようですが、フライトキャディーサービスは、インターネット経由でも予約ができます。

 ですからね、くどくどエクスキューズを書いたように、別に怒ってはいないんです(ーー;)。たかが飯じゃないですか。宅配の件は別ですけれど。
 ネット経由ででも出来るというのは、方法論としてはあるべきだけれど、そんなに実用度の高いサービスでもない。
 私の場合は、本来なら5時間は眠れる所を睡眠時間3時間に削って、ブログを書くために99%のネット体力をいつも使っています。現地では。
 で、その宅配のブックレットをずっと向こうでも持ち歩いていて、ネットでもそれが出来ることは知っていたけれど、それをやるためにほんの10分の時間を割けないんです! 海外旅行てそういうもんですよ。システム的に予約云々の優位性があるなんて思わないから、機内でデスに聞きゃいいや、となるのは致し方ない。

投稿: 大石 | 2007.06.28 09:53

> フライトキャディーサービス

 機中で予約できるようにすればいいだけのことでは?…って、ここに書いてもJALにやってもらえるとは思いませんが。

投稿: rijin | 2007.06.28 10:16

> フライトキャディーサービス

先生、失礼いたしました。ご事情はよくわかりました。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.28 11:39

溜池通信のかんべえ氏が、慰安婦決議の見方について優れた解説をしていますのでご関心の方はご一読を。
http://tameike.net/comments.htm#new
(6月27日分、いずれは↓のURLに収録。)
http://tameike.net/diary/june07.htm

特に以下のくだりは今後の日本の対米外交(とりわけ対民主党戦略)を考える上で肝に銘じておくべき指摘だと思います。

---
〇マイク・ホンダ議員が入っているでしょ? 慰安婦決議を提出したことで、彼が中国からお金をもらっているという報道がありましたけど、こんな風に中国叩き法案にも加勢しているのです。また、ここに名前の出ているラントス議員は、外交委員会の委員長ですが、慰安婦決議でも長文の声明を提出して日本を批判しています。が、それは変なことでも何でもありません。

〇この手の議員たちは、反日でも反中でもなくて、「人権派」なのです。ペローシ下院議長も、中国に対してきわめて厳しい人権派議員の一人です。その彼女が、慰安婦決議を支持しているので、7月には本会議に上程されて可決されるでしょう。今回、彼女が発表した声明文は、「日本はアメリカに取って価値ある友邦だが、この問題についてはそれ以上の義務を果たす必要がある」というものでした。

〇彼らの価値基準で行くと、変な話、「PKOの隊員が買春をしても有罪」になってしまいます。歴史問題についても、いささかステロタイプな考え方をしているかもしれません。「戦前のドイツと日本は悪」という彼らの固定概念を、変えさせることははっきり言って困難だと思います。それでも、例えば日本が北朝鮮の拉致問題を追及するときに、いちばん力になってくれるのはこういう人たちです。日本という国は、アメリカの人権派議員たちを敵に回すよりは、味方にする方が得なんじゃないでしょうか。

投稿: | 2007.06.28 18:42

>アメリカ議会を語るにあたって、中間選挙の結果をさらりと無視するとは大胆ですね。

http://blog.goo.ne.jp/mujinatw/e/99178ff0f956030cb2d94c6df6a438f5
そもそも、「中国の工作」という産経の主張は出鱈目もいいところである。
1.慰安婦決議に積極的な議員は反中・親台の人権派が多い
2.同時にウイグル、台湾に関連した決議も採択されている
3.台湾ファクターの存在を無視している
4.慰安婦など日本軍国主義批判は、中国ではなく米国から起こった見方

日本政府はこれをきっかけにして、従軍慰安婦、植民地支配、靖国A級戦犯合祀、侵略先での虐殺について、衷心から、包括的に、反省し、謝罪するべきである。
そうしてこそ、日本はむしろアジアの他の民主主義平和愛好国家(韓国、台湾、モンゴル、フィリピン、タイなど)と手を携えて、現存するアジアの反民主的軍国主義国家の現在進行形の人権侵害を批判する先頭に立つことができる。

投稿: 名無しさん | 2007.06.28 19:54

>日本はむしろアジアの他の民主主義平和愛好国家(韓国、台湾、モンゴル、フィリピン、タイなど)と手を携えて、現存するアジアの反民主的軍国主義国家の現在進行形の人権侵害を批判する先頭に立つことができる。

 どうせ釣だろうけど(だったらやるなよ、折れ)、戦地売春婦を問題にしているのは特定アジアの三馬鹿だけだし、他の国は問題にも何にもしていないし、親日国ばかり。反日国はほっとけばいい。どうせ、謝罪しなくても、実際には何もできないんだから。外務省と朝日は喚くだろうけど、実際には韓国は、「独島は我が領土」と喚くしかできないし、北はオモチャのようなミサイル撃つだけ、シナはというと日本からの投資が減れば損するのはあっち。光化学スモッグや海洋ゴミ、エチゼンクラゲを輸出されるくらいなら、中国経済が減速した方が、却って有難いんじゃないか。

投稿: 土門見人 | 2007.06.28 21:19

>現存するアジアの反民主的軍国主義国家の現在進行形の人権侵害を批判する先頭に立つことができる。

そんなアホらしいことの先頭に立ちたがるのは、余程のバカか力自慢だけ。

中国とアメリカの人権侵害をお互いに批判させて消耗させておくのが一番。

日本は粛々と2カ国の人権侵害の事実を立証しておくだけでOK。

投稿: ほるほる | 2007.06.28 21:37

>現存するアジアの反民主的軍国主義国家の現在進行形の人権侵害を批判する先頭に立つことができる。

そんなことしなくてもアジアの独立国はこれだけあって
* アゼルバイジャン共和国(バクー)
* アフガニスタン・イスラム共和国(カブール)
* アラブ首長国連邦(アブダビ)
* アルメニア共和国(エレバン)
* イエメン共和国(サヌア)
* イスラエル国(エルサレム、テルアビブ)
* イラク共和国(バグダッド)
* イラン・イスラム共和国(テヘラン)
* インド(デリー)
* インドネシア共和国(ジャカルタ)
* ウズベキスタン共和国(タシケント)
* オマーン国(マスカット)
* カザフスタン共和国(アスタナ)
* カタール国(ドーハ)
* カンボジア王国(プノンペン)
* キプロス共和国(ニコシア)
* キルギス共和国(ビシュケク)
* クウェート国(クウェート (市))
* グルジア(トビリシ)
* サウジアラビア王国(リヤド)
* シリア・アラブ共和国(ダマスカス)
* シンガポール共和国(首都なし)
* スリランカ民主社会主義共和国(スリジャヤワルダナプラコッテ)
* タイ王国(バンコク)
* 大韓民国(ソウル)
* タジキスタン共和国(ドゥシャンベ)
* 中華人民共和国(北京)
* 朝鮮民主主義人民共和国(平壌)
* トルクメニスタン(アシガバート)
* トルコ共和国(アンカラ)
* 日本国(東京)
* ネパール王国(カトマンズ)
* パキスタン・イスラム共和国(イスラマバード)
* バーレーン王国(マナーマ)
* バングラデシュ(ダッカ)
* 東ティモール民主共和国(ディリ)
* フィリピン共和国(マニラ)
* ブータン王国(ティンプー)
* ブルネイ・ダルサラーム国(バンダルスリブガワン)
* ベトナム社会主義共和国(ハノイ)
* マレーシア(クアラルンプール)
* ミャンマー連邦(ネピドー)
* モルディブ共和国(マレ)
* モンゴル国(ウランバートル)
* ヨルダン・ハシミテ王国(アンマン)
* ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)
* レバノン共和国(ベイルート)

*

o 北キプロス・トルコ共和国
o 中華民国・台湾(台北)
o パレスチナ自治区
などと中韓以外は十分に手を携えてやっていけるよ~んww
不思議なことにほかのアジアの国からはほとんど慰安婦問題が出てこないのはなんでだろ?それにミャンマーくらいしか軍事政権が
思い浮かばないんだが(タイもか?)

投稿: 123 | 2007.06.28 22:20

 ↑
将軍ちゃまんところが抜けとったわwww

投稿: 123 | 2007.06.28 22:21

>戦地売春婦を問題にしているのは特定アジアの三馬鹿だけだし

中国政府がさほど騒いでいないことに気が付いてませんね?
是非とも中国政府が韓国政府並に熱心に日本に対して抗議しているというのであれば”ソース”を知りたいです。

投稿: 名無しさん | 2007.07.01 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交とは、武器無き戦い:

« 新刊案内 | トップページ | »