« 魔女狩りのレシピ | トップページ | 鹿屋方式崩壊? »

2007.06.21

小ネタ連続

 本日金曜日の更新は、れいによって午後の3時4時になろうかと思います。

 すみません。ちょっとバタバタして更新が大幅に遅れました。

※ ロシア美人ピアニスト“貧乏ソナタ”高級下着を万引
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007062101.html

  この事件のことは気になっていたんですが、万引きの金額も知れていることを思うと、名前から顔まで晒される必要は無いんじゃないでしょうか。ニュースバリューは当然あるにしても、犯罪の程度は考慮されるべきであって、交通事故で書類送検程度で芸能人が晒されたり、明らかに犯罪報道にルール作りが必要だと思うわけですが。
 マスゴミは人権人権と言うくせに、こと犯罪になると、被害者の人権も容疑者の人権も吹き飛ぶんですよね。

※ フジモリ元大統領、参院選出られるの…ペルーで波紋広がる
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070620id22.htm

 台風の目玉になるね。少なくとも話題性はある。問題は、今彼は国外だから、担いだ側が狙ったほどの露出効果は得られないだろうことですよね。そもそも仕掛けた人々は、本当は何を狙っているのか。

※ 【タイ】円谷プロ、タイ製ウルトラマン撲滅へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000004-nna-int

>円谷プロは、円谷皐元社長とチャイヨーのオーナー、ソンポート氏が交わしたとされる「『1976年契約書』は偽物」と主張

 それは無理があるでしょう。だったら司法の場でそもそも契約書無効という裁定が下っているはずで。しかし、こんなトンデモな契約内容、いくら76年とはいえ、当然弁護士が加わったはずなのに、なんでこんな条件を円谷は飲んだんだろう。

※ 日本のアニメ、「マッハGoGoGo」が米で復活
http://www.asahi.com/culture/update/0621/JJT200706210009.html

  実写版の話じゃ無かったの? でもアニメ自身は、アメリカ人は分からないだろうけれど、東洋系の顔立ちの登場人物たちが、悪辣な白人らが仕掛ける罠をものともせずにレースを勝ち進んでいく所に醍醐味があったんですよね。そういう意味では非常に子供の愛国心をくすぐるアニメだったと思う。

※ 来年の南極観測隊、豪船をチャーター
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070620ik21.htm

 これ、そもそも退役する「ふじ」……、じゃない、「しらせ」の行方は決まっているんでしょうか。トン数を考えると維持費もバカにならないだろうけれど。

※ エベレストに高規格道路 中国、五輪へ観光促進
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070620/chn070620005.htm

 産経がこういう記事を何の解説もなしに掲載するのはどうかと思うんだなぁ、ぼくぁ。

※ NTTコムウェア:3D映像に「触れる」感覚の新技術開発
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20070621k0000m020037000c.html

  ふむ。つまりこれは……(以下、ちょっと下品なので、400字ほど書いたことにして各自脳内補完して下さい)

※ 閉鎖空間で520日間…火星行く前に訓練でヘバる?
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007062028.html

 ぜひ、ネットで生中継して欲しいですね。殺人事件くらい起こるかも知れない。

※ 結核の男性、感染知らずさいたま市立病院を47回訪問 新生児約100人が結核の検査へ
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/CONN00112904.html

 最近、結核といってもピンと来ない、というか、病気の存在そのものを知らない人間の方が多いだろうからなぁ。

※ 「男女関係は事実無根」週刊新潮を提訴…社民・又市幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000305-yom-soci

 新潮よ、弱い者虐めは止めてコムスン書けよ、ゴルウァ!

※ 3等なのに「1等書記官」の職歴 世田谷区議を書類送検
http://www.asahi.com/national/update/0621/TKY200706210116.html

>調べに対し「票を得るため意図的に偽った」との趣旨を供述しているという。

  よ! 職を辞した後まで2枚舌とは、さすが外務省。

※ 「早ければ2060年に世界の終末」 ニュートンが予言
http://www.asahi.com/science/update/0621/TKY200706210132.html

 まこの人は錬金術に入れ込んだ人でもありますからねぇ……。

※ 「ブラックホールは存在しない」米物理学者らが新説
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070621i404.htm

 ええっ!? トレッキー、それは困るんですけれど……。

※ 姉が産み、妹が赤ちゃん置き去り 高校生2人を書類送検
http://www.asahi.com/national/update/0621/OSK200706210027.html

 久しぶりに親の顔が観てみたいというか、家庭環境がどうだったのかを知りたい。

※ 「豚肉混入は日常的」「社長の指示」パート従業員が証言
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070621i205.htm?from=main2

 あまり興味が無かったのでスルーしていましたが、ミンチとはいえ、豚肉と牛肉は食感で違いが分かると思うのですが……。

※ ブラックベリー禁止令 仏国防総事務局 「機密漏洩の危険性」
http://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/070621/erp070621000.htm

 正しい決定だと思う。うみゅ。

※ メルマガおまけ 日本絡み2題

|

« 魔女狩りのレシピ | トップページ | 鹿屋方式崩壊? »

コメント

>マッハGoGoGo
チキチキマシンもいいのでは。きっとオタ受けすると思う。

投稿: | 2007.06.21 16:43

マッハGOはアメリカで既に一度作られているし日本でも何年か前にリメイク版があったはずだけど。

投稿: | 2007.06.21 16:50

>豚肉と牛肉は食感で違いが

たぶん、豚を混ぜたほうが旨かったw。

投稿: nao_c/w | 2007.06.21 17:28

>豚肉と牛肉は食感で違いが分かると思うのですが……。

肉種鑑別法でぐぐったところ、比較的簡単に判定はつくようです。

食肉および食肉製品の簡易な肉種鑑別法

http://jlta.lin.go.jp/chikusan/houkoku/h11_129.html

http://nilgs.naro.affrc.go.jp/SEIKA/animal/13/1317/1317.htm

 

投稿: pfe | 2007.06.21 17:39

> 日本のアニメ、「マッハGoGoGo」が米で復活
日本の漫画、アニメを見ても黄色人種と白人種の書き分けの約束事が
分かってないから彼らにはみんな白人に見えるみたいですね。

投稿: | 2007.06.21 17:51

>たぶん、豚を混ぜたほうが旨かったw。

肉は豚と牛の合挽きのほうが牛単体よりもおいしいよってじっちゃんが言ってた(笑


>NTTコムウェア:3D映像に「触れる」感覚の新技術開発

最近NHKで始まった「電脳コイル」ってアニメがあるのですが、それではデータ用ゴーグルさえあればデータグローブなしでデジタルデータに触れる事が出来る設定になっていました。
映画だと「マイノリティリポート」とかにも出てきた気が、、、あれは違ったかな?

大石氏の自粛なアレコレは「ルサンチマン」って漫画で出てきますよ。
もうそのままの奴が(笑

記事だと遠隔地の物を触るとかって話になってましたけど、360度モニタやらヘッドマウントディスプレイやらから3次元投影した入力装置(キーボードとかボタンとかウィンドウとか)を操作するためのものとしても使われていくと思います。
あとは遠隔ロボットの操作とか?
(ムーンライトマイルって漫画では宇宙での作業などはそれを使ってロボットにさせてました)

つか芸術品とかの疑似体験とかに擬似接触使うのはどうだかなぁ、、、海外では彫像は触覚も含めて鑑賞だと考えて、直接触れられる所もあると聞きますし。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.21 18:12

今日の話題とは関係ありませんが、PXとCXのロールアルトが、7月4日、同時に行われることが決まったようです。
例のリベット問題が解決したとか(実際には、交換できない部分もあったようで、周辺の補強で対応しているようです)。

海外の航空ショーにUS-2と一緒に展示されることは、ないでしょうかねぇ。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.21 18:48

>「しらせ」の行方
 まさか、日●海のG域で新型対艦ミサイルの的って事は……
 まぁそれはともかく、「ふじ」の時は7つの地方公共団体が取り合っってましたけど、今回はどうですかねぇ。個人的には、名古屋で引き取って「ふじ」の近くにってのがベストと思いますが。
 
 「ふじ」の時もそうでしたが、どうなるにしろ話が進むのは退役してからって事で。

>トレッキー、それは困るんですけれど~
 ロミュラン帝国の主力艦である、デイダ・リデクス級(ロミュラン・ウォーバード)が動かなくなっちゃいますね。あのクラスのフネ、リアクター内のマイクロ・ブラックホールを動力源に使ってますから。
 

投稿: 名無し二等空士 | 2007.06.21 20:36

>マッハ号
実写版はウォシャウスキー兄弟が製作中だよ。問題は三船剛が日本人じゃなさそうなことだがw
http://www.usatoday.com/life/movies/news/2007-05-30-speed-racer_N.htm

押井守の新作は恋愛映画wらしい。さすがの押井も興行を気にしないといけなくなったのかね。
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/06/20/046/index.html

ヒットしなかったけどアップルシードの続編も公開されるらしい。音楽YMOというか細野さんなんだよな。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=2793

>豚肉混入
本当に豚肉だけだったのか。阿刀田高ならおいしい短編でも書きそうだ。

投稿: | 2007.06.21 22:00

>日本のアニメ、「マッハGoGoGo」が米で復活

米では宇宙戦艦ヤマトが人気だったらしいです。たぶんというか、絶対にアメリカの人たち東洋系かどうかなんてわかってないですよw
もっとも、日本でも宇宙戦艦ヤマト初めはたいして人気がなかった。たしか、アメリカで大人気?で逆輸入ブレイクだったんですよね。

投稿: レレレ | 2007.06.21 23:36

>「しらせ」の行方
海上自衛隊所属で乗組員も自衛隊員ですよね?
砕氷能力もあるし、対ロシア用にオホーツクに
・・・

投稿: リュート | 2007.06.21 23:42

ヤマトは視聴率が悪くて打ち切りになった。だから後半が端折られていて不自然。再放送で人気が出て海外向け再編集映画版が作られ社会的ヒットになった。放映開始当初はオープニング音楽も暗いイントロで現在のアレンジと異なっていたたため、視聴率低迷と相まって現在の明るくビビッドなイントロに途中から変更になった。音楽を独立して聴ける形式で作りこまれた作品としては富田勲が音楽を担当したジャングル大帝があるが、当時テレビアニメの音楽は効果音的添え物の要素が強く、テーマ音楽としてこれほどヒットしたものはそれまでなかった。このどちらの作品にも豊田有恒が参加している。

投稿: | 2007.06.22 01:25

出版不況:戦記物ほかの朝日ソノラマ店仕舞い
http://www.asahisonorama.co.jp/hp/whatsnew/readers.html
朝日新聞本社出版事業部へ引き継ぐったって

投稿: ponchang | 2007.06.22 06:51

ヤマトといえば、朝日ソノラマ文庫で小説化してましたね。
アニメ作品の小説化のはしりではなかったか。

投稿: あんぶっしゅ | 2007.06.22 08:45

> ヤマトといえば、朝日ソノラマ文庫で小説化してましたね。

 文・豊田有恒。

投稿: rijin | 2007.06.22 09:27

横から失礼しますが、朝日ソノラマの「宇宙戦艦ヤマト」は二種類あり、テレビの忠実なノベライズ(すみません、こちらの方は作者を覚えておりません、これが豊田有恒だったのでしょうか)と石津嵐によるオリジナル小説版の二つが存在します。

テレビのノベライズも石津嵐の方も、当初ハードカバーで、後に文庫化されていたはずです。

投稿: いーの | 2007.06.22 10:35

>文・豊田有恒
いえ、石津嵐氏の作で、豊田有恒氏は原案ですよ

投稿: Sug | 2007.06.22 10:43

そうでしたか。失礼しました。<(_ _)>

投稿: rijin | 2007.06.22 11:51

ヤマトのノベライズは、朝日ソノラマ文庫の第一回配本2冊のうちの1冊、著者は石津嵐氏と記憶しています。
(もう1冊は宇宙海賊船シャーク)
結末はTVシリーズと違ったもので、
最後に地球に戻るのは古代進と森雪の2人だけで
ヤマトは沖田艦長+古代守以下・・・
地球人類を救う方法は××だし・・・
という当時のガキンチョだった自分にはショックな内容でした。
豊田有恒氏の「TVシリーズ」のノベライズものは後年ソノラマ文庫に収録されたと思います。
(違っていたらごめんなさい。)
ソノラマ文庫といへば、クラッシャージョーや魔界都市新宿等々も納められたものでしたがねぃ・・・


投稿: あんぶっしゅ | 2007.06.22 12:58

>フジモリ大統領出馬要請

これは要注意ですね。
将来的にフジモリを首相にする事で政権を奪取する国民新党の作戦でしょうが、私に言わせれば危険です。

彼はペルーの大使館事件の時は辣腕を発揮したし、優れた人物でしょう。しかし日本国籍はもっているものの、日本の首相としてうまくやれるかはわからないし、本物の独裁者になるかもしれない。豪腕とはそういう事ですからね。

アメリカあたりがこれをきっかけに日本の政治への介入を企むかも知れないし、慰安婦問題でもそういうふしがあるにも関らず、敵に付け込まれるような事をするのは愚かですよ。

人権心理教の国連にせよアメリカにせよ、連中の介入を招くような事はすべきじゃない。

投稿: ペルゼウス | 2007.06.22 13:15

>出版不況:戦記物ほかの朝日ソノラマ店仕舞い

たしかガンダムの小説を読みましたねえ。
アムロとセイラさんが××だし・・・アムロは最後に××
だったし・・・・・。

投稿: R | 2007.06.22 15:00

あまり知られていないかも知れないが、初代砕氷船宗谷は、いまでも海に浮いていて、帝国海軍軍艦としては唯一健在の船となっている。

投稿: 土門見人 | 2007.06.22 15:35

そういやソノラマ版のガンダム小説ってあったらしいですね。
角川版と違うんですかね?

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.22 15:42

ソノラマ版が加筆訂正され角川版。
あと著者名が「喜幸」から「由悠季」に。

コロニーの直径とかが修正されてたりするんだったかな。

投稿: y | 2007.06.22 16:34

土門様

宗谷は特務艦でしたから帝国海軍軍艦とは言えないのでは?

投稿: ひさ | 2007.06.22 16:50

 一応、海軍の軍艦籍に入っており、特務艦とはいえれっきとした軍艦でつよ。日本人の夢と命を乗せて昭和を航海した宗谷は、三笠に次ぐ記念艦として保存すべき。

♪果てしなく続くこの海に、でっかい夢を乗せて行くよ

投稿: 土門見人 | 2007.06.22 21:19

土門様

投稿のご趣旨からはまったく的外れなコメントと言うことは重々
承知の上ですし、枝葉末節にこだわるのもどうかとは思いますが、
明治以来の旧海軍の艦艇類別標準、特務艦艇類別標準では特務艦
(運送艦)が「軍艦」というカテゴリーに含まれていた事はないはずです。
従いまして海軍においては「特務艦宗谷」ではあっても「軍艦宗谷」では
あり得ません。
艦長も正式には「宗谷艦長」ではなく「宗谷特務艦長」だったのです。

投稿: ひさ | 2007.06.24 20:43

それをいうのであれば、駆逐艦も潜水艦も同じく「軍艦」ではなかったことになります。
両者ともに菊の御紋はつきませんし、艦長も正式には、「駆逐艦長」「潜水艦長」でありました。
でも、駆逐艦や潜水艦が一般的に軍艦でないという解釈はありませんので、宗谷も厳密な意味では「軍艦」ではないかも知れませんが、軍艦扱いしても良いのではないかと愚考致します。

投稿: ysaki | 2007.06.25 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小ネタ連続:

» 円谷プロ、タイ製ウルトラマン撲滅に動き出す [ヒーロー★マテリアル]
以前、記事に掲載したタイ製のウルトラマン『PROJECT ULTRAMAN』が、 [続きを読む]

受信: 2007.06.21 19:32

« 魔女狩りのレシピ | トップページ | 鹿屋方式崩壊? »