« 週末家族 | トップページ | 身を滅ぼす諸々 »

2007.06.18

インクタンクの問題点

 ネタになりそうなニュースがあまり無いので、今日は昼頃まで更新を待とうかと思ったけれど……。気になっていた暇ネタを。

 去年の暮れ、久々にインクジェット・プリンタを買って使っているわけですが、最近のプリンタは、インクタンクの残量表示がかなり正確に出るようになりましたね。れいによってどこの家庭でも、まず年賀状シーズンが終わり、入っていたカラータンク各種が底が見えてくると同時に、次の年賀状シーズンまでプリンタはお休み状態に入るわけです。
 それでうちのも似たような経過を辿ったのですが、ここ一ヶ月ビジネス・レターを綺麗にプリントしなければならない用事が相次ぎ、でもそれは黒色だけで済むので、まいいか……と思ってこまめに立ち上げていたんです。
 話には聞いていたけれど、5パーセントくらい残っていた他のカラータンク各種が、起動してノズル掃除を掛けるたびに減っていく!? そうやってたちまち3本のタンクが空になりました。これは使用上激しく改善の余地ありと思うのですが。
 たとえば、黒以外のノズルは掃除しないとか、掃除専用のクリーニング・タンクを別途組み込むとか。インクジェット・プリンタはそういうものだと予備知識はあっても、なんかそれって、日常性から乖離してますよね。

※ 「医療崩壊」が深刻化 国の「対策」に批判
http://www.j-cast.com/2007/06/17008471.html

>米国型オープンシステム

 そんなにアメリカでこれが普及しているようには思えないんですが。確かに院外の医者が出入りしていても不思議は無い雰囲気はドラマ等にもあるけれど。
 それにうちの田舎辺りだと、余所の開業医ドクターが、余所の開業医のオペを手伝いにくるなんて昔からありましたよ。私はそうやって中学の時に盲腸の手術を受けました。診断と手術は胃腸科だったけれど、外科病院のドクターが来ていて、え? たかが盲腸で……、と驚いた記憶があります。

※ 日テレ番組に黒塗りの人物“出演” 再編集で苦肉の策
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070618/wdi070618000.htm

 何それ、話題作りそのものじゃんとしか思えないけれど。田中康夫も長らくラジオをお休みしているけれど、これって変ですよね。もう少し改善の余地がありそうな気がしますが。

※ 【西海岸から】潜水艦の旅
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070618/usa070618003.htm

 本当かよ!? それ。行きたいなぁ。一度しか乗ったことが無い。潰れた時に、何かメンテが大変でどうのこうのと聞いた記憶があるけれど。TDSの奴は全然潜らずに、ただアクリルガラスの隙間に水と気泡を流して水中を偽装しているけれど、ワールドのこれはちゃんと潜るんですよね。

※ なんと9割女性…武将オタ“戦国時代ショップ”
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/57572/

 ぼくぁ初耳だな、そんなの。ガノタの9割が女性です、とか言われても信じられないもの。つかプレゼント用か?

※ 白人少女に性的行為の黒人男性、禁固10年
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/57563/

 これは人種差別と言って良いような気がするけれど。

※ メルマガおまけ 映画三題

|

« 週末家族 | トップページ | 身を滅ぼす諸々 »

コメント

> 武将オタ
例えば同人の世界だったら、昔から歴史系ジャンルの殆どは女子ですよ。
なので特に不思議な話とも思えません。

投稿: 774 | 2007.06.18 10:21

時代劇はみんなヤオイ物だとの指摘も。

投稿: | 2007.06.18 10:37

しょうぶ屋実店舗MAP - 戦国グッズ専門店・『しょうぶ屋』
http://syoubuya.com/?mode=f1

ショップ自体が女性客を見込んでつくってあるような感じですね。
女性客9割というのも宣伝工作っぽいし、この手のもは土産物屋のカテゴリーではないかと思います。

投稿: | 2007.06.18 11:10

> 起動してノズル掃除を掛けるたびに減っていく

かなり昔に長期間使わなかったら、ノズルが詰まってなんとしても印刷ができなく
なって、アキバまで電車に乗って、ノズル交換に行きましたが、あまりの重さに帰りは
音を上げました。爾来、プリントするほどの必要が無くても、適当な間隔で印刷
する習慣を身につけて以来、ノズル掃除はしないでも、問題なくなりました。

最近ではDVDを焼いたら、たとえ一枚でもラベル印刷をしているので問題ないようです。

印刷機というのは、インクが儲けどころなんですね。なるべく協力しないように
努めています。印刷機は一番安い奴ですが、インクは高級機並みの値段ですから。

投稿: ハマの住人 | 2007.06.18 11:13

> そんなにアメリカでこれが普及しているようには思えないんですが。

 オープンシステムを日本に根付かせるためには、診療報酬制度の大きな変更が必要で、これには実に大きなコストがかかるだろうと思います。

 それはともかく、アメリカと日本の大きな違いの一つが、開業医の割合と仕事のやり方です。

 ちょっと古いデータですが、1998年に全米で臨床に従事していたお医者さんの総数は60万6400人で、そのうち46万8800人が開業医(office-based practice)でした。残りの病院勤務医13万7600人のうち、研修医(Residents and interns)が9万2300人で、いわゆる病院勤務医(Full-time hospital staff:主としてER、麻酔科と病理医)は4万5300人でした。

 アメリカでは、圧倒的多数の開業医が病院と個別(あるいはグループ)契約を結び、ベッドの使用権や手術室の使用権を得て(勤務ではなく)病院施設を利用するというのが普通で、病院に雇われて働くというのはむしろ例外に属します。

US Census 2000
186. Physicians by Selected Activity
http://www.allcountries.org/uscensus/186_physicians_by_selected_activity.html

 日本は病院勤務医が16万人、診療所開業医が10万人程度で推移しており、開業医は病院をほとんど利用しないのが普通です。

投稿: rijin | 2007.06.18 11:25

> たとえば、黒以外のノズルは掃除しないとか、掃除専用のクリーニング・タンクを別途組み込むとか。

掠れている色は判るので、クリーニングをする色を指定できるくらいはして欲しいですね。ちょっとドライバーをいじって詳細設定の項目を設ければ良い<パンピー向けには一括。

掃除用のタンクというのは無理です。
ジェットの構造上別の所から液を持ち込むのはかなりきびしいです<何百というノズルに割り込みスペースを設け、普段は混合しない様にしなければならない。
本体価格は安いですが、実際の所インクで稼いでいますから安くできるのであってそんなコストアップをしたらクリーニングインクがめちゃ高く設定されますよ。

季節というか乾燥度合いに左右されますが、だいたい一月に1回くらい動かせばそんなにひどいクリーニングは行われないです。

投稿: 一般書店で | 2007.06.18 11:46

>インクタンクの問題点
最近は、写真向けに印刷精度を上げるため、ノズルがどんどん小さくなっているので、余計詰まりやすくなっているような気がします。

やはり、皆様がご指摘のように「適度に使う」のが、最も適切な方法だと思います。

インクノズルの問題がないのは、昇華型プリンタなのですが、これは印刷コストが高いですからねぇ。それに、アマチュア用では、印刷できる用紙が小さいのがウィークポイントかもしれません。

余談ですが、銀塩写真(モノクロ)ですが廃液処理の問題から、最近ではプリンタで「印刷」するケースが増えているようです。実際、日本では販売できなくなった写真処理用薬品もあるとか…

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.18 12:24

オープンシステム以前の問題として、「職務専念義務」の厳格な運用があります。
教授とか助教授とか、あるいは他の公的医療機関の部長連中もそうですけど、余所の偉い先生を呼んできて手術をする。技量を伴った人を呼んでやって貰う。
そういったことが、巧く機能しない。
勤務医や大学の医者なら、有給休暇をとっていっても、向こうで充分お金をもらえるか判りませんし、貰ったら貰ったで、「バイトを公務員がした」とか叩かれる。
お金の問題より、後者の締め付け、「倫理規定違反」がよっぽど、たちが悪くて機能不全を助長する。
昔はこの辺がなぁなぁで済んでましたし、包んで貰った袖の下が、その費用に振り分けられてもいましたから。
大学は教育や研究の比重も増してますし、ヒマもないから、戦力も割けないのですけど。

外科の先生が来ないで、消化器内科の医師が虫垂の手術をしても困るでしょう。今なら、百歩譲って腹腔鏡のプロだとか、内視鏡下胃粘膜切除術とか、内科の手術はありですけど。

投稿: pongchang | 2007.06.18 12:26

プリンターはいまや、インクやトナーを売る商品になりつつありますね。

モノクロレーザーなんて、トナー一本分と本体価格が同じだ。

カラーレーザーでも、1年半使ったら後から買ったトナーなどの価格が本体購入価格を追い越してしまった。

近いうちに「100円プリンター」「1000円プリンター」が登場すると思うところです。

投稿: 酔うぞ | 2007.06.18 13:32

> 余談ですが、銀塩写真(モノクロ)ですが廃液処理の問題から、最近ではプリンタで「印刷」するケースが増えているようです。

これは廃液処理よりはデジタル化対応コストの問題が大きいと聞きます。
廃液処理は以前からリサイクルが回っていて出来なくなったとかそう言うことはないそうです<昔は銀の含有率が高く、金を貰っていたが、最近はレンズ付きなどと合わせてトントンだそうです。

で、デジタル対応銀塩プリンターは安いもの単体で数百万、一式だと一千万円くらいするそうで、小さい店だと果たしてそれだけの利益が上がるのかどうか。
でもデジタル対応しないといけないので、百万もしない業務用昇華型やトナー型を導入するそうです<ファーストプリントが早いメリットもある。

投稿: 一般書店で | 2007.06.18 13:41

いや、逆だよ。使ってないからこそノズル詰りを防ぐため掃除する。むしろ使用頻度の高いインクは掃除しない仕組みにするべき。ただ安い4色プリンタでこれをやると結果的にトータルでコストアップになるからどのメーカもやらない。インクジェットの仕組み上クリーニングは仕方ないが、問題はセルフクリーニングにあるのではなくインクコストが高い(というより高く設定する携帯と同じビジネスモデルである)こと。ランニングコストを考えるなら安いレーザープリンタでも導入したほうがいいとは思うが、何分これは使用頻度によるからな。

投稿: | 2007.06.18 18:55

>医療崩壊
教育も同時に崩壊するでしょう。
地方はかなりヤバいそうですよ。首都圏と様相は全く違う。
いくら何でもまずいんじゃないですかね、あれは。

投稿: | 2007.06.18 20:52

>プリンター

キャノン系なら空になったカートリッジに純正以外のインク
を注入してもちゃんと印刷できる。これを逆手に取って
空カートリッジにアルコールを入れて動かして見たらどうでしょう?
業務用のマシンはプリンターからMTデッキまで何から
何までエチルアルコールで拭いたり洗浄したりしてます
のでこの手は使えるかも。
http://homepage1.nifty.com/hironori_nishiyama/zatsugaku/printer_1.htm
http://www2.starcat.ne.jp/~book77/seihon/insatsu0/pri-troble.html
業務用なら大石先生のおしゃるような機能があるようです
http://www.mutoh.co.jp/printer_plotter/~sign/rj8000/index.html
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/ijp/pxr/p65/shiyo.htm

投稿: 12 | 2007.06.18 22:35

ヘッドが詰まるよりは、少々インク使ってもいいと思いますが…
知人宅に置いてあるE社の廉価な複合機なのですが
しばらく使わなかったら、ひどいインク詰りに陥って、
詰りを解消するのに4色インク各1本全部使い切りましたよ。

うちの850はめったに使わないけど、特に問題視するほど
インクは使いません…ただ3本が近く切れそうですが。

投稿: YOSHI | 2007.06.18 22:36

抜けましたので補足
業務用の洗浄液カートリッジを入手して、自分のカートリッジ
に詰め替えて使う(いいアイデアかも!)

投稿: 12 | 2007.06.18 22:39

デジカメ写真を印刷する場合、街の写真屋に頼むか、量販店などに設置されているセルフプリント機で印刷したほうが品質的にも値段的にも良いんでしょうか?

投稿: 肉 | 2007.06.18 23:20

インクコストは数十円、L版フォト紙も数十円するから、手間とミスプリントも考えると一般的にはわざわざ自宅で印刷するコストメリットはないと思う。
初めて印刷したときはそれなりに感激すると思うが、そのうち面倒になってHDDにデータ溜め込むことになる。ただ、他人に渡すなら印刷してもいいが、わざわざ紙媒体にする理由はない気がする。まあ、印刷のメリットは自己満足できることくらいだな。

「硫黄島「いおうじま」から「いおうとう」に 国土地理院」
http://www.asahi.com/national/update/0618/TKY200706180294.html
実はずっと違和感あったんだよな、イオウジマって呼び方。まずはめでたい。

「拉致された子、強制労働 中国当局600人保護」
http://www.asahi.com/international/update/0618/TKY200706180186.html
強制連行ってのはこういうのを言うんだよ、ホンダくん。

投稿: | 2007.06.19 00:09

>デジカメ写真を印刷する場合、街の写真屋に頼むか、
量販店などに設置されているセルフプリント機で印刷したほうが
品質的にも値段的にも良いんでしょうか?

あるプロはこのような使い分けをしているそうな。
ご参考までに・・・

http://www.nawa-jp.com/etc/etc.htm

*2007年6月17日(日)の日記を参照してください。

投稿: こりじょん | 2007.06.19 01:55

予想通り、慰安所の設置を米軍が命じたなんてあほなFACT5を含む広告をWPに載せたので、アメリカの保守派が激怒しましたね。
対日非難決議が可決される可能性が高まって韓国人が喜んでる。

U.S. Unhappy with Japanese Comfort Women Ad
http://english.chosun.com/w21data/html/news/200706/200706180018.html

投稿: | 2007.06.19 07:14

>強制連行ってのはこういうのを言うんだよ、ホンダくん。

のっぴきならない、状況にならないと動かない日本政府がだめなんだよ明智クン。

米下院で審議中の従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が、26日に外交委員会で採決される見通しとなった。複数の議会筋が18日、明らかにした。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007061900021

投稿: 爺通信 | 2007.06.19 07:57

遅々としながらも変わり始めた祖国に乾杯!
改憲、核、総連等の話題が普通に出来てる。

投稿: トオリスガリン | 2007.06.19 08:58

コピー機のメンテ要員が使用しているのはエチルアルコールじゃなくてイソプロパノールだそうですよ。

投稿: L-WING | 2007.06.19 09:22

エタノールは飲めるから酒税が掛かっているそうです。そこで、化学的に大差のないイソプラパノールを使うとかって聞きました。

投稿: すがり | 2007.06.19 13:37

なるほどなるほど。
2007.06.19 00:09さん、こりじょんさん、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿: 肉 | 2007.06.19 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インクタンクの問題点:

« 週末家族 | トップページ | 身を滅ぼす諸々 »