« 小ネタ連続 | トップページ | ほら、そこにもくりタソが! »

2007.06.22

鹿屋方式崩壊?

※ 架線切断、通勤のJR3線が5時間不通に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070622-00000002-yom-soci

>このトラブルで電車計6本が駅間で立ち往生し、乗客は電車を降り最寄りの駅に誘導された

 うわぁ……。この時間帯での状況は悲惨ですね。たぶん私の読者の中で10人は遭遇した人がいたと思う。
 時々思うんですが、架線は所詮消耗品だから、断線はありうる。車両側に、せめて最寄り駅までたどり着けるようなシステムを装備するとかは駄目なのでしょうか。燃料電池等で。普段は全くのデッドウェイトになるから、365日走っていて、たぶん年一回も必要としないだろうシステムを搭載して走るというのは全く非合理かも知れないけれど。

※ 時間外小児救急医療体制 「鹿屋方式」崩壊の危機
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news001.htm
(↑土曜朝一で上記のurlは喪失します。読売鹿児島頁のトップから入ればアクセスできるかも知れません)

 どこまで家族の自己診断を頼りにできるかという問題もあるわけで、救急のレベルとか他で、電話診断のようなものを普及させるしか無いんでしょう。そのためには、正しい体温の測り方とか、結構な時間とコストを割いて親を教育しなければならない。
 この少子化社会で、人一人の命の値段がべらぼうに上がった中で、どこまで安易に医者を頼って良いかの、国民的な合意を築く必要があるでしょう。

 親として具体的な話をすると、休日診療や夜間診療を親が頼りがちになる状況というのがあるんです。その最大の要因は、週末の夕方を過ぎた辺りや、掛かり付けの医院が翌日休診だという瞬間です。
 この状況はもの凄く不安なんですよ。普段なら、一晩様子を見て朝一病院に連れて行けばいいや、で済むけれど、翌日医者行けないとなると途端にそわそわし始める。医療サイドも、そういう患者心理を分析して、限られたリソースの分配を戦略的に展開する必要はあるでしょう。

※ 朝日ソノラマ解散へ 20年にわたり債務超過
http://www.sankei.co.jp/culture/bunka/070621/bnk070621003.htm

 業界的には今年最悪のニュースかもしれない。すごいショックなんですけれど。いよいよ来るべきものが来たという感じですね。この会社の資本はもともと朝日とどういう関係だったのでしょう。全く切れていたみたいなことも聞くけれど。

※ 寛仁さまが入院 アルコール依存の状態
http://www.asahi.com/national/update/0622/TKY200706220167.html

 最近はずっと闘病にあけくれていましたからね。でもこうなる前に打てる手があったと思うけどなぁ。一年後にはぜひ文藝春秋に手記の公表を。

※ Xbox 360ユーザーに福音となるドッキングステーション登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070622-00000046-zdn_g-game

 ドッキングステーションがじり貧状態を克服する日がきっと来る! そう信じていた時代が私にもありました。でもドッキングステーションがさらなる赤字を招きこそすれ、事態を改善したことなど一度も無いことを日本のゲーム・メーカーは知っている。あれとかこれとかそれとか……。

※ メルマガおまけ untitle

|

« 小ネタ連続 | トップページ | ほら、そこにもくりタソが! »

コメント

現状ゲームらしいゲームを楽しみたければXbox360が一番の選択肢なんで、個人的にはがんばって欲しいですねえ。

投稿: | 2007.06.22 16:46

> この状況はもの凄く不安なんですよ。

 わかります。

 小児の場合、機嫌が悪くなければ、翌日まで待てないことはありません。昼間の受診をオススメします。…駆け出しの頃に教わった小児科の先生には、呼べば来るけど、何もしないよ、と言われていました。

 逆に、活きが悪かったり、グズグスと機嫌の悪い子であればすぐ呼ぶように言われていました。…普段通りに眠っている子は大丈夫です。

 熱があっても、水分さえ摂れていれば急ぎません。オシッコが出る程度に水分の摂れている状態の子で、週末に小児科を受診させる必要のあることはありません。飲みたがるだけポカリでも飲ませて、氷枕でも使っておけば充分です。この数ヶ月にもらったアセトアミノフェンの坐薬が余っているなら、使っても構いません。ただし、小さい子が解熱剤などで急激に熱を下げたときに、熱性痙攣を生じることがあります。びっくりしますが、病院に到着する頃には治まっています。追加処置は不要です。

 逆に急に高熱を発したときに震えるのは痙攣ではありません。子供でも寒気で震えるのです。

 ネット上でもいくつか小児科のかかり方についてのページがあります。

 ご参照下さい。

上手な小児科のかかり方
http://www.osaka.med.or.jp/health/pediatrician/index.html

投稿: rijin | 2007.06.22 16:56

>時々思うんですが、架線は所詮消耗品だから、断線はありうる。

----
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070622k0000e040006000c.html

 JR東日本によると、架線の切断場所は、さいたま市大宮区吉敷(きしき)町4付近。宇都宮線(高崎線と共用)と京浜東北線が並行して走行している地点で、西側の宇都宮線上りの架線が切れた。
国土交通省によると「エアーセクション」と呼ばれる二つの架線の接合部分が溶けていた。
JRは切断部分を修復するなどし、午後1時前に京浜東北線が運転を再開したのをはじめ、1時過ぎまでに4線とも再開した。切断理由などを調べている。

---
と云うことで、普通に架線が切れたのでは無く、(多分架線柱上の碍子の上の)架線の間を繋ぐ所が劣化と過負荷で溶断してしまったようですよ。

動労千葉あたりがうるさく言っていましたが、動労千葉だけではなくJRの複数の少数派組合が、民営化されてから保線などの保守業務が外部に安く委託されて手抜き工事が目立ってきている上に保守間隔が長くなっており、大都市圏で無理なダイヤを組んでいることも含めて運行上危険過ぎるから保線体制を元に戻せ。とここ十何年間かJR本社や御用組合を叩き続けていましたが、とうとう出てしまったかイタタタタ…って思いましたね。

まぁ、バックアップとして燃料電池とかキャパシターや二次電池使うのはありでしょうけど、都心のように駅と駅の間が空いていても二キロ程度というのならまだしも高崎線や宇都宮線になってしまうと、駅が街に一つとか結構有りますから、バックアップで自走。とはいかないでしょうね。
現在の技術レベルならば、コジェネでも積まない限り、車内照明と空調をバックアップ電源で維持しながら牽引用のディーゼル機関車なり代替車両なりを急いで送り込むのが車両に施せる最善の対策では無いかと。

保線とか品管とか地味な方の金ケチってると、一回何かあると大変な事になる。と言う経験則が全くスルーされてるのがなんともはや(;´Д`)

投稿: Artane. | 2007.06.22 17:37

http://book.asahi.com/news/TKY200706210364.html
「社員の高齢化…」「債務超過20年…」
どよ〜ん、まぁ病院の債務超過はもっと手酷いけど。

投稿: pongchang | 2007.06.22 17:42

>架線の間を繋ぐ所が劣化と過負荷で溶断してしまったようですよ。
先ほどのニュースによると運転士が、そこのセクションに停車させてしまったのが原因らしいですよ。

投稿: | 2007.06.22 19:45

※ 架線切断、通勤のJR3線が5時間不通に
他の方もコメントしていらっしゃいますが、JRになってから、会社側は、非常時の対応は、正直、「割り切っている」訳です。
昔のように一定の距離毎に線路や架線などを保守する拠点や人員を設置していたら、正直、この運賃ではやっていけません。
実際、復旧工事でもJR側は監督を出す程度で、後は、すべて協力会社任せです。当然、事故が発生してから協力会社に手配するので、すぐに人員や機材が集まりません。昔の国鉄時代では、こんなに復旧に時間がかからなかったのは、自前だったからです。

さすがに死傷事故はまずいですが、列車が止まる程度だったら、謝罪すれば済む話と割り切っていると思います。最も、こんな殿様商売ができる最大の理由は、他に代替え交通機関がないからですけれどもね。

もし、JRに不満で、かつ同じコストで代替えの交通機関を選択できるのだったら、今回のような事故が起これば、明日から乗らなくなってしまうでしょう(交通機関では、JALが事故続きの時、ANAに乗客が流れたのが、一番良い例でしょうか)。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.22 20:04

>朝日ソノラマ~
 私の印象に一番残っている本は、戦記物ではなく小説版『オネアミスの翼』ですね。
 小説版、映画版とかなり違うんですよ。シロツグの同僚で、実家がパン屋のマジャホが共和国の工作員だったり、やはり同僚のドムロットが空軍から派遣されてきたエリート士官で、シロツグと宇宙機パイロットを争ったり等々。

 にしても、寂しいですねぇ……

投稿: 名無し二等空士 | 2007.06.22 20:18

>車両側に

ディーゼル救援車に一票。

その前にメンテ費用をケチるなってのはもちろんアリ。
ついでにビル管業界もなぁ。特に公共施設の下請け。安けりゃいいって方針で募集かけてる会社多いっぽいけど、これ、たぶん親方(地方自治体側)の態度に問題ありなんじゃないのかなぁ。ってもビル管理業務の品質管理できる人材、たぶんいないんだろうけど。(ぼそっ)
※この項、http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/baa336ba3129b1670eb8e414233b3fadと一緒に読むと吉。

投稿: | 2007.06.22 20:35

>昔の国鉄時代では、こんなに復旧に時間がかからなかったのは、自前だったからです。

いやあ、千葉動労がスト打って、久留里線が何日も動かなかった昔を思い出すと何とも・・・

投稿: | 2007.06.22 20:52

 クラッシャージョウもバンパイアハンターDも、アカピ謹製になってしまうと思うと……orz

投稿: 土門見人 | 2007.06.22 21:34

投稿: 半角空白 | 2007.06.22 21:38

>ついでにビル管業界もなぁ。
私は数年前までビルメン業界にいました、退職後にビル管理士の資格をとりました。
公共施設を管理してるというのは看板になるので、完全な赤字でも受けます。
それも毎年(談合をしてない限り)入札で業者が変わる訳だから、数年スパンでの管理も出来ない。
そんなもんで、どんどん契約額が下がっていくので、安い従業員でまかなわないといけない。
当然人の質も落ちますわな…

投稿: YOSHI | 2007.06.22 21:41

>せめて最寄り駅までたどり着けるようなシステム

B747に一発停止に備えてもう一つエンジンを付けるようなものですね。
つまりは現代文明なんてこの程度のものなんですよ。虚構の上のかりそめの繁栄でしかない。
しかしこのままだと中共に飲み込まれてしまうのは確実なのに、それでもいいんですかね、東京都民の皆さん。中共に支配されたらあなたたちは真っ先にブルジョアとして抹殺されますよ。

投稿: | 2007.06.22 21:59

>朝日ソノラマ
若い頃は良く読んでいたので残念です。まだ30代になっていないのですが。

>現状ゲームらしいゲームを楽しみたければXbox360が一番の選択肢なんで、個人的にはがんばって欲しいですねえ。

そうですねぇ。WiiもPS3も余り魅力を感じるソフトが無いんですよねぇ。

地球防衛軍3はとっても燃えますし。OBLIVIONとかありますし。
…しかし、私が箱を買うきっかけになったのはアイマスだったりするのだが…orz

投稿: 数年来のROM専 | 2007.06.22 23:13

「イオウジマ」を返せ 呼称変更でアメリカ困惑「歴史書き換え」!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070622-00000901-san-int
アメちゃんorz

投稿: | 2007.06.23 00:15

>私の読者の中で10人
はぁ~い(^_^;;
遅延証明書に印字された時間は360分でした(^_^;;
今迄、震度5でストップした5時間が最長だったので、記録更新です。

投稿: 勤め人 | 2007.06.23 00:34

XBOX360と言ったらForza Motorsport2ですよ。

YouTubeのゲーム動画が起こした予想外のできごと
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000015062007

これ読んで見に行ったら凄いことになってました。

Forza MotorSport2 Japanese Paint cars Part1 (痛車)
http://www.youtube.com/watch?v=Z5KoTx94psc
Forza Motorsport 2 car paintings in Japan
http://www.youtube.com/watch?v=ZSwiAbidWOc
やたら速いMINI
http://www.youtube.com/watch?v=YpgF40KrMNE
ニコニコ名作劇場 No.48C Forza Motorsport 2 やらないか その2
http://www.youtube.com/watch?v=-sCUzVZUC9k
#落ちが付いてます。ウホw

なにこの世界・・・・orz

投稿: hiro4 | 2007.06.23 01:04

割り切りが大切です。百歩譲って、ニッケル水素電池を回生ブレーキに組み込んだ、バッテリー電車でしょうか。
http://www.khi.co.jp/khi_news/2006data/c3060830-1.htm
オランダ村特急とか、ディーセル+電車の例はありますけど。

投稿: pongchang | 2007.06.23 04:58

「被害拡大した防護無線、きっかけは乗客の非常ドア操作」
http://www.asahi.com/national/update/0622/TKY200706220425.html

乗客の側も学習してるって事ですよね。
JRの都合に従ってたら、何時間雪隠詰めにされて、ロクな補償も無いよと。
避難誘導だけでも、迅速化、高度化できないもんでしょうか。
優秀な指揮系統と駅員を訓練して置いて、振り替え用のバスを数台と、一個分隊でも派遣すればいいだけだと思うんですけど。

投稿: nanasi | 2007.06.23 05:38

 こどもの時間外診療問題なんて、たかだか、診療報酬と自己負担割合を上げるだけで解決する問題だと思う。診察してもらうだけで1万円払うなら、躊躇する親は多いでしょう。

投稿: Inoue | 2007.06.23 07:31

>非常ドア操作
JR東日本では「線路に人が入っているときは列車を動かさない」という原則が他社以上に徹底されるようにななっています。
ドアコック操作など、管理されていない状況下で線路上に人が降りた場合は、当該路線、並行路線だけでなく、近隣すべての路線で全列車を停止し、線路上に人がいないことを目視確認した上で運転再開となります。

人身事故の可能性を考えてこのような運用になっているのですが、これが逆に、線路に乗客を降ろす決断を遅らせる要因になっているのは確かなんですよね。

投稿: 長月@ReadMe,毒 | 2007.06.23 09:46

23区だと就学前の子どもは医療費の自己負担が助成され無料。区によっては小学校3年まで自己負担金が助成され、小学4年生から中学3年生までの児童生徒が健康保険証を使って入院したときの自己負担金も助成されるそうです。この間の新聞報道だと江戸川区と葛飾区?だったかな、二つの区だけ世帯収入で制限を設けいるそうです。時間外診療で割り増しになると受診を控える人が増えて効果大ですが、財政的に余裕のある23区や一部の地公体は新たな助成を考えるでしょう。また格差が広がるというオチです。

投稿: TOソープランド | 2007.06.23 10:05

 放っておいても大事にならない軽症患者は24時間対応のコンビニ医療で満足してもらって、そのために、治療なしでは重大な事態になる重症患者に医療資源が回らないという事態は、選挙対策としては合理的です。多数派の票が入ればそれでいいんだもの。
 結局、多数派にサービスしようという意図の下では、自治体立病院が、時間外外来は止めようとかいうことにはならないんです。

投稿: Inoue | 2007.06.23 10:37

>この会社の資本はもともと朝日とどういう関係だったのでしょう。全く切れていたみたいなことも聞くけれど。


出版社の朝日ソノラマ(資本金2億円、飯田隆社長)は21日、9月末で会社を解散し、業務は同社の株式を100%保有する朝日新聞社が引き継ぐ、と発表した。
http://www.asahi.com/business/update/0621/TKY200706210364.html

投稿: | 2007.06.23 11:33

色々な方法が提案がありますが,JRにしてみれば電車内放置プレーが一番リスクが少ないと考えるでしょうね.外に降ろせば安全確認に時間がかかるし,バスに乗り換えさせようにも隣接の道があるとも限らずバスまで行かせる事が大変だったり,なにかの手段で電車を駅まで引っ張れば駅は乗れない人であふれてそこに電車の乗客じゃあね.しかも指令は現場の状況を把握しきれてない気もしますし.なので運転復帰時間がころころ変わる.大抵は延長の方向に...
とはいえ,JRの肩を持つ気はなく4時間の放置プレーは問題ですね.せめて30分以内には外に出すなりなにがしのケアがないと.

投稿: ファンファン少佐 | 2007.06.23 12:03

医療も鉄道も8割方オッケーでいいんじゃないでしょうか?残り2割のコストを常に負担するなんかばかげてると思う。

投稿: たつや | 2007.06.23 12:04

医療に関しては重症でかつ金持ちである人にだけサービスを提供するという方向にイヤでも進んでいく気がします。
医療が質を確保するために医療費と患者の選定をするのとほぼ同時に企業が低賃金のまま労働者を雇用しようという流れになっていますから。
で、医療はともかく企業のそういう流れに対して政府は全く対策をしようとしていませんから(寧ろ推進している)、結果として「2割の上流の人しか医療を受けられない」という状態になるんじゃないかなぁ、と。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.23 14:20

>医療に関しては重症でかつ金持ちである人にだけサービスを提供するという方向

 それはそれで、一つの合理的「解」なのでかまわないのですが(高負担高サービス)、民主主義国で、かつ、社会民主主義的な色彩が残っている日本では、大多数の、重病でない人のための医療が優先されて、重病人およびそれを抱える家族は票にならないので放置という結果になるでしょう。
 だって、1人の人間が軽い病気や怪我に遭うことはよくあるけれど、死ぬほどの病気になることは、せいぜい1回しかないんですから。

 現状の医師不足は、両方を満足させようとして生じているものです。

投稿: Inoue | 2007.06.23 15:53

> だって、1人の人間が軽い病気や怪我に遭うことはよくあるけれど、死ぬほどの病気になることは、せいぜい1回しかないんですから。

 そうなんですよね。

 保険や助成や無料化は高額医療でこそ必要なのであって、そこを担保している現在の日本の保険診療の枠組みの中で、自己負担が支払えないということはありません。小児だからといって安い方が良いと言って更なる助成をすれば、かつての老人医療の無料化と同じ、際限のない需要の増大が発生します。

 小児医療の崩壊は、人災の面が極めて大きいと言えます。

投稿: rijin | 2007.06.24 01:20

>1人の人間が軽い病気や怪我に遭うことはよくあるけれど
その軽い程度の治療のための医療費すらこのままでは8割の人は払うのが苦しくなるのではなかろうかなぁというのが自分の漠然とした予感というか不安です。
だから医療費を更に下げろという話ではなく医療制度を最低限維持するために必要なコストを払える程度には生活が安定するような方向に社会がなってほしいのですが、実際にはこの先ほかなりの職業で年収が大幅に下がるといわれていますから、、、どうなんだろうなぁ

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.24 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿屋方式崩壊?:

» 日垣隆の著作に関する報告 [小石川雑記]
 日垣隆『すぐに稼げる文章術』(幻冬舎新書、2006)の79〜80ページより これは半ば冗談ですが、エッセイと論文は以下のように書き換えができます。?「このあたりについて考えてみたい」(エッセイ)        ↓「本節では以上のことが論じられる」(論文) ?「話がぐちゃぐちゃになってきた。ここまで書いたことを消すのはもったいないからそのままにしておくが、できたら忘れてほしい」(エッセイ)        ↓「議論が盤根錯節の観を呈してきたので、原点に立ち返... [続きを読む]

受信: 2007.06.22 22:19

« 小ネタ連続 | トップページ | ほら、そこにもくりタソが! »