« そこから先はポピュリズム | トップページ | 続く暴露被害 »

2007.06.14

パイロット不足

 昨日辺りからですかね、本文が無かったり、あっても数字の羅列が一行だけ(携帯番号?)のスパムがやたらとフィルターを通り抜けて届くんですが、皆さんの所はどうですか?

※ クローズアップ現代「深刻!パイロット不足安全は」

 JALエクスプレスは、コーパイまで3年+10年で機長を養成していたものを2年半+5年に短縮するんだそうで、新卒の経歴も実に様々で、昔のように大空に憧れて! という印象が希薄なんですよ。訓練生は月給15万円の契約社員でスタート。副操縦士に昇格して初めて正社員採用だそうで。までも門戸を広げるのは良いと思いますね。大空が好きだからと言って、適正があるわけじゃないですから。
 バブル期に自衛隊から大量に割愛組が出て、一応紳士協定として割愛組は人事上の不利益を与えない、という約束があったにも拘わらず、その後の長い不況で相当酷い目に遭って、最近の自衛隊は、民間へという動きは落ち着いたみたいに聞きますがどうなんでしょうね。
 世界中の空を飛び回っているインド人パイロットですが、本家のインドでは、英語力不足のパイロットが問題になっているとかで、航法では基本用語である「CLEAR」が伝わらずに、チャーリー、リマ、エコー……、と管制官が伝えた、ってそれあんた話作っているだろう! 
 この秋から鹿児島-羽田を飛ぶ私が期待している某エアラインは、ブラジル人パイロットがいたけれど他社に引き抜かれたとかで、外人パイロットのケアとして、子供が通う学校に、社員が面談に行ってくれるとか。私、ファミリーであのエアラインに乗って良いんでしょうか?(~_~;)

※ <朝鮮総連本部購入>元公安庁長官宅を東京地検が捜索
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000010-mai-soci

 何かこの人の言っていることが良く解らない。そもそも、このスキームをやるために作ったようなペーパー会社と言っている一方で、投資家が尻込みしているとか……。それはじゃあそもそも投資家が存在しての話なのか? 単に、こういうスキームで所有権を移動すれば一時しのぎできるからやろうということになったのではないのか。組織暴力団が差押えを逃れるために繰り出す土地転がしのようなものですよね。
 で総連は、今、総連傘下の在日朝鮮人は10万人ちょっとしかいないんですよね。もちろん彼らを援助する機関はあって良いと思うけど、拉致への関与とかきっちり方を付けて貰うにしても。あんな一等地に立派なビルを維持する必要があるのか?
 むしろこれをきっかけに総連を解体して、新たな支援組織をスリムに立ち上げた方が彼らのためにも良いんじゃなかろうか。

※ <携帯電話>離陸前に電源切らなかった組員に逮捕状 警視庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000055-mai-soci

 そもそもヤクザなんか乗せないで欲しいと思うわけですが、携帯を巡る問題は、合理性の無さに起因していると思いますね。それはシートを起こす起こさないの問題も似ていて、じゃあそれを守らなければ、飛行機墜落すんのかよ、いざという時、全員無事に脱出できんのか? という利用者側の疑問が行動として現れる。
 見ず知らずの人間が閉鎖空間で緊張を強いられて行動を迫られる時に、ルールだから守って下さいじゃ解決しない問題は山ほどあるわけで、もう少し人間工学的なアプローチが必要だろうと思いますね。
 ぶっちゃけ、こういうことでやいのやいの言っているスッチーを見ると、あんたたち他に気を配るべきことが山ほどあるだろう? と私はうんざりしますし、あたかも当然のように、携帯電源問題で乗客を非難するワイドショーの連中に至っては、あんたら、その程度の電波で影響が出るとか騒いでいる脆弱な飛行機の方が物騒だと思わないのか? と言いたい。

※ ドアに指、40メートル引きずられる=駅ホームで、女性重傷-神奈川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000102-jij-soci

 後ろから3両目、車掌位置から50メートル離れていた場所で、確かにホームはカーブしているんだけど、身を乗り出せば十分に車掌から見えるんですよね。カーブのせいで、車掌位置には4台もモニターが並んでいる。
 こういうヒューマン・エラーが起こると、車掌の確認発車合図は、必ずしも事故防止に有効ではない、ということになってしまいますよね。その前に、駆け込み乗車さえやらなければ、事故は起きないわけですが。

※ NOVA、一部業務停止へ 精算金トラブル問題で
http://www.asahi.com/national/update/0613/TKY200706130158.html

 受講生40万人! ですって。凄いなぁ。自衛隊の倍ですよね。そらいくら日本が不良外国人の溜まり場になっているとは言っても、NOVAの講師陣全てを賄えるほどの講師は揃わないでしょう。アメリカのどこかスラムにリクルーターが出掛けて行って、お前ら半年くらい日本でタダ飯喰わせてやるから。ザパニーズ尻軽女も食い放題だから、とだまくらかして大量に連れて来ないと。
 ただこれって、ある種の契約詐欺ですよね。教育ビジネスが、途中から何処かで契約詐欺に変容して行った感じがして、本来なら行政指導ではなく大規模詐欺事件として立件すべきことでは無かろうかと思います。

※ 公園に米空軍ヘリが緊急着陸、横浜市が厳重抗議(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20070613i211.htm

  こういう時に、「誰も怪我せずに不時着できて良かったね」と言ってくれる自治体首長がいたらネ申認定して差し上げます。何かこう、どいつもこいつも沖縄みたいな言動しか取れないのは非常に不愉快です。

※ 南種子町長 入札席で選挙反対派業者を批判
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=4944

 酷ス! 南種子町長と言えば、4期16年、柳田理科雄氏のお父上が務められて、その後を受けての選挙だったのですが、だいぶ荒れて、本来なら逮捕者続出でも不思議はなかったのに、県警は志布志事件でボロボロだったから、何もできなかった。何もできないと解っているから、かなり荒れた選挙になったということらしいです。

※ 中国のサミット正式参加 首相拒否、日独会談時に表明
http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070614/shs070614001.htm

 反対は当然であるにしても、その第一の理由にはチベットへの侵略と民族浄化が来るべきだぞ。

※ 車両横転で隊員死亡=陸自第1空挺団、訓練中に-千葉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000046-jij-soci

 身を乗り出していたということですから、路上の移動戦闘の訓練でもしていたんでしょうか。重心位置的には、たぶん自衛隊車両で一番安定していると思うのですが。合掌。

※ 「33体集めれば救われる」…でも盗んじゃダメでしょ
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007061321.html

 GPシリーズ&ザク&ゲル&ジム各種プラを33体集めればご利益が……。いやんなでもなかす(-_-)。

※ メルマガおまけ 駐輪場

|

« そこから先はポピュリズム | トップページ | 続く暴露被害 »

コメント

>この秋から鹿児島-羽田を飛ぶ私が期待している某エアラインは、ブラジル人パイロットがいたけれど他社に引き抜かれたとかで


ローカルは日本人パイロットとの組合わせですので問題ないでしょう。
確かに、米英人以外のパイロットの発音が日本人には聞き取り難いのは事実ですが、ルーティーンの通信は然程問題ありません。
問題になるのは緊急時の通信で、航空無線をヲチしていたら、救急車を待機させて欲しいというリクエストで外人パイロットが「ambulance」と言ってるのですが、管制官はこれが聞き取れない。
ヲチしている私だって聞き取れない。
そこで、日本人機長にCOMを代えて、日本語で説明したという次第です。

>あんたら、その程度の電波で影響が出るとか騒いでいる脆弱な飛行機の方が物騒だと思わないのか?

現在のジェット旅客機はエンジンと電子機器で飛んでると言っても過言ではなく、装備品は厳しいEMI検査に合格したものばかりを搭載しています。
これが旅客の電子機器によって、どう干渉を受けるのか数値的には明らかではないようですが、現場の経験則では「干渉はある」ということです。
http://www.jalcrew.jp/jca/anzen/69_enquete.htm
装備側の電子機器を厳重なシールドをしたとしても、機外アンテナからの回り込みなど対策にきりがなく、それでも安全だと言い切れないでしょうね。
ま、私は安全に運航してくれるために携帯は切りますし、それで不便を感じたことはありませんけど。

投稿: | 2007.06.14 10:52

横浜市金沢区の米軍ヘリ不時着問題ですが、 1nm 東には横浜市のヘリポートがあって、警察と消防の基地になっているんですわ。

なんで、ヘリポートに降りなかったのか?がわたしには最大の疑問なんですが。

投稿: 酔うぞ | 2007.06.14 10:55

> その程度の電波で影響が出るとか騒いでいる脆弱な飛行機の方が物騒だと思わないのか? と言いたい。

メカニックなものをネタにしている作家の発言とは思えないのですが。。。
携帯は決してエネルギー的に無視できるレベルではないです。ペースメーカーを誤作動させることができるわけですから。無線LANはかなり弱めてますが、そのため到達範囲が限定されます。
そのうち航空機設計にも電磁障害対策(EMCと呼ばれます)が標準化されると思いますが今しばらくは無理でしょう。設計指針をメーカーが検討している段階じゃないですか?どうすればいいかまだ暗中模索だと思います。
むしろそういう取材をしてみてくださいよ。こういう人を誤認させるような発言を書く前に。

投稿: エンジニア | 2007.06.14 11:49

>こういう人を誤認させるような発言を書く前に。

 ちょっと変じゃありません?

投稿: 大石 | 2007.06.14 11:54

私の同級生が何年か前にペースメーカーを入れましたが
ケータイを所持しています。其の点を問いただしたら
「オマエはいつの話をしているんだよ?」と言われました。
現在新たに装着するものは、全く影響を受けないそうです。

あれはどの程度の周期で入れ替えるのか知りませんが
もうそろそろ、そんな古いものを装着している人は
居なくなるんじゃないでしょうかね。

投稿: ハマの住人 | 2007.06.14 12:19

エアメモで何回か自衛隊機の体験搭乗しましたが…
デジカメの使用制限は無いんですよね。
民間機でもデジカメ使えるといいのですが。

投稿: YOSHI | 2007.06.14 12:28

>ちょっと変じゃありません?

おそらくこういう事では?

先生の認識→
「こういう人」を、誤認させるような発言を書く前に。

エンジニア氏の意図→
こういう(人を誤認させるような)発言を書く前に。

誤認させるような文章ではあります。

投稿: リウ | 2007.06.14 12:29

>機内の携帯電話
今はなくなりましたが、CBBは機内で無線LANを運用していた時代、何で携帯電話はダメなのだという意見を聞いたことがあります。

専門家のお話では、あらかじめ「管理された電波」の場合は対策を立てやすいようですが、不特定多数の電波発信元に対しては、対策が難しいようです。また、電波干渉という現象で、単独の発信源では問題がなくとも、複数の発信源から出る電波が重なり合って、とんでもない悪さをすることもあります。

飛行機の場合、飛行中は止まるわけにはいかないので、私は「疑わしきは、使用禁止」という措置には賛成です。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.06.14 12:47

EMC&EMI対策って、なかなか難しいんですよ。
理由は「波だから」。周波数によって局所的に強めあったり弱めあったりの干渉を発生するんで、時に思わぬ障害が出たりもします。全周波数帯にわたって対策なんてのは、物理的に無理な話ですので、何が持ち込まれても平気なんてのは相当程度に難しいでしょう。コストもえらいかかるし。

んじゃ、業界規格は? ってなりますが、これがまた認定を受けるのもえらい適当な部分があって、基本的には単位時間当たりの電力放射量の積分値なんですよ(でないと基準が規定できない)。つまりスパイク状にランダムに放射されるようなのだとピークが高くても、規格をとおってしまうことがあるんですねw
こういう装置の近くだと、周期的によくわからない干渉がおきたりおきなかったりと悩ましい。最近のマイクロプロセッサ(携帯・ビデオカメラ・デジカメにも入ってます)はCPU負荷に応じて、クロックを振ったりしますので、干渉もいつどのように起きるのか予測が難しく、対策も高くつきます。
機内で携帯が必要とは到底思えない(機内電話使え)ので、電源なんか入れるなボケ! というのが、エンジニア側の意見であったりしますw

というか、携帯の使用禁止って基本的には電磁障害というよりも「マナーの話」でしょ?
常識のないDQNの肩持つ気には到底なれないです。

投稿: デンパ系エンジニアw | 2007.06.14 12:49

>客室乗務員が再三注意したが、男は「携帯を5台持っているので切るのに時間がかかる」「自動的に電源が入る携帯だ。逮捕すればいいじゃないか」などと怒鳴り

電波がもたらす影響がどうであろうと、こういう輩はあらゆる法的手段をこうじて駆逐してください。

投稿: 横やり | 2007.06.14 12:55

5000タッチ制限というのは、昔のパンチ機の時代の協定がまだ残っているだけの話らしい。

http://www.rondan.co.jp/html/mail/0706/070613-11.html

投稿: | 2007.06.14 12:57

>2007.06.14 12:57
>そのキーボードは重くガチャガチャとまさに厚紙に穴を開けるようなもので今のように早く軽くキータッチ出来るようなものではありませんでした。 私が入社1981年ごろはこの機械的なものから皆さんが想像できる形のコンピューターに移行の時期でした。

笑かすな、おんどりゃ、なめんとんのか。

投稿: TOソープランド | 2007.06.14 13:55

確かに昔はボードに穴あけてプロラム作ってコンピュータに食わせてたりしたらしいけど(流石に教科書以外では見た事ない)、そんな化石みたいな時代の慣習が今の今まで残ってるって事が既に問題では、、、

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.06.14 14:14

>脆弱な飛行機の方が物騒

それだと、P-XのフライバイライトかAWACSみたいに客席窓をなくして電波をシールドする機体しか選択肢が残ってない気がしますが・・・

でも今回の事件みたいに、搭乗後のトラブルで離陸が遅れるようなことが多発すれば、
やはり対策としては一番手軽な「銃器・刃物・液体・携帯電話の手荷物としての機内持込禁止」で落ち着くのではないですかね?

投稿: ラプ | 2007.06.14 14:20

なんだか最近は、飛行機での移動もバスや電車と同じ感覚の人が多いのですが、私のような根っからの飛行機ヲタは、板子一枚下は地獄っていつも思ってるんですがね。
そんな脆弱な乗り物に乗ってるって実感を持った方がいいと思います。
なんで、空港に保険の自動販売機があるのか、考えりゃ判ることですが。

投稿: | 2007.06.14 16:20

携帯電話:航空機内の使用で異常、05年に48件

国交省によると、これまでに報告された障害の約半数は操縦室のモニター異常だが、01年9月には高度約3000メートルで上昇中に機体が突然右に25度傾くトラブルが発生。03年2月には、空中待機中の航空機が、高度を約120メートル逸脱するなど運航に影響が出た例もあった。いずれも乗客が携帯電話の使用をやめると正常な状態になった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070329k0000m040060000c.html

↑すでにリンク先がなくなってるんですが、こんな記事が書いてあったようです。

ところで先日チヌークの体験搭乗をしたんですが、みなさん普通に機内を携帯電話のカメラでバシバシ撮影しており、びっくりしました。
隊員さんは何食わぬ顔。

投稿: 肉 | 2007.06.14 16:40

今日埼京線に乗ったら、NOVAの中吊り広告に受講生50万人と書いてありましたよ。
これも誇大広告ですねw

投稿: たけひろ | 2007.06.14 17:35

というか、ワイドショーのコメンテーター連中全員が右へならえで乗客叩きに終始している状況が問題だという話かと思ったのですが。

投稿: 拓海 | 2007.06.14 17:39

パンチカードは、15年ほど前に、大学の研究室で使っていた事があります。
大部分は、昔からあるプログラム資産でしたが、端末が足りないとか、電算センターが閉まっている時間にプログラムを書くとかの事情で、補助的に使う事もありました。
さすがに、いまさら紙なんて、データにしてしまえという事で、春休みとかに読み込みを手分けしてやってましたが。
何百枚もあるカードを重ねて読み取り口に置いて、スイッチを入れると(上の端末室でコマンドを打ち込んでから、急いで降りる必要があった)、一枚、一枚ダダダダダーッとベルトコンベヤで流されて行くのですが、複雑な解析プログラムとなると、枚数が多いので、入口と出口のスタッカに入っているカードを次々と入れ替えていく必要があるのですが、この時に順番が入れ替わらないようにするのが一苦労。
また、古いカードだとか湿気の影響で、時々カードが弾かれる事があって、これまた後の点検が大変でしたね。

パソコンのように、一人一台、ディスプレイ付きの端末だから、チェックの修正もそれなりに出来ましたが、昔の事を考えると、怖くなると、当時の同級生たちと言っていたものです。


日本のCH-47JAだとまだ、それほど電子化されていないんじゃないかな、と。

投稿: いーの | 2007.06.14 17:40

いや、みな誤解してるようだが、これは搭載電子機器に直接障害をもたらすというようなEMCとかEMIとかの話じゃなく航空管制に必要な電波のやりとりに干渉することの方が問題なんだと思うが。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20097584,00.htm

それと空中線電力の規定は最大値で決める。だからピーク電力もこれを超えてはならない。確かに予期せぬEMPは測定不能だが、これらは通常エネルギーが非常に小さいので問題とはされない。意図的なEMP爆弾とかは知らん。
携帯は常に一定出力の電波を出しているわけではなく、非通話時も基地局とのモニタリングで1秒間に数百から数千回のパルス状電波を発射し、通話時も送信時だけパルス状の電波を瞬間的に発射している。また、基地局に近く電波が強い場合、基地局から送信出力を下げる信号が携帯に送出される。
携帯はこのように電源が入っていると常に電力制御をしているのでなるべく電波状況の良い場所に置くと電池が長持ちする。スチール製デスクの中なんかが一番よいw

投稿: | 2007.06.14 18:34

>公園ヘリ
記事からはどんな抗議がされたのか、市民へ向けての声明があったのかどうかは分かりませんが、
あの、民家に機体を墜落させて(パイロットは脱出)母親と子供達を死なせてしまった昔の事故を思えば、「けがなくてよかったね」発言があっても良さそうなものですね。

投稿: くど | 2007.06.14 19:07

>航空管制に必要な電波のやりとりに干渉することの方が問題なんだと思うが。

民航機ですとVHFで10Wクラスの航空無線を搭載してますし、所詮はAMの音声通信ですから携帯やPC程度が受信に与えるノイズは許容範囲だと思いますよ。
(自宅に設置してある民生品の受信機でエアバンドを聞いてますが、PCやら携帯やらが周辺に転がっていても、ほとんど無問題です。むしろ屋外の蛍光灯のハムの方が気になるぐらいで)
空地データリンク(ACARS)でも同じ状況です。

投稿: | 2007.06.14 19:53

>朝鮮総連本部購入~
 2002年以降、やる事なす事全て裏目に出ていますね。そのせいで最近、北の統一戦線部の総連コントローラーが粛清されたとか。
 統一戦線部が02年以降出していた命令は「送金しろ」「日本の世論を制御しろ」「本国の意思を日本に知らしめろ」の三つだった様ですが、絵に描いたような大失敗でしたからね。
 命令により、総連は本国の意思を知らしめる→日本の世論は激昂→世論の制御不能→朝鮮籍の人達が次々に国籍を変更→送金額の減少→将軍様は激昂→更なる努力命令を出す→最初に戻る
 結果として北は、最大の金づるを自らの手で始末していると言う訳ですかねぇ。
 
 それにしても北は80年代~90年代初頭まで、日本からの送金と、中国からの要請で中近東とアフリカへ武器を売っていたおかげで、共産国の中でもトップクラスの金満国でしたね。
 特にソヴィエト崩壊直後、在日朝鮮人の商社を通じて、ソヴィエト太平洋艦隊の潜水艦・水上艦艇50隻以上を一括購入しようと画策していたくらいですから。
>陸自第1空挺団
 先生の近著にも登場していたので、ちょっと調べてみたら、何時の間にか空挺団内に対テロ中隊なんてのが出来てますね。

投稿: 名無し二等空士 | 2007.06.14 21:19

>いーのさん

>>パンチカードは、15年ほど前に、大学の研究室で使っていた事があります。

ひょっとして中央大学ですか?

当方は20年ほど前学生でしたが、情報処理の授業の復習でパンチカードでPL/1のプログラムを打ち込んでいたことがありましたわい・・・


投稿: 勝谷ファン | 2007.06.14 21:46

>朝鮮総連
ペーパーカンパニーへの売却を斡旋していたのが、元日弁連の土屋氏だったとかで、東京地検特捜部が事情聴取しとります。もう事件扱いなんですね。

総連-公安-日弁連 のトライアングルなんて、悪夢そのものですわ。
外患誘致かなにかで極刑にしてやるべきでは?

いずれにしても、村山政権時代の負の遺産を早く処理してほしいです。
故に残党が巣食う「民主党にだけは絶対政権を取らせてはならん」と思うわけですが……。

投稿: | 2007.06.14 22:09

>肉 さん

体験飛行でのチヌークは有視界飛行なのと、操縦系は機械式だったはずです。携帯電話等々のデジタル機器がどれだけ電磁波出そうと、あまり影響ない気が……。また航空無線(VHF)への干渉は無きにしも非ずですが、飛行に支障が出るほどにはならないと思います。

投稿: | 2007.06.14 22:21

>>自衛隊割愛パイロット

空軍さんのことは知りませんが。海自では、やはり割愛は最近は聞きません・・・やはり外人パイロットのリクルートの方が熱心なんですかね?

最近海自はパイロットのシート不足の方が深刻のようで。予算不足なのか航空隊の所属パイロット数が少なくなってるようです。しかし飛行配置以外のパイロットは溢れてかえっているとか・・・

また航空隊の人手が不足しているせいで、飛行配置を離れていたパイロットを再教育する余裕が無く。結局、飛行配置に運良く居れたパイロットはそのまま航空隊を巡り、飛べないパイロットは帰るに帰れない状況があるらしいですね。


投稿: 陸の海自隊員 | 2007.06.14 22:54

>民航機ですとVHFで10Wクラスの航空無線を搭載してますし、所詮はAMの音声通信ですから携帯やPC程度が受信に与えるノイズは許容範囲だと思いますよ。

VHF?航空無線?AM?
すこしは周波数、電波干渉について勉強したほうがいいな。
それに通信方式についても。

「旅客が持ち込む電子機器による航空機への影響」
http://www.enri.go.jp/report/hapichi/pdf2006/9-1.pdf
障害報告:オートパイロット、IND、NAV
障害源の疑い:携帯、PC

「干渉波のGPS受信機への影響」
http://www.enri.go.jp/report/hapichi/pdf2003/10_itohm.pdf
CWだが、シミュレーションを行っている。
また、実機で試験をした結果、影響はなかったとしているが、かなり強い発信源の特定できない干渉波が観測されているのは興味深い。

投稿: | 2007.06.14 23:00

 総連本部の仮装売却問題、口を開けば当の元長官、「在日が棄民」になるというが、そんなことが大した問題か?なりゃいいじゃん。我が国の筋を通すためには、大事の前の小事に過ぎない。なったところで、これまでの拉致を含む悪事の前には同情する余地なし。墓穴を掘ったに過ぎない。大使館、領事館の代わりというが、だからこそ潰さなきゃならん。大使館や領事館というのは、情報戦の世界では、昔からスパイの根城と決まっているのだから。戦時、大使館が閉鎖され、職員が送還されるのも、そのためなのだよ。
 それに、総連に大使館としての地位を認めるとは、いかなる国際法の条文や慣習からも導けることのできない理屈。こいつ、ほんまに法曹か?

投稿: 土門見人 | 2007.06.14 23:11

薄給だろうがコクピットにいられるだけでも恩の字でしょう。
しかし本体もキツくなったとはいえ、それと比べればグループ会社は・・・
それでも米国に比べればマシかも。リージョナルなんか
森永なんとかの本の題名みたいな状態だというし。

割愛も軍と民では飛び方が違うから、それを直すよりは自社かJCAB組を採った方がいいんでしょうね。(空自は事業用、海自は計器も取れますが、前者は計器訓練しないといけない。)政府専用機の導入で・・・ゴニョゴニョなんて事もあったらしい。

まあ化石燃料をバンバン燃やして飛べるのも、あと僅かでしょうね。エアラインパイロットも歴史的職業になるのも、時間の問題でしょう。てか、WW3かな。

投稿: | 2007.06.14 23:44

>ほんまに法曹か?

というか法曹だからこそw
東大で赤い先生に真っ赤っかにされた人が多いですから。

投稿: | 2007.06.14 23:48

元公安と総連、警察と暴力団と同じでずぶずぶ、日本もここまで腐敗が進んでいるとなるとどうしようもないな。
「公安庁元長官「在日の権利擁護」 朝鮮総連ビル問題」
http://www.asahi.com/national/update/0614/TKY200706130428.html
そのうえ日弁連元会長まで絡んでいるんだから酷い話だ。カネのためなら国も売る連中は北にでも放り込め。
「東京地検、元公安調査庁長官宅を捜索 朝鮮総連ビル巡り」
http://www.asahi.com/national/update/0614/TKY200706130427.html

「中国内モンゴル自治区で暴動 住民、強制転居に反発か」
http://www.asahi.com/international/update/0613/TKY200706130411.html
また、怪しげなテーマパーク建設かよ。そんなもん作るのに強制転居とはw

「対中制裁案を連発 米議会「為替操作」に不満」
http://www.asahi.com/international/update/0613/TKY200706130416.html
まあ、ガンガンやってくれやとも思うが、やつらは80年代に日本にやったのと全く同じことを今度は中国にやろうとしているわけだ。そしてバブル崩壊w
アングロサクソンは何世紀もやり方が全然変わらんな。
ほんとはこんな連中とは付き合いたくないが、そういうわけにもいかないから日本はもっと外交能力を鍛えないといかんな。

投稿: | 2007.06.14 23:50

>VHF?航空無線?AM?
>すこしは周波数、電波干渉について勉強したほうがいいな。
>それに通信方式についても。

いや、2007.06.14 18:34さんが、「航空管制に必要な電波のやりとりに干渉することの方が問題なんだと思うが。」と書いていたので、それに対するレスですね。
オートパイロット、IND、NAVや、GPS受信機への影響というのは、「航空管制」ではなく「操縦」や「航法」の話ですから、「航空管制に必要な電波のやりとりに干渉する」というのとは違うと言うことを書いたつもりです。
(「航空管制」とは機上側で言えば「通信」を指すもので、音声並びにトラポンのやりとりを意味します)

投稿: | 2007.06.15 09:42

>こいつ、ほんまに法曹か?

罪人の弁護をしているうちに、考え方も罪人と同じレベルに堕ちたのでしょう。等質化ですなw

いや、実際最近のアフォな弁護聞いていると、そうとしか思えない事例が増えている。

この職業にも、免許の更新制度が必要なのではないか?

投稿: | 2007.06.15 12:41

>(「航空管制」とは機上側で言えば「通信」を指すもので、音声並びにトラポンのやりとりを意味します)
航空管制って普通に航空交通管制の意味だと思ってたんだが。いや、マニアは知らんがな。

投稿: | 2007.06.16 01:59

>航空管制って普通に航空交通管制の意味だと思ってたんだが。

普通にそうですけど?
地上側はレーダ(一次・二次)と音声通信、機上側は音声(VHF・HF・SATCOM)とトラポンで、「航空管制」ってのはやってます。
そして「航法」としてNDB、VOR、TACAN、ILSなどの地上支援無線設備、自立航法として機上側にはINSや最近ではGPSなどの航法装置があるわけです。
もしかして、管制と航法と操縦とを混同して「航空管制」と称していたのでしょうかね?

投稿: | 2007.06.16 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイロット不足:

« そこから先はポピュリズム | トップページ | 続く暴露被害 »