« 神様は気まぐれ | トップページ | 最近のアニメを考察する »

2007.10.07

新ガソダム

※ 機動戦士ガソダム00

 すんごい申し訳ないんだけど、フルメタにガソダムのパテントを与えたらこうなりましたぁ~、みたいな(~_~;)。
 いや面白かったですよ。よりはまともな脚本だと思います。クレジットには岡部さんの名前もあったんですか? 終わりの音楽はちょっとどうかと思ったけれど。
 別にファースト世代に訴求する必要はないわけで、種みたいに、親父(ファースト原理主義者)切り捨てますから……、で全然構わないと思うわけです。だってファーストはファーストで、ファースト世代向けにOVAやゲームで更に広がりを見せるわけでね。それを楽しめばいい。
 ただちょっと疑問なのは、たとえばウルトラマソというのは、ほぼ固定化された世界観と巨大変身ヒーローがあって、その中で完結するわけですね。しかも対象年齢は低い。あっちはその枠から飛躍しようがない。
 私が最近のガソダムを見て強く感じるのは、それって、ガソダムの冠を付ける必要があるの? そういうレガシーをいつまでも引きずるのはどうかと思う。それが無くても十分に面白いものを作れないと駄目だと思うし、テレビ局も、いつまでも過去の栄光で宣伝するような時代じゃないと思う。
 これ、ガソダムなら夕方放映枠を確保して、スポンサーも付けられるけど、ガソダムじゃないのなら、よくて深夜枠だから、という現状は改善が必要ですよね。

※ 安倍前首相夫人、昭恵さんのブログが更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000928-san-pol

 思えば、安倍政権はどうも駄目だぞ~、と私が最初に感じたのは、この脳天気なバカ女房のブログの件がきっかけでしたね。いってみりゃ、マリー・アントワネットというか、飢饉に無頓着な大奥のお局様みたいな。国民の現状に無頓着な政治家の馬鹿女房って駄目だと思う。

※ 愛子さま 幼稚園の運動会に参加、皇太子ご夫妻が声援
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000021-maip-soci

 カメラは結構入っていたみたいだけど、テレビ映像は何処を見ても同じアングルなんですよね。テレビだけ代表取材だったんだろうか。問題の核心は、母親が持っていたデジカメの機種になるわけですが、ちょっとあまりにオーソドックスな形状で解らなかった。

※ 滝川クリステル「トップレスバー<見てはいけない>ゴロニャン写真」
  週刊ポスト(2007/10/19)/

審議中
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

※ フィギュアの日米対抗、男女とも日本敗れる
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20071006i511.htm?from=main5

 何たる恥辱! と思ったらフィギィア違いですた(~_~;)。

※ パラシュート操作誤り地面に激突、ベテラン男性が死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071006i213.htm
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071007k0000m040121000c.html

>上空約3800メートルのヘリコプターからダイビング。

 凄いベテランですよね。しかし、この高度からダイブするためのヘリって、何を使っているんだろう。普通は固定翼機を使うものだと思っていたけれど。ヘリの方が便利ではあるけれど、高く付きますよね。

※ 枯れ葉剤被害 結合双生児の兄 ベトさん死去 26歳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000060-san-soci

 長生きしましたよね。先週はベトナム戦争絡みのニュースがもう一つあって、海兵隊司令官が交代したんですが、前任者が、退任式で、自身のベトナム体験をスピーチして、敵の中に孤立して部下を失い、もう駄目だと思ったけれど……、みたいな話をしていた。まだベトナム帰還兵が現役でいたんですね。69年辺りにベトナムにいた士官となると、ぎりぎりという感じでしょうか。

※ 県職員給料6%カットの方針 「我慢限界」「財政窮地仕方ない」と賛否の声
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news001.htm

>入庁15年目の男性職員(38)は「住宅ローンを組んでおり、先が見えないと将来設計ができない」

 世の何にはローンなんて組めない人間が大勢いることもたまには思い出してください。
 県財政の現状を考えると仕方ないとは思うけれど、一方で、県職員のカットがこれだけになると、県より更に酷い財政状況の市町村の給料はどうするんだ? という話にならなければ行けないんですよね。

※ 米軍の車列に車爆弾、米兵ら6人死亡…カブール
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071006id21.htm

 あ~あ、いよいよいカブールもバグダッド化ですね。

※ クラスター爆弾:米陸軍が新型開発し、年内にも実戦配備
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20071007k0000m030105000c.html

>20年以上使わずに倉庫に保管しても、電池などが劣化せず品質を維持できるという。

 燃料電池ならそれも可能だと思うけれど、普通の電池で劣化せず、なんてことが可能なのでしょうか。

※ 筋委縮性側索硬化症、進行の仕組みを慶大教授ら解明
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071006i515.htm

 これは大きな一歩ですね。今進行中の症状を抑制できるだけも大きい。臨床試験はともかく、そういう薬を直ぐ作れるんだろうか。

※ メルマガおまけ ベランダ菜園リターンズ

|

« 神様は気まぐれ | トップページ | 最近のアニメを考察する »

コメント

>枯れ葉剤被害 結合双生児の兄

 結合胎児の枕詞に使われる「枯葉剤」「ダイオキシン」ですが、ベトナムで枯葉剤撒布地域で、先天異常が多発したなんてデータはないですよ。除草剤をかぶった日本の農民と同程度に、枯葉剤の健康被害はあったかもしれませんが。
 ダイオキシンは、昔、合成された農薬に、不純物として混入していたのであり、ベトナムで健康被害があったなら、日本の農村でも結合胎児が多発していたはずです。面積あたりのダイオキシン撒布量は、日本の農地の方が多いです。

 ダイオキシンで結合胎児ができたなんて与太は、劣化ウラン弾頭が多用された、第一次湾岸戦争の直後に、イラクで白血病が増えたって話と同じくらい、信憑性がない。

 決まり文句の羅列で記事を書くのはやめてほしいもんですね。

投稿: Inoue | 2007.10.07 10:31

>※ 愛子さま 幼稚園の運動会に参加、皇太子ご夫妻が声援

そろそろ子供が生まれる身の上としては、

デジカメとデジムービーは必需品です。

ついでに薄給で家族を養わねばならぬ身の上としては

いざというときの「換金性が高いもの」が欲しい。


そう考えると

宮内庁は皇太子殿下と皇太子妃殿下の使用機種を

早急に公開して欲しい。

投稿: 所長 | 2007.10.07 11:06

>20年以上使わずに倉庫に保管しても、電池などが劣化せず品質を維持できるという。

家電の量販店に勤めている友人が家電メーカー
の営業から聞いた話によると。軍用や人工衛星
並みの技術を使えば100年持つテレビとかは
製造できるそうなので可能じゃないでしょうか
ね。ただしコストは当然バカみたいに高くなり
ますが。たとえば民生用のオーディオや
マザーボードなんかでも中国製の安物は電解
コンデンサーが真っ先に2~3で年逝っちゃ
うのがあるけれど80年代製造の日本製オーディオなんかはハード
オフで買ってきたものがまだまだ生きているのがある。
なんにせよ化学反応を利用している部品は保
管温度によって倍くらい寿命が変わるようで
すので部品の製造段階、保管段階から温度に気を
使えば最終的にはかなり差が出るでしょう。
当然その分コストに跳ね返りますけどね。

投稿: 123 | 2007.10.07 13:09

>枯れ葉剤被害
先生は、アヤセ・ヒロフミ シリーズのネタに使っておられてような・・・。

投稿: 桂大悟 | 2007.10.07 13:10

>ダイオキシン
ホント、この与太話も悪質なデマです。そして自然保護運動家を利用して、反政府活動に利用されているネタのひとつですよね。
日本でも長らく焼却場やその周辺で、ダイオキシンがばら撒かれていたのです。しかしその職員や周辺住民に同様の事象が発生したなどとという事は、統計誤差以上に発生していないですからね。
テロ朝が所沢でこういうデマを元に風評被害を起こして、訴えられたというのに未だに、ダイオキシン猛毒説が一人歩きしているのは、なんとも……。
いい加減に根拠の無いデタラメで、不安を煽るのは止めてもらいたいものです。
もっともDHMOの与太話に簡単に騙される人々がいるわけですから、これこそ「無知は誰かを不幸にする」、マスゴミの大罪だと思うわけですが。

投稿: | 2007.10.07 13:11

>機動戦士ガソダム00
シリーズ構成が黒田洋介になってますから、種ほどは酷いことにはならない筈、と信じています。
でも1話を見てガンダムWに近い感じになるのかなぁとかなり思ったり。

でもTBSは反戦を表立ってアニメに絡めないで欲しいです。
エウレカセブンも種もそうですが、それによって変な縛りが発生してプロパガンダ臭い作品が生まれるのは見ていて痛々しいので。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.07 13:14

>でもTBSは反戦を表立ってアニメに絡めないで欲しいです。

そういう妄想はやめたほうがいいとおもいます。なんでも陰謀論に結びつけるなんて2ちゃんねらーやムーだけにしてもらいたいもんです。だいたい種ってMBSですし。MBSは別に反戦平和なんぞ唱えていませんし。東京でならMBSラジオをネット再送しているものを聞かれたらどうでしょう?

それよりも今日のNNNドキュメントも冤罪を取り上げますね。

投稿: papapa | 2007.10.07 13:53

>そういう妄想はやめたほうがいいとおもいます
竹田菁滋というMBSの方がいまして、この方が関わると反戦的なテーマをねじ込まれるらしいという噂があります。
真否のほどは知りませんが、ガンダム種、BLOOD+、エウレカセブン、反逆のルルーシュ、そして今回の00と全てそういう空気があるのは確かです。
あとこれに関しては00以外の4作は全話見ているので、伝聞ではなくきちんと自分で見た上での感想ですよ。
種とBLOOD+で「いくらなんでもこれはあからさまじゃないのかい?」と思って調べてみたら上記のプロデューサが関わるとそういう事になる傾向があると知ったので、先入観からの感想でもありません。

TBSだから単純に反戦だと言っているように読めたのなら撤回しますが、上記作品群に共通する指示があったという可能性については撤回できません。
少なくともすべて見ている人間としては。
ただそうであっても面白い話を作ることは可能だと思いますよ。
エウレカとかルルーシュは面白かったですし。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.07 14:20

いや、やっぱり妄想ですよ。MBSの特撮アニメ全般に関わっている局側の代表者ってだけじゃないですか。それが政治的な発言を過去にやっているからそうってだけの2ちゃんねるレベルの妄想ですよ。
ましてその例としてあげられた作品は局側よりも角川やバンダイが先にある。作品内容に関与してくる割合も含めこれらの了解が得られないと作品に反映なんかされません。

投稿: papapa | 2007.10.07 14:55

長期保管できる燃料電池なんて存在しませんが?
出来ればそのソースを示していただきたく。

常識的に考えれば、熱電池という昔から使われている高信頼性リザーブ電池以外
にはあり得ないと思われますが。

色々と論評なされているセンセイが熱電池という、古くから有り、かつありふれ
ている古典的存在を知らないなんて事はないと思っていますが:)

投稿: 456 | 2007.10.07 15:12

>竹田菁滋

この人が絡むとすぐ分かりますね。アニメを見た後で「あれ?」と思ってクレジットを確認するとたいていこの人の名前がある。あぁやっぱりまたこの人なんだ…と。
実際のところ誰が主導してるのか分かりませんけど、違和感を感じる作品と竹田氏の名前がセットになっている以上、竹田氏が何らかの影響力を持っていると感じてしまうのは自然だと思いますし、報道に携わっていた竹田氏が「報道で培ったものをアニメ作品で表現する」といった趣旨の発言をしている以上、全て妄想だと切って捨てる方が乱暴だと思いますけど。

投稿: 00 | 2007.10.07 15:22

必要時にだけ反応させるようにすれば燃料電池でも
長期保存が出来るんでは。

投稿: とおり | 2007.10.07 15:25

>papapa | 2007.10.07 14:55
>いや、やっぱり妄想ですよ。MBSの特撮アニメ全般に関わっている局側の代表者ってだけじゃないですか。
コードギアスのスタッフインタビューを読む限り、竹田Pは企画レベルで0から練り直しを命じられる立場にあります。

投稿: へんでる | 2007.10.07 15:27

反戦のテーマが入っていようが、いなかろうが、
俺的には、MSがよく動いてくれればそれでいいと思います。

まぁ、単なるロボ好きですけどね<俺

投稿: スパイシーチキン | 2007.10.07 15:53

 命じられる、ってのは「命令する権限がある」ってことでしょうか? 「命令を受ける」ということでしょうか? 流れからすると前者のように見えますが、もし後者だと意味も逆になってしまうので……。
 揚げ足取りっぽくてすみません。

投稿: D | 2007.10.07 15:55

 ダイオキシン類についてはいまだに「ゴミ焼却で発生したものが環境を汚染している」と思ってる人が多いんですが、大間違い。
 土壌や水から検出されるダイオキシン類は、80年代以前に農薬として撒布されたものがいまだに残留して検出されるのであって、新規に生成したダイオキシンなんて、ゴミ焼却炉周辺以外では検出すらできません。DDTやPCBと同じですね。
 だから、いくらゴミ焼却炉を大型高温にしようが、塩化ビニルを使用禁止にしようが、環境中のダイオキシンは減りません。

 「環境対策」という名前の公共事業に納税者がうまくだまされてしまったということでしょう。ベト・ドクはその宣伝材料として使われていただけです。何の関係もない。

投稿: Inoue | 2007.10.07 17:29

>竹田菁滋
このコラムを読めばどういう人かわかると思います。
http://www.style.fm/as/06_review/dvdnavi13.shtml

投稿: so | 2007.10.07 17:56

これも追加。

『BLOOD+』は反米左翼アニメ?
http://www.kyo-kan.net/archives/2006/08/blood_23.html

投稿: so | 2007.10.07 17:59

>ダイオキシン
枯葉剤の影響じゃないとしたら、なぜベトナムであんなにボコボコと
奇形児が生まれたんでしょうかね。栄養状態が悪かったから?
たまたま、あの時期に奇形児が多く生まれただけ?

劣化ウラン弾の話もそうだ。
アメリカの報道でも帰還兵に白血病が多いと取り上げられていましたよね。
あれって、たまたま帰還兵に白血病の発病因子かなにかを持った
者が大勢いたってことでしょうか。

どうせ「左翼のいったことは全て嘘」という単純な脊髄反射で言っているだけでは?

投稿: スサノオ | 2007.10.07 18:29

>憲法の条文のくだりは、「太平洋の亡霊」という16話で

 去年だったかな、たまたま点けたスカパーでこれをやっていて、固まったのを覚えてますよ。政治思想を娯楽に持ち込むとろくなことにはならないと思う。

>ダイオキシン

 湾岸症候群の件は、これはいろんな複合汚染だろうと思います。その中で、劣化ウラン起因のものもあるでしょう。
 ベトナムの奇形胎児の原因に関しては、疫学的な統計をとったら、奇形児の頻出度としては世界中何処でもあんなものだという説は昔からあったんですよね。
 私自身は、それがダイオキシンか何かは解らないけれど、枯れ葉剤起因だろうとは思っていますけれど、何か証拠があるか? と問われれば、確たるものは無いですよね。

投稿: 大石 | 2007.10.07 19:06

>スサノオ | 2007.10.07 18:29
>枯葉剤の影響じゃないとしたら、なぜベトナムであんなにボコボコと奇形児が生まれたんでしょうかね。栄養状態が悪かったから?
たまたま、あの時期に奇形児が多く生まれただけ?

もともと奇形児の出産数に関する統計の無かった地域に、結合双生児が生まれたからといって、その原因をダイオキシンに結びつけるのは、間違っています。結合双生児は、シャム双生児といって昔からよく知られていた奇形です。但し発生頻度が少ないのですが、その児が、たまたまその時期に生まれたため、政治的に利用されただけです。Inoue | 2007.10.07 10:31の投稿のように、ダイオキシンが原因で結合双生児が生まれるのなら、小規模の焼却炉の多かった日本でも、「ぼこぼこ」と生まれいるはずです。しかし、その奇形児出産が増加したという報告はありません(西ヨーロッパや日本では、奇形児の出産の統計を取っていますので信頼できる数字です。サリドマイド奇形で学習しています)

>あんなにボコボコと奇形児が生まれたんでしょうかね

以前の統計があって、はじめてその奇形児の発生の増加が論じられます。ベトナムで『ボコボコ』と生まれたかどうか、出生数あたりの奇形児の数字を示していただかないと、文学的表現では、議論になりません。また、どのような奇形であるのかも、示していただかないと。

現在の日本でも、奇形(大奇形に限っての議論です。小奇形の統計はありませんので)は、常に生まれています。自分の認識できる範囲での感情的な議論は、すでに、政治的プロパガンダでしかありません。

投稿: 龍 | 2007.10.07 19:12

>エウレカ

ああ、後輩がこの企画と脚本だったのですけど、プロデューサーとの意見が合わないってボヤいていますた。
すっかり鬱になってしまってカワイソス。
そういうことだったんすか・・・

投稿: | 2007.10.07 19:24

>劣化ウラン弾

劣化ウラン弾で、イラクの子供たちが、白血病にかかったというプロパガンダも、同じような事例です。日本では、子供の悪性腫瘍(白血病も含まれます)は、ほぼ100%発病が把握されています(医療費補助があるためです)。イラクでは、湾岸戦争以前の、白血病発生の頻度の統計がありません。その後の、発病頻度からいって、劣化ウラン弾に原因を求めることは出来ません。

また、劣化ウラン弾の主な放射線は、α線です。ミストを吸い込めば別ですが。しかし、吸い込んだ塵のα線が、どのように骨髄の悪性腫瘍を引き起こすのか、説明できません。これは、組織透過率はほとんどありませんので。

戦争は、医療体制をも破壊しましたので、その点での議論はあるでしょうが、イラクの子供の白血病の原因を、劣化ウラン弾に求めるのは、間違っています。

投稿: 龍 | 2007.10.07 19:25

>投稿 とおり | 2007.10.07 15:25
ですので、既に熟成しきっているとも言える熱電池(ミサイルにも普通に使われてます)を
わざわざ燃料電池にする必要性を示していただきたく。当然出力容積比も含めて。

投稿: | 2007.10.07 19:40

>>MBSの反戦プロデューサー氏
「反戦」自体は別にいいんですけどね。
そういうプロデューサーもひとりくらいいてもいいし、『コードギアス』のように、力のあるスタッフなら適当に利用してやりたいことやってのけている感もありますし。
ただ発言を見聞きする限り「反米」と「反戦」が非常に浅いレベルで結びつけている節があるのがなんとも。
たとえ唯一の超大国である米国といえど、国家主権も国際政治の主要なプレイヤーのひとつでしかなく、実行性のある統治(ガバナンス)が成立していないというのが、高度グローバリゼーション化の進んだ現代国際政治の最大の問題点なんですが、そこまで頭が廻ってないのがなんとも……。

ただ今回は『鋼錬』の監督と『ガングレイブ』の脚本家のコンビだから、大丈夫なんじゃないかな……と思うんですけれど、さて。

投稿: 義忠 | 2007.10.07 19:47

なるほど妄想は言いすぎでした。謝罪します。
しかし反米反戦路線ならそれこそサンライズの古い作品(それこそダイモスやらダグラムやら)から語られていることでもありますけどね。
それとBLOOD+が韓国に媚びてるってソースとして街中のアパートにサムスンの看板があることを指摘しているサイトがありましたが、これなんかもう呆れます。東南アジアに行ったことが無い人なんでしょう。ノキアやサムスンの垂れ幕や看板はいたるところにありますから。
ノキアが無いことを批判するんならまだわかるんですけどね。

投稿: papapa | 2007.10.07 21:34

ちょ審議中のAAwww
>00
今回は何かスタイリッシュな感じを持ちましたね、前述でWと言う意見がありますが、実況でもそんな意見をチラホラ見ました。
岡部先生は駄っ作機で知りましたが、ガンダムフリークとは知りませんでしたよ。
音楽担当が川井憲次なので今後、雰囲気がパトや攻殻に近くなるとファンの裾野が増えそうな気がします、思想は沈○の艦○のパクリかと思いましたがw

投稿: SEED | 2007.10.07 21:38

あー、やっぱ今度のカンタムはそうですか。
反米思想を持った人がPになって「権力」を持てば、そういう番組にしたいでしょうね。
でもあーいうアニメ絵というか登場人物の区別がつきにくい絵がもう耐えられないし、
それが大仰なセリフを口だけが動いて喋ったりすると、何故か見ているほうが赤面しちゃいますな。

ウルトラセブソXは大人向けというか、マニア向け時間帯だったのであまり話題にはならないですかね。
一般の時間帯ではもう勝負できないという諦めはちょと残念。
セブソが小顔で筋肉質なのが今っぽいです。
でも演出の格好良さは最近の仮面ライダーの方がまだ上かな。
あと、こちらも設定自体は政治的なメッセージを込め易い感じがします。
1984っぽい世界設定だし、主人公と敵を相対化すれば・・・。
もう全話撮影済みらしいのでどうしようもないですけど。

少し前の話題ですけど、エリ力様・・・
あの子はパッチギ監督に洗脳されずに2作目の出演オファーを拒否してるんですよね。
沢ロ会は糸忩連より思想堅固なのですw

投稿: 元川崎市民 | 2007.10.07 21:47

フルメタにガソダムのパテント~
 確かに、アーバレストでも違和感無い感じしますね。主人公のバックグラウンドも似てますし。

>岡部いさく氏
 いよいよ、バンダイビジュアルの軍事顧問を投入してきましたね。今まで、ガンダムに関わってなかったのが不思議なくらいでしたから(活字媒体ではちょこっと関わってるんですけどね。UC世界で、サイド6出身の軍事評論家オカベ・イサクとして、Ζガンダムの解説してました)
 
 今作品、ガンダムWに似ているっていう人が結構いますが、私もそう思います。で、ガンダムW肯定派の私としては、今作品の第一話現在での評価は結構高いです。

 ガンダムWといえば放送当時、岡部氏がWの考察記事、雑誌に幾つか書いているんですよ。私が知る限り、現在にいたるまで富野系ガンダム以外では唯一だと思います。そういえば、岡部氏の妹さんでイラストレーターやってる水玉蛍之丞さんもWハマッていたなぁ。
 全てが皆懐かしい(笑

投稿: 名無し二等空士 | 2007.10.07 22:15

>これ、ガソダムなら夕方放映枠を確保して、スポンサーも付けられるけど、ガソダムじゃないのなら、
>よくて深夜枠だから、という現状は改善が必要ですよね。

コードギアスは土曜日夕方6時枠を希望したが
先約があったのでやむなく深夜枠になったとのこと。

>コードギアスのスタッフインタビューを読む限り、
>竹田Pは企画レベルで0から練り直しを命じられる立場にあります

谷口監督のインタビューのことですか?
「今時冷戦構造など古臭い」というのはもっともだと思いますけどねえ。
それに0から作り直したのは谷口監督の判断でしょ。

投稿: | 2007.10.07 23:12

奇形児

奇形児の出産の統計は本当にあるのでしょうか。奇形児は結構生まれていて、死産としての処理が為されているはずです。産科関係者のご意見が聞きたいです。

ダイオキシンとの因果関係は知りませんが、妊婦が薬を服用して、奇形児を出産するケースがあるそうですね。私も写真で見ましたが、一つ目だとか、三つ目だとか、怖いものがあります。ああいった奇形児は、何が原因で生まれるのでしょうかねえ。

投稿: ペンチ | 2007.10.07 23:20

>ただ今回は『鋼錬』の監督と『ガングレイブ』の脚本家のコンビだから、大丈夫なんじゃないかな

自分もそう思ってます
黒田なら、、、黒田なら何とかしてくれる!
ガンダムWに似てるってのは結構みんな感じてたのですね。
自分だけじゃなくてよかった(汗
1話は流れはいい感じでしたけど青々しい感じでもあったので、あれがどう変わっていくのかで今後の感想が変わりそうですね。

>papapaさん
韓国云々は妄想ですねー
BLOOD+は構成の破綻とかの方がよほど問題でしたし、、、もったいない作品でした。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.07 23:23

種以前にZもZZも別にガンダムにしなくても話が成立するのに無理やりガンダムにしてる感がありありなのがゲフー

投稿: | 2007.10.08 00:08

>投稿 | 2007.10.07 23:12
>「今時冷戦構造など古臭い」というのはもっともだと思いますけどねえ。
企画を練り直させる権限があるという指摘だけで、べつに竹田Pの個別の指摘についてはどうでも。
「古さ」で言えばコードギアスの植民地描写はさらに古いし、時代に合わせてもいませんが、娯楽に徹していて面白いと思いますよ。

投稿: へんでる | 2007.10.08 01:36

>結合双生児
大航海時代の見聞録にもその存在を伺わせる記述がありますので、相当昔から存在した奇形であることは間違いありません。そもそもシャム双生児の「シャム」とはタイ王国の旧名で、ベトナムとはちょっとずれていますね。
この地域に元々多い奇形との話を聞いたことがありますが、多くは死産として扱われている(出生後生存率も低い)そうなので、枯葉剤との関係は統計的に未確認だった筈です。化学的には、ニコチンやタールといった猛毒を常用摂取していても、社会問題になるほど奇形が生まれている事実は無いようですから、それよりも毒性の低い枯葉剤程度の一時的摂取で、ボコボコ奇形が生まれるなんて事はありえないでしょう。

ま、「平和・人権・環境」などといって活動している連中の大半は、思い込みが強く、まともに科学的な検証をしていない例が多々見受けられるので、話半分に聞いておいたほうが無難ですね。知性を疑われる。健康食品と同じ位の胡散臭さです。

投稿: | 2007.10.08 04:01

>奇形児 投稿 ペンチ 2007.10.07 23:20
>妊婦が薬を服用して、奇形児を出産するケースがあるそうですね。私も写真で見ましたが、一つ目だとか、三つ目だとか、怖いものがあります

具体的な、奇形児の実数の統計はありません。しかし、サリドマイドのあと、モニタリングはしています。一般的な大奇形児や、なにか特徴を持った特定の奇形児が多く出生したかどうかのです。初期流産の過半数は、胎児に起因する奇形との統計があります。
なお、重篤な先天性心奇形は、医療補助がありますので、統計の把握が出来ています。

薬剤と奇形の関係で有名なのは、サリドマイドです。しかし、サリドマイドによって引き起こされた、四肢短縮型の奇形は、サリドマイド以前から知られていました。しかし、ドイツのモニタリングで、この奇形が多発し、その原因がサリドマイドの薬であったのです。
単眼などの奇形は、薬剤とは無関係です。染色体異常でも起こりますし、特定の原因は分かっていませんが、発生過程での異常です。ただし、奇形形態が得意なため、記憶に残りやすいのす。

ほとんどの人が、一つぐらいの小奇形をもっています。しかし、問題にする人はいません。

投稿: 龍 | 2007.10.08 05:25

>そもそもシャム双生児の「シャム」とはタイ王国の旧名で、ベトナムとはちょっとずれていますね。

いやシャムの範囲は流動的でカンボジアやベトナム、ラオスも含んだインドシナ全体にまたがる王国ですよ。

投稿: | 2007.10.08 06:14

どうにも一言だけ書きたくなってしまったw
別にダグラムは反米でもなんでもないと思うけどなあ。

投稿: 武装農民 | 2007.10.08 06:36

>>別にダグラムは反米でもなんでもないと思うけどなあ。
ダグラムこそ、常に米国の圧力に晒され続けている中南米諸国の革命劇のそのまんまカリカチュアですがな。
まぁ、別に面白ければ反米でも何でもいいんですが。

投稿: 義忠 | 2007.10.08 09:01

ダグラムの連邦軍(敵方)は、まんまベトナムの米軍じゃないのよ。

投稿: | 2007.10.08 13:44

公務員の給料削減について県民の賛否両論というのは、公務員の給料が安いという勘違いがあるのではないか。
質問を変えて、「あなたの二倍の給料をもらっているが。。。」とすれば賛だらけになるのでは。

投稿: 柿の葉茶 | 2007.10.08 17:27

>ダグラム
いやいや、表層のデザインは中南米のゲリラやベトナム戦争から借りてるものがありますが、それはあの時代の「リアルっぽさ」をそれらの戦争のイメージに求めただけ。それに仮託して現実の米国とかを風刺するために描かれたものではありません。それに劇中で連邦及び連邦軍も一方的な悪としては描かれていません。経済、政治的な理由の帰結として植民地状態の維持が必要だと合理的に説明されていますし、軍の行う非道も戦争状態においてありうる現実としての描写です。
対する主人公サイドのサマリン博士グループは劇中の物語が始まる以前から明確に(政治の手段としての)独立戦争の必要を認識して準備をしてきたわけですし、主人公クリンにいたっては十分に第三者的立場をとれる地球の富裕階級でありながら自らの意思でデロイア独立側に身を投じるわけですから、こう見ると反米ではない以上に「反戦」ではもっと無い。
Blood+において米国が「世界の警察官」であることの権益と面子のために世界を影でコントロールしようとする、というような陰謀論とは大きくちがいます。

投稿: 武装農民 | 2007.10.08 19:18

補足しておきますとダグラムはよく政治劇といわれますけど、それは物語の本筋ではなくて、本筋はあくまでも青春群像劇でしょう。
青春時代にさしかかった若者達が政治の季節に触れて世界とかかわりをもとうとする。そのことの不安と高揚と挫折と成長を描くのが物語の本筋で、政治劇はそのための舞台装置として導入されてくる。主人公達がぶつかってゆく世界のリアリティを増すために長々と政治劇をやってるんであって最初から政治を描くことや、ましてそれによりなにか風刺するためにあるんではないと思います。

投稿: 武装農民 | 2007.10.08 19:39

 政治劇なんて、ありましたか?
 首相も議会も存在したジオン公国の側はともかく、連邦には政府が全く顔を出さず。あたかもレビル将軍が、軍最高司令官兼最高指導者としてふるまっていた。軍部独裁にしか見えまへんがな。よけりゃマンネルヘイム、悪けりゃヒンデンブルグ。
 Z以降は、更に政治が消滅し、連邦・ジオン共、政治権力が完全に消滅し、軍部内が数派閥に分かれて権力闘争やっている。いったい、アーガマの運航経費は、誰が連邦議会に予算請求していたんだろう?

投稿: 土門見人 | 2007.10.08 20:04

ガンダムじゃなくてダグラムっす。1stガンダムブームの頃にガンダムの後を継ぐリアルロボットアニメとして作られた、いまじゃ知名度ガンダムの1/300くらいのマイナーなロボットアニメです。いまだに好きなんだよなあ。
私はガンダムの世界に「政治」が無いこと以上に「経済」がないことのほうが気になる。続編が作られるたびにそう思う。このMSの大群どこから出てきたんだよ?って。

投稿: 武装網民 | 2007.10.08 20:27

 ダグラムが試みた「政治をテーマとするアニメ」が不十分に終わったのは、結局、デロイア独立勢力とデロイア住民のつながりを十分に描けなかったからだと思いますね。サマリン博士という指導者の存在には重みとリアリティがあったが、いかんせん「デロイアの指導者」ではなく、「デロイア7」の指導者でしかなかった。デロイア人民解放政府樹立後も、サマリン博士は全惑星デロイアの指導者としての扱われ方がなかった。

 まぁ、連邦側の議会政治家と、これにつながりのある財閥(軍需産業含む)と、連邦議会をリアルに描くことで、デロイア側の描写の不十分を補うつもりだったのかも知れないが。

投稿: 土門見人 | 2007.10.08 20:48

>私はガンダムの世界に「政治」が無いこと以上に「経済」がないことのほうが気になる。

 これ言ってしまうとほら、「醜悪なる貨幣経済を遂に捨ててヒューマノイドとして進化した人類社会」に到達したスタトレ世界てのもありますからね。
 そう言えば、スタトレ世界て議会も全然登場しないなぁ(~_~;)。芸術家はいるらしいけれど私企業も登場しない。揺りかごから墓場まで全部宇宙艦隊が面倒見ている。

投稿: 大石 | 2007.10.08 21:04

>アーガマの運航経費は、誰が連邦議会に予算請求していたんだろう?
 アーガマは、出自からしてかなりブラックなフネなんですよ。
 連邦議会に議席持っていたブレックス・フォーラ准将が、木星行きのフネの建造費を水増しし、プールした金で建造したモノなんです。艦載機からして、私企業が極秘裏に建造し贈与した物ですから(リックディアス等々)
 作中、ブレックス准将が「ティターンズは私兵だ!」とエマ中尉に説教垂れていましたが、ジャミトフ大将に言わせれば「そりゃお前だ、この横領野郎!」でしょうね。
 ドンブリ勘定とはいえ、正規の予算で運用されていたティターンズの方が、よっぽどまともですから。

 ちなみに、ジャミトフ・ハイマン大将は連邦の財務官僚を辞めて、士官学校入っているんですよ。で、同期には、グリプス戦争時アナハイム・エレクトロニクス会長やっていたメラニー・カーバーインがいたりします。
 

投稿: 名無し二等空士 | 2007.10.08 21:59

反米アニメと言えば、ガチで米軍と戦っていた、ガサラキとか、ブレンパワードとか…

投稿: y-mat | 2007.10.08 22:05

>偏頭痛持ち技術者さん
>黒田なら、、、黒田なら何とかしてくれる!

実際のところ、過去の黒田さんの脚本を見ていると、オリジナル企画ではかな
り大成功を収めているケースが多いんですが、原作付きで今ひとつというケー
スが多々見受けられるのが不安要因ですね(exプリティサミー)

実際、今回内容的にも商業的にも成功してジンクスを脱して欲しいわけですが、
はてさて

>政治劇
そういえば、ドラえもん映画の「宇宙小戦争」も言ってみれば、ある国家の軍
事クーデターと外部の軍事力を背景に民衆暴動で一挙に民主政体に戻ってしま
う、なんて筋書きでしたね。あれを政治劇というかは意見の分かれるところで
すが。

投稿: スコップダンディ | 2007.10.09 00:00

黒田は『おお振り』もあるぞ。

ダンバインなんて反米どころか反国家アニメだね。
最近のリーンの翼も似たようなもの。

ダグラムは当時のスタッフの同時代性を考えれば反米に決まってるじゃん。

投稿: | 2007.10.09 00:20

>『BLOOD+』は反米左翼アニメ?
http://www.kyo-kan.net/archives/2006/08/blood_23.html
>あれは反戦を訴えてるふりをして巧妙に戦意高揚を歌う映画だから大嫌いです。

むぅ、竹田プロデューサーて凄い二枚舌じゃないですか…(汗)
SEEDシリーズはなんのかんの言って最後は「奴等に正義は無いから討ってヨシ」だったでアリマスからね。
主人公サイドに暴力以外の解決手段を考えさせないのは何故なんだろう?と不思議に思うでアリマス。

投稿: 押入れ満杯の夢 | 2007.10.09 03:08

どうしても一言書きたくなったので書かせていただきますが

あなたに阿部氏の事を書いていただきたく無い!
ただ「ニュースだから」と何も知らずに、碌に阿部氏の生前のレースも見たこと無いであろう人に、無責任な発言をして欲しくは無いです。

作家で、ネットに意見を載せてる割にその意味を知らない人なんですね。

投稿: | 2007.10.09 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新ガソダム:

« 神様は気まぐれ | トップページ | 最近のアニメを考察する »