« Jr大惨事 | トップページ | 富の再配分 »

2007.10.29

自分が癌になったら

 本日多忙モード&ちょっとネットが不調。またNTT回線のトラブルなのか。

 昨日の観閲式は、天気に恵まれて、私もほぼ思った通りのベランダ撮影ができました。しかし式そのものは、高級官僚の不正への戒め、本来内局ミスの燃料のこととかで陸自が説教を喰らう、という気の毒な式典になってしまったのは残念です。ニュースもそこばかり強調して。この日のために訓練を重ねてきた隊員としては、俺ら関係ないんですけど……、という感じですよね。
 しかし、撮影していて凄かったのは、最初に観測機が露払いで飛んでくるんですよ。その時点で西の地平線を見ると、ビルの屋根越しに、地平線に雲霞の如き大編隊が浮かんで来る! チヌークの大編隊が生み出すローター音なんて凄まじいですよね。久々に感動しました。

*今度はまともな写真です。OH-1だけ、ちょっと手振れが酷かった。撮影データ、600(実質)ミリ、TVモード。シャッターは1/125。かなりきついです。帰途は高度も高いし。
 こういう状況での理想は、もし雲があったら、背景にそれを絡めることなんですよね。青バックではメリハリがないので。昨日はそれが出来る理想的な雲の張り方でした。

A_crw_5051 B_crw_5080 C_crw_5072 Ca_crw_5063

Crw_5067 Crw_5070 Crw_5075 Crw_5087

Crw_5089 Crw_5091 Crw_5093

※ 標的放射線治療 報道特集
http://www.tbs.co.jp/houtoku/index-j.htm

 昨日の報道特集で、癌で見放された人々が、放射性物質を体内に直接入れ込むなどの先端医療を受けるために渡米する、みたいな特集を放映していまして、そこでは、診療科の垣根を取り払ったチーム医療が為されていて、患者も明るく癌と闘っている。
 でも思ったけれど、自分が、今の日本の平均的な癌治療(地方の中核医療施設で受けられる治療)では助からない、と診断された時に、どう行動するだろうかと、全く予測が付かないですよね。もちろん渡米して治療なんて金はないし、それで助かるという見込みがあれば、何やってでも考えるだろうけれど、ひょっとしたら助かるかも知れない、あるいは、余命三ヶ月のものが1年に伸びます、という程度で、それを考えるか? と思うと、うーん、と首を傾げてしまう。

 実際は、そういう瞬間にならないと、自分がどう行動するかは解らないんだろうけれど、われわれ持たざる者が用意すべきことは、そういう事態になった時に、大人しく死を受け入れるための哲学なり覚悟なりを身につけるしか無いんだろうな、と思った次第です。
 結局、そこでわれわれが最後に望むのは、緩和ケアなんですよね。死ぬのはもう仕方ない。それは運命として受け入れる覚悟が出来るかも知れないけれど、病院のベッドでチューブに繋がれての痛みだけは我慢ならない。それが嫌で、渡米して在宅医療指導を受け、在宅での死を選択するという人々もいるんですよね。
 日本の場合は、どうしても、医療現場で限られたリソースの奪い合いということになるから、治療主眼にならざるをえないけれど、これからは緩和ケアにもリソースを割いて、在宅で、安らかに死ねます、という状況を医療側が提供することも必要だろうと思います。

※ 体罰:女子部員が監督にけられ負傷、退学…茨城・伊奈高
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071028k0000m040122000c.html

 この事件は、発生が3月で、不登校が4月から。退学が9月となると、少なくとも一学期の期間中に、学校側と保護者とのやりとりがあったはずなんですよね。学校側が放置した可能性も当然あるわけだけど、どういうやりとりが保護者との間にあったかを明らかにして欲しい。当事者の謝罪等を含めて。
 退学するようなことじゃないと思うし、処分内容としても、こんなものだと思うけれど、どこかでボタンの掛け違いが生じたのでしょうね。

※ 佐賀「けんか祭り」で大けが、男性が主催者役員を提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000204-yom-soci

 これは無茶だと思う。予見可能性という意味で言えば、これほど予見可能な危険は無いんだから。ただ思うのは、諏訪の御柱祭りみたいに、怪我して当たり前、死人が出てなんぼのもの、みたいな感じの過激なお祭りが日本中に残っているじゃないですか。
 命の値段が昔とは格段に違っていることを思うと、もう少し祭りの様式も、全国的に変化すべきだろうという気はしますね。
 神輿なんて1トンもある必要は無いでしょう。段ボールと発泡スチロールで作れば良い。

※ 日銀の失敗前提に社会保障試算、竹中元総務相が内閣府批判(読売新聞)
http://newsflash.nifty.com/news/te/te__yomiuri_20071028ib21.htm

>日銀が今後20年、金融政策に失敗し続けることを前提に増税を求めている。国民はもっと怒るべきだ。

 私も番組を見てましたけれど、この番組内での彼の発言は至極全うでした。彼は何を言ったかというと、世界的には、3パーセント代の成長なんてのは低成長先進国でも当たり前、本来は5パーセントを確保しないきゃならいし出来るのに、日本は3パーセントすら達成出来ない。デフレが未だに進行中なのに、日銀は金利引き上げなんてバカなことをやっている。政府も日銀も政策失敗を認めるべきだ、というもので、この辺りは、先日書いた、週刊ダイヤモンドのコラムと通じるものがある。
 消費者物価指数やデフレの認識に関して、政府と日銀がありもしないデフレ脱却という幻想にしがみついているから、上げ潮政策も失敗したんですよ。

※ 競馬・天皇賞、メイショウサムソンが春秋連覇を達成
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20071028i305.htm?from=main3

  番狂わせが無いとつまらないですよね。ニュースとしての扱いも小さくなるし。ただ、優勝場の単枠はそんなに低くもないんですが、他に注目の馬でいたのでしょうか。

※ ヴォルカFW、「キング」西が引退 前人未到266得点
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=7369

>日本フットボールリーグ(JFL)昇格へ奮闘したが、

 いやぁ、なかなか上がれないですね。あれだけサッカー熱高い地域なのに、やっぱり良い選手はさっさと中央へ出てしまうのが原因でしょうかね。

※ メルマガおまけ アニメに於ける物語

|

« Jr大惨事 | トップページ | 富の再配分 »

コメント

>本来内局ミスの燃料のこととかで

内局っていわれても事務官でも技官でもなく会場自衛隊員ですからね。機密漏れは完全に海自の問題だし、隊員不祥事は、人数比例してほとんど陸自なんだから素直に説教聞きなさいw

投稿: | 2007.10.29 10:38

>観閲式

こちら世田谷ですが、頭の中でワルキューレが鳴ってましたよー

投稿: | 2007.10.29 10:44

> 佐賀「けんか祭り」で大けが、男性が主催者役員を提訴
負傷された方はお気の毒ですが、これは
難しい問題だと思います。
 慣例から考えれば、祭りでの死傷は当たり前
という所が多いはずです。 私の生まれ育った
東京下町でも、祭りでの事故は警察も事件性が
無い限り、問題にはしなかったです。
時に重傷、最悪 圧死という例も見ました。
そうした危険を承知で、危険な場所を担当するのが
祭りの栄誉という、ある意味 野蛮な場では
ありました。
例えは悪いが、一種の超法規状態、時間地域の
戦争のようなものでしょうか。
日ごろは認められない浪費や力の発露があるのも
祭りの特色なのだと思います。

もちろん、そうした方向に行き過ぎはあったら
問題とは思いますが、祭りへの参加はある程度の
危険は認識の上というのが、私の周りではコンセンサスでした。
件の事故で、そうした地域性は不明ですが、
祭りの場へ、日常の法を持ち込むことや、
神輿を発泡スチロール化するなど過度の安全対策が、
進むのなら、それは悲しいことだと思います。

投稿: 外資社員 | 2007.10.29 10:51

>日銀が今後20年、金融政策に失敗し続けることを前提に増税を求めている。国民はもっと怒るべきだ。

10年前には、「出来もしない高すぎる成長率を前提としてる」とマスゴミ様は批判かましてるんですけどねぇ。
だから低めの見積りって批判は竹中氏ぐらいなのもので、マスゴミは同調してこないでしょ。

投稿: | 2007.10.29 10:56

> 佐賀「けんか祭り」で大けが、男性が主催者役員を提訴

ウチの田舎のは、日本三大「けんか祭り」だそうで、毎年のように死傷者がでています(笑)
ただし、今年は神輿が一斉に集まる会場で「けんか」したら2000万円の罰金が科せられることになって、自粛モードになったことは参考になるでしょ。
それでも警察の居ない所で小競り合いがあって、見物客が怪我をしたそうですが、その神輿は速攻で解体、このために会社休んで担いでいた人達は馬鹿を見たと。
やったら「負け」というルールを作ることも大切です。

投稿: | 2007.10.29 11:01

> …これからは緩和ケアにもリソースを割いて、在宅で、安らかに死ねます、という状況を医療側が提供することも必要だろうと思います。

 特に国内の医学校では、麻酔科以外で緩和医療・疼痛治療についての講義がされるようになったのはこの数年のことですので、現場での一層の努力が必要かと思います。

 また、せっかく外国の医療機関に出掛けていっても、いざ担当医に面接して「調子どう?」と聞かれて、調子最悪でも「まあまあです。」とか「最高です。」とか言ってしまうのが日本から来た患者さんだそうです。

 緩和医療は、主観的な症状が中心なので、たとえ何とかしてもらえなくても、何でも医者に言っておくという習慣が必要です。現時点では、その方が医者の腕も上がって行きやすいだろうと思います。

 結果に期待せず、しかし言うだけ言っておくという、今までなかった習慣が必要なので、緩和医療の進展は地域次第、個々の患者さん次第という面が強いのです。

投稿: rijin | 2007.10.29 11:19

片方で個人の末期癌におけるQOLがあり、祭りで地域社会に死傷者がでるかも知れないというQOLもあり。
祭りを執り行っている地域とって織り込み済みでその地域なら納得できる緩和措置がとられていたということかと思うのですが、地域社会が崩壊していると新しいコンセンサスが必要になってきているということでしょうか。

投稿: たつや | 2007.10.29 11:23

> 佐賀「けんか祭り」で大けが、男性が主催者役員を提訴


神輿や山車を安全化するよりも、
危険性の事前告知と自己責任性の徹底で充分でしょう。(参加者から観客まで)

事故や怪我の危険性から、参加者が著しく減って祭りの存続が難しいという段階になって、初めて安全な山車や神輿という方に行けばよいと考えます。

強いて言えば、参加者には強制的に保険加入を義務付けるとか、運営者も観客用に保険加入するとか位じゃないですか。

投稿: 所長 | 2007.10.29 11:44

>地域社会が崩壊していると新しいコンセンサスが必要になってきているということでしょうか。

観光客対策ですよ。
死傷するのは大抵が観光客ですから。
地元の人は逃げ時を知っていて逃げ足も早い。
神輿のまん前に立って担ぎ手の旦那と平然と喋っている女性も「けんか」寸前にはスッと消えている。
こいつ、くノ一か、と。
観光の人はずっとカメラ覗いてるので、逃げ遅れが多いと聞いてます。
しかし、地元だって振興のために観光客に来てもらいたい。
なんせ、海沿いであるウチの田舎は、祭りは東側の市から西側の市までずっと連日続くのですから、「あそこのは観にいくと危ないよ」と言われたらオシマイです。

投稿: | 2007.10.29 12:00

>小線源
国民的合意なしに、自分の利益だけで、逸法行為を行うという意味では、望ましくないのは、代理母以上。
反核という、はんかくさい連中との合意を自分で取り結んで貰いたい。線源の処理を、同意も取り結んでいない医者に、かぶせないで貰いたい。
http://www.phcd.jp/katsudou/rijikai/19_2rijikai.html
第六号議案:「放射性物質に関して国民感情に配慮するよう」指導があり、摘出の上、アイソトープ協会に返すのだが。
>診療科の垣根を取り払ったチーム医療が
金の切れ目が…なので、米国だからではないですね。

投稿: pongchang | 2007.10.29 12:02

> 佐賀「けんか祭り」で大けが、男性が主催者役員を提訴

激しい祭りというのは一種の過激で危険性の
あるレジャーやスポーツのようなものです。
危険だから継続している部分もあるのでしょ
う、これはサッカーや格闘技のような激しい
スポーツと根本は同じで戦争の代用行為
から発展したものでしょう。
危険と興奮があるからこそ今に継続しているのです。
たとえばイギリスで今でもある古式のサッカ
ッーなんてものは全くの村対抗の祭礼であっ
て何百人の男達が他人の家であろうと庭であ
ろうと屋根の上であろうと、その日は無礼講でズカズカ進入してボールを奪い合い荒らしてしまう怪我人続出の野蛮で激しいものです
格闘技もそうです。相撲やレスリングの
原型の古代の神事は死人続出の激しいもの
であったそうです。
 神輿なんて1トンもある必要は無いでしょう。段ボールと発泡スチロールで作れば良いというご意見ですが、これは登山家に頂上に
行きたければヘリコプターをチャーターして行ったらいいんじゃないの?とおっしゃるようなものでしょう。危ないからエキサイトす
るという部分があるので、こういうものに
置き換えるというのは荒磯で大物を狙って
岩場にへばりつく釣り人に、危ないから魚屋
に行けというようなもので意味がありません
日本に限らずアメリカでのロデオやスペイン
の闘牛、牛祭、など危険な祭りは世界中いた
るところにあります。
かなり洗練されてしまっている祇園祭の山鉾や激しい岸和田のダンジリですがアレは
元は攻城櫓ですよ。今に例えれば90式戦車
を町ごとに保有していて飾り立て練り回す
ようなものです。

投稿: 123 | 2007.10.29 12:10

>メイショウサムソン

最初に斜行した馬(地方競馬所属馬)が斜行前科のある要注意馬だった事、その馬に乗っていた騎手が地方競馬所属騎手だった事からか、JRAの騎手がその騎手をボロカスに批判した事が、(これもJRA騎手じゃなかったためか)珍しくマスゴミが流したたため、2ちゃんの競馬板も祭りと化してました。
更には降着した馬(結果的にメイショウ以外のほとんどの有力馬を妨害した)に乗っていた騎手が地方競馬からJRAに移籍した騎手だった事、有力馬の中でメイショウサムソン=武豊の馬「だけ」が、うまい事乗って斜行の影響をほとんど受けなかった事などが非常に後味悪く、更に燃料を投下したようです。
競馬の世界は角界同様、いや角界以上に閉じられまくってるムラ社会で、しかもマスゴミもJRAの騎手や調教師を刑事事件でも起こさないと叩いたり批判できない(それをやると即取材禁止、ヘタしたら出入禁止に平気でなるという業界)ので、その中の人の一部には「ミニ亀田」みたいになったのが多数生息しているようです。

投稿: 剣 | 2007.10.29 12:21

>標的放射線治療 報道特集

マスコミは、海外の医療は理想が実現した医療で、日本の医療は時代遅れで患者に不親切な医療であるというのは、ステレオタイプの報道です。
外国で受けた治療の患者総数はどのくらいで、そのうち成功例がいくらいくら、失敗例がいくらいくらという風な報道はしません。成功例のみです。
また、それに要する費用を報道しません。心臓移植についても、募金は一億超ですが、どのくらいの医療費がかかるのか詳しい報道はしません。しかし、日本で外来自己負担金が千円二千円でも、高額であるような不安を煽る報道しかしません。
これでは、日本の医療を貶めるための報道です。

Chinaに進出した企業の失敗例を、マスコミは報道しません。Chinaに工場を持ち進出するのはトレンディーみたいな報道のみです。賄賂の送り先を間違えて失敗した(?)ヤオハンの例もありますが、その他の失敗例は取り上げません。

投稿: 龍 | 2007.10.29 13:54

 「海外の先進医療」というやつは、たいてい実験段階で、有効性が確定してないんです。そんなものに大金つぎ込んで大丈夫なんだろうかと思う。
 薬の臨床試験のように、タダ同然でやってくれるならまだしも、実験医療で金を取るなんてひどいボッタクリだと思います。

 臓器移植は別です。有効性も確立しているし、技術的にもかなり成熟した立派な医療です。日本の外科医だって十分できるでしょうが、ドナーの確保ばかりは、社会的な合意とやらで、うまくいってません。
 臓器移植ドナーに登録してから知ったんですが、運び込まれた病院が、偶然、脳死判定可能な施設だったときにのみ脳死移植ができて、そうでなかったら心臓死を待つしかないそうです。これじゃあ、いくらドナーカード携帯者が増えても移植が増えないわけですよ。

投稿: Inoue | 2007.10.29 15:16

>賄賂の送り先を間違えて失敗した(?)ヤオハン

具体的に何か根拠があって書いているのでしょうか?ヤオハンによって被害を受けた国内の取引先も多数あるのに,たとえ(?)をつけるにしても何の根拠もなく言うのは乱暴に過ぎますし問題でしょう.

投稿: | 2007.10.29 16:25

>投稿 | 2007.10.29 16:25 殿

当時報道されたことの記憶に基づいていますが、間違いであるなら、取り消します。
こめんなさい。

ヤオハンの倒産およびChinaへ進出の実情の、正確な情報をお願いします。

投稿: 龍 | 2007.10.29 17:19

先生!もうご覧になられましたか?
防衛省がガンダムを造るそうですw
http://www.mod.go.jp/trdi/infomation/happyou/Program.pdf

投稿: mm | 2007.10.29 17:44

ヤオハン倒産は結局のところ和田一夫会長が銀行からの融資によるのではなく転換社債の大量発行による拡大路線の末の資金ショートが原因です.
それ以上でのそれ以下でもありません.
元々ブラジル進出で現地会社倒産したときの経緯から銀行融資が受けにくい企業体質となり転換社債に頼っていたが,株価低迷で株式に転換されることなく償還期限を迎えて資金ショートしただけの話.
だいたい,倒産半年前に金融筋からグループ全体の調査レポートが示されていた.「ヤオハンジャパン」についてはただちに更正法を申請して生き残りをあきらめて香港と中国で再起すべきだというものだったし.
中国進出が無けりゃ金融機関の見放しももうちょっと早くて93年時点で潰れていた.転換社債発行の口実として中国に進出しただけ.
10割減資で転換社債は完全にゴミですな.

投稿: | 2007.10.29 17:54

ヴぉルカですが、サッカー熱が九州全体で高すぎるのが、かえって全国リーグ(JFL)への参入が困難になる理由の一つだと思います。九州リーグなんて「これが本当に地域リーグレベル?」というほどですし。
昇格については11月終わりに、全国地域リーグ大会が行われ、その結果で原則上位2チームが昇格(JFLで廃部とかあればその分上乗せ)しますが、全社は地域ごとに出場枠が1~2ですから、「全社に出れば何とかなるが、そこにいくまでがどうにもならなかった」のでしょう。東海とか北海道なんか「全社には出れるが、はいそれまでよ」ですし。
でも一度は西選手を見ようと思っていただけに、痛恨の極みです。

投稿: さいとー | 2007.10.29 18:28

小商人レベルの話をすれば、駅前もしくは商店街の中にある地場スーパーが、車で来店歓迎の郊外型大規模店に駆逐され中国に活路を求めたことだと理解しています。会長が観音経?だっけ、を唱えると幹部社員も一斉唱和する異常はさは日本広いえどもこの会社だけ。こんな会社が栄えることが出来たのも競争相手を排除する静岡独自の風土かもしれませんね。大手コンビニが出店するにあたり商業組合が反対デモまでやらかしたのも静岡。近県の岐阜も同じような風土だと聞いたことがある。中国進出失敗は和田会長の経営センスのなさです。

投稿: | 2007.10.29 18:36

http://www.youtube.com/watch?v=rrrY3-a9i70

防衛省制作のキネティック弾頭のコンセプト説明と実験動画だそうで。
これから、本番でターゲットに高速で追随機動できる弾頭の完成まで、どのくらい掛かるかですけど。
……目指せ板野サーカス?

投稿: 義忠 | 2007.10.29 21:25

大石先生、うちは癌家系です。
交通事故死した母方の祖父以外は全員癌です。
癌で死ぬのは仕方ないにしても、人間、死んだらどうなるのでしょうか?
意識は全くなくなるのか?
生まれ変わるのか?(人間に?それとも虫や動物に?)
考えただけで眠れなくなります。
父が死んでからずっとそのことをよく考えるようになってしまいました。
死ぬのが怖いです。
自分が死んだ後生き続けているだろう人たちが羨ましい。
なにか答えがあるのでしょうか。

投稿: おめだ | 2007.10.29 22:29

竹中さん

銀行潰す発言で金融恐慌一歩手前まで日本経済落とし込んで、慌てて政策転換した人の言葉とは思えませんね。

投稿: 眼精疲労の建築屋 | 2007.10.30 01:40

>考えただけで眠れなくなります
「死んだ後の事は死んでみないと分からないので、生きている時にそういうことに煩わされるのはよろしくない」
というような事を釈尊は大昔に言いましたが、これで良いと思います。
蝋燭の時間は有限ですから、燃えてる間に消えたらどうしようと考えているのは勿体無いです。
でも自分は人間が出来ていないし悟りも開けそうに無いのでおめださんと同じようにたまに凄く死ぬのが怖くなって泣き出しそうになったりもしますけどね(汗

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.30 09:33

おめださん

私も癌家系です。
恐らく私も癌になるでしょう。
30年前に父が癌で他界してから、母には常に「お前は癌になる。だから少しでも早く癌を見つけて治療しろ。」と言われ続けております。

実際に30を越えてからは年2回の人間ドックを行なっています。
癌は恐ろしい病気です。ですが治療法が日々進歩し続けている病気でもあるのです。
癌を恐れ死後の世界を考える前にやる事は山ほどあります。

私も幼い頃に癌で死ぬのが恐ろしくて、母に死後の事を聞いたことがあります。

「お母さんは忙しいから考えた事無い。暇になったら考える。生きている間は、生きていく事で忙しくて仕方が無いので、死んで暇になったら考える。」
母の回答です。

その時から私も「死んで暇になってから、ゆっくり考えるか。」
と思っています。

投稿: 所長 | 2007.10.30 11:00

おめだ | 2007.10.29 22:29さん

自分は死んだら、生れる前の状態の自分に
戻るだけだ。

と考えています。

投稿: 麿 | 2007.10.30 23:58

>投稿 | 2007.10.29 17:54
>投稿 | 2007.10.29 18:36

投稿内容が事実と違うと抗議して、当該の内容を投稿するときは、引用元を提示して欲しい。
ハンドル名もなく、引用元もない投稿文が、正確かどうかは、その筋の専門家でもない限り分からない。
こちらは、はるか以前の出来事の、マスコミの報道の記憶によったため(?)をつけたのであるので。

投稿: 龍 | 2007.10.31 20:36

>メイショウサムソン

勝ち馬は1番人気と言っても、ダントツという訳ではなく、結構人気が割れていましたので、単勝もそこそこついていましね。私はメイショウサムソンとダイワメジャーの2頭を軸に3連単で馬券を買っていたので、見事に玉砕した訳ですが。
不利を受けて破れたダイワメジャーの安藤勝巳が、「こんなことなら逃げれば良かった。」と自分を責めたのはさすがでしたが、それ以上に、武豊のうまさが目立ったレースではありました。中央GⅠで何度も走っているコスモバルクがよれる癖があるのは分かっていたはずだし、何よりGⅠの有力馬の鞍上、及びリーディング上位を地方出身騎手に占められている現状では、何を言っても負け犬の遠吠えのようで、正直格好悪い。
本来閉じたインナーサークルの競馬界でも、実力で外の世界からやってくるものたちを拒みきれなくなりつつあり、一端門戸を開けば、馬主も調教師も実力者に自分の馬を任せたくなるのが道理というもの。今回の天皇賞でも、武(1番人気メイショウサムソン)を除けば2~4番人気の有力馬は地方出身騎手(岩田、安藤)と外人騎手(ペリエ)でした。まあ、今回吠えている騎手は、他人の騎乗技術を責める前に、なぜ有力馬が自分に回ってこなくなったのか、その原因を考えるべきなんでしょう。

投稿: ya-mana | 2007.11.03 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分が癌になったら:

« Jr大惨事 | トップページ | 富の再配分 »