« 世間は魔女狩りを欲す | トップページ | 自分が癌になったら »

2007.10.28

Jr大惨事

 台風一過の晴天で今日は空気も綺麗で良かったですね。ちなみに前回訓練時に、ヘリ部隊が川崎市高津区上空を通過したのは、海自の第一陣が10時56分、陸の第二陣が11時25分でした。朝霞上空を通過してから、航空部隊は四方八方へと飛び去ります。羽田方向を除いては、首都圏の皆様は、似たような時刻で、編隊飛行する自衛隊機を観測できるはずです。

※ 「軍の強制」復活申請へ 教科書執筆者「新証言を追加」
http://www.asahi.com/national/update/1027/TKY200710270237.html

 昨日のテレビニュースで、ちらとその新証言の部分らしき頁が映ったのですが、それが本来出してはいけない部分だったのかどうか。正直、伝聞が伝聞のまま載っているというのは、違和感を感じるのですが。
 スパイとして惨殺云々というのは、地域社会にとっては重要な部分なのだろうけれど、国全体で使う教科書であることを考えると、私はそこだけ一人歩きして、だから軍隊は……、みたいな教師が出てくるのは避けられないから、私は事実であってもその掲載は不適切だと思います。

 しかし、この問題は安倍政権が継続していたら、ニュースにすらならずに黙殺されただろうことを考えると、教科書が時の総理の政治信条で左右されるのはどうだろう、と思いますね。そこにマスゴミが乗っかると、異論が国民に伝えられるチャンスすら奪われるわけで。

>訂正申請では、伝聞で日本軍の命令を聞いたという生存者の証言を追加し、集団自決は「強制集団死と言われることもある」という趣旨の脚注も入れる。

 強制集団死って、何だそれ? この連中は、またしても従軍慰安婦みたいな変な造語を作るのか。

※ 3年後打ち上げ目標、上空180キロ「超低空衛星」開発へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071027i106.htm?from=main1

  科学技術的にはそういう方向への話題になるわけですが、軍事的には、カメラ周りの設計に限界があるから、次世代スパイ衛星は、ロシア式で行こう、あっちは一週間の使い捨てだけど、こっちはもう少し長持ちさせますよ、とそういうことですね。

※ 「授業減らしすぎた」中教審が異例の反省
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071028it01.htm

 ちょっと遅すぎた感じはするけれど、現状認識としては、率直で正しいと言えるのでは無かろうか。

※ 堺市の南海電鉄線路にヘリ墜落、2人死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071027it11.htm?from=top

>「大阪航空」

 のサイトを見ても所有機リストが無いんだけど、ものはロビンソンの22みたいですね。電線に引っ掛かったという話だけど、墜ちた場所を考えると、たぶんオートローテーションは上手く行ったと考えて良いんだろうか。線路脇の空き地を狙ったけれど、最後に電線に引っ掛かったみたいな感じで。

※ 「ブルーインパルスJr」、航空祭で事故
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20071027/20071027-00000038-jnn-soci.html
(リンク先早々と消失の可能性大なり)

 ニュースバリューがあるかどうか疑問だけど、正直、本物の墜落映像と同様の衝撃を受けたんだが……。これでジュニアは来シーズンまで自粛だな。

※ <NOVA>英、豪大使館がHPで講師支援情報を提供
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000039-mai-soci

 これこそ現代の在留者保護ですよね。わてらの外務省なんざ絶対やってくれないだろうな。

※ 機長急病で欠航、262人足止め 日航関空発ロンドン便
http://www.asahi.com/national/update/1027/OSK200710270097.html

 関空規模で交代機長を用意できないのは拙いでしょう。

※ ホーンブロワー 海の勇者
http://www.mystery.co.jp/program/hornblower.html

 海洋冒険ものが好きな人に、貴方のベストワンを述べよ、と尋ねたら、たぶん半数以上の人々がこれを出すだろう、ホーンブロワー・シリーズです。スカパーのミステリーチャンネルで放映していまして、やっと週末に終わりました。たぶんこれから何度か再放映があるでしょう。メルマガで2度書いたのですが、もう本当に面白かった。
 ストーリーとしては、青年士官の成長物語です。裏切りあり、虐めあり、陰謀有り、でもそんな中でひたすらホーンブロワーは栄光と正義を追い求める。
 ラストは、ホーンブロワーが結婚して子供が出来た、という所で終わるんですけど、彼は小説上は提督にまで出世したことになっているんでしょうか。続編を作る予定とか無いんでしょうかね。ぜひ見たいですが。NHKはこういうドラマこそ地上波でやるべきだと思いますが。

※ 本日、ちょっと過激かなと思ってメルマガに追い出したネタ

 何やら元デブがデブから金を巻き上げることに関して、ちょっと露悪なテキストを披露している件と、00に関して結構ボロカスに書いたのを、やはり品がないと思ってメルマガに追い出す。

※ メルマガおまけ 小松菜のおひたし&00&元デブの商魂

|

« 世間は魔女狩りを欲す | トップページ | 自分が癌になったら »

コメント

教科書問題は、安倍政権が介入して変えさせたのはミエミエなのでしっぺ返し食らっているだけの話。政権におべっかつかう官僚がいる限り同じこと。
教科書だけに注目しているけど、日本では、審議会、懇親会を多量に作り、全く中立的でもない結論ありきで、お墨付きをもらうだけの機関でしかなかったし。
選ばれる審議委員の顔ぶれも似たようなものだし。まだ、企業、業界やら組合の代表ならいいけど、マスコミ関係は最悪。大宅映子なんか大宅の娘以外になにかあるのか?
安倍は短期に審議会を露骨な人選で大量につくり暴走した。今回の件もそのゆれ戻し。

投稿: | 2007.10.28 10:11

新しい教科書をつくる会と一緒で、ごく少数の話ではないの?
今の話も、申請するという話だけで、通るかどうかわからないし。

投稿: | 2007.10.28 10:37

>>OO
4話まで見て政治的状況説明で手いっぱいってのは、エンターテイメントとしてまずすぎるよなぁ、と昨日のお話は苦い思いで見ていました。
その政治状況も、安手の架空戦記レベルの設定で留まってるし。
更に言えば、今時、軍事的メソッドだけで紛争抑止なんて発想自体、頭が古すぎるし、そもそも紛争の主体が「国家」ベースでしか語られていないというのも現代を基準にしてすら古すぎる。
軍事にせよ金融やエネルギー、食料、環境など、いずれも政策コストやリスクが跳ね上がってるんで「国家」からよりメタな「国家群」として機能する枠組みが求められている一方、「国家」の粒度で構築された国際システムをすり抜けるミクロなテロ組織や企業、NGOをどうすんだってのが「現代国際社会」の最大の課題だってのに。
その意味で、「紛争抑止を掲げて非国家機関(NGO)であるソレスタルビーイングが、国際社会の秩序や統制を無視して暴れまわる」という構造矛盾を孕んだ基本設定は、おいしいところを突いてきていると思ったんだけどなぁ。

やっぱり本気で「戦争」描きたいんなら、軍事評論家だけじゃなく、若手の国際政治学者でもブレーンにつれてこないとダメなのかも。
初期のアニメにSF第1~2世代の作家が積極的にブレーンに参加したみたいに。

今のところ、キレイどころのお兄さん方がスカした台詞口にしているの見てるだけで幸せという層にしかアピールできてないんですよねぇ。
……本当に化けてくれるんだろうか。

投稿: 義忠 | 2007.10.28 11:42

>機長急病で欠航
このニュースでビックリすべき事は、関空に代替要員がいない事よりも、「ビジネスクラスを含め」ほぼ満席の旅客がいたという事ですね。
問題の機材はB777-246ERですから、C56+Y212=268人が乗客定員です。仮に空席が全てビジネスクラスに発生していたとしても、56席中50席が埋まっていた計算です。果たして、どれだけの人間が有償運賃で乗っていたのかは不明ですが、これなら当面JALの関空=ロンドン線は安泰でしょう。
因みに、関空におけるB777-246ERでの定期便は、このロンドン線(と間合い運用の福岡線)しかありませんから、普通は代替人員なんか配置しないでしょう。B767-346ERだったら、そこそこのスタンバイもいそうな気がするのですが。

投稿: 五月原清隆 | 2007.10.28 12:11

ホーンブロワーシリーズはハヤカワ文庫NVで全10巻(+別巻1)の翻訳が出ていますが、最終巻は『海軍提督ホーンブロワー』です。昔から好きなシリーズだっただけに、イメージが壊れるのをおそれてテレビシリーズは未見です。いい感想を聞いて、ちょっと考えるところですね。
ただホレイショーは提督にはなったのですが、残念といいますからしいといいますか、すでに戦乱の時代を過ぎ、蒸気船の時代に入ろうとしている時に「西インド諸島方面の英国海軍艦艇を統帥する…海軍少将ホーンブロワー卿」となっていて、それはそれで見事な幕引きではありますが「名作戦」で戦果を…というぐあいになっていないのはちょっぴり残念です。

投稿: uumin3 | 2007.10.28 12:25

……本当に化けてくれるんだろうか。

あなた方は多分視聴者層として最初から相手にされていないと認識すべきでは?
中学生以下を視聴者対象としているロボットアニメですよ。最近のアニメを少しは見られていますか?21世紀にアニメファンになった青少年向けのアニメにどうこう言うのが間違っています。
私も娘につきあってにがにがしく思いながら見ていますが、中二の娘とその友達は喜んで見ている。そういった世代が対象のアニメなんだなあと思い最初からあきらめて見ている。

投稿: | 2007.10.28 12:26

TVのホーンブロワー・シリーズは、原作の半分くらいまでです。これから小なりと言えども艦長になって知略を駆使して活躍する派手な(制作費のかかりそうな)話がつづくのですが、主役のヨアン・グリフィスが有名になってスケジュールの関係か、制作費の関係か、続編は制作されないそうです。残念!
 原作と微妙に話が変わってますが、雰囲気を壊していない良いシリーズだと思います。

投稿: 翻訳稼業 | 2007.10.28 13:09

オタからはもううざがられてきたんで、別の金儲けを考えなイカン。というわけで必死なのかなと。心身共に露骨過ぎて痛々しい>元デブ
個人的にこの人の読ませる文章はライターとしてへぇと思うけどクリエイター(作家)としてはイマイチ。

投稿: | 2007.10.28 13:14

>観閲式

今年は都心の方からアプローチしたみたいですね。多摩北部ではさっぱり見られませんでした。遙か彼方に海自のUS-1が見えましたけど。ヘリは立川から多摩川沿いに南下してから転進する感じだったんでしょうかね。昔、朝霞のみ開催だった頃はちょうどうちのあたりがホールドポイントだったらしく戦闘機やらヘリやらの大乱舞が見れてそりゃもう楽しかったもんですが、今年は気配すら感じられなかった…

投稿: | 2007.10.28 13:14

>>視聴対象外
……それはまったくそのとおり、というかそれで終わっちゃう話ではありますが(^_^A
嫌なら見るなって? それもまったくごもっとも。
それを百も承知でTVの前でぶつくさ文句つけるのが、中年ガノタのせめてもの楽しみでございますので。

ただ、そういう中高校生くらいの子供達に観てもらうからこそ、「現代」という時代と真摯に取り組んだ作品となって欲しいとも思うのですよ。
そのことと、エンターテイメントとして成立させることは決して矛盾しないはずだろう、と。
ありもののマーケティング戦略の流用だけの作品創りだなんて、悲しすぎやしませんか、と。

……とはいうものの、まぁ、難しいんだろうなとは理解は出来ますけどね。
本気で紛争調停システムの話を描こうと思ったら、MSの出番なんかほんの僅かになっちゃうだろうし。
(自分で考えたら、会議室と各種相場のチャートと特殊部隊の出番しか思いつかなかった(最悪だ))

投稿: 義忠 | 2007.10.28 13:18

>投稿 | 2007.10.28 12:26様
>あなた方は多分視聴者層として最初から相手にされていないと認識すべきでは?
>中学生以下を視聴者対象としているロボットアニメですよ。


その通りです。
どんなもんだか?と軽い気持ちで見ましたが、やっぱり36歳のオジサンにはキツイです。
でも最近の小中学生には受けるのかな?とも思いました。
これが深夜枠やOVA作品ならオジサン達も対象なんでしょうが、時間帯からすればオジサン達は対象外なんでしょう。
(見たければ御自由に・・・って程度)

まあ俺が小学生の頃に狂ったように観ていた、ファーストだって、キャラの年齢設定に無理がありすぎだったけど、小学2年生にしてみれば、ブライトが20歳だろうが30歳だろうが、どっちでも構わなかった。
多分、今の小中学生も「細かい事」はどうでも構わないのだろうな。

投稿: 所長 | 2007.10.28 13:24

ホーンプロワーシリーズの最後の話は、海軍元帥となったホーンブロワーがクリミア戦争に出征して宿敵フランス海軍と舳先を並べて戦友だったロシア海軍と戦う構想だと聞いています。
さわりの部分だけ翻訳されたのが、別巻入っていたのを以前図書館で読みました。

あと、ガユンダムことダブルオーですが、プロデューサーには本気で戦争を描くつもりなんかないでしょう。彼の政治的主張のネタに都合のいい戦争の姿を描いてるだけだと思いますよ。

投稿: s_doi | 2007.10.28 13:30

元デブの商魂:
当事者双方の発信情報に目を通していないのですが、記事中の文章はえらく自信満々ですね。
何というか、初心者が陥りやすい根拠の無い自信のように思えます。医師でも多数のケースを見てきた専門家でもないんだから、もう少し謙虚に出るべきではないかと思うのですが、持ち前のキャラなんでしょうか。

投稿: とおりすがりん | 2007.10.28 13:36

>何やら元デブがデブから金を巻き上げることに関して、ちょっと露悪なテキストを披露している件

今ググって始めて知りましたが、元デブらしすぎる痩せ方だったんですね。
てっきりガ○か糖○の悪化かう○の再発かと思ってましたよ。不健康過ぎる。>あの痩せ方

元デブは商魂たくましすぎて同世代以外のオタからずっとウザがられていますから。
実際物書きとしてはプロの入り口ですでに終わってる人だし。
信者も高齢化したし取り巻き仲間のコネが効かなくなってるんじゃないですか?

てか、古巣の要職に嫁が残っていて、昔の漫才の相方とかの切り盛りでそこの会社業界の大御所レベルでなんとか廻ってるんだから喰えるやろがと小一時間ry

>ガソダム00

監督が高橋だったらよかったのに(マテ)
ま、シリーズ構成の黒田のプロ売文家としての悪い面が今の所極端に出てる感じがしますね。
やっぱし黒田はナベシンと組ませたりしてとことんバカやらせるかOVAみたいに濃い物やらせないと本領出せない人なんじゃないかと思うんですけど、他に制作サイドのオファー内容に応えられる人がいなかったんでしょうね。

制作のお偉いさん達のお話や要望を汲み取った上で彼らのお望みどおりに一年間回せる技量の人って殆どいないでしょうから。難儀な時間帯になっちゃいましたね。

投稿: アニオタ現職 | 2007.10.28 14:19

 もうずいぶん前の情報なので変わってるかもしれませんが、今は痩せてるあの人はガ○ナの大株主ですので、ガ○ナが配当できるほど儲かっている限りは食えるでしょう。

投稿: Inoue | 2007.10.28 14:30

なんで、視るほうも作る方も、恩讐にとらわれているのか、oo。小学生と幼稚園の子持ちなら素直に古代恐竜とxyレンジャーの戦隊もので、未来に希望を馳せればいいじゃないですか。

投稿: pongchang | 2007.10.28 15:17

>古代恐竜とxyレンジャーの戦隊もの

 それを言うのであれば、この二つは良くできていますよ。わが家の定番、ポケモン、ドラエモン、アンパンマンにしても良くできている。
 一方で、たとえ00が、小中学生層をターゲットにしていたとしても、あの出来はどうよ? ということが問われているわけで。ガンダムということを離れても、地上波のクオリティとしてそれどうよ。対象年齢が低い=アニメとしての完成度は問わない、という部分ではないと思うんですよ。別に今、私たちがマジンガーZやその他の往年のロボットアニメを見ても、それなりに完成度は評価できるわけで。

>観閲式

 訓練より時間が押したみたいですけれど、今日はほぼ満足のいく写真が撮れました!(^O^)/ でもお昼のニュースでは、肝心のパレードシーンはほとんど出なかったですね。綱紀粛正がどうのこうのだけで。

>制作費の関係か、続編は制作されないそうです

 これはぜひ作って欲しいですよね。全世界の海洋冒険ものファンが見るんだから、指輪みたいな長編三部作映画でも十分行けると思いますが。しかし主役のあの人、ファンタスティック・フォーで出ていたなんて全然印象がない(~_~;)。

投稿: 大石 | 2007.10.28 15:36

>00
政治ネタが陳腐とかそういう事では無く、単純に物語としての魅力が無い事が問題かなと現時点では感じます。
種もそうでしたが「最初から強い主人公」ってのは悪い意味で安心して見れますから、ちっともハラハラドキドキしませんし、それ以前に物語としてキャラクターに焦点が当たってないのはどうかなぁと思います。
今はロボットの出てくる耽美萌えプロモビデオを30分間垂れ流してる感じですから。
高河ゆんにキャラデザなんてさせるから余計耽美臭がががorz

ここ最近で、ロボ物で、普通の時間帯で、この年代を狙ったものだとゼーガペインはかなりGoodだったなぁと個人的には思います。
それより前だとエウレカセブンかな?

>低年齢向け作品
これらは大抵よく出来てますよ。
どのジャンルの作品も大人が見てそれなりに楽しめるようになってる筈です。
子供の親も一緒に見る可能性が高いわけですから、親御さんに向けてのメッセージをさりげなくこめてあったりもしますし。

>ブルーインパルスJr
先月のMrバイクで取材受けていて、それで始めて存在を知った人間としては何だかショックです。
誰にも大きな怪我が出ていなくてよかった。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.28 16:07

>「軍の強制」復活申請へ 教科書執筆者「新証言を追加」
>訂正申請では、伝聞で日本軍の命令を聞いたという生存者の証言を追加し、集団自決は「強制集団死と言われることもある」という趣旨の脚注も入れる。
 強制集団死って、何だそれ? この連中は、またしても従軍慰安婦みたいな変な造語を作るのか。

過日の、集団自決にかんしてのコメントで、okihiro氏も、『一次資料うんぬんでいえば、米軍が集団自決の存命者を保護した3月のものと、赤松隊投降後の8月以降のものしかありません』で、『「軍が住民に対して集団自決しろ」という命令書』は、無いことを認めています。しかも『これは赤松隊が投降前に書類焼却していることもあります』は、意味をなしません。日本降伏後は、主権が連合軍(ほとんどアメリカ軍)にありましたから、仮に島の現地には残っていなくても、軍本部の官僚の記録を探せば、もしあるなら有ったはずです(敗戦後の日本の政治思想勢力図からいって、もしあれば表に出ている可能性が強いとおもいます)。権力が代わったら、前の権力者の不都合な書類は、きれいさっぱり全て無くなるわけではないと思います。『一次資料うんぬんでいえば、米軍が集団自決の存命者を保護した3月のものと、赤松隊投降後の8月以降のものしかありません』は、実物を見ていませんが、証言による記録とおもいます。証言は、権力者におもねたりする可能性が捨て切れません。Okihiro氏が最初に裁判の件を持ち出していましたが、反対尋問の無い証言は、信用できませんので。

結局、大石先生の言われるように、新造語を作って、証言のみでしか証明されない他に史料の無いことを、作り上げよりしているのではないでしょうか。
何をどこまで歴史教科書で教えるかの議論が無く、政治的野望を教科書に盛り込もうとしている政治勢力の、戦いの場のように思えます。

投稿: 龍 | 2007.10.28 17:13

00について。

うーんでもみなさんの意見を読むと、考えちゃいますね。

自分は、MSが、がんがん動いてくれれば、それだけでも嬉しいタイプの人間なんで、まぁ、単純ですな。

伝統的な戦争ではない物語を描こうとすると、それはそれで、かなり難しいのかもしれませんね。

00、一年持つのかなぁ・・・。

投稿: スパイシーチキン | 2007.10.28 18:31

>強制集団死

あちら系の人は造語を作って声高に叫び続ければ、それが定着するという経験を積んでいるので、今回も定着するまで言い続けるのでしょうね。
広義の強制連行なんて安倍さんまで口にしていたし。

>00

物語の設定を理解しづらいし、キャラクターに愛着を持てるような描き方もしていないし、戦闘シーンが派手なわけでも無し。

CM見ていると親世代も対象にしているようですけど、今のところ成功しているようには思えませんね。

投稿: 眼精疲労の建築屋 | 2007.10.28 18:49

アニオタ現職さま
>実際物書きとしてはプロの入り口ですでに終わってる人だし。

本屋へ行けば、著作が平積みで山盛りになっていますよ。

プロの物書きとしては超一流の仲間入りです。
著作のターゲットも、一般大衆向けに切り替えていますし。


投稿: ほるほる | 2007.10.28 20:08

00いいと思いますけどね。
ZやZZよりかは断然いい。

投稿: スサノオ | 2007.10.28 20:59

>>本屋へ行けば、著作が平積みで山盛りになっていますよ。

……いや、たぶんアニオタ現職氏の言いたいのは、彼の人物の書いている著作物の質の問題ではないかと。

まぁ、今回のダイエットねたへの着眼点といい、企画屋としては一流の人だと思います。
その意味では、山ほど実績だってあるし。
ただ、ここぞという所で、つまんない欲かいて評判落とすんだよな、この人。
あの歳でこんなこと繰り返してるんだから、一生こんな調子なんでしょうけど。

投稿: 義忠 | 2007.10.28 21:12

<元デブ
 かつて彼は自分で文章書いていないと、自分で書いています。
 今でもそうなのだろうか?

投稿: ととと | 2007.10.28 21:26

いやさ、00かなり不評ですけど、
その後の展開でなにかあるんじゃないっすかね。
誰も、一時の荒事で世界が変わるとは信じていないでしょ。
1クールくらい様子みたらいかがですかね。

どうも、なんらかの感情的反発から悪し様に言っているように
しか見えませんけどね。みなさんの評価をみていると。

何度もいいますけど、ZやZZよりかはましですよ。

投稿: スサノオ | 2007.10.28 21:44

こっちのほうが色々面白いw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1390945

投稿: | 2007.10.28 22:02

>観閲式
買ったばかりの外付けマイクの試し撮りに行ってきましたが、少年野球の歓声で・・・
最後のヘリの集団で、お目当てのアパッチは見れましたが、間が空いてたのでマイクの電源落としていたのを忘れててトホホでした。

投稿: za | 2007.10.28 22:07

>ブルーインパルスJr
久し振りに「Mr.バイク」を書店で手に取ると、カラーページを使って、関係者インタビュー有りとかなりの紙数を割いて紹介されていましたね(^^;).
”本家”が演技実施出来ないような天候でも活動出来るような、”全天候化”がトップヘビーを招き(ノーマルだとあの手の3輪スクーターはこけ難いはずですが)、却ってアダとなったのでは無いかと思われます。
例年この時期の小牧・各務ヶ原は天候が思わしく無いような気がして敬遠していたのですが、この事故で厄が落ちたのか?今日の各務ヶ原は素晴らしい快晴でした(^O^)/

投稿: yossi | 2007.10.28 22:23

いまさらなんだけど、夜中に再放送されてるBlogが炎上した某アニメを見た。で、問題の話数。絵はたしかに酷いかな、それより話そのものがやっぱりお子様向けで内容がない。全体のストーリーは本放送時間帯を考えたらしょうがないかなとも思うけど、さすがに脚本もだめだとちょっと評価できないな。
ooは見てない、というかガンなんちゃらシリーズって一度も見たことがないから、コメントできないのだけれど、続編(亜種?)って抗体のないものでも理解できるものなんだろうか。ロボットものは永井豪系はだいたい見てた気がするのだが、まあさすがに今見たら辛いかなとは思うけど、子供向けにはあのくらい勧善懲悪がはっきりしてたほうがわかりやすくていいんじゃないのかなとは思う。

投稿: | 2007.10.29 00:58

> 「軍の強制」復活申請へ 教科書執筆者「新証言を追加」

> 伝聞で日本軍の命令を聞いたという生存者の証言を追加し、
というのは、資料の扱いが、指導要領にまったく沿っていないですね。
私が検定委員なら、その理由で却下です。

> 龍 氏
> 政治的野望を教科書に盛り込もうとしている政治勢力の、戦いの場
言いえて妙ですね。
> 何をどこまで歴史教科書で教えるかの議論が無く、
学習指導要領に基づいて教えるということに、議論の余地はありません。
本件は、ミッドウェーとか硫黄島とか原爆とかと違って、
戦争の転換点になったような事象とは到底いえませんから、
精選して指導すべき基本的な事柄、即ち
教科書に載せるべき事項とは、いえないでしょう。

執筆者は、高校の先生みたいですが、この方に
> 客観的かつ公正な資料に基づいて,
> 事実の正確な理解に導くようにするとともに,
> 多面的・多角的に考察し公正に判断する能力を育成する
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603/003.htm
のを期待するのはムリなんだろうなぁ
という感想と持ちました。

投稿: honda.tact | 2007.10.29 01:11

>>「軍の強制」復活申請へ 教科書執筆者「新証言を追加」

 この執筆者の教諭の名前でググったら、↓のページがヒットしました。たぶんビンゴだと思います。

東京歴史科学研究会 : 科学運動
http://wwwsoc.nii.ac.jp/trk/undo.html

 案の定、という感想しかありませんよ。

投稿: KWAT | 2007.10.29 01:24

用もないのに“民主”だの“科学”だのと名乗っているのは、たいてい代々木がらみ。

投稿: truly_false | 2007.10.29 01:43

元デブのやせ本に盗作疑惑が出てますね。
著書をまるまる一章分盗作されたと主張している方が、
出版社を通して対策中とのこと。

投稿: 。。。 | 2007.10.29 03:28

>いまさらなんだけど、夜中に再放送されてるBlogが炎上した某アニメを見た。
>で、問題の話数。絵はたしかに酷いかな、それより話そのものがやっぱりお子様向けで内容がない。
>全体のストーリーは本放送時間帯を考えたらしょうがないかなとも思うけど、さすがに脚本もだめだとちょっと評価できないな。

あの話の無意味さは狙ってやってるだろうからあの一本で全体を評価する事自体筋が違うとは最初の騒動の時点から思っていましたが、実際「当たり」では有りました。

後一回大馬鹿な話を放送コードの関係で組み替えた話が再来週にありますが、その後はバカ入れようにも本筋としては入らない位の密度で最後(27話)まで進むので。

次回あたりから本当の意味で話が動き始めて、7話位から急加速してお子様置き去りにしないギリギリの所でお子様から大人まで引きずり込むような話と密度になっていくので、騙されたと思って最低でも半分(15、6話)までは出来れば続けて見てください。

何本か中抜きしながら見ていてもいける構成にとりあえずはなっているので、全ては見ないでも、後半の半ばから復帰しても充分に見られる作りにはなっていました。

但し、終盤を見て「損した!」と憤慨しても後の祭りですけどね。
その場合はレンタルででも見逃した所を借りて埋めて見ると納得が行くかも。
通しで見ると、計算されて話が全部つながってしまっている上に筋書きをアニメーションに落とすときの密度が半端ではない代物なので。

実際に問題とされた話ですら終盤での伏線が仕込んであったので泡吹いたんですが(笑)

投稿: アニオタ現職 | 2007.10.29 06:07

教科書ねえ。
まあ、元々安倍政権成立でのぼせ上がったのか
政権に媚売ったのか言葉の使い方も知らないアホ
官僚が「えん罪」裁判なんて理由での削除の
検定意見つけた(「えん罪」の件は安倍政権下で
伊吹大臣謝罪済み)結果の揺り戻しでしょうな。
安倍政権のアホらしさのひとつかと。
沖縄で米軍再編問題かかえているのに味方の知事を
後ろから撃つような真似して事態をややこしくして
いたんじゃ世話ない。
安倍政権が続いていても米軍再編問題がある限り
どっかで妥協を強いられる。
実利優先の福田政権ならまあ、当然の結果だわな。

投稿: papapa | 2007.10.29 06:34

>執筆者は、高校の先生みたいですが、この方に
> 客観的かつ公正な資料に基づいて,
> 事実の正確な理解に導くようにするとともに,
> 多面的・多角的に考察し公正に判断する能力を育成する
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603/003.htm
のを期待するのはムリなんだろうなぁ
という感想と持ちました。
投稿 honda.tact | 2007.10.29 01:11

上記のアドレス間違っていません?
ページが見つかりませんと、表示されます。

投稿: 龍 | 2007.10.29 08:40

> 龍さん
末尾の「)」を取れば見られますよ。

投稿: 半角空白 | 2007.10.29 09:05

ガンダム繋がりでねたをひとつ。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/post_2793.html

「パワードスーツ」や「アームスレイブ」ではなくて、「ガンダム」なんだ。
このプレゼンをやった担当者は30代くらいの技官かしら。
この表現が部内で通用するという我が防衛省は、まだまだ見捨てたものじゃないと見るべきか、末期症状と見るべきか……(^_^A

投稿: 義忠 | 2007.10.29 09:05

>ガンダム繋がりでねたをひとつ。
>
>http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/post_2793.html
>
>「パワードスーツ」や「アームスレイブ」ではなくて、「ガンダム」なんだ。

なんだよ。ランドメイトじゃないのかよ。
そりゃ、ガンダムのほうが有名だけどさ。
ランドメイトをとは言わないが、せめてATにしとけ。
モビルスーツなんて乗り物酔いがひどくて乗れたものじゃないぞ。

投稿: | 2007.10.29 12:00

作品を楽しんだ方が勝ちである。

投稿: | 2007.10.29 13:13

> 2007.10.29 12:00
ATより、TAのほうがよろしいかと。

投稿: SOL | 2007.10.29 16:12

パトレーバーは、自衛隊では受け入れられない。そりゃそうですね警察だもん。でも、レーバー小隊は陸自にもあったはず、PKOで全滅したけど。
わたしは、ガンダムに理解は示さないが、パトレーバーには敬服する。

投稿: pongchang | 2007.10.29 16:31

>00
ぬらりひょんがネズミ男の声で演説ぶってるのを見てたら、コイツ絶対自分の言ってる事を本気にしてないヨなぁ…と思ってシマタ(w
だからジブンは戦争根絶と言う目標が達成できるか、ではなくて本音がどこに有るのか気になって見てしまってるでアリマス

真面目な話をキボンするのであれば画素ダムじゃなくてこっちがお勧め
ttp://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/021/
下手なプ□ジェクト×より泣けるでアリマス

投稿: 押入れ満杯の夢 | 2007.10.29 17:49

00って相手方のメカデザインはなかなか独創的、ティエレンなんか正にリアルロボの系譜って感じなのに、肝心のガンダムがもろにスーパーロボットデザインなのが萎え萎えですね

投稿: | 2007.10.29 21:20

>ぬらりひょんがネズミ男の声で演説ぶってるのを見てたら

GのファンならまずVのカガチを思い出すべきだろ。
えっ!? Vガンなんか知らないって?
そんなつれないこと言わないでよ。
Zより傑作だと思うぞ。

投稿: スサノオ | 2007.10.29 21:40

> 龍 | 2007.10.29 08:40 氏

亀レス スマソ
> 半角空白 | 2007.10.29 09:05 氏
のご指摘のとおりです。
今度から気をつけます。

投稿: honda.tact | 2007.10.29 22:36

 『エル・アルコン 鷹』(青池保子)のオープニングって、もろホーンブロワーの○クリなんですよね~

 で、帆船時代の海軍の主的は海賊でしたが(というか、海軍のルーツそのものが海賊なんだが。ドレイクはもろ海賊の頭目だったし)、蒸気船時代の到来によって、帆船に乗った海賊は速力で優れた蒸気軍艦を運用する海軍の敵にならなくなり、自然と駆逐されていきました。蒸気時代の到来によってホーンブロワーシリーズが幕を閉じるというのも、そういう意味ではうなづける。

 なお、ペリーの日本遠征は、米国海軍内に対しては、蒸気軍艦の能力をデモンストレートする意味もあったそうです。実際、ペリーは「スチームネイビーの父」と呼ばれていました。

投稿: 土門見人 | 2007.10.29 22:41

>但し、終盤を見て「損した!」と憤慨しても後の祭りですけどね。
子供向けには別にぜんぜんアリだと思うけどね、特に内容がなくても。オトナも対象とした作品には深夜枠があるんだからそっちでやりあえばいいんじゅないの、という意味で書いたんだけどね。ただ、狙ってやってるのならその狙いがなんなのかもわからないようだとさすがに辛いなと思ったんでね。

昔よく見てたアニメはうる星やつら、めぞん一刻だったかな。押井監督を知ったのはそのころでこの人が関する作品はいつもインナーワールドで、すごくおもしろいと思っていた。その後まったく見なくなって、再びテレビアニメを見たのは新聞のコラムがきっかけで見たエヴァンゲリオンだったかな。コラム氏は終盤が破綻したと、非常に怒っていたのを思い出す。じゃあどれだけ破綻してるのか興味があったのでそれなら見てやろうと。だから見たのは夜中の再放送だった気がする。見たらこれがおもしろかった。知人にも勧めたくらいだ。
後で知ったんだが、作ったのがオネアミスの翼を製作したガイナックス。これ映画見に行ったんだよね。音楽監督が坂本だってことで。そういえば最近ぼくらのってアニメで野見祐二の名前を見つけて思い出したよ、オネアミスを。地道に活動してたんだな。だいぶ話が脱線したけれどもそんなわけで個人的には元デブにもガイナックスにもがんばって欲しいとは思ってるんだよね。

投稿: | 2007.10.29 23:17

>上空180キロ「超低空衛星」
http://www.isas.jaxa.jp/j/researchers/symp/2007/1102_low.shtml
歌島昌由さんが咬んでいるのか

投稿: pongchang | 2007.11.01 16:04

>上空180キロ「超低空衛星」
http://utashima.exblog.jp/7303758/
合成開口レーダーの電力を1/64に出来る。などなど。歌島さんのスライド。

>ブルース
此処は汽車の動画サイトだけど、百里のインパルス(ホンモン)の動画があったので。きっと離陸から細切れで今後何回か連載続くと思われる。
http://podcast.picopico.jp/archives/2007/11/vol179.html

投稿: | 2007.11.08 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jr大惨事:

« 世間は魔女狩りを欲す | トップページ | 自分が癌になったら »