« ベランダ菜園から見る農業 | トップページ | 沖縄戦、軍命を考える »

2007.10.23

いつもの水増し請求

 今日は、たいしたニュースもない平和な火曜ですね。

※ 守屋前次官と親密な山田洋行米法人を捜査、使途不明1億か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071023it01.htm?from=top

 まだネット上のニュースにはなっていないけれど、山田洋行が代理店を務めていたイギリス製の哨戒ヘリ用(K用?)のCMD(ミサイル欺瞞用花火セットのことね)を水増し請求していたという話が出ていますね。いつものことじゃんw。でも山田洋行案件の全件見直しということもありうるんでしょうね。

※ 【正論】集団自決と検定 作家・曽野綾子 それでも「命令」の実証なし
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071023/edc0710230343000-n1.htm

>作家の大江健三郎氏は、その年の9月に出版した『沖縄ノート』の中で、赤松元隊長の行為を「罪の巨塊」と書いていることもますます私の関心を引きつけた。

 ノーヘル@大江氏は、若い頃から誰彼なく人を罪人扱いするのが大好きなんですよね。よっぽどご立派なお人なのでしょう。

※ 鉄ちゃん必見…達人オススメ、列車で紅葉絶景かなぁ~ 
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007102223_all.html

 いいねぇ。こういうのやってみたいですけどねぇ。でもうちの近所だと、中央本線で山梨辺りまで出れば、そこそこ紅葉気分を味わえますよ。立川辺りから高度が上がるに連れてだんだんと紅葉に染まっていく。日帰りも可能。箱根もあるけど、箱根まで来たら温泉行く羽目になるから結構高く付くし。

※ 都施設でポルノ漫画即売会、過去6回開催
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071022i305.htm?from=main3

  これは許せませんでつねぇ~(~_~;)。でもこれ訴訟とか起こされたらちょっと危ういですよね。そのポルノ漫画と称するものが法の範囲内であったとすれば、仮に施設利用の基準として、「公序良俗に反しない」という項目があったとしても、借りる側は、「表現の自由」という崇高な権利を持ち出すことが出来るから。

※ スイス国民議会選、史上稀な「汚い選挙戦」でしこり残す
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071021id23.htm

 かつてユダヤ人にとって希望の地であった(でもナチとはよろしくやったしユダヤ人の財産もおいしゅう頂きマスタぁ)スイスで、移民排斥なんてねぇ。ま、もともと外国人に不寛容な人々だけど。

※ 海上輸送試験:22日に水バッグ試験 水資源機構など、3月に続き2回目 /和歌山
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000304-mailo-l30

 なんかテレビで見たら、4ノットも出ていないような感じだったけれど。こういう技術はあってしかるべきだと思うけれど、離島や海外を睨んでも中古タンカーを買って使った方が確実ですよね。
 あと国内の渇水対策として考えるなら、日本全国の水道管を繋げば良い話でしょう。

※ ゴ○キ弟を金属盗容疑で逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071020-00000913-san-soci&kz=soci

 同情の余地は全く無いんだろうけれど、この人は21歳でもう子供が二人もいるんですよね。コンビニで盗撮したビデオがテレビで流れているけれど、首の左に、何かワニか魚の大きな入れ墨をしている。今時、見える場所へのタトゥーはヤクザもしないのに、あれはシールか何かなんでしょうか。
 姉が芸能人でなければ、ありきたりな青春を謳歌していただろうことを考えると、彼が芸能界入りした時に、きちんとマネージメントできなかった大人の責任は重いと思いますね。思春期の少年少女を大人達のドロドロしたビジネスの道具として利用することにもう少し責任を持つべきだと思う。

※ セカンドライフ、ブームは一段落
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/91721/

 いや、少なくとも日本に於いてはそもそもブームにすらならなかったわけですが。日本人は何だかんだ言ってもテキストベースでなきゃ駄目なんですよね。

※ ベネッセ:執行役員が部下の男性殴る 降格も検討
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071022k0000m040109000c.html

 子供たちより前に、まずはご自分達を教育して下さいねぇ~。

※ 都心部も郊外もマンション高騰 一般サラリーマン「もう手が出ない」
http://www.j-cast.com/2007/10/22012416.html

 人口は減っているのに変ですよねぇ。ま、関係ないけどね _| ̄|○

※ 鹿屋セクハラ疑惑 女子中学生、校長告訴へ
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=7253

 あ~あ。何か大事になってきたなぁ。

※ ゴキブリは核戦争を生き残ることができるのか?
 米放送局が検証番組を制作
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200710211629

  これって昔から結構実験とかされていたんじゃなかったのですかね。

※ メルマガおまけ 変な盛り上がり

|

« ベランダ菜園から見る農業 | トップページ | 沖縄戦、軍命を考える »

コメント

初音ミク騒動:
GoogleやYahooに手が回った事のほうが大きいんじゃないですか。
これぞ放送とネットの融合・・・なんちゃってね。
Live Search を育てにゃならんかなと真剣に思う今日このごろです。

TBSの放送内容自体は、まあ微妙だけどちょっと頭を下げれば十分な問題だと思います。テレビ局だか広告代理店も過剰反応をしたものですね。

投稿: とおりすがりん | 2007.10.23 10:26

 「ポルノコミック」という言葉を持ち出したのが公社なのか読売なのか知りませんが、こんな言葉で呼ばれたら、誰しもネガティブなイメージを持つわけで、あまり適切な表現じゃありません。

複数の医療施設に受け入れを断られた → たらいまわしされた

みたいなもんで。

投稿: Inoue | 2007.10.23 10:37

>今日は、たいしたニュースもない平和な火曜ですね。

世界は火種に満ちてますがね。

投稿: | 2007.10.23 10:38

 この同人誌即売会がアブノーマル系主体であったのは事実で、公序良俗に反するといわれれば、反論しにくいですけれども、氏賀Y太みたいな人の単行本が一般書店で売られているのが日本の出版流通なんですから、ことさら問題にしなくてもいいなじゃないのかなあ。

でも、参加者を18歳以上に限るくらいの配慮は欲しかったね。
http://www.egmc.co.jp/abc/abc_menu.html

投稿: Inoue | 2007.10.23 10:42

※ 守屋前次官
歴代の大臣も山田洋行から、色々と利益を享受していたという話がネット上で出ています。

真偽のほどはわかりませんが、おそらく証人喚問招致に関連して、防衛大臣と守屋前次官の間でつばぜり合いを繰り広げているような気がします。

ロッキード事件の丸紅みたいな話に発展する可能性がありますね。

ところで、とばっちりでCX試験飛行等が遅れるのは残念です。純粋に技術的に考えればCF6という選択は妥当でしょう(今、P&Wはだめになっちゃいましたからね)。

投稿: 成田の近くの住人 | 2007.10.23 11:14

>赤松元隊長の行為を「罪の巨塊」

集団自決の命令の件はともかく12人の住民処刑(少年込み)と食料強奪の件だけで罪人ですよ。回復できる名誉なんぞ無い。

投稿: | 2007.10.23 11:36

>あと国内の渇水対策として考えるなら、日本全国の水道管を繋げば良い話でしょう。

いやいや、三重県の神島で、海底送水管を使って水道水を送っていたんだが、
錨を引っ掛けて破損、断水とか今月ありましたし。
先週復旧したんだっけ。

投稿: 数年来のROM専 | 2007.10.23 11:44

>>守屋前次官
野党とマスコミはまぁ、ともかく、4年も次官をやってて与党・自民党まで誰一人、彼を庇おうとしない辺り、お人柄が偲ばれますな。
勿論、小泉-安部ラインの人間だったから、福田政権内部にこれを機に潰しておきたいと思った人間がいるのかもしれませんけど。

それにしても、こういう事態を想定して保険を掛けておくくらいのこともできなかったのかしらん。
自分の安全保障も出来ない人間に、国防の一端を預けてたのか……(-_-;;

投稿: 義忠 | 2007.10.23 11:44

>>ゴ○キ弟を金属盗容疑で逮捕
 入れ墨のモチーフは鯉(コイ)じゃないですかね。意外と結構なもんもんをしょってるのかもしれません。
 親が芸能人で屈折する子供というのはよく聞きますけど、姉が芸能人で屈折する弟というのは、それがゼロでないにしろ本人の資質大ではないですかね。人生転げ落ちて金属窃盗団のリーダーはないですよ普通。

投稿: mado | 2007.10.23 12:24

さすが民主党、お家芸炸裂です
【政治】 民主・小沢氏、守屋氏問題の「山田洋行」からの献金600万円を返還
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193106384/

投稿: SEED | 2007.10.23 12:31

>さすが民主党、お家芸炸裂です
>【政治】 民主・小沢氏、守屋氏問題の「山田洋行」からの献金600万円を返還
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193106384/

小沢君は与党の防衛族の出じゃから、しょうがないのぉ、わしがロッキードから貰ったものに較べれば安い、安いカーカッカッカッカ
そういえば、防衛装備を充実させた小泉君や石破君などはいくら貰うとるのかのぉ、F-22欲しがってるモンも寝首かかれんように気をつけないとのぉ

投稿: 角さん | 2007.10.23 13:08

>離島や海外を睨んでも中古タンカーを買って使った方が確実ですよね。

商業ベースで考えると、片道空船(コストアップ)になるのが、タンカー利用の問題点なのでは。
かといって、オイルタンカーの往路(空船)で水を運んでみたら、オイル交じりになってしまい、再処理が必要。

投稿: himorogi | 2007.10.23 13:45

赤松隊長は座間味で大城訓導を惨殺している。
これは本人も認めている。後でその妻も
自殺幇助の名目で処刑している。

大城訓導は防衛隊員でもあったから正規兵なので処刑は合法なので無問題とされているが、そうだとすると命令を出したことが確定している島の役人連中も防衛隊員なので彼らの出した命令も日本軍人が命令系統を使って出した軍命令ということになる。
逆に彼らは日本軍でないとすれば大城訓導一家の処刑はただの殺人罪でありどちらにしても赤松隊に回復する名誉なぞ無いことになる。
だいたい、曽野調査自体、当時のインタビュー相手を軍命令否定者だけに会って取材したもので参考にならないと家永教科書裁判で認定されたもの。第3次訴訟で最高裁まで行って軍命令があったことは当時の存命者の証人発言等で最高裁でも高裁判決が認められ確定している。
証言する存命者が死亡し、曽野のインタビューを受けていないという存命住民多数が亡くなってからの再度の裁判といい、
歴史は生き延びた側が作るものだとつくづく思う。

投稿: | 2007.10.23 14:14

また、妙なのが沸いてるな

---------------------------
↑サクっとアク禁にしようとしたら、このIPで5人も書き込んでいる。イエローカードでつ。大石記 14:32時

投稿: | 2007.10.23 14:16

まさしく、生き残ったものが歴史を作ってるね。
生き残った村民が、生存のため赤松氏から自決命令がでたことという「歴史」を作って補償をうけていたんだし。その通りだよ。

投稿: | 2007.10.23 14:25

>曽野調査自体、当時のインタビュー相手を軍命令否定者だけに会って取材したもので参考にならないと家永教科書裁判で認定されたもの。

 ちらっと家永裁判をググッてみたのですが、認定されたというより、原告側は曾野調査の不備を上手く突いたという程度ではないでしょうか。裁判自体、軍命令の有無にさほど拘ったようにも思えないし。

 あと、ちょっと気になるのは、沖縄復帰が72年、曾野さんの調査がその復帰の最中のことですよね。この頃は、沖縄県民の反日感情もさほどでは無かったと私は認識しているのですが、そんな中で、赤松隊長の慰霊は拒否されているわけですよね。
 曾野さんが個人的に、軍命令を証言する人と意識的に会わなかった、ということはあり得るかも知れない。
 ただ一方で疑問に感じるのは、曾野さんに対して、「軍令は無かった」と証言した人々が一定数いる。赤松隊長への反感がある中で、彼らに曾野さんに嘘を付いて日本軍の名誉を守るような義理は無いですよね?
 曾野さんが軍令を証言をする人々と会わなかったというのが事実だとしても、一方で、じゃあ曾野さん相手に証言した人々には何かそこで嘘を言うメリットでもあったのだろうか? という疑問を抱くわけですが。

投稿: 大石 | 2007.10.23 14:47

はっきり書いておこうか。
曽野は第三次家永教科書訴訟の一審に政府側証人として出廷し、そこで、当時兵事主任であり軍命を受けたと証言している富山真順について、「彼がそれだけのことを知っているのならば飛びついて、すぐに取材をしていたはずだが、村の誰も
そのようなことは言わなかった」証言して、富山他、あったと証言している存命者が多数おり、それらは曽野に取材を受けたと証言しているにも関わらず、富山らには取材をしなかったと証言したので存命中だった人間たちから抗議を受け、その著書も裁判で採用されず、最高裁まで争った結果、検定は合憲とされたけど、沖縄集団自決は軍命令であるとし、賠償金40万円を家永に払うように裁判が確定した。
その後、曽野の説が再び脚光を浴び始めるのは、あったという防衛隊員などの軍関係者がみな死亡した後。まさに死人に口無し。
全て第三次家永教科書裁判関係の多数の裁判資料でわかること。

投稿: | 2007.10.23 14:47

↑これは、まさに Wiki に載っている部分ですよね。

 ですから、「あった」と証言している人々のことは、ひとまず置いて欲しいんです。当時「無かった」と証言した人々の動機は何なのでしょう? というのが私の素朴な疑問でして。

投稿: 大石 | 2007.10.23 15:02

大石先生にご返答いただけるとは光栄ですね。
曽野綾子は座間味で取材し多くの人間に会い、証言を得ています。ここまでは双方認めています。
が、曽野は命令があったという人間はいなかったと主張しており、それが軍命令が無かった最大の根拠にもなっています。
しかし、実際には曽野は、軍命令があったという証言をした人間にも取材をしており「あった」証言も聞いています。だが、曽野は、その証言をした人間には会わなかったという形にして「或る神話の背景」を書きました。家永裁判では、島の存命者の富山が曽野に会ったことを証言したことで曽野の著書の証拠能力は否定されました。
この裁判では検定そのものは合憲とされたので個々の記述について検定意見が適法か否かが争われました。結果、集団自決は軍命令もあったことが認定されています。(家永は賠償金40万円を勝ち取りましたが沖縄の記述では負けています。何故なら家永の記述は「軍による処刑が軍命令による自決よりも被害者が多い」というものだったからです。

投稿: okihiro | 2007.10.23 15:12

>>ABC
前から言われてましたが、アレです。目的はバイオレンス規制です。
でもバイオレンス規制だと、法に引っかかるので“ポルノ”という形で、論陣を張ろうというのが読売さんと、その息の掛かった教育関係者(&キリスト教系団体の皆さん)ですね。
まぁ、ポルノも取り締まりたいですが、同人誌書店やソフ倫とかが力を入れて「やりません!」と言ってる以上、その辺のタテマエは信じるのが政治って所ですからね。
でも、バイオレンス規制に関しては、なかなかガイドラインが作れないので、その辺をやりこめたいっていう意思が強いですね。

前にビデ倫がやられたのは、平沢勝栄の命令で、アノ直後「ヘア解禁でいこー!」みたいにビデ倫がシュプレヒコールを上げたからだということです。同日の四国の方での同人作家逮捕は、警察利権の絡みでは無く、地元警察の判断の模様です。

まぁ、忘れている人も多いでしょうから、一応再度age、ということで。

投稿: 地元 | 2007.10.23 15:20

座間味の曽野が取材して証言を得たとしたものは、住民の多くを自ら処刑した副官の少尉ら旧軍人の他には、取材当時の座間味の村長らです。
集団自決参加者では集団自決時15歳だった人間がいます。
戦争時に責任ある立場の人間で曽野の取材に答えた当時の軍人以外の人間は巡査がいるくらいです。
何故か当時まだ存命だった防衛隊員らにはほとんど取材していません。

投稿: okihiro | 2007.10.23 15:34

袋で運ぶとなにがいいか?「船ではない」からではないですか。袋に税金はかからないが、船には税金がかかり、動力船なら尚更。渇水でなければ使わないとなると。それに船腹をカルテルで規制している国に住んでいるんですから、その利権を覆すところからはじめないといけないけど、いまとなっては水(建設省)と船(運輸省)は同じ屋根の下(国土交通省)だから、斜め横断したくもなりましょう「これはビニール袋でふねじゃありません」って。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~zensenk/kaiho/88kaiho/naikokadai/naiko-kouchiyama.htm

投稿: pongchang | 2007.10.23 16:09

曽野の或る神話の背景では、証言者は旧軍人と住民からなり
1.赤松隊の旧軍人の軍命令否定証言
2.村長ら島民存命者からの軍命令だと直接赤松からではなく他の島民から間接的に聞いたという話。
3.当時の島の巡査の集団自決の軍命令は伝えていないという証言
をもって、当時、住民に軍命令を伝えるのは巡査だけだからその巡査が伝えておらず、他の住民も赤松から直接聞いたと証言する人間はいないので軍命令は無かったという理屈。

だけど家永裁判で兵事主任だった富山が
1.当時、赤松の軍命令を受けたこと。
2.曽野は自分に取材していないというが自分は曽野の取材を受けたことを証言し、かつ兵事主任が住民に自決以外の軍命令を伝えていたことが他の証言でも証明されたので曽野の説は敗北しました。

近年、自虐史観批判本や自由主義史観本が多数出ていますけど、それらの説のほとんどは史学雑誌で査読を受けたわけでもなく研究者に認定されているわけでもありません。伊藤系の人間すら史学雑誌に書いて査読を受けようとはしません。それらは科学に例えていえば、擬似科学と同じものでしかありません。ムーやトンデモ本と同じものでしかない。それらを書いている人間はよく世界の常識とか言いますけど、一度でも査読を受けた論文を根拠にしているのでしょうか?

投稿: okihiro | 2007.10.23 16:14

水道管同士を結ぶのはいいとして、徳山ダムの導水路は2か所合わせて60km余りで800億円余り。

投稿: pongchang | 2007.10.23 16:16

歴史研究的には、利権や義理人情が複雑に絡む中での証言なんて、信ずるに値しませんよ。軍命令があったかどうかは、動かぬ客観的証拠が無ければどうしようもありません。例えその事実があったとしても、それを示す客観的な証拠が無ければ、絵空事と同じ。
だからそうした証拠が出てこない限り、「証言だけで軍命令があったとする、利権屋とエセ平和主義者の妄言」というのは動クコとは絶対にありえないでしょう。
現在進行形で遺族補償(個人一人当たり1億も保障されているってのはホントですか?)がなされている今、この問題をことさらに大きくしようとする人間の人格を疑います。世の中には『今は』触れない方が、全体として良いこともあるんです。いわゆるオトナの対応という奴ですが、このあたりが理解できないから、「人権屋」や「エセ平和主義者」は幼稚で未成熟なのです。だから保守から馬鹿にされる。

投稿: | 2007.10.23 16:56

>投稿 okihiro | 2007.10.23 16:14

裁判で、歴史を作る愚かしさを知るべきです。
査読といいますが、人文科学や歴史などは学会のお偉方の意向に反しての論文は、採用されません。
また、証言のみでは、記憶の間違いの訂正が出来ません。従軍慰安婦の証言は、すべて、正しいのでしょうか? 北朝鮮による日本人拉致のテロは、為にする捏造といっていたのは、誰でしょうか?
毎日新聞は、百人切り裁判で、なんと反論して勝訴したのでしょうか?

裁判で、正確な歴史が認定されるなら、それこそ、勝てば官軍の歴史でしかありません。
史料批判は、全く有りません。

投稿: 龍 | 2007.10.23 17:26

米軍の直後の聞取資料ではっきりと証言記録ありますけどね。島での命令に命令書なんぞはなから残っていませんよ。
何十年もたってからの証言撤回やらも証拠にはなりませんね。
学会の権威うんぬん言うのなら海外での発表でもすればいい。結局は査読ひとつ受けていない個人の想像以上のものではありません。
曽野は裁判で本人が「あれも聞いていない」「これも読んでいない」「この人には聞いていない」と次々と認めており最終的に「自分にはあったかなかったかわかりません」とまで後退して終わっている。そこで既に信頼性の破綻した本。

投稿: okahiro | 2007.10.23 17:58

>人口は減っているのに変ですよねぇ。
さすがにバブルの時みたいに千葉大網で4~5000万円なんてことにはなっていないですが、需給バランスが大きく崩れているのに確かに変ですよね。
多分、「アメリカで運用したサブプライム取り付け騒ぎ」→「資金運用オワタ」→「代打満塁ホームランで返そう」→「そうだ、日本に行こう」→「古いマンションも大田区とか墨田の中小企業の工場も更地にしてマンションのローンを証券化してしまえ」(←いまここ)じゃないかと思うのですが。
そんな剛毅な賭けをやるとしたら、某国国営ファンドを疑いますがな。

投稿: さいとー | 2007.10.23 18:25

都立産業貿易センターは、中小規模の同人誌即売会のメッカです。浜松町館しかなかったころから、ほとんど毎週なんかしらの同人誌即売会が開かれていました。台東館ができた理由は、日曜日を同人誌イベントでほとんど占拠されてしまった浜松町館の状態をなんとかするためだ、という話もあるくらいです。ですから、同人誌イベントは都産貿側にとっては、「お得意様」です。しかもこの状態は最近の話ではありません。10年以上前からです。
何故担当者が「たまたま」インターネットでイベントの内容を調べたのか、と勘繰りたくなってきます。

投稿: s_doi | 2007.10.23 19:37

>何故担当者が「たまたま」インターネットでイベントの内容を調べたのか、と勘繰りたくなってきます。
発端は問題人物からのタレコミだとの話もあります。
私が最初に問題人物氏の話を耳にしたのは2週間くらい前のことでしたね。
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193057355/853

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.10.23 20:23

>何故担当者が「たまたま」インターネットでイベントの内容を調べたのか、と勘繰りたくなってきます。
でも、「ア○○ーマルカーニバル」って名称の即売会だったら、調べてもしかたないかと。

○ルノ同人誌というならジャニタレなども対象としたBL系もそのはず・・・なんだけど、ひっかかりませんねえ。
(あ、ピ○チューとサトシの獣○モノがつかまったのがあったけど。)

投稿: あんぶっしゅ | 2007.10.23 20:32

>投稿 長月@ReadMe.毒 | 2007.10.23 20:23 さん

これですか。すぐに消されるところなので重要そうな所だけ引用しますけど、
2)と3)を組み合わせると、
盗撮常習犯で多くの即売会から出入り禁止されている「森○」なる人物が出入り禁止にされた腹いせで即売会自体を妨害するために誹謗中傷をマスコミにバラまいていたら、
「偶然」読売の記者に引っかかってそいつが都公社に問い合わせした結果、都の上の方からあれこれいわれて(定収原になっている)同人誌即売会自体を開けなくなくなって収益に問題が出るとか判断して開催を断ったら、読売の記者の思う壷でキャンペーンを張られ始めてしまった。だったということでしょうかね。

こうなると、当事者が全て否定している「国立二小騒動」の二の舞になりそうだな…あのときは土下座なんぞしていないのに(騒動から一週間程度は土下座を強要されたとしていた校長達も「そんな事実は一切ない」と児童や父兄や教員と一緒に事実の存在自体を否定していた)報道が独り歩きして、街宣右翼が騒いだので済まずに都議会議員やら都庁の大物やらが「土下座しただろ!」なんぞと大騒ぎし出して、
結局土下座したとされた側が当初の土下座してなどいないと言う主張をひっくりかえす羽目になったんですよね。

似たような嫌な「空気」を感じますね。

>853 :名無しさん@八周年:2007/10/23(火) 15:19:05 >ID:WVPMmlvu0
>  以下は、私が電話で確認した情報。

>1)ターゲットにされたのは、『マニアック総合同人誌即売会「ABC」(アブノーマルカーニバル)』という同人誌即売会
で、成人向け同人サークルが中心。『東方不敗小町』はABCの主催者と関連があったのでとばっちりを受けた。

>2)『ABC』がターゲットになったのは、新聞記者が公社に問い合わせを行ったから。現段階では、読売新聞・社会部の記者という説が有力。これで、公社側がイベントの内容をサイトでチェック。
>条例違反の同人誌を販売しているのではないかと疑心暗鬼になった。仮に読売新聞説で確定だとしたら、10月22日にこの件を記事として発表しているのでマッチポンプということになる。

>3)しかし、それ以前から森○○司という、コスプレした少女を盗撮をしてコミケを出入り禁止になったという札付きの問題人物が、自分を出入禁止にしたコミケスタッフが関係している(と森○が思っている)ABCを妨害しようとして、各所に電話攻勢をかけていた。

> 4)繰り返しになるが、公社側から書面での通達はナシ。電話、口頭での説明は二転三転しており、担当者は同人誌の全体像を把握していない。各イベントで発表されている規制案は、イベント主催者による自主規制でしかない。


読売の記者と言うのが何者でどういう繋がりで記事にしたのか、署名記事ではないので全く意図がわからないし、センセーショナリズムを煽るふりして同人誌や漫画全般に偏見を持っていて苦々しく思いつづけている人達のつけ込む突破口を作る好機と判断したのか、それとも単純に「(マッチポンプすれば)ネタになる」と動いたのか。
どちらにしても迷惑な話ですね。

過激云々と言うならば、文学で乱歩や横溝に代表される猟奇ものやエログロ、特に団鬼六に代表されるSM物がかなり広い範囲で許容されてかなり忠実に映画にまでなってるのとこの手のアブノーマルな漫画が有害とされている事の温度差自体を問題にする必要があると思うんですよね。

昔、文学は一通りの規制を潜ってここまできたといえばそれまででしょうけど新しい表現手法に対して同じような道を歩め。と言うのは何か筋が違いすぎるように思うのですけど…

投稿: 蛸足 | 2007.10.23 21:00

>山田洋行 水増し請求

 山田洋行絡みで当時の防衛庁に納品した事ありますが、うちが山田洋行から貰った金額と、実際に防衛庁が払った金額に2倍以上の差があって驚いた事があります。
 当時は「これじゃ防衛予算がいくらあっても足らなくなるよなぁ」と思ったものですが……

投稿: 天 | 2007.10.23 21:20

もう、渇水地域には逆浸透膜を使った海水淡水化施設を作っちゃえば。
あげな、訳のわからん袋より確実だと思われ

投稿: YOSHI | 2007.10.23 21:41

>問題人物
今日そういう人が発端になったと知りましたがまさか本当だったとは、、、ありえねぇ
もうどんだけ(ry

第一この理由で都産貿が駄目ならレヴォだって駄目だって筈ですが、あれだけ長い間やっていたイベントで成人向け同人誌売ってたのを知らなかったなんてのは有得ないですよ。
(つかレヴォって閉幕してたんですね、知らんかった(汗))

ALL成人向けなイベントみたいですからinoue氏が言うように入場規制すべきとかはあったと思いますが、今まで容認して、しかも上客だった種類のイベントにいきなり砂かけるのはどうなのかなぁと思います。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2007.10.23 22:03

>ゴ○キ弟

スケールは大きく違いますが、美空某の弟たちを思い出しました。彼らも芸能界デビュー→繰り返し逮捕→極道の道に進んだあげく若死、という実に不幸な人生を送ってしまいましたね。
今もその構造が変わっていなければ、今回は猶予
程度でも数年後薬とかで実刑にまでエスカレートするのは確実。芸能界にはいないけれど、「兄が超有名人」な松坂やキムタクの弟なども自分と彼らとの位置づけを取るのに大変なようです。
ま、彼らの稼いだ金を不当にしゃぶりつくしたり、彼らの名前を最大限利用して金儲けをたくらむ極悪芸能人親族も中にはいるようですが(ネットで流れていた件の弟の結婚式の規模も本人や親の金じゃ無理な大規模で、当然姉から相当額出たのかなと)。

投稿: 剣 | 2007.10.23 23:04

>あと国内の渇水対策として考えるなら、日本全国の水道管を繋げば良い話でしょう。
電気と違って、東北の水を東京に持ってくるというのは簡単にいきません。
上水にする前の河川水をバイパスさせるのは首都圏でもやってますけど。

>中古タンカーを買って使った方が確実ですよね。
そう思います。

投稿: za | 2007.10.23 23:56

>※ 【正論】集団自決と検定 作家・曽野綾子
池田信夫 blog もこのネタです。
沖縄「集団自決」をめぐる事実と政治
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/db275d562e15fe27cea954943d33ed05

個人的な感想としては、軍の命令で自決せよ、と言われても「ヤダ」と拒否するだけですからそれ以外の要因が大きかったのだと思います。沖縄の水増し集会は嫌沖が増えたようで残念です。

投稿: 好沖 | 2007.10.24 00:42

>okahiro | 2007.10.23 17:58

「軍命令=軍の命令系統を使った命令」
と理解してよいのでしょうか?

投稿: 田中助六 | 2007.10.24 00:55

スイスはこういう国。

『黒いスイス』 ~ スイスを読もう!@ヨーロッパ雑学講座
http://homepage3.nifty.com/prof_m/ch/books/kuroisuisse.htm

Juuuust chillin' out!!  黒いスイス
http://gianna.blog4.fc2.com/blog-entry-82.html

投稿: so | 2007.10.24 01:11

少し補足

>私が最初に問題人物氏の話を耳にしたのは2週間くらい前のことでしたね。
最初に耳にした時点では、リンク先で「とばっちり」とされている「東方不敗小町」に対する規制の話でしたので、こっちが中止になったのかと思ってかなり焦りました。
こちらのイベントは、成人向け作品の頒布が禁止になりましたが、イベントそのものは開催される模様です。

しばらくは成人向け作品の頒布禁止は続くかと思いますし、それと関連して、未成年者の入場規制という動きも出てくるでしょう。
ただ、会場側からの禁止事項を破るようなことがあれば、一般向けを含めた同人イベントの一斉禁止という最悪の方向に向かう恐れもあります。
かつて幕張メッセで起きたことを考えれば、コミケですら例外になるとも言い切れません。
いろいろな意味で「信頼関係」で成り立っている世界ですから、少なくとも、イベント主催者・参加者の側からそれを損なうようなことの無いようにしたいものです。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.10.24 05:50

軍命令=軍人の命令
ってことでしょ。
これについては、永遠にかみ合いませんよ。

投稿: | 2007.10.24 08:02

その軍人の命令すらなかったので、林博史教授は以下のように結論付けているんですよ。
http://www.asyura2.com/0505/idletalk14/msg/430.html

ニュース23などで、林教授は論文の一部を切り取られたと大変怒っておられましたが、軍命令がなかったことにはかわりがない。

投稿: 桂 | 2007.10.24 09:40

大石さん はじめまして 
超遅レスでごめんなさい

wikiにあります
『当時兵事主任であり軍命を受けたと証言している富山真順について、「彼がそれだけのことを知っているのならば飛びついて、すぐに取材をしていたはずだが、村の誰もそのようなことは言わなかった」とし』

これが曽野の法廷での証言で、手榴弾2こずつ配布のことなら、完全に曽野綾子の偽証ですね。
曽野著「切りとられた時間」1971発行を読めば明解です。いちどお読みになってください。

その時の原告が偽証罪で曽野を訴えなかったのは武士の情けでしょうか?

投稿: ni0615 | 2007.12.29 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもの水増し請求:

« ベランダ菜園から見る農業 | トップページ | 沖縄戦、軍命を考える »