« 米中関係を読む | トップページ | 日本の諸問題 »

2007.10.10

日垣隆 vs 創編集長

 東京新聞に、「創」編集長の発言が載っているというので、昨日図書館に行ってきました。降ったり止んだりの天気で、やむなく歩いて出掛けました。昔は凄く便利な場所にあったのですが、もう少し駅の近くとかに引っ越して貰いたいんですけどね。

 月曜日の東京新聞。山口二郎氏のコラムの下、月刊「創」編集長・篠田博之氏の「週刊誌を読む」というコラムです。今週号は角界騒動を巡るコラムだったかな、その最後にほんの数行という感じでした。内容は、日垣氏から批判されているけれどそれは「事実を歪曲した酷いものだと言っておこう」というだけでした。
 それで、「創」の発売日はいつだろう、10日なら明日だな、と思って書店には寄ったけれど月刊誌の棚はチェックせずに帰って発売日をググッたら、週末には出ていたらしいことが解って再出撃。
 そちらでは巻末の編集後記にもう少し詳しく書いてあったけれど、扱いとしては拍子抜けするほど全く小さい。要するに日垣隆@盗作バックレ野郎大先生が「創は街金に手を出した」と書いたことが、そんな事実は無いということで、内容証明(配達証明?)云々の話になったらしい。

 これは、どういう経緯かというと、日垣氏が佐高信を月刊WiLLで叩いた時に、佐高氏が寄稿している「創」に関してもついでに叩いたわけです(どう書かれたかは、有田芳生氏のブログに若干出ている)。それに対して、創の編集長の篠田氏が日垣氏側に内容証明を送ったらしい。日垣氏は、そういうものが送りつけられてきた、と更に日刊ゲンダイと週刊現代と、週刊エコノミストの三誌で叩き返した。内容証明が送られたというだけの事実をもって。
 余談ですが、ほら長野県の教育長が、議事録の流用事件が原因だったのかな、日垣氏宛にたわいのない内容証明を送るという出来事があったじゃないですか。この人、内容証明を貰うのがよほど嬉しいのか、あの時も敢闘言で晒してましたよね。内容証明なんて、この文面で貴方にお手紙を送りましたよ、ということを郵便局を挟んで証明する以上の意味は無い。でも彼は、今回も「俺がその程度のことでびびると思ってんのか!」と意気軒昂なんですよね。でも彼はあの時もそうだったけれど、それで問われた内容に関しては、見事に黙殺するんですよね。
 日垣氏の、三誌で同時反論という行為は酷いと思います。いろんな意味で業界の信義違反です。まず、無関係の媒体を巻き込んでいるわけです。この三誌はこの問題には何の関係も無い。日刊ゲンダイくらいなら許せるけれど、れいによって敢闘言は経済誌、週刊現代で普段書いているのは通販のコラムですよ。それが何の関係もない他誌でのバトルを持ち込んで、しかも三誌ほとんど同じ論調でネタの使い回し。同じ月にですよ。
 日垣氏は、篠田氏が書いた街金の件等で内容証明が来たということは具体的に明らかにしていない。具体的にその辺りがその証明郵便物に書いてあったのかは解らないけれど。

 日垣氏はこの三誌で、「創」は編集長の独裁が過ぎて、編集者がボロボロ辞めているということを書いたわけです。これ自体、それがどうかしたの? というのが私の率直な感想なのですが。雑誌は誰のものかといえば、基本的には編集長のものです。編集員のものじゃありません。
 あと、彼は経費潤沢な雑誌としか付き合いがないだろうから解らないかも知れないけれど、「創」程度の部数の編集部で抱え込める部員は何人くらいかと言うと、せいぜい一人ですよ。二人抱えたら赤字は避けられない。週刊金曜日が大赤字なのは、部数に似合わない編集部を抱えているからです。今、出版業界はそういう状況なんです。この不況時で中堅編集者が抜けるのは仕方ないし、給料や退職金を払えないからと言って、一方的に編集長や経営者を責めるのは酷ですよ。
 加えて、業界人として「創の編集部にいました」、というのは、履歴書的には箔付けになるわけです。仮に腰掛け気分で部内にいる人間がいても、それで編集長を責められるものじゃない。私はこの篠田という編集長を全く存じ上げないけれど、その辺りの事情を考えると、人が辞めるのも人の出入りが激しいというのもそう不思議なこととも思えない。何しろ、誰かさんみたいに盗作までして稼げるわけじゃないでしょうから。
 街金云々というのは、雑誌にしてみれば、かなり致命的な暴露ということになりますから、そこを事実誤認だと指摘されたという自覚があって、今後日垣氏の側から具体的な反論が無いとなると、またれいによってこの人の、いつもの居丈高な態度に出て喧嘩を売り買いするふりはするけれども、肝心なことはスルーでフェードアウトを待つというパターンになりそうですね。この程度のことで創側が実際に訴訟を起こすとはちょっと思えないですが。金だけ出て行ってあまりに割りに合わん訴訟ですから(本件、後日にあちら引へ越し)。

※ 改正雇用対策法

 に伴う年齢制限撤廃に関して、週刊ダイヤモンドの巻頭コラムが、こんなものはザル法になる、と面白いことを書いてあって、現状すでにいろんな免責条項が用意されていて、もちろん企業はそれを遵守するはずもない。それをやるのであれば、まず履歴書から顔写真の貼付と年齢記載を撤廃させるしかないし、本当に高齢者を雇用させたいのであれば、各年齢層を何パーセント採用するという枠を設定するしかないのに、政府にはそこまでやる気は無いし、企業側も受け入れるつもりも無い。
 だとしたら、こんな法律は、まともに読まれもしない履歴書を書くことを求職者に強いる一方で、企業も選別のコストが増えるだけで、誰にも何のメリットも無いと書いている。

 ここで問題となるのは、大企業の新卒枠問題で、年齢制限撤廃を徹底させようとするなら、新卒枠の問題は避けて通れない。少子化もあって企業は、ちょっとでも景気が上向きになると、野放図な青田買いに走る。こういう状況では新卒枠は撤廃させた方が良いけれど、好況時より不況の方が長い昨今にこれをやると、就職浪人を大量に出してしまった状況を恒常化させる恐れもある。そもそもこの手の要請は不況時にこそ必要なことを思うと、新卒枠撤廃が雇用の悪化に拍車を掛ける恐れもある。

※ クローズアップ現代「パンク寸前!夜間小児救急」

 久留米の小児科がレポートされていましたが、もう昼間の来院者より、夜間休日の来院者の方が数で圧倒しているんだもの。夜間救急であるにも拘わらず、2時間待ちになって、待合室でトリアージする羽目になっている病院とか。
 子供も二人目辺りだと、夕方熱が出たら様子を見ますけれど、一人目だと心配ですよね。以前、休診日や週末に掛かると、親はもの凄く不安になる、だから無理して医者行くと書いたことがありますが、自分が住んでいる町で、休日昼間診療を普通に受けられますよ、ということを積極的に広報がなされたりすると、少なくとも、夜間診療はそこそこ減らせそうな気がするのですが。

※ 筑紫哲也さん、5か月ぶりの生出演で“がん克服宣言”
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071008i414.htm

 これがね、元気も元気!(~_~;) もう頬なんてふっくらとして、あの歳で半年もリフレッシュするとこうなるんだなと思いました。ちょっと化学療法で髪が生えそろわないのでヅラを当てているということでしたが。一瞬、小朝が画面に出て来たのかと思った。この人、日本のダン・ラザーを目指しているとみたね。。
 番組を見てて思ったけれど、あの治癒率の悪い肺癌でもこうして生還できるんだとなれば、ヘビースモーカーは、今後とも安心して煙草を吸い続けられるんじゃなかろうか。

※ 夢見た教壇2カ月 彼女は命を絶った 23歳教諭の苦悩
http://www.asahi.com/national/update/1009/TKY200710080324.html

 こういう形での担任は無謀すぎる。一方で、新宿区の小学校で各学年一学級というのは、どういう所なんだろう。これもドーナツ化の弊害だろうか。
 保護者からのクレームの件は、一人で抱え込むべきじゃなかった。彼女が先輩教師を頼れるような雰囲気を作れなかった管理職の責任は重いと思う。つか、この校長は、管理職としての資質を明らかに欠いているとしか思えない。

>前年度10人いた教員のうち5人

 これは管理職を除いて10人という意味だろうと思うけれど、たった10人で今時の注文の多い都心の学校を回すのって、物理的に全く不可能だと思う。

※ プレイステーション3、再び値下げ…4万円切る新機種も
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20071009i511.htm?from=main5

>4万4980円(内蔵ハードディスク容量20ギガ・バイト)と5万4980円(同60ギガ・バイト)

 ここまで来ると、後はプライドあるソニーが、お客さん、洗濯屋ケンちゃん、ありますよ、そらもうハイビジョンだとねぇ……、と営業出来るか否かですよね。

※ 女性職員のおじ、おば「死亡」計11回 京都市、服喪休暇不正 42人処分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000079-san-soci

>女性は調査に対し、「有給を使い果たした後、

 有給は正々堂々と消化したいけれど、今時の役場で複数の職員が有給を使い果たせるのは、それは人が余っているという現実でもありますよね。

※ 中華航空機:計器異常は「虫が原因」 佐賀空港引き返
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071010k0000m040100000c.html

 旅客機のピトー管て両側にあるから、ずれに気付かないまま、壊れた片側の数値で飛んでいたということですよね。ホライズンとかも、計器の微妙なずれって割と頻繁にあんですよね。バラしても原因が解らなかったりするけれど、これは原因が解っただけで幸運な方ですね。実際のフライトで、ダブル・チェックはどうだったのか? に焦点は移りそうですが。

※ 「政治家に不向き」 自民・木村隆秀衆院議員が引退会見
http://www.asahi.com/politics/update/1009/NGY200710090003.html

 こういう人は好きだなぁ。自分が目指した政治、中の世界は違ったということでしょうね。

* 鈴木恒夫衆院議員、政界引退へ 「65歳定年」を体現
http://www.asahi.com/politics/update/1009/TKY200710090506.html

 この人は確か昔はうちの選挙区だったような気がするんですが。結構なことですよ。

※ メルマガおまけ MRJセールス&にこにこ動画の先にあるもの

|

« 米中関係を読む | トップページ | 日本の諸問題 »

コメント

筑紫哲也の復帰、テレビで見てませんが、「癌を撃退した」とか。ただ本当に完治したかどうかは即断できないでしょう。

でも、彼のような収入なら考えられる最高の治療が可能でしょう。そんなことができるヘビースモーカーは一体どれくらいいることやら。

投稿: フロレスタン | 2007.10.10 10:18

>クローズアップ現代「パンク寸前!夜間小児救急」

 うちの業界だったら、子持ちの女性職員が「子供が熱出したから、通院させた後、出勤します」なんて茶飯事だが……

投稿: 土門見人 | 2007.10.10 10:24

肺がん治療で、金しだいの治療法って何ですか?
ちょっと思いつかないんだけれど。

投稿: Inoue | 2007.10.10 10:28

月刊創は元々総会屋が作った本なのは事実です。ただ80年代には独立再創刊になっていたのでは?
ライバル紙なので噂の真相に何度も批判されていましたね。
宮崎勤の手記載せたのもここでした。安田弁護士とかもね。ビッグホリデーともめたときのいしかわじゅんとかも。コミック表現で一貫してエロ本を表現の自由で擁護していましたね。たしかそれで別冊が出たはず。
基本的に世間から袋叩きにあってる人間に反論の場を与えることが多い。

投稿: | 2007.10.10 10:31

>改正雇用対策法
当社でも60歳過ぎの人をやとっていますが、
体力の関係で勤務形態は特殊にせざるを
得ません。 年齢不問で募集というのは不可能
ですから、高齢者の雇用を増やすなら、身障者と
同様に補助金や雇用率を規定するべきでしょう。
 ザル法なのは、その通りで、年齢記載せずでも
面接ではねられますので、結局 応募する側も
雇用する側も時間の無駄を生むだけだと思い
ます。

>新卒雇用
大企業の雇用が気ままなのは、中小企業からは
羨ましい限りです。取りたいときはとって、
取りたくない時は数年取らない。
 中小企業は万年募集でも、募集者ゼロで
結局は就職浪人でも海外留学生でも歓迎です。

野球のドラフト制度まではやり過ぎですが、
一度に数百人を超える募集をする大企業では
前年度の採用実績に応じた募集人数を法的に
定める等の規制は必要なのかもしれません。

そうでないと、就職氷河期経験者のような
世代間格差がまた生まれてしまいます。
 現時点でファミリー向け不動産が売れないなど結局は特定の世代が、安定した雇用を得られず財産形成を出来なかったことも少なからず影響して
いると思います。
こうした世代間格差は、先生も仰る通り
数十年たってから景気や社会に影響を与える点が
怖いですね。

そうした配慮をするのが政治や政策であると
思います。


投稿: 外資社員 | 2007.10.10 11:09

>プレイステーション3の4万円切る新機種
新機種はコスト削減のためPS2との互換性が無いそうな
今のやっと動いてる初期型PS2から乗り換えを考えてるユーザーとしてはざんねーん

投稿: 憂鬱な道民 | 2007.10.10 11:30

>※ 「政治家に不向き」 自民・木村隆秀衆院議員が引退会見

以前にも↓な人が。

政治家やめます。
http://www.amazon.co.jp/dp/462031501X/
>向いてないのでやめます-。2000年6月、国政史上、前代未聞の理由で政界を去った元自民党代議士・久野統一郎(愛知8区)。竹下派、小淵派を経たエリー
>ト二世議員の苦悩の日々、戦後政治の「失われた10年」を描く。

投稿: truly_false | 2007.10.10 11:55

>PS2との互換性が無い

現行のPS3はPS2のCPU(と言っていいのか)チップ、EE(エモーションエンジン)をそのまま載せてますが、新型ではそれをCELL内部でソフト的にエミュレートさせます、って話では。

まあこういう事やると必ず完全互換保障!とはいかないのが常ですが。しかし、BDプレイヤーを4万切って売るって、他のBD陣営メーカーぶっ殺す気ですかソニー。

投稿: | 2007.10.10 12:36

>夜間小児救急
こういう意見もあります。

http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C882254707/E20071009220042/index.html

ちなみにこのブログの主は大石氏と同類の実名ブログでしかも「自流を押し通した態度(by Wikipedia)」を堂々押し通す人と認識しております。

投稿: 剣 | 2007.10.10 12:49

>現行のPS3はPS2のCPU(と言っていいのか)チップ、EE(エモーションエンジン)をそのまま載せてますが、新型ではそれをCELL内部でソフト的にエミュレートさせます、って話では。

いや、PS2互換機能を廃した廉価版モデルを新規に39,980円で出すんです。
こちらのモデルはHDD40GBで、PS2互換機能とともにSACD再生機能も削られています。

>なお、PS3用ソフトウェアのさらなる開発強化とラインアップの充実に伴い、「プレイステーション 2」専用ソフトウェアとの互換性を有しておりません。
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20071009_ps3.html

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2007.10.10 12:54

>ここまで来ると、後はプライドあるソニーが、お客さん、洗濯屋ケンちゃん、ありますよ、そらもうハイビジョンだとねぇ……、と営業出来るか否かですよね。


システム機器の営業所長にも関わらず、ITに弱い私が断言します。
新たな顧客層=団塊の世代男性の大幅な開拓には「エロ」こそ「王道」です。
フルハイビジョン+5.1chの臨場感でのエロを訴求すべきです。
プライドだの倫理だのは「売れてから」の後付で充分ですよ。
売ってナンボの世界です。綺麗事はいりません。
私ならば80年代AVの記念BOXセットを付けて「団塊男性スペシャルセット」で売ります。
ケンちゃんと愛染恭子に小林ひとみは鉄板です。デジタルリマスターでいきますよ。

そこに銭を持っている未開の処女地があるのです。他の連中に蹂躙される前に占領すべきでしょう。

投稿: 所長 | 2007.10.10 13:09

>ここまで来ると、後はプライドあるソニー

ゲーム機なんだからまずは、先にエロゲーの参
入を認めるべきでしょう。

投稿: 123 | 2007.10.10 14:09

>ケンちゃんと愛染恭子に小林ひとみは鉄板です。デジタルリマスターでいきますよ。

こちらのセンセイは小林ひとみはNGだったかと。わたしも苦手なタイプです。団塊オヤジにAVは飽きた存在なので商売にはならないよう気がします。ただの直感ですけどね。それに還暦過ぎれば自然と己の死を見つめることが当たり前になるでしょう。遺品が大量のAVじゃみっともないぞ。

投稿: TOソープランド | 2007.10.10 14:46

>クローズアップ現代「パンク寸前!夜間小児救急」
 久留米の小児科がレポートされていましたが、もう昼間の来院者より、夜間休日の来院者の方が数で圧倒しているんだもの。

大石先生、患者数に関して、番組の内容の誤解です。
天漢日乗氏のブログに、NHKの当該番組の画面のキャプチャーがあります。
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/10/109_19302000_nh_e2cf.html

そのグラフ内容です。
グラフの左上の60000の人数の黄色数字が昼間の患者数です。
ブラフの右上の23000の人数の赤色数字が夜間の患者数です。

平成11年の日中の患者数は約6万人です。夜間休日は1万9千人弱です。
それが、平成17年には、日中が平成11年より若干減少していますが、夜間休日は2万3千人と増加しています。
よって、夜間休日の患者数が、昼間の患者数を抜いているのではありません。昼間の患者数は横ばいなのに、夜間の患者数の急激な伸びを強調したグラフです。グラフの角度が今回の問題をあらわしています。


小児の数が減少していることが、昼間の患者数が若干減少しているのを表したものかもしれません。
夜間休日の患者の急上昇は、番組で取り上げた理由が主なものでしょうが、近隣の病院小児科の時間外診療が無くなってこの病院の時間内外来に殺到したことも、小児科の集約を考えると、一つの理由かもしれません(この段落の内容は推測です)。

また、トリアージは、取り立てていうほどのものではありません。
報道されたようにきちんとした手順によっているかどうかは別として。普通窓口の看護婦が、患者の主訴や顔色や機嫌などで判断し、診察の順番を飛び越して診察しています。
たいていの外来に、診察順序はかならずしも受付順では無い事の但し書きが、掲示されています。トリアージ云々の文言は無くても。

投稿: 龍 | 2007.10.10 15:24

>団塊オヤジにAVは飽きた存在なので商売にはならないよう気がします。

ほぼ毎日のように、その世代の親父たちと会っている人間です。
甘い!そんなに枯れてませんよ。
いわゆる肩書きをぶら下げて、「65歳位までは会社を渡り歩いたろう」
っつうテカテカ親父=金に余裕のある親父=ターゲット!!は、もっとギラついてますよ。
皆さんの親父さん達も家では枯れたそぶりを見せているかもしれませんが、外ではギラついているかもしれませんよ。


>ゲーム機なんだからまずは、先にエロゲーの参

筋からすると正しいのかもしれませんが、「新規顧客開拓」として、どれだけ有効なんでしょうか?
「PS3本体の台数UP」という目標にあまり適しているとは思えません。
確かに「差別化」という意味合いでは正しいですが、エロゲー購入層は既存の顧客層と被ってしまっているのではないでしょうか?
しかもWiiとXbox360に加えPCまでライバルとするのは、なかなか厳しいのではないでしょうか?
エロゲーの世界も中途半端な内容では、購買層へのアピールも弱く、PCエロゲーとの厳しい競争に勝てるとは到底思えません。
また50代60代という「銭を持っていて、未開拓のゾーン」に対し、エロゲーがどれだけ訴求できるのか?疑問です。

投稿: 所長 | 2007.10.10 19:16

>>Inoueさん

逆にお尋ねしたいのですが、私は貯金ほとんどなし、医療保険は都民共済加入、健康保険は会社加入という状況(不特定多数が閲覧するところなので収入はご勘弁を)ですが、もしも肺癌になったら、筑紫哲也とまったく同じ条件の治療を受けることは可能ですか。

投稿: フロレスタン | 2007.10.10 21:33

>創
 私、この月刊誌好きなんですよ。誌面の作り方が上手いんだなぁ、これが。職場にも置いてあるもんで、昼休みの時なんかよく読んでます。

>エロゲーの世界も中途半端な内容では、購買層へのアピールも弱く~
 いにしえのゲーム機、3DOの最末期がそんな感じでしたわ。

投稿: 名無し二等空士 | 2007.10.10 22:51

ゲーム機として絵の綺麗さ、立体画像、複雑さが売りにできたのはPS2ぐらいまでであり、その行きすぎのゆれ戻しが携帯ゲーム機やWIIのような新しい遊び方のゲーム機のヒットにつながっているんじゃないかと思います。
アダルトもいいけど他ではできないこと(シンプルでいいから)をしないとヒットというのは本当に難しいと思いますよ。

3DOはゲーム機ではなくマルチメディア機なる、訳わからんコンセプトで作り、花札屋でも成功したらメーカーではもっと成功するだろうというゲーム機をなめた商売姿勢が早期の臨終につながったのではと思いますだ。

投稿: 勝谷ファン | 2007.10.10 23:10

アダルトはみんなネットに移行したんじゃね?
無臭が動画静止画問わず、あらゆるジャンルのものがいくらでも落とせるじゃん。

投稿: | 2007.10.11 00:08

フロレンスタンさんへ

 公的医療保険でカヴァーできない治療で、かつ、有効な治療法といえば、臓器移植ぐらいです。それだって、保険適用の部分は少しずつ増えてきています。
 ただし、肺がんに臓器移植は無効です。胚葉切除術などで根治できないようなタイプの肺がんは、発見時には転移が進んでいて、肺だけ移植しても無駄だからです。

投稿: Inoue | 2007.10.11 07:46

フロレンスタンさんへ

 筑紫氏がどのような治療を受けたかは不明ですが、多分我々一般ピープーが同じ治療を受けることは出来ないでしょう。

 第一に考えられるのは国内未承認の抗ガン剤の使用。これだけで結構な金額がかかると言われています。あとは手術の術式が若干特殊な場合は保険適応されない場合があります。機材も特殊なものを使えばレンタル料その他が上積みされる可能性があるでしょうね。

 ただだからといって彼がそれだけの金額を払ったかは分かりません。もし何らかの特殊な事情(疾患が特殊,手術法が特殊,機材が特殊etc)あるなら大学病院や大きな病院なら担当した科が研究名目でその費用の全部(もしくは一部)を肩代わりするケースもあります。ただこれは筑紫氏ということではなく条件が合致すれば一般ピープーでもしてもらえる場合はあります。

投稿: | 2007.10.11 09:01

 一般に思われているよりも、日本の医療はずっと平等なんです。オプション料金を支払っても、せいぜい個室に入れてくれたり、食事が良くなる程度で、医療水準はあまり変わりません。
 なにしろ、混合診療が禁止されてますから、一部だけ保険外で、あとは保険適用なんてことは無理で、全部実費にするか、全部保険にするかどちらかしかない。
 とすると、大して治療成績が変わらないなら、どんな金持ちでも、日本では保険治療ってことになります。保険だと高額医療費助成制度により、月8万円程度です。

 旧ソ連のノーメンクラツーラ専用病院みたいものがあると思ってました?
 確かに金持ち専用病院はあるけれども、それって、高級車みたいなもので、乗り心地や内装はすばらしいけれど、基本性能は大衆車とあまり変わらない。

投稿: Inoue | 2007.10.11 10:19

>>Inoueさん

なるほどね。ご説明わかりました。

実は私、生まれてこの方入院というのを経験していないので、医療実態をよく知らないのですよ(^_^;)。
身近に、金がかかるからと思いこんで病院に行かずに癌が手遅れになってしまった人がいます。

あとね、医療の制度や現場の実態でいえば、巷間思われているような差は無いのでしょうが、私のような零細企業経営者は長期入院した時点で多分生活が崩壊します。

筑紫のような人物ならそれまでの収入による蓄財や周囲の手厚いサポート(社会的には用済みだと思うが、休んでも死んだと自ら批判したテレビ局の番組に復帰できるものなあ)があるから、安心して手術でも何でもできるでしょう。

金持ち専用病院は、医療の基本性能は変わらないかもしれないが、居心地の良さという点で免疫力に差が出そう(^_^;)。

最後は愚痴ね(笑)。

投稿: フロレスタン | 2007.10.11 12:41

おまけの件で、ひとこと。
「全国紙の特派員」のみなさんは田中真紀子なんぞが騒ぐ前からとうにご存じだった訳ですよね。なにせ、一緒に飲み食いしてたんだから。で、ずっとシラを切り通してきて、いまだに口をつぐんでいるのだから、連中も共犯と言ってよいのでは?

投稿: ya-mana | 2007.10.12 04:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日垣隆 vs 創編集長:

» 日垣隆対佐高信 Will9月号のその後 [一撃筆殺仕事人:佐高信先生追っかけブログ]
7年前からつづいている日垣隆氏対佐高信氏のケンカ 、今年になって日垣氏が奥村宏氏、佐高氏共著の「会社事件史」を批判してから再び火がつきましたが、それは日垣氏の月刊誌Will 9月号で佐高氏の週刊金曜日、風速計「ヒガミギツネの鳴き声」 への「添削」に佐高氏が沈黙をす... [続きを読む]

受信: 2007.10.10 16:56

« 米中関係を読む | トップページ | 日本の諸問題 »