« 市役所前に練炭密室を作れ | トップページ | ゴースト・フィッシング »

2008.01.18

ツチノコは何処に

 本日のメルマガおまけに関して過度の突っ込みを入れないように(-_-)。私は艱難辛苦の果てに目的のものを入手しマスタ。たとえそれが恐ろしく無価値なものだったとしても。 _| ̄|○ 。ええ、激しく後悔してますからあ。

※ 英ヒースロー空港でBA機が着陸に失敗、3人負傷か
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080117i217.htm?from=main2

 BBCをちらちら観ていたのですが、777の事故は過去4件あるんだそうですね。全損事故としては初めてではないでしょうか。滑走路のもう相当手前に接地しているようなので、ウインドシアやマイクロ・バースト、後方乱気流の可能性もあるけれど、天候的には、事故直後の映像を見る限りでは問題は無かった感じです。墜ちた場所があまりに手前過ぎて、単純な操縦ミスの線は疑いづらいですね。
 特徴的なことは、比較的原形を留めている2番エンジン周りに全く燃えた痕跡が無いんですよ。カウリング周辺も塗料が綺麗に残っているし、テイクアウト周り、及びの真横の胴体も特に焼けたようには見えない。土を被っているだけ。接地した瞬間にはすでにエンジンが停止していた可能性が高い。何処からも火が出ずに全員に無事に脱出できたことからも、エンジンが全停止状態だった可能性はありかな、と思っているのですが。事故後4時間くらいのBBCで、ハイドロが落ちた……、みたいな話がちらと出ていましたけれど、日本時間の今朝7時の時間帯のニュースでは、そういう話は一切無しでした。
 乗客の証言もまだ混乱していて、マスクが降りるまで全く普通だったという客もいれば、荒っぽいランディングだったという乗客もいる。ただエンジンのパワーロスを報告している乗客はまだいないみたいで。滑空状態だった、という地上の目撃談はあるんですけどね。
 もしエンジニアリング関係のトラブルとなると、ことは深刻で、全世界の777が飛行停止になる可能性がありますね。

 BBCの現地リポートを見ていてちょっと面白いなと思ったのは、記者がスマートフォンに原稿を書いて、それを読み上げているんですよね。

※ CXアンビリ「未確認生物」日本中が探し続け35年発見ツチノコ飼育日記見たぞ正体

 これがね、番組中で、モノクロの写真が一枚紹介されたんですよ。それは、昭和17年、軍令部の命令で長野県内に於いて大規模な基地建設(何処とは言わないんだが、どうやら松代大本営の建設工事らしいんだけど、皆さんご承知のように、松代大本営の工事が始まったのは、19年末ですよね)を行っていた時、兵士が土中に埋まっている怪生物を発見。
 それは生きたまま軍の科学研究所に持ち込まれ……。というんだが、ここでも、その科学研究所なるものが陸海軍、どっちなのかの明示は無い。だいたい軍にそういう生物研究所みたいなのがあったの?
 そこで、1年間に渡って観察した「野槌ノ形態及ビ生態ヲ示ス観察及ビソノ記録」なる1冊のノートが残され、自然死後解剖した結果、その生物が持っていた毒素が、クサリヘビ科のものであろうと結論づけられ、ノート自体は、その研究員の孫が偶然発見し、数年前出版、しかしその出版社は倒産して著者まで辿り着けず……。番組中では、そのノートに貼られていたモノクロ写真が紹介された。
 凄いいい加減な話なんですけどね(~_~;)。
 とりあえず、その番組中に出てきた写真を2点ブログにアップします。頭部には微かに眼が確認できます。どちらかというと、両生類に近いような印象を得ますが。

Nozuchi01 Nozuchi02
 しかし、ツチノコの目撃情報て、見事に消えましたね。まるでバブル崩壊と時を同じくしてツチノコはいなくなった。

※ 内調情報漏洩の露書記官はGRU所属 400万の見返りに情報提供
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080118/crm0801180149002-n1.htm

 これ皮肉なのは、政府は「たいした情報は漏れてなかった」、と言い張っているんですよね。つまり内調が扱っている情報なんてその程度のもの、と政府自ら認めてしまっているということで。
 ただ10年前からスパイをやっていたという話なので、外事や公安部は泳がせていたということですよ。問題はなんで今頃、摘発したの? ということで、たぶんそろそろ本人を責任ある地位に出世させなきゃならないけれど、スパイを抱え込んで重大情報をコントロールし続けるだけの体力もないから、この辺りが潮時だなと判断しての摘発でしょう。ロシア側もたぶん最近は、情報価値を減じて、双方にとって捨て時だったということでしょう。

※ 日の丸奪って暴行 靖国神社で中国人逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080116/crm0801162035024-n1.htm

 見事に産経しか記事がないらしいんだが、どういうことだろう。本当にこの国のメディアを支配するチャイナコードは救いがたいですね。
 しかもこいつ80歳過ぎた爺さんを乱暴してどうすんだよ? みたいな。でもこいつは43歳でしょう。彼の後の世代の方がよっぽど酷い反日教育を受けているんですよね。逆に彼より先の世代は、実は文革の記憶が微かにあって、日帝なんかより共産党の方が遙かに悪辣だという事実だけは知っている。決して口には出さないけれど。

※ 日米欧21金融機関、サブプライム損失11兆円
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080117it01.htm?from=top

>日本勢も、みずほフィナンシャルグループや野村ホールディングスなど計6社の損失は約45億ドル(4770億円)に達した。

 これ自体は、日本経済を脅かすようなたいした金額じゃないんですよね。仮に一件のローンを1500万円とすると、たかだか3万件のローンじゃないですか。ただ今朝の時点でのNYの下げを考えると、今日中に13000円割り込みということもありますよね。

※ NHK記者ら3人、インサイダー取引の疑い
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080117/biz0801172210025-n1.htm

 団体職員の給料でまだご不満ですか? この三人は、何らかの法に問われるんでしょうかね。ただNHKも良くないですよ。インサイダー情報はきっちりとマスクできる仕組みを作らなきゃさ。全国どこからでもアクセスできました、なんて話はあまりでしょう。

※ 米海軍ブルーエンジェルズ墜落事故、事故原因はパイロットの意識喪失
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200801170141

>ブルーエンジェルズでは酸素マスクとGスーツなしでも8G前後までの重力加速度であれば十分に耐えられるはずだった。

 まるで何処かの軍隊の精神論みたい。

※ 東大が「紙飛行機」実験…宇宙から無事帰還できるか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000012-yom-soci

 これ本当に滑空するの? 燃え尽きずに。もしこれが可能だということなら、宇宙から生命がグライダーのように滑空してきて地表で花開いた可能性が真実味を帯びてくるわけですよね。

※ 中独関係に陰り 独空港買収の中国企業、送金滞る
http://www.asahi.com/international/update/0117/TKY200801170305.html

 北京の見せしめですよ。俺らに盾突く奴らは、こういう眼に遭うぞとの。

※ 中国の衛星破壊実験による破片数、予想はるかに超す
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080118i301.htm?from=main3

 許せないのはさ、宇宙開発に携わっているエンジニアなら、それがデブリを振りまく行為だと解っていただろうにやっちゃうことですよね。

※ クラスター爆弾:一部を除き禁止方針を表明 日本政府
http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000m010124000c.html

>一方、信頼性、正確性が高いクラスター爆弾は制限または禁止されるべきではない。

 うみゅ。うちゃあ無関係ですな。

※ “セレブ妻”相談もせず中絶…夫の交際相手が証言
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_01/t2008011735_all.html

 しかしまぁ、両方の愛人が登場するなんて身も蓋もない展開ですな。

※ メルマガおまけ アサ芸よ何処に!

|

« 市役所前に練炭密室を作れ | トップページ | ゴースト・フィッシング »

コメント

靖国神社での中国人による暴行事件、
中国では被害者の年齢80を発表していないようです。
また中国人による暴行を、両者による口論がきっかけと捏造しているとか。

投稿: てんてけ | 2008.01.18 10:09

【記者ブログ】南京まで何マイル? 福島香織
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/070930/med0709301625001-n1.htm
ちょっと、仕事がたて込んできたので、何かてっとりばやいエントリーは?というと、あれですな。没原稿収容。
いわゆる完全没原稿ではないが、24日付の土曜夕刊(関西版限定)で書いた南京事件映画に関するコラム「記者が読む」は、もとはインタビュー原稿だった。
ええ、かなり好意的に書いてしまったので、ナカのひとから「中国のプロパガンダに加担していると思われる」と、嫌われた原稿です。

投稿: | 2008.01.18 10:22

>>ツチノコ話

 もう番組見てる間じゅうツッコミ入れまくってましたよ。だいたい出版された日記の版元が潰れたのがたかが数年前なのに、なんでテレビ局ともあろうものが著者にたどり着けないのでせう。それにその日記とやらはどういうタイトルで出版されたのか、その著書名すら出ないのはいったいどういうわけなんでせう。あ、あれ?いわゆる自費出版?

>>靖国

 スポーツ放置あいや報知にも載ったようです。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20080116-OHT1T00237.htm

 しかし犯人がちうごく人であろうと日本人であろうと、80代の年寄りにいわれなき暴力を振るうのは許し難い行為ですよ。

>>ブルーエンジェルズ

 酸素マスク&Gスーツなしで飛ぶのがあのチームの伝統らしいんですが、それが原因で死んぢゃったら元も子もないぢゃん。人間の生身の身体では付いていけないくらい、飛行機の運動性能が上がってるってことを認めたほうがいいような。

 ただソースがテクノバーン、という点でちょっとだけ眉につばを付けている自分ガイル。

投稿: KWAT | 2008.01.18 10:22

アサ芸:
買っちゃいました。全くもって同感です。
スペシャル記事としては有難みが感じられないし、画像的にあのレベルだったらもう少し科学記事としての体裁を整えないと駄目ですよね。

でも、まあ全体として参考になりました。

投稿: とおりすがりん | 2008.01.18 10:38

>中国人による暴行事件(靖国)

日本人が例の南京の資料館で、同様の行動を取ったとする。
そりゃあ全中国のマスコミ上げての大キャンペーンになるわ、なぜか韓国の新聞にも一面ぶち抜きで出るわの大騒ぎになると思います。

ところが中国人(まあ韓国人でも一緒だろうが)がやったら、みんなで無視。
この暴挙を止めようとして割って入った看護師さんに武道の心得があって、
このクレージーな中国人に軽傷でも負わせようなものなら、
アカビー・マ●ニチ等が大騒ぎするのは目に見えている。

なんでまた、ここまで気を遣わなきゃならないのだ?不思議で仕方が無い。

投稿: 所長 | 2008.01.18 10:43

>デブリ
中国にとっては100万ドルの一発だったんじゃないでしょうか。
軌道上の物体を、たとえ悪名を轟かそうと、必要なら撃墜する意図と能力を示したことは、
欧米露に対する宇宙技術の遅れを一気に縮める、オウムのサリンテロにも匹敵する戦術の革新だと思います。

投稿: jaguar | 2008.01.18 10:47

>※ クラスター爆弾:一部を除き禁止方針を表明 日本政府
>http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000m010124000c.html

>>一方、信頼性、正確性が高いクラスター爆弾は制限または禁止されるべきではない。
> うみゅ。うちゃあ無関係ですな。

しかし、「信頼性、正確性が高い」はずの新型のクラスター弾頭も不発率が高くて以前の物と変わっていなかったと言う情けない結果が…

>http://www.mainichi.co.jp/universalon/news/prt/1207e045-301.html

> ノルウェー防衛研究所やNGOで構成する調査団が昨秋からレバノン南部アイナタ村など3カ所で調査した。
>その結果、イスラエル軍が使った改良型「M85型」の不発率が10%以上と分かった。
> この型は地上から発射する砲弾(親爆弾)に内蔵されており、49個の子爆弾(M85型)が放出される。
>調査団は親爆弾の殻容器を計7本(子爆弾計392個)確認。さらにその子爆弾の飛散範囲(推定)を調べ、少なくとも42個の不発弾を回収し、不発率を割り出した。
>調査団によると、同爆弾は投下の際、子爆弾の頭頂部にあるリボンが回転して起爆装置が作動するが、
>リボンが地形や天候の影響で回転せず不発に終わりやすい構造的欠陥がある。また地面との衝突で起爆する仕組みだが、砂漠など軟らかい土壌では爆発しにくい。
>対象地域は天候が安定し、平らで「同爆弾に好ましい条件がそろっている。他の地域で使われれば、さらに高い不発率となる危険性が高い」(調査団)という。

確かに空自のクラスタ爆弾だけでなく陸自もMLRSやらを保持していて、それを前提とした国防政策を立てられてるのでしょうから、クラスタ爆弾禁止条約を批准しないか事実上自国への縛りをなくしたい自衛隊の偉い人たちや政治家の偉い人たちの気持ちもわからなくはないのですが、実際の不発率は製造時の品質レベルに左右される物で、設計段階での時限信管の有無や起爆機構の改良は実はあんまし関係がない物ですから、こういう「想定外」な状況にも陥るんでして
…レバノン戦争でのクラスター爆弾(弾頭)の使われ方がイスラエルによる停戦前のレバノンやヒズボラ支配地域への嫌がらせ目的が主であったことを差し引いても国内外でクラスター爆弾を使えば使われた地域の戦後復興を著しく遅らせたり戦時中であっても偶発的な触雷のリスクも大きくある訳で、核兵器ほどではないにせよ割に合わない兵器の典型のように思いますけど。

投稿: 元沿線住民 | 2008.01.18 11:01

>※ クラスター爆弾:一部を除き禁止方針を表明 日本政府
>http://mainichi.jp/select/today/news/20080118k0000m010124000c.html

ソースが毎日なのは笑うところですか?

投稿: splash | 2008.01.18 11:36

>英ヒースロー空港
日本のメディアでは、あまり取り上げられていないようですが、一部の報道にあるようにエンジンシャットダウン、電源ダウンにより、グライダー状態で着陸したのならば、大きな問題に発展するかもしれません。
何しろ、現在、JLのヨーロッパ線、NHのアメリカ線はB777が中心ですから、構造上の問題になると、影響が大きくなりそうです。
もし、グライダー状態での着陸でしたら、機長をはじめとするクルーの力量は賞賛に値するでしょうね。

>靖国
被害にあった方は、「チャンネル桜」にご出演したことがある方のようです(チャンネル桜のキャスターが番組中で話をしていたようです)。
マスコミがスルーなので、最初はネタかと思ってしまいましたが、最低でも傷害事件ですから、ちゃんと報道してもらいたいものです。

>インサイダー
以前、日経の広告担当社員が、同じようなことをやって、確か逮捕されたような記憶があります。
マスコミ関係者は株取引禁止にする以外、効果的な対策はないように思います(しかし、そうすると家族に情報を漏らしてインサイダー取引をしたりするんでしょうね)

>未確認生物
先生も出版にかかわっていらっしゃるので、ご存じかと思いますが、商業出版の場合、発行後、国会図書館に献本することになっていますから、アングラものでなければ、出版された日記の追跡調査は、さほど難しくないと思います。
そもそも、あの出し方だと、日記が「ねつ造」のような気がしてなりません。

投稿: Feri | 2008.01.18 13:18

>ツチノコ
どう見ても何かを丸呑みした蛇です。
本当に(以下略
でもUMAじゃなくて本当に「ただの新種の蛇」だった場合、UMAファンはどう反応するんだろう?

>靖国事件
朝日新聞などは
「だが待って欲しい。このような事件が起こったのはそもそも靖国神社などというものが存在する事自体が原因ではないのだろうか?」
「これを機に日本人には永遠に過去への猛省を促したい」
などと言い出しても不思議ではないのですが、これも時代の流れなのかも?

>紙飛行機
熱や摩擦に耐えられても降下途中で乱流にもまれてグシャグシャになりそうですよね。
大丈夫なのかな、、、

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.01.18 14:19

別に広島の暴力団系右翼団体のおこした原爆慰霊碑破損事件を完全黙殺した産経がこの件を報道したから何だというのでしょうかね?
片方だけしか報道しないゴミの補完を対局のゴミで行うという当たり前の話でしょ?

投稿: | 2008.01.18 15:47

>つちのこ

爬虫類か両生類か判らないが、鳥類や哺乳類では無さそう。
サスカッチやイエティ、ネッシーなんかとは違って「いても不思議ではない生物」の一つだと思います。

元々個体数が少なくて、特殊な食物しか食べない(コアラがユーカリの葉しか食べないように、マツタケしか食わないとか)のだったら、
最近の住宅地の拡大に合わせて絶滅したのかもしれない。

たとえいたとして、養殖しても「ペット需要」くらいしかないから仕方ないけど。
両生類なら手足のない蛙の親戚だし、爬虫類ならメタボ系青大将だもんなあ。
他のUMAに比べてロマンが足りない・・・・

投稿: 所長 | 2008.01.18 16:23

>紙飛行機
再生紙は使ってないのか。
これ、ロマン系の話じゃないの。だって、無事帰還したかどうかわからないじゃん。

クローズアップ2008:NHKインサイダー容疑 記者倫理、どこへ
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20080118ddm003040135000c.html
やはり問題は組織的な行動ではなく、個人の自由意志に基づいたものであるところだろう。各個人に連関は無いとすると経済利益を自由化すると今回のように社会利益に関係なく自己利益を最大化しようとする方向に大きく振られる。企業や組織に問題が起こると堰を切って求められるのはコンプライアンスの大合唱である。これは皮肉なことに新自由主義の主張に大きく逆行する現象だ。

投稿: | 2008.01.18 21:39

ほぼ1年ほど前に離陸後数分で爆発音がして
エンジン1基停止、そのまま無事帰還したなあ。
ANAの777-200でした。
夜だったし、離陸後数分(5分くらい?)経ってた
ので、機長やグランドの、「鳥を吸い込んだため
と思われる」と言う説明を胡散臭く思っていました。
片肺だったから良かったけれど、両方ダウンしていたら
大変なことになっていたかも。

それで娘の入学式に遅刻しましたよ。

投稿: vodka | 2008.01.18 22:12

>紙飛行機
野尻抱介さんのSF、ロケットガール(魔法使いとランデヴー)の中に登場した超音速カイトが似た設定を使ってましたね。

読み返してみたら、高度170キロから降下し、150-130キロで減速のピークに達し(この時点でマッハ20-25ぐらい)、あとは紙風船のように降下する。ということでした。

要は高層大気にいるうちに終端速度に達するから、高密度大気に突入する時の減速による高Gがかからないし、摩擦熱による高温にもならない(表面温度は100度以下)ため、宇宙服1枚の生身の体で宇宙から帰還できるということでした。

もし宇宙船で実現できるとしたら、耐熱タイルもいらないし、体への負担も減るので宇宙旅行へのハードルがかなり低くなると思うのですが。

投稿: てん | 2008.01.19 00:07

>※ NHK記者ら3人、インサイダー取引の疑い

社員や家族の株取引禁止にしても、実体は把握しづらいでしょうし、名義貸しで取り引きされたらお手上げですね。テレビ東京なんてやってるとしか思えない放送内容ですけど、捕まったなんて聞いたことないですね。

投稿: 眼精疲労の建築屋 | 2008.01.19 00:51

>デブリ
思慮分別のある民族でしたっけ、天に唾する民族ですよ
(例)森林を伐採して砂漠にして 近い将来 その砂漠に北京が飲み込まれる
将来 中国の有人宇宙船が あのデブリで致命的損傷を負う

投稿: bewind | 2008.01.20 21:55

>ヒースロー
http://www.aviationnews.jp/2008/09/777-200-6aa8.html
「燃料中の水分凍結による燃料供給システムの障害」「5,000ppmに下げて60秒間廻し続けると同様のキャビテーション・マークが生じる」

投稿: pongchang | 2008.09.08 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツチノコは何処に:

« 市役所前に練炭密室を作れ | トップページ | ゴースト・フィッシング »