« 新刊告知 | トップページ | そんなの関係ねえ »

2008.04.25

汚れた聖火

 激多忙モードで徹夜なわけですが(すでに30時間近く起きている)、呻きながらもついつい日記を書いてしまう性。でもさすがに昨夜のトレマーズは我慢しますた(~_~;)。あのほら、あんたミリシアかいっていう軍ヲタな親父が良い味出してんですよねぇ。

 新刊に関して、アマゾンで注文したら、発送可能時期として、「2008/5/16 - 2008/5/30」という確認メールが返ってきた方がいらっしゃるようです。
 ただ今朝の時点では、「在庫あり」で、しかも今日配達とかになっていました(~_~;)。たぶん昨日辺りだと、アマゾンに届きはしたものの、まだ在庫入力作業が行われていなかったということではなかろうか、と思っています。
 実際に注文したらいつ頃配達になるかまでは、こちらでははっきりとしたことは解らないのですが。ただいつも言っていることですが、書店で購入出来る方はなるべく店頭で買って下さい。

※ 硫化水素自殺 14人が入院…75人が体育館で一夜 高知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000015-maip-soci

 これは明らかにマスコミの責任です。いくらネットが強力なツールになったと言っても、事件の一次情報を発信するのは未だにマスコミです。こんなもの、報道会社で協定を結んで、自殺事件が発生した場合、その手法に関しては一切報じない、とすれば良いだけの話ですよ。その程度の協定も結べないこの人たちのモラルの無さに驚く。
 なのにこいつらは、手口を紹介するネットだけをさかんに叩くんですよね。自殺志願者を煽って、自殺方法を宣伝しまくっているのは、お前らだろう!

※ 死刑の声…込み上げた 光市母子殺害、本村さん雑誌に手記
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000132-san-soci

 木村さんの言動を巡っていろんな意見があるわけですが、私は何とも思っていません。強いて感想を言えば、事件発生当時と比較して、この人も中年になったなぁ……、とその程度です。彼が何を発言しても心を動かされるということもありません。
 それはなぜかというと、ある意味、被害者遺族なんてのは、もう死んだ家族と一緒に、魂は彼岸の彼方に逝っちゃった人々ですよ。そういう人々の言動に社会が反応するのはどうかと思うし、自分がいざその立場に立たされたら、復讐を含めてあらゆる免罪符が欲しいと思う。
 私はむしろ、そろそろ彼をメディアから解放して、報いでなく、新たな幸せを得る方向へ行って欲しいと思います。復讐を求める権利はあるにしても、それによって心を癒せるという現実はあまりにも悲しい。

※ 「元少年殺されれば遺族は幸せ」 青学准教授ブログに集中砲火
http://www.j-cast.com/2008/04/24019475.html
※ 首相補佐役に自衛官登用 自民が防衛省改革提言
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008042401000152.html
※ 本の万引き、年間40億円…小学生も犯行、とがめぬ親も
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080424-OYT1T00483.htm?from=main5

>「このままでは日本の出版文化が衰退するおそれもある」

 もう止めて!(>_<)。出版業界のライフはゼロよ……。てか、あたしが言うのも何だが、俺たちゃまるでゾンビみたいだ、とか思ったりする。でもゾンビって、ある日ネジが切れたみたいにパタッと倒れて朽ち果てるんですよね。

※ 交差点事故 衝突の乗用車が歩道に…1人重体、5人重軽傷
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000012-maip-soci
※ フリーター:老後に生活保護費の追加負担18兆円と試算
http://mainichi.jp/select/today/news/20080425k0000m020075000c.html
※ 横浜・加賀町署で51歳巡査部長、病気苦に拳銃自殺
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080424-OYT1T00476.htm
※ 岩国にB52核爆撃機・航空ショー 米軍が飛行計画
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-24/2008042401_02_0.html
※ チベット旗が大人気、品切れ状態!若者ら「長野に持っていく」
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080424/trd0804240921005-n1.htm
※ 上空には「FREE  TIBET」の飛行機雲が
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080424/asi0804240857000-n1.htm
※ インディもびっくり 水晶ドクロは19世紀独製
http://www.asahi.com/culture/update/0424/TKY200804240257.html
※ 猪瀬節炸裂!「弁解ばかり」「社会主義的」羽田国際化で国を批判
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080424/fnc0804242340013-n1.htm
※ 最長寿、男は横浜市青葉区、女は沖縄県北中城村 市区町村別寿命
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000954-san-soci
※ 東国原宮崎知事:女性問題の週刊誌報道、金銭は言及避ける
http://mainichi.jp/select/today/news/20080425k0000m040108000c.html
※ 東洋初のロボット復元 大阪市立科学館
http://www.asahi.com/science/update/0424/OSK200804240057.html
※ 日本記者クラブ賞に筑紫氏=テレビジャーナリズムに貢献
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080424-00000118-jij-soci
※ 前日の空虚重量 75.4キロ

※ メルマガ有料版おまけ ギャラクティカ終わる&ダサイ合体ロボ

|

« 新刊告知 | トップページ | そんなの関係ねえ »

コメント

》 チープ感漂う特撮映画

つ「帝都物語」

投稿: 酢昆布 | 2008.04.25 10:04

> 私はむしろ、そろそろ彼をメディアから解放して、報いでなく、新たな幸せを得る方向へ行って欲しいと思います。

同感です。

投稿: | 2008.04.25 10:05

>ダサイ合体ロボ
及川奈央が出ているだけで、保護者には十分なんです。
http://plus-u.jp/blog/oikawanao/?p=312
凝ったデザインは気が散ります。
悪役は十分アートですし。来週は電波で洗脳されるというテレビを皮肉った内容の様で、とてもテロアサらしく好感。
>チベット旗が大人気
関越道の川越あたりのSAでトイレ休憩中に早くも雪山獅子旗が出現したらしい。報道ヘリの空撮があった。もっとも、本当の聖火は関空経由で松本に降り立つとか複数経路の輸送が行われて居るんだろうなぁ。

投稿: pongchang | 2008.04.25 10:29

>首相補佐役に自衛官登用
日本は他国の官邸なら自衛官が入るポジションに警察官僚が入ってると聞いたが。警察官僚の抵抗でぽしゃるんじゃないかね。

投稿: | 2008.04.25 10:32

>トレマーズ

ものすっごくチープなんだけど、私は好きですよ。
私が憧れていた頃の米国の、大らかな良い雰囲気が出てます。
たまんねぇw

投稿: nao_c/w | 2008.04.25 10:41

>聖火到着
しかし、フランスに対して抗議デモを繰り返している中、エアバス330で聖火を空輸するのはブラックユーモアですね。

オーストラリアの空中文字は、ナイスでしたが、報道しているところが少なくて残念。日本でもブルーインパルスでも出して、長野上空で…それは、だめか…(そもそも民間でも飛行許可が下りませんかね)。

>本村氏
私も先生と同じ想いです。

投稿: feri | 2008.04.25 11:04

> これは明らかにマスコミの責任です。
>いくらネットが強力なツールになったと
>言っても、事件の一次情報を発信するの
>は未だにマスコミです。こんなもの、報
>道会社で協定を結んで、自殺事件が発生
>した場合、その手法に関しては一切報じ
>ない、とすれば良いだけの話ですよ。

まあ、独りだけ屋外で死んでるってなら
報道しなくて当たり前ですけどね。
何十人も避難するような大規模災害で
そんなこと言っても無理です。

投稿: ぴぴ | 2008.04.25 11:12

>帝都物語

製作者の子(故西村晃)が、父である製作者を演じたとか・・・。

投稿: | 2008.04.25 12:30

>岩国にB52
あー、又今年もプログラム(同基地HPでも配布)の展示機に”BUFF”と書かれていたんですね、判ります><
去年は、確か直近にオーストラリアのショーに出ていたので、「ひょっとして?」と思ったのですが、ラプター同様ガセでした(^^,

>トレマーズ
サヴァイヴァリストのの親父は、2以降にも続投してますが(奥さんとは別れたらしい(^^)、夫婦で逃げるときに、一撃必中のボルトアクションか、火力重視でアサルトライフルを持っていくか?で議論していたりと、色々楽しませてくれます(ワタシなら、間を取って、M14かな(^^)

投稿: yossi | 2008.04.25 12:38

死刑廃止論者ではない弁護士の日記。
http://d.hatena.ne.jp/morikounin/20080201
安田弁護士のことは高く評価しているようです。
http://d.hatena.ne.jp/morikounin/20080424

投稿: | 2008.04.25 14:06

>トレマーズ
12チャンが午後ローでトレマーズ3を放送予定。
アタシも未見ですが、続編でしかもビデオ作品の割りにはそこそこ面白いらしいので期待してみましょう。

投稿: ぐらぼいず | 2008.04.25 16:32

トレマーズは、一作目が面白かったので(昨日の放送は見なかったですけど、レンタルで昔見ました)続編にも期待しますな。

あと最近見たDVDでは、「ネプチューン」っていう潜水艦のサスペンス映画が面白かったですよ。

投稿: スパイシーチキン | 2008.04.25 18:56

》 チープ感漂う特撮映画
テレビCMでさんざんマーラー鳴らしておいて本編には全然
出てこなくてポカーンだった20代でした。

投稿: は | 2008.04.25 20:27

>安田弁護士のことは高く評価しているようです。

 弁護士として優れているということと、正義を実現する仕事をすることは、別ということですな。
 弁護士版マッドサイエンティストというか、弁護士版石井四郎とでも言えばいいか。
 間違ってはいけないが、医学者としての石井は決して劣った存在ではなかったどころか、正の面での功績は大きなものがあった人物です。

投稿: 土門見人 | 2008.04.25 20:43

豪州で聖火リレー「青い軍団」は蚊帳の外
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080424/oth0804242045014-n1.htm
さて、日本はどうなるか…

投稿: たま@青島 | 2008.04.25 21:51

 新刊、購入しましたよ~

>自民が防衛省改革提言
 呼称変更は尉官以上でいいでしょう。それよりも問題なのは、新設されるであろう『准将』です。どういう役職にこの階級を付与するかで、結構揉めると思いますよ。

>チープ感漂う特撮映画
 帝都物語、懐かしいなぁ。学校帰り劇場で見ましたよ。実相時監督にしては、結構しょっぱい出来でしたね。

>ギャラクティカ終わる
 量産型ブーマーのワラワラ登場にバルター博士の妄想、ラストの衝撃の事態等々、エラい所で終わっちゃいましたね。それにしても、中弛みの無い作品でした。
 第2シーズン、近々スパドラでやるみたいですね。

投稿: 名無し二等空士 | 2008.04.25 22:10

>岩国にB52
基地HP(日本語版)は更新されていないようなので、英語版のFSD情報を見ると、CAS/CSARのデモに、F/A-18、B-52、HH-60と記載が有りますが、どーなんだろうか?
http://www.friendship-day.net/airshow.php
リモートのショーで着陸・展示はしない予定?
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/rcc/20080424/20080424-00000006-rcc-loc_all.html
沖合移転工事完了前に一度行ってみたい海からのツアー
http://www.setonaikaikisen.co.jp/ehimedia/travel/shouhin/2008/iwakuni_base.html
新刊入手しました!アヤセ・ヒロフミじゃなかった(´・ω・`)ショボーン

投稿: yossi | 2008.04.25 22:22

>>土門見人 さん
 弁護士の役割は正義をなすことではなくて、罪に見合った刑を主張することである筈です。
 減刑することが目的ではありません。
 もう死刑にするか無期にするかという状況で、加害者にも様々な問題があり、はたしてこのまま死刑にすることが妥当か、と主張することにどんな問題があるのでしょうか。
 犯罪者の弁護をする事自体悪と捕らえる感覚が、そもそも弁護士の役割を誤認させていると思いませんか。
 金にもならない名誉にもならない、人権派だとかいうわけのわかならいレッテルを貼られる。
 それを押してまでやっているのは、しごくまっとうな責任感からだと私は思うのです。
 石井四郎やアドルフ・アイヒマンというより江川太郎左右衛門あたりを思い浮かべます。もうちょっと適当な人物はいると思いますが。

投稿: mado | 2008.04.25 22:47

>そろそろ彼をメディアから解放して、報いでなく、新たな幸せを得る方向へ行って欲しいと思います。

非常に残念ながら無理。上告棄却で確定しても弁護士のメンツの問題になっちまったから、駄目もとでバカスカ再審請求しつづけるはず。そうなると鳩ぽっぽの弟みたいに月例行事のように執行にサインできる大臣もそう滅多にいない現状では、現実に執行できるのは10年後ぐらいか。永山ですら刑確定後執行されたのは7年後、事件から30年も経ってからだったし。その間本村氏は再婚もできずに過ごすことになるのでしょう(仮に確定後でも再婚なんかするとマスゴミが手の平返して猛烈に叩きまくること必定)。
本村氏の本当の苦しみはむしろこれから始まるような気がしますな。

投稿: 剣 | 2008.04.26 01:17

>弁護士の役割は正義をなすことではなくて、罪に見合った刑を主張することである筈です。
>減刑することが目的ではありません。
ここ笑うところですか?
ユダに依頼されれば、イエス・キリストを断罪しユダを犠牲者に仕立て上げるのが弁護士の役目ですよ?
「弁護士の父」キケロは、以前自分が起訴して有罪にした人物の弁護をして、今度は完全無罪を勝ち取ったことを誇っています。

>もう死刑にするか無期にするかという状況で、加害者にも様々な問題があり、はたしてこのまま死刑にすることが妥当か、と主張することにどんな問題があるのでしょうか。
弁護団の主張は「死刑の妥当性」じゃなくて、「殺人罪の不在」だったはずです。
たしか弁護団は「傷害致死」を主張してませんでしたか?
「逆手で首を押さえたら死んじゃった」「落としたら死んじゃった」「殺すつもりはなかったので、母親は蘇りの儀式、こどもはドラえもん」って言ってたんですよね。
ということは「死刑にするか無期にするか」ではなく、真剣に「懲役15年以下」を狙っていたはずですが。
これじゃあどんな温厚な裁判官もぶち切れますよ。

投稿: | 2008.04.26 06:30

「自称僧侶の右翼活動家が手首切る」の報に接し、どこぞの元二等空士氏を思いだしてしまったのはわたしだけではあるまい。

投稿: | 2008.04.26 09:00

>本の万引き、年間40億円…小学生も犯行、とがめぬ親も

東京で働いてた時の派遣の事務のおばさんとの会話

おばさん 「えっ? ○○さんって一回も万引きし
      たことないのぉ~?」

オレ   「そんなのしたこと無いですよ」
 
おばさん 「普通は子供のころには一回や二回くらいはやるわよねぇ~、○○さんって
      まっじめぇ~、へぇ~育ちいいんだぁ~」

オレ   「いや・・普通はしないでしょ?」

お前の言う一回や二回って、週に一回や二回のことだろう、都会は恐ろしい所だ。これで得意先のコンビニのオーナーの爺さんが嘆きながら店を閉店したのが解った・・・・と
オレは心の中でつぶやいた。


 
      
  
  

投稿: K | 2008.04.26 20:30

>仮に確定後でも再婚なんかするとマスゴミが手の平返して猛烈に叩きまくること必定

何が必定なんだ?自分の偏見をそのまま他社に必定などと押し付けるんじゃないよ。幼稚な発想だね。

投稿: | 2008.04.27 00:16

>硫化水素自殺
硫化水素と聞いただけで高校の化学Ⅰを覚えてればググらなくてもアレとアレの類を混ぜればいいと推測できます。
普通アレとアレは混ぜないので報道は猛毒ガスによる被害と言うだけで硫化水素の名を出すべきではなかったかと・・・

投稿: | 2008.04.27 02:17

>学天則ロボ
帝都物語だと思われます。映画は見てませんが原作の小説に出てきます。小説がイメージを膨らませすぎたせいか新聞記事を読んで えっ、こんなもんなのかとがっかりしますた。

投稿: | 2008.04.27 04:40

>交差点事故 衝突の乗用車が歩道に
>乗用車の側も巻き込まれた被害者

双方信号が青なら、直進の乗用車側に優先権はありますので、制限速度を遵守し、前方への注意も十分にはらっていたのなら、加害者ではない、と主張できるかもしれませんが・・・。正面もしくは側方部で衝突している限り、過失割合が10:0になることは通常はありませんので、おそらく無罪にはならないでしょう。法廷速度(50km/h?)で直進しようとしていた乗用車の後部に、100km/hを超える速度で走ってきて右折しようとしたトラックが激突、てな状況であったのなら別ですが・・・。双方、相手には気づいていたけど、当たらないと思った、と言っていることから、おそらく、自分の方が速い、つまりは制限速度をオーバーしていたのではないでしょうか?

投稿: ya-mana | 2008.04.27 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚れた聖火:

« 新刊告知 | トップページ | そんなの関係ねえ »