« 正しいゲロの捨て方 | トップページ | 荒唐無稽 »

2008.04.22

光市母子殺人事件

※ メンテナンス終了 告知

 本日、午前8時からお昼12時までココログは緊急メンテです。(予定通りに終了すれば)お昼のメンテ開けまでコメントは出来ません。なので、早めにアップ&送信します。最近、管理画面にログインするのがやたら重たくて、それに対するメンテを一回やったはずなのに、やっぱり駄目だった。

※ 報道の魂
http://www.tbs.co.jp/houtama/

 で、今日は光市母子殺人事件の差し戻し審の判決が10時頃出ます。無期懲役なら10時直ぐに判決が出るだろうから、ココログのメンテが開けてからのアップでも良かったんだけど、死刑で「主文後回し」ということになったら判決はお昼以降なので、先に伸ばす意味がないので、朝一のアップとしました。
 私個人は、何度も書いてきたように、このケースでの死刑を支持します。

 この「報道の魂」という番組は、日曜深夜の番組で、今週はイラク報道でお馴染みの綿井さんが、長らく光市母子殺人事件に興味を持って追い掛けている姿をTBSのカメラが追うという形でした。
 裁判を通じて問題になったのは、「計画性の有無」です。これが死刑か無期かを分ける大きな理由になった。綿井さんも、その計画性に関して、若干の疑問をもっている。
 少年はこの日、ゲーセンで友人と待ち合わせしていたんですね。犯行はそのスケジュールに入っていなかった。それまでの暇潰しとして、検査を装って、同じ団地のドアを何軒も叩いて回っている。あわよくばレイプをという思惑があっただろうけれど、ピンポンダッシュに毛が生えたようなものですよ。少年にとっては、ゲームそのものだった。しかも行為としては、死姦ですよね。そこに果たして計画性があったなどと言えるのか? という問いには、あったにしても行き当たりばったりの杜撰な計画だとしか言いようがない。

 しかも彼は捕まった後、友人宛に、遺族のみならず世間を激怒させる手紙を遣して日本中に怨嗟の声がわき起こる原因を作ってしまう。犯行自体も幼ければ、その後の行為も全くに幼い。この少年が精神的に非常に未発達であることは、鑑別所での技官のペーパーにも残されている。弁護団はそれを拠り所にしてきた。

 死刑判決を受けた受刑者が、その後人間として改心し、成長もして、心の底から自分の罪を悔いることはしばしばあることです。この少年が、20歳代後半になり、その過程にいるだろうことは嘘では無いと思う。世界中で、死刑制度廃止を願う人々の根底にあるのも、人間が反省し、成長出来る存在だからです。

 これは最高裁からの差し戻しですから、判決は死刑なのでしょう。起こったことの重大さを思えば、弁護側が言うように傷害致死だろうが何だろうが、死刑以外の判決はあり得ないと思うけれど、子供のまま肉体だけが発達して罪を犯してしまった彼にも更生の可能性があっただろうことを考えると、そんなに気分の良い死刑じゃないなと思う。
 いざ自分がこの事件を裁判員として裁く立場になったら、相当に悩んだだろうな、と思います。

※ チベット旗掲げようとした日本人3人、もみあいに マレーシアの聖火リレー
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080421/asi0804211608003-n1.htm
※ 任天堂栄えて本屋潰れる 旭屋書店閉店の衝撃度
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080421-00000012-gen-ent
※ <女性不明>防犯カメラに死角? 撮影範囲検証 東京・江東
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000015-mai-soci
※ タンカー被弾:日本船にロケット弾、穴開く イエメン沖
http://mainichi.jp/select/today/news/20080421k0000e040080000c.html
※ 国が市町村に交付した図書購入費、22%が「他の使途」に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080421-OYT1T00603.htm?from=top
※ 160人中159人が国歌斉唱「起立せず」 大阪の中学教員を聴取
http://www.j-cast.com/2008/04/21019284.html
※ 企業健保、高齢者医療費4300億円負担増 新制度響く
http://www.asahi.com/life/update/0421/TKY200804210314.html
※ 欧州宇宙機関、世界初 火星の地下断層映像を公開
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200804211837&page=2
※ FITNESS LIGHT(フィットネスライト)
http://www.nhk.or.jp/machikado/info/details080421.html
http://ricoroshop.jp/
※ ソユーズ宇宙船が地上に辛くも着陸、再突入コースに不具合
http://www.technobahn.com/news/2008/200804210951.html

※ 前日の空虚重量 75.7キロ

 4週間振りの健診だったため、運動は無し。

血糖    210 H
HbA1c  7.0 H

 今日は直ぐだろうと、週アスを一冊しか持っていない時に限って、1時間待たされたりするんですよね。
 血糖値が異様に高いのは、主治医の命令で採血一時間前に外食したからです。ラーメン餃子セット、それだけでは足りないと思って、御握り一個+コーヒー。ドクターはいちいち食事の内容までカルテに書き留めるんですよ。ラーメン屋に入ったのは、この7週間で初めてですね。いつの間にか終日禁煙になっていた。
 HbA1c値が継続して下がっているので、経過は極めて良好。尿検査でも、腎臓異常なしということです。「最近ちょっとダイエットが壁にぶちあたってまして……」、と報告したら、「運動するということは、体重云々だけじゃなく、インシュリンの感受性を高めるということだから、それで良いんですよ」、と。どういう意味でしょうね。感受性を高めるというのは。
 次回は、採血2時間前の食事で採血しましょう、ということになりました。

※ メルマガ有料版おまけ ジェネリック医薬品の現実

|

« 正しいゲロの捨て方 | トップページ | 荒唐無稽 »

コメント

精神的に未発達や、精神異常などで、死刑を免れる場合がありますが、精神が正常で、人を殺す人っているんですかね?

投稿: | 2008.04.22 09:12


 主文後回し。

 コメントは出来るみたいですね。

投稿: 大石 | 2008.04.22 10:02

死刑ですね、これは。

わたしゃ一審、二審のころは無期懲役で妥当だと
思ってたんですがね。
当時の量刑相場からすると、
死刑ってのはちょっと酷ではないかとね。
まあ、ネット世論ではすでに死刑当然、みたいな
ノリでしたけどね。
「自分が被害者だったら」みたいな
私に言わせればウス甘死刑論。

で、上告、差し戻しをやってるうちに世論も、
司法の現場での相場観も変わってきた。
今や、二人殺して無期なんてのはあり得んですね。
私も本村さんにシンポで会って、サインも
してもらった口ですから、死刑を求める彼の
主張は大いに理解できる。

ただ、時代と共に量刑相場が変わるのは
やむを得ないとしても、
現代の相場観を以て、
10年前の犯行を裁くのはどうよ?
相場の不遡及って概念はないの?
とか思いますね。
特に、日本みたいに
「死刑、無期、もしくは5年以上の懲役」
なんて幅広い量刑を定めている国ではね。

つか、検察の不利益上訴は反対の立場ですし。

投稿: ぴぴ | 2008.04.22 11:15

まあ、差し戻しされた時点で死刑確定したようなもんですけどね。
注目しているのはTVマスコミがどう伝えるかですね。
BPOに注意されたばかりなのに相変わらずの報道やるかどうか?
本村はしご出演くらいならまだしも、橋下にインタビューとかやって流してたらもうこの国のマスコミは終わりだね。

投稿: dada | 2008.04.22 11:19

死刑判決でましたね。
死刑を支持しますが、本来は減刑なしの終身刑ですよね。

無期懲役がいい加減なのでこんなことになったのだと思います。

投稿: | 2008.04.22 12:05

死刑存廃問題を語るときには現場処刑の問題も論点にしてほしいですね。

死刑廃止国において現場処刑で殺された人と死刑存置国で死刑にされた人のどちらが多いかを調査している人はいるのでしょうか?

投稿: | 2008.04.22 12:11

尿タンパク陰性は良かったです。次は眼科ですね。

投稿: pongchang | 2008.04.22 12:11

>無期懲役がいい加減

融通"無”碍で”期”間の定め無しの”懲役”なのが実態ですよね、かといって終身刑の導入は一生出しません=一生面倒見ます、と取られるとそれを目当てに犯行に及ぶ輩が出る恐れも有る、と悩ましい(遠島の刑を申し付けるじゃないけど、流刑地が必要になりそう)。
更に、刑務所内での実績に基づいての刑期短縮では、矯正の効果が出ているのか?所内のルールに適合できているだけなのかが、不明瞭なので、希望が有れば被害者や遺族を含め、外部の評価が必要なのかも知れません。

投稿: yossi | 2008.04.22 12:35

>無期懲役がいい加減なのでこんなことになったのだと思います


最近の無期は本当にシャバに出れなくなってますよ。
懲役20年刑を維持するために、無期もそれ以上の刑期。
20年以上ならば大部分のひとは獄中で死ぬことになっています。

投稿: | 2008.04.22 12:37

量刑相場主義でたまに思うのは「過去の量刑からならこの程度の事は問題ないはずだ」という考えから地雷になる行為を絶妙に回避しながら重犯罪を犯した場合、それでもやはり量刑どおりになるんでしょうかね?
死刑にならない程度に限りなく極悪な犯罪を、しかも狙って犯したとしたら、、、、ヤッパリ無期なのかな?
最初は感情的には死刑だろという犯罪だが、量刑では、、、な案件について書いていたつもりが、自分でもどっちが正しいのか、書いてるうちに分からなくなってきましたorz

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.22 12:46

>>死刑判決
今、遺族の本村氏の記者会見が流れていますけど、非常に不快です。
マスコミや世論に煽てられているのか、それとも憎悪で凝り固まっているのかわからないですが、私憤と公憤を混同してしまって聞くに絶えない。
頻繁にエクスキューズをしているけど、本村氏が被告を殺したい。それも自分自身の手は汚さないで。と言う得手勝手な願いの強烈さは判決の前後で全く変わっていない。
その一点だけでも、私はこの事件の経過も判決も関係者や周囲も、その全てに唾だけではなく、あらゆる排泄物を吐きかけたくなります。

個人的には非常に不快です。判決以前に、差し戻しをした最高裁や今回の判決を出した裁判官の姿勢が法秩序を破壊している事・橋本現大阪府知事などや一部マスコミが行った無責任な扇動に乗せられている全ての人々がこの判決を形勢してしまっている状況とコメンテイター達が安全な場所から無責任な発言を繰り返す今進行している状況自体に。

これが二十年前なら、世論が死刑判決を容認するかしないか以前に、死刑を煽るマスコミを白眼視して、被告だけでなく弁護士や彼らの支援者のエキセントリックな面を殊更協調して世間の彼らへの憎悪を扇動する報道やアジテーターに対して乗っかる奴は殆どいなかったですよ。

殺された側や遺族の権利は強調される。
その反面、冤罪が絶えないのに多少でも「重大な」犯罪を犯してしまった容疑をかけられたり、実際に罪を犯した者が公正な裁判を受けたり不当な取扱いを受けない権利は全く改善されていないどころかマスコミがバッシングを扇動していて、それに押されるかのように司法も立法も彼らと同調して、「不公平さ」のみを喧伝して犯罪者への過剰な憎悪を扇動する傾向は強くなる。

この事件では、弁護側が今の弁護団に交替するまでの間、被告の不信感が強まるしかないような弁論を展開し続けて、警察と検察の言うことを鵜呑みにして行うべき職務を全く遂行してこなかったと言う事情があって、
差し戻し前の高裁判決は、暗にその事についても踏まえて死刑を回避する判決を出しているので、今の弁護士団が限られた時間で緻密な検証をやりなおした上で動いてきた事をマスコミが無視して被告の荒唐無稽な証言のみをあげつらって、それに迎合した橋下大阪府知事などの無責任な扇動に対して積極的に反駁した今枝弁護士が弁護士団を解任されてしまったという、ある意味最も深刻な問題もあるので、あまりに後味が悪すぎますよ。

投稿: 業界インサイダー | 2008.04.22 12:50

新自由主義的な改革をすると国民の不満をそらすためマスコミは厳罰を求める報道をするという説がありますね。
理不尽な医師叩きなどもその一例かもしれないなと、最近の報道を見て、ふと思いました。

投稿: | 2008.04.22 13:13

>業界インサイダーさん

 仰ることにも一理あります。「コメンテイター達が安全な場所から無責任な発言を繰り返す今進行している状況」には多いに頷けます。とはいえ、

>>判決以前に、差し戻しをした最高裁や今回の判決を出した裁判官の姿勢が法秩序を破壊している事

 これはまったく理解できません。どの部分の姿勢がどのように破壊しているのでせう。

>>本村氏が被告を殺したい。それも自分自身の手は汚さないで。と言う得手勝手な願いの強烈さは判決の前後で全く変わっていない。

 もうずいぶんと前のことなのでソースはなかなか出てきませんが、本村氏は2000年3月に地裁で無期懲役の判決が出た直後、テレビの取材に対し「少年を私の手の届くところに置いてほしい。私が殺す」とまで言ってるんですけど(これに言及しているブログはググれば山ほど出てきます)。

>>殺された側や遺族の権利は強調される

 今までその逆の状態が長く続いていたのが、この事件もひとつのきっかけになってそのように見直されてきた、と認識してるんですけどね。

>>冤罪が絶えないのに多少でも「重大な」犯罪を犯してしまった容疑をかけられたり、実際に罪を犯した者が公正な裁判を受けたり不当な取扱いを受けない権利は全く改善されていない

 これも多いに頷けます。でも今回の事件とは関係ありませんよね。今回の事件では罪状は明かですし、『「不公平さ」のみを喧伝して犯罪者への過剰な憎悪を扇動する傾向』もなにも、被告や弁護団が差し戻し審のあとで行ってきたことは、一般社会に生きる人たちにとってとても容認できるものではないでせう。

>>この事件では、弁護側が今の弁護団に交替するまでの間、被告の不信感が強まるしかないような弁論を展開し続けて、警察と検察の言うことを鵜呑みにして行うべき職務を全く遂行してこなかったと言う事情があって

 これはどういう事情なんでせうか・・・。何かこれに関する報道などありましたでせうか。それともインサイダーさんだから判る、ということなんでせうか。その辺をできればもうちょっと詳しく教えていただけるとありがたいです。

投稿: KWAT | 2008.04.22 13:40

>殺された側や遺族の権利は強調される
今まで、ほとんど無視されてきたのだからこれでやっとイーブンになったというところ。
私としては刑法を改正して「死刑もしくは終身刑」を正式に名文化して無期懲役を全て刑期明示すべきだと考える。

投稿: | 2008.04.22 14:02

KWAT氏が公開されている弁護団の主張を一度も読まず2ちゃんねるだけがソースな人なのはよーくわかった。弁護団に偏見もってその主張に全く耳を傾けもせず読みもしないでセンセーショナルな部分だけ取り上げて増幅報道するマスコミやそれに乗っかって弁護団叩きをする連中と同じだね。

投稿: | 2008.04.22 14:03

めずらしく業界インサイダー氏に同感。
テレビは恒久政権にとって最高の道具ですね。

投稿: | 2008.04.22 14:13

インシュリン感受性についてはググれば分かりますよ。釣りですね(笑)?
要するにインシュリンの効き方の事です。

一般的には太るとインシュリンの効きが悪くなるそうです。運動をすると効きが改善するらしいです。受容体の GLUT4がどうのこうのと「ためしてガッテン」で言ってましたけど・・・こうやって書いてみると自分がよく知らない事が分かりました(笑)。

投稿: とおりすがりん | 2008.04.22 14:37

>偏見もってその主張に全く耳を傾けもせず
>読みもしないでセンセーショナルな部分だけ
>取り上げて増幅報道するマスコミやそれに
>乗っかって弁護団叩きをする連中と同じだね。

てか裁判長はその「崇高な」弁護士の出した
減刑の証言をすべて信用できないと
全否定したわけだが。

楢崎裁判長は「死刑を回避するのに酌量すべき点
を見いだすすべもなくなった」と指摘。
「元少年は死刑を免れるため、虚偽の弁解をした。
反省心を欠いているというほかなく、
極刑はやむを得ない」と述べた。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000069-jij-soci

投稿: | 2008.04.22 16:18

http://mainichi.jp/select/today/news/20080422k0000e040025000c.html

>また、元少年の差し戻し審での新供述を
>「虚偽の弁解をろうしたことは改善更生の
>可能性を大きく減殺した」と批判。
>「熱心な弁護をきっかけにせっかく芽生えた
>反省の気持ちが薄らいだとも考えられる」とした。

裁判長自ら弁護士叩きですね。

投稿: | 2008.04.22 16:40

>憎悪で凝り固まっているのかわからないですが、私憤と公憤を混同してしまって聞くに絶えない。
妻子があんな目に合わされた男なら怒り狂って当たり前、本村氏に一体何を求めているのだろうか?

投稿: トオリスガリン | 2008.04.22 18:41

変な感情論とか振り回さないで
「社会に戻すにはリスクが大きいし、刑務所で一生面倒みるのもコストの面で割りに合わない、
だから死刑」
でいいと思うんでが

>楢崎裁判長は「死刑を回避するのに酌量すべき点
>を見いだすすべもなくなった」と指摘。

そもそも裁判官が刑法にのっとって量刑をせずに酌量の配慮とかするのもおかしい気もしますけど

投稿: | 2008.04.22 20:02

>本村氏の発言

憎悪で凝り固まっているし、私憤と公憤を混同しているかもしれない。
いや、被告の死刑を小躍りしたいほど純粋に喜んでいるかもしれない。

それを非難できないでしょう。
ただの夫で父親だった男に。
本人の意志でも妻や子の意志でもなく、
元夫で元父親にされた男に。

彼にしてみれば、厳罰化の流れになろうが、他者から非難されようがどうでもいいでしょう。
目的は唯一つ「被告の寿命を物理的手段で縮める事」だけだった訳ですから。
社会正義も司法云々も方便に過ぎないのでしょう。

見事に目的を達成した訳です。
マスコミや世論を巻き込んで。
ありとあらゆる手段を用いて。

今後の被害者及び遺族が参考にすべき手腕です。

投稿: 所長 | 2008.04.22 20:11

死刑云々で綺麗事を書いている人は、「そういうヒューマンな自分」に酔っているだけなんでしょうなあ。
なんとも独善的です。

投稿: | 2008.04.22 20:57

弁護士連中はこれがダメだったら次の死刑案件に飛び付けばいいだけの話なんだけど、本村氏の場合はこの事件が全てだから。
本村氏については今夜だけは楽に過ごしてほしいと思う。

投稿: 剣 | 2008.04.22 21:06

>なんとも独善的です。

新聞データベースで「減刑嘆願」をしらみつぶしに調べて社会に絶望した私に言わせると、
死刑廃止論者を「偽善etc」と批判する人は、死刑肯定論の偽善性に
全く無自覚。
死刑に賛成することに「偽善」が含まれているとは考えたこともないのでしょう。

投稿: | 2008.04.22 21:16

アンチ本村氏が結構いるんですねー!!
意外だなー!!
頭のいい人(へ理屈屋=嫌われ屋)が多いんだな。

人を殺したら死刑。これを基本に刑法を組み立てればいいんだよ。

未成年っていったって18、19は大人じゃん。
もっと早く地裁で死刑、高裁で死刑、最高裁は棄却で、ブリジストン法務大臣が即効で執行。

どうして、わが国はこうならないんだろう?

もっと慎重に時間をかけて考えなければならないことが山済みなんだから、単純な事件は即決しましょうよ。

投稿: MI-6 | 2008.04.22 21:21

インスリン感受性についてですが、上の方が書いておられるとおり、骨格筋に存在するグルコーストランスポーターの一種であるGLUT 4が関連しています。GLUT 4は、各種あるグルコーストランスポーターの中で唯一活性を調節できるもので、その調節はインスリンによってなされます。で、運動をすることで、GLUT 4のインスリンに対する感受性が増大するのですね。そうすると、骨格筋への糖の取り込みが増える事になるわけです。

投稿: | 2008.04.22 21:23

>死刑判決
一人静かに祝杯をあげました。

投稿: | 2008.04.22 21:33

>人を殺したら死刑。これを基本に刑法を組み立てればいいんだよ。

激しく同意。

殺人犯を更正させても、被害者や社会には何のメリットも無い。

犯人を更正させた方々が、自分たちの正しさや素晴らしさをアピールするためのネタにするだけ。

更正していなかった場合には、次の被害者を増やすだけだし。

殺人犯の更正よりも、貧民の救済のために金と人を使った方がよいと思う。

投稿: ほるほる | 2008.04.22 21:39

>アンチ本村氏が結構いるんですねー!!
>人を殺したら死刑。これを基本に刑法を組み立てればいいんだよ。

殺されたのが、障害者だったら、ホームレスだったら、素行不良の生徒だったら、不倫していたら・・・。
殺したのが、熱血教師だったら、電車で若者を注意した警官だったら・・。
嫌われ者で結構。民主主義なんて「世論による専制政治」だということが
この事件とその他の事件に対する世論の反応でよくわかる。

投稿: | 2008.04.22 21:39

更生と更正の区別がつかない
奴は大嫌いですな(藁

裁判員制度下にあっては、裁判長は
「ぐぐれカス」
「一年ロムってろ」
とか、一般の裁判員を指導してほしいもんです。

投稿: ぴぴ | 2008.04.22 21:47

荒れ気味だなぁ、、、

自分は「現在の弁護士のあの弁論は被告の利益になっていない」という立場から、現在の弁護団を好ましくないと思っているのですが、結局はその通り「被告に不利益に働いて」この結果を生んでしまったのでしょうかね?

弁護団は「頭が可哀想な人」という前提で弁論を組み立てて行ったようですが(解任された弁護士のブログでもそうなっていましたし)、それならそれでもう少しやりようがあっただろうにと感じていました。
弁護士という商売は「検察と戦い、裁判官を納得させる」ものだと認識していますが、あの弁論でそれを達成するのはかなり難しいでしょう。
裁判官だって人の子ですから

>また、元少年の差し戻し審での新供述を
>「虚偽の弁解をろうしたことは改善更生の
>可能性を大きく減殺した」と批判。
>「熱心な弁護をきっかけにせっかく芽生えた
>反省の気持ちが薄らいだとも考えられる」とした。

となっても不思議ではないというか、そうならないように話を組み立てていくのが弁護士という職業なんですし。
マスゴミ等にセンセーショナルな部分だけ云々という人がいますが、マスゴミにそういうことを許してしまう余地のある弁論をしている時点で負け戦決定でしょう。

あと遺族が不快というのは分からんでもないですが、それに引きずられて量刑を重くしすぎないように戦うのが弁護士の仕事だと思うので、本人が許す気持ちがないのなら憎しみ全開でコメントしてもいいと思いますよ。
我慢して聖人君主の真似をしてそれが減刑の材料になるのは、それはそれで問題でしょうし。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.22 21:56

>一人静かに祝杯をあげました。
わたしも浴びるように飲ってます。心の中で快哉を叫びながら。

投稿: トオリスガリン | 2008.04.22 21:56

>メルマガおまけ
更に捕捉、WikipediaのBear Gryllsの項目に拠ると
http://en.wikipedia.org/wiki/Bear_Grylls
ワイト島出身で、父は保守党議員、イートン校からロンドン大学、SASではルパート(将校)として配属、退役後は海軍予備役少佐(最近、「デビルドッグ」を上梓された元米海兵隊の越前屋伍長は現在米陸軍予備役と、現役時代と異なる軍・部隊で予備役というのはまま有るケースなのでしょうか?)、番組に対する疑惑も有るようですが(ようつべに検証画像と証するモノも)、ともあれ、エリートとして育てられたボンボンが、冒険に目覚め、危険に挑む、英国では良く有るよーな話ですが、こうした無数の蛮勇が彼の国のダイナミズムを生み出す原動力なのでしょうね?

投稿: yossi | 2008.04.22 21:58

>死刑判決

最高裁の差し戻し理由は、「死刑とすべき事案だが情状が十分に検討されていないので、それをもう一度探してみろ」というものだった。しかし、弁護側は犯罪事実そのものを殺人ではなく傷害致死あるいは過失致死だと言い始めた結果、殺人を前提とした「反省」や「情状」はこれと矛盾する主張となるので、全く出されなかった。この場合、最高裁が「ゆるぎなき事実」とまで言い切った認定を、高裁レベルがひっくり返すには相当な証拠が必要でしょう。
だけど、弁護側がそれほどの証拠を出せたとは思えない。被告に対する尋問でも、検察側や判事からの質問には「わからない」とか「忘れた」を連発していた。これでは自分に都合のよい事柄だけなぜか「思い出した」という心証を抱かざるを得ない。
私は、少年が絶対に死刑となるべきだとまでは思わないけど、今回の弁護方針で果たして良かったのか、情状面の主張をほとんどしなくて良かったのか、という疑問は持たざるを得ない。
しかし、弁護側の記者会見で、「最高裁のいいなり」という発言には全く賛意が感じられなかった。自分の主張に反対ならばすべて「不当判決」と一言で済ませてよいものか。今回の広島高裁は、弁護側の主張が最高裁の差し戻し理由とすれ違っていたので、情状の主張がなされなかったということのみで(弁護側の主張に言及せず)判決を下しても良かった訳だが、実際にはちゃんと答えている。結論として最高裁と同じであっても、それが追従だとは言い切れまい。自分たちの訴訟方針に誤りがなかったか、そういう観点では自分を顧みられないだろうなぁ。

投稿: | 2008.04.22 22:06

>裁判員制度下にあっては、裁判長は

裁判員から一般常識を教えてもらうといいよ。


ただでさえ、公務員は腐敗しやすいんだから、ちゃんと裁判員が監視しないと駄目。

投稿: ほるほる | 2008.04.22 22:12

この横にあるトラバのtoronei氏に前面賛成です。あまり喜べない。

つか、自分はそもそも命の価値が等価であるとは思えないし、よしんば等価としても1億3千万の1でしかないんですよ。しかも、遅かれ早かれ消滅するものだし(北杜夫は「死んで惜しい人間はいないが、死んで清々したやつは数え切れない」と、半分冗談でしょうが「まんぼう」で書いていますね)。
先生のお話はわかるけど、人間下に落ちることが許容されようと、落ちるにも限度あるはずなんです。たまたま日本に生まれただけで「可能性」にかけるのは、そこにいかなるコストを他人にかけて(これは監獄から逃げる場合狼藉を働くとか、税金で独房につなぐのも「コスト」ですよ)国民を納得させられるかという観点からは、ネタがあるのか?というと、ちょっとそれは疑問ですが。死刑判決がせいぜい年二桁前半というところからしても、「死んだやつは二度と犯罪をしない」ことを前提に考えていいのではないでしょうか。
(なお、今は裁判員制度のことは頭に入れないで、書いております)

投稿: さいとー | 2008.04.22 22:29

>死刑に賛成することに「偽善」が含まれているとは考えたこともないのでしょう。

あたしゃ「独善的」って書いたつもりですけどお。
いつのまにか「偽善」に摩り替わっているw
少なくとも我々の法律で「死刑」が規定されている以上、「死刑」判決は何ら「偽善」でもないし「独善」でもないよ。

投稿: | 2008.04.22 22:31

最近の例でいえば、三島女子短大生殺人事件。拉致して縛りつけ数時間にわたって強姦したあげく、ガソリンをかけて生きたまま焼き殺した。一審判決は無期だったが二審で死刑。上告棄却で先月死刑確定になった。奈良の女児誘拐殺人犯も死刑判決。いずれも被害者は1人だ。光市事件に限らず厳罰化は確実に進んでいる。名古屋アベック殺人事件は被害者が2人なのに主犯が19歳の少年で反省のポーズを示したため死刑判決を免れてしまった。有名な被害者のぶんまで長生きしますと遺族に手紙を送りつけたアンパン野郎だ。日本人は、死刑制度支持については絶対にぶれない。死刑制度は日本人の死生観にマッチしている。今後も変更はない。大罪は一死を持って報いるのだ。本村さんが一部の人に嫌悪されるのはしかたがない。同じ立場に立たされてもああはいかないから。男のジェラシーほど始末にわるいものはない。

投稿: カイナゲ | 2008.04.23 00:32

>死刑に賛成することに「偽善」が含まれているとは考えたこともないのでしょう。

何故、死刑に賛成することに偽善が含まれるのか詳しく知りたい。
俺も賛成だけど「偽善」が含まれるなんて考えたこともなかったので。

投稿: | 2008.04.23 01:54

友人に宛た「手紙」が長文であり(一部のみ紹介で全文てまない)原2審裁判長は全文読を読み「反省が認められる」と、無期にしってた?
検死報告書に「首の締め痕には右手の指だけ、それも逆手の痕しかない。気管や頸骨の損傷もない。殺す気で両手で締めたのならこんな風にならない。騒いだ被害者を黙らせようとして誤って頸部圧迫の体勢(抵抗しただろうが、たまたま悪い方に作用)、傷害致死罪しか成立しない」と鑑定書を作成し証言もしていることを知ってますか?

投稿: 与志 | 2008.04.23 03:10

今回の事案、安田弁護士をはじめとする弁護団がトンチキな弁論をしなければ、無期懲役も有り得たんだろうなとは思います。
(つーか、墓穴掘り弁護団のレッテルを、自ら貼り付けたわけだが、今後の仕事大丈夫かw? 素直に懲戒請求受けて、反省してれば、世間の評価も少しは変わっていたかもしれないのにw)

最高裁の差し戻し理由は、ぶっちゃけ「最高裁としては現状では死刑で当然の結論しかだせないから、そこでデッドエンドだけど、係争中にアホな手紙出したり、被害者コケにするような発言したりしたこと、きっちり詫びを入れて、改心できると証明できるなら、高裁でもう一回チャレンジしてみれば?」てな事であったわけですよね? ところがふたを開けてみたらあのとおり。だから高裁の裁判官も、「最高裁の温情もわきまえず、嘘とデタラメばかり並べて、助命嘆願するなら、やっぱ死刑」となったわけですね。

法はその時代の社会秩序を維持するためのものだから、その時代の民意を反映して当然だと思いますよ。判例に逃げるのは裁判官の職責放棄とまでは言いませんが、判例に拘る必要はまったく無いと思います。
ま、過去の判例とか言い出すならそれこそ、モーセの十戒のうち宗教色の濃い4項目を除いた残り6個である『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え』の全てを犯してるんだから、やっぱ全然駄目じゃん、ってな結論にしかならんわけだがw

投稿: | 2008.04.23 03:55

最高裁から差し戻された段階で
死刑判決が出るのはほぼ確定していた話。

投稿: | 2008.04.23 04:38

まあ、個人的にはどっちでもいいんですが、気になるのは

>私憤と公憤を混同してしまって聞くに絶えない


自分が感情をもって不快感を表明し、

>私はこの事件の経過も判決も関係者や周囲も、その全てに唾だけではなく、あらゆる排泄物を吐きかけたくなります。

とまで言っているにもかかわらず。、

マスメディアや橋下元弁護士が「感情論で無責任な言動をし、世間を駆り立てた」のはおかしいと言っているその矛盾点くらいですね。

投稿:   | 2008.04.23 06:12

>私憤と公憤を混同してしまって聞くに絶えない

裁判官がその様な私憤と公憤を表明したのならともかく
被害者の遺族がその様な感情を持って表明することの
何が問題なのですかね?

>私はこの事件の経過も判決も関係者や周囲も、その全てに唾だけではなく、あらゆる排泄物を吐きかけたくなります。

もちろんその唾や排泄物はあなた自分にも降りかかってくるんですよね

投稿:   | 2008.04.23 08:58

>死刑判決

今回の事件が法律に照らし合わせて、厳密に解釈して死刑に値するか否かはわからない。
心情的には「死刑当然」って考えですがね。

ただし、被害者遺族としての本村氏の行動は理解できるし、賛同できる。

彼は「被告の寿命を物理的手段で短縮させる事」を目的として、一貫した行動を取り続けた訳だが、法を逸脱した行動があったわけではない。

被告側弁護団は法廷戦術で死刑回避を法の範囲内で行なった。
本村氏は法廷外戦略を用いて、死刑判決が出るように法の範囲内で行動した。
単純に本村氏の作戦勝ちだった訳だ。
「綺羅星のような弁護士軍団」の法廷戦術よりも、「憎悪を煮詰めた復讐鬼」の法廷外戦略の方が勝っていた。
ただ、それだけのことでしょう。

投稿: 所長 | 2008.04.23 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光市母子殺人事件:

» ◆イラク派遣・違憲/判決要旨や各種声明など/裁判長のこと [てらまち・ねっと]
 一昨日の自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の控訴審判決、全国に衝撃が走った。  政府は、裁判所のいったこと、と知らないふり。  「典型的な蛇足判決。裁判所による重大な越権行為。裁判官が個人的心情を述べているだけ」(=井上薫弁護士)  当初から加わっているものの具体的には何もしてこなかったので、ここでは私の経験として裁判長に関することにふれる。  控訴審は、「青山邦夫裁判長」(一昨日は、異動のため高田健一裁判長代読)。  この青山邦夫裁判長は、岐阜地裁で私が本人訴訟でいろんな行政を始めたころの民事2部... [続きを読む]

受信: 2008.04.22 14:38

« 正しいゲロの捨て方 | トップページ | 荒唐無稽 »