« あそこは人が住む町なのか? | トップページ | 地頭力(ぢあたまりょく) »

2008.04.03

避難路確保の要諦

 今日からしばらくまたブログの構成を完全版に戻します

※ 首都直下地震、帰宅者で道路は満員電車なみ…政府が試算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000130-mai-soci
http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY200804020298.html

  毎日10キロ前後を歩いている人間に言わせると、都心から山の手線接続の郊外に歩いて帰ること自体は、通勤者の体力をもつてすれば全然どうってことありません。だいたい、直線で走る電車の20分距離の徒歩に2時間掛かると思えばいい。横須賀線みたいに、駅間距離は長い、長いからスピードが出せるという路線はちょっと別ですが。
 とすると、東京駅から溝の口のわが家まで、掛かって4時間ですよね(とは言え、多摩川に掛かる、人が歩ける橋は、確か小田急線路まで5本か6本しかないと思うと憂鬱だったりする)。
 問題は、まさに帰宅難民渋滞と、余震が続くだろうから、真上から降ってくるガラスの雨ですよね。それを考えると、ビジネス街では、延焼火災なんて早々起こるものじゃないから、会社に留まった方が無難ですよね。
 問題は子供たちを抱える共稼ぎな皆さんで、平素から、こういう時にはこう行動しなさい、という言い聞かせをしておくことですよね。

 あと気を付けなければならないのは、大地震の後だとどうしても大規模停電するでしょう。都会の人間は真の闇を知らないから、夜動かないことですよね。その帰宅が暗くなる時間帯にちょっとでも掛かる可能性があったら、会社や出先で一夜を過ごす覚悟をしないと。満月の月明かりの下だって、都会人の想像を絶する暗さですから。怪我したり、襲われたりするのがおちです。
 もう一つは、どこでもそうだけど、一端火が出たら、まず延焼を食い止められないだろう地帯は、必ずあちこちにある。ガラスの雨を避け、延焼地帯を避けて自宅にたどり着くルートを普段から探しておくことです。

 でも、実を言うと、リーマンやOLの皆さんはまだましなんですよね。普段外に出慣れているから。一番困るのは、たまにしか都会に出ない私ら自宅警備員。アキバから徒歩で帰還するルートを知っているか? と問われると困る。なんとか皇居まで出て、青山通りはガラスの雨が恐いから、新宿御苑方向へ出て、さてそこからどう渋谷方向へクリアしましょうか。京王線伝いに西へ出ようとしても、この辺りは延焼地帯が結構出そうですよね。どこかで代々木公園へ出られると良いけれど。

※ 夕張市長SOS「再建計画、実行ムリ」
http://www.asahi.com/politics/update/0402/TKY200804020288.html

>「353億円を18年間で返済するという計画通りの実行は極めて困難」と表明した。

 そりゃ無理でしょう。人口は減る。年寄りしか残らない中で、借金返済なんて出来るわけもない。でも夕張が置かれた状況って、これから地方全部で起こることなんですよね。だって人口が減り続けるということは、縮小していくパイを商店街で奪い合うことと同義ですよ。
 だったら、これから長い人生を送る客は、馴染みのアーケードを捨てて、郊外のショッピングセンターに行くに決まっているじゃないですか。少子化は結局の所、東京の一人勝ちを後押しして、地方の絶望状況を加速させるだけなんです。

※ 携帯電話「越境」誤作動、国内通話が国際電話 対馬
http://www.asahi.com/life/update/0402/SEB200804020002.html

>対馬北部から韓国・釜山までは約50キロ。九州本土より韓国の方が近い。総務省移動通信課によると、韓国側には強い電波を発する基地局がある。<

 これは結構凄いことですよね。というのは、当然38度線でも、あるいは中朝国境でも類似の現象が起こる可能性がある。つまり北朝鮮公民は、携帯を入手してその辺りまで接近すれば、外の世界と連絡が出来るかも知れない、ということですよね。

※ 橋本・前高知県知事、高知1区から出馬へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000075-yom-pol

 マスゴミってのは罪作りですよね。知事としてただその椅子にしがみつくだけで何一つ実績を遺せなかったこんな無能な人間を、「改革派知事」として煽て上げてその気にさせてしまうんだから。高知県はそんなに人材不足なのか?

※ キッザニア東京 バイトが女児の体さわる
http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY200804020303.html

  日本はまだ鈍感なんですよね。アメリカ辺りだと、この辺りの雇用は性悪説前提で動いていますから、しかもゲイのロリペドもいたりして、死角を無くしたり、ツーマン・ルールを徹底して、見張っているよ、ということを従業員にアピールするようになっているんですよね。

※ 十管に最新鋭ヘリ配備
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00121701_20080402.shtml

>1機およそ19億円で全長およそ17メートル、

  URLがいつまで残っているか解らないけれど、記録として残しておこう。いや自衛隊が装備するヘリのお値段を考えればどうってことないんだけど、海保さん、たかがヘリ一機にこんな金を使って大丈夫なんだろうか。

※ 「ダライ・ラマは親ナチ」 中国大使館員が米議会工作
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080403/amr0804030951003-n1.htm

 その内、ヒットラーと肩を並べるダライ・ラマ、とか、ナチの制服に身を包むダライ・ラマとかのアイコラ写真が出てくるに70カノッサ。てそん時、この人は何歳だったの?

※ <フジテレビ>江原さん出演番組「非科学的」と誤り認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000013-mai-soci

 問題の本質が解ってないような気がするけどなぁ。そもそもスピリチュアル・カウンセリング、という概念自体が全く持って非科学的非文明的なのに、そんなものをテレビに出し続けていること自体が問題なんでしょうに。

※ 前日の空虚重量 76.3キロ

 下痢が続いているのでこんなものだろうか。ミニマム・コースで7キロの徒歩をこなす。

※ メルマガおまけ untitled

|

« あそこは人が住む町なのか? | トップページ | 地頭力(ぢあたまりょく) »

コメント

>携帯
http://nna.jp/free/mujin/focus/focus245.html
南は兎も角、中国からの携帯はじゃじゃ漏れだったはず、妨害電波ってかいてあるけど。
>ナチ
7年間チベットでという映画もありましたね〜ナチじゃないけど、この大使館員はこの映画を見てないのじゃ無かろうか。
>歩行者の渋滞
電車が如何に効率よく人を運んでいるか?ということか
逆にこの歩行者の群を掻き分けようにも、都心には物資も重機も運び込めないと。

投稿: pongchang | 2008.04.03 10:55

>※ 夕張市長SOS「再建計画、実行ムリ」

当然、次は大阪府知事が同じことを言うんだろうなあ・・・・


大阪府が夕張化するのは間違いない事と予測されるけど、その場合の経済的影響や治安への影響ってどうなのかな?(良い影響が無いのは当然だけどさ)

関東圏にまで大きな影響があると心配なんだが・・・
リストラされた「使えない元府職員」が、職を求めて大挙して関東圏に流入ってな事態になると嫌だな。

その点、夕張市ならまだまし。
人口そのものが少ないし、爺さん婆さんが大挙流入しても、治安悪化に繋がる要素は低いもんなあ。

やっぱ大阪が破綻したら「関所」を復活させるか?

投稿: 所長 | 2008.04.03 10:56

単に歩いているだけでは脂肪は燃えません。やや早足でいけば、数日もするとすぐ様子がかわりますよ。

投稿: | 2008.04.03 10:57

>てそん時、この人は何歳だったの?
ダライ・マラにこの質問は無意味です。だって、永遠に転生しつづけてるわけですから、歳なんて関係ありません!!

投稿: | 2008.04.03 11:10

道は地震に弱いです。一瞬でガッタンガッタンになります。ガス管が破れてあちこちでガスが漏れます。民家が崩れて瓦礫が道をふさぎます。陸橋が落ちます。高架も落ちて敷石が道路にぶちまけられます。通れないルートが山ほど出ます。震災地の端っこのほうでこれでした。

この状態で満員電車状態だと、健脚の人でもまず歩くのは無理だと思います。オフィスビルが無事ならそこでお泊まりというのがよい選択なのでしょうね。通勤時間が長い方はご自宅が気になって大変だと思います。

投稿: Lee | 2008.04.03 11:52

>チベット
先生、チベット関連で、おもしろい映像が出ているサイトがありました。

http://buddhism.kalachakranet.org/chinese-orchestrating-riots-tibet.htm

>大地震
首都圏にお勤めで、震災時、歩いて自宅に帰る場合、道路の問題等も考えると、靴が意外とネックになると思います。
現実問題として、ある程度しっかりしているオフィスビルに会社がある場合、下手に動くより、会社で1日もしくは2日過ごした方が無難だと思います。

投稿: Feri | 2008.04.03 12:55

>>ダライ・ラマ14世

公式には1935年7月6日にチベット北部のアムドのタクツェルの小さな農家に9人目の子供[1]として生まれたとなっております。
三歳の時に1933年に57歳で亡くなったダライ・ラマ13世の転生と認められ後継者となったそうです。
アドルフ・ヒトラーがドイツの首相になったのが1933年ですから双方の面識があったかどうかは疑わしいでしょうね。
チベットとヒトラーとの関係となると学研のムーとか
で飛鳥昭雄が書いているアガルタやシャンバラがらみのオカルト方面のヨタ話でしょう。
中国がそこまで電波だったとはw
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha200.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha812.html
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31497079

投稿: 333 | 2008.04.03 13:09

> 満月の月明かりの下だって、都会人の想像を絶する暗さですから。

揚げ足取りで恐縮なんですが、満月の夜は明るいですよ。月明かりに射す影がはっきりわかるくらいに。 これが雨や曇りの夜の暗さとなると「鼻をつままれてもわからない」ほどですが。

投稿: H@tokara | 2008.04.03 13:39

>>揚げ足取りで恐縮なんですが、満月の夜は明るいですよ。月明かりに射す影がはっきりわかるくらいに。

田舎の田んぼのあぜ道の上ならそうなんだけど、でも
月明かりに射す山の陰になると結局暗くなってしまいます。都会なんてビルがいっぱいですから暗い谷間にいる
ようなことになります。向こうに満月が見えてもこっちは
そのおかげでビルの陰。

投稿: 333 | 2008.04.03 14:07

>震災時帰宅

土門三佐が「合衆国シリーズ」で「太平洋を泳いで帰る」と仰られたように、危険だ。渋滞だ。と言ったって「お父さん」に会社待機は無理でしょう。

会社ビルに待機した方が良いってのは、理屈じゃ判るけど・・・・・
子供と嫁さんの無事を確認するまでは、インパール以上の「死の行軍」となっても「お父さん」は家路に着くでしょうね。
(自分の危険<家族の危険でしか考えられない)

私も一応、サバイバルキットの「アーク」を家に4箱、会社に2箱、車に1箱積んでいますが・・・・
ヘルメット+安全靴+作業着に着替えて、我が家を目指すよなあ・・・・・

結局、「通信インフラの確保」が一番だと思う。
みんなが家族の安否が確認できる訳で、それさえ確認できれば、おとなしく「明日帰れ」命令に従うと思うのだけど。

投稿: 所長 | 2008.04.03 14:41

>道は地震に弱いです。

中越地震の被災者で、かつ建設業者です。
まったくその通りで、道路被害や建物の倒壊を
考慮した想定でないと意味は無いと思います。
手元にある被災状況の資料では、市町村道と高速道路を除く
国・県道の通行止め箇所は241カ所でした。

投稿: | 2008.04.03 14:44

>241カ所

資料名を入れ忘れました。
社団法人日本道路建設業協会が平成19年に作成した
「大規模地震を想定した道路被災予測と復旧対策(概要版)」
です。

投稿: | 2008.04.03 15:07

震災の際に会社で待機ということは、当然その間も仕事はするわけですね?jk!
ナニ、電気が通ってなくても仕事は探してでもするものですよw

> 「使えない元府職員」が、職を求めて大挙して関東圏に流入

その使えない元職員にぶら下がって食っていた使えない業者や社員も大挙して流入するので安心です。

投稿: | 2008.04.03 16:11

ハインリッヒ・ハラーがSS隊員だったことは有名だと思っていたんですが、、、、

http://en.wikipedia.org/wiki/Heinrich_Harrer

投稿: 今回は奈々氏 | 2008.04.03 16:14

>ナニ、電気が通ってなくても仕事は探してでもするものですよw

手書きの見積書と注文書を持って、客先を回れと!

まあねえ・・・間違いなく機械も壊れているだろうから、値引き無しで受注出来るんだろうけど。

いやだなあ・・・やる気が出ちゃうよw

投稿: 所長 | 2008.04.03 16:29

>やっぱ大阪が破綻したら「関所」を復活させるか?

関所を作るなら、関ヶ原付近につくってもらわないと・・・
JR東海は名古屋より西はリニアを作るつもりはないんだろうなあ・・・

投稿: はこね | 2008.04.03 16:39

維新以来、東海は西にひどい目にあってるからね。

東海を代表する某T社が大阪のグループ企業D社にキビシイのもその報復か?

投稿: | 2008.04.03 16:42

>京王線伝いに西へ出ようとしても、この辺りは延焼地帯が結構出そうですよね。どこかで代々木公園へ出られると良いけれど。
甲州街道は、ダメでしょうね。
環八から外へ出ると火除け地になりそうな畑が結構ありますので、幹線道路をはずせば移動はできそうです。
大石先生は近郊農業の土地はないほうがよいというお考えですが、私は防災などの場合も役に立つと思います。

投稿: あんぶっしゅ | 2008.04.03 17:27

>ナニ、電気が通ってなくても仕事は探してでもするものですよw

せんせい!ぼくのしごとはでんきがきてないとなにもできません!

まぁそれ以前にそれだけの大地震が来て、甚大な被害が出ているにも拘らず
「あ?てめーの家族?んなもんどーでもいいんだよ。仕事しろよボケが」
という企業は色々な面で終わってると思うわけですがね。
で、IT業界は恐らくそんな会社ばかりだと思われるわけで、、、何でこんなに経営者に希望をもてないんだこの業界orz

欧米なら企業も率先して復興作業を社員に指示したりするのだろうか?
それとも超実力主義だから上のような終わり具合が当たり前なのだろうか?
地震が来たときは色々な意味で日本人と日本企業の品格や倫理観を問われる事になりそうです。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.03 17:58

夕張市の借金の問題は、採算の取れないレジャー施設の運営を市が抱え込んでいたから、という事も大きいのではないでしょうか。

レジャー施設というのか遊園地みたいなものがありましたよね、ああいうものに市が責任を持っていた(のだと思いますが)のが問題なのでしょう。

市にお金の使い方がわかる人間があんまりいなかったのでしょうかね。

東京に人口が集中してしまって地方が衰退してしまうのも日本社会には都市設計などの基本が理解できる人間の発言権が弱いから、ということなのでしょうかね。

先進国ならアメリカにしてもどの国でも、ひとつの都市に人口が集中して、その他の都市がどうしようもなく衰退や疲弊するということはあまりないと思います。


投稿: まえやま | 2008.04.03 18:48

人類の歴史始まって以来、2008年は世界人口の半分が都市に住むことになる非常に象徴的な年

2007年の世界の人口の状態
http://www.unfpa.org/swp/2007/english/introduction.html

投稿: | 2008.04.03 20:08

そもそも破綻の原因を作った、超A級戦犯の元市長に対する
地元の評価は、現在どうなんでしょう?

投稿: | 2008.04.03 21:14

社会人になってから過去に二度帰宅難民(困難)になった事ありますねw
家から会社まで歩いて12分掛からないんですが、現場から会社に帰るまでが大変でした
一度目は東海豪雨の時
低い地形が水没してしまって、交差点が機能してませんでした
近所の名鉄戦の踏み切りは集中豪雨の警報で電車が止まって、遮断機が下りっぱなしになりました
東海道本線も寸断され、帰宅難民が堤防沿いをトボトボと三河方面に歩いていく光景は鮮烈に覚えて居ますね
二度目は一昨年くらい前のクリスマス前かな
夕方のラッシュ時に大雪が降り始め、交通量の多い有料道路が通行止めになり、幹線道路に交通量が集中
脇道も大型車両が強引に入って来たために、各地で渋滞
現場から会社までわずか10キロの距離を五時間掛けて車で帰った覚えがありますw
車置いて歩いて帰れば良かったんですが、翌日が休みだったのでどうしても車を持って帰りたかったんですよねw

投稿: SEED | 2008.04.03 21:48

 その当時、従弟の部隊が付近でボート漕いで逃げ遅れた人を救出したり、消毒薬撒いていたはずでち。


>土門三佐が「合衆国シリーズ」で「太平洋を泳いで帰る」と仰られたように、危険だ。

 勝海舟みたいなことを……(勝は、咸臨丸上で気に入らないことがある度に、太平洋のど真ん中で「バッテラを降ろせ。俺は江戸にけえる!」と駄々こねたらしい)
 まずアーバンサバイバルの基本としては、勤務先に数日分の食料と水(乾パン・副食のプルトップ缶とミネラルウォーターのペットボトルで十分。味さえ我慢すれば、MREが理想的だが、入手は困難。)、それから火や水に強い服(作業服とかラガシャツがいい。雨具も必要)、それからトレッキングシューズのような長距離を歩ける靴を準備しておくことですな(アウトドア用品は、大体そのままサバイバルに使える。登山用品の専門店に行くべし)。それから、勤務先と帰宅経路上の避難場所も確認が必要。都心では、皇居前広場とか。ラジオと人力携帯電話充電装置もあるといい。携帯の171は、唯一の安否確認手段となる。普段から練習しておくべき。

投稿: 土門見人 | 2008.04.03 22:38

夕張財政破綻の原因は「無駄な歳出があった」こと以上に、「税収が激減した、税金を払う人間がいなくなった」ことに尽きるのでは。
『バカなワンマン市長が放漫運営で市の財政破綻させた』なんてステロタイプな見方をすべきではない。

炭鉱があったからこそ存在しえた町。炭鉱が町のインフラを全て整えて、一時は12万もの人口を数えた企業城下町。…そんな町から炭鉱が一つ残らず消えたらどうなります?

高度経済成長期には既に「石炭産業に未来はない」のは明白だった。だから座して死ぬより、生き延びるために「観光とメロンと映画祭のまち」に変わろうとして、実際変わることができた(が、膨れ上がった借金で自転車操業の果てに、ついにアウト)。
ジリ貧恐れて積極策に出て結局ドカ貧に、と言えばそうですが、積極策に出たこと自体を全否定するのはどうかと。

…この問題に関してググってたら『夕張市の人口を1万倍すると日本の人口、夕張市の負債を1万倍すると政府の借金額』ってフレーズが。
もう誰が見たって夕張は借金返せそうにありません。では、日本は?

投稿: | 2008.04.03 23:01

>首都直下地震
 東京にいた頃は職場も住処も総武線沿線でしたから、総武線に沿っていけばよかったですね。でもまぁ、帰るより職場にいた方が断然安全ですか。ってか、帰してもらえないと思います。それに帰してもらっても、酒瓶と積んだプラモ等々が渾然一体となった部屋が待ってるだけですから(笑

投稿: 名無し二等空士 | 2008.04.04 00:28

>この大使館員はこの映画を見てないのじゃ無かろうか。

むしろ逆かと。見たから思いついたのだろう。映画見ていないのは貴方じゃないかな?主人公ハラーがナチスドイツの親衛隊員であることは映画でも強調されてるが?
この映画が大金かけたのに黙殺に近い扱いされているのは公開時期近くにマスコミにハラーが親衛隊員だったことが報道され
抗議によって映画に親衛隊員であることを強調するシーンを追加撮影して公開された。
でもナチの親衛隊員が主人公の映画がユダヤの強いハリウッドで歓迎されるわけもなく現在の日陰もの扱いになっている。
このスタッフ・キャストで中国の暴虐も描いているからこの程度で済んでる。これがもうちょっとマイナーな連中の映画だとお蔵入りだったろう。

投稿: | 2008.04.04 07:45

普通の作業着は速乾性を高めるため化繊混紡なのでよく燃えるぞ。
自衛隊基準で考えるな。

投稿: | 2008.04.04 09:09

>これは結構凄いことですよね。

そうですかね?北朝鮮で携帯持てるような階層は別に携帯無くても普通に海外情報くらい把握しているでしょう。
だいたいそのサービスは対応する携帯が無いと(ドコモなら905iとか)じゃないと使えませんしね。

投稿: | 2008.04.04 10:11

>ダライ・ラマ14世がナチスと深いかかわりを持ち、ヒトラーの友人と親交があった

親交って親衛隊員だったハインリッヒ・ハラーのことでしょうね。
映画セブン・イヤーズ・イン・チベットでブラッド・ピットが演じたのがハラー。

投稿: | 2008.04.04 10:57

>>もう誰が見たって夕張は借金返せそうにありません。では、日本は?

伝説の必殺技!伝家の宝刀!禁断の秘技!
徳政令あるいは踏み倒しがありますがなw
鎌倉幕府の御家人の借金も、徳川時代の大名、旗本の借金も
大日本帝国の債券や軍票もw、たしか薩摩藩の借金は商人を
脅して無利子で250年の分割払い、つまりは2085年までに及ぶ分割払いの話だったが明治維新で無効宣言w
全部ウヤムヤw
お国の借金ってのは、わが国の歴史上一度でも完済したこと
ありましたっけ?
わが国の為政者のお家芸、それは「借金踏み倒し」

投稿: m | 2008.04.05 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難路確保の要諦:

« あそこは人が住む町なのか? | トップページ | 地頭力(ぢあたまりょく) »