« 荒唐無稽 | トップページ | 汚れた聖火 »

2008.04.24

新刊告知

 新刊告知、「北方領土奪還作戦3

20080424
 アマゾンコムにまだ表紙写真は無いけれど、すでにリンクは貼ったので、ブログの左欄から購入出来ます。
 首都圏の書店では、早いところでは、昨日入手できたというお話しです。全国的には、明日間に合うかな、という感じでしょう。

 いよいよロシア軍の反撃が始まります! もう戦爆連合部隊では歯が立たないと諦めて、ブラックジャック爆撃機の少数精鋭で千歳への攻撃を敢行します。一方サハリンでは、逃げまどうイーグル・ドライバー二人の救出にあの人が!

 それで無料版のメルマガに、新刊のリンクをフッターとして付け加えたかったのですが……。ただメルマは、アマゾンのアソシエイトに参加していないので、リンクを見よう見まねで作ってみたんですよ。
 そのリンクで本は表示されるんですけれど、これがアソシエイトとして反映されるのかどうか半信半疑だったものから、アマゾンコムのサポートにメールしたら、「うちはメルマガ用のテキストリンクは持っていない」とかいう変な返事が来たんですよ。じゃあ「まぐまぐ」のは何なの? と返信したら、再度、「メルマガ用のアソシエイト・プログラムはありません」とか言ってくる。どうなっているんだか状態。だからこの問題が解決するまで、アマゾンコムで購入なさる方は、ブログ横のリンクから入って貰えると助かります。

※ CNN人気キャスター覚せい剤所持で逮捕
http://www.varietyjapan.com/news/showbiz/2k1u7d000000u9ak.html

>リチャード・クエスト

 おいおい!(~_~;)、このおっさん、パリとFarnboroughに必ずやって来て、あのダミ声で喚きまくって不興をかっていたあのリチャードじゃないか。残念だなぁ、あのダミ声、もう聞けないのかぁ。結構売れっ子で、今は看板番組を持っていたんですよね。ストレスが溜まったんだろうなぁ。

 てか「性_器と首をロープで結び、性_具をブーツにしのばせていた」これはぜひイラストでの説明が欲しい所だ。別にナニと首を結んでいたというのじゃないだろうけど(~_~;)。

※ 「100%大丈夫」「念のため撤去」…米産牛、広がる波紋
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080424-OYT1T00127.htm

 これ、アメリカでは、「偶にある」と冷めた反応なのですが、ここまで来ると
日米の文化の違いですよね。ゼロでなければ気が済まない国民性と、そんなの追求したらコスト的に引き合わんでしょうが……、という国民性の違い。

※ 英俳優ユアン・マクレガー、「がん性ほくろ」の除去を告白
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-31457320080423

 先日もN特で皮膚癌の特集をしてましたけれど、これ黒人が北国に行っても、ビタミン不足で駄目なんだそうですね。それ考えると、日本人の肌は良く出来ている。ハッ(゚ ゚) 世界を征服するのは大和民族かも!(~_~;)、とかぬか喜びしていたら、その十倍の漢民族にあっと言う間に踏み潰されマスタぁとか。

※ 中国兵器、荷下ろしできす「漂流」 ジンバブエ向け輸出
http://www.asahi.com/international/update/0423/TKY200804230287.html
※ 青ジャージー隊やっぱり来る 長野聖火リレーに100人
http://www.asahi.com/national/update/0423/TKY200804230272.html
※ 「休みたいならやめればいい」急成長の日本電産社長
http://www.asahi.com/business/update/0423/OSK200804230044.html
※ オヤジ3業界“スモー苦”神奈川・禁煙条例案に猛反発
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008042320_all.html
※ 村上ファンド残党、学研社長に解任要求へ…総会で提案
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008042309_all.html
※ 公取委がJASRACに立ち入り検査、私的独占の疑いで
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080423-OYT1T00390.htm?from=main1

※ 昨日、 @nifty 宛に送ったメール。

 ココログのサポートでは埒が明かないので、その他の窓口に送りつけた。

【 前略、ココログの機能不全、もしくは機能不備に関するやりとりを、御社サポートと二週間ほど繰り広げておりますが、サポート側は、私の問題認識と質問を徹底的に無視し、テンプレートの返信を繰り返し送って来るばかりで些かうんざりしています。

  パソコン通信時代からの、十数年の御社との長いお付き合いの中で、いろんな不具合に関して、バグを認めなかったり、「仕様だ」と言い逃れてみたりと、不愉快な経験は山ほどして来ましたが、今回ほどふざけた対応が繰り返されるのは初めてです。問題解決に対する真摯な姿勢を微塵も感じられない。

 ココログのタイマー機能を使った予約機能に関して、以前から、設定通りの時間に更新されない、という問題がありました。
 これは、ココログ・サポートとのやりとりの中で、1分刻みでタイマーを設定する仕組みなのに、実際は15分置きでしか更新作業は行われません、というびっくりするような仕様の説明で、いったんは解決しました。これ自体、極めてお粗末な仕様で、速やかな改善を求めたいのですが、何年待っても一向に手が付けられる気配はありません。

 そして今回、ただでさえ、タイマーが不正確で、更新時刻がずれる傾向が酷くなっていることに関して、サポートにメールしました。
 以前は、その15分刻みの中で、せいぜい2分半程度の遅れだったものが、今や3分半の遅れが常態化しています。つまり10時ジャストに更新されるよう設定したのに、10時3分30秒にならないと記事が更新されないのです。私のブログのように、年間365日定時の更新を宣言し、日毎1万ヒットを越えるようなブログにとって、時間厳守は生命線です。

 症状が日を追う毎に悪化していることに関して、御社はどのように考えるのか? という質問をサポート宛に送ったのですが、これまで返ってきたメールのただ一通とて、この件に触れていません。私が何度、「尋ねているのは、遅延の悪化に関してです」と繰り返しても、見事に黙殺されるだけです。

 どうか、責任ある部署の人間から、責任のある返事を私に下さい! もう二週間こんな不毛なやりとりを繰り広げて疲れ果てました。顧客の質問を無視してテンプレートの返信集から答えをコピー&ペーストして遣すという行為は、顧客の神経を逆撫でするのみ成らず、結局は業務コストを押し上げるのだ、という基本的な認識をいい加減に持って下さい。】

 今度という今度は頭に来た。だって、状況が悪化していることをどう認識するんだ? 私が聞きたいのはそれなんだ! というメールを繰り返し繰り返し送っているのに、それは一切無視して、延々とテンプレ返信を遣す。

※ 前日の空虚重量 75.9キロ

 多忙につき散歩できず。もうこうなったら運動抜きで体重がどう変化するか様子見てやろう。

※ メルマガ有料版おまけ キラウエアからの脱出

|

« 荒唐無稽 | トップページ | 汚れた聖火 »

コメント

>米産牛、広がる波紋

広がらないだろうなー。
なんたって、実際に被害者が出た中国毒入りギョウザなのに、おっかなびっくり、批判・非難報道できなかった日本マスコミだもん。

危険があるかもしれない(ないかもしれない)アメリカ産を騒いだら、ダブルスタンダードの見本になってしまう。

困った、こまった。前回の大騒ぎはなんだったんでしょう。

仕返ししない民主主義国家アメリカには、文句言いたい放題だけど、オリンピック取材拒否や支局撤去の仕返し即実行の独裁国家には、カラッキシ弱い日本マスコミさん、どうしよう?

投稿: MI-6 | 2008.04.24 10:15

そろそろBSEマンガン原因説に目が向けられてもいいと思う今日このごろ。

ところで
[村上ファンド残党、学研社長に解任要求]
ZAKZAK の記事によると

>(3)遠藤氏が社長に就任した1998年3月期以降、累積当期純損益は538億円の赤字(08年3月期は予想値使用)(4)この間、純資産は902億円から330億円まで目減りした

このペースだとあと6年もすれば債務超過ですよね。社長解任要求は株主として当然の要求ではないでしょうか?

出版業界としては不況による自然消滅を望んでいるのかもしれませんが、一社くらいファンド主導でドラスティックな改革に着手してもいいのではないでしょうか。

投稿: とおりすがりん | 2008.04.24 10:36

ココログサポートの肩を持つ気は毛頭無いが、なんで遅れるのか原因がさっぱりつかめていない、原因がわかっても改善しないもしくはできない、のどちらかではないか。
そして正直にユーザーに告白できないので、ひたすらコピペ回答を繰り返してユーザーが根負けするのを待っている。
もしくは、連休中にこっそりなにかやるかもしれないな。

投稿: | 2008.04.24 10:42

新刊、左脇からアマゾンへ飛んで予約をしました。

昨日23日が発売日なのに、いまだに予約しかできず発送日は商品入荷次第追ってメールで知らせてくれるとかで、配送予定日すら明示できない状況のようです。

ゴールデンウィーク中に読めると良いのだけれど、どうなることやら・・・。

投稿: | 2008.04.24 10:43

なんでわざわざココログにこだわってブログをやってらっしゃるのですか?
他に操作しやすいブログに移ったらいいのに。

投稿: | 2008.04.24 10:59

>こういう経営者には何と言えば良いんだろう。
エヴァのシンジ君がレイを助けた時みたいに満面に笑みを浮かべながら、こう言えば良いと思います。

「死ねば良いと思うよ」

件の会社は検索すると過労死当たり前、給与は他の会社の平均と比べると低いという「何で君らそんなところで働いてるの?」という状態らしいです。
基準局は早くしょっ引きに行けば良いのに。

>更新遅延の件
仕組みについては以前ちょっと考察した記憶があるので、対応についてだけ。
こういう多数のユーザがいるサービスでは一人一人の会員には中々内情も含めた上での説明は出来ないと思いますので毎度テンプレが帰ってくるのは仕方ない部分もあります。
で、以前考察したとおりの理由で更新が遅延しているのであれば、対応は難しいでしょうね。
直すにはかなりゴッソリ仕様を変えないといけませんから。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.24 12:49

アメリカも輸入品に関しては、シビアだよ。

投稿: | 2008.04.24 12:50

> こういう経営者には何と言えば良いんだろう。

ああ、この人に勤務の事言っても無駄ですよ。この人が休まない。
会社に365日24時間へばりついて働きづめ。

投稿: たつや | 2008.04.24 13:25

>こういう経営者にはどう言えばいいんだろう
空前の成長は、かつてのライブドアや最近のBAEのように買収での規模拡大の効果か、あるいは奴隷労働のせいか?
それでも技術者が流入してくるのは、ダンピングで同業他社を圧迫しているせい?

投稿: yossi | 2008.04.24 14:58

投稿 | 2008.04.24 10:43 様

アマゾンで注文したら確認メールに以下の文言が・・・。
「これらの商品の発送可能時期: 2008/5/16 - 2008/5/30」
ということで、連休中の読破は無理なようです。

投稿: MURA | 2008.04.24 15:33

> こういう経営者には何と言えば良いんだろう。

本田宗一郎さんを思い浮かべるんだが。
高度成長期、あそこの技術者も休まず働いていたが
彼らは不幸だったのだろうか。

しかも死ぬまで働けとは言っていない。
「やめればいい」と。
優しいじゃないか。

投稿: | 2008.04.24 16:02

辞めてから死ねってことですね? わかります。

投稿: | 2008.04.24 16:09

>「死ねば良いと思うよ」by偏頭痛持ち技術者様

言ってない、言ってない

まあ、私の様なちゃんちゃん零細企業からは、想像も着かない発想ですね。零細企業なんて、人は石垣、人は城を地で行っているものでして、社員一人を一人前に育てるのにドンだけのマンパワーとマンアワーが必要になるか、想像するだけで頭が痛くなってきます。当然その社員に合わせたコミュニケーションも必要です。相手がのんべいだった日にゃ財布と肝臓が破綻しますし、女性だったらいろんな意味で気を使う場面も出てきますし。
でもまあ、結果を出し始めてくれると、嬉しくなって来るのも、子育てと人材育成の醍醐味でせうか?(いや、別に余裕ぶっこいている訳じゃないんですけどね(w)

投稿: 北極28号 | 2008.04.24 16:27

>北極28号様
社員育成の為に相当なリソースを使うのは大企業も同じで、
それを当然知った上で、それでも「つらければやめればいい」発言は
やはり優しい社長さんだなと思う私。
この場では異端ですね。

薄給、激務でも社員が逃げ出さず、むしろ技術者が転職してくる。
会社も成長している。
高めの青写真を披露する所なんかも本田さんに似ている。
やりがいがある職場だと思うんですよ。

薄給でも成長企業なら社員持株で財産の形成は可能で、
さらなるモチベーションになりますしね。

投稿: | 2008.04.24 17:04

>「休みたいならやめればいい」急成長の日本電産社長

ちゃんと法律に従ってやってるんでしょうか?
休日出勤手当ても法律どおりに支払ってるのかな?
そのへんをきっちりやってなければ不当な競争ですよ
やってなければ一種のインチキやダンピングでしかないでしょうね。世間に自慢できたもんじゃありません。少なくとも公正な競争じゃないでしょう。

投稿: 333 | 2008.04.24 17:08

>薄給、激務でも社員が逃げ出さず、むしろ技術者が転職してくる。会社も成長している。

社員が逃げ出さずにどんどん新しい技術者が転職して
来るのならばそもそも人員にかなり余裕が生まれますので十分に休みのローテーションは取れます。
逆に、社員がどんどん辞めていくが、だまされて新人がどんどん入って来るのならば、まずこのようなことが起きます。
慢性的に熟練者が少なくスキルの低い人員で回すため効率が悪く時間がかかる。
スキルの低い人員は若く人件費が少ないので雇用費を
抑制できる。
日本電産の社員の平均年齢 34.7歳だそうですw(やっぱりなw。定着率の悪い会社の見本みたいだ)
↓ 
http://nenshu.info/company/stock6594/

投稿: 333 | 2008.04.24 17:18

>新刊
本日、都内の書店で購入しました。なかなか面白い展開になってきましたね。先生には珍しい「長編」になりそうな予感がします。

投稿: feri | 2008.04.24 18:38

>日本電産

ちょっと二月程、仕事を一緒にする機会があったのですが、
中々大した会社ですよ。
あまり詳しくは書けませんが、ある装置の制御技術には
ちょっと感動しました。

ある事業所しか見ていないので、会社全体を語るのは少し憚られるのですが、
それ程皆を無茶苦茶働かせているわけではなさそうですよ。
(むしろのんびりとした感じです)
この手の大手としても普通くらいだと思いますが。

投稿: とら | 2008.04.24 18:40

"ちなみに、わたしが学生時代にあこがれたのは、一番がヤクザの親分、ニ番目が労働組合の委員長、三番目が社長だった。たとえ数十名であっても、社会の枠からはみ出したアウトローを牛耳るヤクザの親分は人使いの天才、何百人ものワーカーの気持ちを一つにまとめあげることができる労組の委員長は人の心をつかむ名人だと考えたからだ。"
http://www.nidec.co.jp/corporate/top/backno_old/080

ワロタ!

投稿: | 2008.04.24 19:21

今日からHEROESじゃないか。忘れるところだったよ。

投稿: | 2008.04.24 19:37

>「偶にある」と冷めた反応なのですが
ブログの更新も、新刊の発刊も、そんなにスケジュール通りいかなくて当然と冷めて当然ですが。
背骨より、モツの方が怖いですよ。
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/04062101.htm
リグの上にスポッターがいるならピン要らんでしょ。

投稿: pongchang | 2008.04.24 20:14

>逃げまどうイーグル・ドライバー二人の救出にあの人が!

 えっ?すると、瑞穂・ボブロスキー軍曹とか……それとも、パーキンス軍曹か?(ボタスキーでもラッツでもいいか……)

投稿: 土門見人 | 2008.04.24 20:49

投稿: pongchang | 2008.04.24 20:57

>ココログのタイマー機能
9:45ぐらいにセットするんでは駄目なんですか(^_^;)?

投稿: 自A隊は5分前行動が基本 | 2008.04.24 21:20

>日本電産

この会社は1973年創業で、社員の平均年齢が34.7歳で(同業種の平均39.2歳)平均勤続年数8年という構成です。
これを見て感じるのは底の方に沈殿して対流しない
年寄りの層がある反面、上の方の上澄み液のような
若い年代層が目まぐるしく入れ替わってこういう
状況を生んでるんじゃないかなということです。
 人が育たず定着しない典型的なDQN会社と似ていることが危惧されますね。

投稿: p | 2008.04.24 21:21

この手の話でいつも非常に疑問に思うのですが、やりがいがあれば薄給で激務であることを経営者が容認・強要していいんですかね?
労働者がそう思うのは自由ですが、それに経営者が胡坐をかくのは許されるべきじゃないと思うんですが。

「会社が傾いて皆の給料を払えなくなると困るから給料は上げられない。
仕事も死ぬほど忙しい。
だがその分遣り甲斐だけは約束できる。
それでもよければ自分についてきて欲しい」

というなら話は少し別ですけど。
それに遣り甲斐だけで薄給激務が容認されるなら総理大臣なんて無給でもいいはずから。
遣り甲斐満点なんですし。

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.24 21:32

ちくり裏事情、日本電産
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/company/1208991316/

グループ入りした会社の例ですが、出勤日の土、金、月曜日に年休をとる人が多く生産に悪影響をだしている。連チャンは誰でもとりたいが同じ社員がこれを繰り返す傾向にあって経営側はこれを憂えている。グループ全体の一月の出勤率が99%台でこの企業は98%台、社員によっては95%に満たないものもいる。なんだこれ、社員の都合で年休を取れる、取っているということか?オイ、いい会社じゃないか。社員全員休日返上って、有給未消化のこと言ってるんじゃないだろうな。マクドナルドと比較すると天国と地獄。

投稿: | 2008.04.24 22:16

>偏頭痛持ち技術者さん
強要していない。「やめればいい」と。

2ちゃんあたりにあると思うが、
就活などで事前に「ウチは激務だ」と。
社風に合わない人は入社しない方がいいよと
とわざわざ警告してくれている。

投稿: | 2008.04.24 22:44

>強要していない。「やめればいい」と。

それは開き直りでしょう。
激務である事と遣り甲斐しか報酬がないことは直結しませんよ。
経営者が労働者の真摯な労働態度に甘えて労働に正当な対価を払わなくていいとか、労働者の精神肉体的な健康管理を怠っていいというのも直結しません。

楽しい仕事やってる時は確かにそれだけで満足な時もありますよ。
残業代とかイランから自由に仕事させろと思いますし。
でもそれに経営者が胡坐書いて改善努力をしないというのは全く別の話です。

遣り甲斐だけを報酬にしてまともな後発が育ちますか?
人材が残りますか?
アニメーターの世界が嫌と言うほどその答えを見せてくれているのに。
このまま「技術屋は遣り甲斐与えとけば文句言わないし薄給でもいい」みたいな事を続けていれば「海外に脱出する超優秀な人間」と「持っている技術を削り取られて使い捨てられるそれ以外の人間」で二極化しますよ。
というか既にそうなりつつあると言われてますよね?
その上で薄給でも頑張ってもらっている人たちへの感謝の念すら失うならば、倫理の面でも日本は崩壊するでしょう。

こんな偉そうな事を言えるほど自分は技術ないのですけど、それでも頑張っている人間を当然だとか上手く使ってやれだとか、技術ある人ほど報われないのはどうにも納得できません。
技術屋同士ならば「頑張るのは当然」というのもアリですが、経営者が感謝の念すら忘れて労働者にそれを言うのは全く意味が違う筈です。


、、、ヒートしすぎました、すみませんorz

投稿: 偏頭痛持ち技術者 | 2008.04.24 23:27

激務、薄給、やりがいは有る、休みたければ辞めればいい。
なんか、医療崩壊現場を見てるような。

投稿: | 2008.04.25 00:09

>精神肉体的な健康管理を怠っていい
誰もそんな事言っていない。

価値観それぞれだが平均570万円で薄給という程ではないと思う。
http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/6594
改善努力もするってい言っているし。
http://kigyoka.com/kigyoka/public/news/news.jsp?id=530

>遣り甲斐だけを報酬にしてまともな後発が育ちますか?
>人材が残りますか?
彼なりの答えはここに。
http://www.nidec.co.jp/corporate/top/backno_old/backno/backno.html

重要視しているのは人材採用ですよ。
優秀な人材ではなく、会社を世界一にするために
仕事が好きで強い人間が欲しい。
「趣味は仕事」という価値観を共有できる人間に来て欲しいと。

ウチの取引先に日本リーグの女子ハンドボール選手がいるんだが、
もちろん、ハンドボールによる報酬はゼロ。
仕事終わった後、ハードな練習。土日も練習は試合。遠征は手弁当。
「体大事にしてよ」と言うとニッコリ笑って「趣味ですから」。
奇特な?価値観の人もいる。


「ウチは薄給で激務」を公の場で公表するのは社員への「感謝の念」。
感謝の念の無い社長はそういうことを口にしない。

>なんか、医療崩壊現場を見てるような。
崩壊どころか成長中。

投稿: | 2008.04.25 09:13

プロ奴隷という言葉を思い出した。

投稿: | 2008.04.25 09:23

この道は、いつか来た道

> 崩壊どころか成長中。

まあ、今はまだ成長中なんでしょう。
でも本質的に持続不可能...とまでは言わないまでも非常に持続困難なロールモデルであるわけで。

医療もちょっと前までは、高いモラールとモラルのおかげでなんとか回ってましたね。ちょっと前までは。
昔々、高度成長期というのもありましたね...(遠い目)。

投稿: | 2008.04.25 12:20

>激務、薄給、やりがいは有る。
休みたければ、辞めればいい
”死体袋と任務を保証!”
ベックウィズ大佐がヴェトナムでプロジェクト・デルタを立ち上げた際の謳い文句を思い出します(^^,
日本電産でググると、”日本電産 ブラック”とキーワードが出てくるよーで、その筋では有名みたいですね。

>あの人
”オメガ”ことあの人?確か、最後に登場したときは樺太に居たよーな?
今日、帰りに買いに行きます、楽しみ(^^,

投稿: yossi | 2008.04.25 12:22

大石先生
読了しました。いい感じです。
ツポレフ160は48発の巡航ミサイルを全弾発射。で、1発だけ直撃。
住宅街へも多数のミサイルが墜落--P65
というのは破片のことだろうか?
スイマセン読み方が悪いのでしょうが。

投稿: by SYO | 2008.04.26 11:57


http://www.nidec.co.jp/index.html
「What's New」
朝日新聞の記事(2008年4月24日朝刊)について

4月23日の決算発表記者会見において、
弊社社長永守が「休みたいならやめればいい」と発言したかのような記事が掲載されましたが、
そのような事実はなく、誠に遺憾に思っております。

投稿: | 2008.05.01 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新刊告知:

» ■7万年前に絶滅しかけた人類。永遠に失われたエデンの園。 [そこに魂はあるのか?]
20万年前に誕生した我々ホモ・サピエンスは7万年前に2000人まで減少し、絶滅寸 [続きを読む]

受信: 2008.05.01 14:24

« 荒唐無稽 | トップページ | 汚れた聖火 »