« ビネガーシンドローム | トップページ | 種としての本能 »

2008.08.31

地方の国公立大をどうする

※ 「賃金低い、出世しない」 「工学部離れ」で志願者4割減
http://www.j-cast.com/2008/08/30025916.html

 実は今日はもともと地方の国公立大学に関して書く予定でいたんですよ。最近、京大の数学の教授ですか、「別に試験内容を変えたわけでもないのに、半数近い学生が赤点を取るようになった、これはどういうことなんだろう」、というニュースがネット上にあった(さっぱり解らない。京大レベルでどうしてそんなことが起こるんだろう)。
 一方、法科大学院に関するニュース記事で、鹿児島大学や隣の熊本大学の司法試験の合格率が、最下位ランクにあるという一覧表が朝日に載っていた。ちなみに医師国家試験でも、鹿大はいま最下位ランクですね。かつて合格率の最下位ランクにいた、とある北陸の私大とかはどうなったんでしょうね。学生全員が外車でキャンパスにやって来るという大学は。
 鹿大はともかく、熊大なんて、かつては九大に行けない人々が受験していた大学ですよ。それがもう鹿大とどっこいどっこいの辺りにいる。
 もちろん受験生にしてみれば、この大学全入時代(←実は明かな幻想に過ぎないんだけど)に、何も地元の国公立に通わなくても、都会でよりどりみどり選べるとなれば、それは親のすねをかじってでも都会の大学に通いたいでしょう。
 ただ、そんな都会の大学人気なんか無縁なはずの医学部ですら、医師国家試験の合格率とかみると、それは無いだろう、という状況に地方の国公立大学が陥っている。
 他方では、不景気が長引いたせいで、大学進学所ではない世帯も今後拡大するでしょう。
 ことは工学部離れとかいうミクロな状況ではなく、大学所では無い世帯が今後増えてくる。一方で今や国公立の授業料は私学とそう変わるものでなくなった。そんな状況で、何故に私学助成が必要なの? という疑問を私は持たざるを得ない。
 今こそ、私学助成を打ち切って、その打ち切った予算で、国公立の授業料の完全無料化を受験生にアピールし、君たちが三食の飯さえ都合してくれれば、われわれは学研の場を無料で提供します、経済状況に負けずに来てくれ、という国公立本来の役割に回帰して人材を集めるべきだと思う。
 でないと、もう10年も経ったら、単なる滑り止めでしかなかった地方の私大が、そこの歴史ある国立大学の偏差値を追い抜いて、そこが国公立である必要性て何なの? という議論をする羽目になっているような気がするんですよ。
 10年も経ったら、鹿大なんて税金の無駄遣い、鹿児島医科大学に改革して医者専用の専科大学で良いだろう、という話をしているかも知れない。だって教員養成なんて何処でも出来ますからね。医者は根付いて貰うためにも地元で養成するしかない。
 国民の負担という視点のみを持ってすれば、地方の国公立なんて、実は医科専科大学で全然構わないかも知れないんですよね。すでに

※ 伊藤さんの遺体が帰国=空港で両親ら出迎え-アフガン邦人殺害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000063-jij-soci

>「我々が言うタリバンとは、マドラサ(イスラム神学校)でちゃんと教育を受けた、礼儀と道理を身につけた者を言う。しかし、9・11(01年の米同時多発テロ)後、偽タリバンが増えた。彼らは本当のタリバンではない」<

  中村医師の現地での発言に関して、現地じゃああ言うしかないだろう、という見方があって、もちろん、テロとの戦いを宣言するのも、それはそれでどうかと思う。
 問題の一つは、あのポジションでは、他に言いようがないだろう、ということ以前に、実は中村医師が、本心からそう思っているんじゃないのか? つまり、彼はやはりタリバンという存在にある種のシンパシーとは言えないにしても、「理由は解る」くらいのファンタジーをお持ちでは無いのか? という疑問はあるわけですね。
 あの手の山賊集団は、村々にとっても頭痛の種で、しかもそれが宗教を背景に政権を取って、やりたい放題のことをしでかすとなると、それはもう下々の民にとっては、地獄であって、若者をその兵士として差し出すしかなくなるわけでしょう。もちろん、メディアの前でも外国人の前でも本音なんて言えたものじゃない。
 タリバンはタリバンですよ。所詮ははた迷惑な原理主義者に過ぎない。そこは一線を引くべきだと思う。いかにも、タリバンなるものの本質を理解しているようなことを外国人が言うべきだとは思えないし、あそこでは、「われわれはいつか帰ってきます」という程度に留めて、タリバンをのさばらせると、こういうことになるんだよ、と言うことを暗に現地人にアピールするくらいのことはあっても良かったと思う。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 幹部候補の自衛官が警察官をガブリ!?
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080830/crm0808301046002-n1.htm
※ 海自:護衛艦に女性隊員 人員不足で検討
http://mainichi.jp/select/today/news/20080830k0000e040050000c.html
※ 【航空ファン必見】自分が空を飛んでいる感じ…視界良好、海自練習用ヘリ
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080830/trd0808301640013-n1.htm
※ 「助けて」「開けられへん」留守番の3兄弟襲った炎
http://www.asahi.com/national/update/0830/OSK200808300096.html
※ 「英経済、過去60年間で最悪の下降局面」英財務相
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080830/biz0808301850007-n1.htm
※ アリタリア航空、官民あげて救済 伊政府が号令
http://www.asahi.com/business/update/0830/TKY200808300178.html
※ 恋愛とファッショソしか頭にないの?
http://www.j-cast.com/tv/2008/08/30025979.html
※ マクロスF:全CDがトップ5入り チャート席巻、新たなアニソンブーム
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080829mog00m200032000c.html

※ <TBS>アニメ「となりの801ちゃん」制作中止 発表から2週間「諸般の事情」で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000010-maiall-ent
※ 前日の空虚重量68.0キロ

 昨夜CXでID4を放映していましたが、当たった映画なのに、珍しくパート2が作られていないんですよね。そういう話は無いんだろうか。
 ハリウッドが描く核爆弾の被害って、われわれ日本人から見るとアマアマだけど、でもこの映画の中で描かれる核のボタンの重みというのは、そこそこ重いんですよね。ハリウッドは、少なくとも核兵器がただの大きな爆弾ではないことを知っている。
 アラブの核が何故に恐ろしいかというと、彼らは核の威力は知っていても、その恐ろしさに関しては、恐ろしく無知なことですよね。

※ 前略、発言小町様、本日は初めて投稿します。
 わたくしは、47歳になるちょっととうのたった二児の母親です。最近、次男のおもちゃのことで困っております。
 かれこれ数ヶ月前、次男が見ている日曜朝の合体ロボット特撮のオモチャを、爪に火を灯して溜めたアノザマコムのポイントでゲッツいたしました。幸い次男はとても喜んでくれたのですが、ママァ、ゴーオンジャーのオモチャは合体するんだよ、これだけじゃないんだよ? と異な事を申します。何言ってんだ! おんどりゃ。これ以上何が欲しいつんだ! クソガキャ~、しばいたるぞ、とか言うと、つぶらな瞳に涙を溜めて抗議いたします。
 それでわたくし、恥を忍んで丸井のオモチャ売り場に赴き、コソーリと、その合体ロボットのコーナーを観察しました。そしたら、何がなんだかもう、どこがどうくっつくのか、それお前、トップヘビーで倒れるやんけ? というシリーズの合体メカが仰山堆く積み上げられています。つましい暮らしの家計の中から、それでもオレンジ色のキャリゲーターとか称する合体メカをひとつ買ってあげました。でもそれでも、たかが合体ロボットのブーツ分にしかならないと言うではありませんか! 私は打ちのめされました。
 しかも、姑と一緒にデパートに出かけるたびに、その合体ロボが増えていきます。姑は、いかにも皮肉な顔で、えいこさんや、あたしの可愛い孫に好きなオモチャの一つも買ってやれんのかい? とそのたびに申します。もうあたくしは悔しくて悔しくて、いつも泣いております。
 先日やっと、二体が一体に、一体が二体になる恐ろしくセンスの悪い合体ロボットがようやく完成し、これでもう解放されたかと安堵したのですが、ある日曜の朝、家族でその特撮ドラマを見ておりました。仇役の女ボスが登場する度になぜか主人が「いやぁ、若い頃はお世話になって~。でもあの頃からこの人は演技も巧かったし華もあったよね。ちなみに今も入手できる推薦作としては(ry」とか意味不明なことを呟くドラマなのですが、何と手元にない新メカがまた登場してくるではありませんか!? それオーバーキルだろう。いやそもそもその開発体制でそのメカを出すにはもう五年はかかるって。RCSとか避弾経始とかどうなってんだよ~。と思いつつ、次男はワクワク顔で、今度お婆ちゃんにこれ買って貰おうね、とか長男と相談しております。
 このしゃぶり尽くすまでしゃぶる、こんなデザインセンスの無い、しかも発光ダイオードの豆ランプがたった一個点灯するだけのチープなオモチャを毎月のように買わせる玩具メーカーの売らんかな主義に激しく抗議したいと思います。

 ブログに、炎神戦隊ゴーオンジャー 炎神合体シリーズ09 エンジンジャンボエールの写真3枚。20080831_01 20080831_02 20080831_03 これ、3体が合体したところ。次男の力じゃ持てないw

 09だよ!? 9番目の合体メカって意味か? 磐梯、親を舐めとんのか!

※ 有料版おまけ 交渉人 & リップに懸ける青春

|

« ビネガーシンドローム | トップページ | 種としての本能 »

コメント

ペシャワール会自体が米軍から何度も嫌がらせや銃撃を受けているからね。日本人以外の地元の会員には死者も出ているし。ヘリでの嫌がらせはしょちゅうだったようだし。

投稿: | 2008.08.31 10:10

>地方国立大学

法科大学院については、旧試験の頃、鹿児島大学法学部を訪ねたことがありますが、先生が「ここの学生は全然チャレンジしない」と言っておりました。東大生でもホントの現役で受かるのは僅かなので、留年を許す雰囲気や環境がないと情報の少ない地方受験者はなかなか受かりません。新制度になっても、都会の学生の方が情報に恵まれていて有利です。また、予備校の影響や試験テクを排除することが目的だった新試験も、結局のところ、合格者数の上限が決まっている以上は対策は必須で、まさに上に政策あれば下に対策ありを地で行ってます。

国立大学医学部ですが、一番レベルが低いところでも旧帝大以上の偏差値ですし、伝統のあるところなら東大レベルです。なので、元々の資質はちゃんとあります。しかし、大学側で国試対策を全くやらないのと、学生・教員も授業に対する熱意が他学部ほどあるかが疑問に思える。医学部の授業は基本的に全科目必須で、学年配当の科目ならその学年全員が出席していなければならないのに、半分以下の出席率って普通のことです。専門でもこれだから、教養の授業なんて推して知るべし。出席も講義では取らない場合も多く、サボリ倒しての卒業も可能。国試は、基本的に自分自身(実際には学生や先輩達で作る対策委員会などがありますが)で行ってもらう。
一方、私大の授業では必ず出席を取るし、学生も留年すると1千万近くの授業料が新たに必要になるから、結構真剣に勉強します。大学側も、試験対策をすることが次の受験生増加に繋がるので、どこも必死です。危ない学生は容赦なく留年させ、学生を絞ることによって合格率を高めています。患者からしても、尻を叩いてでも勉強させた医者の方が安心ですしね。

投稿: | 2008.08.31 10:58

※ マクロスF:全CDがトップ5入り チャート席巻、新たなアニソンブーム

マクロス7の時も結構チャートを賑わせていた記憶があります。当時はまだ小室全盛期だった事を考えると、F以上の爆発力があったのではないでしょうか。

FでもFBの曲が流れててちょっと嬉しかったりw


※ <TBS>アニメ「となりの801ちゃん」制作中止 発表から2週間「諸般の事情」で

801よりハルヒの2期をさっさと作れという苦情が殺到したとか・・・?

投稿: | 2008.08.31 11:04

>炎神
お疲れ様です。
今朝の予告編ご覧になりましたか?
泣けます・・・。

投稿: 禿鷲 | 2008.08.31 11:18

国立大学

 国立の時代に"公務員削減" 周辺スタッフを教官の分も減らす事でなんとか…。
 独立行政法人になって"人件費抑制" 定年退職の教授のポストは塩漬け、あらゆる分野で欠員かかえたままジリ貧 戦線を縮小しようとしない”文科省”

 工学系ですが、教授1名で研究室所属学生30名超(学部4年生+大学院生) "昭和の小学校ですか"
 よほどやる気のある(積極的)学生でないと2~3ヶ月一度も会わなくても、卒業させちゃわないと、増える一方。 もはや、卒業生の質どころか在校生の質もかまっていられない状況が首都圏含めて公立学校の現状でしょう。

投稿: 海老太郎 | 2008.08.31 11:56

>自衛隊
セクハラに対する意識が低すぎ。
あれだけの大組織のクセに、弩地方の土建屋以下のセクハラに対する意識。信じられん。
日本一の自動車屋が北米で痛い目にあったでしょう?あの日から国内の全組織(会社・団体・役所)のセクハラに対する意識が変わったと思っていましたがね。
「例えトップといえどもセクハラ疑惑のある人間を擁護することは、組織にとってマイナスである。可及的速やかに切るべし。」
これが組織の常識です。

>「助けて」「開けられへん」留守番の3兄弟襲った炎

先生が仰る様に保護者責任を問う理由は理解できます。
しかし・・・・
同様の環境で幼い日々を過ごした身の上としては、この母親を責める気持ちが湧かないのも事実です。
親父の入院時代も含めれば、姉貴8歳・俺4歳で留守番をしていた。冬の夜は大量の毛布と湯たんぽだけで、ストーブはおろかコタツも使わせて貰えなかった。お袋は「火事」を恐れていたのだろう。ガスは外の大元の栓から止めていた。

今回の火事は何が火元だったのか?
夏だから暖房器具の訳は無い。ガスコンロ?ドライヤー?

もしライター・マッチなら親の責任だ。この手のモノは絶対に子供の手の届く場所に置いてはならない。
いちいち鍵の掛かる戸棚にしまうのは面倒だ。でも俺は面倒を怠って倅を危険に晒す気は無い。

>仇役の女ボス
彼女を「敵」として見る事が絶対に出来ない人間の一人です。彼女の敵は俺の敵です。(あれだけ性格の悪い飯島だって擁護したもんなあ)
作品としては
「もしも・・・が僕のペットだったら」
をお勧めします。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2008.08.31 12:35

> 昨夜CXでID4を放映していましたが、当たった映画なのに、珍しくパート2が作られていないんですよね。

すでに風呂敷きを広げられるだけ広げちゃってますから、
あれを超えるパート2を作るには「宇宙艦隊を作って敵の星に乗り込む」ぐらいの話にしなきゃならなくなって、現実離れし過ぎるからではないかと思います。

投稿: | 2008.08.31 12:36

>患者からしても、尻を叩いてでも勉強させた医者の方が安心ですしね。投稿 | 2008.08.31 10:58


280馬力のエンジンと、50馬力のエンジンの車で、高速を時速100Kmで走行した時、どちらの車に安心を感じますか。

投稿: | 2008.08.31 13:27

上記投稿は、特定の医師の誹謗中傷の意図はありません。

国家試験に通った以上、国立も公立も私立も、国内で医療をおこなううえで、さほど差が有るとは思えません。

特定の優秀な医師がいますが、その他大勢は、それほどの差があるとは思っていません。

裕福な両親に恵まれれば、私立の選択もあるというのでしょう。そうでなければ、国公立に進学となる現実です。

投稿: | 2008.08.31 13:34

今の医師国家試験は、試験勉強をしたほうが合格率が良いので、そのために、私立はがむしゃらの指導みたいです。

合格率のみを見るのでなく、入学時の定員と卒業時の人数の比、6年間でのストレート卒業生の比率なども、考察の対象となるべきです。

合格率がその大学の名声をたかめる現実に、私立は敏感に反応して、国家試験対策を施している結果でしょう。

投稿: | 2008.08.31 13:40

>地方の国公立
http://shingakunet.com/scl_09_dai_gakkou_list/1/99/46/02///
ちょっといまいちパンチが欠けるなぁ。
鹿児島と言えば桜島、地学の教室は要るよなぁ。そうおもっても潰しちゃうんだから。
http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/
医学部の定員を1.5倍にするより、地学系の人間を置いておかないと、地元の気象や地質を把握しきらないでは、防災は成り立たない。
医者なんて、供給サイドの問題ではなくて、アリ地獄の様に資源を吸い込む年寄りの下の世話なんだから。

投稿: pongchang | 2008.08.31 13:55

センセ、自衛隊のハッピー241での番組の件ですが
昨日、ハッピー241を経営するトランスデジタル社が2度目の不渡りを出しました。
番組は多分お蔵入りでしょう。
CS契約することもなく存分に炎神ソウルにお金をお使いくださいw

ttp://jp.youtube.com/watch?v=Yy8AxlCH_bo

投稿: | 2008.08.31 13:57

※ 海自:護衛艦に女性隊員 人員不足で検討

>「米海軍など諸外国軍でも常識となりつつあり、女性が艦に乗れば、人員配備に余裕ができる」(海幕幹部)

「事故再発防止策」の一環として、乗員不足を解消する為との事ですが、戦闘機パイロットなど幅広く職種が開放されている米海軍にしても、「テイルフック・スキャンダル」の様な大規模な不祥事は免れなかった訳で、その事を踏まえた上で、キチンとケア出来るというならば良いのですが、そもそもリソースが足りない/目が行き届かないというのが相次ぐ事故・不祥事の原因ならば、却って問題が複雑化するだけのよーな?

”Tailhook Scandal”PBSのサイトに事件の詳細が、”Leg shaving”なんてのは、大リーグの新人が衣服を隠されて”Hooters"のカッコをさせられる位の他愛無い物でしょうが、”Gauntret"は赤丸の所は全てオトコ、通過する間に服を剥ぎ取られ、偉いさんの夫人や娘の中には、そのまま鍵の掛かった部屋に連れ込まれたヒトも居るとか
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/shows/navy/tailhook/index.html
’90年代以降の、米軍の女性への門戸開放
http://webg.musashi.ac.jp/~kokoharu/jugyooutline1998/21.htm

※ 【航空ファン必見】自分が空を飛んでいる感じ…視界良好、海自練習用ヘリ

>次期回転翼練習機の導入を検討しているが、現在のところ機種はまだ決まっていない。

>今あるのはアメリカ系列だけど、今後はもう哨戒ヘリも101でしょう? ユーロコプター系列で初等訓練をやっていいのか? という話になってしまいますよね。

候補はA109とEC135という事で、いずれにせよ、アメリカン・スタイルのSH-60系とは、機長席(米ヘリ;右、欧州ヘリ;右)やローターの回転方向が逆など、陸自に要人輸送用のシュペルピューマが入った頃から、米国機と欧州機の混在への懸念は有りましたが、TH-Xは後席ににも学生を乗せ、教育の効率化を図るとの事で、米国製だと適当な機体規模で開発年次の新しいモノが無いって事でしょうね。
先の自衛隊員倫理規定に反する疑いで入札延期の報道以来、進展はどーなっているのか?こちらは、視界不明瞭のままですね

投稿: yossi | 2008.08.31 16:15

拝啓、内閣総理大臣様。
新興軍に対する、B社の典型的手法に填った少年
将校の際限ない装備拡大要求、ご苦労お察し致し
ます。
 お察しの通り、B社の提唱する兵器系体の実力
については疑問の声も少なくはないのですが、軍
産複合体の強みと申しましょうか、議論すら許さ
れない雰囲気が醸成されております。
 さらに恐ろしいことに、クライアントがある程
度現実に気が付くと、速やかに次なる一群のGな
る兵器群の売り込みが行われるという事実がござ
います。少し外の風に当たって成長している我々
を見透かしたかのような、多少の色気も交えた売
り込み攻勢は極めて狡猾なものであった、ととあ
るロートル軍人は申しております。
 さて、貴国で冷や飯を食わされている福利厚生
大臣氏は、実のところ極めて内外の国防技術に精
通した男でございまして、また、T社、H社など
の、実戦経験に基づく堅実な開発、地味な売り込
みをモットーとする企業とのパイプも太く、彼に
一切を取り仕切らせることによって、貴国軍の実
力、継続性、汎用性は著しく強化されることは請
け合いでございます。
 さらに、ライセンス生産による、自国の開発力
強化も期待できます。
 10年後に、捨てるに捨てられない大量の廃棄物
を背に途方に暮れるか、国土に濃密に展開される
実戦部隊と、近隣がうらやむ、あるいは輸出も視
野に入れうる成長した兵器生産力を保有するに至
るか、今が分かれ目かと思われます。 
元気が良いだけの少壮軍人に未来をゆだねては
なりません、是非ご一考の程を。
 オールハイルブリタニア。

投稿: nanasi | 2008.08.31 17:33

防衛大学校と気象大学校志願者が
圧倒的に増えましたよねえ。
どうしてこういった現象が起こるのか
どなたか専門家の方々に詳しく説明
願いたいのですが。

そういえば知らない間に妙な私立大学が
次々に設立されている。何故だろう。

今度は大学のM&Aが始まるという事なのかな。

>大量の廃棄物
どうした訳か全国各地にたくさん不法廃棄
されているようなんですがね。
何故なんでしょうね。

投稿: | 2008.08.31 18:20

 オール・ハイル・ルルーシュ。

投稿: | 2008.08.31 18:21

>実は中村医師が、本心からそう思っているんじゃないのか? つまり、彼はやはりタリバンという
>存在にある種のシンパシーとは言えないにしても、「理由は解る」くらいのファンタジーをお持ち
>では無いのか? という疑問はあるわけですね。

実はかつてアメリカ政府もタリバンの清教徒的な精神に好感を持ち支援したわけで
ずっとソ連撤退前からアフガンで活動してきた中村医師とってはどんな基地外であろうと
秩序をもたらした者にシンパシーを感じるのも仕方が無いことです。
「あの手の山賊集団」と大石先生はおっしゃるが、政府がまともならあんな連中は跋扈しないわけで、
政府が秩序をもたらしてくれるなら中村医師もかつてのタリバンへのシンパシーもなくなるでしょう。

投稿: | 2008.08.31 18:25

>280馬力のエンジンと、50馬力のエンジンの車で、高速を時速100Kmで走行した時、どちらの車に安心を感じますか。
乗るなら280馬力の車。乗せるなら50馬力の車。


ずっと日経のWebでも連載で特集しているけど、政府も産業界も日本はものづくりしかないとか言う割りに理系をずっと冷遇してきたんだから、当然の結果だろうね。理系の政治家とかを多く輩出すべきなんだろうけど、当たり前だけど政治とかはやりたがらないんだよね。理系は。今後もこうした構造を変えられないのなら、ものづくり以外の飯の種が見つけられない限り日本は衰退の道を歩むしかないだろうなあ。

「文系理系の生涯賃金格差は5000万円」~さらば工学部(6)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080822/168570/

投稿: | 2008.08.31 18:55

恋愛とファッションしか頭にないの?
http://www.j-cast.com/tv/2008/08/30025979.html
だって、スポーツが圧倒的に強くなったうえに頭脳まで強くなられたんじゃ、男はたまったものじゃないでしょ?

>「となりの801ちゃん」
これはなんですか?UFOとかUMAとか出てくる矢追さん主演のアニメかな。

そうそう、京大も酷くなったという話も出ている。

「京大工学生はゆとり世代から学力低下」~さらば工学部(7)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080825/168719/

投稿: | 2008.08.31 19:00

>政府も産業界も日本はものづくりしかないとか言う割りに理系をずっと冷遇してきたんだから、当然の結果だろうね。理系の政治家とかを多く輩出すべきなんだろうけど、当たり前だけど政治とかはやりたがらないんだよね。理系は。

唐突に思い出したんですが、ずっと漠然と思っていたことで、実は大学なんてそこそこ知恵のある人じゃないと①「行っちゃいけない人が行っている」②「余計なことしか身につかない人が行っている」(←両方の典型が連合赤軍とかなんでしょうけど)、ただの物知り博士しか生産してない結論になっており、この受け皿(教授階級含め)の結構な部分として東大早慶はじめ文科系学部が存在しているんじゃないのか、と思うんですが。小谷野敦とか池田信夫の実名教信者なのにリバタリアンなんかそういう典型で(東大→大マスコミなんてそれだけで色眼鏡かけてもおかしくない)。

あと、理系がほとんど社会とコミットしたくない人がなる現下において、政治の話は↓のように思い切ってアウトソーシングするしかないと思うのですが。
http://d.hatena.ne.jp/sivad/20070129#p1

投稿: さいとー | 2008.08.31 19:42

>スポーツが圧倒的に強くなった
これ実は典型的なアレなんだそうですよ。
ここの主が最も得意とする一フレーズです。

>ゆとり世代から学力低下
結局のところ、優秀な人達は他の道を
探して歩くようになってしまったという
のはあるかもしれない。

どのみち低下している分は大学でみっちり
挽回させてから社会へ送り出す事ぐらいは
とうの昔に考えて実行しているだろうし、
周りの人間が気にするような事ではない。

投稿: | 2008.08.31 19:54

>大量の廃棄物=妙な私立大学×この受け皿
よくある話か、パージがあったから、それに徴兵や下方から逃れる術であったから、今の中共や戦争中の日本で理系にマトモな人が集まった。
ところが、そういう利に聡い、計算ずくの人はヌルイいまの日本では、MBAとって外資に流れてしまう。
官僚の天下りロンダリングで大学の教官が埋まってしまい、学究の席は尚更狭くなる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080821-00000075-mai-bus_all

投稿: pongchang | 2008.08.31 20:22

>海自:護衛艦に女性隊員 人員不足で検討

 ぷっ、プロトカルチャ~~~!

投稿: 土門見人 | 2008.08.31 21:04

※ マクロスF:全CDがトップ5入り チャート席巻、新たなアニソンブーム

本日Amazonに注文していた5巻と、そのFの新曲CDが一緒に届いたのですが、その新曲をBGMに5巻を読み始めたらですね、やばいくらいに盛り上がりまして。
あ~こんな小説の読み方もあるのかな、と思った次第w

投稿: yagi | 2008.08.31 21:08

学力低下に関しては、世代別人口が減っているんだから、
全体の平均的なレベルが変わっていないとしても、
東大、京大等のトップレベルの学力が減って見えるのはあたりまえです。

団塊ジュニア世代の半分しかいないのですから、その世代のトップ1%のレベルの人間は
現在0.5%しかいません。

定員を半分にしない限り、低下して当然です。

投稿: | 2008.08.31 21:21

上の書き込み、ちょっと間違えました。

誤)現在0.5%しかいません。
正)現在、当時の半分しかいません。

パーセンテージだと、変わらず1%ですね・・すみません

投稿: | 2008.08.31 21:23

どうも一番の問題は山口二郎氏にあるようなんですよ。
耄碌の徴候と題した文章がある媒体に掲載された時にそれまで盲信していた人達が一斉に叛旗を翻してしまった。
どうも日本の病というのはかなり根深いところまで進行しているような気がしてならないんですがね。

投稿: | 2008.08.31 21:35

大石先生が視聴を考えていた「ガンバレ自衛隊!安全保障アワー」は放送中止確定のようですね。
それどころかドンドンきな臭い話が出ています。
http://outlaws.air-nifty.com/news/2008/08/post_d1dc.html

投稿: | 2008.08.31 22:02

>学生の課題に対する応用がほとんど利かなくなっているのです。考える能力が落ちていることを懸念し
>ます。それが、今では、学校の先生が手取り足取り教える。例題をいっぱいこなして、暗記していく。
>自分なりの勉強の仕方が確立できない。

 ゆとり教育を推進した文部官僚は、「(教育内容の)3割削減ではなく、3割減速」とか「ゆとりの中で、じっくり考える力を培う」とか言っていたが、全て嘘というか、裏目に出たわけで、その罪は某省の「天皇」と呼ばれた次官よりずっと重いが、退職金を返済することもなく、どこかの学園の理事に天下って左団扇らしい。TVタックルで、三宅に「国賊」と面罵されていたが、へらへら笑っていた。
 で、ゆとり教育の一貫として取り入れられた総合学習だが、噂によると高級官僚の子弟は、その時間になると授業を抜け出して、進学塾に行っていたそうである。ひょっとして、ゆとり教育とは、文部を含む高級官僚が、自分たちの子弟以外の全国の子供の知力を奪い、自分たちの子弟を一流大学に進む特権階級にする遠大な計画だったのではないか。

投稿: 土門見人 | 2008.08.31 22:04

ゆとり教育は上流階級の階級固定策だから。一官僚に責任押し付けようとしても導入時の教育課程審議会長の三浦朱門の発言でも明白

「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。つまり、できんものはできんままで結構。戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです。国際比較をすれば、アメリカやヨーロッパの点数は低いけれど、すごいリーダーも出てくる。日本もそういう先進国型になっていかなければいけません。それが“ゆとり教育”の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」 「いくら会長でも、私だけの考えで審議会は回りませんよ。メンバーの意見はみんな同じでした。経済同友会の小林陽太郎代表幹事も、東北大学の西澤潤一名誉教授も……。教課審では江崎玲於奈さんのいうような遺伝子診断の話は出なかったが、当然、そういうことになっていくでしょうね」

だいたい理系科目の削減に曽野綾子の。「二次方程式を解かなくても生きてこれた。」「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ」が決定的な影響力を持っていたのも明白だし。

投稿: | 2008.08.31 22:34

ついに共産党ブームが起きてしまいましたね。

<共産党>「蟹工船」ブームで1万人新規入党
2008年8月31日(日)19時51分配信 毎日新聞
 小林多喜二の「蟹工船」ブームに乗る共産党の地方行脚に従来の支持者を超えた関心が集まっている。格差問題に対する取り組みなどが評価され、昨年9月以降の10カ月間で約1万人が新規に入党。次期衆院選をにらんだ幹部の演説会には1カ所平均約1300人が集まる。接点のなかった業界団体や保守系地方議員との対話も行われ、国政の長期低迷脱却への期待がふくらみ始めている。
【記事後半部省略】

投稿: | 2008.08.31 22:35

 共産党幹部が、ノーメンクラツーラよろしく、党の金で使用人付きのアゴアシ生活送っていると知ったら、どんな顔すんだべ?>新規入党者

投稿: 土門見人 | 2008.08.31 23:45

新規入党で共産党が変われなかったら、他に流れるだけでしょう。一過性のブームに終わる。

投稿: | 2008.09.01 00:21

また、ずいぶんと古い話題だな。

投稿: | 2008.09.01 00:34

>中村医師の現地での発言に関して、現地じゃああ言うしかないだろう、という見方があって

これなんですが、要するにタリバンを声高に非難して刺激するようなことは避けたいという意味ですよね。
でも、中村医師の言い方ってそういう配慮をしたものなんでしょうか?
要するに「本当のタリバンてのは教養があって礼儀と道理をわきまえてる人たちなんだ、お前らなんか偽者だ!!」って言ってるわけで、これって遠慮した言い方というよりは挑発に近いとおもうんですが。
我々の側から聞けばタリバンを美化して擁護している様に思えますが、言われた方にしてみれば罵倒されていることになるんじゃないのかな。

それとも彼らは、こういう風に言われると
 「確かに俺たちが忘れてしまっていたものがあるようだな。。。」
などと反省したり改心したりする様な精神構造なんだろうか。

あるいは今回の犯行グループの上層部あるいは別組織として「本当のタリバン」が存在しており、やがて彼らが「偽タリバン」を討伐して
 「偽タリバンは滅びた、だがこれが最後の(ry」
となったりすると中村医師は考えているのだろうか?

投稿: | 2008.09.01 00:36

『アニソン』は世界を救う
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw08083101.htm
今年は日系移民100周年なんだよね。アニソンをがんがん輸出して代わりにサッカー選手と指導者を輸入すると日本も救う。

投稿: | 2008.09.01 00:39

>党の金で使用人付きの~
おそらく新規入党者は来るべき新時代の幹部候補として迎えられる事になるのでしょう。
記事によれば与党がこの一連の現象を大歓迎しているらしいですよ。
いずれ与党の椅子を狙う野心家集団が現れるかもしれない。

投稿: | 2008.09.01 00:43

>磐梯、親を舐めとんのか!
この際、自作するってのはどう。

アッガイかわいいよ、アッガイ
http://www.gizmodo.jp/2008/08/post_4241.html

投稿: | 2008.09.01 00:48

 自作はいいアイディアかも知れないですね。
だがしかし!

次男、「こ、こんなのゴーオンジャーじゃないやい!」
長男、「どう見ても中華の切り札『先行者』擬きです。本当にあ(ry」

投稿: 大石 | 2008.09.01 06:26

>>地方の国公立大
国公立大の理工系については偏差値以前に旧帝大をトップにして系列化されていて、採用側からするとその大学の教育の質が良くても悪くても関係ないと見受けられる所が多分にありますよ。
採用担当者の方の偏差値信仰がかなり強くて、就職氷河期に旧帝大と一部の理工専科大学と地元の大学以外はゴミ。とばかりに新卒採用の中での教授推薦枠を一気に削ってしまって、「いくら勉強しても成績が良くても仕事がない」って状況が90年代後半に一気に出来上がりまして、「大学の理工系の学部に行けば新卒採用の保証に近い物がある」と言う状況でもなくなったので。

新卒採用の場合は、個人の能力に期待しない場合が多くて、どうしても背負ってる看板で個人を評価してしまうようで。

それが今になってボディブローのように効いてるというのが真相じゃないですか。

>>ゆとり

個人的には世間で流布されているような後ろ向きなイメージは最近まで全く持っていなくて、なんでかと言うと、カリキュラムを知っている所が科学的に考え・議論し・学ぶ。とか地域の文化や歴史に親しむ。と言う事に充てている所が大半だったので。
これは地方の国公立大の状況とも繋がりますが、理系科目の偏差値が良くて理工系の学部に進学した人が理工系に向いてるかと言えばそんな事は一切なくて、最終的には科学的に物事を見たり検討したり出来るかと言うのが問題なのですが、それが出来てる入学者が余りに少なくて、一般教養科目の単位枠を、そういう基礎教育に充てざるを得ないカリキュラムに追い込まれてる部分が多分にありましたよ。

結局、偏差値至上主義の弊害で頭が固いのしか理工系や医学系に進めなくなって学生の質がガタガタになっていた時期というのは80年代の頭には既に来ていて、そこを打開するには小学校から高校までカリキュラムを根本から変える必要がある…と言う流れから「ゆとり」も来ていたんですが、
現場の方の混乱が激しかったようで、地域的な理解が得られてまともなカリキュラムを組めた所と、偏差値を上げる地域的な要請と衝突していい加減な受験対策や詰め込み教育でお茶を濁した所の格差が非常に激しかったようですね。

丁度タイミング良く?元々は教育問題の人の保坂展人議員が興味深い話を書いていますので参考までに。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/8ee84f5f5918aed7e18e1b12de777d8e

投稿: 業界インサイダー | 2008.09.01 08:39

>土門氏

日共がブルジョワ政党なのは日共に良かれ悪かれ僅かでも関心がある人にとっては常識です。
愚昧な労働者階級による短絡的な暴力革命を志向していない(だからコミンテルンにもすこぶるウケが悪かった)部分が逆に日本の共産党支持者には受け入れられたんじゃないですかね?
もし無知蒙昧にして自意識過剰、ルサンチマンとレイシズムと特定のプロパガンダに洗脳された連中だったらカンボジアの再現になりますから、とても支持しようと言う気にはなりません。

投稿: | 2008.09.01 10:35

 タリバンはタリバンですよ。所詮ははた迷惑な原理主義者に過ぎない。そこは一線を引くべきだと思う。いかにも、タリバンなるものの本質を理解しているようなことを外国人が言うべきだとは思えない

 えーと、最後の文と最初の部分が矛盾している気がするんですが。

投稿: | 2008.09.01 13:06

>共産党ブーム

当の共産党の中の人がこう分析してますね。

「反米反ロ反中反韓なねらー達に応えられるのは唯一うちだけ。彼らは別に政策に期待してるわけじゃない」

投稿: | 2008.09.01 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方の国公立大をどうする:

« ビネガーシンドローム | トップページ | 種としての本能 »