« 日本外交を褒める | トップページ | 車離れ社会の恐怖 »

2008.10.20

耕作地というリソース

 今日からしばらくタイマー更新です

 具体的な数字がどのくらい変動するか、というのは、私は正確な数字を持ち合わせないけれど、たとえば、四半世紀後の日本経済のパイを0.9としましょう。労働力、つまり担い手はどんなものでしょう、0.7とかそんなものでしょうか。福祉負担は、倍増。
 そういう変数をいろいろぶち込んだ公式というのはどこかにないんですかね。それに当てはめて、たとえば、過去50年から向こう50年の数字を弾くんですよ。
 そしたら、誰が見ても客観的な数字でもって、これは立ちゆかない、ということを国民が納得するしかない状況が見えてくると思うのですが。
 移民問題をブログで扱うと荒れる、という人々がいらっしゃいますが、私は全然そう思わないんですよ。余所者が入ってくるのは、それが移民だろうが誰だろうが、村社会では誰でも拒否したいのは当たり前ですよ。イギリスみたいな産業革命以降、急激な多民族化が進んだ国ですら移民排斥はあるんですから。
 それに、国民の圧倒的大多数は自分が老人になった時のことなんて考えないじゃないですか。ましてやその先のことなんて。別に無責任という意味じゃなくて、そういう時には、何か新しい試みにチャレンジするより、保守的に振る舞うのは人間の防衛本能でしょう。
 平場の議論と言ったら何だけど、そりゃいざ移民を入れるという政策判断を下すなら、いささか感情的な反発論にも一つ一つ答えていかなきゃならないわけで、特亜は嫌だという単純な話にも(たぶん)価値はあるんですよ。

* 昨日、竹中平蔵がテロ朝のワイドショーに出て、今政府が掲げている景気対策=公共事業は何の効果ももたらさないだろう、と言っていたんですよ。とりわけ定額減税をやり玉に挙げていた。先日も公明党のビラが郵便受けにポスティングされていました。減税をでかでかと宣伝する内容でしたが。私も公明党主導の減税に関しては、何らの効果も無いと思っています。それに当てなければならない税金をドブに捨てるようなもので、何故に公明党が減税に固執するのかさっぱり解らない。景気後退時の減税なんて効果が無いことは分かり切っているのに。むしろ、その減税分をどこかから持ってくるような余裕があるのなら、まだしもガソリン税を無くした方が遙かに効果は見込めると思う。
 で竹中平蔵は、羽田の24時間化とか、東大の民営化とか言っていたんですけれど、このまま少子化が進むと、学生の奪い合いになって、地方の国公立は立ちゆかなくなりますよね。先生の免状なんて何処でも取れることを思えば、まず国公立から文系学部が消えて、最終的には、医学部しか残らない時代が来るでしょう。
 国公立の価値を維持するためなら、私学助成を打ち切って、国公立は4年間は学費無料みたいなことをすべきでしょう。それ所か、防大みたいにお小遣い出しますみたいなことも必要になるかも知れない。国公立に存在意義があればの話ですが。

※ Nスペ・世界同時食糧危機(2)食糧争奪戦~輸入大国・日本の苦闘~
▽うどんもミソもピンチ大豆を探せ!穀物争奪兵士とマネーで囲い込んだ農地

 見ていて凄く不思議だったんですけれど、そんなに高騰するのなら、自前で畑を持てば良いじゃないですか。味噌メーカーなんて原料が無ければどうにもならないんだから、ブラジルとかに農業会社を立ち上げて安定供給させれば良いじゃないですか。あるいはフィリピンとかに。そりゃ買い叩けた時代は安い所から買えば良かっただろうけれど、今後は中国の需要だって伸び続けるんだから、自前で畑を持てば良い。辛いのは、事業を立ち上げるまでの数年間でしょう。それを怠って来たツケですよ。
 東北から単身ウクライナに乗り込んで大豆を作るっていう人は凄いバイタリティですよね(ところが農地の囲い込みが進んで肝心の農地を貸して貰えないんですよ)。ああいう人間に企業が支援を与えてやれば良いじゃないですか。

 ところで、国連の推計では、2000年からの30年で8%の農地の増加が見込まれるのに、需要は56%の増加が見込まれている
 日本人は未だに遺伝子組み換えに拒否反応を示しているけれど、耕作面積の増大が需要増に追いつかないとなると、それは単位面積の生産量を上げるしかなく、遺伝子組み換え食品は拒否できないでしょう。
 耕作面積が限られる中で、生産量の低い非遺伝子組み換え作物に固執するのは、限られたリソースの無駄遣いですよね。早晩、国際舞台で、日本人は非遺伝子組み換えに拘って、人類のリソースに無駄を強いている、とアメリカ辺りの種子メーカーがロビイングを始めるんじゃないですかね。
 日本では、米を小麦の代わりや飼料として活用しようと研究が続いているそうですが。飼料米で育てた鶏卵は、脂肪分が良質で高く売れるんだとか。パンやケーキまであって、言われなきゃ米だと解らないんだそうですね。
 日本の水田は270万ヘクタール、休耕田が100万ヘクタール(岐阜県の面積と同じ)。この休耕田で飼料用穀物を作ると、飼料としてのトウモロコシの輸入(年間?4500億円)は不要になるのだとか。ただそれでも米価よりは更に安いから、なかなか農家は乗り出せない。
 ちなみに、日本の食べ残し食品は年間900万トン、世界の食糧援助量は年間590万トン。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 「給油から手を引かぬ」首相、航空観閲式で訓示
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081019/plc0810191223002-n1.htm
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081019-OYT1T00561.htm
※ 毎日世論調査:麻生内閣支持36% 9ポイント下落
http://mainichi.jp/select/today/news/20081020k0000m010055000c.html
※ 低所得者へ給付金、財務相が検討指示 追加経済対策
http://www.asahi.com/politics/update/1019/TKY200810190154.html
※ 橋下知事が反発「朝日新聞のような大人が増えれば日本はだめになる」
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/081019/lcl0810192128003-n1.htm
※ 金融危機の新興国支援、IMFが無制限融資へ 日本提案受け入れ
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081019AT3S1800P18102008.html
※ 物価高を実感? 首相がスーパー視察、夕食は帝国ホテル
http://www.asahi.com/politics/update/1019/TKY200810190137.html
※ エッフェル塔の点滅時間が短縮へ、環境問題に配慮
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000881-reu-ent
※ 「海猿」人気にかげり、海保希望者激減 4管も危機感
http://www.asahi.com/national/update/1018/NGY200810180004.html
※ ネタにされ逆襲? お笑い番組にペイリン候補本人が出演
http://www.asahi.com/international/update/1019/TKY200810190132.html
※ 電池積んで自分でスイスイ 災害に強い電車の実験
http://www.asahi.com/national/update/1019/OSK200810190024.html
※ 買い物券:半日で1億1000万円分完売 東京・中央区
http://mainichi.jp/select/today/news/20081020k0000m040057000c.html
※ 皇居に「消火器爆弾」を打ち込んだ元“傭兵”…製造した爆発物は600キロ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081019/crm0810191333008-n1.htm
※ 秘訣教えて…学力テスト最下位の沖縄県教委が秋田に交流打診
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081019/edc0810192153001-n1.htm
※ 「日本一」お金持ちが多いのは「井の頭線」沿線
http://www.j-cast.com/2008/10/19028456.html
※ 長ーいサツマイモ ひ孫大喜び/志布志市
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=13297
※ JAL:歴代CA制服が勢ぞろい ファッションショーで紹介
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20081018_2/
※ 前日の空虚重量 68.3キロ

 午後、家族が図書館に行っている間に模型屋を覗いてこようと思ったら、なにやら次男が眠いと言うので、仕方なく長男を連れて模型屋に。
 夕方、次男が8度の熱を出していることが解る。発熱は久しぶりだなぁ。2週間くらい掛かって家族を一巡するんだろうか。ちなみに学校では先々週辺りからもう風邪が流行っているみたいです。
 ちなみに昨日の有料版のネタは、私が戦艦大和を作った年齢を長男はとっくに過ぎたわけですが、最初に作らせるプラモデルは何が良いだろうか? という話です。

* 七瀬ふたたび、やっと見る

 ひょっとしてこれ、実写版「幻魔大戦」?(^_^;)

※ 有料版おまけ BIG・1ガム & 模型屋を覗いてきた

|

« 日本外交を褒める | トップページ | 車離れ社会の恐怖 »

コメント

定率減税;
同感。あれを意識して買い物とかした人っているんでしょうか。

投稿: 黒煎りゴマ | 2008.10.20 10:16

中国ですら高齢化で日本を追い抜かし、アメリカですら年金が破綻する。

誰が見ても客観的な数字でもって、これは立ちゆかない。

投稿: | 2008.10.20 10:22

>橋下知事が反発「朝日新聞のような大人が増えれば日本はだめになる」

話題作りに乗せられてませんか?これだけ騒がれれば、再選確実でしょうな。

投稿: | 2008.10.20 10:35

公明党が主張しているのは定率減税ではなく定額減税ですよね。
後期高齢者医療制度は良い制度と言い張っているもの公明党です。
なにせ、東京広域の場合、年収168万以下は年間の保険料がたったの5400円。保険料は医療費の増大にあわせて増えるのでしょうが、しわ寄せは現役の給与所得者へ降りかかる。

投稿: TOソープランド | 2008.10.20 11:25

>ネタにされ逆襲? お笑い番組にペイリン候補本人が出演

日本のワイドショーでもちょっとだけやっていましたが、「そっくりさん」が居るんですね。で、最初は、そっくりさんが出ていた番組に、本人が乱入して、ノリノリでした。でも、マケインはともかく、この人が副大統領になったら、ちょっと怖いですねぇ。

>模 型
先生、ゴム動力で飛ぶ飛行機(できれば、木製のやつ)などはいかがですか。結構、工作力も必要ですし、上手に飛ばすための調整も勉強になるかと…(私も大昔、ねだって買ってもらったものの、なかなか飛ばずにぶーぶー言っていたのを思い出しました)。

投稿: feri | 2008.10.20 11:57

>プラモデル
城や寺ならいいのか?
http://kakaku.journal.mycom.co.jp/list/cat_1492/
初心に帰って、民航や鉄道にしてもよいし、実は半田でラジオを作る才能があるかもしれない。
あと、フライやルアーとか。
>遺伝子組み換え
過剰な品質管理、検出されないことという農薬基準や不合理な賞味期間もいれましょう。
>大井町線沿線
はしっこにある大井町や五反田、蒲田のほうが足を引っ張るのではなかろうか?
>路面電車
http://sozai.matse.fukui-u.ac.jp/event/tetudouyou/
150kgならたいしたことはない。だいたい15tあるのが1%だもん。

投稿: pongchang | 2008.10.20 12:27

BIG1ガムは1978年の発売ですか。とすると私が作ったのは何だったのかな。

>※ 電池積んで自分でスイスイ 災害に強い電車の実験
路面電車の車両は、単車体のものでも15~20tはありますから(記事に出てくる車両は19t弱)、150kgなら1%弱の重量増にしかなりません。
軽いに越したことは無いにせよ、それほど大きな負担というわけでもないでしょう。

>※ 秘訣教えて…学力テスト最下位の沖縄県教委が秋田に交流打診
子供の学力が上がること自体は悪いことではないとしても、学力向上で何を目指すのかというところですよね。
例えば進学率の向上といっても、地元にその受け皿が無ければ、県外に出て行くか、金銭その他の理由で余裕が無い場合は進学自体を諦めるしかなくなります。
上の方でも地方の国公立大学が云々という話がありますが、そういう進学先の受け皿としての存在意義はまだまだあるかと思います。前向きな話ではないですが(笑)。

投稿: 長月@ReadMe.毒 | 2008.10.20 12:27

昨日の縦読みは失敗でした、以前bewind さまが紹介されていたhtmlタグで巨大AAを貼り付ける方法を試したのですが、blogの場合カラムの幅が優先されるよーですね。

>ゴム動力で飛ばす飛行機

ワタシも挑戦しましたが、竹ひごを炙って、翼端部のカーブを付けるのに失敗orz
そー言えば精密医療機器メーカの三鷹工器では、入社試験の際、この飛行機を作らせ、更に昼食は近くの定食屋に連れ出し、焼き魚定食を注文させて、手を動かす仕事が出来るか見るそうです。

>BIGー1ガム 復刻版

4年ほど前になりますが、買いました(^^;。
初期のモデルはレバー操作で砲塔や翼が動いたり、弾やミサイルが飛んだりとギミックが有ったのですが、後に出た150円のデラックス版は、メッキパーツも入り、XR311とか余りキット化されていないアイテムも多く、塗装や接着が難しい素材でしたが、随分作ったものです。

投稿: yossi | 2008.10.20 12:30

>地方の国公立大学が云々
大学でてもそれに即した産業があるか?
八戸工大の原子力関係とか、でてきた企業にあわせた職員養成課程のようなのがくめるといいのだろうが。
http://www2.pref.fukui.jp/press/atfiles/pacG1209697625e5.pdf
で、沖縄は海洋レジャーだけでいいのか?
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/2003/025.htm
それで、福井の路面電車関連だと
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/96
「福井には、長男に地元で就職してほしいと望む親が多いんです」(田中社長)。しかし、東京で化学を学んだ学生が地元で就職しようとしても、適当な就職先がなかったという。

投稿: pongchang | 2008.10.20 12:36

>※ エッフェル塔の点滅時間が短縮へ、環境問題に配慮
東京タワーは芝園、赤羽橋周辺の首都高からみるのがもっともよいかと。

投稿: | 2008.10.20 13:28

>何故に公明党が減税に固執するのかさっぱり解らない。

そりゃあー、創価学会員が望んでいるからでしょう。
定額減税の一定部分は、財務(寄付でしたっけ?)かそれとも、池田D作先生の御著書購入に回されるんでしょう(これは想像)

投稿: MI-6 | 2008.10.20 13:38

景気対策はタイムリーな農業を焦点にすべきかもしれませんね。
減反を止めて、余剰分を全て買い取るには、いかほどの予算が必要なのだろう?
海外へ安くばらまけば、差額だけの負担で済む。

投稿: | 2008.10.20 15:32

マネーゲームはやめて「農業・畜産」に投資した人が居たようです
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20081020-420852.html
やっぱり、元手が無きゃね。

投稿: pongchang | 2008.10.20 16:40

>遺伝子組み換え穀物
ご指摘の番組は、私もみました。
ウクライナへ言った日本人、本当にすごいし こうした人に支援があればよいと私も思います。

但し、遺伝子組み換え穀物の拒否反応は、単に感情論だけではないと思います。

これに頼れば、米国の特定企業の穀物支配を受け入れることになりはしませんか? シェア拡大までは便宜を図るが、市場を独占すれば値段も配布も独占的に出来ませんか? 日本企業が追いかけても、それに特許で対抗できますか? 
 象徴的だと思ったのはアフリカの乾燥地帯で、政府が奨励した遺伝子組み換えトウモロコシが全然ダメだった事例です。 結局は、地生えの食物に戻ろうという農民の言葉が象徴的でした。 
”夢の作物”が巨大なシェアを握り、作物の多様性を失うことは危険だと思います。 単なる感情論以外に、そうした危惧もあることはご理解をお願いします。

投稿: 外資社員 | 2008.10.20 18:16

外資社員殿に補足
遺伝子組み換え作物は、多くが収穫した種子の次回作への利用を禁止する契約を結んでいます。
つまり1代限りということ。
この点でアメリカの種苗メーカーのいいなりになることはいなめません。

投稿: | 2008.10.20 19:08

>この人は、人生のほとんどを美食と銀座での豪遊に費やして、どうしてあの体型を維持できているのか、そこを激しく知りたい。

そういう体質や一般人の何百倍もの体力がないと政治家、特に首相なんてやってられないですよ。それに首相の職は相当のストレスがかかるから太っている暇がない、あの小泉さんですら今は完全に出がらし状態。

>海保

とにかく転勤(それも全国単位)が多いので、今のご時世じゃ嫌われる事が多いと思う。たとえ結婚できても40過ぎたら家族が付いてこなくなって定年まで単身赴任。それこそ現実に要介護状態とかなら何とかしてくれるようだけど、将来親の介護をしたくても事実上出来ない訳です。

>ペイリンも自殺志願みたいなものですよ。

選挙後の事を考えたら出演も悪くないと思う。つうか、選挙後もまだ市長でいられるのか。アメリカの選挙制度はよく分からない。

投稿: 剣 | 2008.10.20 20:31

>パンやケーキまであって、言われなきゃ米だと解らないんだそうですね

少なくともパンにおいては米粉100%では無理です。
あれは小麦から抽出したバイタルグルテンというものが添加されて始めてできます。
当然小麦粉より高くなります。キロ当たり3倍ぐらいですか。
それでも食感は劣りますね。
学校給食でも出ますが人気がないですね。

投稿: パン屋 | 2008.10.20 20:40

モンサント
http://ja.wikipedia.org/wiki/モンサント_(企業)
>種子生成能力がない遺伝子組み換え作物の種子を販売することにより莫大な利益を上げている。現在の主要な遺伝子組換え作物は、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、カノーラであり、それらの植物体より収穫されるものは種子である。すなわち、「種子生成能力がない遺伝子組み換え作物」からは種子の収穫が不可能であり、「種子生成能力がない遺伝子組み換え作物」は作物として成り立たない。よって、販売しても利益を上げられないため、上述の文章が矛盾していることがわかる。この種子に頼りきりになった発展途上国ではかえって農民が困窮するという問題が生じている。農業分野における米国の世界支配を支える企業である。<

投稿: | 2008.10.20 20:57

メルマガおまけの

>やっぱ戦車だの軍艦だのは拙いですよね。
(中略)
>内申でどんな嫌がらせをされるか解ったものじゃない

これですけど、今の教育現場ってそんなに酷いんですか?
私が小学生だったのは昭和40年代ですが、「男の子なら戦車/戦艦/戦闘機のプラモデルくらいつくって当然だろ」って感じでしたけどねえ。2ちゃんでは「アカのスクツ」として不評な北海道でのことです。

個人的にはタミヤの1/35シリーズよりバンダイの1/48シリーズが好きでしたね。戦車とかの内部がどうなってるかがわかって、今で言う「ヲタク」ごころをくすぐられたもんです。

投稿: | 2008.10.20 21:08

ぺいりんは知事だべ。

投稿: | 2008.10.20 21:16

遺伝子組み換え作物に耐性をもつ害虫が現れたらどうするんですか?当然現れますが。遺伝子組み換え作物が広く作付けされた後なら、遺伝的多様性が失われているわけで、「ジャガイモ飢饉」のようになるのでは?

投稿: | 2008.10.20 21:51

>麻生内閣支持率低下

別に麻生さんが下手打ったわけじゃなくて、自民党が低支持率だったところへ新内閣登場でご祝儀相場を付けたけど、内閣の陣容をよく見りゃ旧態依然の順送り人事と、アホな大臣もいたりでメッキがはがれて元に戻っただけじゃないですか。
もともと、今の与党2/3体制は小泉劇場の賜物。その小泉構造改革路線が福田でひっくり返ってそのまま麻生へ繋がっているんだから、今回だけと自民に入れてしまった有権者から見れば、もういい加減にしろ言いたいんじゃないかな。次はいつもの通り棄権するか、民主を選ぶかは知らないけど、もう一度自民を選ぶお人よしはそうはいないと思う。

投稿: | 2008.10.20 22:05

>米粉

米粉100%グルテンフリーのパン製法は確立してるはずです。
あの独特な食感と風味が好きで、米粉パンを食べる人も沢山いますよ。
あとトウモロコシデンプンと米粉を合わせたグルテンフリー食パンとかもあったと記憶してます。

投稿: nao_c/w | 2008.10.20 22:29

>>遺伝子組み換え作物受け入れ

相手がモンサントでもJ_Tでも、私企業に食糧供給の首根っこを握られるという一点で危険過ぎますよ。急場凌ぎにはなっても世代単位での供給安定性が損なわれる。
しかも、毒性とか生態系汚染の問題をどの程度克服しているかと言えば短期テストしかやっていなくて長期試験はやってないに等しいですから。

モンサントの商売上の問題はこことか見ると象徴的です。
http://democracynow.jp/submov/20080506-2

投稿: 通りすがり | 2008.10.20 22:54

>移民だろうが誰だろうが、村社会では誰でも拒否したいのは当たり前
そりゃ言葉も文化も違うヨソ者はイヤです。どこの国でもそうでしょう。

しかし、若年層(契約社員やフリーター)・母子家庭の生活改善に取り組まないで、経団連が移民導入を言うのはどうも納得できません。
20年ほど前から、少子高齢化は予想されてきていましたが、国も財界もなんら対策できていません。正社員でさえ、保育園を探し回って苦労している現状をみると、経団連は奴隷輸入をたくらんでいるとしか思えません。

投稿: 独身男ですみません。 | 2008.10.20 23:29

>米国の特定企業の穀物支配

日本独自開発の遺伝子組み換え品種を
作ればいいんじゃないでしょうか。
まずは米から。

放射線当てた突然変異の「品種改良」は良くて遺伝子組み換えは駄目、ってのは何なんでしょうねえ。

投稿: 紅 | 2008.10.20 23:36

>遺伝子組み換え作物に耐性をもつ害虫が現れたらどうするんですか?当然現れますが。

農薬で駆除すればいいんじゃないでしょうか。
非遺伝子組み換え作物で普通に行っているように。

>遺伝子組み換え作物が広く作付けされた後なら、>遺伝的多様性が失われているわけで

コシヒカリの作付け面積とか物凄いと思う訳ですが。
まあその時は元の品種に戻すか別の組み換え品種にすればいいんじゃないですかね。

投稿: 紅 | 2008.10.20 23:40

遺伝子組み換え作物が既存の作物よりもそれほどにメリットのあるシロモノとも思えないけど、穀物メジャーや食糧企業への批判にも意図的なものを感じる。自給自足がそんなにいいもんなのか?

投稿: truly_false | 2008.10.20 23:42

>移民問題をブログで扱うと荒れる
人類の歴史上、移民(侵略と置き換えても、移住と置き換えても実態は同じこと)と悲劇は必ずセットですから、それを選択肢にする時点でアホとしか言いようが無いので当然でしょう。
歴史から学べないなら、ケダモノと一緒です。

で、高齢化社会ですが、基本的に社会保障政策というのは、対症療法的な政策以外にありえません。未来を予測することが不可能なのと、そもそも今の年金制度にしたって、「将来の積み立てではなく、今の老人を支えるためのもの」なんですから。
老人保障にしろ、弱者救済にしろ、「今の国情の身の丈にあった政策」以外ありえません。つまり極端なことを言うと、老人をささえ切れなくなったら支えないだけの話です。藤子不二夫や星新一のSFにあったような、老人切捨てか、老人同士の互助など……etc.。
でも、自分の力で生きて行けなくなったら、生きる力を失ったら、そこで終わりというのは、生きとし生けるもの全ての大原則だと思うんですけどね。それを現代医学とちょっとした慈愛の心が、歪めてしまった。

今必要なのは、法的な整備のための準備作業ですよ。
具体的にひとつ挙げるとすると、「尊厳死の合法化」ですね。
自分で死ぬべき時を選べるというのは、生涯最後の幸福であると個人的には思うのですが、まぁ、これは価値観の問題かな。

投稿: | 2008.10.20 23:45

>放射線当てた突然変異の「品種改良」は良くて遺伝子組み換えは駄目、ってのは何なんでしょうねえ。

いや、それどころか「遺伝子治療」や「ES細胞による移植技術(こりゃ完璧に遺伝子操作そのもの)」も視野に入ってきているというのに……w

投稿: | 2008.10.20 23:51

三鷹工器 ×
三鷹光器 ○ でした、スミマセン

入社試験は模型飛行機‐中村義一氏‐
http://www.hr-plaza.com/webmagazine/person/05/page01.html
一代で世界トップクラスの「町工場」へ
NASAやライカが舌を巻く
ものづくりの極意とは?
http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/tm/051/

>地方の国公立大学が云々
>大学でてもそれに即した産業があるか?

福井県の場合ですと、「原子力は土砂降り」の中、運用スタッフ育成の為、福井工業大学に原子力技術応用学科が有りますよね(ここは私学ですが、地域独自のニーズに応えている例でしょう)

http://www.fukui-ut.ac.jp/info.rbz?nd=191&ik=1&pnp=106&pnp=191

>遺伝子組み換え作物受け入れ

他の方も指摘されている通り、F1種で種子供給・農薬・肥料もセットで縛られた、いわゆる「緑の革命」の再来では無いのか?という疑念が晴れない事が、消費者の忌避に加えて、生産者側にも二の足を踏ませているのではないかと思われます。
http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/currt/F1.html

カロリー源として効率良く生産したいだけならば、都市近郊に管理された環境の「作物工場」を設ければ良いのでしょうが、水田の涵養効果やヒトが居ることが前提で国土保全が行なわれてきた中山間地域からの「撤退」には、その価値の評価と後始末(ヒトが手を掛けなくなっても荒廃せず、緩やかに元の自然に返る)が不可欠でしょう。

>東京タワーは芝園、赤羽橋周辺の首都高からみるのがもっともよいかと。

仕事帰りにノロノロと渋滞に嵌まりながらも、光り輝く東京タワーを見ると癒されたものですが、24時過ぎて消灯後だと、疲れが増して余計凹むのでした_ノフ○ グッタリ

投稿: yossi | 2008.10.20 23:55

>2ちゃんでは「アカのスクツ」として不評な北海道でのことです
まぁ40年代は炭鉱労組と郵便局と北教組が強かっただけで終わっていたでしょうけど、郵政選挙のときに「自民党が圧勝」って聞いて翌朝新聞で結果を見たら中川武部橋本宗男以外なんだこれは日本なのか?だからなんでしょうけど。
鳩山さんは別にして割と地味に地縁のある人が多いですから。特に行動原理を見ている限りは別にアカじゃないとは思うのですが。って他の府県を思い起こしています。

でもバイク雑誌とか北海道人をさして「おおらかだ」っていうでしょ。あれ、嘘です。単に何も考えていない考えられない。典型例は北島三郎じゃなくて玉置浩二だと思うんですよ。北海道行ったらおばさんに聞いてみてください「オペラとイタリア好きな上田札幌市長はイケテル?」「横道さんチャーミング?」って。半分以上の確率で以下省略

投稿: さいとー(北国) | 2008.10.20 23:59

ふた事目には「労働人口の減少」と言いますが、世の中には無駄な労働はたくさんあります。
コンビニなんて今の半分でいいし、デパートだって半分でいい。車のメーカーだって、日産ぐらいは無くたっていいし、新聞もこんなにたくさんの種類は要らないし、配達もいらない。家電メーカーも、無くても困らないいメーカーは幾つもある。タクシーも必要以上にある。マンション販売の電話セールスだって要らないし、山ほど来るチラシの配布も要らない。
証券会社だってこんなに要らないし、FX業者なんかはそもそも要らない。広告会社もかなり要らない。
パチンコとタバコは産業ごと要らない。

これだけ無駄なことをしていながら、人手が足りないなんていうのはバカげてます。人手が足りないどころか、なんとか無理にでも仕事を増やして出来るだけ多くの人が収入を得られるようにしているというのに。
地方が困ってるのも働き口が無いからなのに。

投稿: | 2008.10.21 00:12

>ふた事目には「労働人口の減少」と言いますが、世の中には無駄な労働はたくさんあります。

ものすごく同意! 文筆業も今の半分でも良いw!

高齢少子化は産業構造の変化で対応すべきです。
移民なんて、まったく論議の外。

投稿: | 2008.10.21 00:28

>過去50年から向こう50年の数字を弾くんですよ。

50年前には、増加する労働者人口を吸収できるだけの産業がありましたが、今はそのような労働集約的な産業はどこにもありません。

移民で労働者人口をふやしても、それは即座に失業者になってしまうか、安い派遣奴隷として一生を過ごしてもらうしかありません。

投稿: ほるほる | 2008.10.21 01:14

>生涯最後の幸福
そうですね、自己の人生に関する責任感の発露の
最大のものでしょう。ただ、先生あたりに言わせると、家族への責任は?という疑問も生ずるでしょうが、
この10年間の日本社会の変動によって
世代間の連続性が破壊されたしまった以上、無意味な話だと思います。(最近の先生のご意見は将来を託すべき御子息を持ちながら、
世代間戦争を煽る等、ダブルススタンダードですし・・・)

自分は30代前半で、職業からすると、ここでは
先生から少子高齢化解消の尖兵とならなければならないと、話題が出るたびに批判されていますが、自殺するまでも無く戦死しそうですから、
結婚という選択肢が個人的には発生しません。(職場において、それを受け入れるかのような精神風土の構築があからさまになっています。)

個人的には、国民すべてが常々死というものに向き合い、(生命の危険にさらされるという意味ではないです。)
晩節を汚さないためにどうするかを考えないといけないのかと思います。
自殺するにしても、迷惑を最小限に抑えるやり方とかを考えないといけないのでしょうね。

>プラモデル
別に何を作っても、気にする必要はないのでは?
小学校の時、担任がバリバリの日教組だったときに、堂々と空自の航空際に行き、買ってきたパッチを付けた上着を着ていましたが特に支障は
なかったですよ。私立進学の内申書も書いてくれましたし・・・(内容は疑問ですが、合格したのでいいやと

投稿: B・・ | 2008.10.21 01:41

>50年前には、増加する労働者人口を吸収できるだけの産業がありましたが、

製造業の就業数は中国ですら、激減してますからね。
50年経ったら、移民なんて馬鹿な政策なんで行ったのかと議論していたりして。

投稿: | 2008.10.21 07:22

現在、中国で農地を集約して大規模化、農民を大幅に減らすそうです。
放っておいても、中国の都市で吸収出来ず、大量に日本へ流入するかもしれません。中国も景気後退だし。

投稿: | 2008.10.21 07:33

>移民で労働者人口をふやしても、それは即座に失業者になってしまうか、安い派遣奴隷

これ多くのコメントで見受けられましたが、逆じゃないかな?
むしろ中国やインド当たりからの優秀な労働力を狙ってるんじゃ無いのかなぁ。で職を失うのは労働者の9割
以上を占める平凡な日本民族の方だったりして。そうすると中国が日本を吸収してゆくのも時間の問題でしょうね。

投稿: nao_c/w | 2008.10.21 08:33

労働力ニーズなんてのはなかなか読めないんですよね。バブルのときだって、あれほど人手不足が騒がれていたのに、崩壊したあとはあの通り。何のことはない、景気で決まる部分が非常に大きいんですよ。そのたびに移民を増やしたりしていたら、国全体がどうなることか。

投稿: | 2008.10.21 08:52

※ 橋下知事が反発「朝日新聞のような大人が増えれば日本はだめになる」

単純な算数の疑問なんだけど
阪神高速道路の交通量が一月90万台で一日3万台だけど。
橋下が2週間
「供用開始が遅れると通行料で6億、7億円の損害が出る」
と言っているんだが、通行料7億として一日5千万。
通行料金を他区間の最大料金の千円と考えて5万台?
んなことありえるのか?

投稿: | 2008.10.21 08:54

現実に24時間交通量5万台の道路はある。

第2京阪の個別のことは知らないけれど、交通量予測の世界なら、開通当初から24時間交通量5万台はありうる話。多分過大な予測値だろうけれど。ほとんどの交通量予測は過大。橋下はこのデータに基づいてしゃべっているのだろう。

そもそも通行料金が1000円なら料金抵抗が大きすぎて、5万台という交通量は考えにくいと思う。この現象については瀬戸大橋や東京湾アクアラインという類似例がある。

投稿: フロレスタン | 2008.10.21 11:53

高速代は普通車500円程度。
よって10万台必要。
どう考えても無理。
現実には2万台もいかないだろう。

投稿: | 2008.10.21 13:29

>ちなみに、日本の食べ残し食品は年間900万トン、世界の食糧援助量は年間590万トン。

史家が明治期の貧者の群れを「資本の原始的蓄積期に必然」と片付けるなら、〈高度に発展した資本主義社会のアメリカや日本において日々発生している「家なき者」(ホームレス)をなんと説明するのか問いたい。国民全員が食べられる物資が国内にありながら、なぜ路上生活者はごみ箱をあさらなければならないのか〉。

司馬遼太郎が語らなかった「坂の下の人々」~『貧民の帝都』
塩見鮮一郎著(評:尹雄大)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081020/174415/

投稿: | 2008.10.21 16:11

阪神高速の交通量は 1日 90万台です。
1ヶ月 90万台ではありません。

投稿: mick | 2008.10.21 16:14

マケイン陣営、国連ロシア代表部にも「献金のお願い」
http://www.asahi.com/international/update/1021/TKY200810210057.html
たしか、マケイン陣営はオバマが社会主義者だと言ってなかったかい。
パウエルショックでよほど混乱してるのか。

投稿: | 2008.10.21 16:36

阪神高速の交通量90万台というのは、全路線の合計でしょう。
複数路線あるから、それくらいは当然。

ちょっと古いデータだけれど、
http://www.o-bay.or.jp/root/koutu/hankotu.htm
を見ると、神戸線で10~12万台、湾岸線で5万台くらい。まあそんなところでしょう。つまり、関西の人にわかりやすいイメージとして、24時間交通量5万台なら阪神高速湾岸線、同10万台なら同神戸線を思い浮かべればいいということ。

第2京阪の場合は、1路線の断面交通量で見る必要がある。
新しいバイパスで、いくら京都と大阪むすぶといっても、有料でいきなり5万台というのは考えにくい。

投稿: フロレスタン | 2008.10.21 18:19

>マケイン陣営、国連ロシア代表部にも「献金のお願い」

お前は今まで「反露」カラー革命やらグルジアのサーカシビリやらをさんざ煽っておいてどの面下げて…とロシア側は思ってるのでは。
とはいえ、あのКГБ人脈ですから、そんな顔など見せずに笑顔で紐のついた札束と天然ガスなどを渡して後々高くつくお金に仕立て上げそうですが
…ま、これが進めばウクライナに反露「改革」政権を置くなどロシア周辺に傀儡政権を進める目論見はつぶされるでしょうね。入ったばかりのWTOからも脱退させられたりして。

投稿: 業界インサイダー | 2008.10.21 18:34

>有料でいきなり5万台というのは考えにくい。

開通後1年で一日5万台の流量が確保できるとしたら
開通を1日遅らせる毎に5万台分の機会損失が出ると考えるんじゃないですかね。

投稿: 紅 | 2008.10.22 07:49

普通車450円だから5万台じゃなく10万台ですから不可能な話。
現状開通区間でも2万台行ってないのに。

投稿: dada | 2008.10.22 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耕作地というリソース:

» ■『古代文明と気候大変動―人類の運命を変えた二万年史 』 ブライアン・フェイガン。巨大なシステムが崩壊するとき。 [そこに魂はあるのか?]
地球温暖化による気候変動は社会問題としてようやく世の中に定着してきたが、どうやら [続きを読む]

受信: 2008.10.21 14:44

« 日本外交を褒める | トップページ | 車離れ社会の恐怖 »