« 事件は風化せず | トップページ | Google 帝国 »

2009.02.24

ドジを踏んだのは誰?

※ ダウ終値250ドル安、11年9カ月ぶりの安値
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090224ATB7IAA0524022009.html
*米、GMとクライスラー破綻に備え緊急融資検討 米紙報道
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090224NT002Y98223022009.html

 今朝のCBSニュースでもトップ扱いで、今年この後2千ポイントの下落は十分にありうるとアナリストが言ってました。
 アメリカに関しては、GMを破綻させた後、しばらくは下げ続けるでしょうが、大勢としては、これ以上の悪材料は出ない、ということで、だんだん落ち着いてくるでしょう。GMの破綻は早ければ早いほど良い。所でアメリカでは、年間400万人ほど人口が増えている、というのを、つい先日何かの記事で読んだのですが、そうすると、年間買い換え需要だけで何千万台の自家用車が必要になると。需要が消えるわけではありませんから、半年なり1年なりで在庫調整が進めば、自動車業界自体は急速に復旧するでしょう。
 何しろ日本の都市部みたいに、車を捨てても生活できる、という国ではありませんから。

 翻って、日本の何が拙かったのか? ここ半年に関して言えば、麻生政権に取り立てて瑕疵があったわけではない。その言葉が国民に届かない、というのは致命的ではあるけれど、これは度重なる災難にも遭い、本人の性格もあり、メディアは当然敵対的であった。
 政府紙幣に関しては、これは与謝野さんが閣内に留まり続ける限り無理でしょう。正直、彼を経済通として持て囃している人々の気が知れない。
 唯一、悔やまれるのは、日銀ですよね。量的緩和に踏み切れなかったことが、中小企業の足を引っ張りまくった。日銀の頭脳を持ってしても、この状況は読み切れなかったということでしょうか。

 それで以下のニュース。
※ 石破農相:首相批判に「憤り」 自民県連大会で講演 /高知
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20090223ddlk39010353000c.html

>次期衆院選では「一度民主党にやらせてみよう、などというお試しコースなんてない」と語気を強めた。

  ロジカルな石破さんにしては、国民の本音が解っていないですね。民主党に政権を取らせるのは、「お試し」じゃなく、両院多数派で法案がスムースに通るようになるからだと思うわけですが。
 まずは新年度予算をひとまず通してからのことですが、政府が何をやろうが、処置無しの状況であることを国民はもう悟っている。(今の)日本にとって大事なことは、法案を通せる安定多数派が政権を取ることでしょう。もちろん私は麻生さんを熱烈に支持しますが(^_^;)。私は常に弱者の味方ですw。もう支持率が地を這っているのに飄々としている大将って格好良いじゃん。

※ 衝撃的な実質GDPマイナス12.7%という数字
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/173/index.html

>つまり、実質的な給料が増えたのに、消費が落ち込んでいるのである。これは、間違いなく消費者マインドの冷え込みを示している。先が見えないから、金を使う気になれないのだ。これは非常に危険な兆候である。<

 危険も何も、だから超節約だ! とか煽ったのは他ならぬあんたじゃん!?

※ 30年後、厚生年金給付2割減 政府見通し、年収の5割
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY200902230329.html

 どう考えても、今後とも正規雇用が減り、非正規雇用が増えるだろうに、どうやってそれを維持するんですか? こんなの誰も真に受けないでしょう。
 それで非正規雇用が増える中で、マイノリティに過ぎない厚生年金の給付を論じることに果たして意味があるんだろうか?
 いずれにしても、唯一この問題を解決するのは、年金の完全一元化と、人口回復ですよ。人口が回復基調に乗れば、こんな試算なんかする必要すら無くなるんだから。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 正義のかたち:死刑・日米家族の選択/7止 塀の中生活21年の元少年
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090221ddm041040040000c.html
※ 過激なAVや風俗店の“ゴムなしプレー”が助長!?
http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009022337_all.html
※ 【アカデミー賞速報】作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090223/tnr0902231359019-n1.htm
※ アカデミー賞に鹿児島県出身加藤久仁生氏
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00141805_20090223.shtml
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=15413
※ 講演会:「“よい子”の心」を香山リカさん分析--高松 /香川
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090223ddlk37040380000c.html
※ 鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090224-OYT1T00121.htm

※ 前日の空虚重量70.5キロ

 いつもの定期診断。長い一日になる。10時半、まずリハビリを終えてから採血、窓口でブツブツ言われる。
「これからは診療予約時間の午後来てください」
「え? 一年間こういう形で変な血糖値が出ないよう配慮して来たのですが? それで何か言われたことは一度もありませんでしたが…‥」
「ですから、正確な空腹時血糖値を出すために、採血の4時間前に食事を終えれば良いわけですから、患者さんの場合は、午前11時までに昼食を取れば良いでしょう?」

 何だか狐につままれたような気持ち。何を言ってるんだ。このアホは…‥。患者は決まった時間に食事が出来るとでも思っているのか?
 とブツブツ言おうと思ったのだが、相手は話を遮り「今回だけですからね」と引っ込む。来月も言われたら「それまでと、前回の違いに関する合理的根拠を示してくれ」と迫ろうかと思う。その日の診察時間までに採血検査結果が出れば良いことを思えば、むしろ診察時間に間に合うようぎりぎりで採血&検査結果を出さねばならないことの方が、病院側にとっても負担は少ないと思うのだが。彼女はいったいどういう理屈でそんなことを突然言い出したのかさっぱり理解できない。
 帰宅して食事。診療時間を一時間勘違いして再び航空ファン&エアワールド&軍研を持って病院へ。受付を済ませた後、一時間早すぎたことに気づき、新聞を片づけ、一端帰宅、パソコンのケーブルを外して再び病院へ。結局PCを起動する時間は無く、雑誌を片づける。フムフム…‥。心神から戦闘機開発? 夢はでっかくだな(本音は言わない(^_^;))…‥。でもXF5-1てどうなの? あの推力変更パドルて、X-31時代のポスト・ストール用のベーンじゃないですかぁ。ぶっちゃけ20年前の概念。今更あれはないでしょう。

HbA1c 5.6 なんだか年明けから下げ止まった感じ。
LDL-ch 111(前回118)順調に下降中。
血糖値は103。前回(98)よりちょっとオーバーぎみかな。でも誤差の範囲内
問題はTG(中性脂肪) 309H(平均値30-160。先月は94)

 ドクターが、「お酒でも飲みましたか?」
 全く思い当たる節がない。いくら何でもこの数値は異常ですよね。
 診察が終わってから唯一思い当たったのが、前夜と朝食べた麻婆豆腐
 ちなみに、過去24時間の食事内容。

 日曜お昼。卵入りラーメン
 日曜夜。麻婆豆腐とサラダ(マヨネーズとドレッシング)
 月曜6時半、食パン二きれ(ジャム&バター)&昨夜の残り物の麻婆豆腐。和菓子一つ、牛乳200㏄程度、採血は11時半。その間、水一杯飲まず。

 麻婆豆腐如きでこんな異様な数値が出るだろうか? ググッて見ると、中性脂肪の精確な数値を計るには、当日は絶食、牛乳も駄目とあるけれど。
 帰宅は17時。半日潰す羽目に。今日もこれから耳鼻科行かなきゃならない。

※ 有料版おまけ キャッチフレーズ

|

« 事件は風化せず | トップページ | Google 帝国 »

コメント

>両院多数派で法案がスムースに通るようになるからだと思うわけですが。
TBS系夕方ニュースの視聴者であるウチの母はそんな事はぜんぜん考えてないですよ(笑)。
ブログ検索で見かけた与党批判に対し、コメ欄で「参議院で何でも先延ばし」の現状を伝えても、それでも何とかしない政府が悪いとかレスが帰ってきますが。

議会とか予算が何を意味するのかの基本が分かっていない人が大多数というか、ほとんどなんですね。だから、失言とか酒とかの分かりやすいネタには飛びつくけど、予算の中身を議論しようという人はいない。
もちろんマスゴミのせいもありますけど、そもそも民主主義そのものが根付いていないからだと思いますが。

中性脂肪:
食事は、ちょっと炭水化物が多くないですか?
炭水化物の摂りすぎ=中性脂肪に直結と記憶していますが。(ソースは不明)

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.24 10:17

食後中性脂肪があがるというのはメタボな証拠。
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_37/panfu37_05.html
http://www.descente.co.jp/ishimoto/26/pdf26/des04.pdf
偶の検査でいい数字だけ記録しても、日常的に中性脂肪が高いなら、血管壁はその中性脂肪の多い、small dense LDLに吹き晒されている。
それに500を超えるなら、膵炎にも気配りが必要になる。
>『イギリスで不味いモノを食べたくなければ朝食を3回喰え』
パブでも、Full Breakfastが閉店まで出してますが、まぁ↑は悪化すること間違いなし。
http://en.wikipedia.org/wiki/Full_breakfast

投稿: pongchang | 2009.02.24 10:34

どうでしょうね。自分の周りにいる政権交代派の大半は、
「一度民主党にやらせてみたら」ばかりですよ。
とてもじゃないですけど、「円滑な法案通過」は希望であって目的ではないわけですよ。今、こんがらがっているのは自民党のせい(ま、あながちウソでもないですが本当でもないでしょ?)という認識なわけです。

いや、いいんですよ。国民が選挙で選んだ議員ですよ。
国難に目を背けて陣取り争いに興じているのは、国民の政治意識の結果なわけですよ。これも民主主義ですからね…やれやれと言ったところですが。

投稿: | 2009.02.24 10:36

>国難に目を背けて陣取り争いに興じているのは、国民の政治意識の結果なわけですよ

マスコミのレベルが低いので、有権者の意識もそれに引っ張られていると思いますけどね。
国民たって情報はマスコミからしか得られないし、彼らはご丁寧にも「どこをどう怒ればいいか」って所まで懇切丁寧に繰り返し繰り返し教えてくれます。
ま、洗脳のやり方そのものですけど。

投稿: | 2009.02.24 10:54

小渕は野党がレート上げて小細工したらそれに対抗して法律の成立や予算の成立を優先しました。
今回ので例えれば定額給付金関係を分離処理するようなものです。
それで国民生活優先しました。
現在の情勢は野党が定額給付金名目で反対して政局にしているとの批判はその通りですが、与党も定額給付金を分離しないでやれば
野党の反対でなかなか補正予算執行も難しいのがわかっていてやっているのだから同罪です。
どちらも政局だけ見てやっている。

投稿: | 2009.02.24 11:06

>10時半、まずリハビリを終えてから採血、窓口でブツブツ言われる。
先生、窓口ってのは検査科とかの窓口ですか?
それとも会計の窓口ですか?
会計ならいわれるかもしれません。

投稿: | 2009.02.24 11:08

定額給付金に関してはジレンマがありますね。

定額給付金をやる→野党からの攻撃材料になる→政局混迷(今ココ)
定額給付金をやめる→公明党との連立解消→衆議院で2/3が使えない→立ち往生

結果論から言えば、定額給付金ではなく定額減税にして、コソっと通してしまえばよかったという事ですね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.24 11:30

>定額給付金
確か定額減税にならなかったのは、「税金を納めていない人」が対象にならないのは問題だという公○党からの申し出で、チャラになったと思います。

投稿: フェリ | 2009.02.24 11:38

>先生、窓口ってのは検査科とかの窓口ですか?

 内科の窓口ですね。事実上会計も兼ねていますが。そこで検査指示書やコップを受け取り、診察が終わったら請求書もその窓口から出てくる。
 会計云々はあるかも知れないですね。
 一応次回は、肝機能検査も入れて貰うことになりましたが。

投稿: 大石 | 2009.02.24 12:22

>近藤さんの話
実際AVの影響はあると思いますよ。
DMMのレビュー見ても「近藤さんを使用しているか否か」で評価したり(不使用じゃないとダメなんだそうで)するレビュアーがかなりいたりしますから。

昔は「商売女のすること」だったはずの口淫が一般化したり、演出上の要請(「ヤった」ことの証明)である顔シャを一般人がまねして結膜炎起こしたりと、映像の力はやはり強力です。
特にこういった秘め事は、男女とも人になかなか聞けないので、失敗を恐れる層はAVを教科書扱いにしがちでしょう。

投稿: 銀次 | 2009.02.24 12:30

>日本にとって大切なことは、法案を通せる安定多数派を取れること

今回、政権交代を望むヒトたちの中でも、アンチ自民で民主党政権をというヒトばかりでなく、自民党にショック療法で活を入れる為に、それを望むヒトもある程度は存在するんじゃないかと思われます。
もし自民支持者の中や自民寄りの投票行動を取ってきた浮動層が、こうした心理で動くとしても、自民党自体に自浄能力が残っていれば、政権をむざむざ譲り渡す理由が無く、又、自身がようやく始動にこぎ着けつつある、「食料安全保障」に腰を入れて取り組める環境作りが台無しになる事も無い、こうしたロジックを気分で「チェンジ」されては堪らない、というのがゲル長官の本音ではないでしょうか?

投稿: yossi | 2009.02.24 12:39

>定額給付金
なんでこれに拘泥するか全然わかんない。公明党との協力関係だけしか考えて無いじゃない。実際問題として、この金額をばらまいただけでは何の効果も期待できない。日常の消費に回るだけでしょ。それより、これで全国の小中学校の耐震工事をやった方が、遙かに経済効果があるし、国民の命と財産が守れる。もうね、これだけでも政権交代の意味がありますよ。

>死刑・
名古屋のこの事件ですが、当初彼らは刑務所の中で窓越しに「ようよう」なんて言い合ってたらしいです。記事にあるように、1~2年で出られると考えていたようです。仲間は、出所してすぐに行方をくらまし、被害者に謝罪も賠償も殆どしていません。犯行当時が19歳ですから、今なら死刑があったと思います。でもまぁ、無期ですから、今の基準ならあと20年はでられんでしょう。そうなったら、恐らく身元引受人がいなくなるので、本当の終身刑になるかも知れない。それが一番でしょうね。

>市長のブログ
公務員の給与表は公表しても構わないと思うけど、ただ1人しかいないと思われる役職まで公開すると、個人を特定できちゃうよ。公務員の氏名等は個人情報の保護対象にならないかも知れないけど、収入まで1円単位でさらすのはどうかと思う。例えば、医師の給与(さほど高くはないと思うけど)を公開しましたが、この医師が怒って退職したらどうするの。簡単に替わりなんか見つからないよ。市民が不便を被る責任は誰が取るの。自分がやめれば済むって話じゃないでしょ。

投稿: | 2009.02.24 12:44

全国の放送委員会児童の諸君、大人の都合だ、さよなら、さよなら
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090223AT1D130C622022009.html
「学校側が決めたプログラム通りに自動的に音楽を流す。」

投稿: pongchang | 2009.02.24 12:59

>なんでこれに拘泥するか全然わかんない。

選挙が近いんで、野党に得点を許すわけにはいかないからです。
「民主党は反対ばかり、彼らには何の政策もない!」というのが自民党の最後の砦ですから。

迂闊に野党の修正案を受け入れて耐震補強をやったとして、よしんばそれがそれなりの効果と好評を博してしまったりすると、国民の間に「民主の政策でもなんとかなるんじゃ?」というムードが生まれます。
それだけは絶対に避ける、というのが麻生首相の戦術ですね。

施政方針演説から「民主との対決」を叫んでいるわけですから、麻生首相はこれに関してのみは一点のブレも無いと思いますよ。

まあ、私から見ると、野党ではなく経済危機と戦ってくれよ、と思いますけど。


投稿: ez | 2009.02.24 13:05

>これで全国の小中学校の耐震工事をやった方が、遙かに経済効果があるし

それは別でやるって話じゃなかったでしたか.
ついこないだの新聞の一面にも「公共事業前倒し」とか「学校耐震化」とかやるって載っていましたし.
それとも,経済対策が2兆円の定額給付金しかないとお思いなのでしょうか


>この金額をばらまいただけでは何の効果も期待できない。日常の消費に回るだけでしょ

額の多少に関する議論はあるでしょうが,一般論として家計も企業も金を使わないのだから
政府がばらまいてでも金を使うというのは特別間違ったことではないと思うのですが.

投稿: nampac | 2009.02.24 13:07

先日、ラジオで聴いたイギリスに行った留学生の話によると、食器を洗った際にすすがないそうですw
イギリスの家庭では泡の付いた皿に料理が乗って出て来るそうですw

投稿: SEED | 2009.02.24 13:10

2兆円も使うんならそれで遠洋航海専用の対海賊専用艦隊でも作ればいい。相手は海賊だから対空や対潜水艦は考えずにひたすら対艦のハリネズミ武装艦で。旗艦は大和な。

投稿: | 2009.02.24 13:19

恐らくここ数週間以内にいくつかの銀行が国有化される。すでにオバマが宣言したように日本の失敗の轍を踏まないためだ。結局リトル3も破綻させ、チャプター11を適用することになるだろう。そのほうが最終損失は少ないとみられるからだ。あのグリーンスパンさえ一時は銀行国有化に賛成したというのだから、彼が言って皆が便利に使うスローガンはあながち嘘でもないのだろう。

社会主義化するアメリカ資本主義(1)
http://news.goo.ne.jp/article/newsweek/world/newsweek-20090221-02.html

投稿: | 2009.02.24 13:43

>会計云々はあるかも知れないですね。
以前病院のシステムがバカで予約診療のくせに午前午後で他科受診という処理がきちんとできないとおっしゃってましたよね。
午後診療のDMの分の検査料を午前中に処理できない|処理したくないから午後にしろというのが原因かもしれないです。

投稿: | 2009.02.24 13:50

>迂闊に野党の修正案を受け入れて耐震補強をやったとして(中略)それだけは絶対に避ける、というのが麻生首相の戦術ですね。

逆でしょう。民主党は小渕政権時の金融国会で民主党案を丸呑みさせたのにも関わらず、「金融安定化のため、自民党はそこまでやった」と小渕の手柄になった痛い過去があります。
それに懲りているから、与党が飲めるような案はまず出さず、それでも与党が飲もうとしたら自ら出した案を撤回するような事もしています。

だいたい、仮に次の衆院選で自公が過半数を維持した所で、民主党以下は「衆院の結果と参院の結果は別」「与党は大幅に議席を減らしており、国民批判の現われだ」というのは目に見えております。
で、2/3条項の使えない与党に何ができるんです? 今よりさらにグダグダの内閣が出来るだけじゃないですか。

投稿: | 2009.02.24 13:54

>キャッチフレーズ

「出生倍増計画」

「家庭補完計画」

で決まりでしょう(爆)

投稿: 七師三等兵 | 2009.02.24 14:05

卵入りラーメン ← 不健康その物
(ラーメンは塩分過多、卵はコレステロールの元凶)
サラダのマヨネーズ ← 不健康(ry
(マヨネーズもコレステロールが・・)
当日の朝食 ← 本当に検査受ける気あるんですか?
(しかもジャム&バターに牛乳って・・・)

確かに日常生活での数値を得るのであれば、特別に気を掛ける
必要もなさそうですけど、このメニューで良い数値が出るとは
思えません。
検査当日の朝は少量の水のみにするのが普通だと思ってました。
胃のレントゲン(バリュウムを飲む)の時は、さらに前日の
21時以降は飲み食い禁止と言うのが追加になります。

投稿: | 2009.02.24 14:14

>このメニューで良い数値が出るとは思えません。
よい数値をだすために検査するんですか?w

投稿: | 2009.02.24 14:39

正確な数値を出すために検査するんだよjk。

投稿: | 2009.02.24 15:15

>イギリス
数年前、イギリスが好きだの嫌いだのおいしい、まずいといったイギリス本ブームがあったのを思い出しますね・・・。

投稿: 禿鷲 | 2009.02.24 15:31

>検査当日の朝は少量の水のみにするのが普通だと思ってました。
DMに関連する検査で食後4時間空腹時血糖値を測定するには「食事」をして「4h経過」する必要があるの。
食後の血糖値の下がり方を時間経過により観察する必要があるから。
(先生の朝食が多いかもしれない、というのはあるにしろ)
当日朝、絶食したら良い数値も正確な数値もでない。
どこがjkやら。

投稿: | 2009.02.24 15:40

食事内容には確かに疑問を感じます。カロリーだけを考えて栄養成分を全く考えていないと地獄への道ですよ。
と、交通事故で腎臓出血の挙句、透析地獄に一気に叩き落とされた自分は警告しておきます。
透析でよく病院に行きますので、糖尿などで段々と悪化していく人たちの例をここ数年見続けていますので。

投稿: | 2009.02.24 16:17

良い数値にするために検査しているんですよ。
良い数値≒健康

投稿: | 2009.02.24 16:28

「米中は安全な舟に同乗」「これから沈みゆく泥舟」 米国債購入、中国世論二分
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/m20090224016.html
一方、機関故障のため長いこと漂流を続ける日本丸の乗組員たちは、こちらに向かってくるその舟に笑顔で手を振っていた。「よかった、これで助かるぞ」

ケインズ復活の時が来た
http://www.asahi.com/business/column/index.html
世界の国々で何がもっとも望まれているのか。それはヒーローの登場だ。

銀行が国有化され、リトル3も事実上国有化されるとなにが起こるかは書かなくてもわかるだろう。
日本は絶対防衛圏、すなわち「バブルの砦」を突破されるということだ。ここで我々誰もが可能な対応であり、唯一必要なのはいつものスローガンを唱えることだ。「総員、衝撃に備えよ」

投稿: | 2009.02.24 16:50

>ケインズ復活の時が来た

 この記事は正直面はゆいというか、そんなに単純な話じゃないでしょう、と思えてならない。

>食事内容には確かに疑問を感じます。

 ここいらへんはぶっちゃけもう一安心してだらけてます(^_^;)。
 友達に透析専門病院の専門家がいて、先週一時間ばかり、諸々聞いて来たんですよ。したら腎臓移植しても、それが長持ちする人は希だそうで。長期入院患者の転院問題とか、病院の苦労もいろいろあるみたいですね。
 私の血液検査の場合は、HbA1cが悪化しない限り、今は主に食後の血糖値の変化を探るのが目的みたいなものですから、食事は普通に取って採血するのが前提なんですよ。ドクターは、食事の内容や食後何時間での採血だったかをしつこく聞きますが。

投稿: 大石 | 2009.02.24 17:06

>近藤さん
先週の金曜日に飲んでいたら、学生時代の「持ち物」の世代間格差を味わった。
俺世代(37歳)あたりだと「財布にゴム」ってのは「ちょっと悪い子」系統に入ったのだが、部下世代(25歳)だと「ちゃんとした人」になるそうだ。
今の10代だと「真面目」と呼ばれるのだろうか?
ああ随分と遠くに来たもんだなあ・・・・・

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.02.24 17:13

>良い数値にするために検査しているんですよ。
>良い数値≒健康
良い数値≒健康にするために検査しているんですよ。
って本気?
検査は治療による改善なり維持、あるいは悪化がみられるかを診るためにあるもの。
また今回の先生のように戒めるべきことがあれば、それが発見できればよい。
いくら「いい数値」がでても、自分もそうだが不治の病(DM)じゃ健康にはならない。

>ここいらへんはぶっちゃけもう一安心してだらけてます(^_^;)。
私の主治医は「ひたすら、ゆっくり付き合いなさい」とおっしゃってます。
御自愛もほどほどに御自愛のほどを。

投稿: | 2009.02.24 17:39

以前、江沢民主席は村山富市と言うおっさんに
「日本は最も成功した社会主義国家です」と言われたそうですが、海外から見ると本当に日本って社会主義国家なんですよね。そろそろ、羊の群れから狼が出現しませんかね(笑)。
年金の件、私も意見を書いていますので宜しかったらご覧になってください。

投稿: 気弱な地上げ屋 | 2009.02.24 17:58

次の選挙ではどうがんばっても自民・公明で2/3は無理でしょ。仮に過半数は取ったが、2/3は取れなかったらどうするか。何にしても、民主と組むか、民主の案を入れざるを得ない。予算は通せても予算を執行するための関連法案は全部ダメなので、結局予算案も民主の案を無視できなくなる。本当はこの姿が一番良いかもしれない。政権は自民が取るが、法案は全て民主もうなずける内容でなければならない。

投稿: | 2009.02.24 18:06

先生、私は先生のご病気のことも何にもわからず書くわけですが、
このメニューは先生のお歳の方の食事(私も同じくらいです)としては、あまりにも、あまりにも、あまりにも野菜果物不足です。
サラダ食べてるもん!とお思いかもしれませんが、生野菜サラダの野菜(レタス・きゅうり・トマトの類)は、所詮水と繊維をドレッシングやマヨネーズの塩と油に浸して食べてるに過ぎません。便通にはいいですけどね。
野菜の神髄は根菜類ですよ。これを採らなきゃだめです。それと青菜の類(ラーメンに炒めたりして入れてたらごめんなさい)。朝の和菓子はどうか果物に替えて下さい。ものによってはお菓子よりも糖分の多い果物もありますが、それでも練りもん粉もん蒸かしもんよりはマシです。朝の果物は金、昼の果物は銀、夜の果物は銅、ですよ。

投稿: 彼岸過迄 | 2009.02.24 18:07

自動車産業がどうなるか?というのは結局、
今後の原油価格次第ということになるのではないでしょうかね。
中国・インド以外にも新興国での原油需要(車の燃料だけでなく、その他医薬品や農薬、消費財の原料として)が増えるでしょうから、原油価格はいずれ青天井をつけるでしょう。
そうなったらアメリカの郊外型の都市は放棄せざるを得ないでしょうね。
既にその兆候は見えてきてるわけで。
日本も人事ではなく、郊外にローンを組んで戸建やマンションを買った層は打撃を受けるでしょう。
時代は確実に自動車不要のコンパクトシティを望んでいるように思えますが。

投稿: 夕暮れガンマン | 2009.02.24 18:51

>>食事云々

お子さんいらっしゃるから今更移住も困難でしょうが、
都心に一本でも少し歩けば日常的にどこかのお百姓さんが店出してる程度には田舎な所も未だ結構ある訳で、
質のいい生鮮食料品が安価に入って徹夜のお供が露地のキュウリとかそう言う生活に転換出来るとご病状も劇的に改善しそうな気がしなくもないように思いますけど、詮無いですよね…
ノクチだとそう言う生鮮食料品まともに扱ってる店がたくさんあるようで、実のところそんなにないですからね

投稿: 業界インサイダー | 2009.02.24 19:25

>両院多数派で法案がスムースに通るようになるからだと思うわけですが。

黒煎りゴマ様の考察が真をついているのではと愚考いたします。
確か読売の世論調査だったと思いますが、民主党を次の政権にという意見が過半数征していましたが、「民主党が政策能力あると思うか?」と言う問いには過半数近くがNOを突きつけていました。

結局、今の民主党支持と言うのは、民主党の渡部最高顧問が図らずも述べたように「良いとか悪いとかそんなの関係なくチェンジ」という空気に充てられているだけではないかと。
正直、今民主が政権とっても、半年も経たないうちに「チェンジ」叫んでいた有権者が「こんなはずじゃなかった」「さっさと下野しろ」と罵声言っても驚きませんよ。

>耐震工事

福田内閣の時にやって、二次補正その他でもやっています。

>法案は全て民主もうなずける内容でなければならない。

「反自民」以外纏まりがつかない政党全体が頷ける法案出すって、それこそ至難の業ですな。
そもそも、現在の民主党上層部で「政局よりも政策」を打ち出せる存在がいるかどうか・・・。

投稿: | 2009.02.24 19:59

>それが長持ちする人は希だそうで。

そうですか。自分は学生時代に交通事故で透析になってもう10年以上透析していますが、移植した人も何人も知っていますが、10年以上持っている人が7割以上だそうですよ。5年以上だともっと増えます。定期治療と免疫抑制剤の処方で来院される移植された人を何人も知っていますが。
20年以上という区間だと確かに稀ですが。

投稿: | 2009.02.24 20:51

平沼終わりました。
こいつは完全に民主主義の敵ですな。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090224/plc0902241905012-n1.htm

投稿: | 2009.02.24 21:10

急な招待もそっけない? 日米首脳会談 異例の昼食なし
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090224/amr0902240836001-n1.htm
きっとワインを飲みすぎたらマズイと思って気を使ったんじゃないのか。

与謝野氏、竹中氏の理論を一蹴
http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/20090224/b51aefda612e40c6cb370b34a6d0624d.html
以前から竹中も与謝野の考えを批判していたから、本格バトルに発展するならおもしろそうだ。与謝野チームにはそうだな中谷巌と手鏡教授を加えて欲しい。竹中チームに参加する勇者を探すのは結構大変かもしれないが。

投稿: | 2009.02.24 22:20

>>ケインズ復活の時が来た

> この記事は正直面はゆいというか、そんなに単純な話じゃないでしょう、と思えてならない。

 単純な話だと思いますよ。
 日本がいま陥っている状況は、アメリカやイギリス、アイスランドが直面しているような不良債権を抱えた金融機関によって流動性が枯渇して金融システムが崩壊の瀬戸際、とは違って、純粋に「需要の減少」による需給ギャップによる古典的な景気後退だから、ケインズ的な財政出動がてきめんに聞くはずです。

 ケインズ政策が必要だというのは、かなり前から経済学者の野口悠紀雄氏(早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)が主張してます。
----------------------
 100年に1度の危機に、ケインズはよみがえるのか?

 いま世界で起きているのは、マクロ経済学の教科書に書いてあるとおりの事態だ。すなわち、有効需要の激減が、経済活動に大きな影響を与えている。
----------------------
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む
http://diamond.jp/series/noguchi_economy/10001/


野口氏は、GDPのマイナス10%減を当ててしまったので、
週刊ダイヤモンド2月28日号では特集3「 直視せよ! 日本経済崩落の真因」
が組まれてますね。

 小渕政権の公共事業が有効でなかったのは、公的資金注入(金融政策)が必要な金融危機に、財政政策をしてしまったからです(効果は0ではないが)。
 
 

投稿: | 2009.02.25 00:01

>ドジを踏んだのは誰?

ここの※欄には、長野県の方が何人かいますよね。
参事が電柱で縊死しているのが発見されたようですが、
不適正経理(国に8千数百万円返還した件)と関係のあるポジションだったのでしょうか?

投稿: kouda | 2009.02.25 00:43

>ここ半年に関して言えば、麻生政権に取り立てて瑕疵があったわけではない。その言葉が国民に届かない、というのは致命的ではあるけれど、これは度重なる災難にも遭い、本人の性格もあり、メディアは当然敵対的であった。

 踏ん切りをつけず優柔不断に、戦力(経済対策)の逐次投入ということをしてます。
 
 給付金でぐずぐず
 解散するかどうかでぐずぐず
 道路特定財源の一般化による使途限定無しの特別交付金が、道路予算化け。

 ここらへんのぐずぐず加減が、どうにもこうにも。

投稿: | 2009.02.25 00:48

中国の江沢民を「主席」と呼び、
日本の村山富市を「おっさん」と呼ぶ。

楽しい愛国者だな。

投稿: | 2009.02.25 00:49

あ、そうそう、ゴムは財布なんかに入れとくと
痛んで肝心のときに役に立たないから、
ポシェットかなんかに入れれべきだよ。

ま、実効性を期待しているとは思えないけどね。

元所長さんと同年代の人より。

投稿: | 2009.02.25 00:53

入れれ!
ちょっとはずかしいw

投稿: | 2009.02.25 00:54

>小渕政権の公共事業が有効でなかったのは、公的資金注入(金融政策)が必要な金融危機に、財政政策をしてしまったからです(効果は0ではないが)。


これは注目すべきポイントで、今回は逆の現象が起きてるんですね。

世界的には金融危機だが「日本は金融危機ではなく需要不足危機」。
麻生総理自身が、「日本の金融システムの傷は浅い」と言ってるんです。あれはその通り。


ところが、なぜか麻生政権が打ち出した経済対策は「金融危機対策」のレシピなんですね。
75兆円の緊急経済対策のうち、なんと8割超の62兆円が「金融危機」対策につぎ込まれています。
で、肝心の需要創出部分(いわゆる真水)は8兆円ほどしかない。小渕政権以下の規模なんですね。

今回は小渕政権とは逆に、財政政策が必要な大恐慌なのに必死に金融対策をしているわけです。
なかなか皮肉な現象ですな。

投稿: ez | 2009.02.25 02:39

ブログ主にはこちらのほうも大ニュースでは?

-------------------------------
日本の作家びっくり!申請なければ全文が米グーグルDBに

2月25日3時9分配信 読売新聞

 検索大手グーグルが進めている書籍全文のデータベース化を巡って、同社と米国の著作者らが争っていた集団訴訟が和解に達し、その効力が日本の著作者にも及ぶとする「法定通知」が24日の読売新聞などに広告として掲載された。

 著作者らが自ら申請をしなければ、米国内でのデータベース化を拒めない内容で、日本の作家らには戸惑いもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000066-yom-soci

投稿: | 2009.02.25 08:03

>今回は小渕政権とは逆に、財政政策が必要な大恐慌なのに必死に金融対策をしているわけです。
なかなか皮肉な現象ですな。

 バブルの絶頂期に、国鉄精算事業団が用地を巨額で売却することをやめさせて、負債を帳消しにできるチャンスをみすみすつぶしたり、不況の真っ最中で地価が下落しているときにかんぽの宿を安くたたき売りしたり、真逆の対応ばかり。
 
 

投稿: | 2009.02.25 08:07

>投稿: | 2009.02.25 00:53様
高校生の頃は仲間内で
「コレは核兵器みたいなもんだ。いつでもヤル覚悟があるというのを・・・」
本当に使わない装備№1でしたな。ま、核よか安全だし安かったけど。
初めてのときも結局ホテルに備え付けのヤツだったし。
いざ本番ってときに、財布から出せねえよ。自然には。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.02.25 08:24

>都心に一本でも少し歩けば日常的にどこかのお百姓さんが店出してる程度には田舎な所も未だ結構ある訳で、
ああねいいですよねえ、そういう「人間的」な生活。
(自分もそういうところに住んで、少しばかりの恵みを享受しています)
でも、首都圏1.5h圏内の1戸建てや近郊農業は唾棄すべきものなので先生は住めないのです。
花粉症は、周囲に土のある田舎な環境で子供を育てると発生しにくいそうで、幸いうちの子は杉花粉症が発現していません。

投稿: | 2009.02.25 09:43

麻生内閣経済対策:
75兆円が20年度一次&二次補正+21年度予算とするならば、真水は12兆円じゃなかったですけ?

そもそも麻生氏は財政出動積極論者ですし、真水が少なかったのは党内のコンセンサスが得られなかったからじゃないですか?
少なくとも昨年秋の段階では構造改革&財政再建派がまだ強かった。
定額給付金関連法案の衆院再議決で構造改革&財政再建派は完全に沈黙すると予想されますから、21年度一次補正には期待してもいいのでは。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.25 11:08

>>今回は小渕政権とは逆に、財政政策が必要な大恐慌なのに必死に金融対策をしているわけです。
人は常にこの前の戦争の準備ばかりをしたがると申しましてですね(^_^A

投稿: 義忠 | 2009.02.25 11:14

>真水は12兆円じゃなかったですけ?

例えば道路特定財源から1兆円を地方交付税に回す政策が景気対策にカウントされてますが。当たり前ですけど、道路工事を国が発注しようが地方自治体が発注しようが経済効果は変わりません。

そういう単なる付け替えとか、当初予算で減らしたものを元に戻しただけの水増し分を差し引くと、実質支出増は名目の6~7割になります。

要するに、あくまでも財政再建路線を維持したまま、実質的な対策規模を10倍程度に増やして発表してるわけです。これを景気に対する配慮と呼ぶか、大本営発表と呼ぶかは主観の問題ですが。


>21年度一次補正には期待してもいいのでは。

こっちはさすがに事態の深刻さに気づいて25兆円規模になるそうですが。
10-12月期でGDPが18兆円ほど減少し、1-3月期でも同じぐらい減ってますから。
4月までに30兆円以上が減少し、4-6月期で減少速度が弱まったとしても40兆円程度のGDPの落ち込みが予想されるわけです。

そこに25兆円の財政出動ですから、典型的なTooLittleTooLate。教科書どおりの戦力の逐次投入という感じですね。

投稿: | 2009.02.25 11:30

Too Little Too Late:
たかだか2兆円規模の定額給付金で大騒ぎしている国民性ですから仕方が無いでしょう。
誰が政権を握っていたとしても大差は無かったと思いますが。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.25 13:35

誰が政権を握っていたとしても大差は無かったと思うんなら、
民主党でいいじゃん?

投稿: | 2009.02.25 15:35

>>黒煎りゴマさん

>Too Little Too Late:
>たかだか2兆円規模の定額給付金で大騒ぎしている国民性ですから仕方が無いでしょう。
>誰が政権を握っていたとしても大差は無かったと思いますが。

定額給付金の最大の問題は金額の中途半端さで、「今更一万二千円貰っても…」と言う人と「医療や年金や福祉がズタズタなんだからそっちを先に直してもらわないと」と言う文脈で批判的な人が大半じゃないですか?
細分化すれば「そもそも大筋の金の使い道が間違ってるのに焼け石に水だ」とか「地デジ(゚⊿゚)イラネからそのかねくれ」とか色々出てくるでしょうけど、大きくわければ最初に出した二つのどちらかか両方の人が大多数。
つまり、二兆円突っ込むだけなら先々安心できるように制度改善のためのお金にしてもらった方が助かるし、その場限りの金しか出さないならせめて一人十五万以上は出してよ。と言うのがまごう事なき本音でしょお?

いつ首切られるか分からない、首切られたら野垂れ死ぬしかない、そもそも首切られなくても過労死するくらいに働かされてそれでも国保税もろくに払えない安月給しかもらえない。ってんじゃ景気が冷え込んで当然というか一番金を抱えていて金を吸い上げる権力も持ってる国という物がきちんとした担保を発行しないと動かないのでは。
他の経済先進国だと民間か国かのどちらかがきちんと担保やってるから大恐慌でも落ち込みがこの程度ですけど、日本はどっちも非常に限定的で中途半端な事しかやっとらず、その中途半端な物も原資や資源の大半が中の偉い人に私物化されてるのが(タイミング悪く)わかりやすい形で露呈しちゃっていますからね。

こんなじゃ景気が上向く訳もないし、どーんと落ち込むのも当然ではないかと…

投稿: 業界インサイダー | 2009.02.25 16:57

業界インサイダー様
定額給付金の是非はとりあえず置いておいて、21年度一次補正の真水20~30兆円と言われる景気対策に世論がどのように反応するかですね。非常に興味があります。

これだけの景気対策なら、今まで税金の無駄遣いとされてきた公共事業その他を総動員しないといけないわけですから。
個別には無駄の多い使い方でも「戦力の逐次投入は不可なり」の原則どおり、大胆にやらなければ意味が無い。果たしてそれが理解されるのかどうかですね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.25 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドジを踏んだのは誰?:

« 事件は風化せず | トップページ | Google 帝国 »