« ソマリア沖海保派兵を探る | トップページ | 事件は風化せず »

2009.02.22

電話のエチケット

 ニュースがない平和な日曜ですね。

  今朝のNHKのニュースで報じていましたが、全国のマンションで駐車場契約が減っているそうで、2年くらい前から始まった現象なのだそうですが、夫婦で2台所有していたものが一台手放す、みたいな感じで、ぽつぽつ駐車場に穴が出来始めたのだそうです。(理由はそんなことじゃなく、単純な人口減と老齢化でしょう)
 これが困るのは、マンションの維持費の4割近くをも駐車場収入に依存している所があるそうでして、とりわけ、機械式駐車場は維持管理にコストが掛かるわけですね。あのエレベータ式のを維持するために、試算したら25年間で3億円以上掛かる、という話が紹介されたりして、設備の管理もままならない、ということです。
 もしこれからマンションをお買い求めになる方は、駐車場が立体式になっているかなども、チェックポイントにする必要があるでしょうね。共益部分のコスト維持にどれくらい掛かりそうか、ということもきちんと見なければならない時代になったということでしょうか。

 都心に関しては、車が減るというのは、渋滞が減って走りやすくなるということですが、それだけ内需の機会を減らすということですから、好ましいことではない。
 税のフラット化のために、固定資産税に強く依存する日本の税体系も大きく変わるべきだと私は思っているのですが、自動車取得と、その維持に関わる税制も大きく簡略化すべきでしょう。
 週末のWBSでは、売っても200万円にしかならない土地の権利者が何十人もいて、その相続手続きは、いちいち記名変更しなくても権利が成立継続されるものだから、放置されたまま権利者も解らない。その権利者を捜し出すために1年以上1千万円を超える経費が掛かる。農地の集約化どころか、道路の拡幅すら出来ない状況がレポートされてましたけれど、そういう所も、早急に法改正しなきゃならない。私が相続税100%を訴えるのも、当然この辺りの実態があってのことで、預貯金はともかく、土地の相続を容認し続けるメリットって、社会として何もないでしょう。
 国として人口増に金を使う意志がないのであれば、地方で道路を造りまくるのも全くの無駄です。そのお金はむしろ、今の車人口を維持するために使うべきでしょう。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 韓国、海自に給油を打診 ソマリア沖で 日本は拒否
http://www.asahi.com/politics/update/0220/TKY200902200297.html
※ テレビ界、下請けいじめ是正へ 番組買いたたき禁止など
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200902210212.html
※ 乱気流事故機、調査前に清掃 NW社の対応に疑問の声
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200902210214.html
※ <シー・シェパード>豪警察が船を捜索 日誌やビデオ押収
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000105-mai-int

※ 前日の空虚重量70.8キロ

 ヤバス! 日に300グラム以上リバウンドしている。お昼前にバッティングセンターに。時々、あの20球を一級たりとて打ち漏らさずに打ち返す連中がいるんだけど、全然フォームからして違うんですよね。

※ このヘリは何?

 数日前のことです。第三京浜上空から、世田谷方向へと飛び去った奇妙なペイントの確かブラックホーク・ヘリがいました。夕方でしかも一瞬の目撃だったので、ベースの色がはっきり解らないんですけれど、たぶんカーキ色か何か。変わっていたのは、左側のドアの後方部分に、旭日旗の右上1/4ほどが四角形で描かれていた(ような気がする)。それから、テール部分にも、やはり旭日旗の、あの赤白のラインが描かれていたような気がします。
 旭日旗がベースだから陸自機ということは無いですよね? 海自機が、仮にも旭日旗をぶった切ってデザインするとも思えないので、これは在日米軍機のスペシャル・マーキング機でしょうか?

※ 電話のエチケット

 金曜、電車に乗っている時に、自宅からの転送電話が入ったんですよ。局番が044だったものだから、時期的に税理士事務所かな、と思って、いったん電車から降りて電話をかけ直したんです。したら学校のママさん関係だった。
 どういうわけだか、女房の携帯の番号を知っているはずなのに、必ず自宅にかけてくる人々がいるんですよ。しかも、時間的に、夕方ですよ。普通なら、母親は買い物に出ている時間帯じゃないですか。当然、うちは自営で、仕事中の旦那が電話を取ることは知っている。
 ましてや、着信即転送ならともかく、7回も鳴った後での転送ですよ。携帯に転送されるということは、相手は移動中かも知れないし、外で誰かと会っているかも知れない。携帯て便利だけど、基本的に、よほどの急用や、数十秒で済む用件で無ければ、鳴らしちゃいけない電話ですよね? しかももし携帯のメールアドレスを知っていたら、そちらを優先して使うべきことですよね? 私の考えは何処か変でしょうか?
 なのに、メールアドレスも知っている、携帯の番号も知っているのに、忙しい時間帯にわざわざ電話してきて、しかも転送してまで相手を呼び出そうとする神経が全く理解できない。
 基本的に、所帯持ちは夕方以降はべらぼうに忙しいじゃないですか。子供が帰ってくれば風呂にも入れなきゃならないし、食事や風呂が終われば寝かせつけなきゃならない。子供がいなくても所帯持ちにゃ夫婦生活がある。なのに、構わず夜に電話をしてくる人々っているでしょう。あの神経というのが良く分からないんですよ。
 それを独身者がするのは若干致し方ないと思う。所帯持ちには夜は夫婦生活があって邪魔されたくないんだ、とか、子供がいれば寝かせ付けなきゃならないから電話を鳴らしたり長話は騒音の元になるから迷惑だという部分で想像が働かないだろうから。
 でも、それを同じく子持ちの主婦がするのって理解できない。せめて携帯宛のメール一本でその用事は片づかないのか?

※ 有料版おまけ デパオクの想い出

|

« ソマリア沖海保派兵を探る | トップページ | 事件は風化せず »

コメント

>このヘリは何?

厚木のHSL-51のCAG機だと思われます

http://blog.goo.ne.jp/phantom3825/e/9e07289cd611c02d3ca050e479384cdd

投稿: yossi | 2009.02.22 10:55

先生。栄養バランスのよい食事をカロリーを計算して取ることをお勧めします。
運動による代謝でカロリー消費してダイエットするのは健康によいことですが
日々の食生活を改善し、体質改善を図らないと最後には破綻します。
何故なら人は老いるからです。糖尿病患者が50代後半に急激に悪化して足が壊死したり失明したり
腎不全になったりするのは、どうしても人は老いるからそのときに昔のように余分なカロリーを運動で消費してって行為が
段々と難しくなるからです。
いや、特殊な健康法を強要するわけじゃありません。
塩分、糖分、蛋白、リン、カリウム、カルシウムなどの含有量を考慮しながらカロリーに気をつけて食事をするだけです。
医師にご相談して栄養士の指導を受けるべきでしょう。

投稿: | 2009.02.22 10:57

>HSL-51

 そそ! これこれ(^_^;)。でも記憶っていい加減だなぁ。旭日旗の太陽部分は無かったように記憶していたんですよね。

>老いるからそのときに昔のように余分なカロリーを運動で消費してって行為が

 まそこをコントロールできれば良いんですけどね。ただ、もう10年も待てば、糖尿病って薬で根治治癒しているように思えるんですけど。無論、肥満は万病の元ですからダイエットするに越したことはありませんが。

投稿: 大石 | 2009.02.22 11:07

>NW
確かに日本の業過法は、事故の原因追求と再発防止を旨とする世界の常識に反しているとは思いますが、かといって今回のことを事故と思っていない節があるNWの姿勢もどうかと思う。緊急着陸の要請もしなかったし、負傷者の数も出鱈目。キャビンクルーとの意思疎通ができていたのかどうか、非常に疑問に思える。こんな会社の事情なんか無視して、いくらでも日本で留め置かなきゃ、この先同じことが起こるに決まっている。

>シー・シェパード
一応、ガサ入れをして恰好をつけたんでしょう。このままではオランダも、いつまでも船籍を認める訳にはいかなくなるでしょ。さまよえるオランダ人ではないが、そのうち無籍船になったところで、公海上で拿捕が一番理想的。

投稿: | 2009.02.22 11:14

>電話 普通の人は電話が通じない場合、とりあえず留守電に入れておこうと思い、待っている内に転送されたら「まあ直接話せるならその方がいいか」ではないでしょうか。         メールは読んでくれたかどうかさっぱり分からないので、まずはその場でやりとりの出来る電話からだと思います。

投稿: おがくず | 2009.02.22 11:22

>マンション駐車場
老齢化と人口減がマンションの駐車場問題に波及するのはもう少し先だと思います。
なにせ老齢化じゃ地方の過疎問題地域と、タメを張る位ジジババの巣窟と化した我が故郷の団地ですら、続々と駐車場を拡張しているにも関わらず、3ヶ月~半年待ちですから。
少し前のマークⅡやクレスタなんかが並ぶ駐車場は20年近く時を止めたようです。
ジジババが車を手放すのは75位のようですね。60台だと車に固執してますな。
現在の特にエレベーター式駐車場(築10年以内?)だと2台体制→1台体制ってのが多そうですね。
もう一つはエレベーター式駐車場って車を選ぶんですよ。特に10年以上前のものだと。
車高と車幅に余裕が無く、ミニバンなんかに対応できないモノが多いのです。不動産屋に聞くとマンションの駐車場を解約して外に駐車場を借りる例も多いですね。

>電話
掛けてきたママ友さんがアレなのは間違いないですが、先生もいくつかズレています。
奥様に先生の見解を話されて、奥様の意見を伺ってズレを修正する事をお勧めします。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.02.22 11:22

>ただ、もう10年も待てば、糖尿病って薬で根治治癒しているように思えるんですけど。

糖尿病になりやすい家系ですが、正直望み薄だと思ってます。
あれだけ肥満大国の(=糖尿病治療が金になる)アメリカで、いまだにそのような薬ができていないのですし。

もしそのような薬ができたとしても検査期間が必要ですし、製薬会社がお金持ちからがっぽりせしめる期間も必要です。健康保険で治療がまかなえる日は、少なくともわれわれの寿命の間には来ないでしょう。

投稿: 銀次 | 2009.02.22 12:13

今日の記事には関係ありませんが、本日、2月22日は「竹島の日」だったので、先生が記事で取り上げるかと思っておりました。

>NW
アメリカの航空会社は、墜落して全員死亡といった事態になっても、会社のトップが公式に謝罪することは稀だそうですね。
訴訟リスクの観点なのでしょうが…

投稿: フェリ | 2009.02.22 12:44

キャビンとの連携が上手くいってなかったのには自分も賛成です。それにしてもちょっと癖のある機長さんみたいですね。

なお情報収集ですが、エンルートであれば提携企業または自社だと思うのですが、今回はFIXの前でホールディング中に遭遇したようですからもう自社が正しいのではないかと思います。まあ現象に遭遇したのが最初で無いのが条件ですけど。というか気の利いた人なら出発前に確認すると思うし、この時期、または天気図的には十分リスクがあると判断してもよいのですが。

投稿: がっかり機長 | 2009.02.22 12:47

>売っても200万円にしかならない土地の権利者が何十人もいて
>農地の集約化どころか、道路の拡幅すら出来ない

私はその番組を見ていないので、とんちんかんな事を言うかもしれませんが、これは世間一般で言うところの農家(兼業農家含む)のことに絡めて良い話なんでしょうか?

都市部に取り込まれた私有地(私道含む)であれば、一般的にある話だと思いますが。都市部で何故か下水道が通らない箇所なんかは、調べてみると私道で、権利者が数十人いて、その人たちがどこに住んでいるのかもわからないから、自治体も手が出さないというのがあります。

ま、先生の言われるように100%課税されれば、仲良く頭割相続の繰り返しを行ってできる座布団地主やハンカチ地主は「そんなのいらね」と相続放棄する人が続出することは確かかも。


投稿: k-74 | 2009.02.22 12:53

記憶が正しければ、その駐車場のニュースは仙台のケースだったのではと思うのですが。
これは、単に物件の性格が原因だと思います。

仙台は、ここ数年で一気に都心に超高層マンションが林立し、さらに今年中に分譲されるものが数棟あるように思います。
革新政権時代のグリーンベルト規制やらなんやらで、住宅地が丘陵地に無理矢理作られた関係上、いくらバスが走り、高規格の道路が整備されても、徒歩区間で坂が多く、交通機関が不便にならざるを得ない地勢になっています。
こんな状況ですから、2台目、3台目の車というのは、要するに通勤用と、奥様ライフ用の2台かと思います。

この人達が、不便な住宅地を売り払って、都心のマンションを購入したら、最初は慣れで2台目を手放さなくても、JR、地下鉄がある。
それに、ここ数年で東京からの新しいサービスが中心部にも増えて、郊外SCに行かなくても徒歩圏内に各種施設が揃って来ている。
週末のお出かけなんて旦那の車で充分。
「結局要らないわね。」と言う、当たり前のことになる、ただそれだけの事です。
むしろ、余計な支出が減って(車への支出はほとんど外に出て行くお金)都心に映画館なんかが戻ってくる下地になるでしょう。

郊外住宅地は廃村化するかも知れませんが、損切りは悪い事ばかりじゃない。全く的外れな分析のニュースだと思いました。
むしろ、この辺りが読み切れてない連中が上にいる事は、心配な事かなと・・・。
平野部では、小学校などが教室不足に陥り始めているそうです。

投稿: nanasi | 2009.02.22 15:27

>都心に関しては、車が減るというのは、渋滞が減って走りやすくなるということですが、それだけ内需の機会を減らすということですから、好ましいことではない。

確かに平日存在している業務交通は減るわけだけれど、その分サンドラが増えている。
減少しているのは都心に用のない通過交通が減っている訳で、中央環状新宿、品川線の開通、外環開通すれば、都心の交通量は減少するはずだけれども、それだけで内需の減少には結びつかない。

渋滞が減少することで新しいビジネスが生まれるかもしれないので、そうなれば逆に需要創出につながる可能性もある。

投稿: フロレスタン | 2009.02.22 15:51

>電話のエチケット

今時、携帯電話に特別な意味付けをすること自体ナンセンスだと
思います。
携帯しか持ってない人も普通にいるのに、固定だ携帯だと分けて
考える必要があるんでしょうか。
私も固定電話は何年か前に休止して、今は携帯電話のみ使ってい
ます。(本当は固定電話は解約しようと思ったんですが、NTT
によると、10年間だったかな・・・は、休止扱いだそうです。
うろ覚えなんで期間は違うかもしれません。)

夕方や夜に電話をかける人にご不満のようですが、むしろ携帯
普及以前は確実に相手が在宅してるであろう、夕方や夜に電話
をかけませんでしたか。
むしろ携帯の普及で電話をかける時間を選ばなくてもいいように
なったと思います。
とはいえ、さすがに深夜や早朝は非常識ですが。

基本的に電話って、相手の生活に強制割込みをかけて自分の用件
を済ませるための道具ですよね。
子供の件とか、夫婦の夜の生活とか言っても、用件があるんだから
仕方ないですよ。
事によっては自分にとっても重要な用件かもしれませんし。
自分から電話をかけることもあるわけですし、このへんはお互い様
だと思います。

センセイは独身者にいささか偏見があるようですが、エントリーの
件に関しては、独身だろうが所帯持ちだろうが、考える人は考えるし
、考えない人は考えないしで同じだと思いますけど。

投稿: TA | 2009.02.22 16:51

> 電話

そのママさんは、家の固定電話にかけてきたのであって、大石さんの携帯電話にかけたのではありません。

固定電話にかけたら自動的に携帯電話に転送されるようにしているのに、「携帯を緊急時以外に鳴らすのはイカン」 と言うのは変です。

投稿: | 2009.02.22 17:06

>電話

お話からは、「同じ既婚者であっても忙しい時間帯にはズレがある」というふうにしか読み取れません。皆が皆、同じ生活リズムで生活しているわけではないのですから当然と言えば当然のことなのですが。そのママさんがどういう用件で電話してきたのか分かりませんが、「自分が時間に余裕があるから相手もきっとそうだろう」という配慮の元にかけてきた可能性もありますよね。

忙しくて電話に出られない、出たくない状況なのであれば電源を切るか線を抜いておくべきですね。電話をかけてくる方がいくら相手の生活を想像して配慮してくれても、その想像が間違っていた場合にはもうどうしようもありません。自分の生活リズムを詳細に公開して「配慮してね」と言えるのでもない限り、そこで相手を責めるのはちょっと無理でしょう。遠隔地同士で声だけでコミュニケーションを取るという行為自体が難しいものなのですから、そこはお互い割り切らないと。

投稿: 00 | 2009.02.22 18:10

>夕方の電話
先生、下に未就学児の居る家庭の専業主婦は「アレが無いと困る!」な状況でもない限り、夕方に買い物いく事はほとんどありませんが。
夕方スーパーに買い物に出れるのは留守番させて平気な年頃の子供の母か、保育園や学童に預けて働く母が多いかと。家庭(家族構成、職業)によって事情は違いますので、「夕方の電話=非常識」にはならないかと。
学校からPTAに回る不審者情報や明日の持ち物の連絡網だったら、即次の方に回すでしょうし。

投稿: 主婦 | 2009.02.22 19:05

>電話
つ 発言小町

怒りの源泉は何かというと、そのひとつには相手への期待だという。自分はこうするから相手もこうするだろう、自分はこう考えるので相手もこう考えるだろう。しかし、残念ながら往々にしてこの期待は裏切られる。それが怒りに変わるのだと言う。
相手を変えるのは大変だが、自分を変えるのはそれよりは簡単だ。何しろ相手は無数にいるが、自分はひとりしかいない。実に理屈は単純明快だ。しかし、理屈通りに行かないのもこれまた人間たる所以か。

>NTTによると、10年間だったかな・・・は、休止扱いだそうです。
やっぱり被害者がいるんだね。もしかして最近NTTは解約させないように窓口でウソを言うよう指導しているのだろうか。
前に解約しようと思って116にかけたら、解約には手数料がかかると言われた。押し問答の末、休止するにも同じだけ手数料がかかるので、だったら再開が可能な休止にしてくれと言って電話を切った。だが、考えてみると解約に手数料がかかるなんてのはおかしな話で契約時にも何万も払っているのだし、いまどきの携帯だって無料だし、周りに聞いたらだまされてるんじゃないかとまで言われてしまった。それで116はあてにならないと思い、今度はお客様相談窓口にかけてその件の話をしたら、解約に手数料はかからないと言う。あとで受け付けた116の上司と名乗る者からお詫びの電話が入り、結局解約することになった。結構言われるがままにしている人は多いのではないかと思うが、まさかしきりにCMで宣伝している「お問い合わせは116へ」が適当なことを言うとは思わないだろうね。もしかしたら、116業務はコールセンターのように外部委託してるのかとも思ったが、詳しくは話してくれなかった。期待値をそこまで下げないといけないのかと少し唖然とした出来事だった。

投稿: | 2009.02.22 19:56

最近は電話のマナーの悪い人は確実に増えています。
僕が先日、美容室に電話で予約を入れたとき、相手の美容師さんが
「すごく電話のマナーがいいから驚きました」と言われたことが
あります。  僕は普通に自分の名前を名乗って普通に話しをした
だけなんですけども。

相手が誰であっても電話というものは本来失礼なものなのですから、
かける側は時間帯や話し方に最大限の注意を払うべきだと思います。

ちなみに3日ほど前、「816・・・」という日本には存在しない
電話番号から電話がかかってきました。
母親の名前を間違って言っていました。
おそらく、振り込め詐欺師の方だったのではないかと・・・。

投稿: たにゃか | 2009.02.22 20:36

>電話のエチケット

今どき、昼日なかに家にいる専業主婦が珍かと。痛い痒いのわかる子どもたちが学校に行ってる間は
何らかの形で母親も仕事をしているのが普通でして。この不景気のご時世で働かない女性はいないでしょう。
まあ、夕方、夜は家にいるからして学校などの連絡網もその時間帯になりますでしょうね。
日中、仕事場に電話かけるバカもそうそういますまい。また、用事があるから電話するのであって用事が
ないのに電話はしないと思いますよ。つうか自営は大変ですね公私のラインがはっきりしないから。

投稿: ET | 2009.02.22 21:33

国有化というとすぐさまどこからか共産スピーカーが飛んでくるかもしれないが、これは私有化の反対すなわち公共化と言い直したらどうだろう。誰のものでもないということは誰のものでもあるということでもある。私有には責任があるが公共には責任が曖昧になるという一面はある。だが、誰の責任でもないということは誰の責任でもあるということだ。結局のところ、公器とはなにかというと所有も責任も共有するということ、これはすなわち社会化ということにほかならない。私有化が進み、個の責任や権利が促進されると社会化は減退する。企業は社会の公器たらんというスローガンは聞こえは良いが、内に己の尻尾を齧るような矛盾をはらんでいる。公益団体は常に私的所有の欲望と誘惑に絡めとられる危険と隣り合わせている。
日本は元来私有という概念は希薄であったようだが、西欧近代経済思想を受け私有化が急速に進んだ。私有物という概念は仏教思想にはない。財は天物であるという仏教的な考えを背景に日本は恐らく明文化されない公共的な概念を共有してきたのではないだろうか。(ただ、これは仏教が日本人の社会思想の礎となったというよりも仏教的なものの考え方を受け入れる素地が日本にあったというほうが実態に近いかもしれない)
何が良いかの価値判断はこの際捨て置くが、問題が山積し、危機的状況に翻弄されるときにこそ諸問題を捉える好機であり、どういった社会がより望ましいと思えるかというコンセンサスを計っておくことが問題を後世に先送りしないためにも必要だろう。

投稿: | 2009.02.22 22:44

>電話

小町にもありましたが、固定電話から携帯に電話すると電話代がかかるから、そのママさん固定電話から敢えて固定電話に電話かけてるのでは?

投稿: 通りすがり | 2009.02.22 23:22

一生懸命は、一所懸命が元だという。
猫の額ほどの土地でも血の抗争を経て今日に至っている。それが日本社会だ。
長野県では、車の出入りでほんの少し他人の土地を踏んだだけで殺人事件に発展した。
そう簡単には渡しませんよ。相手が企業であろうと国であろうと。

投稿: | 2009.02.23 01:00

私の場合は、携帯に電話するのって、ある程度仲の良い友達とか、本当に緊急の場合というイメージがあります。
幼稚園や学校の連絡なんかだと、基本的に家の電話にかけますね。
で、家の電話にかける時間帯って、やっぱり夕方〜夜が多くなると思いますよ。
一番いいのは、20時前後くらいかなって感じです。
昔、携帯なんてなかった頃はその時間帯にかかってくる電話が一番多かった記憶がありますし。
ただ、最近は本当に家庭によって夕食の時間なんかも全然違うので、一概にこれくらいの時間であれば大丈夫、とも言えませんけど。

それと転送電話ですが、電話をかける方からすると、わざわざ携帯に転送されるように設定されているのであれば、そうまでして電話に出るつもりがある、電話に出たいのだろうと考えてしまいます。
その電話番号が、家庭用とは別に設定してある仕事用の番号であれば「そこまでして電話をかけてこなくても」と思われるのも理解はできますが、連絡網に載っている同級生のお宅に電話をかけたらご主人の携帯に転送された、という事に対して相手に配慮しろと言うのはちょっと無理があると思いますよ。

そもそも、携帯の番号知ってるのに家の電話にかけるという時点で、相手の出先にまで割り込んで言わなければならない事ではないけど、家に居たら伝えておきたい、という多少の遠慮というか配慮は働いていると思うのです。
それを出先まで引っ張って来ているのは、先生ご自身の意思な訳ですから。
例え仕事の関係上そうする必要があるとしても、家の電話番号を公私共に使っているのであれば、それは許容しなければいけない範囲の物だと思います。

投稿: | 2009.02.23 01:08

>L全国のマンションで駐車場契約が減っているそうで、2年くらい前から始まった現象なのだそうですが、夫婦で2台所有していたものが一台手放す、みたいな感じで、ぽつぽつ駐車場に穴が出来始めたのだそうです。(理由はそんなことじゃなく、単純な人口減と老齢化でしょう)

 二年前からなら、まちがいなく景気後退が原因です。
 ちょうとサブプライムローン問題が顕在化しはじめて、日本の景気の先行きがおかしくなり始めた頃です。
 
 老人は、足腰が弱くなるので、外出や買い物のためにも車を手放すことができません。


>固定資産税に強く依存する日本の税体系も大きく変わるべきだと私は思っているのですが、

 日本の税体系は、所得税に強く依存してます。固定資産税ではありません。
 固定資産税に強く依存するのは、市町村税で、都道府県、国政レベルでは所得税のほうがずっと多いです。

 国税・地方税の税収内訳(平成18年度決算額)
 http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/ichiran02_03.html

 地方分権化に伴う税源委譲で所得税が住民税に振り返られたので、固定資産税の比率は現在ではもっと下がっているはずです。

投稿: | 2009.02.23 08:58

墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいのほう)とは、奈良時代中期、743年に発布なんですが。
義務教育で出てきたはず。

投稿: | 2009.02.23 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電話のエチケット:

» カローラないがしろ [非日乗的日乗inowe椅子人blog]
自動車会社に対し現在まで儲けすぎなんだようと思うのであります。下請け叩きが強烈になるだろうなあ。合法的な協力と称して。弊社としても間接的にいろいろと困るでしょうけど。それにしても悪いとはいえ六千億円もの営業利益があるのだから儲けすぎといえば儲けすぎだあ。 ..... [続きを読む]

受信: 2009.02.22 16:08

» アンケートの嘘 -真実を伝えず、行動を煽る- [1歩ずつお勉強、政治経済]
mixiのニュース日記において、現在の私の「マスコミやニュースに対する基本的な考え方」を表現できたような気がするので、記念にblogにも残して... [続きを読む]

受信: 2009.02.22 20:15

« ソマリア沖海保派兵を探る | トップページ | 事件は風化せず »