« 電話のエチケット | トップページ | ドジを踏んだのは誰? »

2009.02.23

事件は風化せず

※ 週刊新潮「本社襲撃犯」手記 「真実性なし」本社判断
http://www.asahi.com/national/update/0222/OSK200902220043.html

>23日付け朝日新聞朝刊の特集面に詳しい検証記事を掲載しています

 私は普段、新聞は溜まった分を病院に持参してリハビリのSSPを受けながら読むのですが、今朝は日記を書くために、朝一で新聞を開きました。この阪神支局襲撃事件に端を発する一連のテロ事件に関して、全紙、上から下まで一面まるまる使っての朝日の大反論です。
 もうこてんぱんという感じですね。完膚無きまでに叩きのめしている。文春みたいに、女房に取材してという傍証での批判ではなく、全て事実に即しての反論。

 たとえば、証言者は「上下2連式の7連発の自動式猟銃で撃った」とか言っているんだけれど、上下だろうが水平だろうが、2連式で自動装填機構を持つ猟銃って無いでしょう? 軍用では、そもそも2連式って珍しいですよね。ちょっと思いつかないのですが。
 ピース缶爆弾の原料は暴力団から譲って貰った手榴弾(大戦後期からTNTベース)を分解して作った、と証言したけれど、実際に使われたのは黒色火薬。
 この辺りは、裏取りも何も、軍ヲタ一人に推敲させれば、すぐ間違いだと解るレベルですが、新潮は軍事関係はとりわけ弱いからそこは仕方無いですね。
 唯一の物証という犯行声明文の封筒に紛れ込んだ繊維片も、何ら同定されるものではないことが暴露される。

 このスクープは、社内の他の部局は冷ややかだったとかいう類のものではなく、新潮社としてなぜかもの凄く自信を持ったスクープだったらしいんですが、彼の証言の裏取りに、新潮社がマンパワーを使った形跡がほとんど無い。先週、ラストの第四弾が掲載された時に、メルマガのおまけの方でチラと書いたのですが、読んでいて全く臨場感が無い。まるでへたくそなライター見習いが創作したみたいなフィクション感に満ちている。

 正直、新潮の今回の連載には、憤りを禁じ得ない。お前ら、アカピーの取材力とこの事件に対する社員の執念を舐めてんのか!? いくら時効が成立したとは言え、あの事件が起こった時に、取材記者として前線にいた連中がまだ大勢一線にいる。たった20年ですよ。あの頃、築地本社に出入りしていた私個人にとってもつい昨日の事件です。
 犯人を捕まえられなかった、という事実が、どれほど朝日の社員にトラウマを残したかを全然解っていない。言論の自由が脅かされたとか、アカピーの面子が潰されたとか、そういう次元の問題じゃないんですよ。
 記者個々人にとって、言論人としてのレゾンデートルを問われる事件だった。退職した記者を含めて、今も全員が事件の真相を追っている。
 過去の事件扱いしてトンデモ・ネタに飛びつくことの迂闊さを猛省して欲しい。

※ 約9割が「医療費不安」=若者、非正規雇用ら中心-経済情勢背景に・NPO調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000014-jij-soci

>全体の55%が「満足」と回答。60代が65.9%、70代以上が72.0%で高齢者の満足度が高い一方、40代が44.7%と一番低かった。<

 これは酷い! 昨日、確定申告で領収書の整理に追われてまして、さすがに3/5が病院関係。今年は少しは取り戻せそう。やっぱり、ペーパーの端にある、「本人負担3割」というのを見ると堪えますよね。それでも、まだ我が家は、毎年払った分を取り戻せていないですが。

 この上の数字で象徴的なのは、40代が満足度が低いのは当たり前。まだたいした大病にはならないのに、家族分まで負担がずしりとのしかかるから。酷いのは、70代以上の7割が満足している、という事実。後期高齢者制度であんだけ年寄りがブー垂れたとマスゴミは煽っていながら、実はその年寄りたちが現行の医療保険制度に一番満足している。
 そらそうですよ。病院行かないのに取られる一方の世代を経て、ほとんど初診料だけで済むようなぬるま湯にいて、病院をサロン代わりに出来れば、これ以上望むことはないでしょう。でたまに、これでもまだ払いすぎだと愚痴を言えば家計簿評論家とかがバカ騒ぎしくれるんですから。

※ Nスペ「うつ病治療・常識が変わる」5分で診療・薬漬け…うつ病治療の実態ルポ▽抗うつ薬の見直しで劇的に回復▽病院選びここに注意▽研究進む最先端治療

※ 内閣支持11%:首相講演に異変、席を立つ人も…
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090223k0000m010097000c.html
*麻生首相「いい加減な教科書変えた」「日教組と戦う」
http://www.asahi.com/politics/update/0222/TKY200902220097.html
※ 「北方四島に本籍」170人超 16年以降急増、択捉が最多
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090222/plc0902221633003-n1.htm
※ 「竹島の日」で抗議声明=韓国政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000043-jij-int
*島根県制定の「竹島の日」に韓国人が抗議 一時騒然
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20090222/20090222-00000015-ann-soci.html
※ 羽田に5本目滑走路検討 国交省、発着枠の拡大目指す
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY200902210091.html
※ 岸、松中ら落選、28人が決定/WBC
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2009/news/f-bb-tp0-20090222-463706.html
※ 稚内から指宿へ3124キロ  列車で日本縦断
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20090222-OYT8T00819.htm
※ 田園都市線から乗り換えなし、「こどもの国」行き臨時電車
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090223-OYT1T00082.htm
※ 与党内の首相批判に苦言=「みっともない」-自民・福田氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009022200065
※ 急カーブより怖い“走り屋狩り”少年11人摘発…大垂水峠
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090222-OYT1T00061.htm?from=top
※ 前日の空虚重量 71.3キロ

 週末、家族の残飯整理に追われて、激ヤバですよ。当分、昼飯も低カロリーパンにしよう。

*「女神のための円舞曲」文庫が届く。今週末には全国の書店に並ぶと思います。

※ 有料版おまけ 今日、メインに据えるつもりだったボツネタ

|

« 電話のエチケット | トップページ | ドジを踏んだのは誰? »

コメント

>負け戦の最中に、敵の悪口を言うのは駄目ですよね。

そんな事はありません。負け戦の原因はマスゴミによる集団催眠にあります。
だから、いかに民主党が税金泥棒の売国奴であるかを徹底的かつ集中的に広報する必要があります。徹底的かつ集中的にです。そうしたら、マスゴミ、特に免許事業の連中はこれを放送せざるを得ない。負け戦の中だからこそ必要な戦略と思います。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.23 10:23

まあ、センセ的には「言論人としてのレゾンデートル」なんでしょうが、端から観てるとなんだか朝日と新潮でプロレスやってるみたいなもんですよ。
現に、このオッサンなんか早いとこ参戦したくってウズウズしてまっせ。
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/commons0902_013.html
こんな馴れ合いみたいなことばっかりやって部数を伸ばそうだなんて「言論人」ってのは阿漕な商売ですねぇ。

投稿: | 2009.02.23 10:28

>稚内から指宿へ3124キロ  列車で日本縦断

JR北海道旭川支社主催のツアーですね。
旅程は以下のようになっております。

① 2/19(木)稚内 7:10→スーパー宗谷→札幌12:22→スーパー北斗→函館18:32

② 2/20(金)函館8;48→スーパー白鳥→八戸12:06→はやて→東京15:30→のぞみ(N700系)→京都17:50

③ 2/21(土)京都9:13→のぞみ→博多12:14→リレーつばめ→鹿児島中央15:40→なのはなDX→指宿16:39

④ 2/22(日)指宿7:13→普通列車→西大山7:33「日本縦断達成!」

という訳で、普通列車は最後の区間だけです。費用はツアーなので稚内発で132000円~138000円でした(宿泊ホテルで2名1室か、1名1室かの差)。もちろん、各地での観光およびお食事付きです。

投稿: フェリ | 2009.02.23 10:40

あと、与党はソマリアの件に関連して、この件は元々民主党の長沼議員による提案だったこと、これを民主党本体が政局優先でつぶそうとしている事を大々的に宣伝するべきですね。
民主党は政策よりも政局優先で国民生活の事など何も考えていないという証拠の一つです。

結果として長沼議員が潰れる事になったとしても、これは必要悪ではないかと考えます。
(数少ないマトモな議員なので惜しいことは惜しいですが、この際仕方が無いですね)

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.23 10:42

長島「ソマリア沖に護衛艦を出すことは検討しないのか」
麻生「とても良い案ですが、それで民主党をまとめきれますか?」
長島「・・・」

全てが政局優先だそうですな。
素晴らしい政治家がお揃いです。
http://www.news.janjan.jp/government/0902/0902046850/1.php

投稿: | 2009.02.23 10:49

>過去の事件扱いしてトンデモ・ネタに飛びつくことの迂闊さを猛省して欲しい。

朝日ほどの取材力のあるマスコミが、南京事件や慰安婦問題で、このような取材力を発揮しないのは、これ如何に。

投稿: | 2009.02.23 10:53

>マスゴミによる集団催眠

だよなぁ。
もう一度「定額給付金」世論調査すればいいのに。
もう決まったからやらない?って理由なんでしょうけど、本音は国民の8割が反対する政策のままにしておきたいんだろうなぁ。最初から「バラマキ選挙対策」「経済効果が全くない」とアナウンスしてから調査するんだから。そんなの世論じゃないでしょ。今調査すればおおよそ世論は拮抗してると思うよ。
で関連法案にストップかけてるのは民主なんだよ。
ホント、マスコミさんご苦労さんです。

投稿: nao_c/w | 2009.02.23 10:53

>南京事件や慰安婦問題

あなた!なんて失礼な!
これらは得意の「取材力」を発揮した結果ですよ(プンプン

投稿: | 2009.02.23 10:57

>>いかに民主党が税金泥棒の売国奴であるか

おやおや、では自民党や公明党はそうではないのですね?

投稿: | 2009.02.23 10:57

>では自民党や公明党はそうではないのですね?

こう言う反論の仕方は不味いですねぇ。
暗に「民主党も売国だし税金泥棒だが」って認めてしまってますけど。
日本の政治ってのは売国度や泥棒度を競うしかないのでしょうか?

投稿: | 2009.02.23 11:01

すみません間違えました。
×:長沼
○:長島

また、↓の記事も(長島さんには申し訳ないですが)与党の攻撃材料としてはうってつけと思います。

小沢外交「政権取れば豹変」=民主・長島昭久氏インタビュー
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200902/2009020400772

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.23 11:04

>>売国奴
まぁ、歴史的に戦後の日本の政治は、右は米国CIAに、左はKGBやら中共やら北の首領様まで、各党各政治家が「均等に国を売」り、その競合関係の中で国際政治のバランスをとってきたという考え方もあるので、一概に否定しきれないんですけどね。
 ※だから社会党と自民党が手を組んで連立政権を作ったりもできる。
  本質的に同じ穴のムジナだから。
それに情報工作だの浸透工作だのというのは一方通行ではないから、政治や外交は国民に判りやすい潔癖さとはちょっと違う次元で機能している面もあります。

……まぁ、理解が得られるとは思わないけど、そんな視点もあるということで。

投稿: 義忠 | 2009.02.23 11:19

インフルエンザで17日より休んでました。
まあ、平日の総合病院の内科は爺さん婆さんばっかりですなあ。
26番目でしたが受診まで2hかかりましたよ。
罹らせるつもりもありませんが、こんなんでウィルス貰って死んじゃう年寄りもいるんでしょうねえ。

投稿: | 2009.02.23 11:21

>黒煎りゴマさん

海賊対策法制を最初にいいだしたのは、福田前総理ですよ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080821/plc0808212105007-n1.htm
いろんなところで民主の長島議員と麻生総理の国会論議が象徴的にとりあげられていますが、民主批判のために事実を曲げてはよろしくないのでは・・・。

投稿: | 2009.02.23 11:25

>マスゴミによる集団催眠

先日も某女性週刊誌で
「民主党に政権交代したらどうなるか」
という公約解説の記事がありましたが
中身はまさに「大本営発表」でしたね。

そもそも解説してるのが民主党議員という。
財源や実効性に対する疑問も
「大丈夫!」の一点張り。

これがもし与党の公約検証なら
例の女性誌御用達の「家計簿評論家」
が出てきて、ボロクソの解説を入れるでしょう。

政権与党が攻撃されるのは世の常ですし
マスコミのせいに「だけ」するなという意見は
同意しますが、
(麻生氏の軽挙軽口にも大きな問題があるのは事実。)
今のマスコミの状況は不公平を通り越して
異常だという認識は持つべきですな。

投稿: たか@ | 2009.02.23 12:22

>海賊対策法制を最初にいいだしたのは、福田前総理ですよ

ついでにいうと、サブプライム関連なんかでも破裂することが分かりきっていたのに対策放置してたとか、マンションバブル崩壊も放置してたとか、二次補正の中身に半年前に福田がやっとくべきだった政策が結構たくさん混じってるとか(学校の耐震補強なんて昨日今日の問題じゃないでしょう)。

消費税増税まで含めて、全ての政治的ババを麻生に引かせた福田の政治手腕は神。

投稿: ez | 2009.02.23 12:53

>サブプライム関連なんかでも破裂することが分かりきっていた
日本のメディアに数多いるヒョーロンカ、アナリスト、エコノミスト、ジャーナリスト、専門家、解説者のみなさまは解らなかったのでしょうか。

投稿: トオリスガリン | 2009.02.23 12:58

>>>サブプライム関連なんかでも破裂することが分かりきっていた
>>日本のメディアに数多いるヒョーロンカ、アナリスト、エコノミスト、ジャーナリスト、専門家、解説者のみなさまは解らなかったのでしょうか。
主張してた人は少なくなかったんですがね。
もしかすると現場でファンドをいじっていた人たちも、ある程度は覚悟してたかもしれません。
ただ、まぁ、いざ破裂するまで「(自分だけは)何とかなるさ」と高を括ってしまうというのも、この手の馴染みの風景でして。
くわばらくわばら。

投稿: 義忠 | 2009.02.23 13:30

>いろんなところで民主の長島議員と麻生総理の国会論議が象徴的にとりあげられていますが、民主批判のために事実を曲げてはよろしくないのでは・・・。<

日本語が読めない人なのかなあ。
海賊云々でなく、「護衛艦を出す」って所が長島の提案なんだけど。
民主党を擁護したくば、もう少し事実関係を勉強しておきましょうや。

投稿: | 2009.02.23 13:40

>ついでにいうと、サブプライム関連なんかでも破裂することが分かりきっていたのに対策放置してたとか、マンションバブル崩壊も放置してたとか<

グリーンスパン爺さん曰く「バブル崩壊を食い止めることなんざ出来ん」ってことだそーですな。

投稿: | 2009.02.23 13:43


サブプライムがくすぶりだしたのは2007年の夏からですよ。
ベアスターンズが破綻してから、株式市場は日米共に一気に軟調になって為替も急降下を始めているのは、チャートを見れば分かるでしょ。

それがどこまで被害が拡大するかは論者によって意見が分かれてましたが、少なくとも1次補正2次補正に入っている金融安定化策なんてのはワーストケースに対応する安全弁としてとっくに通しておくべき法案だったわけです。準備だけしておいて、被害が無ければ発動しなきゃいいだけなんですから。

バブルは崩壊してしかるべきってのはまあそうなんですけど、そのダメージが実体経済にこれだけ直撃してるのは明らかに人災の部分があるわけですよ。特に昨年10-12月期のGDP減少率がアイルランド並みってのは、その直前の財政金融政策に何らかの瑕疵があったと考えるべきでしょう。

投稿: ez | 2009.02.23 14:01

リーマンの破綻が福田以降なだけで、サブプライムローン問題は去年前半の福田内閣時代には既に問題になっていたよ。当然だけど報道もしていた。
この大石先生のエントリーでも2月18日には「サブ・プライムたいしたことない?」というタイトルで書かれていることです。

麻生の野党批判は、事実でも総理が言っちゃあおしまいでしょう。安倍の失敗から何も学んでいない。

あと海賊に護衛艦をうんぬんは平成17年には既に参議院で出ている話。

投稿: | 2009.02.23 14:13

マスコミ対策を与党が怠ってきたツケが回ってきているだけです。
経団連を規制緩和なり減税なりの餌で釣ってマスコミに対してスポンサー圧力をかけさせれば良いだけのこと。
それこそトヨタの社長呼んで一言言わせればマスコミ全社阿鼻叫喚地獄となります。トヨタの実体を大手は一切書けない現実見れば判る筈。

マスコミ対策は戦略であり常套手段です。それに負けたのは自業自得であり自己責任。
自分達の努力不足と能力の無さを他者に転嫁されちゃ溜まりませんね。
政治家は自己責任原則をよく知るべき。

投稿: | 2009.02.23 14:51

>日本のメディアに数多いるヒョーロンカ、アナリスト、エコノミスト、ジャーナリスト、専門家、解説者のみなさまは解らなかったのでしょうか。
別に専門家でなくともずっと警告はしていたのだけどね。そのひょーろんか達より恐らく先にサブプライムローンはサラ金だと書いたし、その拡散の仕組みはウイルスだとも書いた。これに対しては福祉、日本版が必要だとの認識だったと思う。もっとも一般に騒ぎが大きくなるのはもちろん去年の9・15テロの後だが。

サブプライム問題に学ぶ
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/11/post_364f.html

第44章 悪知恵の資本主義とサブプライムローン
http://openers.jp/culture/kon_seikou/kon_seikou044.html

>グリーンスパン爺さん曰く
戦犯の意見なんぞに聞かずとも、そりゃ臨界を越えた崩壊は防げないに決まっている。だが、予測はできるし、対策を考えることもできる。でなければ今頃世界中の原発がメルトダウンしている。

投稿: | 2009.02.23 17:05

>羽田に5本目滑走路検討

TDSに配慮してD滑走路の沖にB滑走路と完全に平行なE滑走路を作るという手もありますよw
あるいはC滑走路の横にクロースパラレルで一本増設して、離陸用と着陸用に使い分けるとかどうでしょう?

もっとも今あるA~D滑走路を4,000mまで、せめて3,500m程度まで延伸するのが先だと思いますけどね。

投稿: リラ | 2009.02.23 17:57

>今も全員が事件の真相を追っている。
で、朝日側から犯人や真相に肉薄したものを最近でも新潮並に出した事はありましたっけ?20年経ってもはっきりと提示されていないとしたら、それがトンデモが出る最大の要因ですね。それこそ取材力では新潮と比較の対象にならないのだから、全国の敏腕記者を集って週刊朝日内に(当然「ダメだめ編集長」はAERAかどっかに左遷して)PTでも作って集中取材をしていたら、もっと前に今回の新潮程度の大きさで何か出せたのではないかと。
そんなことより毎年の事件の日にやる自分らのプロパガンダを混ぜ合わせたイベントをやる方が必死だったような。目糞鼻糞。

>安部政権以降、そういう参謀本部機能が失われましたよね。
実際は無能揃いであれ「お友達内閣」等とレッテル張りして糾弾・粉砕したから。

>さして国民は興味もなかった北方領土の返還運動を画策したのだと。
当方が北海道に居住していた時は移転を余儀なくされた元住民がまだ根室釧路などに多かったので、少なくても道内では盛り上がっていました。ソ連による漁船臨検や拿捕などは毎月のようにありましたし、当時は道民にとっては身近かつ切実な問題だったはずです。例えそれが既に画策されたものにしても元道民として聞き捨てならない。
竹島も同じですが、結局のところ領土奪還は武力進行によってのみ可能ですかね。ただし近隣国相手だと米軍基地を全部無くして自前で核武装してからってのが前提になるでしょう。

>岸、松中ら落選、28人が決定/WBC
落合監督がWBCに極めて冷淡なのは、こういう事もあるからだろうか。WBCみたいな試合でヘマをした選手はフルボッコに遭って以降ペナントレースで使いものにならなくなるのは北京五輪で実証したし。

>自民・福田氏
なんか麻生首相の後って福田氏でいいような気がしてきた。どっちにしても総裁止まりだろうから。もうどうでもいいやと思っている層が大多数か。そういう所につけこまれる。

>有料版
自殺は別に刑法などで禁止されている訳じゃないから、非合法とは???小説や漫画などではいい題材ではありますが、現実化しようとしたらどんな内閣でも吹っ飛びますわ>センター

投稿: 剣 | 2009.02.23 18:00

>あと海賊に護衛艦をうんぬんは平成17年には既に参議院で出ている話。

平成17年と平成20年の政治状況の違いが問題になってるわけだが・・・
論点が完全にズレてますよ。

投稿: | 2009.02.23 18:33

>その直前の財政金融政策に何らかの瑕疵があったと考えるべきでしょう。

金利はゼロ近辺に張り付いているのだし、いくら昨年9月に財政出動をしたところで、民主党が全面協力したと仮定しても予算措置から執行そしてGDPに反映されるまで下をみても半年はかかりまっせ。
後講釈なら誰だってできますけど、ならば世界中のどの国だって準備できていなかったという謗りを免れないと思いますけどね。
ちなみに、日本のケースでは円高が4割、需要減が6割程度だそうですな。

投稿: | 2009.02.23 18:38

>でなければ今頃世界中の原発がメルトダウンしている。

いや、世界中の経済がメルトダウンしてますけど・・・

投稿: | 2009.02.23 18:39

>自殺は別に刑法などで禁止されている訳じゃないから、非合法とは???

本人が罪に問われなくてもセンターが刑法202条の自殺教唆罪 自殺幇助罪に引っかかるのでこれを改正しないと・・

投稿: プレーリードック | 2009.02.23 18:41

>GDPに反映されるまで下をみても半年はかかりまっせ。

だから10-12月期の半年前、2008年の夏以前の政策に問題があったんじゃないの?、ってな話ですよ。当時、福田が国会が終わったら洞爺湖サミットと北京オリンピック以外には興味ゼロ、党や官僚の説明すらロクに聞いてないってのは結構有名な話だったわけですから。

全世界が仲良くGDPを減らしているとしても、先進国グループで日本だけ他国の倍のダメージを受けてるのはさすがに変でしょう。しかも金融への打撃は一番少なかったはずなのに。年率換算でー12%落ちたうち、-6%は不可抗力だったにしても残りの-6%分は止める手立てがあったんでは?他国はちゃんと止めたんだから・・・というお話ですね。


投稿: ez | 2009.02.23 19:07

>年率換算でー12%落ちたうち、-6%は不可抗力だったにしても残りの-6%分は止める手立てがあったんでは?他国はちゃんと止めたんだから・・・というお話ですね。

外需依存型の産業構造を福田が数ヶ月で転換しろとでも?
ez氏が内閣に入ってなかったのが最大の失敗かも

投稿: | 2009.02.23 19:27

>外需依存型の産業構造を福田が数ヶ月で転換しろとでも?

外需依存型に誘導したのは小泉カイカクの成果ですから、まあどっちにしろ自民党の経済失政ってことには変わりはないですけどね。

しかも、他国が経済成長を謳歌している時期には成長率は最低、他国がこけたときにはダメージだけ二倍、ですからね。
外需依存型国家としても失敗してますな。

投稿: ez | 2009.02.23 19:42

>外需依存型に誘導したのは小泉カイカクの成果ですから

年次改革教書とやらで、日本市場をアメリカの酒池肉林にしようとしたり、外需依存にしたりと小泉サンも忙しいですなあ。

投稿: | 2009.02.23 20:10

>>外需依存
小泉さんはともかく、少なくとも我らが竹中センセは口を開けば「外資に負けない」だの「海外に出て行ける企業を作らねば」だのと繰り返していて、「内需をどうにかせねば」などとは欠片も口にしませんでしたからね。
在任中は「格差などない」とまで言い張ってましたし。
今日のこの事態を予期して誘導したとまでは言いませんが、まぁ、当然の帰結ですわな。

投稿: 義忠 | 2009.02.23 20:21

>「内需をどうにかせねば」などとは欠片も口にしませんでしたからね。

いや、内需振興のために「構造改革」を唱えていたと思いますけど。
ま、それも年次改革教書のためだってのが陰謀論の人達で。
どっちかハッキリして欲しいものですよねぇ。

投稿: | 2009.02.23 20:31

>>いや、内需振興のために「構造改革」を唱えていたと思いますけど。
む、そうでしたっけ?
そうだったかもしれないな。
「外へ、外へ」と言っていた印象が強かったので先のように書きましたが、間違っていたのなら素直に申し訳ないm(-_-)m

ただ今にして思うと、当時の竹中氏の論法って、やっぱり「富」が最後にどこに落ちてゆくのかまできちんとモデリングされていなかったような気がします。

構造改革>外資を呼び込む>国内に資金が流れ込む

まではいいとして、流れ込んだ資金が国民一人ひとりの生活を潤すことなく、上滑りして円キャリーで再び海外に還流していっただけで終わったわけですし。

別に彼の仕事を全否定するつもりもないし、日銀の超低金利円安政策まで彼の責任に帰するつもりもありませんけどね。
中途半端に社会システムをいじくって、変えきれずに残ってしまった部分とあいまって、結果的に変に偏ったおかしな社会にされてしまった恨みごとくらいは、元為政者として甘んじていただかねば。

投稿: 義忠 | 2009.02.23 20:54

>外需依存型に誘導したのは小泉カイカクの成果

取り敢えずココは思い切り笑うトコですかね?
あのねぇ、外需依存も内需依存も関係ないの。
いやいや鎖国という選択肢が残されているのならともかく、技術立国を標榜する日本が内需だけでどうやって生き残れと?細々と農業と漁業で食いつないで幸せを謳歌しますか。

私は経済の事はほとんどわかんない馬鹿ですけど、どーしてこーも結果論でお山の大将のような経済学者が多いんですかね?だから経済学者は嫌い。

投稿: nao_c/w | 2009.02.23 21:59

GDPの減少率のお話ですが、福田内閣は確かに景気対策には興味が無かった。
麻生内閣では野党に足を引っ張られて思うような施策が出来ない。
確かに残念なことです。

では、国益の事などなんにも考えずに足を引っ張っている野党に政権を預けたら景気対策はうまくいくだろうかという話ですね。足を引っ張ることしか知らないんですから、うまくいくわけがない。
これがうまくいくという保証があるなら、私だって反自民、反麻生に回りますよ。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.23 22:44

>では、国益の事などなんにも考えずに足を引っ張っている野党に政権を預けたら景気対策はうまくいくだろうかという話ですね。

どの政党でも良いから衆参両院で(連立組んででも)過半数取れば、何かしらの経済対策はできるんじゃないんですかね。それが、遅すぎ、小さすぎるとしても、今の現状よりは遥かにマシだと。そういう理由で政権交代を望んでいる人も居るんじゃないんでしょうか(というか、私はそれだが)。

投稿: | 2009.02.23 23:50

>私は経済の事はほとんどわかんない馬鹿ですけど、どーしてこーも結果論でお山の大将のような経済学者が多いんですかね?だから経済学者は嫌い。

 もう少し経済の基本的な事柄を学んだ方がいいですよ。
 「クルーグマン教授の経済学入門」とか読んでみたら?

 2000年度以降の経済回復は、輸出企業主導によるものですよ。
 経済成長を続ける中国向けの建築資材、鉄鋼、中間製品の輸出で輸出産業が飛躍的に伸びたんです。

 JETROの統計とか見ていれば、当時から分かりますよ。

 経済学者の野口悠紀雄氏は当時からそういうことを連載記事で説いてました。(「週間ダイヤモンド」の「超整理日記」)
 連載記事をまとめた
 「日本経済は本当に復活したのか」
 「円安バブル崩壊」
 を読むと面白いですよ。
  日本経済回復のピークは2007年の春であとは下り坂とか、日本のGDPは10%縮むだろうとか、連載当時の予言が結構当たっています。


>あのねぇ、外需依存も内需依存も関係ないの。
>いやいや鎖国という選択肢が残されているのならともかく、技術立国を標榜する日本が内需だけでどうやって生き残れと?細々と農業と漁業で食いつないで幸せを謳歌しますか。

 内需と第1次産業(農業と漁業)を混同してますね。
 
 
 高度経済成長時代の日本経済のGDPの97%ぐらいは内需だったんですよ。
 国内で地方から出てきた労働力が投入されることで、生産性が上がって大量生産で車やTVや炊飯器や掃除機が製造され、国内で形成された中流層がそれを購入して市場が拡大しという、というサイクルが回っていたんです。
 
 もう貿易黒字に依存した経済成長はできないから、今は溜め込んだ貿易黒字の運用益(毎年14兆円ぐらい)で稼ぐ時代です。
 勤労世帯の消費に頼る代わりに、引退した団塊の世代への医療サービスやさまざまな社会保障サービスで経済が回る時代です。
  


 

投稿: | 2009.02.24 00:29

>では、国益の事などなんにも考えずに足を引っ張っている野党に政権を預けたら景気対策はうまくいくだろうかという話ですね。

 与党は衆議院の2/3の議席を持ちながら、大規模な景気対策を打ち出せないという現状では、自民党のもはや政権担当能力は失われたと思ってもいいのでは?
 アメリカはほぼ民主党が下院で共和党の議席を上回っているとはいえ、党議拘束がないから与党案でもひっくり返ることがあるし、上院は議席差は一人で、ほんとうにぎりぎりだし、それでも景気対策法案が通っている。
 
 普通与党が2/3も議席を占めているのなら、野党が何を言おうが、ライオンヘアの引退議員が何を言おうが、日銀の国債直接引き受けを可決することも可能だし、政府紙幣の大量発行を可決することも可能な、ほとんど全能のポジションを手にしているんだから、本来は、各国がうらやましがるほどのスピードで経済対策を打てるはずですよ。

 わたしは、少なくとも民主党は
 「公共サービス基本法案」
 を掲げているので、期待できると思います。

投稿: | 2009.02.24 00:36

>新潮記事
先生がおっしゃっている内容は、ある種のギョーカイのなかのひとの胡散臭いスノッビズムを香らせているので、真人間には極めて反感を買う表現できにいらない。けれど我々政治社会を動かす上で最も尊い理性に基づいた良心の自由が成立するには、多少のバイアス込みでというお約束の下、表現活動の自由や取材の自由の両輪がなければしょうがないんだし。ましてあの事件や今日のNHKなんかは相手が脅したから「何をしてほしい」という要求が無い以上、カウンター対策もできないわけで、マスコミ人相手でむかつくが、身の安全を確保してほしい。今までしたことの天誅だみたいに言われるのは、理性的人間の振る舞いじゃない。

>結果論でお山の大将のような経済学者が多いんですかね?だから経済学者は嫌い
お感じになっているのはわかります。何か言説が「証拠より論」が多くなるのは社会科学にはあるけど、政治学者と経済学者はことさら頑なで中庸という徳目を失っている気がする。

投稿: さいとー | 2009.02.24 00:42

>いや、内需振興のために「構造改革」を唱えていたと思いますけど。
>ま、それも年次改革教書のためだってのが陰謀論の人達で。

 「構造改革」は内需拡大ではないですよ。

 小泉改革が国内市場に対して行ったのは「規制緩和」ですが。
 しかし、「ライブドア事件」で、三角合併や敵対的買収が封印されたため、肝心の資本市場の規制緩和が進まなかったため、企業の再編成が進みませんでした。

 基本的に「規制緩和」や「構造改革」は、ダメな企業を積極的につぶして、新しい産業が生まれるのを待つという精算主義的な政策なので、国内市場は縮小します。
 派遣労働者の製造業への自由化で、製造業を中心として賃金ががっくり下がったので、国内市場が縮小して、車の販売数も減っているし。
 レクサスのような高級車は勝ち組に売れているが、経済を引っ張るのは量の多い中流層だから、そこが没落すると国内経済は必然的に失速します。
 
 浜口内閣がやった経済失策をそのまんまなぞってますね。

 

投稿: | 2009.02.24 00:48

自民・麻生なら景気回復が保証されていると考えるのは笑っちゃうくらいあきれるんだけど。
最低限約20兆円の需給ギャップを埋めないとその景気対策とやらの効果はないに等しい状況で円売りと株売り(円安で企業業績が回復して株が買われるセオリーが通じない)すなわちついに日本売りが始まったのではないかとの懸念の一端を担っているのが醜態を晒し続けて足をひっぱっている当の麻生政権だという自覚がない。
しかし、だからといって民主党の対応も誉められるわけではない。日米関係は対等だというのはいいとして、なぜ米国務長官を避けるのか。本気で政権を担う意思があるのか疑問だ。いいなりになるのを嫌うのと積極的に良好な外交関係を築くのは全く別の話である。凡人には計りえぬ何やら秘策でもあるのなら頼もしい限りだが、単なる我侭では国益を損なう。折りしも、経団連が3月に米国事務所を撤収するというなんとも間の抜けた民間外交をタイミングよく展開しようというなかで、官民合わせて内にこもるようでは日本の将来が益々危ぶまれる。

投稿: | 2009.02.24 01:02

>なぜ米国務長官を避けるのか。

オバマが就任前に各国首脳や外交筋との接触を断ってたでしょ。
国家の交渉窓口は政権与党一本であるべきなんですよ。
特に次の選挙で小沢は首相になるのが確実視されているわけで、小沢がクリントンと会談して何かを迂闊に言えば、現在進行中の日米間交渉に大きなアメリカ有利のアドバンテージを与えることになる(小沢が前向きだと分かっている分野では急いで譲歩する必要がないし、逆に小沢が難を示している分野では早めに交渉を妥結しておくべきだ、ということになるので)。

が、世論の反発が強かったので方針を変えた。
この辺はむしろ政権交代に慣れていない日本国民側の問題。

投稿: ez | 2009.02.24 02:13

結局、内需拡大に必要な条件って何なんでしょう。外需依存ったって、貿易の金額を見ても、とても経済の大部分というわけじゃないでしょ。やっぱり、基本的にどの国も内需で持ってるんじゃないですか。高度経済成長の頃(私は小学生~中学生ですね)は、「明日は今日より良くなる」という確実な手ごたえがありました。小学校の頃に見た統計の数字では、日本とアメリカとの差があまりにも大きく、当時の国家予算が1私企業であるGMの売上額と同じであることに驚きましたが、中学生の頃は、あと十年位で欧米に追いつけると感じていました。だから、親父もカラーテレビやクーラーなどボーナスの度に買い揃えたものです。明るい明日が見えること、これが賃金の上昇と並んで内需を拡大させる最大の要因でしょう。しかし、賃金はご承知の通り下降する一方です。私もこの8年間で年収が5%ダウン(役職は上がっているんですけどね)しています。そして、官ばかりが甘い汁を吸える社会構造、先の見えぬ年金財政(私もあと十年で停年ですよ)を考えれば、財布の紐も自然に締まるってもんです罠。これを打開するには、もう自民以外に一度まかせてみては、と思うのも自然じゃないでしょうかね。仮に民主がムチャやっても、1~2ねんぎには参院選があるんですから、そこでまたひっくり返せばいいだけでしょ。

投稿: | 2009.02.24 07:38

新潮の爆笑記事を擁護できる人間は新潮に書かれた記事の内容なぞ一切知らないけど朝日叩ければそれでいいってだけの人間だと思う。
新潮の記事を読んだうえで擁護するような人間は知性が決定的に足りないと思う。

投稿: | 2009.02.24 08:27

>内需と第1次産業(農業と漁業)を混同してますね

だーかーらー
内需って言っても少子化止まらないんだからどうしようも無いでしょう。そもそもその他大勢が貧しかった時代の内需拡大と、現在では全く違うでしょ。

>引退した団塊の世代への医療サービスやさまざまな社会保障サービス

ここで儲けることを許さないのが日本の風土ですし、またその原資はどんどん目減りしてるのに無理じゃ無いですか?

投稿: nao_c/w | 2009.02.24 08:28

現在レクサスは笑っちゃうくらいに売れてません。
基本的に北米頼みの車種ですから。

投稿: | 2009.02.24 09:16

>与党は衆議院の2/3の議席を持ちながら、大規模な景気対策を打ち出せないという現状では、自民党のもはや政権担当能力は失われたと思ってもいいのでは?

衆参でほぼ同じ権力を憲法で保障されている日本と、そうでないアメリカ議会とを比べること自体がナンセンス。
3分の2条項なんてのは、「止むを得ず使う」ものだってのが日本の議会政治の通念だったはずで、これを連発するから「独裁政治」だなんてレッテルを貼られる口実になってるでしょが。
最も信用できないのは、長島議員のように「本当は政府与党のやってることは正しのだけど、俺らは政権とるために妨害してるんだ」って国益ゼロを平気で口にしているのと、それを何ら責めないマスコミ。
民主党がやってることは、例え日本人が海賊の犠牲になっても政権とるための手段だって言ってるのと同じですよ。
これを看過して民主党に期待をかける人ってのは何なんですかねぇ。

投稿: | 2009.02.24 10:03

それでも過去の自民党には参議院で過半数割っても野党が審議拒否できない形で法案を参議院に送る智恵がありましたがね。
それも小渕時代まではね。福田が一年散々苦労したのに麻生に代わったからといって民主党の対応が変わるわけでなし
今回の件だって定額給付金を別処理してればとっくに成立していた話。それをしないで強行突破をはかる麻生政権が無能なだけ。
与野党対立煽って国民不在なのは自民党など与党も同じ。むしろ与党であるだけ自民党のほうが罪が重い。

投稿: | 2009.02.24 11:29

>国家の交渉窓口は政権与党一本であるべきなんですよ。
それなら、オバマのように説明すれば済む話であり、彼は次期政権を約束されているわけではない小沢とは全く立場が違うので、比較すること自体意味がない。彼は選挙対策のためすなわち内政問題だから断ると言い、向こうが会いたいから仕方なく会うのであってこちらが会いたいわけではない、会見後も特に感想はないとも言った。会うことが国益にならないなどとは一言も言わず、内向きな態度だった。百歩譲って、国益を考えての対応だったとして、それを国民に説明せずに虚勢を張ることに何の意味があろう。今後、否が応でも民主に安定政権を作ってもらわなければならないのだから、メディア嫌いでは困るし、しっかりと国民に説明するのは当然の義務であり、世論の反発で嫌々会うなどの分析はそれこそ笑止千万だろう。

そもそも民主党に景気回復を望んでいるのならそれは的外れだ。政権交代をしたからといってそれで景気回復するわけではないのは米国を見ても明らかである。経済政策で景気回復を望むならその選択肢は限られている。やるべきことはどの政権であろうとも似たような施策をとるしかないからだ。

投稿: | 2009.02.24 13:15

>>今回の件だって定額給付金を別処理してればとっくに成立していた話

 相手が約束したことをちゃんと守ってくれるという、信頼するに足る政党ならそうとも言えるんでせうけど・・・。土壇場になってのちゃぶ台返しは民主党の得意技ですしねぇ。かつて自分たちの提出した法案を自民党が飲むと言ったら、それにすら反対しだしたあの体たらくは忘れられませんよ。

投稿: KWAT | 2009.02.24 13:34

それを言い訳にしているんなら自民党も駄目だね。
民主党が政局にするかもしれないから自民党も同レベルまで堕ちますってことにしかならない。

投稿: | 2009.02.24 16:14

麻生首相「いい加減な教科書変えた」発言釈明
http://www.asahi.com/politics/update/0224/TKY200902230361.html
おねがい、もう白戸家の悪口を言うのはやめてあげて!

投稿: | 2009.02.24 16:46

>内需って言っても少子化止まらないんだからどうしようも無いでしょう。そもそもその他大勢が貧しかった時代の内需拡大と、現在では全く違うでしょ。

 製造業に安価な労働力を大量投入する、発展途上国型の経済発展を日本は続けることができないから、医療や教育など社会保障サービスを国内向けに提供する、サービス産業を中心にした内需拡大政策をとれば良いんです。
 サービス産業は、製造業と違って中国やインドなど人件費の安い製品と競合することがないから、若い世代が派遣労働者として低賃金で製造業で働かされる現状から脱出できる。
 消費の主体は、高齢者になるのだから、少子高齢化による消費者の縮小も回避できる。

>ここで儲けることを許さないのが日本の風土ですし、またその原資はどんどん目減りしてるのに無理じゃ無いですか?

 日本の風土じゃなくて、社会保障費を抑制してきた小泉内閣以来の政策にすぎません。
 政策を転換すれば良いだけのことです。
 国内には1400兆円の資産があるから、それを国債を使って吸い上げ、年金や医療サービスの原資として社会に還元すればいいのです。

 累積した貿易黒字を海外に投資した結果として毎年、所得収支が14兆円ほど入ってきます。
 これはGDPの2.5%に当たります。

 中国やインドと無理して張り合って、製造業で外貨を稼がなくても良い段階に来ているんです。
  

投稿: | 2009.02.24 23:42

>3分の2条項なんてのは、「止むを得ず使う」ものだってのが日本の議会政治の通念だったはずで、これを連発するから「独裁政治」だなんてレッテルを貼られる口実になってるでしょが。

 経済的にやらなきゃいけないことは財政出動だって分かっているんだから、独裁だろうが、2/3の議席を使って日銀の赤字国債直接引き受けでもなんでもやってしまえばいいんですよ。
 GDPがマイナス-10%越えちゃったんだから、何が何でも政府が経済に介入してこれ以上の悪化をくい止めるという強いインパクトを市場に与えないと、手をこまねいていたら、さらに悪化するだけだ。

 天佑をむざむざ捨てるその愚かさにはため息が出る。
 
 参議院で否決されたら、それこそ郵政選挙みたいに衆議院を解散して、反小泉路線か否かで、国民に信を問えば良いんです。
 もっともこの場合、いまだに郵政民営化と小さい政府にこだわっている奴らが「抵抗勢力」になるわけだが。

投稿: | 2009.02.24 23:48

「政権を獲れば財源はどうとでもなる」と豪語している小沢一郎が、民主党政権実現の暁に政府紙幣を財源に大型公共支出を打ってくれると迷わず民主党に投票できるのだけど。これが「麻生政権で政府紙幣をベースに追加補正予算案を提出」→「与党との違いを打ち出すために小沢民主党が政府紙幣発行を邪道と徹底批判」という構図になると非常にジレンマ。

投稿: | 2009.02.25 02:14

>サービス産業は、製造業と違って中国やインドなど人件費の安い製品と競合することがないから、若い世代が派遣労働者として低賃金で製造業で働かされる現状から脱出できる。

サービス産業はその言葉通り、サービスなんです。低賃金代替え可能労働力の代表じゃないですか。しかももうすでに海外の労働力と競合してますよ。また労働対価として金を払う意識の低い日本では政策転換っていってもたかだか10年程度で何とかなった問題でも無さそうですねぇ。タクシー運転手の給料が上がらないのは何故?

>製造業で外貨を稼がなくても良い段階に来ているんです。

売れる市場に放出してるだけ。ごくごく自然な流れですね。
需要が無くなれば産業規模が縮小するだけですね。まだ市場が残されているのに、さっさと撤退しますか?

そもそも私は
>外需依存型に誘導したのは小泉カイカクの成果ですから

に対して反論してるのです。

投稿: nao_c/w | 2009.02.25 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事件は風化せず:

» 今、日本は崖っぷち。日本人は現実を直視せよ。日本を陥れる奴らって、日本人のなりすまし以外に考えられるか? [ねぇ知ってたぁ?]
日本には、日本人のなりすまし外人が沢山いる。 いまだったら、民主党の政策の恐怖を話題にすると、目の前の人間が外人かどうか見分けられる... [続きを読む]

受信: 2009.02.24 06:07

« 電話のエチケット | トップページ | ドジを踏んだのは誰? »