« 国策捜査来い来い! | トップページ | 夕張はなぜ頑張る? »

2009.02.01

現代の屯田兵

 さ、今日は月初めの休日ですから、メルマガを有料版へと切り替えましょう!(^_^)

 新刊、恐らくもうほとんどの書店店頭では売り切れたと思います。という報告が入りつつあります。これからお買い求めの方は、書店を渡り歩くのも大変なので、ネット等でお願いします。。

  最近、林業の就職説明会が賑わっているそうですが、昨夜のNHKだったかな、林業従事者の平均年収が、全国平均で70万円、九州に至っては30万円に満たない、と報じてましたね。

 私が以前から提唱している「選抜公務員制度」は、今後も進行するだろう少子化社会で、公的セクターと民間が若年労働力を奪い合う状況を想定してのことです。その頃には、国家財政の疲弊度は今より進行し、国家公務員だろうが地方公務員だろうが、今のような良い給料は出ません。今の派遣工並の待遇しか与えられないから、公的セクターでの人材確保を優先するために、徴兵制を施行して人材を各公的セクターに割り振りしようというものです。

 一方、私は限界集落をさっさと畳め、その道筋を今の内に付けておくべきだ、という主張の持ち主です。国の市町村合併は、実はこの限界集落対策でもあったけれど、うまく運んだとは言い難い。
 そこで、急場しのぎとして、「屯田兵」制度を復活しましょう。過去に、失業問題を徴兵制で解決を試みた指導者もいなくはありませんでしたw。

 たとえば、2兆円でどのくらい雇用できるかと言うと、防衛費と自衛隊の規模に照らすと、最低でも15万から20万近くは雇用できるでしょう。原則として棒給は下からのスタートという形になりますから、もっと雇えるかも知れない。
 それを屯田兵として、全国の限界集落に派遣するんです。たとえば、10戸の限界集落に対して一人。あるいは、ひと組の夫婦を、島の駐在さんみたいな形で派遣する。仕事道具としてワゴン車を付けましょう。介護資格も取って貰おうじゃありませんか。
 もちろん、今日は介護で、明日は木こりという便利な仕事の割り振りが出来るとは思えないけれど、それでも、いろんなサービスを提供できる。ただ、限界集落の維持にはコストも掛かりますから、そこに暮らす人々から別途「限界集落居住税」も取って、都市部への移住を促すと同時に、幾ばくかのコストも負担して貰う。

 本来なら、今すぐ出来ることは、自衛隊の充足率を上げます、ついては、各隊で2千名ずつの確保として自衛隊で6千名の雇用を確保できます。あるいは、海保でも2千名充足率を上げるので、そちらに来て下さい、と言うことです。
 なのに、国はその程度のこともやろうとしない。この計画の利点は、すでにそこに訓練と宿泊施設があり、半年の訓練過程を終えれば、砂に水が染みこむように、人々をスムーズに全国の基地で受け入れられることです。医者や看護師みたいに養成に何年もかかるわけじゃない。新たにそこで事業を興す必要もありません。
 しかし政府も国会も一切そういう発想を持とうとしない。つまり国、財務省としては、明日真水で12兆円ばらまくことは構わないけれど、公的セクターが、公務員増という形で雇用に貢献することは、ただの一人として断じて許さない、という意志を明確にしているということです。もはやびた一文、公務員の人件費が増えることは許さないぞ、という意志が隅々に行き渡っている。
 なぜ政治やメディアが、同じく税金を支出する行為なのに、それを避けているのか不思議でなりません。人手不足のセクターは医療や介護だけじゃないのに。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ クリントン国務長官、初外遊先は日本? 米紙報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090131-00000535-san-int
※ 首相、世界経済復活へ「外需依存脱却を」 ダボス会議で講演
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090131AT3S3100831012009.html
麻生首相、ダボス会議で講演 経済危機克服へ「新しい秩序創り」提唱
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090131/plc0901312043008-n1.htm
※ 「横浜開港記念花火」が中止に、人出増え安全確保できず
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090131-OYT1T00072.htm?from=navr
※ 公務員改革 「人事院反乱」に屈す 工程表先送り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090130-00000022-maip-pol
※ 電池交換したばかり? 携帯電話が爆発、男性死亡 中国
http://www.asahi.com/international/update/0201/TKY200902010002.html
※ 「淫」が常用漢字に仲間入りした理由
http://www.asahi.com/culture/update/0131/TKY200901310206.html
※ システム障害でグーグル謝罪
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090201/crm0902011045003-n1.htm
※ 発信箱:続・誰のための地デジ=潟永秀一郎(報道部)
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20090201k0000m070086000c.html
※ 難病児童らの夢乗せた衛星「かがやき」消息不明
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090131-OYT1T00444.htm
※ 前日の空虚重量 69.8キロ

 自宅マンションから、3階建てのマンションの屋根が見下ろせるんですよ。そこが、ここ二日間の雨で水浸しなんです。プール状態。昨日のお昼に見たら、深さ15センチはあったように見えた。たぶん配水管が詰まっているんでしょうね。さっきもチラとみたら、まだ5センチ以上の深さで、たっぷんたっぷん波打っている。
 管理している不動産屋の看板でもあったら電話してみようかと思ったんですが、無いんですよ。賃貸だし、住人と知り合いというわけでもないから、こういう場合は、何処に通報するのが正しいんでしょうか? 消防? あるいは区役所の何処か?

※ 有料版おまけ バッティングセンター

|

« 国策捜査来い来い! | トップページ | 夕張はなぜ頑張る? »

コメント

》 全国平均で70万円、九州に至っては30万円に満たない

全国平均47万、九州28万じゃなかったかと。
いずれにしろあの額は衝撃的でしたね。

投稿: 酢昆布 | 2009.02.01 11:36

> なぜ政治やメディアが、同じく税金を支出する行為なのに、それを避けている
>のか不思議でなりません。人手不足のセクターは医療や介護だけじゃないのに。

アフォなマスゴミ連中が全滅する事を切に願います。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.02.01 11:44

>人事院
まあ、人事官って、内閣が罷免できないんですよね。
是非、弾劾裁判までいってほしい。

投稿: | 2009.02.01 11:55

>※ 「横浜開港記念花火」が中止に、人出増え安全確保できず

 横浜港近辺の職場に通勤しております。この件につきましては『横浜開港150年』の記念イベントで調子に乗って前年から金をガバガバ使ってたところへ急に不景気になったので回せる予算がなくなって中止、という噂が流布しております。

投稿: さの字 | 2009.02.01 11:58

>屯田兵
おお、ワタクシも大石センセと同じ論を主張しておりますですよ。

権限委譲で地方自治体にカネだけ渡しても地域振興には不十分。
カネに加えて、都市部や労働セクターで余った労働力も地方に配給してやるべきです。

ついでに、この労働力を何に投入するかを自治体の直接選挙で決めてしまうのがよろしいかと。
首長に指揮権を任せるか、別に公選制の役職を作るかは意見の分かれるところですが。

住民自身に地域づくりへの興味を持たせることが、地域再生の第一歩です。

投稿: ez | 2009.02.01 12:03

>都市部や労働セクターで余った労働力も地方に配給してやるべきです。

文革の時の「下放」ってやつですな。
つるかめつるかめ。

投稿: | 2009.02.01 12:13

    私が以前から提唱している「選抜公務員制度」は、
    今後も進行するだろう少子化社会で、公的セクターと民間が
    若年労働力を奪い合う状況を想定してのことです。
    その頃には、国家財政の疲弊度は今より進行し、国家公務員だろうが
    地方公務員だろうが、今のような良い給料は出ません。
    今の派遣工並の待遇しか与えられないから、公的セクターでの
    人材確保を優先するために、徴兵制を施行して
    人材を各公的セクターに割り振りしようというものです。
    
    一方、私は限界集落をさっさと畳め、その道筋を今の内に付けておく
    べきだ、という主張の持ち主です。
    国の市町村合併は、実はこの限界集落対策でもあったけれど、
    うまく運んだとは言い難い。
    そこで、急場しのぎとして、「屯田兵」制度を復活しましょう。
    過去に、失業問題を徴兵制で解決を試みた指導者も
    いなくはありませんでしたw。

理性的に考えると、社会を維持するために公務員や公共サービスに従事する人を確保することは、お金の問題以上に重大であることは確かですから、徴兵制の対象になりますね。

もう一つの、限界集落の積極的な縮小も考えないわけにはいかないのが現実です。

この二つの問題は「理性的に検討の必要あり」なのにほとんど出てこないのはなぜだろう?と以前から思っていたわけですが、成長神話というよりも縮小する未来を考えることを最初から拒否しているから、ではないのか?と思いつきました。

例えば自治体が「ニュータウン計画」とやると「人口増加が・・」「経済規模の拡大が・・」としか発表しません。
そこで「どこから来る人で人口増加するのですか?」なんて聞いて見ると「それは知らない。魅力的となところに人は集まる」となってしまいます。

これを「××の人口は減って、ニュータウンは人が増えます」と言うべきなのでしょうね。

同じようことを、企業経営にも求めるから、無理矢理輸出しなくてはならない、という面もあります。


しかし、誰がなんと言おうと日本は人口減です。
将来減るかもしれない、なんて話ではありません。もう、減っているわけで、今後は人口減が加速します。

もうすでに「成長する」では話が無理なわけです。
「健全性を維持するためにキチンと縮小する」という方向に向かわなければならない。

この「社会の健全性」という評価がすっかり抜け落ちて、いまだに「回復」「成長」ですよ。
どんどん健全ではなくて奇形な社会と化していると、見るべきでありましょう。

投稿: 酔うぞ | 2009.02.01 12:17

>この「社会の健全性」という評価がすっかり抜け落ちて、いまだに「回復」「成長」ですよ。

また「移民問題」に発展しそうですけど、先生をはじめ皆さんの議論を眺めてますと、人口という「量」が問題となっています。
「量」が確保できないと成長できない派と、「量」が確保できないんだから縮小均衡で構わない派があるんでしょう。
しかし、「質」の議論ってのが抜け落ちているんじゃないかなあ、と愚考します。
「質」を高めての成長って路線はないのですかね。

投稿: | 2009.02.01 12:27

>公務員改革 「人事院反乱」に屈す 工程表先送り
現代の「軍部大臣現役武官制」ですかね。

>「淫」が常用漢字に仲間入りした理由
アカ日が書く日本語以外は日本語ではないということですね。

>システム障害でグーグル謝罪
いきなりなってびっくりした。当然2chで祭り。グーグルのサイト自体が「コンピューターに損害が生じる可能性があります」って表示されるという皮肉。確かにある意味そうだが。

投稿: 剣 | 2009.02.01 12:50

>林業従事者の平均年収が、全国平均で70万円、九州に至っては30万円に満たない
年収ですか…月収じゃなくて?
こりゃ林業捨てて、木材をすべて輸入にするか、徴募兵投入しかないですね
でも、2兆円で雇用といっても例のばら撒きは今年だけですからね
20万人雇用して、一年たったらポイじゃあまり意味ないような

>本来なら、今すぐ出来ることは、自衛隊の充足率を上げます
いまさらの話ですが、あの派遣村の9条教連中の横で自衛隊地方協力本部の臨時事務所でも開設してやれば面白かったのにw

>悲観主義は気分であり、楽観主義は意思である」を引き、「意思ある者が難局を克服する」と締めくくった。
いい言葉ですな。でも、それがTVで放送されるかどうか・・・

>「超節約だ」などと無知蒙昧なことを吹聴する経済評論家を扇動罪や国家紊乱の罪で取り締まれるようにすべきだと思う。

まあ、マクロで見ると消費しないと経済が回らないのはたしかですが、個人で見ると節約がベストなご時世ですからね
いっそのこと「年収の○○%以上を消費しなければならない」という法律でも作りますかw
でも、そうしたらみんな貴金属とか換金性の高いモノを買いそうだな

投稿: | 2009.02.01 13:18

失業者の大半を占める30後半や40代の徴兵経験も無い人間を新規に受け入れる軍隊なんてありません。若者は敬遠し入りたい人間は募集条件と合わないので採用されない。雇用のミスマッチが増えるだけ。

あと、デフレ下で節約するのは正論。政府には大量の金を消費しろ。個人にはその効果が現れるまで節約してデフレの嵐が過ぎ去るまで耐えるのは正論中の正論。経済評論家が個人たる国民相手にそうアドバイスするのは全くもって正しい。

投稿: | 2009.02.01 13:22

>残り年間約185万円が生活費。

すいません、地方でフルタイム働いてこれくらいのレベルの人は山ほどいます。
年金暮らしの最低レベルだと国民年金が月4万5千円くらいで後期高齢者医療保険だの
介護保険だのを引かれ夫婦でも100万いかないはず。
これだけもらっている人を貧乏人の代表みたいに扱うとはお気楽記者さんですね。

投稿: | 2009.02.01 13:31

>林業

冬季は基本的に稼働できる日が殆ど無い為、森林組合など通念雇用を行っているところは、林産加工物・製材、スキー場などへの出向で凌いでいるのが、大半ですから、真水部分はそんな物でしょう。

>システム障害でグーグル謝罪

昨晩丁度、路線検索をしようと「乗換案内」でググると、トップのGoogleトランジット以外、軒並み”システム障害の恐れが有るので~”の表示が(^^;
いくら、自社サービスを選ばせる為とはいえ、エグイ事するなあ(^^;と思ったら、障害でしたかorz

所で、今日の話題には関係有りませんが、「空へ~Rescue Wing 救いの翼~」をようやく観ることが出来ました。
何というか、本マグロをネタにお任せで頼んだら、パン粉付けてフリッターにしてケチャップ掛けて出された感じとゆーか、監督と脚本家を取り替えて、撮り直して欲しいですね、アレは・・・・・・
冒頭のヴァートル、ロクマルやU-125A、そしてイーグルの勇姿(ここは流石にイーグルの魅せ方に通暁した赤塚聡氏の
功績大でしょう)は存分に楽しめるので、ドラマ部分と分離出来る仕様でのDVD化が望まれます(T_T

投稿: yossi | 2009.02.01 13:39

補助金で景気を浮揚させる必要はない。
ハードランディングしか無いだろう。
大政奉還というデフォルト、第二次大戦というデフォルト。
幕臣の解雇、公職追放にレッドパージ。
http://scienceportal.jp/news/review/0901/0901301.html
それだけで日本は浮揚した。
単なる議席の多寡での政権交代では駄目であろう。
はっきり今の年寄りが長生きなのは戦争で弱っちいのが死んだせいだ。
もっとはっきり言えば、高齢者が少なかったのは戦争と戦後の混乱で死に絶えて、その開けた空間にのびのびと団塊が芽吹いただけだ。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/deth.html

投稿: pongchang | 2009.02.01 13:40

限界集落はたたむようにさせるのが合理的でしょうね。

限界集落ではないですが夕張も、ここにはもう住めないから、他所の人のいる都市に移りなさい、と強制できればわかりやすい。そうはならないですが。

投稿: まえやま | 2009.02.01 14:27

>地デジアンテナ

普通にベランダに設置するだけでも6万円かかりました。
ネットで調べても相場はそれくらいのようです。
山間部や送信所方向に障害物がある場合は10万以上かかるかも知れません。

地デジの広報でアンテナの事を言わないのは詐欺的だと思いますね。

投稿: | 2009.02.01 14:39

> 電池交換したばかり? 携帯電話が爆発、男性死亡 中国

携帯電話の会社は良い迷惑だよな。
問題は粗悪な電池の方なんだが、本体が悪くって爆発したように思えてしまう。

もともとリチウム電池は爆発の危険があり、安全装置を組み込むことにより何とかやっていけるようになっているのだが、コストを優先し安全装置の回路を粗悪、最悪は無くしてしまう偽物が多い。

まぁ、純正でも製造過程の問題で爆発したこともありますが(爆)

投稿: 一般書店で | 2009.02.01 14:42

地デジアンテナといえば、切り替えが終わった翌年にも工事が必要なんですよね<首都圏では。

理由はこれ
http://www.tokyo-skytree.jp/

投稿: 一般書店で | 2009.02.01 14:48

http://sawayama.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1888.html
前町長を追放し、NUMOを断った町長の苦労を見てみましょう

投稿: pongchang | 2009.02.01 15:39

>「超節約だ」などと無知蒙昧なことを吹聴する経済評論家を扇動罪や国家紊乱の罪で取り締まれるようにすべきだと思う。

罪名は、「大石説否定罪」がよろしいのでは。

投稿: | 2009.02.01 15:42

実を言うと、原油や穀物の国際価格暴落という追い風を受けて、今年の春先には日本の景気は戻っていくと、わたしは最近まで考えていた。原材料価格の下落は、企業の粗利を増やすことで業績を回復させると同時に、消費者物価を引き下げることで実質購買力を引き上げるから、景気回復につながると考えていたのだ。(2009年1月19日、森永卓郎)
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/168/index4.html

森永はこういう間違いをやらかす。「今こそ株を買え」と言い続けてきた森永卓郎が今度は節約、財布の紐絞れというのは、やっぱりヘンです。生活者へのアドバイスなら株取引する必要もなく、あらためて消費を抑えることもない。大竹まことによると森永は1万3千円の時から株を買えと言っていたとか。宮崎哲弥はこれだけいい加減な経済評論家も珍しいと笑らっていました。いやテレビでのポジションはお笑いタレントなんですからある意味期待に応えている。

「問題の多い定額給付金だが、やらないよりはまし」(同、森永卓郎)、と主張するのですから森永的にはこれを使わずに貯め込むのでしょうか。本音は消費に回して欲しいですよね。

投稿: TOソープランド | 2009.02.01 16:51

>2兆円の使い道

これ、野党やマスコミなんかみんなそうですけど、給付金の原資は埋蔵金であって、恒常的支出を有する事業ならば、原資が尽きた後の財源確保しなければならないのに、その部分を完全に無視しているんですよね。
仮に政府がマスコミや野党と同じことしたら「安定した財源はどうするんだ」って、バッシングでしょうが。

>ダボス会議

アジア支援でODA1.5兆円の支出とか、内需拡大、世界的な金融ルールの早期確定など重要なこと言っているんですけど、何故か日本のマスコミが取り上げるのは「読み間違い」ですから。(毎日や時事)
正直、高校の新聞部のほうが良い仕事するんじゃあと思うんですけど。

投稿: | 2009.02.01 16:55

矛盾ってまさにこのこと
2兆円が恒久財源でないことを主張して擁護した直後に、誰も了解していないODA1.5兆円を勝手に公約する馬鹿総理を擁護する。

投稿: | 2009.02.01 17:13

重要と書いただけで擁護などしてないのでは?

投稿: | 2009.02.01 17:19

アジアに内需拡大を呼びかけるぐらいなら、1.5兆を定額給付金に上乗せして日本の内需拡大をすりゃいいだろうにと思いますがね。

日本で消費される物品のかなりの部分は今やアジア製(工業電子製品は中国・ベトナム・台湾など、農業製品は中国・タイなど)ですから。日本の内需を拡大すれば、アジアからの輸入が増え、それがアジア全体の需要を押し上げ、域内の経済回復につながります。

ODAで渡したら渡し切りで終わってしまいますがな。

相手国のインフラ整備に貢献したいなら、互いに交換国債を発行して引受け合いをやればいいんですよ。
せっかく円が高いんだから、後生大事に抱えていないでそういう積極投資に出るべきです。

投稿: ez | 2009.02.01 17:33

>※ 発信箱:続・誰のための地デジ=潟永秀一郎(報道部)
>http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20090201k0000m070086000c.html

この記事を読む限りでは詳細な取材ができたのがこの、我孫子の「夫婦で税抜き185万」家族だったというだけの話のように思いますけど?
二十万という額に目が行きがちですが、
>古いマンションでは共同受信設備を配線まで替えなければならないケースがあり、1戸あたり10万円の負担を求められた例も。

とあるように、20万と言うのはアンテナの更新名目で要求される額としては「高い」額ではないですよ。ぼったくりであるという部分は同意しますが。

と言うのも、この20万、多分アンテナの置き換え以外にも信号強度のチェックやら新しいテレビやボックスの据え付け、チューニングやら非常に下らない作業でもお金が加算されていて電気店(これがヤマダ電機のような大手なのか地元の中小なのかはわかりませんが)がぼったくる構図になってるのでは

一緒にBSの設置もやっているとしたら、20万という追加料金も一般的な価格ではないかと思います(電気店の言い分で行けば一日作業員を一名以上貼り付ける云々で)。この手の老人は何がなんだかわからずに言い値で作業を頼むしかないのでいいカモにされてると思いますよ。

投稿: 業界インサイダー | 2009.02.01 17:36

>悲観主義は気分であり、楽観主義は意思である」

>いい言葉ですな。でも、それがTVで放送されるかどうか

前にやりましたよ。
「解雇された派遣社員が苦しんでるのに
気分とはなんだ気分とは!」
というバッシングで。

もう文脈を無視して揚げ足取りしかしない
この国のマスゴミにはうんざりです。

投稿: たか@ | 2009.02.01 18:17

>アジアに内需拡大を呼びかけるぐらいなら、1.5兆を定額給付金に上乗せして日本の内需拡大をすりゃいいだろうにと思いますがね。

だから、給付金で内需は拡大しないし、拡大しても一時的なものでしょ。
構造的に不況で、金が回らない。
某池田氏じゃないけれど、みんながハッピーになるように
古く儲からない産業や企業は潰して、新たな産業や企業を立ち上げて
安定した雇用を生み出すべきでしょ。
本当に、人間ってのはなんで自分の耳に心地良い
言説に容易にとびつくのかなあ。

投稿: スサノオ | 2009.02.01 18:24

新しい産業?そんな夢想しても意味ないね。
具体的提案もない池田の破壊願望なんか無意味だよ。
現実はこの3月には失業率は6%を超え夏までに失業者が200万人さらに生まれようかという危機的状況なのに。
楽観論とからでせいぜい8万5千人といっていて実際には現状既に40万超えに訂正。
ほぼ最悪ペースの予想していたものが的中している。
11月以降の落ち込みの酷さが数字でわかってくるから。
内需?何の冗談?所詮は生産現場と離れた公務員や一般経済と隔離された状況にいる人間の戯言。

投稿: | 2009.02.01 18:37

>だから、給付金で内需は拡大しないし、拡大しても一時的なものでしょ。

効果が出るまでいくらでも撒き続けりゃいいんですよ。
カネなんてのは原油と一緒で、いくらでも湧いて出てくるものです。

紙幣と金貨の違いはそこなんですから。

>安定した雇用を生み出すべきでしょ。

国民に安定した生活を提供するのが目的であって、ぶっちゃけていうと雇用があるかないかなんてどうでもいいんですね。雇用が無けりゃ金を刷って渡しておけばいい。

そのうち需要が生産を上回り出したら、経済は勝手にそっちの方に向かって動き出します。

投稿: ez | 2009.02.01 19:03

>>人事官の罷免
 弾劾裁判まで行ったとしても、裁判するのは最高裁なんだから、政治の思うように罷免できるわけじゃない。
 政治は時として理非の区別なく暴走することもあるわけだから、こういう歯止めを作って行政の中立性を確保するのは憲法上の要請でもあるでしょう。もともと人事院という独立行政委員会に国家公務員の人事制度の運営をゆだねているのは先人たちの知恵だと思いますが。

投稿: 治部少輔 | 2009.02.01 19:07

>水浸しなんです。プール状態。
>たぶん配水管が詰まっているんでしょうね。
話だけ見るとルーフドレンって排水口の金具部分にゴミか何か詰まってて引きが悪いのでしょう。
まあ、完全に詰まっている訳ではなさそうですが。

>管理している不動産屋の看板でもあったら電話してみようかと思ったんですが、無いんですよ。賃貸だし、
>こういう場合は、何処に通報するのが正しいんでしょうか? 消防? あるいは区役所の何処か?
これは民間のマンション等なら民事不介入でしょうから行政機関の出る幕ではないですね。
やっぱり不動産屋に連絡するべきでしょう。

しかし、この状態で築年数が経っていたら防水層も怪しいので(基本的には10年ごとのメンテナンスが必要)
下手すると直下階の天井に漏水してるかも…

投稿: YOSHI@小牧の隣町 | 2009.02.01 20:08

投稿: | 2009.02.01 16:55書いたものですけど、レス返し

>投稿: | 2009.02.01 17:13

君はもう少し文章読解能力磨こうか。

「給付金」については、「雇用」とか「福祉」なんて恒常的支出になるような物については、2兆円の原資が尽きた後の財源まで考えなければ無責任じゃないのと言うこと。

ダボス会議については、会議の中身で色々出ているんだから、読み間違いよりもそっち報道するのが重要じゃないのかということ。
要するに、報道姿勢について指摘したわけで、会議の政策の是非までは踏み込んでいない。

全く別の話題を論じているのに、それを引っ付けて、首相擁護なんて言っている時点で、君の論理は破綻している。

>ez様

アジアだけでなくて、日本も内需拡大するようにするって言っていますぜ。麻生さん。

投稿: | 2009.02.01 20:14

>私が以前から提唱している「選抜公務員制度」は、今後も進行するだろう少子化社会で、公的セクターと民間が若年労働力を奪い合う状況を想定してのことです。その頃には、国家財政の疲弊度は今より進行し、

 若年労働者を奪いあうような需要が民間にはありませんよ。
 円高の進行で製造業は10年以上前から海外移転が進んでいます。海洋堂だって、中国人の従業員を教育して中国でフィギュアや食玩を生産しているんですから。

 製造業に労働力を大量に投入して、製品を大量に作り、海外に売りさばく、経済発展途上型の時代は日本では過ぎ去ってしまったんです。これからは、製造業では労働力が過剰になるのです。
 

>て、全国の限界集落に派遣するんです。たとえば、10戸の限界集落に対して一人。あるいは、ひと組の夫婦を、島の駐在さんみたいな形で派遣する。仕事道具としてワゴン車を付けましょう。介護資格も取って貰おうじゃありませんか。

 市町村レベルで自立的に存続が不可能な人口になった限界集落は、都道府県の直轄自治体にして県庁の職員を派遣すればいいじゃないですか? なぜ屯田兵など派遣する必要があるでしょう?
 

投稿: | 2009.02.01 20:38

>補助金で景気を浮揚させる必要はない。
>ハードランディングしか無いだろう。
>大政奉還というデフォルト、第二次大戦というデフォルト。
>幕臣の解雇、公職追放にレッドパージ。

 大政奉還はデフォルトではないよ。明治政府は江戸幕府の負債を継続したし。 
 第二次大戦もデフォルトではないよ。
 新円切り替えと財産税、インフレで債務を圧縮したんであって、債務不履行(デフォルト)ではない。

>それだけで日本は浮揚した。

 浮揚してません。明治時代は、国内に資本の蓄積がないから外債を発行して、資金をファイナンスしてます。(日本最初の鉄道(新橋-横浜)の建設費用とかね)

「国債の歴史」とか読んでみればいいのに。

>はっきり今の年寄りが長生きなのは戦争で弱っちいのが死んだせいだ。
>もっとはっきり言えば、高齢者が少なかったのは戦争と戦後の混乱で死に絶えて、その開けた空間にのびのびと団塊が芽吹いただけだ。

 これは全くの間違いで、平均寿命が延びたのは医療技術の進歩と公衆衛生の進歩のおかげです。

投稿: | 2009.02.01 20:45

>だから、給付金で内需は拡大しないし、拡大しても一時的なものでしょ。
>構造的に不況で、金が回らない。
>某池田氏じゃないけれど、みんながハッピーになるように
>古く儲からない産業や企業は潰して、新たな産業や企業を立ち上げて
>安定した雇用を生み出すべきでしょ。


 構造的な不況であることは確かだけど、それは長期的な問題なので、短期的な景気の下支えとして財政出動をすることは経済的に意味のあることです。
  そhのために古く儲からない産業や企業が生き延びることはあるだろうが、それはしばらくは無視してもいい。
 なにより、次の新たな成長産業なんてわからないから、次の産業はの創出は市場に頼るしかない。
 政府がやるべき事は、
・移行期に国民が受けるダメージを最小限にとどめることと、
・流動性の罠に落ちているマクロ経済を、罠から外に出すこと
・政府を少子高齢化社会に対応した予算編成と行政構造に変更すること。

投稿: | 2009.02.01 20:50

>人事院の乱
人事院は、公務員制度の改革に対して自分の権限が制限されることに反対しているわけですね。でも、それならそれで、堂々と会議で自己の正当性を主張すればいい。反対だからって、首相が主催する会議をボイコットするなんて、大人がやることではない。だいたい、人事院が反抗している理由は高級公務員の権益を守ることであって、一般の公務員には何の関係もない。それならそれで、公務員法そのものを変えてしまえばいい。

>年金
年金が手取りで185万っていうのは、かなり普通のレベルだと思いますよ。うちの親父も年金はその位です。ただし、軍歴があって、そのほとんどを戦地で過ごした(本人は2年で帰るつもりが、半強制で予備士官にさせられてフィリピンで終戦)ので結構な金額になっており、年金と合わせれば300万超えてます。私が就職した頃の年収は、この半分しかなかったです。でも、これでやっと普通に生活できるんです。本人は、戦友の8割近くは戦死した程の「命の代償」ですから、高くはないと言ってますけどね。

投稿: | 2009.02.01 21:06

>イギリスのデジタル地上放送は2002年の10月開始なのでまだ2年半しかたっていない。でも、視聴できるエリアは既に全土の75%以上に達しているようだ。

>周波数帯が従来のアナログ放送と同じUHF帯なのでアンテナがそのまま使える。

http://dognorah.exblog.jp/970932/

彼我のこの違いは一体なんだろう?

投稿: | 2009.02.01 21:31

宮崎の実家で薄型TVを導入した際は、UHFのアンテナと同軸ケーブルはそのまま使えたので
費用的には衛星アンテナ+デジタル・衛星対応混合機能付きブースター+分配器+TV/衛星分波器で
合わせて3万円程度で済みましたよ。

まあ、送信所が同じ所で、UHFアンテナの調整は無かったし、父親と二人で自前作業だったので
結局部品代だけで済みましたから。

UHFの既存局があって、方向調整不要で地デジだけで良ければ、アンテナ系の工事費用は発生しないかと思われ…
付加価値を付ければ付けるほど比例して工事費用は掛かるものとお考え下さい。

投稿: YOSHI@小牧の隣町 | 2009.02.01 21:52

>淫の常用漢字化
あまりこういうことされると、「自分でモノを調べる楽しさ」とか「馬鹿だけどそっち系の知見を有する優越感」が奪われるような気がして、若い世代には気の毒だという感情しかわかないのですが。

投稿: さいとー | 2009.02.01 22:05

都市部ほどVHFなんですよ。
田舎の難視聴解消地域ほどUHF。

投稿: | 2009.02.01 22:07

>古く儲からない産業や企業は潰して、新たな産業や企業を立ち上げて
理念としては良く判るんだけど、じゃあそれってどんな産業?って話になりますよねえ?
ウチの国が得意なのは、やっぱり製造業になるのかな?
で、ウチの国が力を入れられてなくて、需要が硬い製造業っていうと・・・
やっぱり軍需産業かな?
世界的に硬い需要に支えられているし、消耗品も多い商品だから、製造業として考えると非常に良いんじゃないかと。
色々と綺麗ごとで、軍需品の輸出を行ってこなかったけどさ、「人はパンのみにて生きるあらず」って綺麗ごともさ、まずパンが食えなきゃ意味無いセリフだと思うのですよ。
パンを食う為に綺麗ごとには目を瞑って、軍需産業という製造業に力を入れて、車や電気製品が回復するまで、軍需品で食いつなぐってのはどうでしょうか?
なにもサルコジやコキントーばかりに稼がせる必要は無いじゃないですか。
オバマとバッティングするのはマズそうだけど、アジアやアフリカならオバマも文句ないんじゃない。
派遣で切られた人たちも、また製造業に復職できるしさ。
問題はさ、ウチのオリジナルモデルって高いのばっかなんだよなあ。
ウチの商品(国産自衛隊装備)で、アジアの比較的裕福な国(タイ・インドネシア・マレーシア・シンガポール・ベトナム)で買えそうなのって何があるかな?
中古品(護衛艦・潜水艦・P3C・F4・74式)売っても、雇用回復にならんからなあ。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.02.01 22:28

上にも書かれていますけど、現在UHFのアンテナが立っている家なら、そのままでデジタル放送が見れる可能性は高いです。
受信状況が悪くてブースターがないと映らないというお宅では、増幅する帯域の関係でブースターを交換しなければならない可能性はありますが。
その場合、交換費用で4〜6万程度かかるかもしれませんね。
で、UHFアンテナなんて立ってないというケースは、そのほとんどが都市部ですね。
都市部で電場状況自体は良い地域ならば、室内アンテナでも充分地デジは映りますけど。

投稿: | 2009.02.01 22:32

自衛隊への雇用は賛成ですね。
自分も思ってはいましたが、
今の国が雇用促進を本気で考えているとは思えませんね。

人手が不足している分野への雇用転換を促進するのが一番理にかなっているとは思いますが、
資格が必要な部分にはすぐには転換しにくいけど、
自衛隊や海保ならある程度即効性はあるんじゃないかと…

それに税収の面でも第一次として自衛隊や海保で雇用して
資格の必要な分野への雇用が一年後位から確保できれば、
税収面でも読めるようになる。

予備自衛官制度でしたっけ?を利用して資格の必要な分野での金銭面での支援も出来なくはないかと…

今の現状では即効性のある雇用促進が求められているとは思うのですがね。

投稿: ターボ | 2009.02.01 23:31

>軍需産業という製造業に力を入れて、車や電気製品が回復するまで、軍需品で食いつなぐってのはどうでしょうか?

 アメリカやフランスの順次企業がすでに寡占状態の市場へ進出しても、シェアをとれるか怪しいですよ。
 まあイスラム系の金持ちテログループにミサイルやらなんやらばんばん売りつけるのは、競合相手がいなくてねらい目かも知れませんが。
 

投稿: | 2009.02.01 23:34

>本来なら、今すぐ出来ることは、自衛隊の充足率を上げます。

 乗数効果が思いきりなさそうですね。
 それぐらいなら、地方に道路を作った方がまだ資産として残るからましでしょう。

 社会保障の乗数効果は高いので、やはり医療、健康保険、年金、教育、介護の分野に重点的に支出すべきでしょう。

投稿: | 2009.02.01 23:37

>今の現状では即効性のある雇用促進が求められているとは思うのですがね。

 経済学的には雇用は別に促進しなくてもいいのです。
 雇用はあくまで、労働者に消費を行うための所得を与えるために行うのであって、べつにマイナスの所得税を導入して支給金を直接失業者に渡してもいいのです。
 でもどうせなら、少子高齢化社会への社会構造の改造のための支出とかねることができればいいから、やはり医療、健康保険、年金、教育、介護の分野に重点的に財政支出をしてその分野での雇用を増やすべきでしょう。

投稿: | 2009.02.01 23:41

2兆円を20万人で割ると、1人1000万・・・なんか、高給取りですね。

・・・そういう意味じゃないのか?よくわかりませんでした。

投稿: にろ | 2009.02.02 02:23

地デジの厄介なところは「やってみるまで分からない」ところなんですよねぇ。
室内アンテナで済むのか、屋根の上にアンテナが必要なのか、ブースターが必要なのか、屋内の配線は交換しなきゃダメなのかなどなど。費用もいくらかかるか分かりませんし、壁の中の配線も変えなきゃならんとなったら結構な費用がかかるんですから、このハードルは結構なものだと思います。まずは室内アンテナを試すのがいいのかもしれませんが、もしダメだったら丸ごと無駄になると思うとなかなか踏み切れないですしね。
アンテナでもCATVでもフレッツTVでもいいですから、とりあえず電波の入り口の所までは国で面倒見てほしいところです。せめて工事内容にかかわらず一定金額内で済むような制度でもあれば、だいぶハードルは下がるんじゃないかと思います。

投稿: | 2009.02.02 04:21

営業マネージャー(所長)さま

揚げ足取りをするつもりも、コメントの大意について否定するものではありませんが。
『さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、"霊"に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。すると、誘惑するものが来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスはお答えになった。「【人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる】と書いてある」』マタイによる福音書の4の1-4
ですのでパンよりも教えが先という流れだったと理解しています。(この場合であってもパンはどうでもということでもありません。)肉体的な充足を得ようとも精神的な充足を得ない限り飢えや渇きが無くなることはならないということであって、引用には少し不適切かと存じます。ご指摘の文脈では衣食足りて礼節を知るでしょうか。

投稿: たつや | 2009.02.02 10:26

投稿: | 2009.02.01 16:55
投稿: | 2009.02.01 20:14
>(毎日や時事)
毎日も時事も普通に1.5兆円のことも配信したり記事にしたりしているのにそれを自分が見つけられないで何を言っているのやら。
お里が知れる。

http://mainichi.jp/select/science/news/20090201ddm001020076000c.html
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090201k0000m010069000c.html

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%c0%a5%dc%a5%b9&k=200901/2009013100284

投稿: | 2009.02.02 12:16

>原材料価格の下落は、企業の粗利を増やすことで業績を回復させると同時に、消費者物価を引き下げることで実質購買力を引き上げるから、景気回復につながると考えていたのだ
これは米金融危機が日本経済に波及する前の大石説と同じだよね。これに対してはそもそも需要がないんだから生産しても在庫が積みあがるだけでそんなことはありえないと否定した。
そして、日本に危機感がないのは日本は金融市場が実質ないので影響が少ないように見えるだけで、影響は実体経済に直接(すなわち急激に)現れる。みなクレジットカードが使えなくなったり、雇用が失われてはじめてそのことを実感すると書いた。残念ながらこの予想は当たってしまった。株を買えもしかり。実態のある消費さえ減退するのにまして実体のない株に投資しようなどというインセンティブは生まれない。ここで、マインドの問題であればこそみんなで株を買えばいいじゃないかと反論するのは経済というのがよくわかっていない。経済合理性では実際の経済は動かない。特に好不況が激しい状態では非合理性は極大化する。なぜなら人はいつも非合理的存在だからだ。マクロ経済的に消費は正しくとも個人はそのようには動かない。たびたび話にだす「個別最適は全体最適と等価ではない」という理屈だ。これとまったく逆の現象が起こったのが今回の新自由主義的金融バブルの崩壊だ。


>何故か日本のマスコミが取り上げるのは「読み間違い」ですから
そりゃ、朝礼で「トイレはきれいに使いましょう」と正論をはいたところで反対意見はでないさ。


「経済的繁栄と民主主義を希求する先に平和と幸福がある」
うむ、繁栄と民主主義か。心地よい響きをもつ誰もが異を唱えないであろうスローガンではある。
でもその先に平和と幸福があるかどうかはわからない。特になんとか主義にはどことなく胡散臭さがついて回る。
「わたしはぶれない主義です」。と誰かが言ったかどうかは知らないけれど、菜食主義、倹約主義、保護主義、自由主義、、、まったくもって胡散臭い。

「内需拡大と保護主義の阻止」
日本を始めロシア、中国、関係諸国はダボスで一斉に保護主義を非難した。だが、米国はバイアメリカン条項を盛り込んだ。一方、ロシアは中古車の関税を引き上げ、中国は麦などの関税を引き上げた。この構図は「みんな消費しろ、そうすれば経済は回復する」と声高に叫んでも誰も消費しないのと全く同じだということに気づくと思う。

投稿: | 2009.02.02 20:01

哲学的なことを深慮してるわけでもなさそうだけど。
一般的にはパンより大切なものがあるという意味で使われることが多いけど、本来の「パンのみ」とはパン「も」神「も」必要だといった趣旨だよね。パンはいらないとは言ってない。
まあ、大審問官になったつもりで
もう一度、神秘と奇跡と権威は必要なのか考えてみるのもいいかもしれないね。

投稿: | 2009.02.02 20:37

神秘も奇跡も権威も大審問官も必要無いですね。

投稿: たつや | 2009.02.02 22:23

まあ、考える必要のない人間には必要ないな。

投稿: | 2009.02.03 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代の屯田兵:

« 国策捜査来い来い! | トップページ | 夕張はなぜ頑張る? »