« 荒唐無稽に潜む真理 | トップページ | 革命幻想 »

2009.04.20

絶望が足りない?

 何だか異様にニュースがない週明けで困ってしまいますね。
 昨日のホンダの非正規雇用のニュースで、でもこういう人は年収700万円あるんですよ、というコメントがありました。今時の稼ぎを考えると、決して少なくはないですよね。むしろ恵まれている方でしょう。ただ、そりゃ同じ700万でも、健康保険やら何やら会社も負担してくれる。定期昇給は最近どこも厳しいけれど、ボーナスだってあれば、年休もある、という正社員社会とはなかなか比較できないですよね。
 労働現場に於ける、労働者の防衛ラインというのが、近年恐ろしく後退している。言っちゃ何だけど、資格職業である介護士の、年収300万円辺りが最終防衛ラインになって、それより良ければ、その労働現場は恵まれている…‥、みたいな話が大手を振っているような気がしてならない。

 一方で日本社会にはまだまだ「絶望が足りない」。だから、若者は選挙にも行かないし、国は景気対策の名の下に、また野放図な税金の無駄遣いを始めようとしている、という見方があります。
 それは実は私の業界にも言えていて、誰に聞いても「再販制」は出版業界に何のメリットももたらしていない、と言います。それでも、「無くそう」という動きは全く出てこない。それはまだまだ出版業界がぬるま湯にいることの証左でもあることでしょう。

 私がたびたび書いている、「選抜公務員制度」の元では、公務員の給料は今の半分になります。公務員試験の受け手が誰もいなくなるから、徴兵してでも市町村の窓口に立たせるしかなくなっている時代のことです。
 現実はどうか? まもなくボーナス・シーズンを迎えますが、さすがに今年は公務員のボーナスも減ると言われている。変だと思いません? 原則としてそれは賞与でしょう? 国の経済がこういう状況にあって、何か公的セクターが良いことをしたわけでもないのに、そもそも賞与が出ること自体、私は若干の疑問を禁じ得ません。そりゃ公務員は儲けや損得を出せるセクターではないから、そこは若干民間準拠にせざるを得ない部分はあるでしょうが、それでも、このご時世、ボーナスが出ない企業は一杯あるでしょう。
 恐らく、公務員の待遇が、我が国で劇的に悪化することはあり得ないでしょう。何しろ、国は赤字国債、地方も地方債を発行できるし、地方自治体が横並びで危なくなれば、国は助けざるを得ないから、夕張のようなことにはならないでしょう。
 たぶんこの国は、有権者も国も官僚も、全く現実を顧みることなく無駄遣いを続けたある日、前触れもなく突然デフォルトに陥るのだと思います。

 今回の補正予算絡みのニュースを見ながら、そんなことを感じています。そして、下の話題とも関わるけれど、若者が勉強しなくなったのは、もしそれが事実だとしたら、彼らはこの国の緩慢な死を予感している。国家がスローデスに陥る中で、世代間戦争を始める知識も無く、あんたたちはまだまだ絶望が足りない…‥、と反攻しているような気がしてならない。

※ 【日本の議論】日本の大学は多すぎる? 増える「ナゾの学部」
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090419/edc0904191801000-n1.htm

 ここ数年、大学生の学力低下を憂える論調が多いのですが、私はちょっとピンと来ないんですよ。というのは、何だかんだ言っても、彼らは、社会へ出る時には、就職試験を受けるわけでしょう? 公務員にして私企業にしても。一定規模以上の企業なら、普通にペーパーテストもあるでしょう。論文だって書かせるだろうし。
 所が、ニュースになる時の論調だと、まともにノートも取れない(ノートを取らない学生は昔から大勢いた)、算数も出来ない、みたいな話になっているじゃないですか。しかもそういう学力低下が、偏差値が下の大学だけじゃなく、今や六大学ですら見られるという話がまたまた信じられなくなるわけです。
 キャンパスの学力低下というのは、いったい何処まで深刻なのでしょうか。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 巨大グモが踊る プレイベントフィナーレ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20090420/CK2009042002000076.html
※ ベストセラー盗用疑惑、TDL逸話集「最後のパレード」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090419-00000854-yom-soci
※ 「核に対抗できるのは核」 北朝鮮情勢で中川前財務相
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090419/stt0904192210008-n1.htm

※ 今朝の空虚重量70.5キロ

  今朝4時半、散歩に出発。用水路沿いの前方にいきなり倒れている人が!? と思ったら、リーマン風の男性が桜の根元でくの字になり、襟を立てて寝てた。飲んだくれには見えなかったけれど、かと言ってとても急病で倒れたようには見えなかった。
 円筒分水には、なぜかDVDのパッケージが黒い袋に入れて置いてある。何だ? と思ってタイトルを見たら、洋ピン・タイトルの空パッケージが3本。空でなけりゃ持ち帰ったんだけどなぁ。
 霊園に上がる頃には、東の空に朝陽が昇ってくる。夜明け時の散歩は気分が良いけれど、何しろ桜の枝から、蜘蛛の糸だの芋虫だのがぶら下がっていてちょっとやっかい。

※ 有料版おまけ 一太郎でパニック

|

« 荒唐無稽に潜む真理 | トップページ | 革命幻想 »

コメント

日本が核武装するには、まず核のボタンを持つ可能性のある政治家はアルコール依存症を治せないのなら引退することからはじめるべきですな。
このあいだの志帥会のパーティでも飲んでたし。あいかわらず番記者はアルコールには甘いね。あそこで飲んでる映像流せば政治生命終わりだったろうにな。

投稿: | 2009.04.20 10:45

>大学生の学力低下
企業の人材育成に携わっていますので、実感することがあります。
まず、理系の場合、国語能力が極端に低い学生が入ってきます。そのため、適切な報告書を書くことができない(その前提となる考え方をまとめきれない)若手が多数存在します。それ以外にも、色々な事例がありますが、国語能力の低下は「本を読む習慣がなくなった」(特に古典)ことに起因するのではないかという分析があります。


ところで、最近の入社試験は、適正を判断する傾向が強いので、エントリーシートと、面接での受け答えを重視している会社も増えています。

いずれにしても、企業内教育も大変な時代になっているのは事実です。

投稿: フェリ | 2009.04.20 10:56

>「選抜公務員制度」
大胆な案ですね
選抜公務員制度が出来れば、給料が今の半分であろうと
私なら喜んで自衛隊なり、警察なり、消防なりに
勤めさせていただきます

ただ、現状の問題点としては、公務員志望の方の
大半は給料というより、雇用の安定性ではないかと
思われ、そうなると強制的にでも公務員にさせるなどという
時代が(例え給料半額であろうとも)来るのか、と・・・

投稿: | 2009.04.20 11:01

>>※ 「核に対抗できるのは核」 北朝鮮情勢で中川前財務相
MADに限らず軍事とは関係性の問題でもあるので、非対称性が極端だと対抗関係(コミュニケーション)自体を成立させるのが困難になってくるんですね。
中枢を持たない緩やかな反米テロ集団というべき「アルカイダ」を掃討するのに、天下の米軍をしてここまで苦しんでいること然り。
北朝鮮に対してもそういう側面があるので、核武装して同じ土俵に上って(堕ちて?)も、あまり効果があるとも思えない。
大体、北朝鮮が今ダンスパートナーとして熱心に求愛している米国の核・非核攻撃力を恐れているから、核武装と核拡散を加速しているわけで、そこに日本が加わっても更にそれを加速することこそあれ、遠慮してスピードを緩めるとは思えない。

となると、日本の核武装とは誰を向いての話かというと、大石センセの仰るとおり、米国に対する歪んだラブコールにしかならないわけで、いや、それって北朝鮮と仲良く同じ戦略を取れという話になってしまうのでは……?
 ※対中国の話はまたちょっと違うけど、長くなるので。

投稿: 義忠 | 2009.04.20 11:18

大学生の学力低下は少子化が原因でしょう。
しかも大学は定員を減らすどころかむしろ増やしていますから同じ大学でも一昔前より
学力の劣る生徒が入るようになってきました。

参考サイト
「関関同立」5年で定員1935人増…中堅大など危機感
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/examination/20090126-OYO8T00609.htm

ちなみに15年前の18歳人口約190万、今の18歳人口約120万です。

投稿: | 2009.04.20 11:43

> 大胆な案ですね

詳しくは新世紀日米大戦を読みませう。

投稿: | 2009.04.20 11:48

>そもそも賞与が出ること自体、私は若干の疑問を禁じ得ません。

 日本の雇用環境の中では、賞与も年間の報酬に含めて待遇するという慣行が強くて、民間でも赤字だけれど従業員に賞与は支給しなければと考える企業も多いですね。 公務員は自衛隊もそうですが採用条件に賞与年2回(6月12月)とあるので出さざるを得ないですね。

企業では取締役等の役員賞与、役員報酬の総額、そして役員退職慰労金の支給については、株主総会総会の承認を得なければなりませんが。

 おまけ>一太郎
 旧バージョンとの同居は出来ます。インストール時にわざわざ旧バージョンの一太郎を削除しますか?と聞いてくるくらいですから(^_^)

投稿: プレーリードック | 2009.04.20 12:04

>大学生の学力低下
昔より入学試験の教科数を減らしている学校が多いのも一因でしょうか。
受験生はなるべく最小の労力で入ろうとするでしょうから、使わない教科を大胆に切り捨てるインセンティブが働きます。結果として国語など受験科目外になりやすい教科の能力が低下し、知識に偏りのある学生が発生しやすくなります。

教科の分離は便宜的なもので、ある程度やっていくと教科を超えた連携があり、双方の知識を深め合う好循環が働きます。しかし目先の受験を考える学生には教科数減少の方が好まれるでしょうね。

投稿: 銀次 | 2009.04.20 12:27

>あんたは人前で物言う前にその依存症をまず治しなさい。
この発言と「依存症」とやらに関連があるのか?とは思う。どうせ支持者筋の会合なんだろうし。

>有料版
正直バージョンアップしてなんかいい事あったのでしょうか?つうか業界よく分かりませんが、ワードが標準になってない所ですか?

投稿: 剣 | 2009.04.20 12:35

>昨日のホンダの非正規雇用のニュースで、でもこういう人は年収700万円あるんですよ、というコメントがありました。

信用できない。残業夜勤詰め込んで500万円がいいところだ。

>そりゃ同じ700万でも、健康保険やら何やら会社も負担してくれる。定期昇給は最近どこも厳しいけれど、ボーナスだってあれば、年休もある、という正社員社会・・・。

現状認識、社会通念に問題有り。
ホンダの期間工はホンダ健康保険組合に、トヨタの期間工はトヨタ自動車健康保険組合に使用された日から資格所得されるはずです。
年休を取れない期間工、派遣社員も存在しません。

投稿: kouda | 2009.04.20 12:36

「ボクのかんがえた徴兵制」なんでしょうか。>選抜なんとか制度
詳細は見てないけど、あんまり機能しそうにないんですが…

投稿: y-mat@mobile | 2009.04.20 12:45

>公務員
その昔、民間が景気が良かった頃、キャリア公務員や中央省庁には一定以上の志願者がいましたけど、地方の出先機関には誰も応募しないと言う状況がありました。女の子は来るけど、男は高卒でも全然来ない。給与が民間の2/3以下じゃしょうがないけどね。大卒なんて、最初から地方には絶対来なかった。仕方なく、高校出たばかりで浪人中の職員の息子とか弟を、強引に半ば騙して面接させ、引っ張って来たんですよ。その時代の人たちがそろそろ停年です。景気がいいと見向きもされず、悪くなるとバッシング。そう言えばバブルの頃、ノンキャリ公務員は負け組でしたよね。

投稿: | 2009.04.20 12:47

アル中に核のボタンは持たせられないcoldsweats01

投稿: | 2009.04.20 14:24

「離島有事に無人偵察機 防衛省、21年度導入へ」
この写真を見ると、空自は巡航ミサイルの開発をやってるんじゃ
なかろうか?
だって事前に設定されたプログラムに沿って飛行。GPS(衛星利用測位システム)で位置を補正しながら偵察し、終了後は滑走路に自動着陸するってことなら偵察機材を弾頭に変えたら可能かと

ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/215433

投稿: | 2009.04.20 15:42

外交を無視し、軍事論的に考えるならば、
そもそも中国に対し、核抑止力なんて物理的にもてないのではじめから除外してよいだろう。対米戦略で核を持っている北に対してはもちろん全く効果は無い。
「私を振ったら轢き殺してやる」と宣言することだが、宣言するということは目的はもちろん轢き殺すことではなく、振られないためということになる。決意が固く本当に轢き殺す気があるなら、宣言せずに実行するだろう。すなわち宣言によって相手にその気が無いことをすでに見透かされている。そのように宣言された相手はどのように行動するか。殉教者として黙ってハンドルを握らせるか、コイツはMADでヤバイからやられる前に手を打つか。この場合、こちらにアドバンテージがあると言えるのかどうか。

人間誰しも切羽詰ると外敵が必要になるんだよ。とにかくその敵をやっつければその先にカタルシスが待っているんじゃないかと思えてしまう。本当の危機は外敵ではなく内敵にあったりするが、それを直視するのは相当辛い。

投稿: | 2009.04.20 15:57

>巡航ミサイル
現行中期防の策定時に陸の希望で巡航ミサイルの研究の項目を入れることが検討されましたが、某与党の反対で頓挫しました。
今年の12月には次の中期防が策定されますが、そこに盛り込む意欲は大いにあるんでしょうね・・・。

投稿: 禿鷲 | 2009.04.20 16:28

アル中が核のボタンを持っていたのはロシアと北朝鮮ぐらいでは…。

投稿: | 2009.04.20 17:26

>中川発言
皆さんより、もうちょっと好意的に見ています。
治療が必要なアルコール依存症患者でも、アルコールの影響が少ない時には、比較的まともな提案が可能であると。
治療を受けて依存症を克服できれば、政治家として桧舞台にまた立つのも問題ないのじゃないかと。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.04.20 17:34

>アルコール依存症
現に適切な治療を受けているなら良いけど、基本的に酒は断たなきゃ逝けません。少しなら大丈夫なんて、本格的な患者はみんなそこを通って「本格的」になったんです。少しでも飲んでいるうちは、絶対に直らない。一定期間飲酒を続ければ誰でも依存症になり得ます。そのうち禁断症状が出て来ますからね。離脱の時に核のボタンを押せる権限のある人なら、マジに押すかも知れませんよ。

投稿: | 2009.04.20 18:09

>タイトル
これは字義通り絶望が充満した社会って何?といえば北朝鮮であり、ガザ地区であり、チベットやウイグル、アフガニスタンですよ。公的インフラがない又はインフラが機能しないで、プロバガンダや地下組織が幅を利かせる一点のみにおいて、ある意味広義のマスコミ業界には桃源郷ですが。
人間痛い目にあえばいろんなことをやるという趣旨は一面ではその通りですが、「努力は人を成長させるが、苦難は人を悪くする」というのは、社会人をした人なら理解してもらえると思います。先生の本意は、程度問題とか学歴の記事と併せ「考えて考えて考えて、考えろ」なんでしょうけどね。

>徴兵してでも市町村の窓口に立たせるしかなくなっている
これが一種の理想郷なら、もう一歩踏み込んで「公務員奴隷制」という方が正確で正直でいいんじゃないかと思うんですよ。よく考えると、確かに同じ役所の中に「自民派」「民主派」がおると、自社さ前の大蔵省通産省みたいなぐちゃぐちゃにはなるし、行政の処理能力は衰える、というのは合衆国が典型例なんですが。
ただし、政権が交代したら、全ての国民への権益(公共事業だけじゃなくたとえ生活保護でも)は有理無理問わず当然にデフォルトをルールにしないと、前の政権で思いつきで出した金についた紐が恒久的にたかり、後の政権運営の迷惑になるし、3回くらい政権交代でいくら金があっても足りなくて国や地方公共団体のデフォルトが前倒しで起こることは容易に想像できますが。
…デフォルトをする事務で、また遅れが出るのか。

しかし2しか選択肢ない前提で組み立ては、新党とか、まさかの共産の出る芽を潰すことになりどうかとは思いますよ。民主支持が落ちたら麻生支持が同じく上がる、ってどっちかじゃなくて、どっちもやだという思考は日本人からなくなったの?そういう柔軟性がないほうが学歴どうのより問題ですよ。

投稿: さいとー | 2009.04.20 19:37

>ある日、前触れもなく突然デフォルトに陥るのだと思います。

 なわけはありません。地方はともかく国は100%ない。なぜなら、日本政府は、日本通貨の発行権を持っているからです(建前上、通貨を発行するのは日銀だが、日本政府は日銀の最大の出資者だから、事実上日本政府が発行するのと同じ)。国債の発行残高が1000兆円になろうが、2000兆円になろうが、1万円札を月まで届く高さで発行して、償還することが可能です。となると、インフレが懸念されますが、終戦後のように生産力が壊滅して、需要と供給の間に極度のアンバランスが発生している状況でない限り、その心配もありません。現在の日本は、終戦後とは正反対に生産力が有り余っている状況です。
 過去、確かに国債を償還できないで、デフォルトを起こした国はあります。ロシアや韓国やアルゼンチンですが、これらの国は外貨建で発行していた国債が焦げ付いたのです。自国通貨ではなく、外貨で国債を発行していたのですから、今日の日本とは根本的に事情が異なります。日本国債は、日本円建で、95%までが国内で消費されています。いくら国債を刷っても、外貨が減る心配はありません。だから、私は安心してボーナスの度に、個人向け国債を購入しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/14938145.html

投稿: 土門見人 | 2009.04.20 19:47

というか昔はそんな取材しなかったんじゃないですかね。

大学はいってしばらくすれば高校どころか中学の知識も抜けちゃいます。自分が勉強している分野の知識は残るでしょうが、それ以外となるともうだめです。
算数ができない!とは言わないけど、例えば文学部4年に「フレミング左手の法則とは何か」と聞いて、答えられる人はあんまりいないと思いますよ。

という事で、いつも通りのマスコミキャンペーンの一環だと思います。まあ、入る人が増えた分、低下はあると思いますけど、それはよっぽど下の大学でしょう。

若者が何を考えているのかは分かりません。だってリスク社会の最先端にいるはずの若者も、結構呑気な印象がありますもん。

実際彼らの多くには親がまだいるでしょうから、貧乏で結婚できなくても孤独ではないし家を失う不安も短期的にはない。例え親と同居はしていなくても、帰る家があるという事実は人に大きな安心感を与えますから、呑気なのはそれが原因なんじゃないのかなーとは思います。

仮にそうだとすると、次にくるのはぼけた親の面倒を見るフリーターの一人息子、という問題が出てくるはずです。というかすでに始まりつつあるのかも。まあ、崩壊の予兆である事には変わりないですが。

投稿: maxim | 2009.04.20 20:27

気づいたらもう遅かった、というのはもう起こったことなのかもしれない。
ツールはすでにないし、十分に順化も進行している。

第25回 階層化ってよくないことなの?――広田照幸インタビュー其の三
http://media.excite.co.jp/book/daily/friday/025/
インタビューの日付に注意。

宮台真司も失望では足りない、絶望が必要だとラジオで語っていたが、これが赤木智弘の戦争待望論にまでなるとちょっと違うと思う。この待望論というのはあくまで受動的結果論で、結局白馬の王子様待望論と変わらないからだ。ここには能動的革命論のような主体性はなく、それはすなわち順化によってそうした力さえ持ち得ない状態に陥ってしまっているからだろう。

「ニュース年録2008」
~迷走の2008年・わたしたちはどこへむかうのか~
http://www.tbsradio.jp/life/2009/01/spinoff2008_3.html


アル中を許容するとしても警報は鳴らなかったなどと、せこいウソをつく政治家は退場願う。

投稿: | 2009.04.20 21:06

せこいウソはいくらでもついてもいいですよ。
小沢一郎の深刻なウソは退場願いますが。

投稿: | 2009.04.20 21:30

>今や六大学ですら見られる

 早稲田、立教、明治、慶応、法政がAO入試や推薦入試、内部進学を増やして定員の半分にしたとも思えないですし、AO入試がない大学もありますから、もしそういう現象が見られるとすれば純粋に定員増による質の薄れか、受験テクニックだけで入学してくる学生が増えているんじゃないですか。基本的に受験教科三教科に専念すればいいわけで、センター試験で国公立を受けるよりはるかに楽ですから。 

投稿: k-74 | 2009.04.20 21:40

>昨日のホンダの非正規雇用のニュースで、
>でもこういう人は年収700万円あるんですよ、というコメントがありました。
私のコメントでしょうか?
年収700万円とは言っていませんよ。
数ヶ月間の失業期間の賃金で約700万円請求するという
面の顔の厚さを揶揄しただけです。

また、koudaさんもおっしゃるとおり、健保、年休もとれます。
ボーナスの代わりに契約終了時の慰労金がある。
http://chairman110.blog67.fc2.com/blog-entry-81.html
浜松のですが、鈴鹿もこうですよ。
(個室)完備<寮費無料>
冷暖房完備・TV・寝具付・朝夕食代一切無料
作業衣・安全靴・帽子貸与、
作業衣洗濯代無料、昼食補助あり、赴任手当・赴任・帰任旅費支給。
とまぁ、採用されれば何の学歴もスキルも無い人間が
身一つで至れり尽くせりな生活ができるんです。
待遇は正社員並か場合によってはそれ以上。
手取りは500万そこそこでもどんな生活が可能か想像できますよね。

「その代わり契約なので保障はできませんよ。
早めにホンダ正社員になるか、お金貯めてどこかに就職してください。」
ってのが期間工。
それ理解していて契約している。
ぬるま湯から抜け出ずにいたら契約終了、再契約を断られてゴネて
さらに会社にたかろうとしているだけ。
まぁ、期間工も何千人もいるのでピンキリで、
中には0.1%くらいの確率でこういうおかしな人も出てきますわ。
だからニュースにもなるんだけど。

とにかく「人道に対する犯罪」だの「搾取」だのと
過激な言葉が出てきたから改めてもらいたいなと思っただけで。

投稿: 一鈴鹿市民 | 2009.04.20 21:44

ニュースが少ないとのことですが、こんな話もあったようです。

【政界24時】原川貴郎 安保で民主党に“期待”
2009/4/20
 創造力にあふれ、発想も大変ユニーク。民主党の安全保障論議を取材していると、しばしばこんな皮肉を言いたい衝動に駆られる。
 北朝鮮によるミサイル発射を受けて開かれた民主党の外務防衛部門会議。防衛省から、発射の誤探知の経緯や秋田、岩手両県に配備された地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の説明を受けると、リベラル系のある議員はこんな意見を真顔で言ったのだという。
 「種子島から発射するロケットも、日本の島の上を通るのだろうから、これにもPAC3を配備すべきだ」
 出席者の一人は、「あきれるというか…。『世界観』が違い過ぎてとても議論にはならない。でも、これが民主党の実態だ」とため息をついていた。
 保守系から旧社会党左派までを抱え、「寄り合い所帯」「混ぜご飯」と揶揄(やゆ)されることが多い民主党にとって、安全保障問題はアキレス腱(けん)だ。(略)

投稿: | 2009.04.20 21:45

>>タイトル
>これは字義通り絶望が充満した社会って何?といえば北朝鮮であり、
>ガザ地区であり、チベットやウイグル、アフガニスタンですよ。
>公的インフラがない又はインフラが機能しないで、
>プロバガンダや地下組織が幅を利かせる一点のみにおいて、
>ある意味広義のマスコミ業界には桃源郷ですが。

「希望の国のエクソダス」って、読んだことあります?
村上龍ってやつが書いた小説なんだけど、その中で登場人物のひとりが
日本を強烈に批判した言葉を吐くんだ。
「この国には希望がない」と。
もちろん、希望があればいいと言いたいわけではなくて、
なんでもあるけれど希望だけがない。希望をビジョンを無くした
民族はただただ周囲から集られ搾取されるだけの存在になる。
だからこの国をエクソダスすらんだというのだ。

いやあ、なんでも揃っていれば幸せだと思える人がいるとは。
余程恵まれた境遇にいるに違いない。

投稿: スサノオ | 2009.04.20 23:01

>一方で日本社会にはまだまだ「絶望が足りない」。
現代日本で絶望に値する事って何があるのでしょう。

給料が安くなっても、土地や食料は安くなってるし、円高はしばらくは続くので資源輸入も問題有りません。

希望なんて、そこらじゅうに転がっています。自虐にふけっていると見つけられませんけど。


>大学生の学力低下
もともと、大学生の学力向上なんて、誰も望んでいません。

企業は、入社後に教育する気ですから大学生に学力を求めていませんし、大学側もそういう企業に合わせて、大学生には学問よりも新卒就職テクニックを教えようとします。
大学がそうなると、企業の方も社内での新卒教育に力を入れ、それがさらに大学を新卒就職テクニック重視にしていきます。

企業が優秀な学生を欲しがっているのなら、博士号を持つ人間への求職が増えるはずです。

投稿: ほるほる | 2009.04.20 23:36

希望がない、てのはある意味いいことだよな。
村上龍にはわからんだろうが。

投稿: | 2009.04.20 23:38

>>日本国債は、日本円建で、95%までが国内で消費されています。

国債の話になると2ちゃんでもこう言われるしここでもこの間言われたけど
長期金利が上がっちゃうとか考えたことないの?誰か日本国債を永遠に
買ってくれる人がいるの?日銀?

投稿: | 2009.04.20 23:41

今日の話には関係ないですが、中国海軍創設60周年の行事が始まったみたいですね。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090420AS2M2001920042009.html

後ろの艦にちょっと興味があります。

投稿: pfe | 2009.04.21 00:23

>給料が安くなっても、土地や食料は安くなってるし、円高はしばらくは続くので資源輸入も問題有りません。

全部物質的なことじゃないですか

投稿: | 2009.04.21 04:31

>長期金利が上がっちゃうとか考えたことないの?

長期金利が上がっても、国債償還に必要な金額は変化しませんよ。
日本政府は、国債に記載された金利を付けるだけ。

>全部物質的なことじゃないですか
ああ、希望も輸入すれば?

希望がないって言っている連中の99.999%は、金が無いことを嘆いているだけだよ。

投稿: ほるほる | 2009.04.21 08:08

>全部物質的なことじゃないですか
衣食足りて礼節を知る
という言葉をご存じですか?

投稿: 九頭竜 | 2009.04.21 08:50

希望に関してだいぶ意識の違いを感じます。「文化系トークラジオ Life」で鈴木謙介が赤木智弘の「希望は戦争」をすごいよく分かると発言した時に、仲俣暁生か柳瀬博一がすごい困惑したように「どのへんが分かるの」と聞いていましたが。私も、おそらく鈴木謙介も別にお金に困ってはいないですけどね。
>衣食足りて礼節を知る
衣食は必要条件であって十分条件ではないですよ。

投稿: | 2009.04.21 09:11

金持ちが「幸せはお金で買えない」と言うのと一緒のような気がする
真実かもしれないが、貧乏人が聞くとイヤミにしか聞こえない

投稿: | 2009.04.21 09:14

シンガポールのフリゲート艦フォーミダブルですね。
フランスのステルスデザインで有名なラファイエット級フリゲートの改造版です。

投稿: ysaki | 2009.04.21 09:14

>「希望は戦争」
別に、黒い制服着てハーケンクロイツ背負って「祖国万歳!」と叫んで、
突撃することに快感を覚えるとかいうのではなくて、戦争の破壊が再生を産むんじゃないかと、
一旦リセットしてスタートラインを揃えられるんじゃないかという儚い希望が言わせるんでしょう。

僕も、戦争は必要だとは思わないけど、東海・東南海連動大地震くらいは必要だと思っています。

立ち位置の違いによって、共感できるか否かが決まると思います。

投稿: スサノオ | 2009.04.21 09:17

> 市町村の窓口に立

窓口に立っている人の半分以上は、既に、正規職員に比べて
年収半分どころではなく1/3、のパートタイマーだと思います。

公立校の教職員もパート率が高くなっていて、
年収の低さから勤続ができず、問題になってます。

投稿: 某術者 | 2009.04.21 09:31

>>衣食足りて礼節を知る
>衣食は必要条件であって十分条件ではないですよ。
ほるほるさんも必要条件として書かれたのでは?
希望=金とは思わないが、物心両面のうちモノだってなきゃしかたないでしょ?

投稿: | 2009.04.21 09:35

戦争が必要だの地震が必要だのほざく人は真っ先にその戦争や地震で死ねばいいと思う。

投稿: | 2009.04.21 09:42

>戦争やら地震やらが必要?
戦争が必要とも思えんし、地震はいつか来るだろうけどね。
たかだか一部の拗ねた連中のために、国家の命運を左右する戦争行為を行うのはコストパフォーマンスとしていかがなものか?
だったら一部の拗ねた連中をまとめて処分した方がコストパフォーマンスとして良いのではなかろうか?

地震は仕方がないけどね。こればかりはどうしようもない。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.04.21 10:26

>原則としてそれは賞与でしょう?

 実態としては間違いですね。

 多くの企業では「給与の一部」です。期毎に会社の業績に連動して若干の上がり下がりと本人の成績も加味されますが。春闘のニュースなどを見ると、(基本給の)nケ月分というのがベースになっています。いつからこのようになったのかは知りませんが、官公庁の給与の算定基準が民間のそれを強く意識しているので、あわせているものと思われます。ウチの労組では賞与などと呼ばずに「一時金」と呼んでいます。
会社側もあえて賞与とはいわないこともありますw。
 因みに基本給をさげて、職務手当てを増やすと、毎月の給料は変わりませんが、期毎の手当て(賞与とはもはや呼んでやらないw)は少なく出来ます。
 基本給はいろいろな計算の基準になるので、その金額を余り上げたくなかったのではないかと思いますが、経緯は良くわかりません。

 パートやアルバイト、事業規模の小さな会社や、完全歩合制に近い給与形態の会社などは、まさに「賞与」の形になっているところもあります。

投稿: | 2009.04.21 12:48

スサオノさま
生憎浅学にして、村上龍は大江健三郎と違う種類の虫唾が走るんで、読んじゃいないのですが。

>僕も、戦争は必要だとは思わないけど、東海・東南海連動大地震くらいは必要だと思っています
あなたはひょっとして北海道か北関東か山陽地方にお住まいですかね。俺以外多大な犠牲を出して変革が必要というなら、あなたはヨハネスブルグに住んだ方がコストをかけずに幸福になると思う。空港についたその瞬間から犯罪以外何も無いが、その発想なら希望くらいはいくらでも見つけられるはずだ。
日本は「必要なものは何でもあるが、欲しいものは何にも無い」主婦の店ダイエーとかジャスコじゃないんですから。それでいえば世界は西側「ものがあるが希望は無い」と後進国「ものはなく希望も無い」の2項対立でしかない。不幸があって初めて希望が燃え上がるの、って「赤いシリーズ」とか韓流の安いドラマじゃないんだし。

日本の政治学者とか経済学者の、広義では赤木界隈のインテリゲンチャの発する「俺が指導者又は指導者の知恵袋になるには俺以外下層はみんな氏ねばいいのに」臭はイラッとしますね。大学の数が多くて真の問題なのは、学生の学力とかじゃなく社会に邪魔な文科系教授の数が多すぎることだと思うんですが。潰せとはいわんがいっそ国大は全部理科系だけにすればいいかも。東大京大理科系による日本社会支配とか。

投稿: さいとー | 2009.04.21 14:24

 地球温暖化なんぞ眉唾な限りだが、首都直下型地震や東海・東南海・南海連動地震は、我が国にとってリアルな脅威である。科学的に、近い将来の襲来は好むと好まざると覚悟しなければならない。この対策こそ、絶好の税金の使い道ではないか。人命と財産への効果、そして経済効果も莫大だ。省エネ家電の普及なんかより、ずっと急務だと思うが。

 閑話休題
 以前、カルデロン一家について「(親子が引き離されるのは)情において忍びがたいが」なんて2ちゃんねるで書いてしまった私は、なんて甘チャンだったのか。夫婦どころか、一族揃っての犯罪者だったのである。もちろん、「家族が引き離されてカワイソー」としか報道しないマスゴミは、全く報道しないが。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1240138136/
「カルデロン父母の両親家族はほとんどが不法入国、または不法残留したことがあって、現在日本
においても、この二人が入ってきた時に同居もしてると。
裁判の判決によると、親族関係にあるものが感化しあって、集団で入管法違反を繰り返していて、
日本の法律を遵守しようとする意識が極めて希薄であるということが、判決でも指摘をされている
ということでありますが、これは、入管当局としても事実でしょうか?認識なさってますか? 」
 やはり娘も一緒に強制送還するべきだった。子供に会うことを理由に、再来日を認めることにも反対する。不法入国者は、子供がいようと、財産築こうと、一様に見つけ次第問答無用で叩き出さねばならない。100万人の中の一人なら外国人は問題にならないかも知れない。しかし1000人に一人、100人に一人の割合になったら、確実に日本国内で人種問題が起こる。そして、「何人以下ならば、人種問題は起こらない」という線を科学的に引くことはできない。となれば、やはり法を厳格に適用するしかない。
 下手な人道にかぶれて、将来の日本に人種問題の禍根を残してはならないだろう。好景気の時、「国際化」を進めて外国人労働者を広く受け入れていたら、今頃フランスのように暴動が起きている。「国際化」が進まなかったから、日系ブラジル人に帰国費用を支給する程度の話で済んでいる。

投稿: 土門見人 | 2009.04.21 22:16

先生もチラっとふれていたけど、カルデロン一家で娘を親族が引き取ってという話が最初まとまりにくい、という段階で、親族側にもナニか後ろ暗いところがあることは推測されました。
私はタガログ語がしゃべれないからフィリピンに行きたくないという娘にしたって、両親が日本語が満足でない家庭内で何語でしゃべってんの?と思いますよ。
司法がどうしてそのように判断したか報道せず、うわべだけで情に流されるのは危険と思います。

投稿: | 2009.04.22 10:21

別に次の衆議院選挙で消える議員の意見なんぞどうでもいいよ。小泉郵政選挙の最大の罪だねえ。
国会議員になるべき能力も見識も無い人間が国会議員でございとブログで意見を開陳している。
比例区選出議員は党方針に従えないんなら辞職して国会議員辞めればいいんだよ。

投稿: | 2009.04.22 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/44729582

この記事へのトラックバック一覧です: 絶望が足りない?:

» 「最後のパレード」にパクリ疑惑 [下町バカドールシアター]
書店のベストセラーコーナーでよく見かける「最後のパレード」にパクリ疑惑が浮上した。 ネタ元とされているのは、読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品とのこと。 これまた随分とデカいとこからパクったもんだ。 「最後のパレード」は東京ディズニーランドにおけるお客とスタッフとの心温まるエピソードを集めた本。 これまでに約23万部売れているらしい。 問題となったのは、「大きな白い温かい手」というエピソード。 車いすの夫とその妻がドナルドダックに背中や... [続きを読む]

受信: 2009.04.20 11:24

» 学力低下問題 [酔うぞの遠めがね]
大石英司の代替空港の記事「絶望が足りない?」に※ 【日本の議論】日本の大学は多すぎる? 増える「ナゾの学部」というセンテンスがあって、コメント含めて色々な意見が出ています。 元はサンケイ新聞の記事、「日本の大学は多すぎる? 増える「ナゾの学部」」です。 この記事に対して、大石氏のコメント(ブログの記事本文)は以下の通り... [続きを読む]

受信: 2009.04.21 12:43

« 荒唐無稽に潜む真理 | トップページ | 革命幻想 »