« 土地神話の果てに | トップページ | 五月雨 »

2009.05.16

ネットから逃げよ!

 昨日の相続税100%の話ですが、何度も書きますが、未亡人は別です。土地の国有化に関しても、別に難しい話ではなく、単純に「土地デノミ」と考えれば良いんですよ。ググッてみると、なぜか私のブログしか出てこないんだけど(^_^;)。別に私のオリジナルというわけではなく、バブルの絶頂期に、もういよいよ普通のリーマンは都会にマイホームなんて持てないから、土地デノミしか無い、という議論があったんですよね。もう少し一杯出て来ると思ったけれど、「土地デノミ」というフレーズは、経済学用語では他の言葉で語られているのでしょうか。

 話がよう分からん、という方がいらっしゃいますが、要するにこういうことなんです。私は昔から土地の私有には反対である、と。しかし現状日本経済は土地資本主義で回っているから、いきなりそれを言うのはナンセンス。とは言え、今後、人口減少が進めば、土地が上がる要素はほとんどない。つまりここで起こるのは、土地資本主義の崩壊です。さて日本経済どうするんですか? 土地資本主義が崩壊しようというのに、(農業問題を含めて)他のパラダイムを考えませんか? ということです。

※ 歌田明弘の『地球村の事件簿』
http://blog.a-utada.com/chikyu/
※ 昼下がりの釣り堀巡り@切込隊長
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/05/post-68f4.html#more
※ 新聞の没落と資本主義の運命
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/

【これは前者が消滅することを意味するのではなく、そのうち新しいバランスが成立するだろう。しかし、そのとき残っている新聞社(あるいはメディア複合体)は全国で3社ぐらいになるかもしれない。ここでも資本家は負け、消費者が勝つのである】

 ↑これは池田先生のテキストで、切込隊長は、ようわからんと仰ってますが、先日のNHKでジャック・アタリが説いていたような「最後は結局市場が勝つ。いかなる政府も国境も越えて」みたいな話ですよね。私は池田氏のコラムを読みながら、昔習った「パレート最適」とか思い出していたのですが、ググッてみたら最近は「パレート効率的」というのが正しいらしい。

* ネット界への挑戦状!? 『ウェブはバカと暇人のもの』
http://excite.co.jp/News/bit/E1242201698657.html

 この本のタイトルは、長くなるけれども、『バカと暇人と貧乏人のもの』の方がやっぱり良かったと思うw。
 私は、このクラウド化の先に、勝利者はいない、と思っています。私は長らく「後に出来たメディアが先に出来たメディアを駆逐したことは無い」という主義でしたが、今その信念が揺らいでいます。ローカル紙も全国紙も駄目かも知れないし、テレビ局にぶら下がっているラジオももう駄目かも知れない。
 消費者は勝つと果たして言えるのか? 何処かでバランスされると言えるのか? 先日何処かの地方都市でとうとうCDショップが無くなり、街中でCDが買えなくなった、という記事がありましたよね。消費者から選択肢を奪うような結果になって、果たして消費者が勝ったと言えるのか?

 このクラウド化社会で儲けを得られるビジネスは何か? 一つには、価格コム的競争の外部でビジネスすることですよね。鉄鋼とか造船とか、それはそれで海外との熾烈な競争に晒されているんだけど、駄目だ駄目だと言われてきた重厚長大産業は、少なくともクラウド化の外で今後ともやっていけるでしょう。
 あるいは逆に、ネットの内部に完全に入り込むことですが、それもGoogle 帝国のけつを舐めて、僅かなリターンを得るしかない。まさに限界費用の世界。儲けはほとんど出ないでしょう。そこに留まるべき動機は無い。

 ただ、日本の場合、特殊事情があって、パソコンを使えない高齢化社会と、iモードの普及があって、ネットが総取りする状況をなんとか阻止できた。これはあるいは、そこでバランスが出来た、と言えなくもない。ただし、パソコンを使えない世代はいずれ淘汰されるし、携帯で間に合っている人々の購買力は知れているから、ここにもたいした未来は無いんですよね。

 池田氏のコラムは、歌田氏のコラムとセットで読むと更に面白いのですが、もちろん、どうやって新聞を守って行こうか? という話ではないけれど、情報(メディア)産業は、結局は、クラウドの闇の中に吸収されて、マーケットは今の1/10以下のサイズになるんでしょう。
* 所で『ウェブはバカと暇人のもの』に関しては、別のアプローチで書く予定でいたのですが、それはまた後日、機会があれば。

※ 神戸市、東部の全校休校・修学旅行延期・まつりも中止
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090516-OYT1T00199.htm?from=top

 それ大げさだと思う。

※ ミス・ユニバース日本代表が首相表敬 「政治家も似たところがある」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090515/plc0905151254005-n1.htm

 総理が座っている写真とか嫌らしいですよね。JCの親父が愛人を値踏みしているような感じで。

※ 危険運転致死傷罪を適用、懲役20年判決 福岡3児死亡
http://www.asahi.com/national/update/0515/SEB200905150001.html
*「殺人でもこんなに重くない」 識者も驚く福岡ひき逃げ高裁判決
http://www.j-cast.com/2009/05/15041250.html

 結果の重大性を考えると、私は妥当な判決だと思います。ただ、危険運転致死罪の判断が、一審二審でここまで大きく分かれるというのは、これもこれから裁判員制度で裁かれることを考えると、ちょっと問題ですよね。その判断にガイドラインのようなものがあっても良いと思いますね。

※ P3C哨戒機のソマリア派遣を命令 海賊対策で防衛相
http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY200905150128.html

  10機くらい連れていきゃ良いじゃん。千キロは長いですがね。それにハープーンで小舟を吹っ飛ばすわけにもいかないし、爆雷落とすには近づかなきゃならないしで、ここは銃器も搭載して。M2と、あとほら40ミリ・ボフォースで、ガンシップやるしか無いだろう。10年前、私が言ったことを聞いておけば(ry。
 なんでP-3Cでガンシップて誰も言い出さないんだろう。良いと思うけどなぁ。海賊相手くらいなら十分使えるのに。
 現状でも、アデン砲の類を翼下にぶら下げるのって無理なんだろうか。てかあれだ。旋回しながら目標を定めて軽MATをキャビンから撃てるようにすれば良いわけだぁ(^_^;)。さて、ここで、P-3Cが装備し、海賊撃退に効果があるだろうもっともローコストで済む武器システムは何でしょう?

※ <北朝鮮ミサイル>誤報問題で検証 原因は人為的ミスの連鎖
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000022-mai-pol

 結局、元帥が解説したように、テンパッていた所につい訓練の癖が出てしまい、挙げ句に誰もそれをチェックせずにスルーしてしまったと。
 前半部のミスはどんなに注意をしようが起こりうるミスで、ここを責めても仕方無いけれど、それを誰もチェックできなかった、というのは組織的な失態です。人間はミスを冒すという前提のシステムになっていなかったということですから。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 公金でコンパニオン、宴席代4年で990万円…福井の職能協会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00001251-yom-soci
※ 魚離れ、子どもの発育に影響も=給食に地元水産物を-08年度水産白書
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000042-jij-pol
※ 究極の近未来、バトルフィールドロボット「トラウマ」
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200905151854
※ アリをゾンビ化して操るタイコバエ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2009051502&expand
※ 「Kawasakiのバイクがヒント」、プジョー向けのコンセプト車
http://wiredvision.jp/news/200905/2009051521.html

※ 前日の空虚重量 71.8キロ 食い過ぎ

* 今頃、インフルエンザ。

 金曜午後、相変わらず長男の熱が下がらない。8度5分。昨日の行きがかり上、また私が病院に連れて行く。
 女医さんと新型インフルエンザに関して腹の探り合いをした後、インフルエンザ検査するかどうかで1分ほどやりとり。「でも予防接種受けたし、熱だけですしぃ」(その検査いくらよ?)「でも熱しか出ないインフルエンザもあるんですよね」。というやりとりの結果、やむなく検査することに。したらインフルエンザB型 _| ̄|○ 。
 今思うと、そもそも連休中に次男が発熱したのがこれだったかも。とすると来週末辺り、親に来るんだろうか。あ~、何か昨日から関節が痛いぞ(>_<)。
 「これは予防注射の型が外れたということですか?」と尋ねると、「いえ、年末に受けたとなると、そろそろ抗体が無くなる頃ですから、不可抗力です」、と。
 タミフルかリレンザにするかでまたお話。だってそれ私に決めようがないんですけど…‥。ということでタミフルにして貰うも、何とその場で同意書のペーパーが出て来てサインを求められる。大げさな。
 昨日の初診から今日の薬代まで6千円も掛かる。

※ サラマンダー@日テレ
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=35360

  対物狙撃ライフル一挺あればヨクネ? てか、航空機メーカーさんはあんなに必死になって軽量化に取り組むのに、ドラゴンの硬い皮膚っていったいどうなっているのよ。
 マシュー・マコノヒーもクリスチャン・ベイルもどうしてこんな映画に出ちゃったんだろう…‥。
 こういう巨大生物が、一挙に地球人類を制圧するための要素を考えると、何が必要なんだろうか、と考える。シベリアやアマゾンの奥地で爆発的に発生した種が、軍隊が展開する間もなく一挙に都市部を制圧して…‥、でも攻撃を躊躇わせる理由が必要ですよね。たとえば体液がシアン化合物で出来ていて無人地帯でしか攻撃できないとか。

※ 有料版おまけ Codex Gigas

|

« 土地神話の果てに | トップページ | 五月雨 »

コメント

P-3C装備は気化爆弾でいいんじゃないでしょうか?
安いし、相手が小型船なら衝撃での波で木の葉のように揺れて反撃どころじゃなくなると思うのですが。

投稿: | 2009.05.16 11:26

>P3C哨戒機のソマリア派遣を命令 海賊対策で防衛相

http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/
>つまり、いつでもどこでものドラえもんのドアではないけ
>れど、どこでもドアを使って、自衛隊が世界中に出て行く、
ミズポを防相に任命して、どこでもドアで神出鬼没する、艦載型B-52搭載の原子力空母を造らせるべき。ファイナルカウントダウンみたいだ。ワクワクする。

投稿: truly_false | 2009.05.16 11:37

>P3Cローコスト兵装
M2を基本装備にして、後はRPKとかどうですか?RPGは機内からは撃てるわけが無いですよねえ。残念だ。
RPKの仕入れは現地調達ってのはいかがでしょうか?
奴らに武装解除を促す訳です。「高価買取」で。奴らなら持っているでしょう?RPK。RPGも買取って船に積ませてもいいですね。
デッカイ垂れ幕も装備したいですね。無論価格表ですよ。買取り価格の。
奴らは金が欲しい。ウチらは奴らを無力化したい。それなら奴らの武装を買い取れば両者の思惑が合致する。
凄く安上がりになると思いますよ。
協力しない連中には買い取った武器でお仕置きです。
使い慣れていない?メンテナンスの問題?使い捨てですよ。いくらでも集まるでしょうから。
ああいった貧民を相手にするのに高価な武器を使ってはいけません。見合ったコストで無力化しないと。

>魚料理
ウチはコレばっかですね。セガレも好きなんで。旨く作るのは魚介の方が簡単です。なにせ焼くだけ。素材が良ければ焦がさ無い限り旨い。独身時代の俺でも楽に作れました。
旬の秋刀魚が筆頭ですよ。あれほど簡単で安く旨い食い物は思いつかない。
肉の方が難しかったなあ。失敗作のオンパレードでしたね。まあ博才と料理の才能は皆無なんですけどね。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.05.16 11:45

>インフルエンザ
これでも、十分緩和した方ですよ。兵庫県の東部ですらない。とにかく、いままでの疑義症の診断基準がすべて当てはまらないのだから致し方ない。蛇口は閉めるに限ります。
http://newinfluenza.blog62.fc2.com/blog-entry-466.html
仕事のし過ぎで怒っている官僚もいるけれども、感染研だって、学校のような局所的なインフルエンザAの集積のサーベイランスを推奨していたのだから、実行あるのみ。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/09idsc5.html
それに、ニューヨークは学校再開したとたんに再燃しているんだから、とにかく蟄居閉門あるのみ、症状があるひとだけという枠組みが崩れたんだから。
http://nxc.jp/tarunai/index.php?action=pages_view_main&active_action=multidatabase_view_main_detail&content_id=2119multidatabase_id=41&block_id=519#_519
>P-3C
アパッチより安いんでしょう、1機当たりP-3C(嘘だけど本当)。
だからAH-1Wにしておけといっていたのに。FHIの馬鹿!
ローコストで済むのは、それは「クラスター爆弾」、いいじゃん不発弾でも水に沈むんだから。
>B
良かったわね、連休中もひきずっていたけど。年2回接種がいいか、考える潮時ではある。熱帯並みの雨季のインフルエンザ流行@沖縄も視野に。

投稿: pongchang | 2009.05.16 12:02

>P-3Cローコスト兵装

今回の派遣には間に合うかは不明ですが、海自はAGM-65の導入を決めていたのでは?
又、60Kを呼び寄せてヘルファイアとゆー手も有ります(^O^

>高価買取

ソマリアでもアフガンでも武装解除のために実施した所、AKシリーズの様な「使える」アイテムを正直に持ってくるヤツは殆どおらず、旧式で使えないよーなモノが大半(治安機関が当てにならないので、自衛のために必要という事情も有りますが)だったとか。
結局、メシのタネを奪うだけでは解決にならない(欲しいモノはAKで手に入れるとゆー「生業」ですが(^^;)為、職業教育+自活資金という形に落ち着いたという事ですが、絵に描いたような失敗国家のソマリアでは、それも困難とゆーか、マラッカ海峡でも結局は現地の治安機関の対応が回り始めて効果が上がったのですから、今回も受け皿作りが要だと思われますが、海賊を雇って警備員化、襲うより護る方がカネになると理解させた方が良いのか?
でもそれはみかじめ料と取られかねないしなあ(^^

投稿: yossi | 2009.05.16 12:21

>P3C哨戒機のソマリア派遣を命令
先生は十分わかっていてお書きになっていると思うのですが、今回は「偵察任務」ですよね。
そういえば、能登沖不審船事件の時は、対潜爆弾を付近に落としたそうですね(ただし、相手は当てないことをしっていたので、そのまま逃げたようですが)。

>懲役20年判決
大変悲しい事故ですが、もし、犠牲になったのが小さな子供さんでなく、ご老人だったらマスコミは、ここまで盛り上げたでしょうかね。
実際、群馬県の老人施設の火事で多くのお年寄りが亡くなりましたが、施設側を徹底追求するような報道、最近は見なくなりましたが…
相手によって、判決が変わるのはちょっと勘弁してもらいたいのですが…

>ギガス写本
この番組面白そうですね。再放送で見ます。

投稿: フェリ | 2009.05.16 12:23

>、ここで、P-3Cが装備し、海賊撃退に効果があるだろうもっともローコストで済む武器システムは何でしょう?

M61 バルカンでいいんじゃないでしょうか?
コブラに搭載してる3砲身のM197でもいいかも

投稿: | 2009.05.16 12:26

>未亡人は別
父子家庭は父親の死亡により子供は施設扱いと。
あと「嫁が家計の主たる収入を得ている場合」ってのは考慮してない、ですか。

投稿: ¥e | 2009.05.16 12:32

>ローコスト兵装

つズーニー
ローコストにこだわるなら、正直ロケット弾でいいような気がするなぁ。
威嚇発砲もできるし。

>サラマンダー

マルチ・パーパス・マグナム・マシンガン……もとい、映画もゲームもコケて裁判沙汰になっちゃった作品ですよね。
あとチーフテンの実車が出ているのもポイントかと(これ以外だとイランの戦争映画くらいか)。

そういえば、ガメラ2のレギオンは、シリコンの殻を持つガス状生命体でしたが、もしそれに毒性があったら、という仮定話をどこかで見たような…。

投稿: PIAT | 2009.05.16 12:47

>相続税100%
>未亡人は別
>土地の国有化
>土地の私有には反対
>現状日本経済は土地資本主義で回っている
>いきなりそれを言うのはナンセンス
>人口減少が進めば、土地が上がる要素はほとんどない
>土地資本主義の崩壊
>他のパラダイム

個人の話に限定して・・・先生の考えは"土地の私有には反対だけど、それを一世代(未亡人も含めて)なら許そう"ということですよね。それを"相続税100%"でやろうとしている。

そんなまどろっこしいことするより、子供を国家が扶養することにして、オギャ~と生まれた時から親との縁を切ってしまえば良いんですよ。子供が母親から生まれてくる必要もないかもしれない。成人したら後は己の才覚しだい。相続もなにもない。夫婦なり個人が死ねば、その財産はいったん国が確保!適当に選別してオークションなりなんなりして再配分・・・どっかで観たか読んだかしたような話ですがw

投稿: k-74 | 2009.05.16 13:00

>対海賊兵器
ロケット弾でいいでしょ。んで、弾頭には火薬の代わりに石を使う。ま、直撃すりゃしぬかも知んないけど、全員は死なない。目的は海賊の船に穴をあけて沈めること。

>懲役20年
殺意を持って人を殺しても、なかなかここまで食らいません。もちろん、3人も殺せば逆に死刑があり得ますけどね。この事例は、弁護側が被害者にも過失があること(居眠り運転)を主張しながら、それを立証できなかったため「責任転嫁で反省なし」とみられたことも原因ではないか。

投稿: | 2009.05.16 13:07

>P3Cローコスト兵装

携SAMの航空機搭載型に一票。以前、うちに来たレイセオンの人間がNavy Stingerのプレゼン用ビデオを置いていきましたが、その映像ではstingerがものの見事に標的のモーターボートの船外機を吹っ飛ばしてました。
大きな声では言えませんが、OH-1搭載の91式携SAMは陸の目標も狙えるようです(実際に試験したんですと)。弾頭重量3kg程の指向性爆風破片効果弾頭はこの手の目標には丁度良いでしょう。海軍型ヘルファイア(AGM-119M)じゃオーバーキルですしね(w

投稿: keenedge | 2009.05.16 13:19

>懲役20年

最高が懲役25年に決められているのだから、それを「殺人事件でも・・・」とか言うのはヘンですよ。

最高刑までは裁判の結果に文句を言わないのが、法律を認めた市民側の仁義ってのものでしょう。

法律を通しておいて、裁判官に「ちっとは考えろ」というのでは、それ自体が著しく社会正義に反している。人治社会にするのですか?

投稿: 酔うぞ | 2009.05.16 13:24

>子供を国家が扶養
ポルポト...

投稿: | 2009.05.16 13:28

子供は親から離して国家で扶養しろってのは、プラトンの昔から言われてたりはするけど、成功した試しがないのよね。
まあ、全体主義者にとっては、絶好の理想社会構築のチャンスだろうけど。

投稿: truly_false | 2009.05.16 14:01

>ウェブはバカ~

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1242201698657.html

当初は先生のとおり「貧乏人」が入る予定だったみたいですよ(笑

投稿: ぷー | 2009.05.16 14:18

>魚離れ
>子どもが肉を好む傾向にある
これはちょっとダウトですね。
子供は肉を好んでいるわけではなく、母親が魚を面倒くさがるから、単に魚を食べ慣れないだけという印象です。回転寿司は子供連れの巣窟ですが、肉メニューは一定の割合にとどまっているのが、子供が魚を嫌がるわけではない証拠かと。

実際に魚を料理すると、現代社会は切り身が売ってるので三枚おろしなどの技術はほぼ不要ですし、凝った料理をするのでなければ肉より楽なのですけどね。焼けばOKなんて、肉じゃステーキくらいしか格好がつきません。

投稿: 銀次 | 2009.05.16 15:25

魚大好きだけど自宅では滅多に食べないですねぇ。旬の秋刀魚かアジくらい。切り身はコスパ悪いし、丸ごとだと残骸の処理が面倒なんですよね。生ゴミ出し忘れるとえらい匂いになるし…。調理の手間より調理後の手間ですな。

投稿: P | 2009.05.16 15:51

今日明日は(1.三社祭 2.渋谷おはら祭り)
http://www.shibuyadeohara.jp/
一族、B型では関係ないし、大隅の祭りでもないし(ry
>安上がりな
レーザー誘導の迫撃砲弾チックなのを手込めのソノブイランチャー(口径120mm強)からオレンジマーカー宜しく落とす。でも真上を飛べない(敵も、全く、携帯SAMもどきや対空機銃は持っていない訳ではない)から難しいか。

投稿: pongchang | 2009.05.16 15:57

焼き魚も肉料理も塩振ってオーブンにドーン!でスイッチポンすればそれなりの仕上がりになるのですが

意外とやらないんですよね、主婦連の皆様は・・・
クソメンドクサイ焼き菓子なんかは嬉々として作るのに

投稿: | 2009.05.16 16:11

酔うぞさん

全然納得行かん意見です
酔って書かれたのか、それとも釣りなのか

投稿: | 2009.05.16 16:21

「神戸市灘区で陽性反応!」
「生徒Bも発熱しています!」
「生徒Cにも異常発生!」
「汚染が急速に拡大しています!爆発的スピードです!」
「パターン青、間違いない・・・新型だわ」

こんな感じ?

〈神戸の高校生、新型インフル確認までの経緯〉
http://www.asahi.com/national/update/0516/OSK200905160054.html

投稿: | 2009.05.16 16:23

 米海軍はP-2Vをガンシップに改造したAP-2Hをベトナム戦争に投入してましたから(あまり役にたたなかったけど)、P-3Cのガンシップ化も物理的には可能でしょうけど、機体規模が中途半端でコスト・パフォーマンスが悪そうなことと、何より海軍航空隊が今COIN作戦や海賊狩りを実行せねばならない状況がそうそうはないというのがP-3Cガンシップにたちはだかる障害でしょうか(^_^;)。

投稿: みづせ@黒書刊行会 | 2009.05.16 16:42

>飲酒運転
釣りというより、ポピュリズムへの落胆でしょ。
裁判員制度にしてもやれやれ!といったマスコミが、直前に手のひら返す(ネタになるかと思ったら、取材が難しいので、むかっ腹立てているだけとも思えるが)。極論を左右列挙すれば中立というのは違うでしょう。
「最高刑25年」というのは立法の不作為でもないのですから。
>ガンシップP-3C
ブルドックとか、石油争覇を読み返せば、「好きだから」の一言です。
http://dl.rakuten.co.jp/prod/800231380.html

投稿: pongchang | 2009.05.16 17:10

どうやってRootが感染したのかは疫学的な興味はあるね。
でも「あいつら付き合ってたらしいぞ」とかの風評が流れたり、テレビドラマのような人間相関図とか作られちゃったらやだな。

で、こんなもの政府が密かにばら撒いて、朝、バスに乗ろうとしたときに突然防護服の男たちに取り囲まれるわけだな。ふむ、それなら安心、って誰が協力すんだよ。

感染者に近づけばメールが届く 携帯電話で秋にも実験
http://www.asahi.com/business/update/0502/TKY200905020184.html

投稿: | 2009.05.16 17:15

魚って案外高いですからね。鮭にせよ鰤にせよ、切り身で100g100~150円ですが、肉だと鶏モモ、豚バラ肉が同じ値段で買えます。牛肉も豪州産ならモモ肉が買えるような。

投稿: T2 | 2009.05.16 17:17

>そんなまどろっこしいことするより、子供を国家が扶養することにして、オギャ~と生まれた時から親との縁を切ってしまえば良いんですよ。

それって竹宮恵子作の「地球へ…」のスペリオルデミナントでしょ?

投稿: | 2009.05.16 17:37

>相続税100%

賃貸住宅経営の地主や大家が相続税で土地を取り上げられて、その物件が競売にかけられて別の会社が購入する。
その会社は再開発をやりたいので現在の住民を追い出す算段をする。
もしも住民のことを考えて住民の居住権重視の方向で法律を
作れば結局、儲からんのでだれも購入しなくなって国家が物納で受け取って国営住宅として管理運営をしなければならなくなる
どんどんそれが膨れ上がれば、それなりの機構と人員とが必要とされ
当然、官僚は肥大化して権限は増すでしょうな
社会主義国は全部そうでしたから

投稿: | 2009.05.16 17:47

>危険運転致死傷罪を適用、懲役20年判決 福岡3児死亡

欧米ならば、車がビュンビュン通る橋に車が乗り越えちゃう
程度の車止めしか設置せずに済ませ、頑丈なガードレールの設置を
怠った車が乗り越えることを想定しなかった。っていう部分で
弁護士が道路管理責任のある国や県から高額な賠償金を取る
方向で裁判が動くと思う。
3児死亡の原因は衝突によるものではなく、その後の転落による
溺死である→ガードレールがあれば怪我で済んだ
→溺死については道路にガードレールの設置を怠り
安全性の確保をせず危険なまま放置した国や県の責任である
多分、こういう論法で来ると思う

投稿: | 2009.05.16 18:26

つうか、問題なのは、所有と使用との懸隔を出来るだけ近づけることであって、土地を国有化したところで、その上の土地賃借権が、いまの日本みたいに滞って資産化してしまえば同じことだし。
なんでも国有化すれば問題解消みたいに思うのは、デフレも解消せずに増税して、財政再建しよーとする財務当局の愚昧となんら変わるところがない。

投稿: truly_false | 2009.05.16 18:28

>竹宮恵子作の「地球へ…」

探せば他にも色々あるでしょうな。「風の谷のナウシカ」の土鬼の聖都シュワにある墓所に眠っている子供も類型だな~( ´H`)y-~~

投稿: k-74 | 2009.05.16 19:00

>魚
食べ方が汚いと散々に家人に言われるのでねえ。肉なら買ってきたら何もしないでそのままフライパンにぶち込めばいいが、刺身以外の魚はそうはいかんでしょう。しかも未だにノドに骨が刺さるトラウマまである。

>『ウェブはバカと暇人のもの』
マスゴミさんのど真ん中にいる著者が言ってもな、と思う。ネットに計り知れないだけある煽りを本にしたようなもの。まあネットってパソコンと通信代さえあれば、なくても携帯さえあれば誰でもできるから。他の趣味はそうはいかないのが多いでしょうし。

>懲役20年判決 福岡3児死亡
残念ながら命には「値段」があるので。当方みたいの3人が死んでも懲役20年にはならなかった。そういう目に遭わないようには運転するときに常日頃どうしたらよいかって事。

投稿: 剣 | 2009.05.16 19:42

>土地の国有化に関しても、別に難しい話ではなく、単純に「土地デノミ」と考えれば良いんですよ。

 でも、あからさまに憲法違反だと思うんですが……
「第二十九条 財産権は、これを侵してはならない。」

 相続権は、財産権の引き継ぎにほかなりませんので。
 で、本条は次のように続きがあります。

「2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。」

 相続を完全否定する税法が公共の福祉に適合するかが問題になるわけですが、このような積極目的規制(積極的・政策的規制)については、「明白性の原則」が適用されます。この原則によれば、当該規制措置が著しく不合理であることが明白な場合に憲法違反となります。私人の財産を没収するばかりか、日本中の私企業の存続をすべて不可能にする規制が著しく不合理であることは、私は明白だと思います。


>3児死亡の原因は衝突によるものではなく、その後の転落による
>溺死である→ガードレールがあれば怪我で済んだ
>→溺死については道路にガードレールの設置を怠り
>安全性の確保をせず危険なまま放置した国や県の責任である
>多分、こういう論法で来ると思う

 欧米でなくても、こういう論法でお上にケツ向けるでしょう。こういう事件を起こすロクデナシに賠償に応じる資力があるわけありませんから。
 国家賠償法
「第二条 道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。」
 なお、この裁判は民事ですから、刑事裁判でどのような判決が出ようと(事故の責任が100%被告人にあると判断されようと)、起こすことが可能です。

投稿: 土門見人 | 2009.05.16 20:18

>相続税100%
官僚組織は喜びそうです。
ボクの好きな作家、ホーガンが書いた「ミラー・メイズ」という作品の受け売りですが、
本当の支配階級というのは、社会主義化しようが全資産を国家が保有しようが
痛くも痒くもありません。いや、むしろ国有にすれば税金を払わないで
良くていいんじゃないでしょうか。
本当にずる賢い奴らなら、社会主義化の美名の下に国家に資産を集中させ、
自分たちがその資産・資本をコントロールして権力を維持する。
所有形態なんかどうでもよくて、資産・資本という力をコントロールすることによって
権力は維持されるのですから、党なり政府の幹部になってしまえば自分たちで資産・資本を
持っているのと同じ効果が得られる。むしろ、党や政府官僚への登用という障壁は、
新参者を排除するいい道具立てとして都合がいい。社会主義化が、実は既成の支配階級
の勢力温存にとって最も都合がいいのです。
貧乏人というか、あまり資産を持たない人間、一族にとっては何代かにわたって
資本を蓄積していくしかのし上がるチャンスはありません。
堀江某のような成功は、そうそうあるものじゃない。
相続税100パーセントなんて政策をやられたら、
それこそ貧乏人やその一族は現代文明が滅亡を迎えるまで貧乏人のままです。
ボクは、相続税100パーセントなんてアイデアには賛成できません。

#資産コントロールや権力の源泉について、似たようなアイデアはジョージ・オーウェルや
#F・A・ハイエクも書いていたように記憶しています。

投稿: スサノオ | 2009.05.16 20:36

上記に書いたことは、すでに多くの自称自由主義国家群において実現されていますよね。
我が国でも、財投だとか道路特別財源とか数々の特殊法人でやりたい放題です。
日本財団なんかだって、実際には笹川一族が財産を税金でもっていかれないための偽装でしょ。
彼等は相続税100パーセントなんていわれても屁でもないはず。
むしろ、自分たちの地位を脅かす存在を排除するいい道具立てだと大歓迎するに違いありません。

投稿: スサノオ | 2009.05.16 20:56

>神戸市、東部の全校休校・修学旅行延期・まつりも中止

映画観ようと、地元のU局にチャンネル回すと、30分おき位に、画面上部に5/18~22の休校や、神戸まつりの中止、中央区・灘区・東灘区・芦屋市の住民に外出を控える様、etcの呼び掛けが流れています
http://www.sun-tv.co.jp/
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/health/infection/090516_1.html

>ブルドックとか、石油争覇を読み返せば、「好きだから」の一言です。

シースペクター、あの場面ではアレしかない!という、作劇上の必然性は有っても、作戦上は余り必要性の感じられる機体では無いですからねえ

>AP-2H

少しググってみたら、MASDECから引っ張り出した機体にTRIM(FLIR・LLLTV)・SLARなどを装備し、何故か?A-6A用のAN/APQ-92レーダー・DIANEまでを装備、ホーチミン・トレイルの夜間攻撃に用いられた様ですが、これは後に任務を引き継ぐA-6C用の装備開発が目的だったみたいで、武装も尾部に連装の20mm機関砲、翼下にミニガンのポッドもしくは爆弾(一部は爆弾倉に40mmグレネードランチャーを装備)と余りやる気が感じられませんね
http://p2vneptune.com/v07c.shtml

投稿: yossi | 2009.05.16 21:15

アタリは市場原理信奉者ってわけじゃないんだよね。むしろ危惧している。ただ、市場原理はあまりにも合理的に強烈な光を放つから、概念上の産物に過ぎない国家は抗えないと考えている。だから、利他的な超民主主義が成立しないと未来は無いというのだが、この利他的というのは分かりやすくいうと兼続も由紀夫ちゃんも掲げる「愛」なんだよね。このあたりは新自由主義的にいうところの「自律的秩序」のあいまいさと変わらないくらいの弱弱しさなんだよな。

新聞が3紙になるというのはデジャヴだな、と思って過去のエントリーをあさったら2007.11にやっぱり書いてたな。単にこれが現実化してきたということだろうと思うが。

>Webの進化に関してはメタ情報の扱いが鍵になる。これはオールドメディアには手の出ない領域だ。紙媒体としての新聞は結果として淘汰される。何故なら購読者が減りCPが下がり続けるからだ。当面生き残るのは体力のある朝日と読売、それと専門誌の日経くらいだろう。ただし、手軽な読み物としての電子ペーパという形でなら生き残れるだろう。

http://eiji.txt-nifty.com/diary/2007/11/post_90a4.html

で、翌年この3紙が共同でWebニュースサイト「あらたにす」ってのを立ち上げたんだったよな。
まったく、「素敵な共犯関係」だよ。

投稿: | 2009.05.16 22:59

>だから、利他的な超民主主義が成立しないと未来は無いというのだが、
>この利他的というのは分かりやすくいうと兼続も由紀夫ちゃんも掲げる「愛」なんだよね。
>このあたりは新自由主義的にいうところの「自律的秩序」のあいまいさと変わらないくらい
>の弱弱しさなんだよな。

曖昧で弱々しいものに頼れなければ、
我々は全世界を覆う全体主義に頼らざるをえなくなるということです。
なんらかの秩序がなれけば、文明が滅びる。
なら、強圧的な秩序よりかは、曖昧で弱々しくても、
自立的な秩序のほうがマシではないでしょうか。

投稿: スサノオ | 2009.05.17 04:18

投稿: pongchang | 2009.05.17 06:55

>Codex Gigas

コード・ギアスと空目してしまいました。
オール・ハイル・ルルーシュ!

投稿: y-mat | 2009.05.17 10:24

記憶で申し訳ないのですが・・・・

私が高校生のころ、それこそ土地バブルの前、第二次オイルショック後の構造不況で延岡のような企業城下町が苦しんでいたころです。昭和50年代後半ですね。

当時すでに東京でマイホームをもつにはサラリーマンは通勤3時間台になりつつあったときです。参院では、23区内の電車沿いに栗畑(節税農地)が目立つ、こんなふざけた節税農地は農地指定を解除してしまえという議論がありました。たしか野末陳平氏だったはずです。

そのころ、NHK特集で、職住接近のために山手線の内側に都内に職場のある人を全て住まわせるにはどうすれば良いかという、かなり力の入った番組がありました。

サラリーマンの購入可能価格である3000万円を上限としたもので3LDKとすると、山手線の内側を30階建ての高層マンションで埋めつくせば良いというもので、こうすると山手線の外側には積極的には人が住む必要はないというものでした。

現在もサラリーマンの購買可能上限価格は3000万円くらいですから、専有面積を100㎡とすれば、45階建てのマンションを林立させれば良いという話になります。江東区のような一度焼け野原になったところに60階建てで集中させれば、東京の居住人口の大部分を2000万円くらいで住まわせることができるでしょうね。

ここまで人口が集中すると治安や保険衛生上の問題が出てくるとは思います。まるで、シムシティ2000でアルコロジーと警察を林立させた最終局面みたいです。

投稿: 番場蛮 | 2009.05.17 11:25

>現在もサラリーマンの購買可能上限価格は3000万円くらいですから、専有面積を100㎡とすれば、45階建てのマンションを林立させれば良いという話になります。

江東区(豊洲)や港区(港南)に40階建て以上のマンションがたくさん建っていた頃に購入を検討したことがあります。
3年くらい前です。

でも、80m2でも5000万以上、100m2だと値段は7000万以上しました。

投稿: | 2009.05.17 21:33

投稿: | 2009.05.17 21:33様

3年前というと、ちょうどバブルの頃で、デベロッパが無茶苦茶やっていたころですね。サラリーマンが買えない物件を作っている時点で終わっていましたね。

このNHKの試算にしろなににしろ、土地の価格と建設費のみから算出したもので、商業ベースのものではないです。

ぶっちゃけ、土地を強制収容して大量に規格化住宅を建てるというものですから、そのマンションに資産価値を存在させることも考えていません。

投稿: 番場蛮 | 2009.05.17 23:41

>2009.05.16 18:26 さま
>土門見人 | 2009.05.16 20:18 さま

>3児死亡の原因は衝突によるものではなく、その後の転落による
>溺死である→ガードレールがあれば怪我で済んだ

たしかに、ガードレールの正式名称は「転落防止柵」でありますが・・・。
ガードレール(この場合は橋の高欄)は、制限速度+α程度の速度で車が衝突した場合の衝撃を、ガードレール自体も変形しつつ吸収することで、搭乗者の生命を守るように、設計されているのであって、今回の事案の場合、3人の子供は結果的に溺死したけれど、もしガードレール(橋梁の高欄)の剛性が高く、車が転落しなかったとしても、100km/hオーバーで追突された衝撃の逃げ場がなければ、両親を含めた5人全員が、衝突時の衝撃で死んでしまった可能性もありますよ?

投稿: ya-mana | 2009.05.18 00:30

>土地資本主義が崩壊しようというのに、(農業問題を含めて)他のパラダイムを考えませんか? ということです。
パラダイムを考えようとする前に、思考のために提示された案が共産主義化なので、そこで思考が停止してしまうのではないですか。
多くの方が何回も述べて懸念されていることはなんら解決策は提示されず、断片的に言われるので同じ事がえんえん繰り返し述べられるだけで。

投稿: 九頭竜 | 2009.05.18 09:26

>両親を含めた5人全員が、衝突時の衝撃で死んでしまった可能性もありますよ?

普通乗用車 対 普通乗用の事故であればおっしゃるとおりに
衝突時の衝撃で死んでしまった可能性は大でしょう。
ぶつかった方の運転手もあの速度ではただでは済んでいないでしょう
ひょっとしたら死んでるかもしれません
今回の事故は不幸にして、普通乗用車 対 車高が高い四駆 
という図式であり、乗用車はおそらく四駆のボディ直撃ではなく
潜り込む形で後部のタイヤに突っ込み四駆は押され走破性の高い大きなタイヤは車止めを乗り越えてしまい川へ転落、子供達は溺死という悲惨な結果になってしまいました。
実際に突っ込んだ方の運転手もあの衝突速度の割にはたいした怪我で
はなく助かっています
これがもしも、しっかりしたガードレールのある一般道では
四駆の車高の高さが幸いし子供たちは怪我を負うも助かり
ぶつかった方も大きなタイヤに衝突でこれまた軽傷くらいで済んで
るでしょうね。

投稿: 66 | 2009.05.18 21:56

>3児死亡の原因は衝突によるものではなく、その後の転落による
>溺死である→ガードレールがあれば怪我で済んだ

自動車評論家の徳大寺氏の受け売りですが、先進国の道路では
日本のガードレールが一番ヘナヘナだそうです。
まあ、ぶつかる想定速度や車の大きさが違うんだからしかたない
といえばしかた無いんでしょうが。
運転を誤ったドライバーがガードレールにぶち当たって死ぬのは
本人の自己の責任であるが、一般歩行者が巻き添えを食うのは
何がなんでも防止しなければならない。
よってドライバーは死んでも構わんから車が突き破れないくらいに
ガードレールは頑丈に作らねばならない
という考え方なんだそうです。
向こうさんの農道用の限界値が日本の高速道路用より高かった
りする(なんてこったい!)
http://209.85.173.132/search?q=cache:-sEfZzfn5a0J:www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/gardrail-car/2pdf/3.pdf+%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%80%80%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

投稿: | 2009.05.18 22:16

橋梁用の防護柵は、見た目はきゃしゃですけど、支柱の間隔が狭いので、設計強度は普通のガードレールと変わらないしはずなんですが・・・。国交省の防護柵設置要綱ってものがあって、橋などの重要構造物なら、よほど古い橋とかでない限り、これを満たしているはずなんですけどねえ。

投稿: ya-mana | 2009.05.21 23:00

相続税100パーセント? それじゃ住んでる家も貯金も全て、国に税金で盗られるから、有り得ないだろ!

投稿: たし | 2009.05.22 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットから逃げよ!:

« 土地神話の果てに | トップページ | 五月雨 »