« 黄金期を生きた人々 | トップページ | 日本はもうダメボ »

2009.06.21

Paris Air Show 2009

 帰宅してからまず荷物を置いて、すぐラーメン屋へと向かう。何だかんだ言っても日本人にはラーメンが一番ですね。それから入浴、10時間爆睡。でも軽度のPTSDで、旅行中の夢を何件か見る。
 深夜に起きて、まずは写真の報告だろうとデータの引っ越し作業に入り、朝から見繕ったものを現像&編集。ブログにアップしました。

 帰りの電車の中で驚いたのは、麻生さんへの週刊誌辞令ね。何しろサミット出席が夢でしたからねぇ。都議選敗北を大義名分にして辞めるとか言われているけれど、そんなことで胸を張って辞められてもねぇ。
 それとエコブームw。全然見なかったかけれど、昨夜からのNHKのエコ狂乱は何ざんしょ。

 もうへろへろなので、テキストの報告は明日以降に。

Img_3029 Img_4103

avic、鼻息争い中国ですね。左側は、エンジンの概念モデルでしょうか。

右側は、確かパンフは確保したのですが、GPS対応型の滑空爆弾のようなものでしょうね。

Img_3068

グーローバルホーク・スキーですが、ご覧のようにインテイクが2本あります。欧州版グローバルホーク。

Img_3128 Img_3154

左は、観客を集めていたEC175。中国との共同開発ということになっていますが、中国のちの字も窺わせませんでした。

右はお馴染みのフランカーですが、なんとセンターラインに2本ものミサイルを抱いている。本当にこんなことが出来るんだろうか。

Img_3179 Img_3186 Img_3786

パリ&Farnborough始まって以来、たかがラジコンヘリがデモフライトしたのは初めてです。

Img_3278 Img_3559

アントノフ2型ですね。これ本当にキャンパス生地なの?

Img_3411 Img_3462

左は、アグスタのA149のモックアップ。屋外での真っ黒な機体の展示で撮影には苦労しました。右は、私のズボンを油で真っ黒にしてくれたコンステレーション。

Img_3466 Img_3281

カタリナなんてのを初めてみました。右のプッシャー機はフライトデモもしました。

Img_3598 Img_3650

左のNH90は海軍モデルですが、なかなか洗練されている印象でした。さて右側のは何でしょう? UAV?

Img_3724 Img_3729

 企画もん機。写真では見えませんが、胴体後方に、怪我人を模したマネキンが森林ダー上に寝かされています。サイズがサイズなので、トラックで運べそうな所がポイントかも。

Img_3742 Img_3795

こいつは何だったけかなぁ…‥。右のスホーイ・ジェット100。毎日飛びました。凄まじい開発力です。   

Img_4097 Img_4098

正面玄関に設けられたフランス軍のリクルート用キャンプの展示。小物付きのトランペットやサイレンサー装備のMP5とか面白いですよね。

Img_4104 Img_4112

降りる所を目撃したけれど、撮影は出来なかったorz。ちなみに機体後部は透明キャノピーで出来ています。

Img_4127 Img_4143

さてこれは何でしょう。

Img_4151 Img_4397 Img_4424 

左のF-16、撮影対象として非常に困難な塗装でしたが、何なのでしょう。日本のモデラーさんはこういう塗装を好みますが。所で、右のラファールの下面にあるブツブツは何なのでしょう。最初、コンステレーションから浴びた油のせいかとも思ったのですが、前後の写真には、まったくそんな痕は無いんですよね。

Img_4430 Img_4437 

何てことはないエアバス機ですが、↑イラストに注目

Img_4482 Img_4503

Img_4549 Img_4613

※ NATOの転売・転貸禁止軍事資料 防衛商社通じ海自が入手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090621-00000058-san-soci

 だって自衛隊にそんなノウハウは無いでしょう。遙かに金が掛かる兵器調達とて商社頼みの組織に、たかがそんなことに割ける人員なんて無いでしょうが。
 そういう意味では、実は自衛隊のバックヤードって、かなり民間が担っている部分が大きいんですよね。言っちゃ何だけど、NATOだってそうそう文句が言える筋合いでも無いと思う。

※ ロシア:千島の火山噴火で日航など航路変更
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20090617ddm012040058000c.html

 何かこれで、日航機は一時間以上余計に飛んだみたいなことを聞いたんですが。

※ 前日の空虚重量71.2キロ

 ラーメンをスープまで平らげた直後の計測なのでこんなものでしょうか。現地では、ほとんど昼食は抜きだったけれど、朝はしっかり食べていましたから。明日からメルマガも平常モードで進行します。

※ 有料版おまけ PTSD

|

« 黄金期を生きた人々 | トップページ | 日本はもうダメボ »

コメント

週刊誌辞令:

>自民党の安倍晋三元首相は
=== 中略 ===
>「首相自身に辞める気は全くない。総裁選の前倒しは、国民の皆さんから姑息(こそく)な手段だとみられる」と批判した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090621/stt0906211147003-n1.htm

実際法的に総理大臣を辞めさせる手段は無いわけで、
補正予算関連法案さえ通ってしまえば、
麻生おろしは意味をなさなくなると思うのですが、どうなんでしょう。

お疲れとは思いますが、週刊誌辞令にそのまま乗っかるようでは、
せっかくの「代替空港」のタイトルが泣くので?

NATO資料問題:
>だって自衛隊にそんなノウハウは無いでしょう。
( ゚д゚)ポカーン

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.21 14:29

出入りの図書館の納本はどうしているとか、アタッッシェはいないのかとか。
防衛省防衛研修所をみてみる。
http://www.nids.go.jp/procurement/ippan/ippan2009.html
はぁ、英語の点付けの入札に、AERAの入札?もっと高尚な入札は無いのか!
http://www.nids.go.jp/procurement/keiyaku/k200801.html
AERAその他は1割引か。

投稿: pongchang | 2009.06.21 15:06

長旅、お疲れ様でした

>GPS対応型の滑空爆弾

LS-6滑空誘導爆弾(雷石6)ですね、JSOWモドキですが、GPSが使えない時に備えて、グロナスにも対応予定だとか。
http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/LS%2d6%b3%ea%b6%f5%cd%b6%c6%b3%c7%fa%c3%c6%a1%ca%cd%eb%c0%d06%a1%cb

>さてこれは何でしょう。

右はMS406、コッチも鋼管羽布張りです
http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/cl-pln4/230MS406.html

>小物付きのトランペットやサイレンサー装備のMP5とか

隊員の肩のパッチや、奥のSATCOMアンテナ、ヘカーテAMRやフーリガンバーなどの突入支援装備から見て、海外での人質救出や大規模犯罪、テロに対応する為の、EPIGN(国家憲兵隊空挺介入中隊)の様ですね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Escadron_parachutiste_d%27intervention_de_la_Gendarmerie_nationale

>スホーイ・ジェット100。毎日飛びました。凄まじい開発力です。

販売とサポートはボーイングが受け持つ様ですが、エムブラエルとボンバルディアの牙城にどれだけ迫れるのか?
MRJが進空した頃には参入する余地は残っているのだろーか

投稿: yossi | 2009.06.21 15:15

>それとエコブームw。全然見なかったかけれど、昨夜からのNHKのエコ狂乱は何ざんしょ
6月は国(環境省)が決めた環境月間ですから。近年、毎年6月は民法もNHKもこんなものです。

投稿: | 2009.06.21 17:19

http://eiji.txt-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2009/06/21/img_4437.jpg

このイラスト、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教に喧嘩売ってますな・・・

投稿: プレーリードック | 2009.06.21 20:51

>さてこれは何でしょう。

右側の機体はドボアチンですね。
ぐぐってみたらD−520でしょうか。
ハセガワやタミヤからプラモが出てるはず。

メッサーやフォッケ、スピットやホーカーのようにメジャー
な機体ではないし(互角なのはイタリアのマッキかな)、
生産機数も少ないはずですが、きれいなのが残っているんですね。
飛ぶ事は出来るのかな?

投稿: フラットテイル | 2009.06.21 20:58

>ロシア:千島の火山噴火で日航など航路変更

先週月曜、NWAでサンフランシスコへ行きましたが、同じ時間帯のニューヨーク行きはそのせいで欠航になっていました。

投稿: やまろ | 2009.06.22 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Paris Air Show 2009:

« 黄金期を生きた人々 | トップページ | 日本はもうダメボ »