« 汗疱 | トップページ | マイケル&ファラ »

2009.06.25

エコ革命という幻想

※ 環境ビジネスの将来は? 再生可能エネルギー世界フェア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000632-san-soci

  最近やっと、太陽光発電と太陽熱発電の違いが分かるようになったのですが、テレビのニュースを見れば、アメリカでのグリーン革命ルポ。ITニュースを漁れば、ハイブリッド・カーや電気自動車の新技術公開で、最近うんざりしているのですが。

 まず発電に関して言えば、これはキャパは決まっていますよね。たとえば、アメリカにせよ日本にせよ、今原発やその他でまかなっている電力をいわゆるグリーン・エネルギーで置き換えたからと言って、それだけのことでしょう? それでエコな電力消費が増えます。あるいはタダ同然で電力を消費できるから、それがイノベーションとなります、というような話でも無いでしょう? 一方で温暖化対策で、電力使用を控えましょう、というキャンペーンもやっているわけで。
 せいぜいがそれは、既存の発電システムとトレードオフします、という程度の話に過ぎない。
 同じことは、自動車にも言えていて、ガソリン車がハイブリッド車や電気自動車に置き換わった所で、別に運転が容易になって、免許が14歳まで引き下げられるから需要を喚起できるという話でもない。これも単に、今すでに細っている国内の自動車需要の何割かがそれでトレードオフされます、という程度の話に過ぎない。最大市場のアメリカに至っては、そんなものはカリフォルニア辺りのエコ好きな階層にしか受けやしない。

 バイオエタノールにしても、世界中で人々が飢えている。別に石油が枯渇しているわけでもないのに、わざわざ燃料源にするために、あんなものの生産にリソースを投入することが果たして正しいのか?

 IT革命は、ネットの開放とパソコンの進化が融合した結果、ありとあらゆる業種と業界を飲み込み、私たちのライフスタイルを激変させ、国境すら希薄なものとしたけれど、グリーン革命なんて、所詮その業種の中での話しでしょう? せいぜいが、電気自動車に充電するための設備があちこちに出来ます、みたいな話に過ぎない。

 たとえば、乾電池サイズのバッテリーやマイクロ・ガスタービン・エンジンで、家一軒の電力を賄えます、車一台200キロ走ります、とかいうことなら、それはイノベーションと言えるから、用途が広がって、通信革命に匹敵する経済効果をもたらすかも知れないけれど、今、メディアが狂奔し、オバマ政権が推進するほどの経済波及効果をグリーン・ニューディールがもたらすなんてとうてい思えないのですが、なんで猫も杓子もそんなものに飛びつくんだろう。
 そんなものに血道を上げるくらいなら、全国の国道に電波発信機を埋め込み、GPS誘導での自動運転を可能にします。もう運転免許要りません、小学生でも車に一人で乗れます、とやった方が遙かに経済効果が高いし(交通事故も減らせる)、技術的ハードルも低いような気がするのですが。

※ エールフランス機墜落事故、ブラックボックス見直し論が浮上
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200906242001&lang=

 この段階でブラックボックスの位置特定すら出来ていないとしたら、もう回収は無理でしょう。

>  飛行データのリアルタイム送信の実現はかなり困難とするのが、開発側の言い分となるが、

 そんなに難しいことかなぁ。今や乗客がインターネットだって出来るんだから。信頼性を上げるのはしんどいだろうけれど、技術的ハードルがあるようには思えない。流れとしては、当然こちらに来るべきでしょう。

※ 【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 米知日派を再び挫折させるな
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090625/plc0906250255000-n1.htm

 一番やって欲しいことは、日米双方ともに、現状では景気回復ですよ。ただそれは思うようにならないし。となれば、答えは一つ。アフガンで血を流すしかないけれど、選挙を控えてその議論は、自民も民主も出来ない。
 それをやったら絶大な信任を得られるでしょうが、恐らくは連隊規模の陸自部隊を、道路整備か何かを名目に出すしかない。
 ただこうやって脅されるけれど、貿易にしても、対米依存一辺倒だった時代とは違う。じゃあそれでアメリカのご機嫌を損ねる損ねない、みたいな話をせざるを得ないんだろうか、とは思いますよね。

※ “東国原劇場”識者は? 「計算し尽くされた発言」「条件設定は小物感」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000591-san-soci

 不思議なことにマスゴミさんは、この人の実績とか一切報じないんですよね。県政で何か実績があるんでしょうか? 田中康夫の時は、私みたいな人間がぞろぞろいたから、田中は、自分の実績のアピールに熱心だったけれど、はたして彼はいったいどういう業績を上げたのかメディアさんは知っているんだろうか。
 その議論もなしに、みんながちやほやしている現状に呆れます。

※ 空自三沢基地:F2戦闘機が滑走路外れ着陸 1人軽傷
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090624k0000m040088000c.html

 正直、こういうニュースは「F2」がというタイトルではなく、一選抜の団司令が乗った戦闘機が…‥、ということにして欲しいですよね。しかしこの団司令は49歳なんですよ。私の年齢で千人も2千人もの部隊を率いているなんて考えたら目眩がして来ますよ。
 機体は使えるんだろうか? ましかしこういうのの事故調査はしんどいです罠。将軍に向かって「へましました?」とか聞けないでしょう(^_^;)。

※ ネトゲ廃人:【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える
http://mainichi.jp/life/electronics/news/20090624mog00m040018000c.html

 いかにもお約束な論調で、何だかなぁ…‥、という感じがしてならないのですが。
 たとえば、2本目の記事の中3のケースなんて、ゲームがどうのこうのじゃなく、明らかに家庭の躾の問題でしょう?
 ただ、ログインしている時間が長ければ長いほど勝てる、有利になる、というシステムはパチンコ中毒を思わせる部分がありますよね。そこは、どんなプレイヤーも一日8時間を超えてはログインできません、みたいなルールをプレイヤーごとに設定して、この人は深夜帯に選択、学生さんは、早朝の3時間と、帰宅してからの5時間はログイン可、みたいな自主ルールはあっても良いと思う。
 実はまたプレイしているトラビアン(^_^;)。序盤の情け容赦ない狩りを隠し倉庫のレベルアップで乗り越えれば、あとはマターリして面白いですよ。自分の村の人口が日々増えていくのを楽しむだけですが。ちなみにこのゲームのゴールは、そのサーバーごとに、ある一定の条件を満たしたプレイヤーが出現したら、そのサーバーはエンド・オブ・ゲームになり、また新しくスタートするサーバーで最初から村を育てて下さい、みたいな設定らしいです。
 このゲーム、サーバースタート時に参加した方が有利なのですが、日本サーバーは一つが稼働したばかり、また7月1日にはもう一つのサーバーが稼働しますから、今始めるにはお勧めです。ちなみに有料サービスと無料と何が違うかと言えば、500円千円払うと、資源産出量が25%増しになります。
 村の成長が軌道に乗ると、アクセスするのは日に2度3度で十分です。一回一回の作業は1分で終わるから、日に10分も掛ければ、普通に村は成長します。

* トラビアン
http://www.travian.jp/

※ 【日食の島トカラ】(1)世紀の天文ショー 進むインフラ整備
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090624/scn0906240938001-n1.htm

 このニュース、諦めている人々が一杯いるんですけれど、私も田舎と絶縁していなければ、たぶん子供たちを連れて帰省していたと思います。友人関係で、帰省して車で佐多岬まで走るという連中もいますから。佐多岬でも、90何%の日食率らしいですから。
 佐多岬なんて空港からあんな遠い所までは行けない、ということであれば、フェリーなり水中翼船で種子島へ渡って、ひたすら南を目指せば良い。この輸送機関はキャパが十分ありますから。
 宿泊施設は知れているけれど、季節が季節ですから、野宿しても良いしテントを担いで良いし。トカラ列島がクローズアップされたせいで、逆に諦める人間が多すぎましたね。
 県も、明らかにパブリシティを間違った。本土や他の島々からも、そこそこ見えますよ、という所をアピールすべきだった。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 韓国準備整えば空軍指揮権も移譲、レミントン司令官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000023-yonh-kr
※ 寮追われ無一文…故郷まで130キロ歩く 『派遣切り対策を』 日産など提訴の岡田さん
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009062402000226.html
※ 路地裏新幹線?…「つばめ」鹿児島の県道スレスレ陸送
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090624-OYT1T00474.htm?from=main3
※ 東芝社長「ブルーレイ・ディスク参入、柔軟に対応」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090624AT1D2402824062009.html

※ 前日の空虚重量70.9キロ

  昨日、コメント欄で、「子供たちに稼業を継がせますか?」という質問がありました。どういう主旨でのご質問なのかは判然としなかったのですが…‥。
 私はそんなことをさせる気は毛頭ありません。この商売がどれだけ美味しい稼業であったとしても。あるいは逆でも。てか絶対逆だろうw。親の名前が通用するような仕事をさせる気は全くありません。と書いたら、そもそもそれを阻止することは無理じゃね? という展開になったのですが、実際それが阻止出来るか否かとはちょっと別の問題だと理解します。
 政界の二世に関しては、好ましいことではないけれど、政治参加は民主主義社会の根幹に関わる部分ですから、私はそれを制約することには反対です。何より、有権者というストッパーが存在するわけですから。
 ただ自分のこととなると、とんでもねぇよ、という話です。私の業界は、衰退産業とは言え未だに憧れ産業ですから、パイは有限だし、チャンスも平等じゃない。そんな環境で、親の七光りが通用するような形で仕事をさせるなんて、そんな甘えたことを許す気は毛頭ありません。仕事なんて無限に選択できる時代に、何もそれだけは駄目だという家訓があったからと言って、可哀想だとは私は思わない。

※ 有料版おまけ トロリー・ジレンマ

|

« 汗疱 | トップページ | マイケル&ファラ »

コメント

代替エネルギーを、カロリーベースで計算するほど、心得違いなことはない。
 燃料代が浮くのではなく、燃料代として他国へ流れていく或は他県に流れていく支出が地場に落ちれば、第一関門突破。
 第二関門はそのエネルギーを作るプラントのお金が、地場に落ちて雇用を生み出す事。最後の関門が、プラントを他国や他県に売り込む事。番外は、役所の省益を守る事。

投稿: pongchang | 2009.06.25 10:08

>スコール
とりあえず関東でも見かけたことはありますよ。
いつ、どこでというのはうろ覚えですが、20年以上前の中高時代に、駄菓子屋のようなところで飲んだおぼえが・・・。
九州発というのは知りませんでした。

投稿: 禿鷲 | 2009.06.25 10:22


>寮追われ無一文…故郷まで130キロ歩く
 
 これ、バカニュースとして報道されるならともかく、普通のニュースとして、なんか変。
 
 退寮期限日まで引越しの目処もつけず、いきなり全財産13万円入りの財布を落として、小銭融通してくれる友達も無く、交番で電話も借りれず音信不通の実家まで歩く…。

 で、実家がなくなっていた!?
 
 それからどーしたの? 
 親兄弟はどーしたの?
 
 このような方を今まで派遣社員として雇用してきた企業を社会福祉の点から表彰しもバチあたらないと思います。
 
 一時的なパニックで心神耗弱とか本人に対する酌量の余地はありますが、オチが派遣先企業提訴だものなぁ。
 
 これ、セーフティネットとか社会福祉とかとは別の問題のように思えます。

投稿: 海老太郎 | 2009.06.25 10:31

いちおう南九州酪農協同株式会社(デーリィ牛乳)は宮崎ですので…

名古屋近辺でもスコールはコンビニで普通に買えます。
同社の高千穂牧場カフェオーレも買えるのはある意味不思議な気分ですね。

そういや霧島酒造(宮崎県都城市)の焼酎黒霧島もコンビニで普通に買えます(^O^)/

投稿: YOSHI@小牧の隣町 | 2009.06.25 10:35

おまけ 
 >トロリー・ジレンマ

 塩狩峠のように、人を突き飛ばすのではなく、自ら飛び込んで列車を停めるという選択は、日本人だからかクリスチャンだから実行したのか・・・

 ただ塩狩峠は客車だから止まったけど、機関車じゃ2,3人飛び込んでも止まらない・・・・ って命題ではそこまで考えなくてもいいか(^_^)

投稿: プレーリードック | 2009.06.25 10:41

>今、メディアが狂奔し、オバマ政権が推進するほどの経済波及効果をグリーン・ニューディールがもたらすなんてとうてい思えないのですが、なんで猫も杓子もそんなものに飛びつくんだろう。

大石先生のおっしゃるとおりなんですが、国民はマスメディアが煽るほどには飛びついていないでしょう。
せいぜい、無料で配られるエコ・バックをもらったり、たまたま買い換え時期の電気製品をエコポイント付きの製品買ったり、ちゃんと実利を計算していると思いますよ。

マスコミの宣伝に乗ってハイブリッド・カーを購入した金持ちで無い人たちは、バッテリー交換時期にビックリするでしょうね。

何しろ日本のマスメディアのひとたちのオバマ好きや東知事好きにはウンザリしますね。
政治家なんて公約と実行力と実績をもって冷静に評価すべきなのに前評判や宣伝用に広められるウワサ話を確かめもしないで広めるんですから、ほんとにマスゴミ。

投稿: MI-6 | 2009.06.25 11:01

エコ革命:
太陽電池については、シリコン製造時に大量のエネルギーを使うので画期的ではないという指摘は昔からなされているのは皆様もご存知のとおりです。

最近NHKおはよう日本の特集で色素増感太陽電池というもの扱っていました。
これはシリコンを使用しないので製造時にエネルギーを必要とせず、
加工もしやすい事から応用範囲が広いそうです。
発電効率が低いのが難点らしいですが。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.25 11:16

>エコ革命
太陽電池や風力発電は、絶海の孤島とか宇宙空間のようなどうしようもない場所での電力供給方法でしょう。普通の地域では、むしろエネルギーのムダじゃないか。エコバックとかもどうでしょうか。うちの地域では殆どのスーパーがレジ袋有料になりましたけど、ホントにエコなんでしょうか。

>日食
90%程度の欠け率では、明るさの感じは殆ど変わらないそうですよ。それと、太陽を見るときは注意が必要です。煤ガラスとか普通の色ガラスだと、明るさは減じても赤外線とか紫外線は余り減らないらしいです。ちゃんと専用のグラスで見ないと目を痛めるとか。

投稿: | 2009.06.25 12:25

確かに日本ではビジネス的効果は低いかもしれない。
でも日本と米国では市場キャパが全然違うよ~
テレビ東京のワールドビジネスサテライトで
21世紀の環境ビジネスの50%程は北米市場になると言ってた人がいたけど確かにそうだろうなと思う。だって国土のデカさ(カリフォルニア州だけで日本よりデカい)と移民流入などの人口増加もあるからな。

投稿: うがっ | 2009.06.25 12:47

>不思議なことにマスゴミさんは、この人の実績とか一切報じないんですよね。

マスコミは、衆議院がいつ解散になるかの話題は、これでもかこれでもかという具合に伝えます。
しかし、今の国会で議論している議案の議論内容は全く伝えません。臓器移植法改正案の議論内容はどうでしょうか、憲法審査会の設立とその議論内容はどうでしょうか?

宮崎県の県政の内容もどの程度実績があるのか、マスコミをみている限り分かりません。

マスコミは、表面的なあおりの報道が主体でしょうか?

投稿: | 2009.06.25 13:49

全く?貴方が見ていない、読んでいないだけでしょ。しょうもない。新聞読んでますか?
例えば昨日臓器移植法案の対案が国会提出されたことは普通に報道されていますよ。
紙面もそれなりに割いています。

投稿: | 2009.06.25 14:54

>例えば昨日臓器移植法案の対案が国会提出されたことは普通に報道されていますよ。
投稿: | 2009.06.25 14:54

議論内容が、事細かく報道されましたか。修正案が4案提出されて、A案が衆議院で採決されたことは、報道されています。
しかし、国民の生死にかかわる脳死認定の議論内容をご存知ですか。どこまで報道されましたか。参議院での修正案が出されていますが、なぜ衆議院で可決された案のどこがいけなくて修正されたのか、報道されましたか。12年間に国会で臓器移植法がどのように議論され、なで12年間も採決されなかったのか、報道されましたか?

表面上の報道なら、確かにあります。しかし、いつ衆議院が解散されるか、見通しはどうかという内容の報道の量と比べてどうですか。

死亡判定にかかる問題は、より重大と思うのは、小生だけでしょうか。批判者は議案が提出され議決されたのみの報道で可とすべきなのですか。

憲法審査会が今だ設置されていない違法状態についての内容が、衆議院解散時期の報道の比べて、報道が十分量ありましたか。

投稿: | 2009.06.25 16:58

>今の国会で議論している議案の議論内容は全く伝えません

「全く」伝えてないわけではないから、反論されたのでしょう。最初の提議がお間違えなのです。

投稿: | 2009.06.25 17:04

>“東国原劇場”識者は?
報道される「実績」らしきものは、往々にして人気取りの一種に過ぎない。本当の実績は報道されないもの。まあ、東国原知事の実績は本当にあったのかまだ調べていませんが。

>トカラ列島
絶縁しようがしまいが、スルーして現地に行く手は?絶縁高じて鹿児島の地を踏みたくないレベルなら別問題ですが。

>ネトゲ廃人
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090430/193491/?P=1
(要ログイン)

「 韓国では、夜10時~朝6時までゲーム会社が青少年にネットゲームを供給しないようにする、という法律「シャットダウン制」を制定する動きがあり、法案が通りそうです。また中国では既に、「5時間以上続けてゲームをやると経験値が半分になる」といった強制的な措置が取られているようです。」

それができないわが国は中韓よりも先に滅亡しそう。

>子供たちに稼業を継がせますか?
何やら「親を超えない、超えるわけがないはずがない、場合によっては超えさせない」という事を前提でいるようですが、それはやってみないと分からない。競馬の世界でも七光り騎手が毎年のようにデビューしますが、当初は馬が集まってきますが、ド下手は結局淘汰されてしまっています。

投稿: 剣 | 2009.06.25 17:27

>議論内容が、事細かく報道されましたか

もう、呆れるしかないんですが。君は参議院有志が衆議院から回ってきたA案では駄目だとして対案を超党派で提出したことも、その対案が出るまで参議院で審議入りをストップして待っていたことも全然知らないんですね。
全部普通に新聞に掲載されていたことですよ。
それにね。衆議院で審議時間を8時間しか取らなかったことも散々新聞紙面に踊りましたよ。
君はマスコミ批判する前にちゃんと新聞読みなさい。

投稿: | 2009.06.25 18:25

>投稿: | 2009.06.25 18:25

すべて、経過の説明で、法案の内容に関する具体的な細かい内容は出ていないようですが、今のマスコミの報道で満足している人には、何を言ってもダメでしょう。

投稿: | 2009.06.25 19:14

だから軌道エレベーター作って、天辺にソーラーパネル作って送電しろと

投稿: | 2009.06.25 19:15

>すべて、経過の説明で、法案の内容に関する具体的な細かい内容は出ていないようですが、

だから君が新聞読んでいないだけの話。

投稿: | 2009.06.25 19:49

>グリーン革命
ワシントンメトロ死傷者への哀悼の意を示すと、国土交通大臣とビジネスマンがワシントンDCを弔問。ついでに、『グリーン革命肝入りの高速鉄道網計画については、乗客無死傷の新幹線運営する我が日本にお任せ下さい!!』と現地でプレゼンスする財界人&政治家&役人が、日本には決定的に足りない。ここぞ商機なのに。。
ps
ワシントンメトロは、車内外の空間設計に秀でたエレガントな地下鉄と思ってます。経年劣化と雑多満載のNY地下鉄の騒々しさとは無縁。酷い混雑や酔っぱらいにも遭わなかった分、日本の地下鉄より綺麗に感じました。

投稿: nanwa hachi | 2009.06.25 21:54

>法案の内容に関する具体的な細かい内容
これは政治面にはあまり出ない。5面以降の概要か、連載特集やコラム。ただ、そこまでじっくり読む「社会人」はまれ。それに新聞によって取り上げ方に差があり、複数購読している人は少ない。まあ、ネット検索で議事録を探すほうが早いだろう。

投稿: 痴本主義者 | 2009.06.25 23:03

>マスメディアの、中身ほったらかし騒動だけ報道している(ように見える)話
要は下のブログのあるマスコミ人の告白どおりということなんですかね?まぁこんなプロレス団体立ち上げのような、痴話げんかの類のごたごたしか興味しか国民にはないんだ、と割り切れていればいいんでしょうけど。現状分析としてそれが正しいのか、それとも勝手に彼らがそう思っているかが微妙ですが。
本筋で無いけど、プロレス自体嫌いじゃないんですが、プロレス好きはなんで病的に妄想で、陰謀論が好きなのかね、と思うので「プロレス好きが嫌い」なだけです。古館や福澤もね。
http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20090619#p1

投稿: さいとー | 2009.06.26 00:19

CM1本500万円也、選挙ビラも〝格高〟料金で受注─
「早期解散を」の社説の裏でソロバンをはじく 新聞・テレビの総選挙ビジネス
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20081121-01/1.htm

だから「マスゴミ」って言われるんですよ。
金融危機で政治がもっとも大事な時期に国民の事など二の次にして
やれ選挙、やれ解散と煽りたてた非道ぶりは決して忘れませんよ。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.26 01:16

>>まぁこんなプロレス団体立ち上げのような、痴話げんかの類のごたごたしか興味しか国民にはないんだ、
勿論、個々人としての国民はもっと思索深くそれぞれの価値観に沿ってニュースを読んでるのでしょうけど、その反応がメディアへの反響として収束してゆく過程で個別の複雑性が削ぎ落とされ、シンプルな(あるいはいっそ白痴的とさえ言っていい)脊髄反射的な反応にしか、マスコミ側からは「見えなくなる」。
   ↓
その危険性に気付かず、そこにマスコミが「最適化」しようとすることで、ますます単純化し、複雑性が失われ、個々の国民から見ると「(私の)意に沿わない」報道ばかり増えてゆくように「見える」。
   ↓
ここで更に、国民の側もよほど自分がヒネくれていると自覚している人以外、大概「私の価値観=国民一般の価値観」と捉えがちだから、「最近のマスコミは市民の声を反映していない。何か政治的偏向がそこにあるに違いない」と思い込むようになる。
   ↓
そこでWEBを巡回すると、同じような思考パターンで同じような結論に達する主張に事欠かないので、それを見て「我が意を得たり」と自分の感覚に論理的強化が加えられたような気分になり、更に同様の意見の持ち主ばかりの集まるサイトやブログに出入りする内に思想的に純化され、発言が過激化する。
   ↓
「マスゴミ滅すべし!」「反日サヨク(ウヨクでも可)に毒された既存メディアなぞ信用に値せず!」→以下、一部はそのまま陰謀論者化

……という、信用破壊のメカニズムがマスコミに対して機能しているということかしらん。
別に今のマスコミ人の雇用がどうなろうと構わないけど、このまま進むとインフラとしてのニュース・メディアまで衰弱してしまいかねないのは困るな。
どこかでこのサイクルを壊すことを考えないと……。

投稿: | 2009.06.26 01:55

あ、すみません。
↑のコメントは私です(^_^A

投稿: 義忠 | 2009.06.26 01:58

> 金融危機で政治がもっとも大事な時期に国民の事など二の次にして
> やれ選挙、やれ解散と煽りたてた非道ぶりは決して忘れませんよ。

マスコミが儲かるか否かにかかわらず、衆議院議員の任期末が近づけば、解散風は吹くものです。

解散は首相の専権とされていますから、いつ解散されるかは首相の一存で決まる。そこで解散時期をめぐって憶測が憶測を呼び、関係者が狂奔する。首相は解散権という「伝家の宝刀」に手をかけながら、野党や党内反対勢力を揺さぶり、政局をコントロールしていく。

強弱はともかく、解散風は自然現象であり、首相が政治運営をする強力な手段になっている。マスコミが解散時期に注目するのは当然のことです。

むしろ問題は、解散権という、憲法によって与えられた強力な権限が、まったくの党利党略で運用されていることでしょう。

本来は、国民に信を問うべき重大な問題が生じたときに解散が行われるべきです。それが公的な制度としての解散の意義でしょう。

前回の郵政選挙はまさにそういう時期の解散だったといえるかもしれない。さらに、郵政民営化に道筋がついたところで、改めて衆議院を解散し、新しい勢力編成でその後の課題に取り組むことができていたならば、自民党は国民の尊敬を勝ち得ることができたかもしれない。

ところが、現在は、与党、あるいは総理自身にとってもっとも有利な状況を選んで解散するという、きわめて手前勝手な思考しか、麻生から発信されていない。それだけ周囲も混乱するし、総理の発言がチープになる。国民の不幸というしかないですね。

投稿: やせ猫 | 2009.06.26 02:56

解散や選挙が面白くて、マスコミがそれを煽りたてて報道して何か悪いことあるの?

投稿: | 2009.06.26 08:11

>親の七光りが通用するような形で仕事をさせるなんて
文学界って親の七光りが通用する世界なんですね。

投稿: 九頭竜 | 2009.06.26 08:32

>解散や選挙が面白くて、マスコミがそれを煽りたてて報道して何か悪いことあるの
全くの間違いじゃないけど(特に週刊誌や夕刊紙)、これのみをもって「言論・報道の自由」を標榜するんだったら、これらの権利の介在は全く無いきれいごとで、純粋に「経営の自由」だけの下種話にすぎないと思う。

投稿: さいとー | 2009.06.26 08:33

まぁ、就任以来報道各社がこれほど解散を煽った(迫った)のも珍事ですよ。

「冒頭解散」で肩すかし喰らったのが仇なのかなんなのか解りませんけど。

投稿: nao_c/w | 2009.06.26 08:52

総選挙なしにこれだけ内閣が変わったのもはじめてだからな。

投稿: | 2009.06.26 09:04

麻生氏が解散を遅らせて景気対策にまい進したのは極めてまっとうな
判断だったと思いますよ。昨日の記者会見でも、各国から解散を遅らせるように
事実上の要請があった事を明らかにしています。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090625/plc0906252120012-n4.htm

これを単に「総理総裁の座に居座りたい」とだけ断じるのは果たしていかがな
ものかと思いますが。紆余曲折はあったにせよ、持ちこたえて予算を4本も
通して景気対策への姿勢を表した事は後々高く評価されるものと信じています。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.26 09:16

政党や内閣支持率は期待値だけで動き、その政党や内閣
が何をやったかは、無視されるのだそうです。
そういう点では、現時点では、麻生内閣の支持率は低い
のですが、後世の評価では、逆転するかも知れません。

投稿: ysaki | 2009.06.26 12:18

昨年の解散狂騒のときから、麻生さんは本予算を周辺法令を含めて成立させるまでは解散しないと思っていましたが、補正については意外でした。

麻生さんは創価嫌いですから、東京都議会選近辺、恐らく党内力学から都議会選のあとに総選挙と予想していましたので、まぁ、予想通りですね。

淫行禿と悪徳便腰がなにやらやっていますが、たしかに淫行禿と悪徳便腰を取り込めば政党支持率が一時的に上がりますので、都議会選対策に来週あたり動きがあると思います。

淫行禿については失言がもとで自民党内からの反発が強いものの、悪徳便腰は淫行禿の失敗に乗じようとなにやらはじめていますが、同調者は3人しか居ないようですね。自治体(行政)の長が、総選挙に干渉することは職掌逸脱でしょう。

それにしても相変わらず芸人政治屋による電波ジャックが激しいですね。

投稿: 番場蛮 | 2009.06.26 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコ革命という幻想:

« 汗疱 | トップページ | マイケル&ファラ »