« タフでなければ | トップページ | 介護社会化の絵空事 »

2009.06.10

あり得ない!

※ 住宅ローン拡大策破綻予備軍も増?
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061090070815.html

 今朝のテロ朝朝刊瓦版で、もう功成り名を遂げたリッチな人々が、たとえば三反園@鶴丸、大谷@ボケ老人とかが、サブプライム・ローンの二の舞になると抗議してましたが、だったら、これに代わるアイディアを出してくれ。
 日本でも、過去に「ゆとり返済」で泣きを見た連中が一杯いる。それは事実でしょう。でも一方で、それで家を買えた人々がいたことは無視される。アメリカは今それで大勢が泣いているじゃないか? と言うけれど、それで泣きをみているのは投資家ですよ。あっちはノンリコースだから、家を手放せばそこでローンも終わる。

 私は、以前から、日本にこそサブプライムローンの仕掛けが必要だと説いてきましたが、ノンリコースとセットで導入すれば良いんです。手放すことで借金チャラにすれば、そのリスクを一方的に消費者が負担せずに済む。投資家と消費者がリスク分担できるじゃないですか。
 しかも、今はデフレで、当面インフレの気配は無いけれど、インフレになればローン返済も少しは楽になるでしょう。

 この問題は、小泉改革と同根な危うさを秘めています。それは、セーフネットを張らずして雇用の流動化を促進したことと同様で、その手のローンは、ノンリコースとセットでやらなきゃ駄目ですよ。何かをスタートするには、必ず副次的な問題が派生する。それが起こることが解っているのであれば、そこで思考停止して止めるんじゃなく、対処できるルールを用意すれば良いんです。その勇気と知恵が今の日本には無い。
 そこは日本の商慣習に馴染まないとか何とか散々言われるけれど、昔から言われていたことなのですから、そろそろ変化しないと。

 それをやらない、というのであれば、もう持ち家政策は放棄しましょう。戦後の高度成長期の徒花、終身雇用と同様に「持ち家は幻想だったんです」、と割り切って、政策を明確に転換するしかない。それも素早く。
 年功序列すら風前の灯火なのに、何の策もなくいまの住宅政策を継続するのは政府の怠慢所か犯罪に等しいと思う。賃貸住宅の普及に素早く舵を切らないとホームレスを増やし、ローン破綻者を量産するだけですよ。

※ 消費税 2017年度に12% 経財諮問会議 財政健全化へ試算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090610-00000143-san-bus_all

 次の衆議院の任期中に間違いなく増税がくるのに、それが選挙の焦点にならないのって変ですよね。政府の無駄を無くして埋蔵金でやりくりできるなんていう民主党もどうかしていると思うけれど、国民は増税は嫌だから、選挙戦術としては、それで構わないんですよね。それがいかに非現実的であっても。

※ F35戦闘機を日本に推奨 米国防総省報道官
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090609/plc0906091305013-n1.htm

 口が裂けても「お金下さい」とは言えない可愛げのない連中。
 私はちょっと疑問なのですが、もっと早くに戦略を練っておくべきだったけれど、司令塔が何処にもいなかった。過去4、5年に関して、誰か主導できるような人材が居ただろうか? と探した時に、恐らく唯一可能だったろうゲル長官は、いったいF×に対して、どういう目論見というか意志を持ってらしたのでしょうね。
 あの人のことだから、らぷタソに執着したとは思えない。空幕はそれを嫌がって、彼が介入するのを遠ざけたんだろうか。

※ 中山峠、センターラインはどこ?
http://www.stv.ne.jp/news/item/20090608190135/index.html

 あり得ない! これは人が死にます罠。気の毒でならない。けどこういうのって、行政の怠慢云々や管轄権の前に、金が無いってことなんですよね。金が無いからそこまで手が回らない。ただこういうのは、塗る金が無くなることを前提に調整しなきゃ駄目だし、予算がある側も、そこで自分らだけ塗り直したらドライバーの錯覚を招くことを気付かなきゃ。

※ 警視庁ヘリ、飛行中に窓落とす 都内上空、重さ2キロ
http://www.asahi.com/national/update/0609/TKY200906090395.html

 アリエナス!(^_^;)。なんでそんなものが落ちるんですか! いざという時に外れやすくしているのは解るけれど、それでもこれは無いよな、と思う。原因は何だろう。警察は自分たちで捜査、刑事処分を下すんだろうか。

>聖蹟桜ケ丘~よみうりランド~二子玉川~用賀~三軒茶屋。用賀付近からは首都高3号線に沿って飛行していた。

 あと、私が散歩途中に見ているのはこれだったんですね。てっきり神奈川県警のヘリだと思っていたけれど、それにしてはどうしてニコタマから飛んでくるんだろう、といつも不思議に思っていた。哨戒コースではなくて試験飛行コースか何かでしょうか。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 戦闘機「殲11B」、建国記念閲兵式で公開
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2009-06/09/content_17915697.htm
※ 国税指摘のラブホテル 表に高さ4メートル立像
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20090609-OYT8T01181.htm
※ 米新聞社に「救済論」浮上 議会や地方政府、優遇税制など検討
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090609AT2M1902209062009.html
※ 『ニコニコ動画』未成年投稿者が『週刊少年ジャンプ』漫画家の妻との不倫を謝罪
http://news.livedoor.com/article/detail/4194332/
※ 村上春樹さん:最新長編「1Q84」ブーム過熱 発売12日目、100万部超す
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090610ddm012040004000c.html

※ 前日の空虚重量71.8キロ

 そろそろやばくなってきた。

※ 裁判員制度:「明確な基準なく、どうすれば」浜村淳さん
http://mainichi.jp/select/today/news/20090609k0000e040009000c.html

  懐かしいサタデーバチョン!(^_^;)。まだ現役でいらしたんですね。こっちで今もTBSのアクセスとか聞いているけれど、中波といえども入りが良い訳ですよ。咳払い所か、唾を飲み込む音すら聞こえそうな気がする。
 でも中波って、地方で、たまに聞き取れなくなる、あのスリルの中で聴いていた雰囲気が好きですね。

※ 有料版おまけ untitled

|

« タフでなければ | トップページ | 介護社会化の絵空事 »

コメント

>※ 住宅ローン拡大策破綻予備軍も増?
仰る通り、住宅政策の継続は無駄と惨状しか生みません。
過去からのデベとのつながりを考えれば切り捨ては困難かもしれませんが、つみあがった在庫の賃貸住宅への転換、特に都市部物件を子育て世代や新婚所帯へ補助付きで貸し出せば、少子化対策にもなるでしょう。
過去のしがらみを捨て、方針転換するのは、正に政治の役割なのですが、それが出来るのか不安です。

送り人でも有名になった納棺士が、男が自殺するのは破産で家を売った後が多いと書いておりました。
また、不動産仲介の現場でも、ルール無視の「先払い割引」に応じた施主がアーバンエステートの破綻で、家なしローン有状態になり、
破産で競売になった物件では、色々な騒ぎも起きているようです。
http://nkgw.blog45.fc2.com/blog-entry-1382.html

政策転換がないかぎり、個人破産による家庭崩壊や自殺などの大きな問題は、これからも増えてゆくでしょう。

投稿: 外資社員 | 2009.06.10 12:05

> けどこういうのって、行政の怠慢云々や管轄権の前に、金が無いってことなんですよね。金が無いからそこまで手が回らない。

金の問題というのは短絡的。減ったとはいえ、アイスバーンに対してはチェーンやスタッドタイヤが使われます。前は一冬で白線は全て消えてました。道路自体が大きく削られたのです。その補修額が大変だとスタッドレスの普及を手がけたのです。今はかなり性能は上がってはいます。
こういうのが全道のあちこちに起きるので、お金というよりも手が足りないんです。回ってくるまでに時間がかかる。

投稿: | 2009.06.10 12:06

>※ 戦闘機「殲11B」、建国記念閲兵式で公開
ご指摘の通り、まんまフランカーのコピーですよ

というか、ネット検索されてる時に気付かれたかと
思いますが、もともとロシアからライセンス生産の
許可を得たフランカーがダウングレードVerということもあり、
性能に満足できなかった中国側がライセンス枠の200機生産分を
途中で打ち切って、独自に改良したものですから

そのためJ-11Bの開発についてはロシアと問題にもなっているようです

投稿: | 2009.06.10 12:16

事故現場は中山峠の頂上から喜茂別サイドにわずか行ったあたり。
札幌サイドからは追い越し車線がほとんどないまま頂上まできます。

頂上は見晴らしのよい車線(両側の店への侵入路もありますから)ですから、極端に遅い車輌(トラックなど)をパスするのに速度をあげてパスしたら、つぎに緩やかに喜茂別サイドへ向けて下りカーブになるので速度超過であぼーん、というのが流れでしょう。なぜかって、自分もヒヤっとしたことがあそこにあるので。冬場だとスポーツカーが雪山に突っ込んでいきましたしね。
あそこの事故率は意外と高いのかも。

白線の問題は確かにありますが、写真に出ているところぐらいであとは反射板とかカーブにはガードロープや道路が分割などされています。

原因の一つかもしれないが、決定的な一因ではないでしょうね。

投稿: | 2009.06.10 12:20

>持ち家の条件

先生の御意見を拝読させて頂き、その上でこんな話を追記したらどうかな、と思われる件について何点か。

まず、ローン組んで折角買ったマイホームが買った瞬間から軽自動車並に減価償却してしまう現状を何とかして欲しいかな、と思います。最近では色々な企業でもその手の努力がなされているようですけど、耐震化等と同じ様に新たな住宅関連需要を掘り起こせるのではないでしょうか?

また、その関連で資産としての住宅を今後子孫に相続する場合、相続税の評価から外す事も場合によっては必要かもしれません。相続時に家がなまじ高い評価額になってしまい、相続税が払えず親の立てた家を泣く泣く手放すなんて本末転倒でしょう。(知人で祖父が亡くなった半年後に祖母が亡くなり相続でエライ目にあった人がいまして、結局弁護士立てる羽目になったそうです。)

そして、子供の教育費に関して、いっその事高校まで義務化して、国公立は完全に、私立に関しても世帯収入の低い子供についてその教育費を助成するってのは如何かなぁと。
逆説的な話なのですが子供の教育費って住宅購入の足枷になってしまっていると言う言い方もあながち暴論でもない気もするので。
それに、少子化の流れの中で国としても、もう一人たりともDQN作ってる余裕などは無いでしょうし、リスク&リターンで考えて見た場合でも一笑に付す程の愚策でもない様な気が・・・

いずれの策についても共通しているのは、世代間格差の解消、現役世代へのリターンを増やす事によって国家運営にダイナミズムを作り出すってとこでしょうか?(何か大げさな言い方だな、という突っ込みは謹んで承ります(w)

投稿: 北極28号 | 2009.06.10 12:30

>持ち家政策は放棄
当たり前じゃないですか、劣化資産でしかない数十年後の廃棄物処理の不適正な個人住宅なんて。
終の住処ということなら、20年程度の使用権で老人ホームを担保する、介護保険とセットで旧借地法の占有などの解除を前提としたリバースモーゲージでしょう。モーゲージが無ければ、それは介護保険料で良いでしょうし。
住民票はやめて、戸籍オンリーに戻るもの手だ。住居が定まらないと、行政サービスがというが、地方自治と言っても大抵ヒラメ。
>消費税
景気が冷え込んだって財政健全化ですよ。もうすこし早くから10%という切りのいい数字で上げて欲しかった物です。もう少しずれ込んで15%?
>中山峠
雪とチェーンでラインが消えますからね。融雪パイプがセンターラインと思ってドツボにはまることもあるかもしれません。
>檀家の維持も
だから、ホテル以外にも事業による所得がどうなっているか?が問われているのであって。
http://www.shokuhinnet-chikuma.jp/contents/company/list/
で、どの会社?

投稿: pongchang | 2009.06.10 12:34

>国民の圧倒的マジョリティの意見は、「特別扱いはやめろ」だと思いますよ。
障碍者団体を装ったダイレクトメール郵送問題と同じく、認可の問題でしょう。
実体のない宗教団体とはなぁ。w
昔タモリが、芸能活動を宗教法人にしちゃえば、コンサートは参拝、ブロマイドはご神影、CDは神様のお言葉になるってジョークいっていたが、本当にやる奴がいたんですねえ。
創価学会のように、教育、新聞や出版まで納めた団体もありますし、信者のための宿泊施設がありそれを一般に開放している寺もありますね。
ユダヤのように特別な方法で処理した肉しか食べない、や宗教上の理由で農耕やっているところもある。
どこまで「特別扱い」を許すかは重要な問題だと思います。

投稿: 九頭竜 | 2009.06.10 12:57

>中山峠

白の点線がセンターラインという判断もあり得ないですけどね。
しかも下り。

投稿: nao_c/w | 2009.06.10 13:08

>ゲル長官
タモ空幕長は天下国家のことで忙しくてFXには関わらなかったのかなあ。

投稿: | 2009.06.10 13:11

>中共初のステルス戦闘機
キバ○シ「つまりステルスならぬ、実際には存在しないエア戦闘機だったんだよ!!」
ΩΩΩ<な、なんだってー!

投稿: 銀次 | 2009.06.10 13:20

>pongchangさん
>で、どの会社?

2CHでなんですが、ココのようです。
URLで社長の写真も見れます。
436 :名無しさん@十周年:2009/06/09(火) 19:50:05 ID:jpGzlPiA0
http://news.nissyoku.co.jp/Contents.aspx?pid=urn%3Anewsml%3Anissyoku.co.jp%3A20080326%3ANAKAGAWA20080321020710488%3A1

小松食品(株)(長野県千曲市、026・276・4511)は、
このほど開いた臨時株主総会後の取締役会で小松富喜常務の社長昇格を決め、1日に就任した。
小松富男社長は会長に就き、小松豊取締役営業本部長は専務に昇格した。

小松富喜氏(こまつ・とみき)1963年3月7日生まれ、千曲市出身、45歳。
85年3月長野大学卒業、同年4月小松食品(株)入社、92年3月常務取締役、08年3月1日社長就任。

投稿: SOL | 2009.06.10 13:48

連投すみません。
小松食品のHPに行けば、1年3ヶ月以上会社案内のページを更新していないので、
前社長(現会長)の写真も見れますね。

投稿: SOL | 2009.06.10 13:56

 へい日経! 行っちゃいなよ!~(・∀・)ニヤニヤ

投稿: 大石 | 2009.06.10 14:33

「1Q84」
納豆ダイエットと同じふいんきがする。

投稿: | 2009.06.10 14:49

>日経

残念、8円と51銭足らず。

投稿: nao_c/w | 2009.06.10 15:05

>殲11B

記事には、国産エンジン搭載と謳われていますが、瀋陽WS-10A、コアはCFM-56のコピー(原型がB-1B用のF-101だから、そう無理な話でも無い?)で、推力重量比はF110に匹敵、国産FADECも装備と、何時の間にこんなモノが出来る様になったのか?殆どオーパーツ
http://en.wikipedia.org/wiki/Shenyang_WS-10
J-10/11に搭載されているAL-31F/FNが、輸入に依存している事からの脱却を目指しているんでしょうが、試作機のパイロットの話では、応答性が劣り、FADECもイマイチ信用ならない様子で、当分は購入出来るAL-31F/FNの数が、J-10/11、11Bの生産・稼動機趨を制限しそうですね

投稿: yossi | 2009.06.10 15:53

機趨→機数でした、m(_ _)m

投稿: yossi | 2009.06.10 15:56

>ぶっちゃけ任天堂商法ですからね。
>(現物が)ないない!? と煽って買わせるのは。

今でこそネットのおかげで入手も容易になりましたが90年代までは大石先生の著書も地方民には同じようなもんでしたよ。
予約を言っても嫌な顔をされ時に断られ、発売を知って本屋に行っても入荷してないか売り切れているか。
取り寄せお願いしても何ヶ月もかかったりとね。まさにマニア同士の本の奪い合い。
東京に出たときは両手に本を買いまくって帰る日々。
今は新刊については天国ですが、旧作を再度入手したくてもなかなかねえ。

投稿: | 2009.06.10 16:14

>>村上春樹さん:最新長編「1Q84」ブーム過熱 発売12日目、100万部超す


100万部売れたのかと思わせて、刷ったのが100万部で売れたのは34万部という「売れてます詐欺」じゃないですか?
誰か公取委に通報しないかな?旺文社の件もあるし。

投稿: やし | 2009.06.10 16:36

※ 中山峠、センターラインはどこ?

中山峠の映像では、消えかけの追い越し禁止のオレンジ色のセンターラインに加えて、ラインに沿って半円状の穴がカッターに因って無数に穿たれています。リンク先の映像でも注意深く観察すると見えますが…。その上を車で走行すると規則的な衝撃が加わるので、ドライバーは対向車線にはみ出したということに気付くのですが、やはり視覚的なラインが第一ですよね。冬は降雪により道幅も狭まり、路面も滑りやすく、また路面のラインも雪で見えづらくなりますし、先のカッターの孔も体感しづらくなりますので、北海道のドライバーは冬場の運転では注意深く、スピードを控えめに運転しますから、逆に冬の方が夏場より破壊的な事故は起き難くなるかも知れません。ラインそのものも、スパイクタイヤのピンやチェーン、除排雪の作業機械によって削れたり、雪の風化作用などで劣化して剥がやすくなりますから、降雪の少ない地帯に比べれば長持ちしないのかもしれませんが、果たしてこのような峠道での劣化状況が放置されているのは、金の使い方がうまくいってないような気がします。中山峠は札幌から道南方面を結ぶ動脈の一つですからね。

投稿: bokenasu@ | 2009.06.10 16:52

>地方での本の入手難

地方では、マイナー本や売り切れた本の入手は困難ですからね。
昔、とある地方に住んでたときは出版社に直接注文してました。
郵便振替を使う方法が安上がりです。
振替用紙の通信欄に注文内容を書いて代金と送料を添えて、学校帰りに
郵便局へGOですよ。
送料がもったいないので、なるべく何冊かまとめて注文してましたね。
まあ、時間が掛かるのが難点ですが。

>旧作の入手

もう本屋で買うのはあきらめて、電子書籍を利用したらいかがですか。
自分が最近利用している、電子書店パピレスというサイトで大石さん
の本は、中公を中心にかなりの数が網羅されています。
既に最新刊もUPされていますよ。
会員登録しなくても利用できるので、会員登録が煩わしい人も大丈夫
です。値段が安いのもポイントですね。
http://www.papy.co.jp/


投稿: | 2009.06.10 18:31

住宅ローンの問題もさることながら、最近は、派遣切りの問題もマスコミで取り上げられなくなりましたね。

「国民の生活が第一」の党が一院を多数支配している民主主義国家で、生活保護給付を受けられずに餓死者が出るという異常な事態を、民主党支持の先生はどのようにお考えですか?

おそらく民主党が政権を取っても、この事態は解消されないと思っています(岡田幹事長は経団連よりですから)。

投稿: フェリ | 2009.06.10 19:31

昔々、延岡に住んでいたころ、例えば、宇宙英雄ローダンシリーズの既刊を手に入れるのにとても苦労した記憶があります。

なにしろ、櫛の歯が抜けたように品切れ重版未定でしたし、大きな本屋も壽屋の中にしかなかった。街の本屋(なんと丸善という家族経営のお店)に色々と手を回してもらったりして、本を入手していましたが、結局、半年に一度行く天神の紀伊国屋で買い込んでいました。

地方で注文すると、入荷まで一月かかるのが普通でしたし。

今ではネットで簡単に手に入るので、良い時代になったものです。

ちなみに、ローダンはアンドロメダに行くところで脱落してしまいました。

投稿: 番場蛮 | 2009.06.10 21:12

アメリカのサブプライムローンは、家を手放せば借金が消えるから、その点では問題なし、と考えるのは、ちょっと違うようで、
メキシコなどから移民してきて、英語もあまり話せず、クレジットカードどころか銀行口座さえ持っていないという層に、5000万円位をどーんと貸すという、ほとんど犯罪のような仕組みで、
そうして家を買わされてしまった人たちは、ローン返済のためにそれまで以上に生活レベルを下げつつ一家総出で働き、それでも生活費が捻出できずに高利貸しに手を出し、
家を手放す頃にはそっちの方の請求書がものすごく分厚くなっていて、たとえ家のローンは消えても、借金まみれでもはやもとのレベルにさえ戻れなくなっている、というものならしいです。

投稿: 彼岸過迄 | 2009.06.10 22:54

>ノンリコース

報道など見ていると、住宅ローンというよりその物件への投資ですよね。「鑑定評価額が10%~20%程度下がると強制売却条項が発動して順調に運用していたとしてもその時点で手放さなければならなくなってしまう」だそうですから日本の住宅政策に受け入れらるわけないです。土地バブルはもう来ません。

投稿: | 2009.06.11 07:22

>5000万円位をどーんと貸すという、ほとんど犯罪のような仕組みで、
それ、家を担保にしているだけだから。
払えなければ踏み倒せばすむ話だし。


>鑑定評価額が10%~20%程度下がると強制売却条項が発動して
強制売却条項を変更すれば済む話。

投稿: ほるほる | 2009.06.11 08:11

>金が無いってことなんですよね。金が無いからそこまで手が回らない。

毎年雪が融けると塗り直すものですので、金がない云々の問題ではありません。
元記事にある通り、管轄が異なることによる弊害です。

投稿: 北の者 | 2009.06.11 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あり得ない!:

« タフでなければ | トップページ | 介護社会化の絵空事 »