« 大合併の失敗 | トップページ | もしミサイルが降って来たら »

2009.06.17

大学教育の無料化

 体力の限界に付き、本日はショートバージョンです。べ、別に右を向いても左を向いてもくりタソが一杯! とか、そういう美味しい話は無いんだからね(>_<)。

 先週水曜日の朝日に、「なぜ大学はタダでなければならないか」という仏文学者の白石嘉治氏の刺激的な論考が載りました。

 私も、国公立に関しては、そろそろ完全無料化に戻るべきだと思っています。
 日本では中流幻想と、大学を利用した若者のモラトリアム期間の普及が同時進行しました。それ自体は決して悪いことではなかったのでしょう。
 一方で、高等教育なんてものは、懐に余裕がある人間が受けるのである、という建前がある。学費を払えないのであれば行かなければいい、というのは正論ですよね。
 ただ世界的に先進国では、十重二十重の奨学金制度が普及しています。日本の場合は、奨学金と言っても、実質学生ローンだったりするわけです。そんなのは奨学金と呼ぶに値しないでしょう。
 大学教育というのは、残念ながら本来の目的である研究は、そうそう実利に直結するものではないし、文系に関しては更にその要素が強くなる。大学という存在そものが金銭や代価という発想から遊離した所で成り立っている。

 もちろん日本の財政状況から言えば、全ての大学の教育を無料化するのは全く不可能です。ただ、私立に入ろうが国公立に入ろうが掛かるお金はたいして変わらない、という状況は改善しなきゃならない。国公立大学の独法化なんてのはアホな話です。いったい誰が言い出したのか…‥。
 国公立では、優秀だけど、貧しい者たちを優先して受け入れる本来の姿に戻すべきでしょう。東大だって、まず親の年間所得で学生の受験資格を吟味して構わないでしょう。それやってもたぶんたいした支障はありません。
 そんなことをしたら優秀な人材が云々という話にもなるだろうけれど、今現在だって、東大は世界的に見てたいして評価も高くないでしょう。日本で一番偏差値が訓練された人々が優れた業績を出せるわけでもない。別に東大が駄目でも、早慶が取って代われば良い話だし。

 本件に関して、全文をご紹介できないのですが、「クレーヴの奥方」や「ボローニャ・プロセス」でググッて下さい。

 この大学問題に限らず、年功序列型賃金が崩壊していく中で、若い夫婦(それ自体がもはや希少種)の子育ては金が掛かるから、子供が小さい内は援助しましょうなんて政策はもうナンセンスです。
 子供が成長するにつれて教育費は掛かるようになる。でも親の所得は全く増えない、という現実を見据えて、行政の支援策を早急に再設計する必要がある。

※ 「まだ死にたくない」――Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/17/news025.html

 いずこも同じですなぁ。とは言え、昔みたいにソフトメーカーを囲い込んだりすると、参入障壁だ、競争妨害だと叩かれるんですよね。
 限られたパイを奪い合うプラットホーム上でのビジネスはギャンブル性が高すぎますよね。よほどの体力が無いと長続きしない。

※ 小池元防衛相が党基地対策委員長を「抗議の辞任」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090616/stt0906161648009-n1.htm

 皆さん、泥舟から逃げ出すのに必死ですね。

※ F22、仏航空ショー参加中止=軍事機密解析警戒か-米空軍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090616-00000095-jij-int

  真に受けた奴がバカ。来るわきゃあないだろう、でも万に一つがあるからなぁ…‥と、エリアの端まで歩いて行って、鎮座するテキサンに煮詰まってしまった奴はもっと馬鹿orz。

※ 本日の空虚重量-激減したと思うorz

※ 有料版おまけ untitled

|

« 大合併の失敗 | トップページ | もしミサイルが降って来たら »

コメント

>くりタソが一杯
まぁ、アングロサクソンよりは多少細いから
>大学
民は民、官は官
昌平坂の昔に戻れば、税務大学校や自治大学校のような、インハウスな教育機関だけでもいいんだわ。
兵学校(旧制高校)のような、新卒を入れるのではなく、水雷学校や機関学校レベルが大学ならね。
それを職業大学院とか外部化するから面倒になる。只だった頃の帝大って、官吏育児署だったから只だったんだから。兵隊はやだけど魚雷撃ちたいから水雷学校入れて←変でしょ。

投稿: pongchang | 2009.06.17 13:35

小池元防衛相が泥舟脱出:
敵前逃亡とは情けないw
一部ウラ情報サイトで、北朝鮮が本当に日本に向けてミサイルを撃ってくるという話があるんですが、どんなもんでしょうね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.17 13:38

>Wiiゲーム開発会社が「魂の叫び」
言いたいことはわかるものの、発言しているのがよりにもよってあの海腹川背ポータブルの発売を強行したマーベラスというあたりがどうにもこうにも。
どうしても自業自得に思えてしまいます。

投稿: 銀次 | 2009.06.17 14:13

>大学

大学の話もそうなんですが、それ以前の小中高のほうが、問題は遙かに大きいと思っています。
ほかの地域のことはよく知りませんが、東京、神奈川に限っていえば、金が無くてはまともな教育を受けるのはとても困難です。

この40年の教育改革で、公立学校(主に高校)の崩壊には心を痛めています。
その為、子供の教育に多額の投資をしました。私の稼いだ金は私立の学校に移動しました。

これからの生活はどう成るのかな。

ですが、子供がまともに育ったんで後悔はしてませんが。

貧乏人がマットウな教育を受けられる40年以上前に戻りたい。

投稿: suzuki | 2009.06.17 16:13

国際人権規約の

A規約第13条の「中・高等教育の段階的な無償化」。この13条の(b)項は、「種々の形態の中等教育(技術的及び職業的中等教育を含む)は、すべての適当な方法により、特に、無償教育の漸進的な導入により、一般的に利用可能であり、かつ、すべての者に対して機会が与えられるものとすること」というもの。また、同(c)項は高等教育の無償化を謳っているが、日本は同じく留保している。
条約加盟国157カ国で留保しているのは、先日ルワンダが留保を解いた結果、日本とマダガスカルの2カ国だけ

だそうですよ。

投稿: | 2009.06.17 17:30

> 国公立大学の独法化なんてのはアホな話です。
> いったい誰が言い出したのか…‥。

公務員の定員削減&天下り先確保の一石二鳥!

投稿: | 2009.06.17 17:41

>大学教育の無料化
当該記事を読んでませんので、読んだ感想を述べているブログなどで本文を拾い読みしましたが、どこかに落ちていたように、大学だけ無料にして良いのか?って事になりますね。「大学なんかより給食費を無料にしろ!」って意見が圧倒的多数になるのはハナから予想される事態でして。たとえ筋が通っていなくても。

>小池元防衛相
機を見るに敏なオバハン

>激減したと思うorz
飢餓状態になればなるほど脂肪等を体内に取り込むようになるのが人間の身体。マクドナルドにでも行けば元通り以上必至。

投稿: 剣 | 2009.06.17 17:46

>国立大学無料化
戦前から国立大学が無料になったことは無いと思います。師範学校や高等師範学校は無料で、生活の面倒も見ましたけど。帝国大学の学費は、結構高かったんですよ。小作農や小規模自作農、職人、工場労働者の家庭では行かせるのは無理でした。諸外国でも、無料だったのは英国を除く欧州諸国だけ。英米は有料で、しかも比較して日本より高かったです(今でも高いけど)。ヨーロッパの大学はまだ大衆化しておらず、貴族のボンが行くところだったし、国の指導者養成が目的だったから、奨学金で手厚く保護しているんです。アメリカにも奨学金はありますけど、全員貰える訳はなく多くは銀行の進学ローンで行ってるんですよ。今の大衆化した国立大学で、授業料を無料にするというのは、財政的に無理でしょう。ただ、国立大学の学費を30年前のレベルにするというのは賛成です。私の2つ先輩は授業料が月千円で、私の前から月3千円でした。だいたい、1~3週間アルバイトすると年間授業料が払えてしまう上、授業料免除の申請基準に合致すれば100%免除されました。今は授業料が月に5万近くでし、免除も申請者の半分ほどしか認められません。もう少し何とかしなければならないのは確か。

投稿: | 2009.06.17 17:46

suzuki さん

>小中高のほうが、問題は遙かに大きいと思っています。
>ほかの地域のことはよく知りませんが、東京、神奈川に限っていえば、
>金が無くてはまともな教育を受けるのはとても困難です。

今、社会人講師で神奈川県立中等教育学校に授業に行っていますが、さすがに高倍率を突破してきた生徒たちは優秀です。

しかし、生徒たちと話をすると公立学校で私立の数分の1の学費の学校とは言え、入学試験(科目の試験は無し)を突破するための家庭環境はとても貧乏とは言えない様子で「金が無くては」はこんなところにも現れています。

昔は、金がある家からは私立大学に行けるが・・・・のような大きな種類分けであったのが、今ではお金の額の偏差値のようなところがあって、何段階にも階層化されてしまっている。

もちろん、高校生ぐらいになれば自分の環境の中でも頑張れば社会は認めますが、多くの高校生は「偏差値に自分を合わせて進路を選択する」といったことをやります。

こうなると「教育とは何だ?」ですし、単に大学を出たでは「あっそう」ぐらいの扱いになります。
それでも「ラベルとしての大卒はあるよね」のようなことになっていて、ここらヘンをどうすれば将来の社会に資することが出来るのか?考え込んでしまいます。

投稿: 酔うぞ | 2009.06.17 18:31

> 大学教育の無料化

アメリカでも教育ローンを返すのに苦労するって話を聞きます。

就職で、学歴を問うのを禁止にすれば問題は解決しませんかね。
大学なんて、高度な勉強をしたい人がいけばいいだけだと思います。
で、そういう人は、高卒で就職して金貯めてから行けばいいし、実は、放送大学の放送を見てれば普通の大学に行くよりよっぽど勉強になったりする。
モラトリアムの時代が必要なら、高校卒業してから1年ぐらいぶらぶらすればいい。

単に就職に大卒の資格が要るから大学に行く、なんてのは無駄だと思います。

まあ、そういう学生が無駄に金を払ってくれるおかげで大学の設備が整って優秀な学生が高度な研究を出来るようになる、という面もあるでしょうが。

投稿: | 2009.06.17 19:55

>就職で、学歴を問うのを禁止にすれば問題は解決しませんかね。
>大学なんて、高度な勉強をしたい人がいけばいいだけだと思います。
>で、そういう人は、高卒で就職して金貯めてから行けばいいし、

 ぶっちゃけていうと、少なくとも大学を出るぐらいの頭がない、高卒では現代の産業社会では話になりません。
 「3丁目の夕日」の時代ではないので、頭数さえそろえればいい人海戦術時代ではないのです。


 

投稿: | 2009.06.18 01:09

大学に入れるぐらいの頭があれば十分でしょう。そして、その能力は高校までの勉強によって培えるものです。

大卒は頭がいい、と言っても、馬鹿だった人が大学の4年間の勉強によって頭がよくなるのではなく、もともと大学に入れるだけの頭があった、ってだけのことなんですから。

投稿: | 2009.06.18 04:26

>少なくとも大学を出るぐらいの頭がない、高卒では現代の産業社会では話になりません。
では、大学まで義務化すればいいのでは?

投稿: | 2009.06.18 04:45

>大学まで義務化
そうすると、結局、少子化(結婚育児の遅れ)と高齢化(新入社員なのに年を喰っていて職場で体がついていかない)のサイクルが加速する。
>技術的及び職業的中等教育を含む
これの拡充ですよ。医者も看護婦も、6年制や4年制ではなくて、高専。すべからく。
高専→就業→モス取得のための専攻科で学位取得機構の認定→就業→職業大学院(これは管理職や教職になるためのもの)か大学院。
アカデミックな教育しかないから隘路になる。種々の形態の「高」等教育。

投稿: pongchang | 2009.06.18 05:53

酔うぞ さん

お久しぶりです。FAフォーラム以来ですね、その節はお世話になりました。

>単に大学を出たでは「あっそう」ぐらいの扱いになります。

私の義父(インパールからの生還者ですが)は旧制中学の出身ですが、今時のそこらの大卒よりも高い教養、能力を持っていたと思います。あの時代としては高学歴ですし、それだけ選別されていたからではないでしょうか。

長い時間教育を受けてもその人間の資質以上には育たないのかも知れません。

投稿: suzuki | 2009.06.18 08:11

>では、大学まで義務化すればいいのでは?

義務化では、現代の産業社会の変化についていけません。

義務教育は小学校までで、中学校以上の教育は自由化した方がいい。
高等教育が規制産業になっていることが、様々な欠点を生み出している。

教師免許を廃止して、誰でも教育産業に参加できるようにするのが一番効率的。

投稿: ほるほる | 2009.06.18 11:45

> ぶっちゃけていうと、少なくとも大学を出るぐらいの頭がない、高卒では現代の産業社会では話になりません。


えっと、分数の足し算すらできない連中が、ゾロゾロ出てくる大卒に、そんな価値があるのですか?

高卒でもできる奴はできるし、できない奴も居る。大卒も同じで、優秀な奴も居るけど、話にならない奴も居る。
大卒の方が、できる割合が少しだけ高いとは思いますが。

投稿: ぽ | 2009.06.18 12:19

http://www3.nhk.or.jp/news/t10013708101000.html
ラプタンモンキーモデル

http://www.armscontrolcenter.org/policy/securityspending/articles/061509_c111_fy09_warsupp2_conf/

Provides $600 million requested for the procurement of four F-22 fighters to replace aircraft lost in the theater of operations. Bars the use of these funds to shut-down the F-22 production line, and permits the Pentagon to " explore options to develop an export variant of the F-22/A"

投稿: pongchang | 2009.06.18 12:27

ぽさん
>えっと、分数の足し算すらできない連中が、ゾロゾロ出てくる大卒に、そんな価値があるのですか?
>大卒の方が、できる割合が少しだけ高いとは思いますが。
少し高いだけ価値があります。

投稿: 九頭竜 | 2009.06.18 12:30

2004年度

* 1位 89% 大韓民国(四年制大学・専門大学)
* 2位 87% フィンランド(四年制大学・ポリテクニック)
* 3位 82% アメリカ(四年制および二年制大学(コミュニティ・カレッジ))
* 3位 82% スウェーデン
* 5位 80% ノルウェー
* 6位 72% オーストラリア(四年制大学・TAFE)
* 6位 72% ギリシャ
* 6位 72% ニュージーランド(四年制大学・ポリテクニック)
* 9位 71% ラトビア
* 10位 70% スロベニア

* 33位 54% 日本

投稿: | 2009.06.18 14:14

>33位 54% 日本
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/databook/2009/08/p237-239_t8-1.pdf
専門学校(大原簿記とか)を、塾に数えるか、ポリテクニックと見做すかどうかだよね。
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/kurasi/ku-E.html

投稿: pongchang | 2009.06.18 14:46

>大学進学
なんとしても進学させたいですね。子供は大学に。
やっぱり大卒という肩書きは必要ですよ。就職するにせよ転職するにせよ。本当に必要だと思います。
「学卒以上」って募集項目があったし、いざ仕事についても当然初任給は違うし。進学すれば見返りは0じゃないってのは事実です。これは差別ではなく高等教育を受けた事に対するインセンティブなんだと思いますよ。
そりゃ俺も含めて高卒でもメシを喰っていけるし、結婚もしたし子供も出来たし、マンションも買えた(気の遠くなるローンで)。
それでも大卒の肩書きは妬ましい。大学で培った広範囲な人脈は羨ましい。
なによりも、あの4年間の生活全てに憧れた。
だってインカレの「テニスとスキーのサークル」の合宿が「沖縄」なんだよ!軽井沢に行け!テニスなら。いや!まずはラケット持って行け!貴様ら水着しか持って行ってねえじゃねえか!と今でも声を大にしてののしりたいくらいです。

まあ、俺の子供である以上、知性の面で大学進学が困難な可能性も高いですが、俺の稼ぎが原因で進学が困難になるのは避けたいですよね。
無料化なり減額なりしてもらえれば、そのリスクは低くなるので大歓迎ですね。

父親の役目は低学歴なら低学歴なりに生き抜いて行く術を、子供に伝授する事なのかもしれませんが・・・・・・
俺も子供には「真っ直ぐな性格に育って欲しい」と望んでいるので(ry


投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.06.18 15:38

>「学卒以上」って募集項目

求人において、男女の差別禁止、年齢による制限禁止、になったんですから、学歴などという応募条件も当然禁止にすべきでしょう。

投稿: | 2009.06.18 18:23

理科系は別にして、文系は「偉そうな馬さん鹿さんが、どうにもならん馬さん鹿さんを教える」これどこのマザー牧場化は出来上がっており、そういうとこでも意欲あるなら奨学金出せるかの検証は必要でしょうね。

投稿: さいとー | 2009.06.18 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学教育の無料化:

« 大合併の失敗 | トップページ | もしミサイルが降って来たら »