« リスク回避 | トップページ | 足利事件は国策捜査だった »

2009.06.04

不機嫌で不寛容

 今朝のCBSニュースでは、フランス機の墜落は、「空中爆発」と報じてましたね。機体の残骸が30マイルに渡って散乱していることからして、そう判断したらしいですが。
 当時の気象衛星写真を見ると、雲海の幅がぱっと見で千キロはありそうで、こりゃ迂回は難しそうだなぁ、という気がしないでもない。
 ただ空中爆発となると、状況はかなり限られて来ますよね。落雷も当たり所が悪ければ、操縦系が一時的に全アウトになることも可能性としては起こりうるかも知れないけれど、空中爆発となると、燃料系で何かが起こらないと、そんな事態にはなかなか行かないですよね。
 操縦系がアウトした後、激しい乱気流に揉まれて姿勢を失い、それが原因で爆発したのか…‥。

※ 「卑劣極まりない行為」=集団暴行事件で学生説明会-京都教育大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000145-jij-soci

>寺田学長は「甘いと言われるかもしれないが、教育大学である以上、加害者も更生させて社会に送り出すことが責務だ」と説明した。<

 私は全面的にこれを支持します。彼らもいつかは罪を償い更生して再出発しなきゃならない。大学側が教育機関としての本分を果たすのは当然のことでしょう。
 ネット上には、もう彼らの実名と顔写真が溢れています。ネットは記憶のメディアだから、それはこの後も一生、彼らの行く先々に付きまとうことでしょう。
 私は志布志冤罪事件で、捜査関係者の実名に執拗に拘りましたが、あれは権力の犯罪で、権力者はそれを隠そうとしたからです。とうとう逃げ切った彼らの実名をブログから消すつもりは全くありません。
 しかし私は、ある種の凶悪犯罪や公の犯罪を除いては、一貫して、犯罪報道の匿名主義を訴えて来ました。

 犯罪者に情けを掛ける必要は無い、という人々もいるでしょうが、二重の意味で、実名報道はろくなことは無いと思っています。まず、冤罪はどうしても起きます。本人のみならず家族の生活を破壊します。そして冤罪は、誰でも巻き込まれる可能性があります。
 そして、仮にある犯罪者の実名がずっとネット上で晒され続けることによって、本人の更生や再出発を阻害するとしたら、最終的にそのコストを払うのはわれわれの社会です。ドロップアウトを強いられた彼らはそのままずるずると犯罪の奈落へ墜ちて社会に害為すかも知れないし、まともな仕事に就けないことで、その社会福祉を全体が負担することにもなる。
 マスなヒステリーで、彼らを糾弾し、その証拠をあちこちに残すことが私たちの社会にとって利益を生む行為だとは思えない。
 マスゴミは、犯罪者の実名報道を露程も疑わずに、それを論じることすら封じているけれど、ネット時代になって、新たな要素が加わったことを私たちは認識すべきだと思う(ここでは、メーガン法のような問題の是非はひとまず起きます。全ての情報をマスクすべきだと私は思わないから)。

 それで、大学に通報義務があったか否か? です。私はその必要は無い、と思うけれど、大学のやり方がベストであったか否かに関しては、大きな疑問を禁じ得ない。
 大学にとって、恐らくは、セクハラやデートレイプ擬きの訴えはそう珍しいことではないでしょう。事件はキャンパスの外で起こったし。あるいは過去にも類似の事件があったけれど、その時は上手くもみ消したのかも知れない。しかし今回、結果的に被害者は自ら警察を頼ることになった。それは大学の対応に納得できなかったからでしょう。
 大学側が被害者側に対して、どういうケアを行ったのかが全く見えない。被害者側にした所で、警察沙汰となれば診断書云々の話にもなる。学校側からの暗黙のプレッシャーみたいなものも感じ取ったかも知れない。そういう辛い立場に置かれる被害者に対して、法的なアドバイスや適時適切な情報開示やカウンセリングの派遣等が為されたとはどうも思えない。
 一方で、大学は捜査機関じゃない。真相解明となると自ずと限界もあれば、そもそも何処まで真相を解明するつもりだったかも疑わしいことは事実だろうと思います。
 ただ、それら大学側の想像できる不作為を全て踏まえた上でも、私はなお、官権を介在させるのが常に正しいやり方だというスタンスは取りません。
 先日の猟銃の件もそうですが、官権に委ねることでの思考停止が、社会の隅々にはびこっているような気がしてならない。
 極論を言えば、殺人事件が起こり、被害者側遺族が赦し、犯人が更生を誓うなら、法執行機関が関与する必要は無いんです。市民社会で何故に法の執行機関が存在するかと言えば、素人には捜査能力もないし、暇も無いし、冤罪を生む可能性だってあるし、しばしば無思慮な私刑に走るから、私たちは公正で公平な機関として彼らにその捜査と処断を委ねるのであって、それらがすべてクリアされるのであれば、私は官権の介入は常に最小限に留めるべきだと確信しています。

 もちろん今回、学生らが反省し、更生するという確証は何らない。率直な所、今日のニュース等に接すると、道のりは遠いなと思います。たとえば、更生させることを社会に約束した大学側は、彼らが退学届けを出して来たら、それを認めるのか? 更生させるというからには、留年とかさせて更正プログラムをきちんと提供するんだろうと信じたいけれど、それとて学生側が家に引き籠もって登校しない、ということになったら、学長自ら体当たりで部屋に上がり込んで引っ張り出すだけの覚悟があるのか? 中には卒業を認めた学生もいる。その辺りは、まさにこれから教育機関としての真価が問われる所でしょう。

 長いこと不況が続いて、日本社会は不機嫌で不寛容な社会になりつつあります。ネットの中はとりわけ過激な同調化圧力が猛烈なスピードで拡散する。
 私は、自身の道徳心に照らして、彼らに更生して欲しいと思っているわけではありません。更生の可能性をさして信じてもいません。私自身寛容さに欠ける人間ですから。
 しかし同時に、彼らに更生のチャンスを与えることなく引き起こされるだろう様々な社会のコストを支払うのは真っ平です。大学当局には、見事にその本分を果たして欲しい。

*集団準強姦容疑の学生、停学中に学童指導員 父が口利き
http://www.asahi.com/national/update/0604/OSK200906030159.html

  こちらは三重四重の意味でアウトですよね。この人たちにはたぶん、世間にはばれ無いという自信でもあったんだろうな。

※ 落雷事故の賠償金支払えず、大阪・高槻市体育協会が解散
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090602/trl0906021938011-n1.htm

  日本では落雷なんて全然珍しくないから、そんな大げさな、という話になりがちけれど、結局そういう時代なんですよね。自転車通学がいつの間にかヘルメット着用になったように、日々安全のために払われるコストは高くなって行く。
 ただ、恐らく日常的に落雷事故が発生してる我が国で、まともな対策をしているのはゴルフ場くらいのものじゃないでしょうか。そのゴルフ場ですら落雷事故は頻発するわけですが。
 日本人が雷に無頓着というか、さして注意を払おうとしない理由を文化人類学的に研究したら、面白い論文が書けそうな気がしますね。
 地震雷火事親父…‥、で一番死亡率が高いのはもちろん火事、その次が雷だそうです。

※ 新型PSPにゲームショップ店長が激怒「私達お店はもういらないって事?」
http://news.livedoor.com/article/detail/4185602/

  方向性としてはそういうことですよね。ただ不思議なのは、ゲームより前にテキストこそが、そうやって店頭をスキップしてネットだけで展開されて良いはずなのに、そうはならないんですよね。
 先日CXがクルーグマンを呼んだ時に、ホテルの自室から出て来るシーンがあって、彼は電子ブックを持ち歩いていて、それに何冊かデータをダウソして読んでいるとか言っていたけれど、それが上手く動かない、とぼやいていたのがちょっと象徴的だったのですが。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 天安門事件の民主化運動リーダー、マカオで入境拒否
http://www.asahi.com/international/update/0604/TKY200906040001.html
※ SFCG元会長の賠償額、過去最大規模の717億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000029-yom-soci
※ 弱る太陽 活動200年ぶりの低水準
http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html
※ 年金「モデル世帯は5割」の茶番 確率「0.00021%」だって!
http://www.j-cast.com/tv/2009/06/03042430.html
※ 新世代DVD規格、再対立 反ソニー陣営が、中国で敗者復活
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090528/196054/?P=1
※ 朝日新聞“仰天掲載”…台湾を「核保有国」に分類
http://www.zakzak.co.jp/top/200906/t2009060301_all.html
※ 新しい『エイリアン』映画は1作目の前章にあたる物語!トニー・スコットが認める
http://cinematoday.jp/page/N0018307
※ 最年少議員が痛烈な鳩山批判
http://news.cocolog-nifty.com/cs/article/detail/domestic-200906021734/1.htm?c=app.1

※ 前日の空虚重量71.0キロ

 水曜お昼前、半年に一度の眼科検診。先生、両眼ともほんの数秒の検診で「異常ありません」は無いと思うのですが。せめて1分前後は見つめて欲しかった。

※ 有料版おまけ 眼科で手話

|

« リスク回避 | トップページ | 足利事件は国策捜査だった »

コメント

>過去の飢餓
天保の飢饉が火山噴火だけで起こったわけではないでしょうし、それが産業革命を生み、白人の新大陸への移動に拍車を掛けたのは、彼らは認めないでしょうね。フン族の移動で迷惑を被ったと盛んに主張しても、自分の都合は忘れるでしょう。
http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-10656-5/
私は「温暖化懐疑派」ではなく、温暖化肯定派でかつ容認派です。縄文などの温暖化時代に日本は成長した。
>通訳
居るにこしたことはないですが、やっぱり字で済みますからね。これが認知症になって手話を忘れてという人がいて困ったりするんですが。
点字のほうが優先順位高いですかね。でも、中途失明でそれが高齢だったり末梢神経麻痺があるとこれまた難しい。
眼底写真はとったんでしょうけど、肉眼で確認するより写真をしげしげと見た方が判りやすいかと。
>叩きすぎ
コンプライアンス不況を容認できる経済って、良いですね。
余裕があるから、あれもこれもしてしまう。

投稿: | 2009.06.04 11:00

京都教育大集団暴行事件:
一番難しいのは事実関係の把握ではないかと。
この種の事件に関して事情聴取をしなければならない立場にはなりたくないですね。
やはり警察を頼る以外にないのではないかと。

一方的な強姦であったかどうかは神のみが知るところでしょうが、そもそも被害者の女性がなぜ最初から警察に届けなかったのかが疑問です。
大学が学生に対して出来ることなんて知れているわけですしね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.06.04 11:03

>組織としての存続にデメリットがある事

大学側の本意は解りませんし、いろいろと想像もできることとは思いますが、一概に組織としてのデメリットだけで語れ無いとは思いますよ。教育学舎としては。
組織としてのデメリット原理主義に陥ると、
・かつて犯罪者であったかそうでないか
・○○教支持者であるかそうでないかと
・○○党支持者であるかそうでないか
といった理屈で、メリット・デメリットを裏で引きずる暗黒の時代に逆行しかねませんね。現在も引きずってますけどね。

投稿: nao_c/w | 2009.06.04 11:14

↑上は昨日の記事※欄
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2009/06/post-28c4.html#comment-37166977
>営業マネージャー(所長)さん

へのレスです。

投稿: nao_c/w | 2009.06.04 11:17

> でも失敗すると思うなぁ。もうディスクの
時代はそんなに長くないでしょう。これからはメモリーなりネットでダウソですよ。

意外としぶといと思いますよ。というのは、ソフトだけを買うわけではないから。ジャケットとかが結構重要だからです。大事なものほどジャケット付きを望まれると思います。

投稿: | 2009.06.04 11:41

こんにちわ
準強姦についての大学の対応
問題提起としまして

・学長は誤認ではなく(準強姦を示唆する情報)を得ていた可能性が非常に高い
・大学は更正施設ではない
と言うところも叩かれているのですが。。

そもそも大学は司法権を持っていないのですから
「俺が法律だ」的な独断が命取りになったと考えます。
不寛容な社会を批判することも大事だと思いますが
社会の動きに対応することも必要かと存じます。
それが柔軟性では?

投稿: ゆー | 2009.06.04 12:01

京都教育大集団準強姦事件

準強姦だったのかどうかは別にしても、
事実、居酒屋の空き部屋で女性一人に対し、
男複数で乱交するようなモラルのない人間に
大切な子供を預けるのは、やはり気色の悪いものがあると思います。
いくら、過去だといえです。

容疑者の1人が、教育委員会の幹部の父親の口利きにより、
逮捕直前の5月末まで学童保育の指導員をしていたそうですが、
そんな男に自分の子供を預けていたかと思うと、
親御さんも今頃、大変ショックを受けているのではないかと思います。

投稿: l | 2009.06.04 12:01

iphone持ってるけど、手軽にダウンロードで買えるっていいですよ。
ひまなときに、つい買ってしまいます。

投稿: | 2009.06.04 12:01

>大学で更正
そんなノウハウも受け皿も持っていない。おそらくやる気さえない、ただの言い訳。
>実名報道
裁判が確定するまで禁止すべき。裁判員制度も始まるのだから。

投稿: 痴本主義者 | 2009.06.04 12:14

>ジャケットとかが結構重要だからです。
結局、CDとかは一部の信者やオタのコレクションアイテムになるんでしょうね(もうなってる?)

投稿: | 2009.06.04 12:26

1対1での強姦疑惑なら、大石さんの意見にうなづけるところもあるけど、集団でとなると全く同意できませんね。
あえて言うなら、個人犯罪と組織犯罪の違いかな。

投稿: | 2009.06.04 12:30

>私はその必要は無い、と思うけれど、
その通りだと思います。
犯罪行為を認知して、通報の義務はないです。
痴漢なら被害者から依頼されて鉄道会社が通報しているだけですよ。

>大学のやり方がベストであったか否かに関しては、大きな疑問を禁じ得ない。
犯罪と考えるなら自分で即座に警察にいきなさいと指導すべきだったかも。

投稿: 九頭竜 | 2009.06.04 12:37

某ちゃんねるより飛んできました

京都レイプ事件についてです
被疑者達の更正にまで言及しているのは流石です
しかし今回の件、僕は警察の介入はアリだと考えています

被害者女性は翌日には大学に訴えているものの、警察に訴えでるまでには日数がありました
その間、女性は待っていたと思います。被疑者達の謝罪をです
でもその間にあった事は大学側の隠蔽工作と、口裏合わせです
もう彼女には警察しか頼れなかったのですから

それから、ネットで叩かれる事により社会的に抹殺されドロップアウトすることのリスクを危惧しておりましたが
この6人+αの輩がたいした罪も償わず、教職に就くリスクはお考えありませんか?

なぜこう叩かれるのかは、事件の第一報で被疑者達が『合意の上』『さわってない』と言っていると報道されたことによると思われます
全然反省してないは、学長の会見は稚拙だわでツッコミ所満載だからです
その後の大学の対応も芳しくありません

投稿: 夢吉 | 2009.06.04 12:50

>落雷
しょっちゅう落雷は起こっていますが、
落雷死亡事故は驚くほど少ないのですが。
落雷事故死者数の少なさ=リスクに対するコストを考えると
そこまで対策できませんよ。

投稿: | 2009.06.04 12:51

>新型PSP
iPod touchを使っています。
DL販売を使っていますが、殆どのソフトは数百円程度だからDL販売でも抵抗が少ないのだと思います。市販ゲーム機のソフトがDL販売で数千円だと心理的抵抗が大きいですね。
つまらなくても笑って済ませられる額と「クソゲーつかませやがって」と思う額はこの辺りにありそうです。

>ゲームより前にテキストこそが、そうやって店頭をスキップしてネット
>だけで展開されて良いはずなのに
ゲーム業界は本体を作る会社が流通と生産を統括するので、豪腕を振るいやすいのですよね。

投稿: 銀次 | 2009.06.04 12:53

>ディスクの時代

VHSの時代より、DVD1枚/1本というアナログ分類が染みついてる世代が現役で有り続けるであろう、向こう20年は大丈夫と思う。
だってSD/SSDは外見に何も書けないし、コレクション的存在価値は無いしね。

投稿: nao_c/w | 2009.06.04 12:56

>通報
刑訴法239条2項って、国立大学には適用されないの?
もとからなかった?
それとも国立大学法人になってなくなったの?

投稿: | 2009.06.04 12:59

>ディスクの時代

一番危ないのはMDじゃないですか。中途半端な大きさの媒体となってます。教材などでCDの代わりに一時期出てましたが、今は見たことないです。みんなCDですね。PCではDVDもCDも扱えますがMDはないですから、その点でも淘汰されそうです。

投稿: | 2009.06.04 13:10

ゲームは店頭でもダウンロードでも
ほぼ同じ物を入手できますが、

紙をめくる本以上に
読みやすい&扱いやすいハードはないと思うので。

そういうハードが
それこそ印刷するコスト以下で出回らない限り、
紙の本は衰退こそすれ無くならないかと。

PSP GOは海外を席巻している
iPhoneやiPod Touchに対抗するためのハードだと思います。
現状のゲーム屋がハードでもうけられない以上、
3DoやPSXの二の舞になるでしょうし、
ソニーも日本はそこまで本腰を入れないでしょう。

投稿: k | 2009.06.04 13:19

>ディスクの時代

DVDも最初の頃は、ジャケットが小さいのでLDの方がいいというアニメファンがいましたし、それに対応してバンダイがLDサイズのジャケットのDVDを販売したりしましたけど、結局今の状況になっているわけですから、マニア層の抵抗は移行に対する障害にはなりそうも無いんじゃないかと思います。
それにジャケットなどのコレクションは、ダウンロード販売で一定以上の金額なりタイトルを購入あるいは視聴した場合のみのプレゼントとしてコレクションアイテムを郵送するようにしたら終了のような気がします。

投稿: KBR | 2009.06.04 13:26

> PCではDVDもCDも扱えますがMDはないですから、その点でも淘汰されそうです。
投稿: | 2009.06.04 13:10

十年以上前、MacOSがver.7~8位の頃。
MDを140MBのバックアップディスクとして使うドライブを買ったことがある(^_^;)。Macしか対応しておらず、案の定、まったく普及しないであっという間に消えた。

投稿: フロレスタン | 2009.06.04 13:28

MDウォークマンの一部機種が記憶デバイスに使えたと思いますが、あれってMacオンリーでしたか?

投稿: 火頭火 | 2009.06.04 13:37

そもそも、大学は人文系であれ自然科学系であれ技術を研鑽する場所なハズ。

教育大学の教育って「学生を教育する」って意味じゃなく教育の技術を学ばせるところだろ。
大学は教育じゃなくてトレーニングに近いはずだよ。いつから更生施設になったのやら。

投稿: やし | 2009.06.04 15:31

>>社会のコスト

今回の件で類似の犯罪が減ることによる今後の発生件数の減少と、それによるコスト減は期待できるかもしれません。まず女子学生や親御さんが気をつけます。コンパに行くなとか、行っても飲むな(難しいですが)とかですね。男性側には「あれをすると危ない」という刷り込みが若干は(すぐ揮発しそうですが)入るでしょう。学校側も対応マニュアルを整えるかもしれません。発生ゼロになるというおめでたいことを考えているわけではないし、巧妙に隠す例も増えるでしょうが、雰囲気につられて後先をよく考えもせず事に及ぶ馬鹿は減るかも。

投稿: Lee | 2009.06.04 15:36

>刑訴法239条2項って、国立大学には適用されないの?

公務員の告発義務規定は当然適用されますよ。これが親告罪だとか言ってる人いますが、スーパーフリー事件での刑法改正で2人以上なら集団準強姦で親告罪じゃないですからね。
逆に学長は強制ワイセツだと主張して告発義務の規定外だと主張しているんですけど。
刑法が改正された経緯を考えると通らない話だ。

投稿: | 2009.06.04 16:04

> DVDも最初の頃は、ジャケットが小さいのでLDの方がいいというアニメファンがいましたし、

邪魔だし、場所を取りますからね。小さくなったからといってMDがそれほど普及しませんでした。この視点からは説明できない事象です。レコードサイズはやはり持ち歩ける大きさじゃないし、MDは鑑賞するのに小さすぎると思いますね。

> それに対応してバンダイがLDサイズのジャケットのDVDを販売したりしましたけど、結局今の状況になっているわけですから、マニア層の抵抗は移行に対する障害にはなりそうも無いんじゃないかと思います。

マニアでなくても何があるかぱっとCDやDVDはわかりやすいし、ジャケットデザインが広告的アピールを担ってる点は見逃せないと思いますけどね。TV番組よりもCMの方が実は面白いというのに似て。

> それにジャケットなどのコレクションは、ダウンロード販売で一定以上の金額なりタイトルを購入あるいは視聴した場合のみのプレゼントとしてコレクションアイテムを郵送するようにしたら終了のような気がします。

別事業的に採算などを考えないといけないということになるからこっちの方がリスクが上がる気がしますね。まあ、マニアが一定数いれば縮小しても成立はしますが。

投稿: | 2009.06.04 16:15

>京都教育大 

これが墨田区の金属加工会社、足立区の塗装会社の新入社員歓迎会だったらどうだろう。高校でたばかりの女子事務員が酔わされて輪姦の被害にあった。女の子が会社の社長に相談する。加害者は見習工、教育期間中なので許してやってくれ。一人前の職人に育てるのがオレ(社長)の責務なんだ。
ムラなくペンキが塗れるまで警察には黙っていようなんて話は通用しません。通常の強姦なら示談もあるだろうが集団強姦じゃ通報するのが当たり前。こうやって、犯罪件数減らしてきた実績がある。昔は、官権に頼らず何でも内輪で処理してきた。それで性犯罪者をのさばらせてきたんだよ。

投稿: TOソープランド | 2009.06.04 16:46

>そうやって店頭をスキップしてネットだけで展開されて良いはずなのに、そうはならないんですよね。
PSP GOは、ゲームプログラムコピー対策もあるそうです。(本体とダウンロードしたプログラム内に埋め込んだコード照合をするシステムらしい)
それにUMDのようなディスクを動作させると消費電力が大きくなります。
(だからコピーしてメモステ上でゲームしたほうが快適とかぬかす奴がいる)
テキストのネット販売でもコピープロテクトとか方法があればいいかもしれませんが、PCや電子辞書、携帯電話他共通で使えるプロテクトがないとむずかしいですね。
それこそPSP GOで「本」の販売がおこなわれるかもしれません。
先生も出版社を通じて「本」の販売を売り込んでみませんか、そうすれば絶版本にはならないし、Google対策にもなるのでは?
そしたら私もPSP GOを買おうw

投稿: | 2009.06.04 16:57

PSP GoとMyloの違いが判らない。
http://www.sony.jp/products/Consumer/Mylo/
Myloが成功したとはいえないが、Goならば成功するの?

投稿: pongchang | 2009.06.04 17:14

>集団準強姦容疑の学生、停学中に学童指導員 父が口利き
学長が強姦魔のせいで多大なる影響を被った他の学生を差し置いて必死で強姦魔をかばうのも、これとかもあったからでしょう。さては採用も大分と同じような構図。府教委と大学がグルにでもなっているのでしょうか。
更正させるのは指定刑事施設等の別の機関であり、大学が更正させる権限は全く無いし、この大学にはその資格もスキルもあるまい。させたきゃ学長以下が自費で個人でやればいいのでは。本件不寛容上等。

>天安門事件の民主化運動リーダー、マカオで入境拒否
後になってオウムの上祐がメディアに出てきたとき「お前はウーアルカイシか」と思ったぐらい似ていた。

>新型PSP
この手の新発売ってどうしてもCFWツブしにしか思えない。そしてまたいたちごっこ。

投稿: 剣 | 2009.06.04 17:33

>愚かな教育大学学生
今朝は「組織としての損得勘定」を書き込みましたが、Toソープランド氏の記述に影響を受けて、大学に縁が無く人生を過ごしてきた立場として書きます。
私は高卒即社会人でした。某大手スーパーの正社員として今回の加害者どもの年齢を過ごしていました。
さて、当時の私が今回同様の事件を起こし、あまつさえ世間及びマスゴミに知られる事態となった場合にどうなるか?
間違いなく切られます。恐らくマスゴミに報じられる頃には「元社員」の肩書きです。当時の私でもある程度は織り込んでいた感覚です。
理由は簡単です。スーパーという不特定多数からの支持が必要な業種であり、多くの競合との熾烈な争いを続けている業種だからです。
加害者の年齢・人数・立場なんか絶対に考慮されません。10代で30人でやったとしても、まとめて処分でしょう。40台管理職が100人でも一緒です。

だからこそ大学側の対応が全く理解できないのです。
大学というのが不特定多数からの支持が必要な組織なのかは判りませんが、競合との入学希望者の奪い合いを行っている組織なのは間違いないでしょう。そして入学希望者の定数確保というのは、最近の大学にとって中長期的に見て重要な課題だと思うのです。
その重要な課題にとって大きなマイナス要因になりかねない対応を今回取っている。しかも「凶悪犯罪加害者の更生」という大して重要でもない理由で。
こんな間抜けな判断を下す経営幹部のいる組織に属する方は、本当に不幸だと思います。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.06.04 18:01

>京都教育大

窃盗ならば、私は教育的配慮は許容できます。
しかしレイプであらば殺人と同等レベルに感じ、受け入れられません。

投稿: 山本 | 2009.06.04 18:10

>京都教育大集団暴行事件

私も教育に関連した仕事をしており、生徒による窃盗、いじめ、器物損壊などの問題に追われたことがあります。
事実関係を明らかにするのは、非常に困難です。「捜査権がないので難しい」の言はそのとおりです。現場を抑えない限り、しらを切る相手はどうしようもないです。現場を抑えてさえ、「俺はそんなことはやっていない」「人を犯罪者扱いするのか」「証拠を出せ」「人権侵害だ」などと堂々と主張し、ぜったいに認めない人間が存在します。
人権侵害などのバッシングを浴びせまくるマスコミが、こういうときは追及派に衣替えするのは釈然としません。

投稿: ペンチ | 2009.06.04 18:42

>京都凶育大
同調化圧力でふと思ったですが、通報しないのはともかく、大学サイドが積極的に当事者に口止めしたと感じるものがあるから、メディアスクラム4時間コースになったんですかね?だからやっていいわけないけど。
>雷
親父にやられる確率が、段違いでしょうな。

投稿: さいとー | 2009.06.04 18:43

>弱る太陽 活動200年ぶりの低水準
うぉい!温暖化!
明日からCO2出しまくるぞ

投稿: | 2009.06.04 18:56

大学には自治の場という側面もありますが、教育機関としては専ら学問の場であり、分けて考えるべきことです。
性道徳というのは高卒以前で修めるべきことで、性犯罪者を裁くのは司法、更正は刑務所ですべきことであります。

投稿: 七零 | 2009.06.04 19:09

茨木市教委が組織として正しい判断を下しました。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090604/crm0906041153012-n1.htm
件のアホ学生の親父を生贄として世間とマスゴミに差し出したのです。
しかも「処分を検討」とキッパリ切り捨てる方向性も示しています。
組織を守るというのは、こういうことです。
京都教育大の関係者が茨木市教委を手本として方針を改める事を望みます。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.06.04 21:48

> 火頭火さん

私が購入したのはMac専門のショップで、ドライブも専用のもの。
ドライバもMacオンリーだったと記憶してます。

MDウォークマンの対応については私の知識の範囲外です。

投稿: フロレスタン | 2009.06.04 22:41

足利事件が再審するかもって事になってますが

その事件の一審で被告が幼児性愛者だって診断を下した素敵な権威様の貴重なご意見
列挙してみましょう
http://search.sankei.jp.msn.com/?q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AB%A0

投稿: | 2009.06.04 23:05

準強姦事件の話、何度読んでも理解できない。
これって、単純な話でしょ。

犯罪被害にあった ==> (大石さんの言葉を借りるなら)被害者が赦しておらず、犯人も更生を誓ってない ==> 警察に訴えた

それだけ。

その過程の途中に、被害者が、加害者の所属組織に相談したら、その組織は資格もリソースも(もっといえば義務も)ないのに、勝手に「更生」するとしゃしゃり出た。

資格もリソースもないから、到底信用できませんよね。
しかも、「更生する」ということは、誰かに罪があることを認め、それに対してなんらかの是正措置をすることだということで。そう、確かに、捜査権はありませんよね。 おせっかいどころか、越権行為もいいところです。

犯罪加害者の更生機関は、いまのところ、日本では刑務所周辺もろもろなんですよ。


寺田学長の見解を支持する理由が、「開示すると実名報道されるから」というふうに読めますが、理解できない。マスコミの問題は、関係ないと思います。

「不機嫌で不寛容な社会」は、前後の文脈からつながってない気がしますが、もし大学の対応に「不寛容」だということを批難してるなら、それは「不寛容」ではなく、正当な批判でしょう。
実名報道による、加害学生の更生後に不寛容だという非難なら、それは見解の相違なので理解はできます。支持はしませんが。


>彼らに更生のチャンスを与えることなく引き起こされるだろう様々な社会のコストを支払うのは真っ平です。

だから司法機関や刑務所など様々な更生施設があるんです。そのコストは、直接に税金で負担してます。

>大学当局には、見事にその本分を果たして欲しい。

要望しても、設備もリソースも資格も権限もないんです。果たせませんよ。

こう書いてみると、理解はできました。でも、犯罪者特定と更生の資格がない組織(大学)にそれを期待してる、ということですよね。ぜんぜん支持できません。

投稿: エヌ氏 | 2009.06.05 00:35

事実関係を強制的に捜査する権限もリソースも大学には無いわけで、双方の主張が食い違った場合、大学としてどうすべきかは難しいところなんじゃないですかね? 「何が真実が分からない状態」で警察への通報義務ってあるのかしら?という疑問もあるわけで、せいぜい被害者に警察への相談を勧めるくらいのことしかできないような気がしますが。あと、マスメディアに公表するのも別に義務じゃないですよね。

それに、刑務所を出所するということは罪を償って普通の人に戻ったわけですから、出所後に復学させるという判断があってもいいんじゃないですか? 必ず退学にしなきゃならんと決まっているわけでもないし、出所した人間を勉強させたり雇ったりすることを禁止する決まりがあるわけでもない。「更正」は基本的に刑務所で行うものということに異論はないですが、それとて刑務所でしかできないというわけでもなく、出所後に労働や教育を通じてよりマシな人間に育てるというのだって「更正」でしょ? それをあえてやってくれるという組織があるなら、むしろありがたい話じゃないですか。出所後に行き場もないまま適当に放り出して再犯を繰り返されるよりよほどマシですよ。

投稿: 00 | 2009.06.05 01:39

はじめに捜査機関でなく、大学に事件を訴えた保護者の意図がどこにあったのか疑問ですね。

捜査がはじまれば、世の中の関心をひき、事件の細部まで取り沙汰される。それを避けたかったからだとすれば、大学は窮地に陥るんじゃないですかね。

形式的に考えて、それでも通報すべきだったと言えるかどうか。ここで悩むのは当然だと思います。この事件で、告訴を被害者の意思に委ねるというのは、ひとつの解決策であったかもしれない。

教育の目標には人格の完成があるから、学生・生徒の「更生」という過程も当然その範疇に入ってくる。教育系の大学ならば心理学の専門家を多数抱えているはずです。その気になれば、大学としての取り組み方がありうると関係者が考えてもおかしくはない。

> 「更正」は基本的に刑務所で行うものということに異論はないですが、それとて刑務所でしかできないというわけでもなく、出所後に労働や教育を通じてよりマシな人間に育てるというのだって「更正」でしょ? それをあえてやってくれるという組織があるなら、むしろありがたい話じゃないですか。<

賛成です。

投稿: やせ猫 | 2009.06.05 02:43

>大学に事件を訴えた保護者の意図がどこにあったのか疑問ですね。

被害者が、どうしていいかわからずに大学に相談。
相談を受けた大学が被害者の保護者に連絡。
連絡を受けた保護者が大学側の対応に疑問を感じて警察に通報、という流れかと。

性犯罪の被害者は悩んで悩み抜いて後から告訴するケースが珍しくない。特に相手が知り合いの場合ね。

投稿: | 2009.06.05 02:59

> 「更正」は基本的に刑務所で行うものということに異論はないですが、それとて刑務所でしかできないというわけでもなく、出所後に労働や教育を通じてよりマシな人間に育てるというのだって「更正」でしょ?<

そこに異論はないですよ。でも、犯罪加害者としての、法に則った「更生」があってからでしょ? 書かれているとおり。あの学長と、それを支持する大石さんは、その部分も大学にやらせようとしていると読めるんですがね。

>その気になれば、大学としての取り組み方がありうると関係者が考えてもおかしくはない。

なにもかも、罪を償ってから、ですよ。

投稿: エヌ氏 | 2009.06.05 03:49

どなたも指摘されませんが、大学は研究施設であって、教育施設ではありません。その証拠に大学の教員になるのに教育関係の資格取得は必要とされていません。高校以下は全て必要とされていますが、大学は必要ないのです。
従って、今回問題になった大学内での更正については、無資格者によるものとならざるを得ず、更正結果についても責任を負うことの出来ない施設であるとしか言えません。

投稿: ysaki | 2009.06.05 09:51

>投稿: ysaki | 2009.06.05 09:51

仰っていることは全て正しいと思いますが、「更正」は、「更生」と書いてくれ。上のコメント欄で他の方が更生とやんわりと正しているのにまだ更正と書く人がいるので気になってしょうがない。

投稿: | 2009.06.05 10:43

学校教育法83条 大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。
2  大学は、その目的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。

投稿: | 2009.06.05 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不機嫌で不寛容:

« リスク回避 | トップページ | 足利事件は国策捜査だった »