« 誰にとっての安全と合理性か | トップページ | 荒波の観艦式 »

2009.10.25

今日は誰の涙雨?

 観艦式の本番なのに残念な天気になりましたね。誰が雨を降らせたんだろうか。

※ 対照的な日韓 ゲーツ国防長官訪問 会食もドタキャン
http://sankei.jp.msn.com/world/america/091024/amr0910241736008-n1.htm

 と、産経新聞が申しておりますw。こんなもん、欧米関係じゃ日常的なことですよ。
 で岡田さんが、普天間への嘉手納移設を突然持ち出しましたが、アメリカが一つ苛々している理由は、この問題に関して、誰がリーダーシップを発揮して、誰が決定権を持っているのか、良く解らない部分があるんでしょう。
 マニフェストにそう書いて、政策変換します、と言ったからには、相手もいることだから、そこは政権として説明責任を果たすべきでしょうが。

 昨日、この件に関して、元帥がパックインで仰っていたことは、実は、普天間の嘉手納統合案は、もともとアメリカ側から言い出して来たことである。それは2005年のことで、普天間の部隊を嘉手納へ移駐させる。ただ、一旦緩急あった場合は、嘉手納に余裕を持たせるために、いつでも部隊を普天間へ戻せるよう、普天間の基地機能は維持する、ということでどうか? という提案だったらしい。
 日本政府は、嘉手納の住民運動はあるし、普天間の基地が返還されないのでは意味が無いということでその時は断ったらしいのですが。

 回転翼と固定翼を一緒に運用できない、なんて米側の言い分はちょっと理解出来ないですよね。なんでそんな理屈が出て来るのか。ただ、アメリカ側は、グアムへの移駐費用自体、もう出ない状況だと。だからそのへんの焦りはあるんだろうな、という元帥の見立てでしたが。ちなみにベトナム戦争当時は、嘉手納にはB52が百機もいたので、スペース的には全然問題無いそうです。

※ 米上院、国防予算権限法案を可決 F22の輸出検討条項盛り込む
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091023AT2M2300S23102009.html

>F22を巡っては輸出仕様の価格や実現可能性などを検討し

 空幕としては、ラプターと名が付けば、モンキーラプターでも構わないみたいな雰囲気はあるんですよね。ただ、普天間問題とバーターに出来るかと言えば、普天間はナショナル・イシューだけど、FXは所詮空幕マターですからね。
 それに、オバマ政権にとって、国防費の削減は最重要課題ですから、サインはしないでしょう。

※ 小沢さんの手足?民主の副幹事長…独裁批判も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091024-00001078-yom-pol

 手足というか、七奉行ですよね。基本的には竹下派時代から、小沢さんが作り上げたシステムですから。

>「小沢氏は、自分と副幹事長だけで物事を決める仕組みを作り上げた。

 下流の政策はそういうことになるでしょうね。だって鳩山さん、仕事しないじゃんw。外遊はともかくとして、暇見つけちゃ女房と飯食ってばかり。何も決められないし判断もしないし。菅さんははしごを外されたまま、なかなか始動できないし。

※ 日本株低迷 鳩山政権の戦略見えず、経済界とも距離
http://www.asahi.com/business/update/1024/TKY200910240380.html

 これはまたアカピーには珍しいネトウヨさんが小躍りするような記事をw。
 これをプロレタリア革命だとすると、資本家は敵ですからね。挙げ句に総理は仕事しない、指導力発揮しないしでしょう。金融大臣は引っ掻き回すしかない。
 ただ、マーケットと景気はセットですから、経済が回り始めるという確信が得られれば、戻すんでしょう。要は、鳩山政権に、そういうメッセージを流すセンスが無いだけで。
 あと、大事なことは、一応、政権にスピード感はあるんですよ。そこをどう前面に出して、変わる政治像を演出して、国民に安心感を与えてお金を使わせるかですから。マーケットはそこに付いてくる。
 幸い政権発足後、スピード感の演出には成功していますから、今日の地方選参院補選で、国民の序盤の評価も少しは出て来るでしょう。

※ 大学教授はなぜ解雇された@TBS報道特集
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20091024_2_1.html

 何気に見たけれど、凄い面白かった。世界的権威の筑波大のプラズマの教授が、データを改ざんしたとして懲戒解雇されたんだけど、世界中の権威が、その研究を再検討した所、別に改ざんの痕跡はない。不当解雇だと声明を上げる。
 一方で、大学側は、追試のための肝心のデータが紛失したにも拘わらず、教授側に、完璧な再現データを出せと迫った。しかも、大学側が裁判になるまで隠していた学生の証言(HDDがクラッシュしたと証言)を番組側が直接元学生に確認すると、いやこんなことは話していない、あるいは頑なに「記憶にない」を繰り返す。

 そらプラズマ研究は、巨大な研究予算が動くだろうから、いろいろ魑魅魍魎な話はあるんだろうけれど、いったい誰がどんな魂胆で仕組んだことなのか肝心な所が見えて来ないんですよね。

※ 英国で極右政党台頭に強い懸念 党首TV出演で逮捕者騒ぎも
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091024/erp0910242001005-n1.htm

>「クエスチョン・タイム」

 BBCとは思えない過激な番組なんですよね。ただ、イギリスは長らく多民族国家ですけれど、ただ彼らはわりと一貫して外国人にはノーという人々ではあるんですよね。何しろシェンゲン協定を拒否しているし。外国人労働者はいつも使い捨てだし。
 その辺りは京都人と同じで、外面と内面は違うんですよ。

※ 月面に謎の縦穴 宇宙基地に使える?
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091024/scn0910242113003-n1.htm

 誰かが掘ったんだよ!?

※ 前日の空虚重量72.7キロ

 すんません。土曜の真っ昼間から銀座で飲んでマスタ。同窓会一件。

※ 有料版おまけ 恩師と再会す

|

« 誰にとっての安全と合理性か | トップページ | 荒波の観艦式 »

コメント

※ 大学教授はなぜ解雇された@TBS報道特集

清々しい程のヅラでしたね(笑)

投稿: | 2009.10.25 12:30

嘉手納統合案:
荒くれ者の海兵隊員が来るのであれば、地元としては喜べないんじゃないですか。
統合してどんなメリットがあるのか分からないんですが。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.10.25 12:41

嘉手納町長が怒っていたね。例によって地元になんの説明もないし、過去に頓挫した話を再び取り上げ呆れられていた。それとは関係ないが、斎藤貴男「カルト資本主義」に書かれていた鳩山由紀夫を思い出した。既に廃棄してしまったが鳩山が総理になるのなら取っておけばよかった。

>大事なことは、一応、政権にスピード感はあるんですよ。そこをどう前面に出して、変わる政治像を演出して、国民に安心感を与えてお金を使わせるかですから。マーケットはそこに付いてくる。

スピード感というより暴走行為。国民は将来不安を増幅させ財布の紐はかたくなる一方だ。タンス預金も増えると思う。国債、銀行預金のあの低金利じゃ魅力ないし、若葉マークの暴走族政権では何か期待する方が間違っている。

投稿: kouda | 2009.10.25 13:10

>あと、大事なことは、一応、政権にスピード感はあるんですよ。そこをどう前面に出して、変わる政治像を演出して、国民に安心感を与えてお金を使わせるかですから。

迷走観は目一杯出していますが、暴走しているだけにしか見えません。国民の手取りが減っていく現状から、しばらくは消費も低迷しデフレが進行していくことでしょう。

かすかな望みは海外の景気回復による輸出増ですが、それだけを当てにするのは政権としてどうかと思います。

投稿: くま | 2009.10.25 13:23

>誰かが掘ったんだよ!?

記事タイトルが間違っておりました。
正しくは 「月面に謎の縦穴 宇宙の基地?」
でした。

投稿: 酔うぞ | 2009.10.25 13:55

>※ 大学教授はなぜ解雇された@TBS報道特集
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-9049.html
番組見ていませんが、この人の事?解雇の話なんかどこかへ吹き飛びそうな容貌。

>イギリスは長らく多民族国家ですけれど、ただ彼らはわりと一貫して外国人にはノーという人々ではあるんですよね。
「BBCプロムス」の最終日のナショナリズム丸出しの大騒ぎなんかを見ていると、外国人には絶対にわからないものがある。

>同窓会
基本的に勝ち組が集まる場所だからねえ。特に小中の同窓会は以後の変貌は高校大学より激しいから。

投稿: 剣 | 2009.10.25 14:38

とうとう、エロゲメーカーが発売の運びとなりました。
先生のエロスをこいつで表現していただけないでしょうか。

『佐野俊英が、あなた専用の原画マンになります』
http://www.teck.co.jp/gj/products/sano/index.html

投稿: | 2009.10.25 16:50

>誰が雨を降らせたんだろうか
半島方面の外交筋のと違いますか。
http://okimari.blog26.fc2.com/blog-entry-2808.html

投稿: さいとー | 2009.10.25 18:05

>涙雨
自民党さんでは。参議院補選は民主が2勝ですから。

投稿: じゅんちゃん | 2009.10.25 20:40

しかし宮城県知事選では民主負けましたね

投稿: | 2009.10.25 20:53

>一応、政権にスピード感はあるんですよ。

確かに走ってはいるかもしれませんが、私にも暴走か迷走に見えます。どこに向かって進んでいるのかさっぱり見えない。まるで発射速度は早いがどこに弾が飛んでいくか分からないマシンガンのようです。しかも弾が無くなるまで止めることも出来なさそう。流れ弾に当たって死ぬ人が続出するんじゃないかと。

投稿: 00 | 2009.10.25 21:38

事業仕分けのチームなどは出来たと思ったら、直ぐに解散。
あまりの速さに、笑ってしまった。
土日返上で無駄な事業を仕分けするぞ・・・が、地元に帰って挨拶回り。
なんでも速ければいいというものじゃない。

投稿: | 2009.10.25 22:22

 参院神奈川補選は、「民主党に入れない理由がない」という理由で民主党が勝つと思ったら案の定。川崎市長選は現職の強みか、現職が民主候補を破りました。ワタシ的には1勝1敗(笑)。

川崎市長に阿部さん3選、民主系新人を破る : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞):
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091025-OYT1T00765.htm?from=main1

投稿: KWAT | 2009.10.25 23:13

>>スペース的には全然問題無い

 そこに問題はなくても違う組織が入るのだからそのままでは使えないと思いますよ。空軍と海兵隊とをきちんと仕分けしなくてはなりませぬ。その工事費は当然日本持ち。その間時間も掛かるわけで、同じ時間を掛けるなら辺野古沖に作るほうがアメリカとしてはいいわけでしょ。何より空軍が煩わされない。

 それより問題なのは、嘉手納統合案では同時に空軍の戦闘機を削減する、となってることなのではないかと。それを減らして一番喜ぶのは西隣の大陸国。

嘉手納統合案、「話にならない」と米が拒否 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞):
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091013-OYT1T01181.htm

投稿: KWAT | 2009.10.25 23:41

>月面に謎の縦穴 宇宙基地に使える?

この穴を作ったのは宇宙ワームに決まってます!

投稿: k-74 | 2009.10.25 23:42

阿部市長再選で、大石先生の涙雨でしたね。

投稿: | 2009.10.25 23:43

>幸い政権発足後、スピード感の演出には成功していますから、今日の地方選参院補選で、国民の序盤の評価も少しは出て来るでしょう。

スピード感というよりは「一人で側道を爆走」(@エアレースの前の番組のバナナマン設楽)という感じですがw
マスコミ見てれば新聞熟読でもしてる人でない限り民主に入れますよw

投稿: | 2009.10.26 02:03

今日は誰の涙雨?

それは間違いなく『長野市民の涙雨』でしょう。

こんなことになって初めて、民主党のおバカさ加減がわかります。
前回よりも10%以上も得票率が上がり、鷲沢再選に『NO!』と意思表示したのに・・・
バカヤロウ!!!

長野市長選確定得票
当 58,379 鷲沢 正一 無現
  57,728 高野  登 無新
  31,184 小林 計正 無新

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009102600004

投稿: ウルトラライト | 2009.10.26 02:04

えー。川崎市長って民主にふらふら自民にふらふらしたあのみっともない市長でしょ。
民主にも自民にも突き放され独自候補を対抗馬にだされたのに。なのに当選するんだ。
すごく民度の低い市ですね。土人だなあ。それとも現職応援した連合の力が川崎では圧倒的なのか。

投稿: | 2009.10.26 09:49

アカピーさんやテロ朝さんはスタンスを変えたみたい。官邸への脅かしにもかかわらず記者クラブ制度に風穴が開いてきたので一刻も早く民主党政権を終らせたいか。

投稿: 痴本主義者 | 2009.10.26 14:12

普天間の嘉手納統合案は、固定翼機を中心に200機も航空機のいる嘉手納に60のヘリ、その他が同居したら離着陸の方法、コースに指揮命令が異なることから大混乱が生じ運用が厳しいということです。嘉手納にもHH60が10機いるけど、それは微々たるもの、60機、しかも指揮命令も異なればねえ。空自に海自のヘリ部隊が同居しても大変。そんなレベルではないざんす。

この案は空軍が上記理由から蹴っています。また、普天間の日本側の移転理由は騒音と危険性で、これを嘉手納に押し付けたら今の数倍の騒音、危険性になるため住民は大反対。

嘉手納を初め航空基地はエリートが多く海兵程の問題はないが、そこへ超問題の海兵、しかも最悪の兵も来るわけで、そいつらが嘉手納周辺にあふれたら大変では?また、住宅等もさらに必要では?

また、嘉手納のF15を県外移転させればいいなんて馬鹿なことを岡田は平気で言ったけど、だったら、三重の明野を滑走路を延長して移転させればいい。無理だろうが。仮に築城か新田原に移転させてもスペースがない。両基地とも狭すぎ、拡張もできず、単に有事の際に使用するだけの基地で常駐は無理。新田原に建設中の米軍宿舎(200人)も訓練・有事用で単に寝るだけ。

嘉手納を県外移転させるなら成田か関空が最適。他に石見空港や静岡空港。厚木でもいいけど岩国なんかパンク。

極東有事や米軍の出撃基地としての役割を考えると沖縄が最適だが、県外だとやはり九州、空港を使用するなら佐賀か長崎(埋め立てて大村と繋げば)、既設基地を使うなら鹿屋、新しく造るなら奄美あたりが地理的にはいいのかも。けど、大反対だろう。

投稿: 話せばわかる人 | 2009.11.08 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は誰の涙雨?:

« 誰にとっての安全と合理性か | トップページ | 荒波の観艦式 »