« 大盤振る舞い | トップページ | 医系技官のデタラメ »

2009.10.18

潔く人生を畳みたい

 スカパー朝日のパックインと言えば、チャンネル桜がまんまプロ市民版になったような番組なんですよ。2時間の間、ずっとミンス・マンセー。普通、そこまでヨイショしないだろう…‥な、民主党政治礼賛が2時間延々と続きます。
 昨日の番組でも、概算要求に関して、二言目には、「これはあくまでも要求であって、これから削るんですよ。これまで国民から隠されていたその要求と削減の作業が、こうして国民注視の中で行われるということです」、と出演者はみんな連呼するわけです。
 事実としては間違っていない。でも、任命された大臣たちって、「査定大臣」じゃ無かったの? そもそもがその概算要求も削らせることが大臣の仕事じゃ無かったんでしょうか?
 「削れば出て来る」というのは事実です。紛れもなく。ただ、何を削るにしても、独法にしても、天下りした高級官僚の下で働いている普通の職員がいるわけで、来年度予算で、いきなりそれを削るというわけにいはいかない。そこは当然時間が掛かるし、独法が独占していた部分の機能をどうやって民間に移すすかの議論もしなきゃならない。
 それにしても、もう少し削れなかったのか? とは思います。

※ 加藤和彦さんが自殺=「あの素晴しい愛をもう一度」
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2009101700261

 この歳になると、もうだんだん先のことは見えてきますから、もちろんやりたいことはまだまだ山ほどあります。人生をもう一回繰り返しても片づかないほどやりたいことがある。でも、それを実現できるかどうかは別で、実現するためにこの世にしがみつくべきか否かも別です。
 子供はまだまだ可愛いけれど、将来、孫の顔を見せてくれるかはまた別問題。事故にも遭わず病気にもならず罪も犯さず無事に社会に出てくれるか解らないし、まともな職に就いてくれるかも解らないし、ましてや結婚できるかも別です。ひょっとしたらゲイになるかも知れないし、結婚しても、子供は作らない主義かも知れないし。不妊治療は更に進むのでしょうが。
 世の中のイノベーションはあらかた経験しました。この後、残念ながら自分が生きている間に起こることは、せいぜい、中国人が火星に降りて五星紅旗を立てました、というくらいでしょう。月面に Moonbase Alpha は出来ないし、ゼフラム・コクレーンの誕生を待つには、たぶんもう一世紀は掛かる(あるいはもっとダークな事態が発生し、AIが意識を持って人類を絶滅させるか、支配しているかも知れない)。

 私たちの人類社会は、人の一生を語る上で、文明史上、未経験で最も困難な時代に差し掛かっています。人は自然死ではなかなか死ななくなりました。難病を克服し、生活習慣病をコントロールし、遠くない将来、癌も糖尿病も駆逐されるでしょう。
 けれど、残念ながらまだ老いを止めることは出来ない。もう半世紀もすれば、人型ロボットが進化し、身長130センチながら、プロレスラー並みの腕力と工業ロボット並みの繊細さを持った介護ロボットが家庭に入り、独居老人のケアをしているかも知れない。その頃には、不老不死の秘薬の開発にも目処が付いていることでしょう。
 けれども、現時点では、老いは家族のみならず、社会や国家にとって莫大な負担を強いている。それが向こう半世紀は間違いなく続きます。
 人生を上手い具合にコントロールし、孫に囲まれ、娘息子に下の世話もして貰っている恵まれた老人が果たしてこの国にどのくらいいるものなのか、そのパーセンテージを知りたいものですが。

 いずれにしても、もはやマジョリティの壮年世代にとって、老いることは苦痛でしかなく、惨めで空恐ろしい現実と化しつつある。人類社会は、この未経験な状況に対して、何ら有効な解決策を提供できていない。死は、それ自体がタブーです。ましてありとあらゆる宗教が、自死自裁を戒めてきた。
 でも、人はいかに生きるべきか? 死ぬべきかということを考えた時に、少なくとも、生物としての遺伝子は、その役割を終えた成体が、その後も、若い成体に寄生したまま延々と生き続けることを想定していないでしょう。言ってみれば、やっとバッタに羽が生えて成長したと思ったら、よぼよぼの年寄りバッタが二匹飛んで来て、背中にしがみつくようなものです。

 お年寄りにはお年寄りの楽しい人生があるかも知れない。そういう人はご自由に老後をエンジョイしてくれれば良い。けれども、自分はもうやりたいことをやり尽くしたし、この後の社会変革も知れているだろうから世の移ろいにも興味は無い。一方で、世話をしてくれる伴侶や家族も無く、国家や社会の面倒になり、誰かに残りの僅かの人生を感謝し放しで終えたくない、潔く死にたいと思う人々もいることでしょう。
 少なくとも国家や社会が、それをケアできない、という現実に直面している以上、気高く、自分の人生を終えたいという個人の願いも、国家と社会は聞き入れる義務があると思います。

 ザ・フォーク・クルセダーズと言えば、「イムジン河」ですね。加藤さんにとって、悔いのない人生の終幕が降りたことを祈ります。

※ 米有力紙が鳩山氏に警告 「米国との決別は危険」
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090101001085.html

 Washington Timesの記事かと思ったw。アメリカにとっての日本の立ち位置というのは、所詮日本にとって、タイとかシンガポールとか、その程度の立ち位置ですよ。中国が、最近、日本にとっての韓国くらいの立ち位置には出世したのでしょうが。
 相変わらずですね、この人たちは。そうやって傲慢な態度を繰り返してきたから、かつて親米だった国が反米に心変わりして行ったのだという事実に、いったいいつになれば気付くんでしょうか。
 日米関係を知らない素人さんが書いたんだろうけれど、だいたい、あんたたち、拉致問題でも何の貢献も無かったばかりか、核問題でも良いように舐められて、テロ国家指定外したけれど、一方的に北に果実を与えるだけで何の実利も上げてないじゃん。日本人は北朝鮮を巡る問題で、もうアメリカには何の期待もしてないし、核の傘に関しても、そんなの信じちゃいない。あんたたちの竹島や尖閣での優柔不断な態度が、どれだけ日本人の日米安保への信頼度を毀損したか、まずそこを考えてもの言って欲しい。

※ やっとメスが入る 外交官の巨額在外手当 (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_mofa__20091017_3/story/17gendainet02043256/

  私は従来から主張しているのですが、日本の外交官の金遣いは、ほとんど、横領に近いものがあります。無駄遣いは外交官の特権、という次元を越えています。何しろ大戦当時の国家官僚のノリで税金を懐に入れていますから。
 この報酬を半分にして、減らした予算で、2倍とは言わないけれど、せめて1.5倍に人数を増やすべきでしょう。外国との付き合い無くしては生きられない我が国の外務省の陣容として現状はお粗末過ぎる。あと、ぜひ「領事作戦部」も作って欲しい!(^_^;)

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ “社員”90人、交通事故繰り返す 「金になるバイト」7年で2億円詐取
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091018-00000022-san-soci
※ TBSの番組に海外から批判の声、「狙撃ドッキリ」はやり過ぎだった?
http://narinari.com/Nd/20091012460.html
※ 人間の脈を利用して充電? 少女のアイデアをもとに米有名大学が研究へ。
http://narinari.com/Nd/20091012461.html
※ ソマリアのクイズ大会、優勝賞品はAK-47や手投げ弾
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2653772/4772307

※ 前日の空虚重量71.5キロ

※ 有料版おまけ いやぁな夢

|

« 大盤振る舞い | トップページ | 医系技官のデタラメ »

コメント

10年度概算要求は政府方針通り、既存予算さらに削減を=財務相http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPJAPAN-11976120091016

>藤井裕久財務相は16日の閣議後の記者会見で、各省庁が15日までに提出した2010年度予算の概算要求について、マニフェスト(政権公約)に掲げた新規政策分を除いて全省庁が2009年度当初予算に比べて減額した要求を行ったことを明らかにした。<

閣僚も官僚もちゃんと言われたことはやったみたいですね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2009.10.18 10:25

歳をとってはならない、病んではならない、死んではならない、それらは惨めな敗北であって何の意味もない、という「考え方」で、皆不幸になっている部分があると思うのですが…。先生のおっしゃる通り、本当にもはや死はタブーですね。
この考え方の社会ににロマンチック・ラブ・イデオロギーが加わると、未婚晩婚少子化社会が出来上がります。今です。

投稿: 彼岸過迄 | 2009.10.18 10:29

>おまけ
十二指腸までは普通に見えます。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/okotoba/okotoba-h20az.html
「昨年,私自身十二指腸ポリープの手術でこちらの病院に入院した際」
>死に際
権利との闘いのコラテラルですから。
自殺者3万人はいけないとか、癌で死ぬのはいけないとか、老人が孤独死してはいけないとか、産めない体のひともいるとか。
生存競争の否定です。淘汰が無いと際限なく人口は増える。

投稿: pongchang | 2009.10.18 10:48

とりあえず、ホテルで死んで迷惑かけずに自分の部屋で死んでくれないかと思いましたよ。

投稿: abcd | 2009.10.18 10:53

>とりあえず、ホテルで死んで迷惑かけずに自分の部屋で死んでくれないかと思いましたよ。
全くですね。自殺を全否定はしませんが、かける迷惑は最小限にしないと。

投稿: トオリスガリン | 2009.10.18 10:57

加藤和彦なら、その部屋に泊まりたいという人も結構いそうな気がします。もし化けて出てくれるなら話をしてみたい、という人たちが。

投稿: | 2009.10.18 11:03

投稿: pongchang | 2009.10.18 12:01

>>自殺者3万人はいけないとか
とは言え、さすがに毎年3万人規模で10年も続けて出られると「自然淘汰」じゃなくて「政治淘汰」ですからね。
これが「最終解決策」だと胸を張られても困るわけで。

投稿: 義忠 | 2009.10.18 12:02

反日記事でおなじみのNewsweek日本語版が発刊されている国だもの、反米になるのは当たり前じゃないですか

投稿: | 2009.10.18 12:10

年間自殺者数3万人は多いと仰る方、少ないと仰る方
日本国の適正な年間自殺者数は幾ら位だと思われますか

投稿: | 2009.10.18 12:12

>自殺者
以下のサイトに国別の自殺率比較が紹介されています。
これを見ると日本は欧米先進国と比較した場自殺率は世界1ですね。

範囲を広げた国際比較では、日本は、リトアニア、ベラルーシ、ロシア、ハンガリーなどに次ぐ世界第8位になります。なかなか興味深い分析もありますので、ご関心のある方はどうぞ。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html

投稿: フェリ | 2009.10.18 12:35

COMIC快楽天11月号に「性権兄弟」というエロ漫画に鳩山由紀夫と鳩山邦夫兄弟のソックリさんやクリステルそっくりさんが出てきます。

投稿: | 2009.10.18 12:40

>任命された大臣たちって、「査定大臣」じゃ無かったの?

あれだけの膨大な予算項目を要求段階でたった1か月で精査するなんて無理ですよ。どんなに優秀なビジネスマンを連れてきても最低でも3ヶ月はかかるはず。まずはシーリングなしで出してから、あとで優先順位の低いものからどんどん削る方が効率的なんですよ。

投稿: hoge | 2009.10.18 13:12

>あれだけの膨大な予算項目を要求段階でたった1か月で精査するなんて無理ですよ。

各省で出来ないものをあと一月半で行刷会議が全省分出来るんですか

投稿: | 2009.10.18 13:22

> 各省で出来ないものをあと一月半で行刷会議が全省分出来るんですか

黒煎りゴマさんが引用したロイターの記事によると,全省庁で引き続き削減の努力を続けるそうですよ。

仙石さんたちがやるのは,農水,国交,厚労の3省を重点的な対象にして,200~300の事業の仕分けらしいです。

投稿: やせ猫 | 2009.10.18 13:45

>領事作戦部

おお、懐かしい!
久しぶりに読み直してみようかな。

投稿: ぴょんぴょん丸 | 2009.10.18 13:59

↓長妻さん、甘いんじゃないの。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20091016/plt0910161219001-n1.htm
都道府県の部課長レベルでさえ大変なんだから、国の、それも厚労省大臣ともなれば、まともに睡眠時間も取れないくらい覚悟しておくべき。
膨大な事業内容に関するレクを受け、一度聞いたら頭の中に整理されるくらいのおつむがないと無理でっせ。舛添さんは、やっぱ頭いいと思う。

投稿: ペンチ | 2009.10.18 14:10

>>ペンチさん
>都道府県の部課長レベルでさえ大変なんだから、国の、それも厚労省大臣ともなれば、まともに睡眠時間も取れないくらい覚悟しておくべき。

その記事では意図的に削除されていますが、財務相-官邸ラインがマニフェストにも掲げてあった福祉・医療改革の大半に予算つけないだなんだと長妻に干渉しまくってるようです。

http://mainichi.jp/select/seiji/choice/news/20091018ddm001010048000c.html
のリード部分:
---
長妻厚労相、1カ月(その1) 苦悩の「ミスター年金」
 ◇マニフェスト7割抱え、査定の壁

 10年度予算概算要求締め切り日の15日夕、厚生労働省10階大臣室にいた長妻昭厚労相に、平野博文官房長官から電話が入った。

 「マニフェスト(政権公約)工程表の重要3項目以外は入れないでほしい。これは内閣の方針です」

 長妻氏は「子ども手当」「年金記録問題への対応」「雇用保険拡充」の重要3項目をはじめ、「診療報酬増額」「肝炎対策」など大半がマニフェストに明記された14項目を求める腹だった。それが平野氏から3項目以外は拒否され、残る11項目は金額を示せない「事項要求」にとどまり、予算化の有無は年末に先送りされた。

 衆院選で「国民の生活が第一」を掲げた民主党は、公約に社会保障政策をズラリ並べた。しかしいざ政権を握ると、財政上の制約から「あれもこれも」は難しく、優先順位をつける必要が生じつつある。「7割は長妻の所管。あいつはマニフェストを一人で抱え込んだ」。長妻氏に近い同僚議員は同情する。

(以下、読みたい人は記事読んでください…続き物の模様)

投稿: 業界インサイダー | 2009.10.18 14:22

3万人が多いか少ないかというと、男女差を考えると4万人くらいでも多くはないと思う。なにしろ、高齢女性の自殺率は少ない。
男2万人に女1万人、ジェンダーフリーなら男女2万2万。
なにぶん、女が長生きというのはこういう所にも因果がある。

投稿: pongchang | 2009.10.18 14:40

死にたい人が自己責任で死ぬのは勝手ですけど、死にたく無い人が市を選ぶしかない状況まで「我が国には死ぬ権利と自由がある。自由マンセー」と喧伝するが如くというのもどうかと思う。
その程度の自由と権利ならば北朝鮮や中国にだってある。
"金正日を批判して処刑される権利"や"独立運動を行って処刑される自由"がね。

投稿: | 2009.10.18 14:45

75歳以上の人口増加はこのところ50万人/年。
この増え方を、癌と何で案分すれば安定するのだろうか?
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi25.htm

投稿: pongchang | 2009.10.18 14:48

>概算要求の削減

牟田口さんのインパール作戦を彷彿とさせますなぁ・・・

投稿: | 2009.10.18 15:01

>しかしいざ政権を握ると、財政上の制約から「あれもこれも」は難しく、優先順位をつける必要が生じつつある

 結局、実現性のない夢物語を書き連ねて、国民をだましていたということになる。
 だまされる国民も国民だが……

投稿: 土門見人 | 2009.10.18 15:12

>自殺者

あくまでも現状では口コミ・都市伝説の域を抜けられない所が大きいのですが、この十年間、自殺者が三万人台の前半から増減しないと言うことへの疑いの声というのがあります…つまりは何らかの数字のトリックで自殺者を過小に公表してるのではないか。と言う話でして。
実際、何らかの死亡事件があった際にかなりの数が変死として処理されてるようで、その内の何割かは自殺であるけれども、統計上自殺者が増えることによる社会不安を恐れて警察の処理上変死としてしまってるはないか。とは囁かれているんですよね。

この説の真贋は私にもわからないのですが、確かにこれだけ地方が疲弊して人も疲弊して貧困と孤独が蔓延する中で三万二千人前後で自殺者が高止まりしつづけてるのは妙なんですよね…そういう統計によって出される現状の疑問に対してこの「警察が現場で自殺者の一部を変死者に組み込む事で自殺者を過少報告しつづけてる」とする説は強い説得力を確かに持ってしまうのですが…

投稿: 業界インサイダー | 2009.10.18 15:15

長妻はよくやっているよ。
この内閣でよくやっている大臣は前原と長妻くらいでしょう。
経済産業大臣やら農林水産大臣やらのそれと比べたらね。労組出身者と社会党出身者。
長妻なんて数字ひとつ出せるのも大臣命令使わなけりゃならないほど官僚が抵抗している。
大臣命令に逆らえば懲戒だからこれでやっと数字がわかるような状態。
まあ、あまり逆らうようなら法律作って公務員粛清するしかなくなるんだけどね。

投稿: | 2009.10.18 15:17

>>pongchangさん
女性は強いのですよ。
それと同時に、男性が仕事という枠に囚われすぎていて、責任を重く背負わされてる上に仕事の枠を離れたところでの人付き合いが出来ない(そういうのは余計なものだと言うのが仕事人間の「常識」に近い所がある)ように追いやられてきた戦後日本の産業構造が絡んでると思うんですよ。

良くも悪くも男性が金を稼いでる間に女性は育児や家事をやるという役割分担が常識となっていた戦後社会では、女性は社会的地位が低くされていたけど色々な所で人付き合いを広げる機会もあったし、そうでなければ育児労働や家事労働はうまくできなかった。

男性は産業の中にそれこそ裸一貫で放り込まれて使い捨てにされてきて、生きるか死ぬかのトラブルがあっても一人で抱え込まなきゃいけないように育てられて生きてきた…だから、今男性の自殺は20台から老人まで似たような理由で多くなってるのではないかと。

老人女性の自殺者が少ないのはまさに彼女らが家事労働や余暇時間の活動を通じて人脈を構築してきていて、金はともかく精神的に背負い込まないで済んでることがいい方に働いているのですが、バブルが弾けたころに女性の社会進出が急速に進んで特に若い世代の女性がこれまた産業の中に裸一貫で放り込まれて男性並に責任背負わされるようになってるのを考えると、今後は結構な急ペースで、仕事やお金の問題に由来する若い女性の自殺者が増えるんじゃないかと思うんですけどね。

投稿: 業界インサイダー | 2009.10.18 15:25

>自殺3万
65歳以上だけで、更に出生年の早い順ならね。
この20倍の人数が毎年でも特に困らない。
いやいや、とても助かるのか。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2009.10.18 16:06

家庭崩壊した連中は平気で年寄りの死を願うんだろうけどね。

投稿: | 2009.10.18 16:08

死ね死ね言う人はまず自分が範を示して死ねばいいと思うよ。ドキュン上司が死ねば部下も喜ぶし、正社員枠が1つ開くからみんなハッピー。さあ、レッツ模範!

投稿: | 2009.10.18 16:27

>三銃士
私は初めて見たのが小学校の時テレビでやってた映画版。
その後、中学の時に親父の持ってた講談社版の初版本を読みました。
まあ、主人公の恋人は自分の大家の嫁さんだしヒロイン?の王妃は敵国の親玉とくっついているし、とても子どもに読ませられませんね。
おかげでその後はじまった「アニメ三銃士」は毒気が抜かれすぎてちっとも楽しめませんでしたが・・・。
で、昨日の再放送も見るのを忘れてしまった、ガックシ・・・。

投稿: | 2009.10.18 16:43

> あれだけの膨大な予算項目を要求段階でたった1か月で精査するなんて無理ですよ。

ということは、野党時代は精査もしないで、「削れる」って自信満々で言ってたってことですよ。
鳩山は鳩山で勝手にCO2を25%削ると言うし、前原は前原で勝手に羽田をハブ空港にするって言うし、思い付きで聞こえの良いことを言ってるだけにしか聞こえません。

投稿: | 2009.10.18 16:45

すいません上の「2009.10.18 16:43」は「禿鷲」です・・・。

投稿: 禿鷲 | 2009.10.18 16:46

>>ドッキリ

「まる見え」とかでみる海外のドッキリ番組も相当な物だと思いますがね。

投稿: | 2009.10.18 16:48

PDF注意。年齢と共に不幸になるのは日本人の国民性のようです。アメリカを考えると、社会保障の存在によって不幸になるかが決まるわけではないのでしょう。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h20/10_pdf/01_honpen/pdf/08sh_0103_02.pdf
>年齢と幸福度
これまでの諸外国における調査では、年齢と幸福の間にU字型の関係があるとの結果が出ているものが多い。つまり、若者と高齢者は熟年層よりも幸福だというのである。(中略)しかし、今回の推計ではU字型にはなっておらず、67歳を底にして79歳にかけて幸福度はほとんど高まらないL字に近い形状を取っており、アメリカの結果と比べても我が国は特異と言える。<

投稿: | 2009.10.18 18:35

元自民党とかいるから、少しぐらいはやるんじゃないかと思っていましたけど、蓋を開けてみたらこんだけ無能内閣とは想像できませんでしたわ。
どう取り繕っても予算編成すらできず、ぽっぽさんは政権を投げ出すでしょ。
ここまで酷いとはねぇ。

投稿: | 2009.10.18 18:38

>>ということは、野党時代は精査もしないで、「削れる」って自信満々で言ってたってことですよ。
まぁ、精査できるだけの情報も得られなかったわけですが。
同じ状況に置かれてる自民党もそのうち同じことやりだしますよ。
「民主党だから」ではなく「野党の主張」とはすべからくそんなもんです。

投稿: 義忠 | 2009.10.18 18:39

 民主党は、野党ではなく、「政権準備党」を称しておりました。
 そんな逃げ口上は許されません。

投稿: 土門見人 | 2009.10.18 18:47

>まぁ、精査できるだけの情報も得られなかったわけですが。

予算書なんて国会議員なら誰も見られますよ。
それ審議してんだから。
今更、あの事業仕分けは情報がないのでいい加減でしただなんてさすがに民主党だって口が裂けても言えない。
結局、政権に就いてみたらヒョーロンカみたいに無責任なことは言えなくなったってことだけでしょ。
それ以上でもそれ以下でもない。

投稿: | 2009.10.18 18:49

>加藤和彦氏
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/10/18/01.html
この人の功績についてはハンパじゃないぐらいデカいと認識してるから、結構ショックだなあ。なまじ才能があったから、才能の枯渇を自覚するのが遅れて、他の年配作家のように早々に○○協会の役職の座を目指すとかできなかったんだろうねえ。身辺整理した後で死ぬぐらいだったら、最初から鬱病を発症してないだろうし、私生活は離婚2回死別1回と才能ほど恵まれなかったしね。今や精神医学の第一人者のかつての相棒・北山修にでも相談するぐらいの関係を続けていれば良かったのにと思う。どっちにしてもこういう立場の人が突然死してしまうと、あらゆる方面での「後片付け」が困難を極めそうでね。

>やっとメスが入る 外交官の巨額在外手当
話は分かるが、鈴木宗男もいい加減に「私怨」でやるのはいいかげんにしろと思う。
ま、外交官と検察の予算に切り込むのは避けられないだろうけどね。

投稿: 剣 | 2009.10.18 18:49

>ということは、野党時代は精査もしないで、「削れる」って自信満々で言ってたってことですよ。

周辺から見ていれば当然すぎる部分はあったしな。要するにあんたの言うベクトルじゃなくて「時間の問題」なわけ。わかる?

てか、このあたりのトレードオフはちゃんとビジネスやってる民間と共通していて、時間との戦いであるのは自明なんだけどね。あんたはちゃんと仕事しているかい?

投稿: ふがふが | 2009.10.18 18:57

> まぁ、精査できるだけの情報も得られなかったわけですが。

それ本当ですか?
たとえ野党だったとしても、仮にも国会議員が国家予算について調べられないなんてあり得ないと思いますが。
まあ予算委員会で、総理大臣の漢字テストなんかやって遊んでるようでは、調べる暇がなかったのでしょうけどね。

投稿: | 2009.10.18 18:58

>義忠さま
すべからく(ry)by呉智英
お暇なときにでも、辞書をひいてみてください。

投稿: 加藤 | 2009.10.18 19:03

正直、法律に基づき国会に提出される予算書(財務省のページで見れる奴)なんぞ見ても何にもわかりませんよ。
個別の事業費は各省が持ってる資料を見なきゃわからないし、個別のモノを要求すれば出すだろうけど、まとまったモノなんか議員なんぞに絶対出さないし・・・。

投稿: | 2009.10.18 19:04

> 個別の事業費は各省が持ってる資料を見なきゃわからないし、個別のモノを要求すれば出すだろうけど、まとまったモノなんか議員なんぞに絶対出さないし・・・。

もしそれが本当だとしたら予算委員会で「官僚が資料出さないから何とかしろ」って要求すべきだったのでは?
いざとなれば国会議員の国政調査権を使って各省庁に乗り込んだっていいんだし。

つーか、そういう情報を持たないでやる予算委員会って意味あるんですか?
まあ、実際、ワイドショー受けを狙った個人攻撃ばかりでほとんど意味なかったけど。

投稿: | 2009.10.18 19:12

大石さん、今晩は。いつも良い記事有難うございます。
さて、外交官たちは、つまり私たち市民のお金を長年横取りしては山分けしてきた事がバレた、ということでしょうか…。搾取システムの上にのっかりやりたい放題。私たちが僅かな現金収入を得るために地べたを這うような生活をし、あらゆるところで税金を払っているのを尻目に、連中は優雅な特権階級生活を謳歌…か。
そもそも公務員は市民に仕えるサービス業のはず。私たちに雇われていることを忘れて、のさばることは許せません。そして私たちは彼らの雇用主だと言うことを忘れちゃいけませんよね。
(`・ω・´)

投稿: バッカス | 2009.10.18 19:57

予算が組まれないと批判の私用もありませんね。
しかし、鳩山さん、毎日遊んでる姿ばかりテレビに映るんですが、大丈夫ですかね。

投稿: くま | 2009.10.18 21:24

>予算が組まれないと批判の私用もありませんね。

とりあえず、2chのコピペをどうぞ。

鳩山内閣の錚々たるメンバー (10月18日改:建制順)
 故人から献金を受けるが施政方針演説は逃げまくる内閣総理大臣
 国家戦略局が何をするのかわからない副大臣兼国家戦略局担当大臣
 政治資金の記載漏れがある総務(政治資金規正法所管)大臣
 法律に従わない法務大臣
 中国や韓国に自国を売る外務大臣
 通貨高に拍車をかける財務大臣
 日本アニメよりも抜きキャバの好きな文部科学大臣
 インフルエンザ対策予算を返納する厚生労働大臣
 農業よりもパチンコに詳しい農林水産大臣
 円高の影響もわからない経済産業大臣
 国土整備を抑制し、JALの足を引っ張る国土交通大臣
 方法も負担額も知らずにCO2の25%削減を主張する環境大臣
 国土防衛を放棄する防衛大臣
 他の大臣から口を出すなと言われる内閣官房長官
 ミサイルを7発撃たれても黙っている拉致問題担当大臣
 金融制度を麻痺させる金融大臣(郵政改革を放棄する郵政改革担当大臣)
 生まない選択を薦める少子化担当大臣
 国交労や自治労の権益を優先する公務員改革担当大臣

投稿: ほるほる | 2009.10.18 22:40

>三銃士
高校の図書館で読んだ講談社文庫版「ダルタニヤン物語」全11巻、
ブッキングで復刊が決まった時は喜んだが、1冊2100円でorz

>アニメ三銃士
たしか主題歌がノリ○ーでしたね。
再放送の計画もあっただろうに、しばらくは、お蔵でしょうね。

投稿: 同郷人 | 2009.10.18 23:07

予算の中身について批判のしようがないと言うことです。

予算以外の政策やゴシップまで含んだら批判しかできません。

投稿: くま | 2009.10.19 02:26

あえて論評しませんが…F×以前に部品メーカがボロボロ撤退傾向
http://mainichi.jp/select/today/news/20091019k0000m040125000c.html

投稿: 業界インサイダー | 2009.10.19 05:58

>昔あった全自動腕時計ですよ。あれは正式な名称は何でしたったけ。時計の中に振り子が入っていて、腕を振ると充電というかネジが巻かれるんでしたっけ?<

昔あったのは「自動巻き」ですね。運動エネルギーでゼンマイを巻くやつ。むかし懐かし「セイコー・ファイブ」なんかは、いまでも輸入品で売っています。

セイコーの「キネティック」というのが、自動巻き同様の運動エネルギーで発電してクオーツ時計を動かす方式のようです。
http://www.seiko-watch.co.jp/technology/quarts/kinetic/index.html

シチズンが対抗して「エコ・ドライブ」というのを出していますが、こちらは太陽電池で発電して二次電池に溜め込む方式です。
http://citizen.jp/technology/eco.html

投稿: numa | 2009.10.19 07:29

まったくの無駄だった水際対策を中止して予算返上したのは正しい判断だろうに。
まあ、2ちゃんねるのコピペなんてまさにネトウヨの断末魔の叫びだからどうでもいいけどね。

投稿: qqq | 2009.10.19 08:38

>2ちゃんねるのコピペなんてまさにネトウヨの断末魔の叫びだからどうでもいいけどね。

反応してる人が言っても・・・w
ってか、2ちゃんだのネトウヨだの評価しすぎではw

投稿: トオリスガリン | 2009.10.19 10:27

>中国人が火星に降りて五星紅旗を立てました

詩的な表現ですね。
SFとかロックの歌詞にありそうな。何故だかじーんとしました。

日本人はもうどこへも行けないのだろうか?
これを加藤さんの訃報にさらりと持ってくるあたり、
やはり小説のプロは違うなと思いました。

支離滅裂ですみません。

投稿: | 2009.10.19 10:33

>舛添さんは、やっぱ頭いいと思う。
同感。やっぱり官僚の言うとおりにしなくちゃ。

投稿: 痴本主義者 | 2009.10.19 19:38

>予算委員会で「官僚が資料出さないから何とかしろ」って要求すべきだったのでは?
そんな場面をよく見た様な記憶が・・・・。

投稿: | 2009.10.20 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潔く人生を畳みたい:

« 大盤振る舞い | トップページ | 医系技官のデタラメ »