« 鈍感力 | トップページ | 日垣隆は大丈夫なのか? »

2010.01.19

日の丸が小さすぎる

※ 【ハイチ大地震】「国際社会の一員として頑張る」 日本の医療チームが到着
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100118/amr1001181150008-n1.htm
*ハイチ地震、空自機が米人被災者34人搬送
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100118-OYT1T00398.htm

 キャンベルみたいなアホが絡まなきゃ、国務省もまだまだ同盟国に気を使ってくれますよね。ただ、映像を見ていて感じたのは、あれは優先順位で言うと、ナンバー1のアメリカ国民じゃないですよね。下位のグリーンカード保有者とか、その辺りじゃないでしょうか。

 今朝もCBSニュースはハイチ一色です。見ていて感じるのは、この災害派遣は、アメリカにとって非常に心地よい、カタルシスをもたらすデザァスターになりつつあるんですよね。ニュースの冒頭に、C-17から大量の救援物資が落下傘で投下されるシーンが挟まれるんだけど、視聴者にとっては、彼らが展開する大地はイラクでもアフガンでもない。アメリカがピュアな正義を達成できる場としてのハイチがそこに描かれている。

 イスラエルの救援隊まで入って、立派に人助けしているのは皮肉ですよね。私が現場に居合わせたら、連中の肩を叩いて、「ちょっと君ら、道を間違っているから。君たちがいるべき場所はこんな所じゃない。ガザに行って瓦礫の片付けでもしときなさいw。あと、日本政府の援助で建った空港施設や役所の弁償もちゃんとしろよ」と言っちゃうかも知れない。

 もう一つ感じたのは、やっと駆けつけたハーキュリーズの日の丸が小さい! あれ中東向けのロービジ迷彩のままでしょう。機体に近づくと意外に大きいんだけど、遠目には、それランプカバーかよw、というくらいつましいんだもの。作戦機のペイントを変更するのって大臣決裁事項らしいんだけど、省令を代えて、災害派遣で海外に赴く時は、日の丸を5倍に描いてよい、そして垂直尾翼には国旗を大きく描くという程度にしなきゃ。

 今朝の田舎のニュースだと、国分連隊が訓練でアメリカに出発するそうで、アメリカのホームデポ辺りで隊員分の装備を買って、民航機をチャーター。警備は民間軍事会社と契約してそのまま現地に入れば良いですよ。援助合戦なのですから、そのくらいの機転を利かせないと。

*ハイチ大地震:日本大使館ビル、損傷激しく使用禁止 全員無事
http://mainichi.jp/select/world/news/20100115dde041030054000c.html

>通信状態が悪く、日本やドミニカ共和国ともなかなか連絡が取れない。

 具体的に、どういうシステムを使っているのかまで、肝心のことを記者クラブは書かないんですよね。こういう時は衛星電話とかだと殺到して混雑で繋がりにくくなりますから、そこは当然、日本なりのスタンドアローンな通信システムは用意すべきだし、何なら短波無線の類でも構わない。緊急時に暗号通信なんてする必要は無いんだから。太陽電池パネルとセットで保管しておけば良い。地球の裏側だから、月面反射を利用したレーザー通信なんてどうよ。通信時間が毎日限られそうだけど(^_^;)。
 それを各国に提供すれば喜ばれるでしょう。日本の外務省って、外交官の私腹を肥やすことには熱心だけど、この手の装備には全く金を使わない役所なんですよね。

※ 「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010011800733
*石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100118-OYT1T01013.htm

「真偽不明のリーク情報で操作される世論。政権時代をも破壊しようとの流れに抗しなければ。しかしブログやツイッター世界では多くが検察に批判的。世論の二重構造が生まれている。」有田芳生氏 Twitter にて

 昨日、有田さんがこんなことを Twitter で呟いたと2ちゃんで祭りになってましたが、そんな事実は無いでしょう。
 反検察的な動きに、事実上政府側に入っている政治家が名を連ねてみたり、どうかと思う。貴方たちにとっての優先事項は国政であり、所管する役所の監視であって、検察の監視じゃないでしょう。それは弁護士の仕事。

※ 9月末までに市町村へ申請 子ども手当で厚労省
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011801000875.html

 よう解らんシステムだ、というのが率直な感想。で、良く分からないシステムというのは、全く国民に受けないんですよね。
 結局、国は作業を自治体に押しつけるだけで、その分の予算は手当てしてくれないんでしょう? だからこんな複雑なことになる。初年度の混乱は仕方無いけれど、まず「纏めて後払いします」なんて国の事業として最低のシステムでしょう。
 きちんと自治体に金を出して、タイムラグ無しに、毎月受け取れるようにしなきゃ駄目ですよ。コストの問題はあるだろうけれど、出来れば手渡しが良いと思います。銀行支店や郵便局でも指定させて、毎月そこの窓口で受け取れるみたいな。

※ 【地域の教育は】郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100118/edc1001180802001-n1.htm

 人外な集団を相手に道理を説いてもなぁ、と思うけれど。そう言えばうちの田舎でも、牛島満なんて絶対教えないし、それ所か、東郷元帥だって教えられた記憶は無いですからね。その道に入ってから、この人もあの人も郷土の軍人さんだった、という例は結構あります。
 ここはひとつ日教組を納得させるために、槙枝委員長の偉人伝もセットで教えますからぁ、みたいなことでどうだろうか。

※ サケられぬ事態?スタート直前、男子選手の水着裂ける
http://www.asahi.com/sports/update/0118/OSK201001180007.html

 ふう~、男子で良かったジャンw。これが女子なら、2ちゃんで麿が大暴れしてましたがな。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 帰国子女の英語の発音がウザい
http://news.livedoor.com/article/detail/4555632/
※ ポストの投函を無線で知らせる「ポストの見張り番」--サンコーが発売
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20406819,00.htm
※ 富士通、500gを切るミニモバイルPC「LOOX U」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100118_343012.html
※ ディズニーリゾート、水曜日は“大人の日” 4月から割安パスポート
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100118/biz1001181415004-n1.htm
※ 「キン肉マン」のロビンマスク役など、声優の郷里大輔さんが死去。
http://www.narinari.com/Nd/20100112925.html

※ 前日の空虚重量72.0キロ

 月曜午後、つい、惹かれるように鯛焼き屋へと向かってしまう。「武藏家」という鯛焼き屋さんなのですが、なぜかググッてもサイトとか出て来ない。20回通うと鯛焼きが5尾貰えるサービスチケットを貰う。

※ 有料版おまけ やっぱりハイビジョンは綺麗

|

« 鈍感力 | トップページ | 日垣隆は大丈夫なのか? »

コメント

>具体的に、どういうシステムを使っているのかまで、肝心のことを記者クラブは書かないんですよね

普通に考えて電話でしょ。
大使館ビルが立ち入り禁止なんだからw
スタンドアロンの通信設備云々って言う前に、自前の大使館ぐらい建ててやれって提言すべきじゃないの?
センセからミンス党政権に。
モスクワも「プールがある!ケシカラン!」って散々マスゴミが誹謗してたけど、篭城するのにプールの水って重要なことぐらい理解しろって思う罠。

投稿: | 2010.01.19 11:40

> いやそもそも帰国子女なんていう使い勝手のある人材が、どうしてそんな所にいるんだろう。

知らぬは何とか。たしかに発音と耳はいい。しかし、話す内容、TPOの使い分け、果ては文法なんててんでできてない。高校新卒に企業間業務に関する書類を書かせるようなもので頼めたもんじゃない。語学力無さ過ぎです。バイリンガルというのはかなり稀有な存在なんです。本当に語学力のある人は海外で溶け込んでやってますよ。そこでやっていく力がなくて、日本内の外資とかに役にも立たない頭数だけはいる。でも、文化的に溶け込めないものだから、どこかへまた流れて渡っていく。渡世人みたいなものです。投稿者の相手も同じでしょう。
日本人は地道にちゃんとした学習をするのが一番。

投稿: | 2010.01.19 12:00

>「違う違う、RじゃなくてL。LionのL」と、ネイティブ風の発音でいちいち発音を指摘してくるのだという。

俺の話してるのは、日本語のライオン、お前の発音が間違ってる、ほらLじゃなくRでライオンって言ってみな、で良いと思う。

投稿: KAZ | 2010.01.19 12:23

>歴史で吉田松陰を教える事ができない…。石川県では辻政信すら教えてないのですけど…。 >バイリンガルですか…。英語と日本語喋れる人間なんて珍しくないですね、せめてフランス語とロシア語と英語と日本語を喋れるようにならないと…。 英語しか喋れないアメリカンという人種もいますけど…。

投稿: | 2010.01.19 12:25

>有田スターリン
ジャーナリストが権力側になびいて無様に堕落する様をリアルタイムで見せ付けられるとは。現政権は権力の使い方を知らないか曲解してるかのどちらかだろう。前政権まではマスゴミ野党連合の前では最低限の矜持はあった。

>9月末までに市町村へ申請 子ども手当で厚労省
自分では決して手を汚さず、地方自治体に実践を押し付け文句ばかり言う、今年の派遣村と同じ構図。しかし、まとまった金で受け取ったらそれこそ一部の派遣村住民のような使い方をしそうで。本件「あの馬鹿市長のお陰で川崎市ではまだ子供手当をくれない!!どうしてくれる!!」と言うのはナシでお願いします。

>郷土の偉人、学べない?
郷土の偉人といえども「アイツは大戦時にああいう戦略ミスをした」とか「アイツはあそこで負け戦に執着し更に傷口を広げた」という観点で更に選別するとかなり絞られてしまう。

>帰国子女の英語の発音がウザい
これが「大陸語」になったり「半島語」になったりは決してしないんだよなw

>富士通、500gを切るミニモバイルPC「LOOX U」
もう小さいのは老眼でダメです。

>ディズニーリゾート
調べてもお望みと思われる率での割引制度はないですね。金券屋でも滅多にお目にかからない。例えば地方から来る家族連れは万難排してほとんど海外旅行体制で行くので、宿泊とか土産代その他に金が掛かるから、パスポートだけ安くても大差ないし。

投稿: 剣 | 2010.01.19 12:32

>日本大使館
意外と大使館は独立した建物ではなく、ビルの中に入っているケースが多いですね。
ウィーンの日本大使館も旧市街の古いビルに入っています。ただし、大使公邸は別にあります。こちらは戸建てのケースも多いようです。

>ポストの投函を無線で知らせる「ポストの見張り番」
マンション向けはあるのでしょうかね。

>ハーキュリーズの日の丸が小さい!
一々塗り替えていては時間の無駄ですが、かと言って、災害派遣専用機材を準備するほど余裕もないですしねぇ。そういえば、C-Xですが、26日に初飛行という説が出ているようです。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.01.19 12:32

>日の丸が小さい
シーデビルのカメレオンシステムが在れば‥‥!
誰か発注してくれませんか外務省の予算で

投稿: | 2010.01.19 13:09

どうでもいいことですが、

>「違う違う、RじゃなくてL。LionのL」

大抵はRの発音ができなくて「LじゃなくてR」というのは良く聞くけど(英語講師に良く言われた)
逆っていうのは珍しいような。

投稿: | 2010.01.19 13:11

>ハーキュリーズの日の丸が小さい!

日の丸を描いても中南米ではどこの国か知らない国民も多そうです。
ここはひとつ、イラクの実績からもキャプテン翼をボディに大きくペイントしてはどうでしょう?

これで「キャプテン翼の国からの支援だ!」と分かってもらえますよ。

投稿: T2 | 2010.01.19 13:12

>郷土の偉人、学べない?

吉田松陰とその弟子はみんなテロリストそのもの。
キチガイ弟子が池田屋や蛤御門の変や病気、萩の乱で死んで
ある程度現実主義者の弟子の伊藤や山縣が生き残っただけ。

まして米内は全然偉人なんかじゃねえし。

1.海軍が関わった上海事変で米内が閣議で、上海へ陸軍派兵を強く要求。
政府は陸軍に派兵を要請。
不拡大方針の陸軍参謀本部(石原)は断ったが、石原は左遷され上海派兵が決定。

2.米内海相は、杉山陸相に南京攻略を要望。
不拡大方針の陸軍(参謀本部)に対し、政府がマスコミとともに蒋介石打倒、南京攻略を叫ぶ。

3.陸軍(参謀本部)がトラウトマン工作で停戦を主張。
政府側はそれに猛反対(特に海軍の米内と末次が強行に反対)

4.海軍が重慶無差別爆撃を強く主張。
陸軍は軍事施設のみのピンポイント爆撃を主張。困難なため途中で作戦中止。
海軍は無差別爆撃を終戦まで続行。推進者:米内光政、山本五十六、山口多聞、井上成美
(日中和平が絶望)(海軍は予算拡大の狙い)(三菱の大量受注の思惑)

5.海軍が南部仏印進駐を強く主張、断行。
北進論の陸軍は消極的に容認。(米英と決定的な対立。対日石油禁輸を決定)

6.海軍主導の対米交渉で、海軍の極秘奇襲作戦を成功させるため
野村大使(海軍OB)は故意に交渉を決裂?ハルノート改ざん疑惑あり。

7.海軍が真珠湾を奇襲。米国国民を本気で怒らせた。
南部仏印の海軍機が英戦艦プリンスオブウェールズを奇襲撃沈。チャーチルを本気で怒らせた。
(米英は総力戦を決意)

8.米内海相は、小磯首相の終戦工作を妨害して辞任に追い込む。
米内は徹底抗戦主張の豊田、大西の海軍主戦派人事を敢行 。
(連合艦隊を壊滅させた責任者と二千万特攻論者)(終戦の見込み絶望へ)

投稿: | 2010.01.19 13:39

>帰国子女の英語の発音がウザい

アニョ~ン!
朝鮮語の例ですが、朝鮮ショップの店頭には「キムチ」と挑戦的に「ム」を小さく書いているのをよく見かけます。まるでKI/MU/CHIじゃなくKI/M/CHIだよ!とでもい言いたげに。
また、したり顔の日本人で「ハングル文字」は誤り。「チゲ鍋」は誤り。「鍋用ラーメン・サリ」は誤り。と言う人もいます。

投稿: | 2010.01.19 13:51

>ハーキュリーズの日の丸が小さい!

ヤフーの記事を読んでたら「東京オートサロン」での出品車でいわゆるアニメキャラを
車のボディに描いた痛車なんだけれども。
あれは実はカッティングステッカーを貼っているのであって年々技術の進歩で大きいのが作れる
ようになってきてるそうなんだ。
メーカーさん…飛行機に使える日の丸のカッティングステッカーって需要ないのかねえ
貼るだけでOKなら、こういう場合に使いでがあると思うんだけど

印刷技術の進歩で大きなのが作れるそうで
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100116-00000003-tkwalk-ent

投稿: | 2010.01.19 14:23

>帰国子女の英語の発音がウザい

中国語の例ですが、日本や中国で大陸式の発音記号(ピンイン=ローマ字表記のようなもの)を学んだ人たちが台湾に来たりすると「このピンインは間違っている」と鬼の首を獲った如く指摘します。
台湾にはカタカナのようなものでボポモフォが有りますし、ローマ字表記が一定でないのは確かに問題なのですが、少なくとも中国語を勉強したことがある人には台湾国語(中国語)=ピンインとは限らない事を知ってほしいです。

投稿: | 2010.01.19 14:25

権田村へ妻子や、供の侍たちと帰農していましたが、新政府軍に捕らえられ、審判もないままに処刑されたのです。小栗上野介享年42 歳でした。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/culture_info/history_dl/oguri_k_yks.pdf
小栗上野介に学ぶ
http://www4.ocn.ne.jp/~kurasho/history/ogirihistory.htm
小栗上野介忠順の展覧会に行ってきました
http://blog.yuto.net/?day=20080508
本当の歴史を学べば、薩の海軍なんて言えなくなるからね。
郷土の偉人、学ばせないよね。

投稿: pongchang | 2010.01.19 14:33

>吉田松陰とその弟子はみんなテロリストそのもの。

現代に存在すれば彼らは反体制サヨク、それも極左集団、過激派そのものの行動者なんだよなあ
なんでサヨクの日教組の教師がそれを避けるんだろう?
自分たちの元祖みたいなもんだろうに
やはり天皇との絡みが出てくるのかなあ?
でも体制論でいえばあの時代は幕府権力が体制だから勤皇派が反体制派いわゆるサヨクと考えても
差し支えないと思うのだがな
その辺がこの国ややこしさなのかも知れん・・・
そういえば今や日本の保守を自任する自民党の祖先の自由党も発足当時はいわゆる極左集団で秩父事件起こしたり
困民党軍という党の軍事組織を持っていたそうだしw

投稿: | 2010.01.19 14:39

自民党の祖先が自由党?
板垣の自由党と戦後の自由党の区別もついていないのか。
戦後の自由党は伊藤博文の作った立憲政友会の流れをくむ政党。

おまけに吉田松陰を左翼というようでは終わりだな。
吉田松陰は左翼じゃないしまして極左でもない。
吉田松陰はその思想から言って右翼であり極右だよ。
反体制=サヨクって考えるお前の発想が既に間違っているだけだろう。
過激派=サヨクって発想の基本からして間違っている。

投稿: | 2010.01.19 14:51

>LじゃなくてR
日本人の英語発音を揶揄するのに「Engrish」なるしゃれがあるようですね。
もっとも英語圏の方でも方言の一つと認識しているようなので、実使用上はそれほど気にする必要もないでしょう。

テストで満点取らなければ英語を話してはいけない、なんてことがあるわけでもないのですし。

投稿: 銀次 | 2010.01.19 14:55

>帰国子女の英語の発音がウザい

ヨゥワッザ メ~ン!
会社で英語の若者言葉やギャル語使われるよりはマシです。

中国語の例ですが、北方訛りの「R」化(~アル)がウザイです。
現地人や現地での使用は構いませんが、これ見よがしに「俺、北京帰りなんだぜ」といった北京風を吹かすノンネイティブには閉口します。

投稿: | 2010.01.19 14:57

>これ見よがしに「俺、北京帰りなんだぜ」といった北京風を吹かすノンネイティブ

さすがにこんな奴は見たことないんですが、何か特殊な環境なんでしょうか?
例えば中国支社帰りが幅をきかす会社とか。

投稿: | 2010.01.19 15:54

>自民党の祖先が自由党?
板垣の自由党と戦後の自由党の区別もついていないのか。

言って来るやついると思ったよ
だいたいの流れでいくとこうだからね
自由党 (1881-1884) → 大同倶楽部 (1889-90)/ 自由党 (1890) / 愛国公党 (1890) → 立憲自由党 (1890-1891) → 自由党 (1891-1898) → 憲政党 (1898-1900) → 立憲政友会 (1900-1940)→第二次世界大戦→政党復活→立憲政友会(正統派)系の鳩山一郎、河野一郎、芦田均らを中心に、旧立憲民政党に属していた三木武吉らも参加し日本自由党を結党→民主自由党 (1948-1950) → 自由党 (1950-1955) → → 日本民主党 と合流して自由民主党を結成
ころころ名称が変わったりくっついたり分派したりはあるけれど大筋ではこうだ。ちゃんとつながっている。

>吉田松陰はその思想から言って右翼であり極右だよ。

単純に右翼極右(当時の右翼なら攘夷思想がこれにあたるかな)とは断定できない。
吉田松陰がアメリカに渡って学ぼうって考える時点でいわゆる一般の勤皇家(自民族至上主義の連中とでも言おうか)
とはちがうだろう。ほんとの極右ならそういう発想すらタブーだろう攘夷のやつがそんなこと考えるか?
時代背景を考えると当時のアメリカに渡ろうっていう行動は
1930年代の学者が当時のソ連に留学するようなもんだ。

>反体制=サヨクって考えるお前の発想が既に間違っているだけだろう。

いやそもそもフランス革命で王党派(日本でたとえれば体制派幕府といってもさしつかえないだろう)が議席の右に座った
のに対して反対派の革新派が左に座ったのが始まりであるから
サヨクと呼んでも差し支えない。

>過激派=サヨクって発想の基本からして間違っている。

戦前はともかく、安保闘争以降は一般常識として過激派=サヨクの図式でほぼ間違いないのではないかな?
だいいち真面目にちゃんと過激派として活動して新聞紙面を飾った右翼の過激派集団って聞いたことあるか?

投稿: | 2010.01.19 16:23

>サヨクと呼んでも差し支えない。
つーか、米国じゃ、極右こそが反体制(反政府)だよ。
生半可なことぬかしてんなよ。

投稿: | 2010.01.19 16:37

>1.海軍が関わった上海事変で米内が閣議で、上海へ陸軍派兵を強く要求。
>政府は陸軍に派兵を要請。
>不拡大方針の陸軍参謀本部(石原)は断ったが、石原は左遷され上海派兵が決定。

 先制攻撃を仕掛けて来たのは支那で、我が国にとっては正義の自衛戦争なんだから、徹底的に反撃して当然でそ。石原莞爾の言うとおり上海から逃げ出そうとすれば、第2の尼港事件となって、在留邦人も上海特別陸戦隊も虐殺された。陸軍の投入は、当時としても正しい判断。


>2.米内海相は、杉山陸相に南京攻略を要望。
>不拡大方針の陸軍(参謀本部)に対し、政府がマスコミとともに蒋介石打倒、南京攻略を叫ぶ。

 始めた(仕掛けられた)戦争は終わらさなければならない。当時の戦争の常識であれば、首都を占領されれば勝負あっただから、間違った要求ではない。

投稿: 土門見人 | 2010.01.19 17:04

 日垣先生はいつのまにか Twitter なんか始めていたんですか?(隊長ネタ) 全然知らんかった(^_^;)。

 さっき書店で週刊ダイヤモンドの表紙を見たときには、かな~り微妙なorz感に浸されたわけですが。

投稿: 大石 | 2010.01.19 17:33

>つーか、米国じゃ、極右こそが反体制(反政府)だよ。

アメリカ的右翼っていったらリバタリアン(日本でいうところの「新自由主義者」)のことだとばかり思っていましたが?
リバタリアンも確かに「反体制」といっていいのかもしれないけど、左翼テロリストもちゃんといるんだけどなあ。

言葉の本来の意味からいったら右翼=体制派(守旧派)、左翼=反体制派(革新派)ってことだから「護憲派」(9条主義者)は「右翼」である、って呉智英が80年代に書いてたような記憶がありますよ。うろ覚えですが。

投稿: | 2010.01.19 18:02

投稿: | 2010.01.19 18:02 は私の書き込みです。失礼。

で、そもそも仏革命のころの枠組みで今の日本を語ろうとするから、こういうおかしな話になる。
そんな恣意的な定義論争で罵り合いなんて、バカバカしくありませんか?


だいたい、(極めてヌルいけど)リバタリアンである私から見たら、いわゆる「ウヨク」も「サヨク」も「大きな政府」主義者であるという点で、そっくりなんですけどね。

投稿: y | 2010.01.19 18:09

フランス革命までさかのぼるのなら
右翼=穏健改革派(ジロンド派)
左翼=血を流すことも辞さず最後は内ゲバで自滅する過激派(ジャコバン派)
じゃね?

投稿: | 2010.01.19 18:32

アメリカは極右テロが実際にあるけどねえ。
オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件とか。

投稿: | 2010.01.19 18:38

オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件って「極右テロ」なの?
ティモシー・マクベイは反連邦主義かもしれないけど。ブランチ・ダビディアン事件の連邦政府のやり方に復讐するためにやったんでしょ?
つか、反連邦主義=極右と定義するのならそうなのかもしれないけど、米国独特の定義というか、あまり一般性がないというか。

投稿: | 2010.01.19 18:46

>投稿: 土門見人 | 2010.01.19 17:04

だから?リンク先記事の県教委が米内をリストに加えた発想のもとが、米内を平和主義者とする典型的な陸軍悪玉論だから、陸軍不拡大路線時代にイケイケドンドンと拡大したのが海軍でその中心が米内だった事実を指摘しただけ。土門氏の指摘は別に米内はそうではなかった不拡大派だったというものではなく、むしろ米内が拡大派だった証拠にしかならないから、リンク先記事の県教委職員批判の結論は変わらないね。

投稿: | 2010.01.19 18:55

>投稿: | 2010.01.19 13:39

海軍悪玉論か。ネットで見るのは、初めてですね。日本では、陸軍悪玉論が主流のような気がするのですが、なぜなんでですかね?

投稿: M.N | 2010.01.19 19:04

>投稿: | 2010.01.19 18:32

いや、左右ともに暴力使いまくりでしょw
右派が穏健?暗殺から暴動までひととおりやってますが?
そして中の人はドンドン転向して、あるときは右、あるときは左と
生き残る為に立場をドンドン変えていますね。
フーシェもそうだし、ナポレオンからして元ジャコバンw

投稿: | 2010.01.19 19:16

>>これ見よがしに「俺、北京帰りなんだぜ」といった北京風を吹かすノンネイティブ

投稿: 2010.01.19 14:57(ヨーメン)です。

北京留学自体は標準中国語(普通話)を学ぶ上で効果的だと思います。そもそもR化は日本、中国、台湾でも習いますが、「北京ではこのような話し方をする人がいますよ。意味はこうですよ」くらいに捉えておけば十分で、外国人が積極的にR化する必要は無いと思います。

問題なのは北京風を吹かす=演技性人格障害=特殊な人たちで、そういう人が沢山いる状況は、ある意味特殊な環境にあるかもしれません。
北京風を吹かす人たちの共通点は、言うまでも無く中国語の優位性ではなく北京訛りの優位性を他者と比較したい訳ですから、その後ろ盾である北京の自慢もしますし、他者を貶めることもします。

日本の大学では、休みを利用して北京に短期留学する人もいますが留学先の言葉が影響する場合があります。留学の高揚感もありますし、これが本場の中国語だと信じ「恰好いい」と思っている人もいるかも知れません。中には自分の語学力の至らなさを煙に巻くために北京訛りを利用する人もいるでしょう。

台湾では、将来中国勤務予定の企業派遣の学生が多くいますが、実は個人での中国留学のあまりの過酷さに絶えかねて、温い台湾に逃げてくる留学生も多々います。なのに台湾の悪口を言う人もいるのです。そういう人は大抵すぐに日本へ帰ってしまいますが。
「私は」=「我是」、北京語ではウォヒーですが日本人や香港人はウォシー、台湾人はウォスー、ワセーなので「ズーズー弁でダサイ」や「四十四不是十四」=「スースースーブス-スースー」で「なに言ってるか分からん」と、台湾の中国語をからかう人もいます。
中には、北京を通り越して中国の国歌を台湾で歌う人もいますし、台湾のTVで全人代や天安門が映ると拍手する人もいます。勿論、日本人です。

普通の日本の会社でも、北京帰りの日本人が電話越しに必要以上に大きな声の北京訛りをしゃべります。電話の相手が北方民族なのか、電話回線の状態が悪いのかは私には分かりませんが、「交渉事はこれが現地流」と言わんばかりに周囲にアッピールしているとしか思えてなりません。

ということで、北京帰りが北京に愛着を感じるのは当然と思いますが、中国の地方や他国、ましてや自国の文化まで蔑ろにする人たちが決して少なくないという事実をこの場を借りて表明させていただきました。


投稿: ヨーメン | 2010.01.19 19:53

>左翼=血を流すことも辞さず最後は内ゲバで自滅する過激派(ジャコバン派)

この法則は現代もちゃんと生きてますよw
ソ連も中共も日本も粛清とか内ゲバとかw
逆に血を流すことも辞さず最後は内ゲバで自滅する右翼ってのは聞かないもんね

>つーか、米国じゃ、極右こそが反体制(反政府)だよ。

ほとんどの団体が共和党の票田だろ?
たまに民主党から下院議員候補を選ぶ予備選挙に立候補して惜しくも本選で共和党候補に敗れた
ネオナチ系のトム・メツガーみたいなおもしろいおっさんがいたりするけど(アメの民主にも極右はいたのねw
まあ日本の民主にも西村氏みたいなもんがいたが)
でもテレビのトークショーの司会やってる人気者のネオナチって・・・(西村氏もコメンテーターでやしきたかじんの
番組に出てたなそういえばw)
あと、大石センセが詳しい
武装民兵組織「ミリシア」なんてのがあるけど、彼ら子供まで武装して軍事訓練しているが政府にとがめられて
とっ捕まったってなんて話はとんと聞いたことがないね
もとは中西部の百姓が連邦政府の農業政策に乗っかって金借りたけど作物が暴落して大損こいて
「わしら政府に騙されたっぺ!」「政府なんざ信用ならねえだ!」「んだ!んだ!いっちょやっぺ!」
という集まりみたいで他とはちょっと成り立ちが違うから、こいつらこそ本当の反連邦政府組織かなと思ったが
今は政治家が絡んできて大きな票田として立場になって、どっちかっていうと武装してる農協さんみたいなもん
になっちゃったかな?
団体に属してる個人のテロはあるかもしれないが
火炎瓶やゲバ棒が飛び交ったり、立て篭もったりハイジャックしたりするのが反体制派の闘争
だよっていうのをさんざん見てきた日本人からすると
「武器そんなにたくさん持ってて、いったいいつになったらホワイトハウスに突入する
ねん!やる気あるんかお前ら?」と突っ込みいれたりしたくなる
まあ、アメさんの反体制を叫ぶ極右見てたらそう感じますわw
ほとんどが日本の街宣右翼と変わらないんじゃないの
せめてアメリカ共産党みたいに非合法にされんと一人前の反体制政治団体とは言えないだろう

投稿: | 2010.01.19 20:45

>極右

アメリカとかのネオナチに日本の街の地図を見せると勘違いして
大喜びすると思う
特に京都の地図なんてどこもかしこも卍のマークだらけだから

投稿: | 2010.01.19 20:55

>いや、左右ともに暴力使いまくりでしょw
右派が穏健?暗殺から暴動までひととおりやってますが?

つまり外へ外へと攻めて出る外交的な人がなるのが右翼で
内弁慶で中で暴れる人がなるのが左翼ってことですね
他人を見たら突っ込みを入れたくなる性質の人が右翼で
自分でボケて自分で突っ込む性質の人が左翼ですね

投稿: | 2010.01.19 21:16

>※ 有料版おまけ やっぱりハイビジョンは綺麗
> DVDデッキだと、SD画質に落としてしかハイビジョン番組のディスクへの保存はできないでしょう。
最近の機種(非BD機でも)ならMPEG4-AVCでHD録画出来ますよ。
まあ、1層で2時間入れようと思うと画質は落ちるようですので、1時間が良いところでしょうか。(私が使ってるのは古くて対応してないので、どのくらいの画質かは書けませんが)
また、メディアもCPRM対応のを使わないといけないです。

投稿: Za | 2010.01.19 21:20

>武装民兵組織「ミリシア」なんてのがあるけど、彼ら子供まで武装して軍事訓練しているが政府にとがめられて
とっ捕まったってなんて話はとんと聞いたことがないね

合衆国 憲法修正第2条の「市民が武装する権利」


>「武器そんなにたくさん持ってて、いったいいつになったらホワイトハウスに突入する
ねん!やる気あるんかお前ら?」と突っ込みいれたりしたくなる

連邦政府と州政府の区別できてる?

アホな日本の反体制派と違って、勝利条件を明確に定めているだけだと思われ。

投稿: ほるほる | 2010.01.19 21:42

>まあ、1層で2時間入れようと思うと画質は落ちるようですので、1時間が良いところでしょうか。

どうかね?どんどん進化するからね。

>パナソニック、2番組同時にフルハイビジョン番組を10倍録画が可能な新DIGA
>第4世代の「新アドバンスドAVCエンコーダー」によるもの。
>片面1層のDVDメディアには、最大で約4時間分のフルハイビジョン映像の記録が可能だ。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/19/058/

投稿: | 2010.01.19 21:50

>>武装民兵組織「ミリシア」なんてのがあるけど、彼ら子供まで武装して軍事訓練しているが政府にとがめられて
とっ捕まったってなんて話はとんと聞いたことがないね

合衆国 憲法修正第2条の「市民が武装する権利」

今回のお題が、「米国じゃ、極右こそが反体制(反政府)だよ。」なんで
なんで反体制、しかも堂々と反連邦政府を掲げてる極右武装集団が武器抱えて軍事訓練やってるのに
なんのお咎めもないし、それを規制する法律もないのかねってことでしょう。
逆説的に連邦政府は彼らを反体制テロ集団と見てないんだよね。
だったら反体制ってのは看板だけなんじゃないのっていう皮肉でしょう
ちなみに連邦法でライフルは18歳以上、ハンドガンは21歳以上から購入ができるとある
でも所持に関しては可能かは州によってさまざまである。
よって子供も武装して軍事訓練というのは州によってはダメなところもあるんじゃない?
まあダメでも慣習を優先させて黙認かもしれんがね。シンパ多いそうだから

>連邦政府と州政府の区別できてる?

ホワイトハウスに突入するねん!と出てるがなw
だから連邦政府のことでしょ?
だいいちミリシアは連邦政府の農業政策の口車に乗ってローンで金借りて
生産規模拡大させたら作物が暴落して大損して土地を手放したり
せざるを得なくなった。いわゆる二階に上げられて梯子を下ろされた
っていう立場の農民が連邦政府に不信感もって
「わしらわ連邦政府に騙された!もう反連邦組織作ったる~!」
って怒って作った組織だってんだから
でも今や彼らは勝利条件を明確に定めて時期を待ってるっていうよりも
組織の大きさを生かして圧力団体になってるって感じ
それみろやっぱり看板だけじゃんっていうお話
やっぱトム・メツガーが一番だねwアメリカの西村慎吾w

投稿: | 2010.01.19 23:03

>逆説的に連邦政府は彼らを反体制テロ集団と見てないんだよね。

反体制だからといって、テロ集団とは限りませんよ。

投稿: ほるほる | 2010.01.19 23:10

>反体制だからといって、テロ集団とは限りませんよ。

まあテロ集団云々てのは全体の流れからして瑣末なことで
反体制左翼のアメリカ共産党は哀れにも非合法とされているのに
方や反体制右翼の反連邦政府を表明しているしかも武装して軍事訓練までやってる
物騒な連中はなんで合法なんだということを言ってるわけですよ
(ここで誰かがアメリカお得意のダブスタなんだよという月並みな
説明以外を出してくると面白くなるんだけど)
まあいろいろ調べてるうちに、アメリカは共産主義、社会主義に対しては
それこそゴキブリを見たら「キャ~~~」と叫んで殺虫剤をぶちまける人くらいに神経質で
やりすぎと違うか?と思うくらいの反応をするんだけれども
逆に右翼に対しては大事にしているペットのニャンコに噛まれたり
ひっかかれたりしてもニコニコして抱いてる飼い主くらいに
多少暴れても異様なくらい寛容なんだなと思えてしかたがない。
そう思いません?

投稿: | 2010.01.20 00:57

共産党に関しては米国じゃ赤狩りを持ち出すまでもなく、歴史的にも政治的にも特殊な存在だからね。東と直接対峙してた西ドイツも共産党は最高裁の禁止命令で解散させられてるし。むしろ日本の共産党が生き残ってる方が奇跡に近い。今の共産党はともかく、当時の共産党は少なくとも世界中の西側の体制側にとったら、スターリンの指導の下、体制転覆を本気で考えてる危険な存在にすぎなかったわけで。ミリシアに関してはそれこそ本気で連邦政府を転覆する意思も武力もないと思われてるからでしょ。逆にアーリアン・ネーションズの地下組織みたいに危険な事件を起こせば全員逮捕されてる。米国じゃ子供に銃を教えたくらい目くじらたてんでしょう。例のブランチ・ダビディアン事件だって宗教団体があれだけの武装をしてても事件化するまでは手を出せなかったわけだし。その辺は日本と全然事情が違う。

投稿: | 2010.01.20 02:19

右翼のテロはあまり聞かないけど、右派・保守派によるクーデターは第三世界では珍しくも無い。

ああそう言えばイスラエルのラビンを殺したのは右翼のテロですね。

投稿: | 2010.01.20 09:29

>その分の予算は手当てしてくれないんでしょう?

いやいやいや、事務費は出ますよ。出ないで仕事だけしろ、なんて逢坂代議士じゃなくても暴動起こします(笑)

投稿: ほげ | 2010.01.20 12:43

右翼も左翼もいろんなセクトがあるし、時代背景や持ち出す基準によったり分類する人の政治思想に
よってころころ変わるからね。
例えば吉田松陰や尊王攘夷の志士を左翼と見るか右翼と見るか?
反米、反体制のカテゴリーで分類しちゃえば現代の反米左派とおなじ仲間の輪っかに入るだろう
生徒に彼ら攘夷志士は反米左派であると吹き込めば信じちゃうだろう
しかし天皇というファクターを入れると意見は別れるけどね
でも天皇の立場自体が江戸期幕末と明治維新以降では異なるからそこはウヤムヤにできるけど
、全然権力なんて持ってなかったし
ましてやマルクスレーニン主義のイデオロギーなんてあの時代にはなかったから
反体制の思想を入れる場所に何を入れるか探したら勤皇イデオロギーをセットするしかなかったんだよと言えばいい
ということで、教える人の価値観しだいで無垢な生徒には右だとも左だともなんとでも吹き込めると思うので
「価値観の押しつけ」などとクレームは右からも左からも出かねないデリケートな問題だと思うよ
教師が係わり合いを避けて逃げ出すのも無理はない

投稿: K | 2010.01.20 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸が小さすぎる:

« 鈍感力 | トップページ | 日垣隆は大丈夫なのか? »