« 本日ネタ無し | トップページ | 不可解 »

2010.01.13

こんな所にも人質司法

 今日は、鹿児島でも平野部での積雪予報が出ています。この時期に鹿児島で積もるような雪が降るのはあまり記憶にないですが。
 世界的な寒波でして、滅多に積もることのないイギリスの南部も積もっているみたいなニュースがありました。ロシア、中国、北米と、北半球が漏れなく寒波に見舞われるのは珍しいですね。
 昨日は、川崎もパラパラ雪が舞ったらしく、女房が風邪引いて私は幼稚園の送り迎えでワヤです。今は晴れているのですが、寒いですね。
 スキー場も、本来ならこの降雪で嬉しい悲鳴と行きたい所でしょうが、この不況でめでたさも中くらいという所でしょうか。

 昨日、溜まった新聞を抱えて耳鼻科に行ったのですが、自民党の青木元幹事長の出馬を巡る地元の思惑を伝えるレポートが朝日にあったんです。
 青木さんの地元には、材木商なのでしょうか、その一帯を収めるウルトラスーパー資産家があって、そこは、CX系列の民放テレビ局を興して、その跡取りは、CXに就職して、海外特派員も経験して、地元局の社長含みで最近戻って来たんだそうです。
 で青木さんは、自分の息子に議席を譲りたいんだけど、「竹下のたかが秘書如きが票田を息子に譲るなんて身の程知らずな」、という反感が地元にはあるらしい。いやそれはそれでどうかと思うけれど(^_^;)、
 もうなんか私はその記事を読んでいて、目眩がしてきて、これはいったい21世紀の日本の姿なのか? まるで、犬神家の一族みたいな世界ですよ。
 地方には、大なり小なり「なんとか天皇」と呼ばれる代々その地域を収めてきた有力者がいるものだけれど、それにしても度が過ぎていやしないかと思うし。やっぱりこういう人々の利権の温床になっているから、民放の地方局は潰さなきゃいかん、と思いますね。

 それはともかく、青木先生の無事な出馬を祈っております!

※ 傷害:「メッセンジャー」黒田さん 示談成立、釈放
http://mainichi.jp/kansai/news/20100112k0000e040085000c.html

 逮捕が25日ですから、18日ぶりの釈放ですよ。しかも起訴猶予処分。馬鹿げているとしか思えない。欧米ならこんなの、弁護士が警察の留置場に駆けつけて、その場で釈放ですよ。
 もし彼が、警察側のストーリー通りに罪を認めていたら、大晦日前に保釈したでしょう。きっと警察も、彼に対して、「正月は娑婆で迎えたいだろう? だったらたいした罪じゃないし、相手のストーリーを飲んだ方が良いぞ」と脅したはずです。本人としてはよほど納得しがたいストーリーを警察が迫ったのでしょうね。

 いずれにしても、これも人質司法の最たるもので、マスゴミがこの肝心な部分を華麗にスルーして、単なる芸能人のスキャンダル程度に報じていることに怒りを覚えます。
 この国で人質司法が一向に改善されないのは、マスゴミが検事役として振る舞うことを止めないからです。

※ 長崎・大村市長「反対」明言…社民・照屋氏視察で
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100112-OYT1T01565.htm

 話が違うじゃないですかぁ!? 受け入れウエルカムと言ったんじゃなかと? で元帥はAERAで、「嘉手納も辺野古も可能性は無い」と書いていらっしゃるんですけれど、その理由が、たとえば辺野古では、オスプレイでのアセスをやっていないから、とか、嘉手納に関しても、地元住民はこれ以上の騒音被害は受け入れないだろう、みたいな仰りようなんです。
 私はそこは疑問ですけどね。嘉手納は、騒音被害を言うのなら、米空軍に部隊減させりゃ済む話だし、もし大村に行くとなったら、それはそれで騒音問題のアセスはやるしかないわけで、そこいらへんは辺野古も一緒。
 沖縄ではまた別の所に埋め立てする、みたいな話が昨日出て来ましたが、沖縄に留めるか否かで政権が揺れているのは、要は中央のゼネコンと、そこにぶら下がる沖縄の土建業界が埋め立て事業を欲しているという、そこに尽きるんですよね。
 そこいらへんが、去年の選挙で沖縄でも勝ってしまった民主党が、迷いがふっきれない部分なわけです。国民新党の下地さんですら、もうそんな公共事業は要らないと言っているにも拘わらず、次の選挙を睨むと、民主党議員的には、県内移転は「無駄な公共事業で環境破壊ももたらす」ときっぱり言えない部分がある。

※ 日航OB年金減額同意
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2010011302000089.html

>日航が提示した削減幅は、退職者分が約30%、現役社員分は約53%。

 昨日からずっとこのニュースを見ていて、何処のテレビ局も、その減額で、日航OBが受け取る年金が、総額にしてどのくらい減るかを具体的に報じた所は一社も無いんですよね。
 それで明日から無一文になるというのならともかく、ぶっちゃけた話、これは二階建て部分では無く三階建て部分の話ですよね? それで月50万円貰っていたOBの三階建て部分が3割削られて、41、2万円に減ります、という話ですよね?
 私は、納税者としてお断りします。どうしてこんな甘えが許されるのか全く理解出来ない。しかもこれ、権利として保障されているから、OBが日航を訴えたら、日航側が負ける可能性もあるわけでしょう。
 このまま倒産しますというのなら私は同情しますけれど、未だにこんな無茶苦茶を言っているような会社を助ける義理があるとは思えない。

※ 上振れ期待
http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201001060434.html

>ドルを売り払って円を国内に持ち帰り、国内の消費を増やすしかない。

 これも病院で片づけた新聞から。この経済気象台で「岳」のペンネームを使っている方はalternative なことを書く人で好きなのですが、これはどうでしょう。
 そんなに単純な話なのかなぁ、という気がするのですが。問題は、その「円」ですら使い道が無く、消費が今以上伸びない、ということでしょう。消費が伸びる要素は、イノベーションと規制緩和しかないですよ。イノベーションがほとんど見込めない以上は、規制緩和しか無い。

※ 武器輸出3原則見直し、防衛相が前向き発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100112-OYT1T00795.htm
*武器輸出三原則、防衛相が見直しに言及 首相は否定
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100113ATFS1202712012010.html

 発言した場所が場所ですからリップサービスに過ぎないんですけれど、政権スタートして以来、鳩山さんがここまで厳しい言葉で閣僚を非難したのは初めてですよね。
 今後、米国以外から正面装備を買うことになると、何処かに風穴を開けて置いた方が良いんですけどね。共同開発をスムーズに行うために。
 現実的に武器輸出自体は無理だろうけれど、もしそれが可能になったら、「日本は武器輸出が出来ないから兵器が高くなるんです」という弁解も使えなくなるからよろしいんじゃないでしょうか。
 私個人は、結果的にそれが売れなくても、そろそろ三原則は外すべきでは? と思っています。というのは、海外市場を意識するだけで、開発現場は性能面や価格面でのアドバーンテージを積極的に考えるようになりますから。それに今後、ますます国外での多国籍任務が増えるのに、使っているシステムが全部外国製で、自国からメンテを含めて提供できるシステムがTOUGHBOOKだけというのも困るでしょう(^_^;)。

 今朝の朝刊瓦版@テロ朝で大谷@ボケ老人がギャンギャン吠えていたけれど、武器は人殺しするだけではないし、逆に民生品といえどもTOUGHBOOKみたいに戦場を席巻するアイテムもある。ことはそんなに単純じゃない。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 東大、液体レンズ使い全焦点動画の撮影に成功
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320100112aaaf.html
http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/mvf/FocusStacking/index-j.html
※ 「ズボンはかず地下鉄に」3000人が参加
http://www.sanspo.com/shakai/news/100112/sha1001120503002-n1.htm
※ パナソニック:持ち替え不要 前も後ろもとがったアイロン
http://mainichi.jp/select/today/news/20100113k0000m020126000c.html
※ カモの驚くべきペ○ス:螺旋型が「爆発」
http://wiredvision.jp/news/201001/2010011222.html

※ 前日の空虚重量70.8キロ

 すんません。↑メルマガに書くのを忘れました。

※ 有料版おまけ 米中軍事同盟を男女関係にたとえると

|

« 本日ネタ無し | トップページ | 不可解 »

コメント

>年金
先生のお怒りはわかりますが、現行の制度では、収入にかかわらず全員が同じ定額の保険料を支払う国民年金と異なり、厚生年金保険は収入が高い人ほど高い保険料を納める仕組みになっています。
ですから、現役時代に納めた保険料の違いが、年金額に影響するので、会社が倒産しようが、解散しようが関係ありません。それこそ、国民年金に一本化しない限り、この問題は解決しないと思います。

ところで日本航空の株価はついに下限の7円まで下がりましたね。

>人質司法
ところで、沖縄でひき逃げ容疑で逮捕された米兵ですが、簡易裁判所が「拘置理由がない」と、いったん那覇地検からの拘置請求を却下しましたね。最も、地検が準抗告して、地裁が却下を取り消していますが…これは珍しいことではないですか。

>武器輸出3原則見直し
民生用のトラックやパソコンが「兵器の一部」として多数使われていますが、これは問題にしないのでしょうかね。そうそう、PS-3というのもありましたね。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.01.13 11:09

>出雲
まぁ、御柱とかもそうかもしれないけど、隼人は制覇されたあとたかが御家人の島津の草履の裏を舐めたに留まる一方で、歴史があるっていうだけで、リスペクトしなきゃ。
で、ルサンチマンの樹氷戦線を、是非テレビ関西で連ドラにして下さい。大山に舞台を移して。
http://www.mirai.ne.jp/~ken-k/eiji-oh/rippuu.html
>沖縄
1/13の朝日新聞紙面は、守屋まで出てきて、大変抑制された良い紙面でした。「苫小牧を奨めたが東シナ海まではと遠いと断られた」「日米防衛といっても法的裏付けがなかった(←オマケにつづく)」
埋め立て?那覇軍港や牧港補給地区とセットで、是非、泡瀬干潟をどうぞ。工事の予算をつけるには良い言い訳です。
http://atochi.ogb.go.jp/atochidoc/carte/carte22.htm
http://atochi.ogb.go.jp/atochidoc/carte/carte21.htm
県内移転を進める飴としては普天間跡地で五輪、これ鉄板です(嗤)

投稿: pongchang | 2010.01.13 11:23

>アイゼンシュタインさん

厚生年金以外のJALの企業年金部分に公的資金が注入されることを批判してるんだと思いますよ。

投稿: あべし | 2010.01.13 11:24

>もうなんか私はその記事を読んでいて、目眩がしてきて、これはいったい21世紀の日本の姿なのか? まるで、犬神家の一族みたいな世界ですよ。

そんなのがあるからこそ日本は楽しいんじゃないか
日本全国のっぺらな東京になるなんて真っ平
地方に行けば地方的闇がある!これでこそドラマが生まれるってもんだ

投稿: | 2010.01.13 11:24

>厚生年金以外のJALの企業年金部分に公的資金が注入されることを批判してるんだと思いますよ

それならば、よくわかります。早とちりでした。すみません。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.01.13 11:31

田部長右衛門が何ですって?
別に材木がメインじゃなかったのが、農地改革で山しか残らなかったから戦後材木がメインになっただけ。

投稿: | 2010.01.13 11:41

>国民新党の下地さんですら、もうそんな公共事業は要らないと言っている

これは微妙な表現。
なんつっても下地ですからね。
大米としては何でも良いだけでしょw
http://www.yonewa.co.jp/index.jsp

投稿: nao_c/w | 2010.01.13 12:42

>武器輸出三原則
産業界が緩和を望むのは輸出の際、「三原則に反していない」事を証明するための書類、手続きが大変というのもあります。このコストが結構バカになりません。
まあ、トラックの軍事転用とか無人ヘリの問題とかもあるので難しい所ですが。

投稿: T2 | 2010.01.13 14:20

>>※ 長崎・大村市長「反対」明言…社民・照屋氏視察で
>http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100112-OYT1T01565.htm

あれれ…大村市長、毎日新聞が「鳩山勉強会」の大村移転案を報じた翌日の1/7には
---
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20100107ddlk42010485000c.html

大村市の松本崇市長は「国内の米軍基地の75%が沖縄県に集中している」と沖縄以外への移設に理解を示した上で「万が一、国が(移設先は大村と)言ってきたら、行政としてどうするか、慎重に対応したい。議会の意見も聞かなければならない。私としては白紙」と強調した。海自ヘリの騒音問題もあり、「これ以上、住民に迷惑を掛けることはできない」とも述べた。
---
と非常に曖昧な態度をとっていたのに、今回は公式に「反対」ですねぇ…
たかだか一週間で態度固めるというのも何か不審な感じしますね。
住民からの猛烈な圧力があったのか、真正保守(笑)や防衛族の大物から恫喝があったのか…

投稿: 業界インサイダー | 2010.01.13 15:05

この高額といわれている年金を受け取っている人は現役時代税金を一千万円以上納めていた人ですよ?日本の累進課税のひどさをご存じですか?当然年金にも税金がかかるってご存知ですか?公務員の恩給に毛が生えた程度で文句というか日本中の敵みたいにされた日には家族はたまったもんじゃありません。

投稿: kijibato | 2010.01.13 16:49

> 現役時代税金を一千万円以上納めていた人ですよ?

こういうことを書いても同情はされにくいと思うなぁ。
プロスポーツ選手やなんかと違ってサラリーマンだから何十年も手取りで1000万ぐらいもらえてたわけで。

> 当然年金にも税金がかかるってご存知ですか?

年金が少なくて税金がかからないより、年金が多くて税金もそれなりに取られるほうが手取りは多いと思う。

そもそもJALでの労働がそれほど大変だったとも思えないので、JALで高給もらってたってことは、「うまくやりやがって」という感覚でしかないんですよね。「世界中を旅行できて給料もたくさんもらえて」って感じで。

投稿: | 2010.01.13 17:26

>これはいったい21世紀の日本の姿なのか? 

小沢だの鳩山だのを担いでおいて何をいまさらw
田中派なんかこんなものですよm9(^Д^)プギャー

投稿: | 2010.01.13 17:47

> 現役時代税金を一千万円以上納めていた人ですよ?
それを払っていたということは、給料を一千万円以上貰っていたという以外のなにものでもないでしょ?

月に8万円くらいの国民年金で生活している人々にとっては、OBの年金のために会社が傾いて、中途半端に減額された年金がOBに支払われる、その原資にすべての国民が支払っている消費税を含む税金が使われるなら、法律で決まっているようにいっそ倒産して年金基金も精算したほうがすがすがしい。

投稿: | 2010.01.13 17:53

>企業年金
今回の資本注入は、企業年金支払「のみ」のためになされるものですか?そうではないと思うのですが。
また、企業年金は退職金の後払いであり、退職金は給料の後払いであるという今受給している方々が働いていた時分ではごくごく当たり前の考え方から言うと、年金の運用利回り部分のカットはありとして、もともとの退職金額部分の減額をしたらそれこそ一企業として大事でしょう。
その退職金額算定の基礎となっているはずの給与水準の是非はまた別問題ではありますが、すでに退職している人(本来退職一時金を全額受け取っていてよい人)に退職金の返納を求める権利(JALにとっての債権)が発生するはずもありません。

今回の資本注入は、企業年金問題という財務的な不安要素を解消すれば本業の再建が可能、という判断のもとなされるものですよね。その判断すなわちJALの事業にたいして公的資金を注入するのが妥当かどうか(本当にその価値があるのか)というところで納税者としての意見は述べるべきであるかと。当然その前提として、今回の資本注入が退職金の支払いや銀行からの借入金の返済にそのまま充てられることはないことがあるべきであり、私は今のところそう信じています。

投稿: さまよえる人 | 2010.01.13 17:53

>現役時代税金を一千万円以上
いや、ですからここで問題になっているのは、基礎年金とか厚生年金とかじゃなくて、会社に積み立てた企業年金のこと(いわゆる3階部分)でしょ。会社が潰れりゃ、多少の優先権はあるにせよ、基本的にその他の借金(いわゆる債権)の償還率と同じ比率で出資者に戻される。つまり、ほとんど残らないんですよね。それを税金で補填しようってのは、筋違いじゃないか。と皆さん言っている訳です。基礎年金や厚生年金は、現役時代の年収にある程度比例して満額貰えるんですよ。それで十分じゃね。

投稿: | 2010.01.13 17:54

>武器輸出
やっぱり自分達の使っている道具の国際的な評価って気になると思うんですよ。
誰も見向きもしない道具で国と自分自身を守るのは切ないでしょう。
今の段階で89式小銃を買うような奇特な国はないかもしれませんが、
シビアな國際評価に晒される事で、次に繋がっていくと思うのですよ。
それに新たなマーケットに参入するメーカーだって現れるかもしれない。
確かグロックって元々はプラスチック屋でしょ?
妄想を膨らませばタカラトミーが本物の(ry

実際問題として「中古市場」はどうででしょう?
空系と海系は中古市場でなら勝負ができそうな気がするのですが。
アジアの潜水艦市場をドイツに独占させるのも癪じゃないですか?

禁止を声高に叫ぶ連中の言い分を聞いていて未だに理解できない。
「日本車を輸出しなけりゃ交通事故は世界から減るの?」
平和と安定を維持する道具でもあるんだけどね。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.01.13 17:58

>民生用のトラックやパソコンが「兵器の一部」として多数使われていますが、これは問題にしないのでしょうかね。
「販売条件に『軍事転用しない』という内容を盛り込もう」とか言ってる市民団体があるって聞いたような記憶がある
そのうち、「自衛隊に米売るな」とか言いそうだな

投稿: | 2010.01.13 18:15

>民生用のトラックやパソコンが「兵器の一部」として多数使われていますが、これは問題にしないのでしょうかね。

アフガン(イラク?)が、『TOYOTA WARS』って言われたのを思い出しました。
ハイラックスとかランクルって、自衛隊の車両よりよほどバトルプルーフされてるんですねー。

投稿: | 2010.01.13 20:31

そりはチャド内戦の話ではないかと。

投稿: | 2010.01.13 20:39

そういやパナソニックのタフブックにイチャモン付けてた連中もいたね。

投稿: | 2010.01.13 21:32

この国は高額納税者に厳しいですね・・・
高額納税者は褒められるべきものだとおもっていたのですが・・
サラリーマンの高額納税者は経費が使えないので
自営業やスポーツマンより収入に対して税金は高くなります。
私はアメリカみたいに寄付しないかわりに税金が高いものだと
思っていたんですが、私の考えが間違っていたようです。
それから企業年金はあくまで別会計ですから、積み立てた部分は
保護されています。運用益の部分が問題ですので運用利率(年5%ちょい)がめちゃくちゃだったという話です。政府はどうも年金基金を目くらましにして責任転嫁をはかっているように思います。いっそのこと一時期流行った時期に年金基金を清算しておけばよかったと思います。実際問題、あの会社は許認可のかたまりですので滑走路の発着枠から空港問題までの許認可が必要です。地方空港の責任はだれがとるんでしょうか?はっきり言ってあの無駄遣いの空港の税金は総額いくらになるか・・・JALの社員が首切られるなかに天下りの役人たちははいるのでしょうか?

投稿: kijibato | 2010.01.13 22:41

10年基金だから今も受給しているのは平成退職組だろ。
利率信じて10年選択したのがバカだったんだよ。
退職時に一括で貰うのを選択すればよかっただけの話。

投稿: | 2010.01.13 22:58

>メッセンジャー黒田
このケース限定ですが、酒癖が激悪で、そろそろ店によっては警察沙汰になるということは、芸人レベルを超えて警官含めた関西人には知れ渡っていたそうだし、いっていることが加害者も被害者もころころかわって、どっちがどのくらい本当の加害者なのというとこまで発展した話だから、人質司法云々以前に下手な漫才レベル以下のストーリーでしかないと思うんですよ。このケースだと当の証人がおそらく全部酔っ払いだし。
ただ原理主義でない人権主義観点だと、天気と帰省ラッシュと初詣話だけでニュースのネタが足りるわけでなし、うっかり年頭のさなかに釈放されたら、たちまち娑婆の暇なメディアスクラムが目に見えているから、うっかりさらし者になるより優雅な正月を迎えられたんじゃないですかねぇ。自分でも現実的には適切だとは思う一方で、何か嫌なこと書いている気がしますが。

投稿: さいとー | 2010.01.13 23:27

>働いても働いても、ドル紙幣をため込むだけでは日本人の生活は豊かにならない。
これは飯田の言ってることと同じだな。もしかして書いたの飯田?

「円高で内需拡大」の嘘
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/voice-20100112-01/1.htm
飯田のこの主張は正しいんだが、インタゲがなあ。

>日本経済にとって得な状況とは、「より少ない日本製品」を売るだけで「より多い海外製品」を手に入れることができるようになる状態を指す。

何年か前に本来日本で消費されるべきものが米国で消費されているのが日米貿易関係の実態で、これはとんでもない詐欺的な行為でこれを改善しない限り日本はいつまでたっても負け国家だというようなことを書いたことがあるんだけど、そういう状態が正常でないということが日本人の有識者層もやっとわかってきたんだろうね。
まあ、ここではあまり理解されなかったようだけど。

LEXコラム:中国の輸入の奇跡
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2510

>本当にパーティーが開かれるのは、中国が世界最大の輸入国になる時だろう。これこそが、中国の新たな経済力を示す目覚ましい尺度になるからだ。

これもおなじことを言ってるんだよね。ほんの30年前は「21世紀は日本の世紀」とか言われて浮かれていたのが嘘のようだな。まあ、嘘だったんだけど。

投稿: | 2010.01.14 00:34

>>日本経済にとって得な状況とは、「より少ない日本製品」を売るだけで「より多い海外製品」を手に入れることができるようになる状態を指す。

日本人にとって得な状況とは、多種多様な製品やサービスが手に入る場所に溢れている状態。
それが国内から来たのか国外から来たのかは全く関係ない。

>輸入品が100万円から50万円になったとしても「得」しているとはかぎらない。
浮いた50万円を新製品開発のために投資すればOK。
円やドルが余っているのなら、それらが投資へ廻るように投資減税や規制緩和を行えばいい。
アメリカのIT革命や金融バブルは、そういった条件を政府が整えたので産まれた。

流動的な経済に理想状態を求めるのが誤り。

投稿: ほるほる | 2010.01.14 00:52

>日本人にとって得な状況とは、多種多様な製品やサービスが手に入る場所に溢れている状態。
それが国内から来たのか国外から来たのかは全く関係ない。

あふれた商品が全て輸入品なら、それを買う金をどうやって稼ぐつもりだい?

投稿: KAZ | 2010.01.14 08:17

> この国は高額納税者に厳しいですね・・・
(中略)
> 自営業やスポーツマンより収入に対して税金は高くなります。

日航のサラリーマンは、サラリーマンという安定した仕事の割に給料が高すぎる、JALの場合、仕事はそれほどつらくもなかろうし、ということです。

プロスポーツ選手とか、自営業者とか、自分の能力でリスクを取って不安定な立場で仕事をしている場合とは違います。
そういう人たちが高収入なのは納得できますし、彼らの払った税金はありがたいと思いますが、JALの社員の場合はそうではなくて、そもそも給料が高すぎたのではないか、と思います。

パイロットの危険度ってトラック運転手とあまり変わらないと思うのに、給料は何倍ももらってますからね。

投稿: | 2010.01.14 08:31

一般的な自営業とプロ野球選手のような高額納税者は分けた方がいいと思います。
自営業は節税し放題。それに対してプロ野球選手や大相撲力士なら本業部門の誤魔化しはほとんど不可能。
若いときに高額納税したからといって、高齢貧困に陥った場合になにか特別な計らいがあるわけではありません。
彼らが、どうせ税金で持って行かれるなら、国民年金保険料を10倍払って、
将来はそれに見合った年金を受け取りたいと思うのは自然な感情ですね。
もちろん保険料は全額控除の対象でね。
プロ野球は年金があったと思いますが、雀の涙程度で、廃止にしたかもしれません。

投稿: | 2010.01.14 09:35

>パイロットの危険度ってトラック運転手とあまり変わらないと思うのに、給料は何倍ももらってますからね。

世間では、トラックより旅客機の方が何倍も操縦が難しいと認識されてます。

投稿: KAZ | 2010.01.14 10:53

> 世間では、トラックより旅客機の方が何倍も操縦が難しいと認識されてます。

それはそうですが、旅客機の操縦にそれほど特別な才能が必要だとは思いません。たいていの人は、パイロットの訓練を受ければ飛ばせるようになるんじゃないかと思います。
パイロットとして採用されるところが狭き門なため、そういう訓練を受ける機会に恵まれないだけで。

プロスポーツの選手や芸能人のような、あるいはアクロバット飛行のパイロットのような、とても自分には出来そうも無い、というような仕事ではないと思います。

投稿: | 2010.01.14 11:52

当然ある一定以上の人は操縦できるようになるでしょう。でもトラックの免許と旅客機ライセンスの習得コストは桁が違います。それをいったらだれでも弁護士や医者になれますよね?私はある種の特殊資格だと思います。単発の飛行機の資格は個人でもとれますが、JETの飛行機の資格は膨大な施設と設備が必要になります。先生の話にもでてくるじゃないですか、戦闘機パイロット1人にいくらかかっているか、戦闘機壊してもいいから生存して帰ってこいと・・・旅客機のパイロットはJALの社長より給料がいいのはそれなりに理由があると思います。資格に対してある一定の高額賃金を払うのは妥当だと思います。需要と供給でパイロットが余っていればここまで上がらなかったとも思います。

投稿: | 2010.01.14 12:19

パイロットなんぞJALOBの1割もいまいに。
パイロットを持ってのそれはあまりに詭弁。

投稿: | 2010.01.14 13:18

> 旅客機のパイロットはJALの社長より給料がいいのはそれなりに理由がある

それはわかるんですが、やっぱりきつくなくて安定している割には給料がいい恵まれた仕事、というイメージは否めません。
給料がいいのは個人の能力よりも、産業構造による部分が大きそうだし。
大金をつぎ込んで育てたのにやめれちゃ困るから高給をあげてたんじゃないんですか? 

投稿: | 2010.01.14 15:16

パイロットの給料はおいといて、
スッチーのお給料ならどーよ。
基本、飲み物や毛布を配る人が50代で退職して、
月47~48万円(うろ覚えNHK)の年金ですってよ。
元凶は、役員の無能(と労働組合との共同謀議)じゃないの?

投稿: おそレス | 2010.01.14 17:02

>元凶は、役員の無能(と労働組合との共同謀議)じゃないの?
JALのいまを招いたのは「沈まぬ太陽」の主人公?

投稿: | 2010.01.14 20:02

>基本、飲み物や毛布を配る人が50代で退職して、

ヒマなとき、映画ハッピーフライトでも観てみれば?

投稿: KAZ | 2010.01.15 08:13

>それはそうですが、旅客機の操縦にそれほど特別な才能が必要だとは思いません。

世間ではそう判断してないので、パイロットにはそれなりの給与が支払われる。

投稿: KAZ | 2010.01.17 15:34

>旅客機の操縦にそれほど特別な才能が必要だとは思いません
操縦自体よりも、危険に遭遇した時の回避能力が大事なんじゃないかな

投稿: | 2010.01.20 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな所にも人質司法:

« 本日ネタ無し | トップページ | 不可解 »