« 日垣隆は大丈夫なのか? | トップページ | スタートラインを担保する »

2010.01.21

日米安保の勘違い

※ 安保改定50年、同盟刷新に着手=「日本防衛揺るがず」-米大統領
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000003-jij-int

 オバマさんは民主党の牙城だったマサチューセッツの補欠予備選を落としたりしてもう涙目でそれ所じゃないみたいですが、日本の民主党も他山の石にしなきゃいかんですよね。
 ただ、あの自己責任原則のアメリカにしてからが、いつの間にか政府に依存し、政府が全てを解決してくれるような幻想を抱いている現状はちょっと情けないですよね。

 所で、日米安保を語る時には、必ずと言って良いほど、保守層から、その防衛協定としての片務性が欠点として指摘されますが、軍事同盟というのは、自国にとって都合の良いように結ぶのが当たり前ですから、片務性なんてのは、日本から金をむしった挙げ句に勝ち目の無い戦争に付き合わせたいジャパン・ハンドラーがでっち上げたコンプレックスに過ぎません。軍事同盟は、何かそこに公明正大な原理原則やルールがあって、日米安保条約はそこから逸脱しているみたいなコンプレックスを日本の保守層は長らく植え付けられて来ましたが、そんなものはありゃしません。日本からより多くを引き出すためのアメリカの心理工作に乗せられただけです。
 アメリカはアメリカの都合で日本に居座っているだけだし、日本は日本の都合で、米軍を人質に取って軽武装戦略を進めただけです。
 50年も続けば、さすがに周辺状況も双方の都合も変わりますから、柔軟に運用して、さらなる進化を目指せば良い。

※ 勝間和代のクロストーク:みんなの経済会議/28 相続税上げ階級固定化防ごう
http://mainichi.jp/life/housing/news/20100117ddm013100029000c.html

>03年度の税制改革より前の70%にすることが望ましいと考えます

 もう最高です!(^_^;)。その竜巻のような凄まじい上昇志向にパンピーな女共を巻き添え、あいや巻き込むだけの人材活用セミナーの薄っぺらな教祖とばかり思っていましたが、今日からわたくし、卑しい下僕としてカツマー様に仕えようと思います!
 真面目な話、税率上げは結構だと思うけれど、年寄りが抱え込んだ資産を国庫に入れて国が再配分するのと、それとも個人の自由意志で親から子へ受け継がせるのと、果たして景気刺激策としてはどうか? ですよね。その点はもう結論は出ているし、仮に昔のような税率に戻った所で、この四半世紀のバブルで、土地も二束三文になった。果たしてそれで回収できるパーセンテージや金額を考えると知れてますよね。逆に言えば、実は税率を戻すことのマイナスの影響も知れている。
 もちろん私は、相続税100%論者ですから支持しますが。妥当なラインまで税率を戻すべきだと思います。

 ただ少子化とか、限界集落化等を考えると、問題の核心は、相続税がただ同然なせいで、人も住まない土地やマンション、あるいは田畑が地方でも都会でも放置されて、管理が行き届かない。それがまた地域の過疎化に拍車を掛けている、という現状を考えると、税制を使うことで、その流動化を促進できるのかどうかを検討すべきですよね。
 都会の場合は景気さえ戻れば、土地価格の自然上昇で流動化するわけですが。

※ 実在する「SF的な兵器」10選
http://wiredvision.jp/gallery/201001/20100119105858.html

 そんなにSF的かなぁ。せいぜいレーザー兵器くらいですよね。ただこれも、天候などの気象条件に左右されるし、システムの可搬性やメンテナンスを考えると、実戦向きとはとうてい言えない。

>4キロ先にレーザーで警告 GLARE LA-9/P

 ↑これなんて、自分の姿を晒すだけで使い物にならない兵器の代表格のような気がしますが。

>XM-25

 これって、最近私が愛用しているXM307のプロトタイプだと書いている所もあるけれど別物ですよね? こいつはオーバーテクノロジーだと思う(^_^;)。だってこんなんが出て来たら、戦争なんて一瞬で終わってしまうでしょう。
 ただアフガンで威力を発揮するかというと、相手は楽々とワンマイル射撃を仕掛けて来る山岳兵ですから、まずは射程距離が無いと駄目でしょうね。

※ 取り調べ可視化法案:政府・民主、対応苦慮…検察捜査受け
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100121k0000m010097000c.html

 これ、無茶苦茶変なロジックですよね。つまり一連の事件で弁護側に利益を謀ったと誤解されたくないから、今国会では見送りましょう、ということなら、現行の取調システムは、著しく弁護側に不利で、逆に取り調べる側に有利に出来ている、ということを大っぴらに認めるようなものじゃないですか。
 一政治家周辺の捜査に影響を及ぼすし、変な誤解を受けるからと、国民全体の利益に関わるような問題を放置することが許されて良いんだろうか。

*なりふり構わぬ民主 検察威嚇も見え隠れ、可視化法案 政府・与党には異論も
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100121/stt1001210006000-n1.htm

>法案提出まで2年かかるとの見通しを示しており、政府・与党の今国会提出予定法案リストにも入っていなかった。<

 2年も掛かるような複雑な話じゃないでしょう。政治はスピードが命なんだからさっさとやらなきゃ。

※ 美人すぎる市議・藤川優里氏が自民から出馬へ
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100120-OHT1T00153.htm

 けしからん! 実にけしからん(>_<)。自民党には片山先生、青木先生やヤマタフ先生のような大ベテラン議員が大勢いらっしゃるにも関わらず、こんなケツの青い小娘をどうして御輿に乗せなきゃならんのか!? だいたいなんでミンスは先に唾を付けなかったんだ!

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100120/trl1001201519006-n1.htm
※ ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100121-00000347-yom-soci
※ 著作権「フェアユース規定」、導入の結論出ず 賛否の隔たり大きく
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100120/bks1001202244000-n1.htm
※ 手話通訳準備せず裁判員不選任 高知地裁、要望見落とす
http://www.asahi.com/national/update/0120/TKY201001200259.html
※ 説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000435-yom-soci
※ 19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」明記、複数現存
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100120/acd1001201416004-n1.htm
※ 天文館シネコンの延期検討 国補助金減額の可能性
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=21670
※ 貴乃花親方支持の6親方、事実上の破門 二所ノ関一門
http://www.asahi.com/sports/update/0119/TKY201001190414.html

※ 前日の空虚重量71.2キロ

※ アルコール依存症

 昨夕のTBSのニュースで、「TBS記者の家族がアル中になった」という短いレポートを、記者ご本人が出て来て流していたんですよ。
 私が一番理解できないのはアル中という依存症でして、大麻や薬物はまだ解る。たばこの延長だったり、危険な快楽を求めるのは人間の業ですから。
 不謹慎で申し訳無いけれど、私はアルコール依存症が羨ましいんですよ。というのは、アル中に陥るということは、そのお酒を買うだけの金銭的余裕があって、かつお酒が原因で仕事が疎かになっても一定の収入源があって、しかもそれで仕事を失っても、なおお酒を買えるだけの蓄えなり誰かの稼ぎなりを当てに出来るということでしょう。
 現実には、アルコール中毒は階級を選ばないんだろうけれど、私の中では、一貫して、「アル中は金持ちの道楽病」、というイメージなんですよ。
 番組に登場した記者のお父さんは、家中のありとあらゆる場所にお酒を隠して、外出する時も、ザックが膨れるほどお酒を入れて外出し、二度の入院治療を試みたけれど失敗し、最後には吐血して死亡する。もちろんその間に、仕事も辞めざるを得なかった。アルコールにのめり込むきっかけは特になかったらしいんですが。単に晩酌が進んで、気がついたらアル中になっていた。

 アルコール依存症に完治はないんですね。治った収まったつもりでも、10年ぶりに飲んだ一口がまた依存症の引き金を引く。全国で患者が八〇万人、潜在患者が500万人以上いるそうです。その平均寿命は52歳。晩酌が欠かせない、という方は、自分のアルコール依存度はどの程度か、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

*依存症チェックサイト
http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/check/main.html

※ 有料版おまけ 家電製品人柱隊が往く

|

« 日垣隆は大丈夫なのか? | トップページ | スタートラインを担保する »

コメント

毎日飲んでりゃ結構安上がりにアルコール依存症になれますよ。
末期には生活保護間違いなしで、保護費の大半は酒に消えます。
そうやって知り合いが1人死にました。

投稿: KAZ | 2010.01.21 12:09


http://www.asahi.com/business/update/0118/TKY201001170292.html
神経を病むのか、心不全か、肝臓から腹水か…
選択肢はいろいろありますね。
タバコもそうだけど、どこも破壊されないというひとが、酒を持ち上げる以上駄目でしょうね。まだ、タバコは聖書に載っていない異教徒のものだけど、酒なんてどの経典にも載っていてでも歯止めがないんだから。
「アル中は金持ちの道楽病」
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20100115k0000m040062000c.html
http://www.who.int/substance_abuse/activities/globalstrategy/en/index.html

投稿: pongchang | 2010.01.21 12:23

酒飲みって明日食う米買う金が無くても酒買う金はあるもんです
明日の食糧すらないのにカラシニコフと弾はいっぱいある紛争地帯のようなものです

投稿: | 2010.01.21 12:33

>軍事同盟というのは、自国にとって都合の良いように結ぶのが当たり前ですから、片務性なんてのは、日本から金をむしった挙げ句に勝ち目の無い戦争に付き合わせたいジャパン・ハンドラーがでっち上げたコンプレックスに過ぎません。

米中軍事同盟を心配してるんじゃなかったんですかw

投稿: | 2010.01.21 12:50

>民主党
私が民主党党首なら、国会の会期中は小川議員の釈放を求めます。だって、中学校で習った憲法に国民の公民権を象徴するのが議員とありますから、国会会期中は国会にでて貰います。なぜ、そうしないんでしょうか。国民の政治的権利の擁護は当然だと思うんですが。検察より憲法が上に来るのは当たり前ですよね。

>風車
補助金が欲しいだけの自治体と、研究成果の実証データが欲しいだけのエセ学者による税金の分捕りでしょう。つくば市の風力データなぞ、風力発電に関わりのある人なら、無料で入手できるサイトを知っていますし、気象庁に問い合わせてもすぐ分かるそうです。

投稿: | 2010.01.21 12:54

>※ 美人すぎる市議・藤川優里氏が自民から出馬へ

民主には父親が地元の実力者だった元キャバ嬢が売りのがいるんだから良いじゃん

投稿: | 2010.01.21 12:56

相続税の率を上げると、国債の相続が減ったり100%ならなくなったりして、国が楽になるのでしょうか?

投稿: てんてけ | 2010.01.21 13:03

>マサチューセッツの予備選を落としたりしてもう涙目

「エドワード・ケネディ議員(民主)の死去に伴う上院補欠選挙が実施され・・・」
なので、予備選ではなく補選ですね。

>私が民主党党首なら、国会の会期中は小川議員の釈放を求めます。

小川議員?誰それ。もしかして。石川議員の間違いじゃないのかい。

以上、重箱の隅をほじくりました。

投稿: | 2010.01.21 13:13

>片務性なんてのは、日本から金をむしった挙げ句に勝ち目の無い戦争に付き合わせたいジャパン・ハンドラーがでっち上げたコンプレックスに過ぎません。


先生のおっしゃりたいことがわからないわけではありませんが・・・
片務性=コンプレックスとか、ちょっと意味不明です。

投稿: ハスミ | 2010.01.21 13:23

>米中軍事同盟を心配してるんじゃなかったんですかw

 無関係。私はあのエントリーを書いた時に、こう書いたでしょう。

>これは、日米関係がどれほど親密だろうが、不可避に起こる現象です。日本で保守政権がどれほどアメリカのケツを舐め続けようが、必ず、軍事分野でのニクソン・ショックがやって来るでしょう。われわれはそれを不可避な現象として備えなければならない。<

 日米関係を進化&深化させることは大事だし、価値観を供にする者同士としての戦場でのお付き合いも大事だけれど、米中軍事同盟は、日本がどれだけ背伸びしようが妨害しようが不可避です。

投稿: 大石 | 2010.01.21 13:29

>片務性=コンプレックスとか

 コンプレックスがあるから、まともな交渉事が出来ないんです。
あるいは交渉を始める時の土台が、向こうの言い値から始まる。

投稿: 大石 | 2010.01.21 13:31

>柔軟に運用して、さらなる進化を目指せば良い。

つまり具体的にはより双務性を目指すべきということですか?

>アル中に陥るということは、そのお酒を買うだけの金銭的余裕があって、かつお酒が原因で仕事が疎かになっても一定の収入源があって、しかもそれで仕事を失っても、なおお酒を買えるだけの蓄えなり誰かの稼ぎなりを当てに出来るということでしょう。

精神科勤務医として申しますと、来院するアルコール中毒患者のほとんどは生活保護受給者です。家族はほぼ例外なく崩壊しています。まあ卵が先か鶏が先かという話かもしれませんが、アルコール中毒患者が「金持ち」でいられるほど、日本の社会も家族も甘くありません。
アルコール中毒患者がいったん寝たきりになって入院するとそれは悲惨です。家族からは絶縁され知人もおらず、皆さん最後は誰からも看取られずに「家畜のように」死んで行きます。

だから酒なんかみなさんやめましょう。

投稿: ハスミ | 2010.01.21 13:32

先生とリアルタイムでつながった。

今週はいいことありそうです。

投稿: ハスミ | 2010.01.21 13:34

大石先生のアル中に関する認識は甘すぎるのではないのでしょうか。西原理恵子氏の鴨志田穣氏がアル中になった話を知っているので、そう思わずにいられません。西原氏によるとアル中になると酒に酔って人格が変わるそうですよ。
ハートネット - ハートネットピープル - 西原 理恵子「家族が『アルコール依存症』になったとき」 「家族が「アルコール依存症」になったとき」
http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/saibara/post_221.html

投稿: oguogu | 2010.01.21 13:35

>双務性を目指すべきということですか?

 双務性となると、これはアメリカが侵略を受けた時に自動的に日本も、という話になりますが、実際にアメリカが侵略を受けるという事態はまず無いことを考えると、アメリカ自身にとっても、そこは必ずしも求めている所では無いんですよね。
 アメリカが海外で果たしている軍事的任務をいかに補完するかで、今回のハイチの地震にしても、本来なら、あそこに自衛隊もPKOとしているべきだったんでしょう。何しろ中国がいたくらいだから。お陰で自衛隊は犠牲を出さずに済みましたが。

>大石先生のアル中に関する認識は甘すぎるのではないのでしょうか。

 だって、テレビでアルコールの宣伝が流れて自販機で酒が買えるような国で、大上段から、「お酒は止めなさい!」と言っても効果ないでしょう。法律で禁止できる類のものでもないし(個人的には禁酒法が施行されても不便はしないけど)、アルコールを抜く薬は出来ても、アルコールが嫌いになる薬の開発は難しいだろうし。

 ひょっとして、擬似的に酔いの状況を演出できるような内服薬でも開発されたら、中毒患者は減るんだろうか。
 何かこう、悲惨さを語っても、本人の耳には入らないし、家族にとってはもう手遅れだったりするし、究極の自己責任病みたいな気がして成らないのですが。

 生活保護でアルコールというのは、どうにもならんですよね。それ出してやるから、酒が抜けるまで病院に入っとけ、と言っても、どうせ娑婆に出たらすぐ始めるんだろうし。こういう人々のためにも、ケアホーム的なものを拡大して、生活再建の目処が無い人々の半強制的な受け皿を作るべきだと思うのですが。

投稿: 大石 | 2010.01.21 13:56

>だいたいなんでミンスは先に唾を付けなかったんだ!
自民党員でしょ。民主党からお話がありましたがきっぱりと断わりました、なんて会見を開かれるのがオチでしょう。
>科学報告書
なんか流れが変わってきましたね。地球温暖化で一儲けしようとしていたEU諸国が逆に発展途上国に金を出すはめになりそうで。

投稿: 痴本主義者 | 2010.01.21 13:56

>有料版おまけ

DVDドライブですが、録画時の振動でピントズレを起こしてディスクの認識不良が発生します。永年お使いになっているようなので、先生の場合、恐らくピックアップ交換、またはドライブ本体の交換が必要だと思います。
なお、書き込みドライブのピックアップが非常に精密にできているため、クリーナーのブラシが高速で当たるとよくないそうです。
このほか、埃の多い環境で使用すると故障しやすいようです。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.01.21 13:57

>アルコールを抜く薬は出来ても、アルコールが嫌いになる薬の開発は難しいだろうし。

今のところ、それとは逆の状況
アルコール依存症の治療薬として、酒飲むと悪酔いする薬はありますが
アルコールを抜く薬はありません。

でも、悪酔いする薬を飲んでても大半の依存症の人は、酒を飲んじゃいます。

投稿: KAZ | 2010.01.21 14:11

>アルコール依存症
恐らく煙草は止められます。10月予定の値上げはコスト的に耐えられない。もう止めるしかない。
酒ですか。過去に3度禁酒期間がありました。2度の入院(1ヶ月ずつ)とカミさんの逆鱗に触れた時(1週間)
きつかったです。本当に。入院自体は「ぢ」と「打撲」が原因です。
休肝日は作っていますが、常に意識しないと忘れてしまいます。
酒ならなんでもいいってところまでは行ってないんで、入り口付近か玄関先で踏みとどまっている状況と信じたいです。
「デカイ大●郎」か「デカイレ●ド」がレギュラーに定着しているとアウトなんでしょうね。そこまで行くには相当な距離があります。

>SF風兵器
電子レンジを推します!
同じBBQ兵器でも火炎放射器で焼いた肉は食えません。(直火の場合)
こっちなら兵器として使わない時に「調理器具」として有効活用が可能です!こっちで焼いた肉なら喰えるでしょう。
いいじゃないですか!糧食部隊に装備しておけば、普段は調理器具!いざ!という時には防御兵器!
出来れば国産家電メーカー製の方が、より使い勝手が良さそうな気がします。(暴徒鎮圧の時は目盛りはここで!肉を焼くなら目盛りはここです。)

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.01.21 14:13

営業マネージャー(所長) さん

休肝日じゃない日に、ランダムに酒を飲まないとか、一週間意志の力で
禁酒するとか試してみてください。

サイコロ振るときに手が滑ったとか、今日は××があるからとか、自分で
自分に言い訳を作って飲んじゃうようなら
一度専門医と相談された方がよろしいです。

アルコール依存症は、大酒をする病気じゃなくって、自分の意志で飲酒を
止められなくなる病気です。

一度なったら断酒しか助かる道はありません。
好きな酒をずっと飲みたかったら、早めのチェックです。

私も酒が好きですが、一生飲んでいたが故に
どんな理由があろうとも平日には飲まないルールを決めています。
これが守れなくなったら医者に行こうとも思ってます。

投稿: KAZ | 2010.01.21 14:29

可視化法案の何が脅しなんだろう。
むしろ小沢の嘘が白日の元に晒される、検察にとっては最大の武器になりうるものじゃないですか。
産経の記者は酒に酔って記事書き散らしているんですかね。

投稿: | 2010.01.21 14:35

>アル中

はっきり言ってただの甘えですね。私は酒もタバコも自力で断ちました。
こういうサルみいに自制心の無い獣は病気になっても医療保険を使って欲しくないです。全額自己負担が当たり前でしょう。
勝手に病気になって、困ったら皆さんの保険代にお世話になりますとか何様のつもりなんだか。
タバコやアルコールの税金払ってるなんて免罪符にもなりゃしない。

投稿: | 2010.01.21 14:40

>酒
アル中は、エチルさえはいっていれば、みりんだろうとヘアトニックだろうと、消毒用アルコール(薄めて)だろうと飲んでしまうそうです。
大戦後の物資難の中、死んだアル中の親族がそうだったそうです。

>瞬間電子レンジ
兵器研究のなれのはてがふたたび兵器に。

投稿: | 2010.01.21 14:41

>アルコール依存症

営業マネージャー(所長)さんの場合は会社の接待で、飲酒も仕事の内みたいなことを以前書かれていたようなので、ダメ人間ではないと思います。

投稿: | 2010.01.21 14:51

>はっきり言ってただの甘えですね。私は酒もタバコも自力で断ちました。

自分の意志で飲酒を止められないから病気なんです。

投稿: KAZ | 2010.01.21 15:03

※ 天文館シネコンの延期検討 国補助金減額の可能性

大丈夫、そのうち他の都道府県も中心部から映画館は消えますよ。
実際郊外シネコンは増えても中心部の映画館は減る一方。

投稿: | 2010.01.21 15:30

あら? 大石先生は「現実には、アルコール中毒は階級を選ばないんだろうけれど」と書かれているんで、「分かっているんだけど、イメージは抜けない」というもんだと思ってました。


アルコール中毒、ニコチン中毒、借金中毒。どれも病気です。肝硬変とか肺がんとか自己破産とかを招きますが、そこまで行っても自分じゃどうしようもないから病気なんです。

ただ知り合いで一人、物凄いアルコール中毒とニコチン中毒の人が喘息になった途端、ぴたりと酒も煙草も辞められました。周囲も驚いてましたが、喘息の苦しみは何よりも勝るそうで。
そういう意味では己の意思が全てなんでしょう。

投稿: T2 | 2010.01.21 16:48

病名は『意志薄弱』ですね。

投稿: | 2010.01.21 16:50

>取り調べ可視化法案
大事な大事な教祖様をお守りするためには法律まで制定してしまうんですかね。今にそれが理由で憲法すら改正してしまいそうな勢いなこと。

>美人すぎる市議
対して彼女の後見人が「悪代官顔すぎる国会議員」か。一緒に記者会見なんかしたらダメ。

>国連てのは、そんないい加減な論拠で科学報告書を出していたのか。
国連だから、とも言える。

>手話通訳準備せず裁判員不選任
最初から予算取って無くてボランティアの体制も全く整備されてなかったとかそんなところでしょう。

>説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺
5時間も人とコミュニケーションが取れてかえって心置きなく死ぬ覚悟ができたんだと思う。

>貴乃花親方支持の6親方、事実上の破門
今の現役横綱大関陣が引退後に果たして協会に残る可能性がある人が何人いるかを考えると、組織としてここももう終わってると思う。角界は日本の縮図な訳だし。

>酒
スーパーでチューハイとか1缶105円で売っていますから、「金持ちの道楽病」というには違和感がありますね。そういう人は生保でも酒以外に金使わないから、例えばメシ代やマック代500円を酒にすれば相当飲めますよ。酒酔い運転が中々減らないのも値段の安さが一因だとも思います。マクドナルド始めファストフードの食いすぎによる肥満などから生活習慣病になるのと同様に自己責任ってところでしょうか。
>写真
本気で遺すのなら現状では結局白黒プリントが一番だと思う。

投稿: 剣 | 2010.01.21 17:32

>アルコール依存症 吾妻ひでおの失踪日記を読むと金持ちの病気とは思えません…。アルコール依存症は怖いなと読んだあと思いました。

投稿: | 2010.01.21 17:40

>アルコール依存症
肥料工場の工員が、極端に酒に弱くなることから発見されたシアナマイドという薬があります。アセトアルデヒドの分解を阻害するモノです。要するに、悪酔いさせる薬です。しかし、依存が強い人は構わず飲んじゃうそうです。アルコールは脳に作用しますので、結局麻薬と同じこと。自分の意志だけで止めることは、ほぼ不可能。断酒会とか家族のサポート等、周囲の協力がないと止められません。
誰でも一定期間一定量の飲酒を続けるとなる可能性があり、一旦なったら止める以外治らないけど、治すのは意志強固な人でも難しい。自分で止められましたと言っているのは、まだ依存症まで行ってない人ですよ。
私は酒もたばこもやりませんが、それが続けられて苦にならないのは、単に若い頃やらなかっただけかも知れない。習慣を変えるのは、なかなか難しいと思います。

投稿: | 2010.01.21 17:58

「酔之以酒 以観基態」なので、酒は飲みません。

投稿: | 2010.01.21 18:06

>ひょっとして、擬似的に酔いの状況を演出できるような
>内服薬でも開発されたら、中毒患者は減るんだろうか。

そのむかし、γ-ヒドロキシ酪酸(GHB)ってのがスマドラーの間に出回ったことがありましたが…

http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%93-%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E9%85%AA%E9%85%B8

使用者の感想(↓
http://www.drugmania.net/kansoughb.htm
http://www.drugmania.net/ghb.htm

例によって例のごとく御禁制となってしまいました。
この類の薬物中毒ってのは、ブツではなく精神面での問題ではないんでしょうか?

投稿: truly_false | 2010.01.21 18:40

絶望した(嘘)

アルコール依存症の話なのに、

Leo Thomas McGarry

のLの字も出て来ないことに。

真面目な話、結構あのドラマ断酒会の描写をはじめ、
MDとか医療ドラマの側面もありましたねぇ。前作の影響かな。

マリファナネタはとんでもでしたが(苦笑)

投稿: 七師三等兵 | 2010.01.21 18:52

>Leo Thomas McGarry

 一応、レオは立ち直ったことになってましたからねぇ。

投稿: 大石 | 2010.01.21 19:51

自称セックス依存症のチャーリー・シーン(見るたびに桃太郎侍を思い出すが)は治ったのだろうか…

投稿: KAZ | 2010.01.21 20:11

膵臓を傷めて緊急入院(2回)しました。致死率30~50%とのことらしく。アルコールをやめて4年強(断酒会とかは入っていません)。この先何年続くか判りません。断酒の基本として、一生飲まないなどとの悲壮な決意はしないこと、まずは今日1日を飲まないことの積み上げだそうです。4人の子供も成人したし、末娘もあと2年ですねかじりを卒業(大学を無事に卒業、就職できれば)。後数年で定年・・そうなれば野垂れ死にしても良いかなとか考えたりします。酒飲みの僻みかも知れませんが、飲まない男は信用できないと思っています。仕事柄数多くの人々と接してきましたが、意地の悪い人は飲まない人が多かったような気がします(あくまでも個人的な経験則です嫌酒家?ごめんなさい)。

投稿: やめても酒好き | 2010.01.21 20:14

>KAZさん
ご指導ありがとうございます。
1週間の禁酒は「カミさんの怒り」というファクターが無いと難しいですが、ランダムな禁酒日ってのはいいかもしれません。試してみます。
接待が多い仕事なので休肝日に入ってくる事も多いですが、子供が出来てからは必ず翌日に休肝を実施しています。
そうか。休肝日に呑んだ週は理由の如何を問わず、休肝日を2日にするって取組みの仕方もあるな。やってみます。
セガレ達と酒を酌み交わすのが野望なんですよ。それこそ3代続く悲願です。それまで酒を呑める体でいないといけないですからね。


他の方も書かれていますが、嗜好品をやめさせるのに効果的なのは「値上げ」でしょう。
煙草がそうですよ。値上げのたびに喫煙者が減りますから。私も流石に初めて吸った時の2倍のコストは払う気になりません。400円は高すぎる。
私はクスリ関係やアンパ●なんかの方が「なぜやるの?」って疑問なんですよね。旨くもなんともないじゃないですか。
酒は旨いから呑むのであって、酔うためだけに呑む訳じゃないですから。煙草とメシの組み合わせは喫煙者たる私でも「旨くない」って思います。
しかし酒とメシの組み合わせは、組み合わせ次第では双方の旨さを更に高めますからね。
もちろんダメな組み合わせも山ほどありますけど。
本格インドカレーと純米吟醸はダメだった・・・新しい境地を狙ったんだが。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.01.21 20:14

>安保改定50年、同盟刷新に着手=「日本防衛揺るがず」-米大統領

日米安保もいいが、
日本は、防衛省とは別の、防災・災害援助の専門官庁・
建制の直轄部隊を設ける必要がある。

いつあるかわからない軍事侵略よりも、こちらは、毎年
必ずある。東海・関東大震災も確実にある。

この直轄部隊は少数でいいが、必要時に全政府機関の
指揮権をあたえ、毎年演習し、一部に海外援助訓練を
しておけば、今回のハイチような事態にも万全。
これに自衛隊・思いやり予算の5%もさけばおつりがくる。

これは、世界中どこでも喜ばれる最高の国際貢献。
もちろん、日本国民の安全保障にも極めて有用。

投稿: さらりーまん | 2010.01.21 20:32

そういやサンダーバード隊ってどうなったんだろう

投稿: | 2010.01.21 21:18

糖尿病で網膜剥離を併発して視力が急激に低下
収録中に『台本が読めない』と嘆いておられたらしい
真面目な方だったから将来とか色々悩まれていたんだろうな…
やはり糖尿病は怖い。完治しないからね。

ソース
ttp://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100120/enn1001201608010-n2.htm

投稿: | 2010.01.21 21:21

結局刹那的な欲求をどこまで理性的に押さえ込めるか、ただそれだけの話なんですよね。
今時上司や同僚と酒が飲めないとどうのこうの言われる昭和の遺物みたいな会社はそうはないですから、仕事のせい、付き合いのせいと責任転嫁しているうちはまずやめられないと思いますよ。
いずれにせよそういう人は迷惑なので一刻も早く健康保険から脱退してくださいな。
受益者負担の精神に基づいて民間の保険に加入すればいいだけのことですから。

投稿: | 2010.01.21 21:27

ニコ中のホームレスが道端で踏み潰された吸殻を拾ってでも吸ってしまうように、アル中の人も、ゴミ箱から酒瓶拾ったり、いろんな手段で飲んでしまうんですね。以前ハウスシェアしてた人に、料理用のお酒を2本やられました。何かあると怖いので、消毒用のイソプロピルアルコールをエチに変えたりもしましたね。身内がああなったら、と思うと恐ろしいです。

投稿: くど | 2010.01.21 22:01

>真面目な話、税率上げは結構だと思うけれど、年寄りが抱え込んだ資産を国庫に入れて国が再配分するのと、それとも個人の自由意志で親から子へ受け継がせるのと、果たして景気刺激策としてはどうか

結論は出ています。有史以来、増税が景気刺激策になった実例は一度たりとも有りません。

資産を持っている人間は、相続税を嫌って、在日資産を売り払って海外へ逃避します。
これから資産を作ろうという人々も、不慮の事故で死ねば、子供に財産を残せないような国で起業しません。
税金の大部分を納めているのは富裕層。富裕層が逃げ出すような税制は、産業と雇用を壊滅させます。
中国でさえ、税制を下げまくっているというのに。

国による再配分も、再配分を受けない富裕層が逃げ出す原因になり、起業しようとする人々を再配分に頼らせてしまうので、これまた景気を悪化させます。

江戸時代に長く平和が続いたのも、相続税が無く、税率が江戸幕府が開かれた当時から固定されていたために、実質減税が持続していたからです。
一方、日本の高度成長期が終了したのは、田中角栄が累進課税と相続税を強化し、再配分といって地方にバラマキをはじめたことが原因です。


>あるいは田畑が地方でも都会でも放置されて、管理が行き届かない。それがまた地域の過疎化に拍車を掛けている、という現状を考えると

因果が逆転しています。地域が過疎化するから、土地やマンションが放置されるのです。
山手線を廻ればわかるように、将来性の無い土地には東京都内といえども誰も投資は行いません。
だから過疎化し、土地やマンションは放置される。
解決には投資減税と規制緩和で投資熱を上げるか、政府が地域ごと強制的に買い上げて民間業者に開発させるしかないでしょう。


>現実には、アルコール中毒は階級を選ばないんだろうけれど、私の中では、一貫して、「アル中は金持ちの道楽病」、というイメージなんですよ。

酒類が安すぎるのです。
酒税を思いっきり上げれば、酒量を増やすことはできなくなります。
タバコなどと同じように、価格を上げることで中毒になる人を減らせるでしょう。
相続税よりも酒税やタバコ税を上げるべきです。社会に何の貢献もしてない嗜好品だし。

>東海・関東大震災も確実にある。
巨大地震は、1度でその地震の巣のエネルギーを使ってしまうので、同一地域では繰り返されないそうです。有史以来、同じ場所で巨大地震が観測されたことは皆無だとか。

投稿: ほるほる | 2010.01.21 22:04

>巨大地震は、1度でその地震の巣のエネルギーを使ってしまうので、
ノー天気なオッサンだねw

>同一地域では繰り返されないそうです。
「同一地域」?また詭弁を弄してるなw

ほるほる、みたいなオッサンは、地震で家の下敷きになるべし。
それが、国のため、世界のためだよw

投稿: さらりーまん | 2010.01.21 22:39

>「同一地域」?また詭弁を弄してるなw
はいはい、ちゃんと同一地域で巨大地震が繰り返し観測された例を出してね。

ちなみに、人類が予測した地震のうち、予測が的中したことは1度もありません。
関東大震災や東海大震災が来るというのは、すでに妄想でしょう。

投稿: さらりーまんは、自分の無知を恥じていてください。

投稿: ほるほる | 2010.01.21 22:57

>日本は、防衛省とは別の、防災・災害援助の専門官庁・
建制の直轄部隊を設ける必要がある。

全くその通りで、今の自衛隊は災害派遣が支援ではなく本来業務になっている。これは本来消防の仕事なのでグローバル・レスキュー隊なりを新たに創設するべき。
消防というと火消し=ファイアー・ディパートメントのイメージが強いが、シンガポールでは消防=シビル・ディフェンス=民間防衛隊という。軍=ナショナル・ディフェンスはむしろ自衛隊に近い。その自衛隊が消防の領分を侵すとなると消防の士気に関わる。
自衛隊は国体(や消防隊)を守る為に敵と戦うのが主たる任務でよい。自衛隊にとって災害派遣はあくまでもボランティアであり擬似訓練でしかない。自衛隊も含めて多くの国民はその点を勘違いしている。防災から真に身近に生命や財産を守ってくれるヒーローは消防であるべき。

投稿: 珈琲時光 | 2010.01.21 23:05

むかしイギリスで、消防士組合がストに入ったから、しょうがなく軍隊が火消しやってたことがあったそうだけど、やっぱり畑違いだったんだとか。
スキルとかフォーメーションとか異なる以上、同一視はできません罠。

投稿: truly_false | 2010.01.21 23:38

>防災・災害援助の専門官庁・建制の直轄部隊を設ける必要がある。
>この直轄部隊は少数でいいが、必要時に全政府機関の
>指揮権をあたえ、毎年演習し、

 で、作ったとしてどんなメリットがある?どう考えても、あるとは思えないんだが。
 平時は無駄飯食らいだし、大災害が起きれば、被災地の現場で各機関が相互に調整して、それぞれの特性を生かせるよう役割分担すれば足りる(現に、地震等が起きる度にそうしていて、何も問題は起きていない)。一機関が統括する必要なし。銭の無駄。


> 一部に海外援助訓練を
>しておけば、今回のハイチような事態にも万全。

 どんな組織を作ろうと、現地のニーズをつかむ情報活動なくして、ミッションの成功はあり得ない。万全というが、「防災・災害援助の専門官庁・建制の直轄部隊」なら現行の国際緊急援助隊より効果的というなら、その組織は、どんな情報能力を持っているやら?

投稿: 土門見人 | 2010.01.21 23:50

>瞬間電子レンジ

たしか旧軍が殺人光線を研究してたら出来たのは電子レンジだったそうでw
http://homepage3.nifty.com/time-trek/else-net/prolog.html

投稿: K | 2010.01.21 23:57

>藤川さん
先週の「さんまのまんま」で、思った方向でのすきだらけというか、しゃべると残念感てんこもりで、久々にテレビ見て黒い笑いがこらえきれなかったです。しかしメディアデビューがいきなりさんま相手というのは、伊奈かっぺいじゃないんだから、バックにいる人もかなり短慮じゃないの?と思いますが、まぁ関西人じゃないからそういう感触がわかんなくてもしかたないか。

>酒税・たばこ税
どこまで本気にしていいのかわかんないが(多分それ自体が決定的な要因ではないと思うが)、「イギリスはタバコ税の高さに耐えかね、麻薬のほうに乗り換えた連中が多い」だそうで。酒もジョセフ・ケネディの親父があったか。人間はばかばかしいことに力を注げる動物なんで、これはさじ加減レベルの話でしょう。
しかし、ヤクに走るぐらいなら女に走るほうが、ましだと思うんですがね。女で苦労すればものの見方が増えるでしょうが、薬やトルエンなんぞ、その場で幻覚見ておしまい、ですし。

投稿: さいとー | 2010.01.21 23:59

原口総務大臣がクロスオーナーシップの禁止を放送法に加えると明言した記者会見で小沢問題についても検察リークを猛批判していたようですね。
※原口総務大臣記者会見全記録3/3
http://www.iwakamiyasumi.com/column/politics/item_236.html

河野太郎が法務副大臣時代のホリエモン騒動を例えに検察批判…
http://www.taro.org/2010/01/post-698.php
検察といえば、検察裏金を告発しようとして冤罪でやられた(と本人は主張してる)、三井環元検事がお勤め終えて無事娑婆に出てきたようです
http://www.the-journal.jp/contents/shinoda/2010/01/18.html
お も し ろ い こ と に な っ て ま い り ま し た 

後、安保50年的な事といえば
英国がイラク戦争に参戦したらテロ攻撃を受ける危険が高いと分かりながら参戦したことをブレア元首相が審問委員会で供述したようですが、わが国ではどうなることやら。
イスラム世界の信望を失いかけて、その為に日本企業が被った莫大な経済的損失を考えると小泉元総理の証人喚問程度やらないとダメなんじゃないかな…
http://rawstory.com/2010/01/blair-aware-islamist-threat-iraq-war/


投稿: 業界インサイダー | 2010.01.22 00:00

南海地震って100~150年周期で起きてませんでしたっけ?
それとも、熊野灘沖から四国南方沖だと同一地域じゃない?

投稿: ikekenji | 2010.01.22 00:00

地震の話ですけど
>同一地域
>巨大地震
の定義がひとそれぞれになっていて
ほるほるさん vs ikekenjiさん&ほかの人
かみあってない感じですね。

ほるほるさん
定義してみたら?

投稿: | 2010.01.22 00:25

>関東大震災や東海大震災が来るというのは、すでに妄想
ほるほると議論するのは、どこかにあったように、時間の無駄w
ほるほるは、自分の無知を恥じていてください。
無理か?w

>全くその通りで、今の自衛隊は災害派遣が支援ではなく
珈琲時光さん、ありがとう。

>平時は無駄飯食らいだし、大災害が起きれば、被災地の
>現場で各機関が相互に調整して、
きたるべき関東大震災級の大災害時に「現場で各機関が
相互に調整」を期待するのは不十分。常設機関を設け、
毎年の防災演習(9月1日)で点検する必要がある。
予算規模は小さくていいのは上述。
ただし、既存の官僚組織の抵抗は必至。権限争いで。
土門見人さんは、その代理人か?w

>その組織は、どんな情報能力を持っているやら?
今回のハイチでは、国連の対応のまずさが非難されている。
国連に、常設機関を提案するのも、大きな国際貢献です。

投稿: さらりーまん | 2010.01.22 00:28

>南海地震って100~150年周期で起きてませんでしたっけ?

http://www.amazon.co.jp/dp/4150503583/
この本と予知連絡会批判のHPで読んだことを記憶違いをしていたかも。


>英国がイラク戦争に参戦したらテロ攻撃を受ける危険が高いと分かりながら

イラクの周辺国にとっては、イラクの弱体化は歓迎するところですよ。

投稿: ほるほる | 2010.01.22 00:30

>きたるべき関東大震災級の大災害時に「現場で各機関が
相互に調整」を期待するのは不十分。

関東大震災クラスなら、被害範囲は知れている。
新たな組織は必要なし。

さらりーまん は、自分が何を主張しているのか、理解できていないね(*≧m≦*)

投稿: ほるほる | 2010.01.22 00:34

>同一地域
>巨大地震
それに周期性の定義もね。

予測から数十年から離れても周期性があるといっていいのか?

投稿: ほるほる | 2010.01.22 00:39

周期性については分かりませんが
安政の大地震と関東大震災は
同一地域の巨大地震に該当しないのでしょうか?

投稿: | 2010.01.22 01:23

>イスラム世界の信望を失いかけて、

なんの、イスラム世界では、すでに日本は密かにアメリカへの復讐の準備を着々と進め、表ではアメリカ隷従のヘタレの振りをしているだけで、いつでも寝首をかける体勢が整ってることになってるんだそうな。
広島の原爆慰霊碑にある例の摩訶不思議な詩も、アメリカを油断させるためのものなんだとか。
つうか、イスラム世界からそんなに不興を買ってるってんなら、イスラエルはなんでシナに軍事技術供与なんかしてるんでせう?
イギリスが危険は承知でアメリカのお供をしているのも、中東覇権の譲渡し人だという因縁に拠るところでそ。フォークランド紛争のときに米州機構を切ってくれた恩義もあるし、とりわけ糾弾されるべき不誠実とも言えんと思ひますがね(仮にブレアを問責できたとしてその後何が出来るってんでしょう?あの全世界に散らばっているイギリス権益をアメリカの協力抜きで維持することにするとでも?)

投稿: truly_false | 2010.01.22 01:26

>税率が江戸幕府が開かれた当時から固定されていたために
 享保の改革

投稿: 士悶 | 2010.01.22 02:21

>原口総務大臣・・・小沢問題についても検察リークを猛批判していたようですね。

原口総務相、取材源の明示求めず 有識者フォーラムで釈明
総務相は「新政権は検察が(情報を)漏らしているという立場は取ってない」と強調。取材源を秘匿した報道に一定の配慮を見せた。

共同、各局とも報道しているとおり、原口は火消しに躍起です。

投稿: | 2010.01.22 02:24

> 都会の場合は景気さえ戻れば、土地価格の自然上昇で流動化するわけですが。

政策の動員と少子化を止めなければ上昇は難しいのではないでしょうか。

>美人すぎる市議

藤川優里氏はバラエティ向け番組向けではないですけど、議員をやっているだけ合って気が強くしっかりした考えを持っておられるようですね。民主党向けではありませんね。

PS.ほるほるさん、先日はフォローありがとうございました。不規則な生活ため、閲覧が遅れお礼できずにすみませんでした。

投稿: くま | 2010.01.22 02:27

>享保の改革

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AB%E4%BF%9D%E3%81%AE%E6%94%B9%E9%9D%A9
人口の伸びが減り、一揆が増えているようですけど?

>くまさん
大したことではありませんのでお気になさらず。

投稿: ほるほる | 2010.01.22 07:40

営業マネージャー(所長) さん

好きな酒です、お互い一生飲める身体でいましょう!

余計なお世話と言われる覚悟でしたが、友人の死に方があまりにも悲惨だったため
書かせていただきました。

投稿: KAZ | 2010.01.22 08:12

訂正:
× 軍=ナショナル・ディフェンス
○ 軍=アームド・フォーシーズ
自衛隊は防衛庁時代のほうが武力集団の色彩が濃かったが、現在では災害派遣に力を入れており消防との住み分けが曖昧。

>どんな組織を作ろうと、現地のニーズをつかむ情報活動なくして、ミッションの成功はあり得ない。

確かに。
国外はJCIA(JAICAに非ず)、国内は消防省に任せるというのはどうでしょう。

投稿: 珈琲時光 | 2010.01.22 08:18

>ほるほるさん

>関東大震災クラスなら、被害範囲は知れている。
>新たな組織は必要なし。

これが東京(首都圏)を直撃したときに、被害範囲は知れていてもその中身はどんなものであるかと。
政治家は普段から役に立っていないのでいいのですが、それこそ官僚に甚大な被害が出たら対応できるのでしょうか。官僚のバックアップ機能を大阪なり福岡に置いているとはとても思えないのですが。

>予測から数十年から離れても周期性があるといっていいのか?

別に予測と近いか離れているかではなく、たとえば300年に一度だったら周期性はあるがそれが500年だったらもはや周期性があるとは言えない、とかいうことのほるほるさんの中での定義を求められているのですよ。予測ったってこの書き方だったらほるほるさんが立てた予測ではないでしょう?

投稿: さまよえる人 | 2010.01.22 08:21

>投稿: ほるほる | 2010.01.22 07:40

>税率が江戸幕府が開かれた当時から固定されていたために

に対して
享保の改革という税率変更された実例を出されたわけだけど?
それに対して

>人口の伸びが減り、一揆が増えているようですけど?

と言ってもやはり五公五民と増税された事実には変わりないんだけどね。

投稿: 様様 | 2010.01.22 08:34

ほるほるさんの
>同一地域
>巨大地震
>周期性
の定義はわかりませんが、wikiの東海地震の項には100~150年周期と書かれてます。
まあwikiですし。

地震予知自体がまだ不確実なものなんですから、周期性が「ある」「ない」で論争することが不毛でしょう。
予知して確実だったら先生のいってた核実験(^^;の可能性もアリかもしれない。


投稿: 九頭竜 | 2010.01.22 08:50

>なんの、イスラム世界では、すでに日本は密かにアメリカへの復讐の準備を着々と進め、表ではアメリカ隷従のヘタレの振りをしているだけで

一力茶屋ですね、わかります。

投稿: | 2010.01.22 08:52

>藤川優里氏はバラエティ向け番組向けではないですけど、議員をやっているだけ合って気が強くしっかりした考えを持っておられるようですね。民主党向けではありませんね。

美人は3日で飽きるといわれていますのでさして興味はないのだが、
「雪上ビキニ相撲」に出演した藤川嬢は見たかった。

投稿: kouda | 2010.01.22 09:38

>税率が江戸幕府が開かれた当時から固定されていたために

えっと、各藩のお家の事情によってけっこう違うんじゃなかったっけかな
幕府直轄地に限っては税がかかるのは米だけに関してであって
綿花などその他の農作物での収入に関しては実質0%だったとか。
(あくまでも受け売りだけどね)
それゆえ、新規に農地を開墾して土地が増えても米の生産量はそのんまで増加せず
農家によっては実質90%を他の産品の生産にまわし納税額は5%に過ぎなかった
ていう話を聞いた覚えがあるよ。
新撰組関連だったかな。
近藤勇など多摩の農民が裕福な家が多くて自宅に道場を作って通いの先生に剣術を習えたのは
幕府の直轄地なんで税金が安かったからだそうで
それなら明治になって全国一律課税を推進した地租改正が実質大増税で
その地租改正に反対する一揆が多発したのも理解できる
(確か米の収穫料50%の物納で済んでたのが、一定額の金納に変わったので、
生産にかかってたリスクが政府から農民に転化されたからだっけ、地主は当然小作人に
小作料の値上げで対処したし)


投稿: 0002 | 2010.01.22 11:05

>>*なりふり構わぬ民主 検察威嚇も見え隠れ、可視化法案 政府・与党には異論も

とはいえ、逮捕された石川議員の「自供」報道は嘘だ。と石川議員の担当弁護士が昨日の夕方にプレスリリースを出してるようです。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/01/21/03.html
--- 引用 ---
石川容疑者の弁護人“完オチ”は「完全な誤報」

 逮捕された石川容疑者の弁護人は20日、石川容疑者が小沢氏の事件への関与を認める供述をしているとの一部報道について、「完全な誤報」とする文書を報道各社にファクスで送付した。弁護人は安田好弘、岩井信両弁護士。連名で「石川氏がそのような供述をしたことは全くない」としている。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2010年01月21日 ]
----
安田弁護士が担当してるということで自民工作員的な人々が「嘘つき安田の言うことだから嘘だ」などと叫んでますが、実際、自供したというのは無いのかもしれないですね。密室でなおかつ可視化が殆ど進んでいないから開示を要求しても開示できない。

何処かの番組で欲分からないジャーナリストの人が言っていたように、捜査担当者に情報ぶつけて、その時の反応と言うか眼で裏を取る。と言う、検察や警察担当記者の裏とりのやり方を当局が逆手に取ってるのかもしれない。

もしくはそういう質問を記者がぶつけるようにうまく誘導したのか…報道にでてくる「検察幹部」「捜査関係者」は検事総長と特捜部長らしいと永田町廻ってる上杉隆が書いているようですが、彼ら程度の上層部なら、マスゴミのお偉いさんと阿吽の呼吸で情報操作も楽々でしょうね。

投稿: 業界インサイダー | 2010.01.22 17:26

>さまよえる人さん
>官僚のバックアップ機能を大阪なり福岡に置いているとはとても思えないのですが。
そのバックアップは地震が来るまで維持する必要があるし、地震が来たら作り直す必要があります。
それなら、最初からバックアップは作らずに、官僚に被害が出ても政府が稼働できるように政府の権限を普段から地方へ分散して小さな政府を作るべきです。

同じような大都市を作れば、地震で被害を受ける確率は上がりますし(毎年、多くの大地震が人里離れた場所で発生しています)、費用を集中できないために防災対策も手薄になります。

>ほるほるさんの中での定義を求められているのですよ。
予測が当たらないなら周期性は無いというのが私の定義です。
100年ごとに地震が起ったことが、次の100年後に地震が発生することを保障するわけではないようですし。
ランダムに起きる地震がたまたま人類が地震を観測するようになった時に固まって発生しただけかもしれません。
周期性のある地震を予測するよりも、地震は予測できないと断じて対策を取る方が有用だと思います。

>と言ってもやはり五公五民と増税された事実には変わりないんだけどね。
その通りです。増税されたために景気が悪くなったわけで、実質減税が続いたために江戸時代の経済は景気を保つことができたという私の主張を補強します。


>幕府直轄地に限っては税がかかるのは米だけに関してであって
綿花などその他の農作物での収入に関しては実質0%だったとか。

税がかかるのは、検知で測定された収量に対してだったそうです。
検知で「この水田からは10マスの米が取れる」と判定されたとき、納める税金は五公五民なら5マスの米を納めれば納税は完了です。技術の発達で水田から取れる米が30マスに増えても5マス納めればOKだったということです。
江戸時代を通じて、水田の収量は増えていますから実質的に減税が行われていたということです。
やり手の農家は綿花などで現金収入を得て、その現金で米を5マス買って納めることも行っていたようです。米の収穫と現金収入があれば、米の先物市場を使うことで安定した利益を得ることができます。
農協の保護に頼り切りのいまの農業従事者よりも、かなり強力な市場プレーヤだったようです。

投稿: ほるほる | 2010.01.23 01:05

>巨大地震は、1度でその地震の巣のエネルギーを使ってしまうので、同一地域では繰り返されないそうです。
 失われたエネルギーはプレートの移動により再びたまります。
 プレート・テクトニクスを知らないのですね。

投稿: 士悶 | 2010.01.23 23:44

>失われたエネルギーはプレートの移動により再びたまります。

どこに?いつ?それが判らないなら災害対策には役に立ちません。

プレートテクトニクスは、地球の内部を調査する手段を持たない人類にとっては判っていることの方が少ない分野です。

投稿: ほるほる | 2010.01.24 00:02

>地球の内部を調査する手段を持たない人類
 地球内部は地震波の観測によっていろいろと解ってきています。調査する手段を持たないというのは、ほるほるは理科第二分野について知りませんね。

投稿: ととと | 2010.01.25 23:16

>地球内部は地震波の観測によっていろいろと解ってきています。

それでも、まだまだ判っていないことの方が多いですが何か?
他の惑星との比較調査も途についたばかりだし。

想像図と実際の調査結果の区別はついているかな?


>理科第二分野について知りませんね。
そんな中学生向けの分類なんて知りませんよ。

投稿: ほるほる | 2010.01.25 23:20

 ほるほるいわく
>地球の内部を調査する手段を持たない
 あるじゃない調査手段

>税がかかるのは、検知で測定された収量に対してだったそうです。
 検知→検地
 ほるほるは中学理科どころか小学生の漢字も知らない。

投稿: 士悶(ととと) | 2010.01.26 00:37

>ほるほるは中学理科どころか小学生の漢字も知らない。

ぷ。変換ミスくらいしか反論できないんですね。


>あるじゃない調査手段
その調査手段で充分だなんて、どこの誰が立証したのやら┐(´д`)┌ヤレヤレ
惑星規模で地震波の観測を行うようになってから極短期間しか経っていないのに何が判ったのやら。

で、理科第二分野って何?もしかして中学生向けの教科書を読んで人類の知識レベルを知ったつもり?(・∀・)ニヤニヤ

投稿: ほるほる | 2010.01.26 00:44

<調査手段
ほるほるは調査手段がないと言う。
実際は調査手段はある。それを指摘すると誰が充分に立証されているかと話をそらす。これは単なるごまかし、詭弁です。
 ほるほるは、馬鹿です。

>惑星規模で地震波の観測を行うようになってから極短期間しか経っていないのに何が判ったのやら。
 ほるほるは、地球内部の最新の知見について何も知っていない。ググれ。 

投稿: 士悶 | 2010.01.27 00:49

>それを指摘すると誰が充分に立証されているかと話をそらす。

あいかわらず日本語が下手だね。

>実際は調査手段はある。
地震波による調査では、判らないことも多いけどね┐(´д`)┌ヤレヤレ


>地球内部の最新の知見について何も知っていない。
地震波による調査だけで、地球内部のことが全て解明されたと勘違いしているんだね。一生懸命偉ぶっているのが涙をさそいます(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: ほるほる | 2010.01.27 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米安保の勘違い:

« 日垣隆は大丈夫なのか? | トップページ | スタートラインを担保する »