« 日米安保の勘違い | トップページ | 新型インフル遂に来る »

2010.01.22

スタートラインを担保する

 告知。「死に至る街」が文庫で出ます。たぶん来週辺りに店頭に並ぶはずです。

※ 鳩山首相「発言うそなら議員バッジつけている資格ない」
http://www.asahi.com/politics/update/0121/TKY201001210274.html
*政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010012100956

 小沢さんのお陰で救われた感のある総理の金銭スキャンダルですが、私は昨日お昼に、ちらちらこの中継を見ていたのですが、谷垣さんにしては立派に攻めてましたよ。
 この子ども手当が、日割りにすると一日50万とかの話になっているじゃないですか(^_^;)。もう笑うしかない。

 私が不思議だなと感じているのは、小沢さんの場合は、「入り」が問題になっているわけですよね。「出」は解っている。鳩山さんの場合は逆に「入り」は解った。どうして自民党は「出」の部分を追求しないのでしょうか? それってまるまる通帳等に綺麗に残っているんでしょうか?
 鳩山グループって、60名近くいるんですよね。決して小さくは無い。当然選挙の餅代等は配ったでしょう。あるいは盆暮れにも。ただ、過去4年間で、選挙はそれぞれ衆参1回ずつしかやってないんですよ。マスゴミが報道を手控えるのは当然としても、自民党さんはその出の部分は全部調べ上げたのでしょうか。

 それで、毎日50万円も貰っていて気付かなかったのか? それを親方に報せずに処理して見せるのが優れた秘書の仕事だとは思うけれど、さすがにこの金額は大きすぎると思う。奥さんはいかにも浪費家っぽいし。一部には相続税対策だったという話もあるし。しかも、弟もほぼ同額貰っていて、こっちはどうなったのでしょうか?
 それがやましいことに使われたとは思わないけれど、何しろ金持ちだから。でも、知らなかったというのは信じられない。金の出と入りに関して、与党を追求していた人が、自分の台所事情はどうなっているのか? と全く調べなかったとは思えない。

 私はハイチの件でこの人は完全に諦めました。彼が説く「友愛」がどんだけ口先だけか良く分かったから。

※ 小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討-4億円の説明求める・東京地検
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100121-00000178-jij-soci

 週刊新潮が所得税法でやるみたいなことを書いてますが、原資の物証が出ずに(新幹線の領収書がどうのこうのは無理でしょう)、仮に箪笥預金でした、ということを認めるしかなくなったら、所得税法違反等に問えないでしょう。
 あとこれ、逮捕となると、国会会期中は、許諾請求しなきゃならない。政府としては、それを出されるのは非常に困るし、すでにそれは拒否するみたいな話も漏れてくるし、特捜部がこんな大きな事件で許諾請求したこと自体、長らくないんですよね。
 一方で国会が終わるのは6月で、ただこれも延長とかなると、夏まで引っ張ることになる。当然検察としては、書類送検なんかじゃなく、身柄を取りたいだろうと思うけど、でもこのリーク戦術で、国民やメディアの関心を夏まで引っ張れるかも疑問だし。どうするんだろう。

※ 名古屋鉄道の踏切で夫婦死亡 転倒した相手助けようと
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012101000394.html

 このニュースと全く関係ない話をしますが、昨夕の日テレで、在宅訪問医療を行っているドクターのレポートがあったんです。一人で二百数十名を担当して、患者さんのケア計画まで首を突っ込んで回っている。
 日本は、10年後には、全世帯の1/4、1245万世帯が高齢者のみになるそうです。認知症の高齢者は、今年208万人、2020年には289万人、2030年には353万人になると予想されている。
 行政コストで言うと、どこかにその高齢者を放り込むよりは、まだ自宅に留めて生活保護やケアを与えた方が安く上がると言われるけれど、現実には24時間の介護が必要なのに、それが成されていない現状をどうするのか? ということを早急に考えないと。

 それで、夜は夜で、報ステで、熊本で起こった中国人研修生の農業経営者夫婦惨殺事件のレポートがありました。70歳近いご夫婦が、息子は東京に出てしまい、月給6万で中国人に農作業させていたわけですね。金額自体は、それがアベレージなんだろうけれど、たまたま犯人がちょっと金にがめつい性格だったのが禍したらしい。
 国が禁じている単純労働を、農業の現場では「研修生」という名目で行っている。

 受け入れ窓口になっている公益法人な常務理事が遺族を相手に、「この制度、秩序が無くなったら大変なことになる。これ以上は入らないようにしているから、多くの人は真っ当にやって帰っていく」と言うんだけど。私は不思議でならないのですが、いつも疑問に感じるのは、朝から晩までこき使って、最低賃金法とかどうでも良いの? 農家の皆さんが頑なにあちらの言葉を喋らずに研修生相手に日本語で押し通すのは、日本語でしか会話してはならないというルールでもあるんでしょうか?
 合格させる気もさらさら無い看護師研修とか、よくアムネスティとかが日本政府に抗議して来ないよな、と思いますね。

※ ハイチ地震、遅い日本の対応にネット上では批判の声
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0119&f=politics_0119_005.shtml

 サーチナさん! 中共の良き理解者たる私のことも無視しないで下さい! あ、でもハッカー攻撃は間に合っています。てか、ソースはココログじゃん。仮にもココセレブ~な俺を無視すんなよ。別に私、 @nifty 様のご機嫌を損ねるようなことはしてないだろう。せいぜい、無能なオーナー社長に退陣を勧めた程度じゃん。良い加減、水に流しなさいって。

 所で昨夜のCXで面白い話をしていて、中国がいち早く入ったのは、台湾との外交合戦であるというんですよ。というのも、中南米諸国にとって、中国と言えば台湾なんだそうです。ハイチも、PKOとしての中国軍をなぜか受け入れていながら、国交を持っているのは台湾の方らしいんですよ。

※ 韓国型攻撃ヘリコプター、国内開発計画
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=1&ai_id=109589

>500MDとAH-1Sコブラなど老朽化された陸軍の攻撃ヘリコプター

 戦闘機は、T-50を弄れば形にはなるでしょう。攻撃ヘリは無茶w。やっと汎用ヘリを形にしただけなのに、いきなり攻撃ヘリは無理よ。ただ韓国軍にとっても、ロングボウは数揃えるのは無理だってことですよね。そら日本ですら諦めるしか無かったのに、韓国がロングボウを必要な数揃えられるはずもない。

※ 「やったのか君。うん?うん?」菅家さん取り調べテープ
http://www.asahi.com/national/update/0121/TKY201001210243.html

 普通にこのやりとりを一般人が読むだけでも、少なくともここに有罪と認定するに足るだけの自白は無い、と判断できるのに、裁判官に取っては、物証さえ出れば、調書なんてのはさして重みもないんですよね。
 自白偏重の日本の刑事司法制度にあって、自白+証拠がドッキングした時、自白の矛盾、あるいは証拠の矛盾も、さしたる意味を持たなくなる怖さですよね。互いの存在が、証拠価値の低さを見事に補ってしまう。
 今日なのかな次の法廷では当時の検事が出廷するらしいですが、ぜひ固有名詞を報道して欲しいですよね。

※ 結婚願望が強いのに結婚に至らない理由ランキング
http://news.livedoor.com/article/detail/4558474/

1理想ばかり追いかけている
2我が強すぎる
3プライドが高すぎる
4相手の“条件”ばかりを気にして恋愛をしている
5自分に甘く他人に厳しい

 これらは当然あると思いますが、不景気とか、下で書いた階層問題等もあるだろうし、意外に見落とされがちなのが、私は、日本人の、社会性の喪失が一因だと思っています。ヨーロッパに行くたびに私はそれを痛感するんです。
 たまたま電車に乗り会わせた人間や、たまたま公園のベンチで隣り合っただけなのに、誰彼構わず話掛けるあの雰囲気の中で三日も過ごすと、ああ日本人って社会性を見事に喪失したんだな、とつくづく実感します。
 男女の出会いとか付き合いを論じる以前の問題として、他者との関わり合いを回避するようになってしまった。ネット上で見知らぬ存在と会話するのはオーケーだけど、対面で付き合うのは気疲れする。人間関係も深入りしたくない。それが高じた結果としての晩婚化があるんだと思います。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ レジ袋をごみ袋としての使用禁止 反響大きく浜松市が広報紙に特集
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20100121/CK2010012102000159.html
※ 電子書籍価格の70%を著者らに 米アマゾンが導入へ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010012190101312.html
※ 独り勝ちアイフォーンの切り崩しなるか ドコモのグーグル携帯
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100121/biz1001212033040-n1.htm
※ 火星表面を撮影した写真に樹木のような立体物、その正体は砂の固まり
http://news.livedoor.com/article/detail/4556852/

※ 前日の空虚重量71.3キロ

 そろそろ修正フェーズなので、本日は午前4時セットのタイマー更新です。

※ スタートラインを担保する

 相続税の問題で、私が100%と言っているのは、あくまでもそれが単純で過激で解りやすいからです。実際にやるとなったら、もっと緩やかな所に着地点があるでしょう。
 相続税を巡る問題というのは、突き詰めると、人生のスタートラインに於いて、社会が、公平性をどれだけ担保できるか? に尽きると思います。税による再配分等は、二次的な問題です。

 私は、良い時代に生まれました。戦争で祖父が死んだせいで大石家は、小さな土地を売り払い、辛うじて戦後を乗り切りました。その後は高度成長に助けられ、私たち同世代の子供たちは、ほぼ横並びで成長できました。あんな貧しい地方で、生活保護を受けている子どもは、クラスに一人いるかいないかだったと思います。給食費がなかなか払えない子どももいたけれど、当時はまだ、幸い親の方に、歯を食いしばってもそこは払う、というプライドがあった。
 田舎で教職に就いた後、こちらで更に採用試験を受けて、いきなり足立区の小学校に勤務した私の姉は、給食費を払わない親のあまりの多さに呆れていました。80年代初めのことです。

 今、都会から地方に至るまで、貧しさは当たり前に私たちの周辺にあります。もちろん、人は生まれながらに不平等です。北朝鮮に生まれるか日本人として生まれるかは大きな違いです。しかし私たちの国、時代には、努力すれば人並みな生活と成功を得られるという事実があった。そしてその努力のスタートラインは、ほとんど横並びでした。
 努力すれば報われたのか? という問いは、どんな世代にもあると思います。けれど、それを考える余裕も無く、人と同じスタートラインに立てない子どもたちがすでに大量にいる。そんな状況でしか子育てできないとしたら、少子化になるのは当たり前です。子どもを作らないのも当たり前なら、結婚しない世代が出て来るのも当たり前です。この状況を放置したら、それはますます加速するでしょう。
 税制だけで解決できる問題ではないし、そもそも教育の機会均等が保障されている社会なら、何も階層の平準化に固執する必要はない。
 でも、鳩山由紀夫という、あまりにも使えないぼんぼんを見る度に、金持ちを代替わりさせても社会に良い影響をもたらすことは何も無いと感じるんですよ。サンプルが極端過ぎるかも知れませんが。横粂議員のような存在は、これからはもう出て来ないと思わないと。

※ 有料版おまけ >日垣にバカにされた大石英司が早速飛びついてるね。2ちゃんで彼が逃走した経緯知ってると笑えます。Posted by: 774 | 2010.01.20 at 21:39<

|

« 日米安保の勘違い | トップページ | 新型インフル遂に来る »

コメント

鳩山首相「発言うそなら・・・」:

>政治資金パーティーの際、何人が来たのかはもちろん、誰が何枚の
パーティー券を買ってくれたのかなど、細かいところまで聞く。
政治活動の支出についても同様だった――。
「政治家に向いていないんじゃないかと思うほど、お金に細かかった」<
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1262067873/

こんなエピソードを集めて繰り返し責められば、大ダメージを食らうでしょうね。

投稿: 黒煎りゴマ | 2010.01.22 10:32

>いきなり攻撃ヘリは無理よ
南アフリカが頑張ったんだから、あの程度は大丈夫でしょう。
>台湾
地震の次の日には私も書き込んだわ。
でも、蛇頭関係者が随分と生き埋めになったらしいじゃないの(藁)
>良い時代
いかに90年代の日本が米国に脅威であったかというグラフ
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2009/02/gdp.html
このグラフを見ると日本が美しい国で50%の温室効果ガス削減も楽々できると思う。
それに引き換え米国はやはり無理筋。
>年寄り
25年年金生活をして、しかも医療費は払わないとくれば、破綻は当然。コンクリート「を」人へBUKKAKEしないとそれは景気も回復しないわ。福祉やITが成長セクターになり得なかったのは、自費でいろいろサービスを積み上げるはずのスキームが保険にゆがめられた事(福祉)、国産品が使われない事(ITのソフトハードやバイオの試薬化成品)が考えられる。
教育の機会均等が保障、福祉の機会均等が保障。こうすると、結局淘汰圧が働かないので、成長セクターの芽が摘まれてしまう。
「過度な公共性」は日航だけでなく、教育も医療も背負わされている。階層の平準化に固執する必要はない。
竹中路線の安倍移行の修正主義がすべてを台無しにしている。
>はしかの予防接種
まぁ、MRワクチンの方が大事だし、鹿屋香水の事情を鑑みれば、10年度から再開される日本脳炎も大切ですね。
さて、東大講演会 安全な登山と医学 1月23日
http://plaza.umin.ac.jp/~sangaku/home/
足代が最大の難関。

投稿: pongchang | 2010.01.22 10:38

>私はハイチの件でこの人は完全に諦めました。彼が説く「友愛」がどんだけ口先だけか良く分かったから。

そこまでは信じていたのかと、逆にビックリしました。

>スタートラインを担保する

子供に楽をさせたいって気持ちを考慮すると相続税100%は、オーウェルの描く1984の世界ぐらいでないと無理でしょう。禁酒法にしても共産主義国家にしても人間の感情を無視した強要の行き着く果ては崩壊です。
現行の相続税の控除枠は、5000万円+法定相続人の数×1000万円ですが、このぐらいは認めるべきではないのでしょうか?

投稿: KAZ | 2010.01.22 10:52

>ただこれも延長とかなると、夏まで引っ張ることになる。

今年は参議院選挙があるからそんなに延長できません。

>いつも疑問に感じるのは、朝から晩までこき使って、最低賃金法とかどうでも良いの?
研修生は社員じゃないので月8万はあくまで研修費として支給されるもの。
かわりに住居(場合によっては食も)が全て無料で提供され、健保、厚生年金などの加入もしなくてよい。
(かわりに民間保険で補填される)
1年間の研修後に実習生となると最低賃金法によって時間給630円(熊本農業の場合)で
働くことになる。健保も厚生年金も加入義務が発生し、寮費も納税義務も発生する。
結果実習生でも手取り8万以下になる。
これは全く違法ではない。違法なのは研修生時代に残業させること。

>中国がいち早く入ったのは、台湾との外交合戦であるというんですよ。
>国交を持っているのは台湾の方らしいんですよ。
こんなことは初期から報道されている。

東京新聞1月15日朝刊
中国『地震外交』 台湾にらみ?異例の早急援助
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010011502000066.html
時事通信1月16日
「地震外交」で火花=ハイチとの国交めぐり援助合戦-中台
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011600287

※ 独り勝ちアイフォーンの切り崩しなるか ドコモのグーグル携帯
ソニエリにはX10よりもキーボード付のエクスペリアX2を日本でも出して欲しい。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0909/03/news104.html

投稿: 様様 | 2010.01.22 11:02

関東の地の果てに住んでいます、多少観光資源もある所なのですが先日「不審者による声かけ被害に注意」と回覧板で回ってきました、、、声かけ被害て、、、知り合い意外は不審者ですか、、島国田舎者根性ここに極まれり。

投稿: 菌 | 2010.01.22 12:26

昨日の今日で、今さっきTwitter覗いて見たら、日垣大先生が出版ネッツ労組関係者を誹謗中傷して止まらなくなって、出版ネッツ労組の中の人が撤回を求める事態に発展してますね。
只今リアルタイムで進行中…

>要するに仕事がなくてスキルアップもなく、とにかく暇なわけね。RT @craft_box 関係者などで実態についての講演会やシンポジウムも開催してきました。ただ、前回の調査からすでに数年過ぎて…再度調査をしないといけないなぁと個人的に感じているところです#genkouryo
http://twitter.com/hga02104/status/8039404806
>僕は変革を望んでネッツに入っているわけじゃなく、労組を含んだ職能団体の可能性に、ある程度の意味があると思ってますから。コミュニティの一つです。僕自身、そこにtwitterでできるコミュニケーションと違いがありません。 RT @hga02104 何かかわりましたか
http://twitter.com/craft_box/status/8046746649
流石に怒って反論始めた中の人に対して、
http://twitter.com/hga02104/status/8050165885
>RT @hga02104 もう連絡して来るな××共犯団体左翼プー。
↑××は流石にひどいので伏せ字にしました

こういうやりとりの中で日垣大先生、オリコンSLAAPP訴訟被害者のうがや氏を虚言癖と誹謗中傷する…名誉問題なのでこれは転載しませんけど
http://twitter.com/craft_box/status/8046746649

とりあえず抜きだしましたが…

投稿: 業界インサイダー | 2010.01.22 12:42

マスゴミや民主党や社民党の支持者の考える汚職は民主党と社民党の汚職は検察のリーグによる陰謀であって、自民党の汚職は悪い汚職だからどんどん取り締まれですか…。もはやこの国は法治国家ではありませんね

投稿: | 2010.01.22 12:45

リーグじゃなくリークな。
リークの意味もそもそもわかっていないような意見だけどな。
取調室内の情報がマスコミ報道される内容が虚偽であれば
マスコミは虚偽報道しているわけで批判されるのは当然だし
事実であればリークしているのは検察なのは確定で国家公務員法の守秘義務違反。
守秘義務違反を行った社会保険庁の職員が懲戒処分を受けたように
リークした検察官が処分対象となるのは当たり前の話。
代用監獄人質司法と並んで検察の一方的リークは昔から批判対象。
裁判員制度導入された今日においては厳罰ももってあたってもかまわない。

投稿: | 2010.01.22 12:54

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/349007/
産経新聞が取り調べした元・検事の実名報道に入りました。

投稿: | 2010.01.22 12:55

>実際にやるとなったら、もっと緩やかな所に着地点があるでしょう。
それでしたら、相続税増税派のようにおっしゃったほうが読者にわかりやすいと思います。
例えるなら、いまさら「プロレタリアート独裁!」とか叫ばれても読者はついていけないのでは。

>相続税を巡る問題というのは、突き詰めると、人生のスタートラインに於いて、社会が、公平性をどれだけ担保できるか?
相続税は親の死亡時にしか関係がありません。
生前に社会にでる子にとっては、生きている親が富裕層、貧困層であるかが人生のスタートラインにかかわってくる。
そういう視点からみるなら民主党のこども手当とか、高校無料化は理解できますし、
東大では親の収入や成績が一定ライン以上の者には学費免除をおこなっている。
農業についても農協やNPOレベルでの参入者の募集もしている。
鳩ぽっぽのようなお小遣いは論外として、小規模な親の生業を相続したものまで破壊するかのような相続税100%をわかりにくい言葉で伝え続けるというのはいかがなものかと思います。

投稿: 九頭竜 | 2010.01.22 13:09

>「不審者による声かけ被害に注意」

これって、卑猥なこととか罵声をあびかけてくる不審者が徘徊してるから注意してねっていう意味じゃないの?

投稿: KAZ | 2010.01.22 13:20

>>「不審者による声かけ被害に注意」
>これって、卑猥なこととか罵声をあびかけてくる不審者が徘徊してるから注意してねっていう意味じゃないの?
大阪だとおっちゃんが「君、どこのこ」「はよおうちへかえり」といったのも
不審者情報、声かけ事例になっています。

投稿: | 2010.01.22 13:32

>しかも、弟もほぼ同額貰っていて、こっちはどうなったのでしょうか?

つ“邦夫氏から事情聴取だ!”自民が首相に揺さぶり
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100122077.html

投稿: | 2010.01.22 14:28

興味深い話があったので

加藤紘一オフィシャルブログ
民主党は新たな「猫の目農政」に踏み込む前に、立ち止まる勇気を
http://www.katokoichi.org/videomsg/2010/100121.html

>年末、農村はここ20年なかったような混乱に陥りました。
種籾の手配を終えたいのに、減反・生産目標数量の配分が届かない。何を作ったらどういうお金になるか、まったく先が見えない。農協、県、役場の農業担当課、どこに聞いても誰も答えられない。<

>このままでは、全国の農家が主食用米作りになだれ込んでくるかもしれません。<

投稿: 黒煎りゴマ | 2010.01.22 14:36

>新幹線の領収書がどうのこうのは無理でしょう

出した方の証言、その所在を裏付ける領収書、何より翌日の同額の入金記録。厳しいでしょうね。少なくとも石川はアウト。なぜ小沢の供述を取りたいか?それと矛盾することを言わせたいから。状況的に鳩山のようにお金のことは一切秘書にまかせて知りませんでしたで押し通せないのが小沢のつらいとこ。

投稿: | 2010.01.22 15:08

日本には社会はなく世間があるのみと
オダジマ先生のコラムで書いてあって
まさしくその通りだなと思いました。
今までは組織が機能していたおかげで
それなりの秩序が保たれて来たんでしょうけど
組織が保てなくなると徐々に乱れてくるんでしょうね。

投稿: | 2010.01.22 15:12

>年末、農村はここ20年なかったような混乱に陥りました。
種籾の手配を終えたいのに、減反・生産目標数量の配分が届かない。何を作ったらどういうお金になるか、まったく先が見えない。農協、県、役場の農業担当課、どこに聞いても誰も答えられない。<

とっくに発表済みで地方でも説明会を開いているのに。
加藤って資料も読まずに官僚呼びつけて説明させる与党の大幹部時代の癖が抜けてないバカですな。
自民屈指の農業族議員でその程度かい。

http://www.maff.go.jp/j/seisaku/kobetu_hosyo/pdf/qa0112.pdf

投稿: | 2010.01.22 16:28

相続税100%より、親の負債を子が相続する制度は何とかなりませんでしょうか?事業に失敗して大借金をこしらえても、放蕩の果てに山ほど借金を作ってもそれを、血がつながっているから、という理由で子供がその借金を肩代わりさせられるという制度は日本の儒教社会的閉鎖性を物語っているのではないでしょうか。見知らぬ人に声をかける云々もその儒教性と関係があると思います。

投稿: 高橋和司 | 2010.01.22 16:43

親の財産の相続放棄すればいいだけの話じゃないの?
親の資産のうち負の部分だけ相続しないなんてのが身勝手きわまりない話。

投稿: 様様 | 2010.01.22 16:50

> 親の負債を子が相続する制度は何とかなりませんでしょうか?

相続放棄すれば良いのでは?

> 血がつながっているから、という理由で子供がその借金を肩代わりさせられるという制度

そんな制度ありましたっけ? 具体的にどんな法律でそうなっているのでしょうか?
社会的にそういう風潮があるとか、そういう話ですか?

ちなみに借金癖のある親族から返済を押し付けられそうな時の対処は、
 「決して払うな!!」
だそうです。

  家族に多重債務者がいて泣かされている人のスレ36
  http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/debt/1248563638/

投稿: | 2010.01.22 16:55

>親の負債を子が相続する制度
遺産を全部放棄(相続放棄)か、限定承認すればよいはずですが?

投稿: | 2010.01.22 16:58

投稿: pongchang | 2010.01.22 16:59

>高橋和司さん

法的には、親の負債は相続する必要ないですよ。
「相続放棄」「限定承認」などで検索してみてください。

高橋さんが
「財産は全部相続するけど、借金は一切相続しない」
ということをおっしゃっているなら、それは出来ませんよ。

投稿: | 2010.01.22 17:01

石川元秘書、偽装工作を認める
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010012200347

自供しても、小沢代表は関係ないだろ。

投稿: | 2010.01.22 17:58

「おバカ教育の構造」(阿吽正望 日新報道)を、読まれましたか。
不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。このような学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者、うつ病となり、自殺者が出るのは当然です。受験競争で時代遅れの知識を詰め込ませ、世界最低に落ちた大学に進学させ、外国語もIT能力も金融や法知識もない若者を育てれば、経済が破綻し、国民は貧窮します。
現在の異常な教育を放置すれば、子供も親も国も地獄に堕ちます。
子供が不幸になるのを、見て見ぬふりする者は、愚民です。親の資格がありません。
あまりにも情けないことです。子供を救うために、行動を始めましょう。

投稿: 大和 | 2010.01.22 18:01

産経新聞「小沢容疑者」と誤表記 謝罪、おわび記事
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012201000727.html

さすが産経。気持ちはわかるが逸りすぎだ。

投稿: | 2010.01.22 19:07

>死に至る街
新書で読みました。スペックにこだわる必要のない作品のほうが読者層が広そうに思います。
>実名
読売では1面で小澤記事と並べて報じています。

投稿: 痴本主義者 | 2010.01.22 20:48

>実名
産経は日付以外は誤報ですから

投稿: | 2010.01.22 21:14

 ネトウヨネ申を自民が公認。
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100122/elc1001221939001-n1.htm
「猪口氏らを追加公認
2010.1.22 19:38
 自民党は22日、夏の参院選で、千葉選挙区(改選数3)に前衆院議員の猪口邦子元少子化担当相(57)、比例代表に元衆院議員の柴野多伊三氏(58)、作家で経済評論家の三橋貴明氏(40)=いずれも新人=など7人の公認を決めた。自民党の公認候補は選挙区32人、比例代表19人の計51人になった。3氏を除く公認候補は次の通り。(敬称略)」

投稿: 土門見人 | 2010.01.22 21:58

もうね。産経は金でそこまで魂を売るのか?
まあ、福島香織も退職直前の自分にも、ここからの広告費で自分のボーナスが出たとおちゃらけていたが。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100122/plt1001221605003-n2.htm

投稿: | 2010.01.22 23:24

こんな記事もありましたよ。

戸別所得補償 関心高く440人参加 仙台で説明会
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/01/20100121t11036.htm

>具体的な制度は昨年末に決まったばかり。国による説明が遅れたことで生産現場では、農作業のスケジュールに間に合わなくなっている。
 南相馬市の農事組合法人、福島県浜通り農産物供給センターの中井信也参事は「飼料や米粉などに使う主食用以外のコメ、新規需要米の種もみがない。今の品種でやるしかない」と明かす。<

投稿: 黒煎りゴマ | 2010.01.22 23:59

>相続税
まぁ、先生のいうとおり100%を前提に考えるというのは、あながち間違いじゃないとは思います。「貯めた財貨を貯めたままにする」というのがやばいんで、税を払うのがいやなら財産を法人化すれば、(少なくとも概念上)縁のない第三者が資産を有効利用できるわけですし。ある種の社会的散財ともいえますわね。
しかし、現実はどうかというと、上場していない限り容易に赤字決算したり(というか上場すれば監査が厳しいですし)、極めつけはボンクラ一族の華々しい地域制覇、札束で顔を撫でるのが至高の歓びの田舎の天皇という事例もあるわけですし、なかなかそう単純なもんじゃない。
こういうとき決まって単純化がいい(消費税も含め)とおっしゃるけど、それは人間の理性に天真爛漫な認識においてルソーより無邪気であると思うし、もっと根っこは単純に「受験秀才の陥る間違えることに臆病なだけ」かもしれない。あとまぁ「ボンボンが云々」というのは、「世の中圧倒的に貧乏のボンクラが多く、そんなのに金持たせりゃ害としてははるかにヤバイのではないか」という気は直感的にしますね。

投稿: さいとー | 2010.01.23 00:09

>投稿: さいとー | 2010.01.23 00:09さま
揚げ足をとるつもりは毛頭ありませんが、

>(というか上場すれば監査が厳しいですし)

金融商品取引法の他、会社法に基づく監査もございます。
どうやってこれを回避しているのかは分かりかねますが・・・。
 

投稿: pfe | 2010.01.23 00:32

>鳩山由紀夫という、あまりにも使えないぼんぼん
彼のような存在こそが、努力をすれば報われる時代があったということの生きた実証です。
努力して一発当てれば、子孫が何の努力もせずに暮らすことができるだけの蓄財を持つことができる。
一発当てなくても、こつこつ貯金という努力をすれば、やはり子孫を楽にできる蓄財をもつことができる。
という時代があったことを彼らは証明しているのです。

努力が報われる時代が終わったのは、田中角栄が累進課税と相続税を強化し、バラマキを行うようになったことが原因です。
うまい商売の方法を考える。役に立つ発明をする。そういった努力をして得た利益を、政府が税金として奪っていくのは努力の否定です。
努力しなくても政府が金をばらまいて生活を支えてくれるなら、努力をして金を稼ぐ人はいなくなります。
他人の稼いだ金で生活できるのならば社会性も維持する必要は無くなります。

努力が報われるようにするのは簡単です。
税金で成功者から収奪するのを止め、働いていない人に金をばらまくのを止めればいいのです。
自分で使う金は自分で稼ぐしかない。自分の努力の結果が稼ぎに直結するようにすれば、皆努力するようになります。

社会が公平性を担保するのは裁判所の中だけで充分です。
自分に優位なスタートラインやゴールラインを設定するのも努力のうちです。
そういった努力をしない連中が落ちぶれることで、皆が努力の大切さを知るようになります。

いまの地方の貧しさは、都会からのバラマキに頼り切っていた当然の帰結です。
このまま滅びてこそ、後世への教訓になります。
都会の貧しさは地方に収奪されていたことに気づかなかった間抜けさ故であって、これまら苦しんで貰うことが後の世への教訓となるでしょう。
どちらも貧しさから抜け出したいのなら、努力すればOKです。

投稿: ほるほる | 2010.01.23 00:41

スタートラインが公平、横並びに成長、ってのは本当にそんなに幸せなことなのかなと思うんですが。
自分の子ども時代は比較的横並び時代にかなり目立って貧乏だったんですが(出戻り母子家庭だったため)、貧乏ってのはハンデでもあるけどノープレッシャーというすごいアドバンテージでもあるんですよね。
スタートラインがある程度凸凹ガチャガチャなほうが、その後も比べあうことなく気楽に風通しよく生きていけるような気がします。
周囲の引きこもりはほとんどが横並び中流階級で、横並びの閉塞感・がんじがらめ感ってのもハンパなかったんだろうな、と。

投稿: dk | 2010.01.23 01:13

>そもそも教育の機会均等が保障されている社会なら、何も階層の平準化に固執する必要はない。

 賛成です。金持ちの子も貧乏人の子も教育を受ける機会は均等にもたらされるべきでしょう。
 そのためにも、現状外国人だけにある育英資金など日本人にも整備すべきです。何故か日本人には育英会という名の教育ローンしかありませんが。

 結果の平等より機会の平等ことが望ましいし、その成果としての成功者には、それに見合うだけの名誉や生活がもたらされればいい。ただし、ホリエモンや、鳩ポッポ、汚沢などのようにふと名手段でもたらされた成功は剥奪しなければなりません。

 残念ながら失敗したものにも再度成功への道を残す機会が与えられれば、それで良いのではないかと思います。努力すれば何度失敗してもいつかは報われると考えれば社会が明るい方向に向くのではないかと思います。

 むろん、上を目指すだけが幸せだとは言いません。私のように向上心がない、努力しない人間でもそれなりの生活ができれば満足だという人も大勢いるでしょうから。

 ただし、日教組が押し進めるような結果の平等は、人にやる気をなくさせ、社会を暗くする原因になるでしょう。それは一面理想主義のように見えて、実際には大勢の奴隷と一部の特権階級を作る共産主義にすぎないから。

投稿: くま | 2010.01.23 03:29

> 投稿: ほるほる | 2010.01.23 00:41

同じ極論でも、大石さんのと比べると質が低すぎる。
我田引水の匂いしかしない。
ホルホルが努力しているとも、ほるほるに社会性があるとも思えない。
ほるほるの言うとおりにして、世の中がほるほるのような連中ばかりになるのだけはご免こうむりたい。

投稿: | 2010.01.23 04:52

>しかし私たちの国、時代には、努力すれば人並みな生活と成功を得られるという事実があった。

女性の社会進出が弊害になっていると言う事はないだろうか?昔は主に男性が働き、女性が主に家事育児をする。そして女性は「極端なデフレを起こさない”消費係”」という重要な役割も果たしていた。結果、男性は職につきやすく、少子化も起こらず、社会がそれなりにはうまく回転していたのだ。

もちろんこの社会形態にも欠点はあるし、完全ではないが、どんな社会でも欠点は出てくる。結局これは比較的ましな社会形態の1つというのは否定できないと思う。
今となっては古いと言われるのだろうが。

この社会形態に年功序列をなくせばかなり修正されると思う。

投稿: | 2010.01.23 09:25

>ただし、ホリエモンや、鳩ポッポ、汚沢などのようにふと名手段でもたらされた成功は剥奪しなければなりません。

同じように安倍とか麻生とかも剥奪しないとな。

投稿: | 2010.01.23 09:34

ちょっとおうかがういしたいのですが、ハイチ救援にどうしてそんなに過剰になるのでしょうか。
たしかに深刻な事態でしょうが一体何が出来るのでしょうか。

治安維持ですか?自衛隊が行ったら大打撃を受ける可能性もある。聞けば震災で刑務所から逃げだした連中、前政権のごろつきで、こんな殺し屋のような連中と戦えるでしょうか。反撃して住民でも巻き込めば、それこそ袋だたきで、日本にとってメリットなどない。そんな事が出来るのは国連常任理事国で「殺しのライセンス」を有するアメリカ・中国しかない。

カネですか?多くの日本人が飢え、苦しんでいるのに、そんな余裕などないというほかありません。せいぜいお付き合い程度ですよ。

日本人にとって何より大切なのは日本人の命です。

むろん、これは利用できるチャンスと言えばチャンスです。

たとえば中国人の救援隊ががごろつきどもに攻撃される。自衛隊は助けられるが、憲法上の理由を縦に救援せず、あえて見殺しにするのです。そうなると今まで反日だの日本軍国主義などと言っていた連中が、日本大使館とかに「憲法を改正せよ!」と押しかけるかもしれない。そうなると面白い事になる。また右のご仁も左のご仁も大騒ぎで今まで言ってた事と正反対の事を言う人間が出てくるでしょう。こう言う場合、中国・韓国嫌いの人たちが憲法を守れと叫び、「アジアのひとたち」とか言っていた方々が憲法を改正せよと叫ぶかもしれない。

どうなるか楽しみですな。

投稿: ペルゼウス | 2010.01.23 10:00

>ホルホルが努力しているとも、ほるほるに社会性があるとも思えない。
ほるほるの言うとおりにして、世の中がほるほるのような連中ばかりになるのだけはご免こうむりたい。

論拠も上げずに、他人を誹謗する人間は世の中がどう変わろうとも底辺で蠢くことしか出来ないんですよね。

教育の機会均等を実現しても、自ら学ぼうとしない者はどうしようもない。

小学生などには機会よりも、読み書きそろばんといった一定のスキルを身につけた。という結果の平等を与えるべきでしょう。

投稿: ほるほる | 2010.01.23 10:03

>子供が不幸になるのを、見て見ぬふりする者は、愚民
>です。親の資格がありません。
>あまりにも情けないことです。子供を救うために、行動
>を始めましょう。

で、貴方は何をしてるわけ?>大和 さま
まずそんなマスゴミ積年のクリシェを反復するだけのことから止めてみてはどうですかね?
甥っ子の中学受験の面倒を見てやったけど(敢えなく志望校は全敗(泣)、こりゃ大変だったですわ。
大石先生もご子息が学齢に達してらっしゃると思いますが、手を打つのはお早目に(まなじり決して血相を変えてっつうことではなく長期戦を焦らずにバックアップしてやることがキモかと)

投稿: truly_false | 2010.01.23 10:18

>たとえば中国人の救援隊ががごろつきどもに攻撃される。自衛隊は助けられるが、憲法上の理由を縦に救援せず、あえて見殺しにするのです。

中国人の救援隊ががごろつきどもに攻撃される。←野党はこれを好機としてPKO法案の改正として他国の軍隊が攻撃を受けた場合、自衛隊が支援できるように法案を提出すればいい。民主が可決しなければしないでそれはそれでけっこうなことだ、中国人の救援隊が攻撃さえたら見殺しにするのかと鳩山政権に詰め寄って問えばよい。
否決したら民主と中国にひびを入れることができる。可決すれば自民は中国に恩を売れる。
民主が先に改正案を出してきても、アメリカだったら反対で中国ならばOKなのかとダブルスタンダードを攻めればよい
実際になにも起きなくても、この問いが報道されるだけでインパクトがある

投稿: 0002 | 2010.01.23 12:20

>否決したら民主と中国にひびを入れることができる

中共にとっては救援隊の命なんかよりも日本にPKO法案の改正をさせない方が得だなんて事くらい解ってるだろう

投稿: | 2010.01.23 19:35

あらら、すみません。まさかレスポンスが来るとは>pfe様

会社法上の監査が適切かどうかですが、会計士会計事務所の偏りを見ていると、おおさぐりな感じでは「税も含めてトラブルがおこる前情報としては実効がないが、トラブルが起きたときには法廷で機能すればいいかな」という感じじゃないかとは思うんですよね。
もちろん、法律の適用が大企業と小企業、東京と大阪で違いますなんてことはできっこないわけですけど、それは現実的に補足があまねく可能ではないということもあるし、ある意味の「法人善意説」というか、「いわくつきの会社は別にして、嘘の報告をするはずがない」前提でうまいぐあいにまわってきた面はあるからかもしれません。実際昭和時代まではそうだったのかもしれないですが。

しかし、法人でない生の自然人に徳と知を兼ね備えたひとと、ここぞとばかり行政に向かって吠えたあげく派遣村からトンズラした人間があるように、法人でもマナー違反の同じことはいえるんで、ご禁制の品を扱うのに経産省に報告しなかったり、いるはずの従業員がいないことにして年金事務所に報告した(一橋高山先生の消えた年金の一つの例)ということもあるかもしれない。そこの相克っというのは、なかなか自然人以上に厄介かもしれないですね。すみません、本当の疑問に応えたかというと、若干怪しいですが。

投稿: さいとー | 2010.01.23 22:26

> 論拠も上げずに、他人を誹謗する人間は

じゃあ論拠を挙げよう。

ほるほるが努力してなさそうに見える理由:

今現在努力しているとしたら社会や行政のいろいろな理不尽にぶち当たってきたはずで、こういう行政を作り上げた自民党政権に絶望して民主党による行政改革への期待が多少なりともあってしかるべきだが、それが無く現状維持を望むのは、これまでぬるま湯に浸かってこられたからだと思われる。
また、裁判の公平などという能天気なことを言っているのも、社会の変革が簡単だ、などと言えてしまうのも、苦労をしていない証拠だといえる。

ほるほるに社会性がなさそうに見える理由:

社会でもまれると普通、独りよがりで断定的な物言いは否定されるから直っていくものだが、それが直らないでいまだに万能感を持ちつづけられているということは、あまり人間関係でもまれていない証拠だとみなせる。

投稿: | 2010.01.24 05:51

>それが無く現状維持を望むのは、これまでぬるま湯に浸かってこられたからだと思われる。

はあ?
いつ俺様が現状維持なんて望んだの?


>裁判の公平などという能天気なことを言っているのも、社会の変革が簡単だ、などと言えてしまうのも、苦労をしていない証拠だといえる。

苦労していると、特定の言論に偏るはずだ!というのは、あなたの偏見でしょ。


>社会でもまれると普通、独りよがりで断定的な物言いは否定されるから直っていくものだが、それが直らないでいまだに万能感を持ちつづけられているということは、あまり人間関係でもまれていない証拠だとみなせる。

社会でもまれるって何?
ホリエモンをはじめ、検察につかまったりしたくらいで人格が変わる方が珍しいと思われ。
万能感を持ちつづけられているというのも、あなたの偏見。

投稿: | 2010.01.24 05:51のように、他人に自分の偏見をぶつけられるなんて、どんな苦労をして社会でもまれてきたのやら。
私には、あなたが現実から隔離された引きこもりにしか思えません。


投稿: ほるほる | 2010.01.24 08:07

> 他人に自分の偏見をぶつけられるなんて

要求された論拠を挙げたまでだが。

自分にとって否定的なことを言われると「偏見だ」として拒絶するから万能感が直らないんだよ。

投稿: | 2010.01.24 08:21

>要求された論拠を挙げたまでだが。

全部、あなたの独善と偏見じゃないですか┐(´д`)┌ヤレヤレ
それを論拠として持ち出せるなんて、どこまでバカなんですか?


>こういう行政を作り上げた自民党政権に絶望して民主党による行政改革への期待が多少なりともあってしかるべきだが

あほか。

民主党の幹部は全員、自民党の落ちこぼれ。
政策も自民党の猿まね。

これで行政改革に期待できるなんて、よほどのアホだけでしょ。

投稿: ほるほる | 2010.01.24 08:55

> 全部、あなたの独善と偏見じゃないですか┐(´д`)┌ヤレヤレ
> それを論拠として持ち出せるなんて、どこまでバカなんですか?

間違っているというのならそっちの方で、自分は努力していて社会性があるという証拠を出してみてくれ。

スタートラインに立つところからずっと自分の力で努力して社会的に成功している、という証拠を出してくれたら潔く謝ろうじゃないか。

投稿: | 2010.01.24 09:08

>自分は努力していて社会性があるという証拠

証拠って、例えば何が証拠になるんですか?
私にその証拠とやらを要求するなら、あなたがどこの何をやっている人くらいかは明かしたらどうですか?
ニートでも、私はバカにしたりはしませんよ。


ところで、あなたが挙げた論拠とやらが、全てあなたの偏見と妄想の産物だということに反論はありませんね。

投稿: ほるほる | 2010.01.24 09:19

> 証拠って、例えば何が証拠になるんですか?
> 私にその証拠とやらを要求するなら、あなたがどこ> の何をやっている人くらいかは明かしたらどうですか?

ああそう。それを明かしたら証拠を出してくれるわけかい?
東京で技術者をやってるよ。

> 反論はありませんね。

そっちが証拠が出せないうちは、妄想とは認められないね。

投稿: | 2010.01.24 09:32

>Res下さった皆様

どうもご鞭撻ご指導ありがとうございます。相続放棄の制度があるのは知っているのですが、相続人の死後60日以内に限って相続放棄の表明を行えるという現行制度では、親と離れて住んでいる私にとっては相続人の死を知るのが、その60日を過ぎてからになることは確実で、彼らの生前に放棄を宣言しておきたいのですが、それは現行法上不可能であると。

法規上は『死後60日』というのが、死を知ってから60日以内ということは知っているつもりですが、債権者はそこの『死を知ってから』を強硬に衝いてきて、仮に裁判を起こして私が完全勝訴しても弁護士代は払わなければいけないので、『生活保護』→『破産』→『ホームレス』の落下スパイラルまっしぐらになることは明らかでしょう。

それに、事業に失敗して負債を抱え込むならまだしも、親が最初から子に借金を肩代わりさせるために放蕩生活をするという利己的な親っていうのも今の世の中少なからずいると思いますよ。

投稿: 高橋和司 | 2010.01.24 13:14

>東京で技術者をやってるよ。

こんな書き込みでは、あなたが何者かは不明ですね。
この程度の情報で自分が何者かが明らかに出来ると考えているような常識外れの方には、どのような証拠を出しても無駄でしょう。
ハンドルネームを付ける意味も理解していないようですし。


社会でもまれると普通、独りよがりで断定的な物言いは否定されるから直っていくものだそうですが、私のことを社会性が無いと断定しているあなたは、社会性が無いようですね。


投稿: ほるほる | 2010.01.24 14:30

ほるほる> あなたがどこの何をやっている人くらいかは明かしたらどうですか?

> 東京で技術者をやってるよ。

そっちが要求したから書いたのに、

ほるほる> こんな書き込みでは、あなたが何者かは不明ですね。

これかよ。むちゃくちゃだな。

結局、そっちは証拠が出せないってことだね。了解した。

投稿: ハンドルネームつけたぐらいで威張るなよ実名が出せてないという点じゃ匿名と同じなんだから | 2010.01.24 15:38

> 債権者はそこの『死を知ってから』を強硬に衝いてきて、仮に裁判を起こして私が完全勝訴しても
> 弁護士代は払わなければいけないので、『生活保護』→『破産』→『ホームレス』の落下スパイラル
> まっしぐらになることは明らかでしょう。

ええと、何だか心配しすぎのような。。。
相続放棄を申請して認められれば、いきなり債権者が貴方に対して裁判を起こしたりはしないでしょう。
まずは認めた裁判所に対して不服申し立てをすることになると思います。
この場合は裁判所と債権者の争いになるので、貴方が裁判費用などを負担することは
ありません。 証人として呼ばれることはあるかも知れませんが。
まぁ、そこまでする債権者なんて殆どいないと思いますけど。

というか、そこまで心配しているのなら一度専門家(弁護士など)に相談されては
如何ですか? この手の相談だけなら、それほど費用はかかりませんし無料で法律相談を
行っているところもありますから。

  法テラス
  http://www.houterasu.or.jp/

それから、相続放棄の期間は「死後60日」じゃなくて「自己のために相続の開始があったことを
知ったときから3か月以内」ですよ。

投稿: | 2010.01.24 16:26

>投稿: ハンドルネームつけたぐらいで威張るなよ実名が出せてないという点じゃ匿名と同じなんだから | 2010.01.24 15:38

あのね、ハンドルをつけないと書き込みが区別できないからだよ。
実名とか匿名とかというのとは無関係です(・∀・)ニヤニヤ

投稿: ほるほる | 2010.01.24 19:27

ほるほるさん vs その他
証拠を出さないんだか出せないんだかは分からないが
その点では同じ穴のむじな。
に見える。

投稿: | 2010.01.24 23:02

>投稿: | 2010.01.24 16:26 さま

詳細なご指摘、ありがとうございます。

あまり心配してもしょうがないと思いますが、長男一家の繁栄のみを願い、そしてその通りに行動している私の戸籍上の親の行動・言動から想像するに普通の人々では想像だにできない「斜め上」の発想をして対策を練っておかないといつ素っ裸で該当に放り出されるかぎりぎりの環境で生きているので(ならネットするな!と怒られそうですが)、こういう考え方になってしまいます。どうかご容赦ください。

投稿: 高橋和司 | 2010.01.28 15:55

>たまたま電車に乗り会わせた人間や、たまたま公園のベンチで隣り合っただけなのに、誰彼構わず話掛けるあの雰囲気

関西や西日本はそういう気風がありますね、開放的というか。
イタリアの方を日本案内していて、関西はヨーロッパ的だといわれた事があります。
そういうことなのでしょうか。

投稿: 素人通訳ガイド | 2010.01.30 07:47

>これらは当然あると思いますが、不景気とか、下で書いた階層問題等もあるだろうし、意外に見落とされがちなのが、私は、日本人の、社会性の喪失が一因だと思っています。ヨーロッパに行くたびに私はそれを痛感するんです。
 たまたま電車に乗り会わせた人間や、たまたま公園のベンチで隣り合っただけなのに、誰彼構わず話掛けるあの雰囲気の中で三日も過ごすと、ああ日本人って社会性を見事に喪失したんだな、とつくづく実感します。


過去に日本は社会性があったんですか?元々誰彼構わず話しかけることを日本人はしていないような気がしますが。

投稿: | 2010.04.26 14:49

田舎ならいまでも誰彼かまわず話しかけるところはいっぱいありますよ
国に関係なく、カギかけない家がそこらじゅうにあるような土地柄ならどこもそうなんじゃないかと

投稿: | 2011.01.19 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタートラインを担保する:

« 日米安保の勘違い | トップページ | 新型インフル遂に来る »