« 孤独死の責任は? | トップページ | 大衆が望むベタな展開 »

2010.02.24

札割れからハイパーインフレ?

 千葉の孤独死の事件ですが、当然続報があるんだろうと思っていたら、朝日も書かないし、余所も追わないんですよね。
 それで、この事件は、たぶんそのご老人の周囲に、親身になって相談してくれる人間が一人でも居てくれれば回避できた悲劇なんですよね。
 ところが、今や地方の親類関係ですら赤の他人同然となりつつある。昔は、散歩圏内に親類も固まっていたものが、交通機関の発達で、車に乗らなきゃ会えない位置にバラバラに拡散、付き合いも希薄になって行く。日常のことはもとよりましてや金関係のことは頼めない。
 行政は、結局の所、誰かが周囲にいてくれることを前提として回っているんですよね。所が、実際には兄弟子ども親戚もいない独居老人が増えているのに、それに対応するシステムが全く整備されていない。独居老人の孤独死なんて、今に始まった話じゃないのに、厚労省は、何の対策もして来なかった付けを現場の自治体が被っている。
 NPOに丸投げでも良いから、独居している人々のケアを国で一元管理できるようなシステムを早く作らないと。

※ 週刊朝日:「超強気」ディーラー・フジマキが「超弱気」宣言、「日本経済は1年で破綻」
「超強気」ディーラー藤巻健史が「超弱気」に…
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11271

 結論から書きますが、単なる、新刊のパブリシティで酷い記事です。噴飯ものの記事です。時間を割いて読む価値はありません。なぜ週刊朝日ともあろうものがこの手の二束三文な記事をトップに持ってくるのか理解に苦しみます。

 私は昨日、この週刊朝日のど派手な広告を見てから、記事が気になって気になって仕方がなかったんです。ネットで検索を掛けたけれど、どうも良く分からない。お昼に近所のコンビニに出たけど、週刊朝日は無い。週刊朝日が置いてあるコンビニって少ないですよね。まずファミマには入らないし。
 で、気になって気になって、とうとう風呂も入り飯も喰った後の午後8時、高津駅前の書店に出たんです。ところが何と、発売日だというのにもう売り切れ(航空ファンも売り切れだったorz)。で、駅前のコンビニを4軒全部回りました。所が無い!?
 仕方無く今夜はもう諦めようかと思って、でも最後に、たいして遠くでもないからと、大山街道(旧246)沿いのセブンイレブンまで歩いたんです。したら一冊だけ残っていた。
 ブルブルと震える手でひとまず頁を開きました。頁の半分も読まないうちに、ポカーン状態。そのディーラーさんがどうのこうのより、この記事を構成した記者さんの経済知識を疑いたくなる。もう滅茶苦茶な論法と展開。10行前書いてあったことが、次の10行で全否定するようなそんな展開が延々と繰り返される。

 記事自体が、来週講談社から出る本の宣伝らしいんですよ。たぶん発売日にはでかでかとアカピー本紙に広告が載るんでしょう。そのお礼のパブリシティなんだろうと思います。それにしても、酷い記事でしたが。

 要旨は単純で、来年度まではどうにか予算が組めるだろう。でもその後は、国債を刷っても「札割れ」が起こるだろうと
 早い話が、国債の金利が上がって、インフレが来ると。それもハイパーインフレが。
 この人は、もともとがハイパーインフレ論者で、とんでもない円安時代が来るという主張の方のようですが、その円安論が、3頁ある記事の中で、二転三転してお話しにならない。読んでいて頭がくらくらしてくる。カツマー先生のデフレ退治論がまだまともに思えるほど。ディラーさん本人がどうのこうのより、記事を構成して書いたライターのレベルの問題だろう、という気はしますが。

 国債の暴落に関しては、ここでも何度も書いて来ましたが、正直、この藤巻さんの円安論を正しく理解したとしても、納得しかねる部分が多すぎる。仮に、一ドル150円くらいになったとしましょう(彼が想定しているのは1ドル200円以上)。輸出企業はぼろ儲けして、その波及効果がたちまち日本経済の隅々まで行き渡ってGDPを押し上げるでしょう。でも今、そんな状況にないでしょう。円だけが他の通貨に対して暴落する状況というのが無いじゃないですか。

 もちろん、来週出るという単行本の方にはもっとまともな解説があるんだろうけれど、週刊朝日の記事を読む限りは、酷いマッチポンプを読まされたという感想しか残りませんでした。単行本をきっちり読んで見たいと思う気にはとてもなれない。

*国際投機勢力の次のターゲットは日本?
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=126526&servcode=300&sectcode=300

 外資は今ですら好き放題しているし、赤字隠しなんて、少なくと日本国民は織り込み済みな話だし。ちょっとぴんと来ない話ですが。

*日本の財政赤字、「崩壊寸前」=増税、歳出削減が不可避−ロゴフ・ハーバード大教授
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_35441

>女性の労働力活用や定年延長などに取り組むよう訴えた

 この処方箋は、意味無いでしょう。仕事が無いのに、女性に仕事を、と言っても仕方ない。もちろん、スキルと仕事があるのに、それが出来ない女性のために保育所を整備する必要はあるけれど。
 医療費や年金問題を先送りするために定年延長も結構な話だけど、若者が就職できない今やるべきことじゃない。それやるんだったら、子育て支援に金をばらまいて、出生率を回復させて、「また小学校に子供たちが戻って来ますよ!」と国民の将来への希望を回復させた方が良い。人口回復政策は即効性が無いと批判する経済学者は、天気予報はできても気候変動に興味が無い学者と同じですよ。

※ 「電子系に問題なし」米トヨタ社長公聴会に
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100223-OYT1T01107.htm?from=main7

 いやぁいよいよ始まりましたね。公開リンチ(^_^;)。今朝のCBSニュースでは、この公聴会でトヨタを吊し上げる側の議会議員40人がトヨタの株をいくら持っているとか、選挙支援を受けているとかレポートしていました。GMの問題の時には無かった動きで、4大ネットが議会議員との関係まで踏み込む時には、手打ちは無し、叩きつぶしちゃる! という宣戦布告の意思表示なんですよね。

※ 王理恵さんに自民が参院選出馬オファー
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100223-OHT1T00143.htm

 別に子どもはいなくても良いから、せめて普通に結婚してりゃねぇ。世間的には、この人は何不自由なく育った奔放なじゃじゃ馬というイメージしか無いじゃん。

※ 自民悪政の尻拭いをさせられている民主党
http://news.livedoor.com/article/detail/4619738/

 その通りだ、(`・ω・´)キリッ! と胸を張った次の瞬間に「どことなく日刊ゲンダイのにほひが……。違うよな? まともなソースだよな?w」と思いつつ、案の定「ゲンダイ」のロゴを発見してしまった時の落胆は言い尽くせないものがあるorz。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 全裸のメイドさんが家事をしてくれるサービスが日本に上陸、おさわりは禁止
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100223_sexy_maid_service/
※ 中国が戦闘機J-15の試験飛行に成功 J-20開発中
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-02/23/content_19461918.htm
※ 昔の恋人が忘れられずSNSで検索、恋の炎が再燃し破局27年後に結婚へ。
http://narinari.com/Nd/20100213123.html

※ 前日の空虚重量72.3キロ

※ 有料版おまけ 今日も訳あって eyes only

|

« 孤独死の責任は? | トップページ | 大衆が望むベタな展開 »

コメント

しかし週刊現代があそこまで小沢叩きに徹しているのに日刊ゲンダイが間逆のどこまでも小沢擁護なのは何かあるのかね?
週刊現代は、松田賢弥が昔から小沢政党助成金や不動産問題をスクープ掲載してきたとはいえね。
あそこまで民主党と小沢叩くかねえ?

投稿: | 2010.02.24 10:44

王監督の娘さんが・・・驚きですね。
おそらく娘さんより王さんが狙いかと思います。
選挙で王さんの応援光景がマスコミに写るだけで
百万票の効果?wはありそうですし。
王さんは娘かわいさで何でもやりそうだし。

ハイパーインフレはその筆者の願望じゃないでしょうか。
それは外需依存の大企業や財政赤字にとっては朗報でも
庶民にとっては必ずしもいいニュースとはいえません。
ただでさえ高い生活物価がさらに高くなりますから。

ましてトヨタの信用が傾いてる今、円安がどれだけ日本にとって吉と
言えるでしょうか。毒餃子がさらに安くなっても
誰も買わないのと同じことです><

投稿: ももんが | 2010.02.24 11:03

> 独居している人々のケアを国で一見管理できるようなシステムを早く作らないと。

いつもは、「姥捨て山を作れ、年寄は若者を食い物にするな、世代間闘争を起せ」と書いてる大石さんがこういう意見を言うのは不思議ですね。

ああいう老人が長生きしないことで、結果的に行政コストがかからずに済む、ということにはならないんですか?

投稿: | 2010.02.24 11:28

つうか、王理恵は日本国籍選んだのか。娘が何歳かは知らんけど、1985年の国籍法改正まで父親台湾人と母親日本人の場合は日本国籍取得できなかった。
それは蓮舫と同じ。蓮舫は1985年の改正で日本国籍と台湾国籍の二重国籍者となり、18歳のときに台湾籍を捨て二重国籍解消しているけどね。
王理恵はいつ日本国籍のほうを選んだのかなあ?22歳までにどっちかを選択しなけりゃならんからね。

投稿: | 2010.02.24 11:35

>こういう意見を言うのは不思議ですね。

 仮に姥捨て山が制度として容認されるにしても、コントロールは必要でしょう。
 ましてやそれが遠い現状では、行政によるケアが無いことで、孤独死で被害を被る家主も出てくるし、たいして付き合いのない親類縁者もやっかい事を突然抱え込むことになるでしょう。

投稿: 大石 | 2010.02.24 11:51

週刊朝日はコンビニ配送を止められたらしいですよ! そこまでやるか、旧勢力は!

投稿: ほげ | 2010.02.24 11:59

>お昼に近所のコンビニに出たけど、週刊朝日は無い。週刊朝日が置いてあるコンビニって少ないですよね。まずファミマには入らないし。

ほげさんも書いてるけど、昨日あたりから、多分Twitterが専らの流通経路だと思いますが、「日本出版(日版?)がこの数週間、週刊朝日のコンビニへの卸を拒否してる」と言う話がネットで飛び交い始めています。
発端は朝一でコンビニに行っても入手できないと嘆くひとが続出したあたりからだった気がする。

まぁ、流通が雑誌を拒否するのは今に始まった話ではなくて、ウワシンが書籍流通絡みで批判的な報道をやると数ヶ月ほど極端に流通量減らされて入手困難になったりとか、最近だと革マル派とJR東日本の癒着問題を報じた週刊現代がJR系の売店・コンビニで全面的な販売拒否にあったりとかあったので、ない話ではないのですが、
最低でも「小沢・西松問題」が浮上してきて、マスコミのカウンター情報を多く掲載し始めた去年の春くらいからセブンイレブンなどの近場のコンビニで週刊朝日を全く見なくなって結局駅近くまで出て・大手書店なりヤマザキデイリーのような一部のコンビニなりで買う羽目になる事が非常におおくなってきたので、もし流通拒否がやられてるとしたらその時期かそれ以前から継続的にやられてきたのではないかと思います。

コンビニ会社によっては潤沢過ぎる位に置いてあったりもするので謎です…日版云々ではなくてコンビニ側の都合と言うか、(エロ本関連やタバコなど)行政からの圧力に極めて弱い大手コンビニ側の「自主規制」なのかも知れませんが。例えばアレコレ突っ込まれてる地域への配本を自粛するとか(神奈川なんかはそういう県=行政からの干渉圧力が極めて大きい訳で)
どちらにしても、「中の人」の証言らしきものが未だ出ていない話なので憶測していくしかない(^_^;


日版が本当に「拒否」してるとしても、アリバイ的に極小部数を配本してるとは思いますが、それでも大半の地域で入手困難に出来るので…ここの所完売が続いてると言うのに物が来ない。と言うのはおかしいと思うのが世の常ではありますので…

投稿: 業界インサイダー | 2010.02.24 12:18

↑陰謀論乙。先生は「セブンイレブンで見つけた」って書いてるでしょ。貴方の頭の中ではセブンイレブンはコンビニではないのですね。

投稿: KWAT | 2010.02.24 12:20

↑は「ほげ」さんへのresです。申し訳ありません。なんか妙な順番になっちまいましたが。(^^ゞ

投稿: KWAT | 2010.02.24 12:21

公聴会の最初の証言者となったテネシー州のロンダ・スミスさんは、愛車のレクサスが
2006年、ブレーキが利かぬまま勝手に加速し、時速160キロでの走行を
余儀なくされた状況を涙をこらえながら語った。
ギアをバックやニュートラルに切り替えたり、サイドブレーキを引いてもスピードは
落ちない。「死を覚悟した」というその直後、車が急に減速を始めて一命を取り留めた。
その瞬間を「神が現れた」と語った。


ちなみにおいらのアルファ155は、冬になると朝家を出るときサイドブレーキを戻しても結露で
ブレーキのワイヤーが動かず挟んでるブレーキが戻んなくて全然加速しねえんだぞww
10時ころになると溶けてくるけどw
(これはプラスチックの品質が悪くって、車の下回りを通ってるパイプにひびが入ってグリスが溶け出して
そこへ水分が溜まって凍るんだな・・・二年に一回の恒例行事だよ)

投稿: | 2010.02.24 12:28

>週刊朝日
コンビニは独自の配送ルートをもっているので、書販とは関係ないような気がする。一つの大手コンビニだけでも数万部がはけるので、ここが扱いを止めると、漫画冊子なんかは廃刊の憂き目にあうとか聞いたことがある。

投稿: | 2010.02.24 12:35

>週刊朝日の配本
日販は今年に入ってから「売れないものは配本しない」、「返品率の高い商品を押し込んでくるところは相手にしない」という方針を徹底しだしたので、週刊朝日が本気でさっぱり売れていないという可能性もけっこうあるかもしれません。
小沢・鳩山擁護はあんまりウケないでしょうから。

そこまでしないトーハンの縄張りであるセブンイレブンには配本されてる、ってだけのことじゃないかと思います。

投稿: | 2010.02.24 12:38

>週刊朝日はコンビニ配送を止められたらしいですよ!

 ググッてみるとそんな話が出て来ますが、どうかなぁ。
だって週刊朝日などの新聞社系週刊誌がコンビニでなかなか手に入らないのは、少なくとも高津近辺では、昨日今日始まった話じゃないですから。

 最近辛うじてAERAは見るようになったけれど、以前はAERAすら入って無いコンビニも多かったですから。

投稿: 大石 | 2010.02.24 12:41

>貴方の頭の中ではセブンイレブンはコンビニではないのですね。

既に触れている人もいますが、セブンイレブンへの配本はトーハン。配本止めたという噂は日販。
トーハンは過去に、「セブンイレブンの正体」って本の配本を拒否したくらいセブンイレブンべったり。

投稿: | 2010.02.24 12:57

>>大石先生
>>2010.02.24 12:38 さん
>そこまでしないトーハンの縄張りであるセブンイレブンには配本されてる、ってだけのことじゃないかと思います。

だとすると、家の近くのセブンイレブンでは全く見ないのは単純に元から売れてないから配本されていなかったのですね(爆)
他の主要コンビニチェーンのお店で全く見ないのはともかく。
で、ヤマザキデイリーでは週末になってもかなりの確率で余ってる(とはいえ数部)と言うのは…多分、流通関連で入ってくる上に、家の一帯の住人がリアルド○ュンと外国からの移民と老人ばかりのスラム街だということと関連があるのかも知れませんね(爆)
「B層戦略」と称されていたマスコミ経由の愚民化政策の残渣健在なり…なのか…φ(..)

投稿: 業界インサイダー | 2010.02.24 13:53

全裸のメイドサービス?メイドはメイド服を着てこそメイドです。水着着たメイドはメイドではありません

投稿: | 2010.02.24 14:16

某コンビニの販売側です。
雑誌は下げる日に残数をチェックして増冊をリクエストします。残が0の場合は増冊、残が多い場合はリクエストしても減冊。ほぼ自動的。ただ、各段階に人の手が入りますのでその段階で微妙に調節されます。店舗がリクエストしないと普通はだんだん種類も冊数も減るし売れない雑誌ばっかりになるw
取次ぎにある在庫は決まってますからリクエストの多い雑誌は按分。←この辺で結構コントロールされてるかも。最近だと東方しんきののったJJとかViVi。
週刊朝日とかは多分販売数は稼げないからほっとくと入らなくなるかな。

投稿: | 2010.02.24 14:18

週刊朝日、田舎のコンビニにも普通に売ってます
週刊朝日編集長の地検出頭要請同様
twitterのRTで伝播される飛語流言の類でしょう
住民のリテラシー能力はねらー・阿修羅以下ですね

投稿: | 2010.02.24 14:46

コンビニのPOSは「売れないものは配送しない」ようになっていますから、何週間か売り上げのない新聞社系週刊誌は配本されなくなったのかもしれませんね。
一番わかりやすいじゃないですか。毎週入荷して返品されるものは、配送料と陳列のコストが無駄なだけになりますから。
写真週刊誌なども含めて廃刊になるくらい売れていない。

ま、M.I.Bの陰謀かもしれませんがw

投稿: | 2010.02.24 14:57

>>投稿: | 2010.02.24 14:46さん
>週刊朝日編集長の地検出頭要請同様
>twitterのRTで伝播される飛語流言の類でしょう
>住民のリテラシー能力はねらー・阿修羅以下ですね

何か、こういう騒動があると「火消し」みたいなこじつけが出てきますね。
古い言い方すれば「酷い印象操作」と言うべきか。

今、Twitterでは、どこの地域のどのコンビニでは売られていて、どこのどのコンビニでは売られていない。と言う情報交換が始まっています。
流し読む限りでは
・日販が卸してるコンビニに「売られていない」のが集中してる。
・駅売り、書店などは概ねある。
・「売られていない」と言う声は首都圏などの大都市圏に集中してる
と言う感じ。
実際に何が起こってるのか解析するにはまだ厳しい情報量かも。


山口編集長の「出頭」騒動は、東京地検が来い。と言ったのが出頭要請にあたるかどうかという解釈の問題で、
結局は石川議員らの拘留期限が翌日に迫った時点であーいう「反検察」と言うか、目的のために不法監禁やでっち上げなど手段を選ばない東京地検特捜部のやり方に対するスクープ記事を連続して出してる週刊朝日を恫喝しないと拙い。と判断した地検サイドの判断があって、結局、罪状の真偽はともかく石川議員らを起訴できた上に恫喝に対する反発が激しくなったので検察側が引っ込めて有耶無耶にしたと言う経緯をどう判断するかという事でしょう。
実際、初期の段階では山口編集長が九州に行ってて、最低限の話が一人歩きしてしまった面があったとは思いますが(情報が少ないから、他の議員や秘書、ゼネコン関係者などのように山口編集長が地検に行けば別件逮捕される危険が高いと言う空気が支配的だった)、
その後状況がはっきりしてきた後では「恫喝のために上杉氏は呼ばずに編集長だけを呼ぼうとした検察けしからん!」と言う形に落ち着いていきましたよ。
そして、とりあえず山口編集長が帰京した翌日以降地検が山口編集長に対して動けなくなった所で、少なからぬユーザが地検や朝日新聞本社に抗議した成果である。と言うある種の勝利宣言的な空気も出てきていましたし。

投稿: 業界インサイダー | 2010.02.24 15:42

>業界インサイダーさん | 2010.02.24 15:42
あなたの言っていることは何も根拠もない勝手な推察にしかすぎないと思います。
大体「火消し」って一体何なんですか?一体何と戦っていらっしゃるのですか?

投稿: | 2010.02.24 15:54

あんたと戦っているんだろ。
そんなことも理解できないのかいww

投稿: | 2010.02.24 16:36

>eyes only
福嗣くんなら何の問題も無いだろうと思って読んでみた。
>週刊朝日
保護する必要の無い爺さんより、石巻の少年の話とか、村木局長とか、盛り沢山だったのに、一番詰まんない記事を引くのも、あれげだよな。

投稿: pongchang | 2010.02.24 17:14

週刊朝日と日刊ゲンダイ

小沢真理教信者の間では、いまや、真実を報道する唯一(二)のメディアと認定されてますから、一般国民の読者は減りつづけているのでは?

よく誤解されますが週刊現代は講談社発行、日刊ゲンダイは講談社でなくて別会社発行です。
もちろん、資本は同一グループですが、記者の情報交換はないと思います。

フジテレビと産経新聞は、資本的には親子関係でしたが現在は関係も薄れて、ただの親戚みたいですね。
思想傾向は間逆だし、報道社員同士の情報交換もほとんどないそうです。

投稿: MI-6 | 2010.02.24 18:10

>週刊朝日
連載の芸能人親子の対談が好きで、週刊誌で買ったりするのは朝日だけだなあ。ちなみにウチの近所のファミマにはアエラと週刊両方ありますね。DQNばっかしか店内で見ないのですがね。
しかし、例の日経平均1万3千円突破する日を首を長くして待っているのですが。

>ゲンダイ
ライブドアニュースでゲンダイネットの記事が多くてね。アクセス乞食なのかYahooやgooとは見出しがちょっと違う。

投稿: 剣 | 2010.02.24 18:51

一部で囁かれてる、週刊朝日売上好調!が本当なら、これほど皮肉な話もないですね。去年の麻生本絶好調とまさに同じコインの裏表の現象として。出版そのものは大不況ですからニッチを狙い少数の信者の心を掴んだ方が出版の世界では一時的には相対的に勝者になれる。でも所詮は少数派の信者。選挙になれば何の役にも立たない。

投稿: | 2010.02.24 19:43

>週刊朝日
本屋で買えよ。日販の総量規制の話とごっちゃになっている説に一票。
>フジテレビと産経新聞~思想傾向は間逆だし
読み方が間違ってるのかなあ。そんなことないだろ、安藤優子と木村太郎だぜ。

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.24 20:10

>77歳孤独死。
年金口座差押さえで、77歳男性が餓死することを予見できたかというとできません。
同様のケースで恙なく日常の生活をおくっている老人がほとんどでしょう。
今どき孤独死なんぞ珍しくないのは周知の事実。蛆が湧いたり金バエ飛んだり大家が困る。
それを承知で爺ーに貸したのだから仕方ありません。どんな稼業にもリスクはつきもの。
親族云々も関係ないですね。群馬県老人保養施設「たまゆら」の火災で亡くなった老人も
親族がいても縁を切っていて遺体遺骨の引き取りを拒否という記事が載っていました。
無縁仏として葬って貰えばいいじゃないですか。
舛添だって九州の自治体から姉の扶養要請を断った。その姉は生活保護の世話になったとどこぞの週刊誌が記事にしていた。
>続報
江戸川児童虐待死の方は、続報がありました。継父が押し込み強盗をやらかしていて新たに逮捕状がでるらしい。
最初から女校長や、児相の手に負える野郎ではなかったということだ。この児童は、頭部外傷で墨東病院に入院していたらしいが、
そこでも虐待が見落とされている。怪しいと思っても両親の風体から関わりたくなかったのだろう糞病院。
こういう野郎はどうしたらいいか。藤田まことよろしく表の稼業でなく裏で始末するんですよ。気がついた人がね。

投稿: TOソープランド | 2010.02.24 20:33

日本経済破綻説を取り続けるのも大変ですな
一々、アイツとは違う、コイツとも違うと主張し続けなきゃならんとは

投稿: | 2010.02.24 20:53

> 投稿: | 2010.02.24 19:43
> 一部で囁かれてる、週刊朝日売上好調!が本当なら

某POSによれば前年を若干下回っている程度です。
ちなみに絶賛反小沢中の週刊現代は今年に入ってやたら好調で、全ての数字で週刊朝日を逆転してます。

投稿: | 2010.02.24 21:22

>老人の孤独死
東京都でこんなことやる計画があるみたいです。
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120801000026.html

猪瀬直樹がこんなコラムを出してますね
(上の事業については三ページ目)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090908/179665/

投稿: るうら | 2010.02.24 21:22

>NPOに丸投げでも良いから、独居している人々のケアを国で一元管理できるようなシステムを早く作らないと。

大都市に老人専用のタワーマンションを国費で建てましょう。
平均寿命の99%を超えた人は全て無料。それに達しない人は一定の料金で居住できるようにして、周辺地域の老人介護施設をすべてタワー内に集めるのです。
老人介護のコストも減少しますし、親族たちも老人に会うついでに大都市で買い物などを楽しめます。

どうせ死ぬなら、花のお江戸で死にましょうっとくらあっ。

投稿: ほるほる | 2010.02.24 22:07

>独居老人ケア
ちょっと心身の具合が悪くなると、手はどんどん入ってきます。まず病院が市役所に言い、市役所の要請でケアマネさんが来てくれて、要介護認定を受けられて、それからヘルパーさん週何日とか、デイサービスとかショートステイの施設とか、放っておいても保険内でどんどん設定してくれます。(先生もご両親がいらっしゃるから、きっとご存知と思います)
問題はそういう公的援助をあえて申請しない頑張り屋のお年寄りと、元気だったのに突然倒れた場合です。元気なうちから担当ケアマネさんを決めておいて、定期的に連絡をとるようなシステムになればいいと思います。
老人を一ヶ所に集めて、というのは、いろんな意味で難しいと思います。

投稿: 彼岸過迄 | 2010.02.24 22:58

余計なことはせずに孤独死でいいのでは。
ただ腐ってはあとの始末が大変なので、家主がこまめに巡回することだな。
戸建ての老人は行政が見廻れ。
固定資産税を払っているのだからそれくらいやってもよかろう。

韓国また金メダル。スピードスケートの1万メートル。裏山鹿。

投稿: | 2010.02.24 23:11

>*国際投機勢力の次のターゲットは日本?

元記事の出所があれですからね(*_*)

純債権国で、資産持ちの日本に戦いを挑む馬鹿なヘッジファンドはいませんよ。
10年以上前に仕掛けたところは死屍累々の山を気づき上げましたからね。

投稿: くま | 2010.02.24 23:11

> 戸建ての老人は行政が見廻れ。

その家を遺産としてもらう人がやればいいのでは?

投稿: | 2010.02.25 00:10

>トヨタ

トヨタの育った日本の自動車文化ってのは欧米と比べるとちょっと異様な
ところがあって。機能に対するクレームがまず変で、見てくれにはとてもうるさいんだな
例えば昔だけど車に性能の良いブレーキを搭載すると、一部のわかってるユーザーを除いて
だいたいが、やれ音がするだの、ローターが削れるだの、鉄粉がホイールにつくだの
こういう不良品を付けやがってとクレームをディーラーに出してくる。
で、辟易して、じゃあ音もしないし、ローターを磨耗させないんで
鉄粉も出ない、だけど当然摩擦が弱い訳だから効きが鈍い、音がしない素材は
フェードしやすいっていうプアなブレーキを泣く泣く搭載してみたら
「ほれ見ろ!やっぱりトヨタはやればできるじゃないかw」
と満足するユーザー連中がほとんどだったんだからね
土禁のユーザーも多くって、彼らがブレーキ強く踏んだら足が痛いんでそれで発達したのが
トヨタを代表する日本車のチョンと踏んだらガツンと効くいわゆるONかOFFしか無い
と言われるバカチョンブレーキだしw
今でも欧州テイストのアベンシスなんて基本の良い車だけどやっぱり全然売れないし
基本、日本ってのは車に関しては正直な良い物はあんまし売れない市場だからしかたない
トラックベースのヘナヘナの外国じゃ販売できない危ないアンチョコなミニバンが
じゃんじゃん売れたりするし
トヨタvs日産のBC戦争以来あくまでも実質よりも見てくれ優先で来てるから
トヨタってそこで売って伸びたメーカーだしね、アベンシスで欧州で通用する基本の
良い車出しては見たけれどやっぱり売れずにダメだわ、やっぱり見てくれとオマケだわって
再認識したメーカーだから
こりゃいいもの作るはずないだろうね?
骨の髄まで日本的(勘違いした)な感覚での良い品質ってのが
染み込んでるんだから。


投稿: | 2010.02.25 00:23

>※ 中国が戦闘機J-15の試験飛行に成功 J-20開発中
China’s Secret Fleet of Stealth Fighters
http://www.environmentalgraffiti.com/sciencetech/china-secret-fleet-stealth-fighters/18714でせうか?
「4th generation stealth fighter」と明記されてますので可能性高いのでは。

>ここで書かれている「4代目のステルス
戦闘機」というのは、第四世代戦闘機という意味なのだろうか。

 第五世代、のつもりなんでせうか。その程度の認識の人間の書き散らしたブログ、と考えるのが妥当かも知れません。

#明らかに「Air and Space Power J-15 J-20」で検索して当該ネタ取り上げた日本語ページばかり引っかかるのは変だと思います。

投稿: た | 2010.02.25 01:25

>公的援助をあえて申請しない頑張り屋のお年寄り
http://blog.livedoor.jp/ytsubono/archives/51679909.html
「自己放任に陥る高齢者が対象者の17%にも及ぶ(1,544人/9,318人)のが驚きだ。」
http://kaigoyobou.tmig.or.jp/kintore/gen2/oshiete/oshiete_02/main.pl
「セルフネグレクトって「虐待」じゃないんだよなぁ・・・と頭を悩ませている方も多いようです。」
↑いいんだよ、寿命だよ。タバコや飲酒をやめなかったり、降圧剤やインスリンの自己注射を拒んだりするのから始まって。近所の開業医(昭和19年卒)も、御用聞きで取り立てに来た酒屋に発掘されたよ。まだ、生きていたけど。

投稿: pongchang | 2010.02.25 05:51

>投稿: | 2010.02.25 00:23
>骨の髄まで日本的(勘違いした)な感覚での良い品質ってのが
染み込んでるんだから。

>基本、日本ってのは車に関しては正直な良い物はあんまし売れない市場だからしかたない


国によって自動車文化が違うのは当たり前であり、メーカーはそれにあわせた製品を作るだけです。
今回問題になっているレクサスやプリウスはアメリカ市場を中心とした世界戦略車です。


>こりゃいいもの作るはずないだろうね?

少なくともアメリカ人にとっては「いいもの」をつくっていたからこそ、トヨタ車は売れ、神話と呼ばれるほどの信頼性を確立していたわけですよ。

あなたの書いていたトヨタの体質が今回の問題を生んだのではなく、むしろそのトヨタのスタイルが否定されたから今回の騒動になっているという見方も十分出来ますね。

投稿: abcd | 2010.02.25 06:01

奥田や張が全然出てこないのを不思議に思っていたが(当初事故発生は奥田張体制でのこと)
トヨタ三代目御曹司自ら奥田路線を否定かよ。

投稿: | 2010.02.25 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札割れからハイパーインフレ?:

« 孤独死の責任は? | トップページ | 大衆が望むベタな展開 »