« ゲーム業界の無頓着 | トップページ | 日本を駄目にした10人 »

2010.02.20

ゴリアテに挑むダヴィデ

 ニュースが無い平和な週末です。

※ 【フィギュア】「4回転なしはアイスダンス」 プルシェンコ不満爆発
http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100219/oai1002192038026-n1.htm
*織田 夢舞台でも悪夢…靴ひも切れ「真っ白」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/02/20/16.html

 織田のそのシーンは見てなかったのですが、スケルトンのステッカーの貼り忘れ(自分で剥がしたらしい)とか、オリンピックということでテンパッているだろう選手に替わって、チェックリストを持って身の回りを確認するサポート・スタッフがいて当然だと思うのですが。

 プルシェンコが銀に留まったのは私も疑問です。
 しかしプルシェンコなんかみていると、まるでゴリアテに挑むダヴィデですよね。あのロシア貴族のようなイケメンに、ちびなイエローモンキーのヤポーニ集団が挑むなんて、白鳥とアヒルの子どもが闘うようなもの。はたまたゲルググにジムで挑むようなもの。そんなもの競技ポイントの他に絶対、イケメン・ポイントとか、コンパスの長さポイントとかあるだろう! としか思えない。
 あの手の競技は、せめて全員が同じデザインのレスラーマスクを着用した上で、出身国もメダルが確定するまでは非公開ということにして滑らせたらどうだろう。

※ 夫婦別姓導入の民法改正案提示 法相、今国会成立に意欲
http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY201002190363.html

 正直、良く分からないんです、この問題は。女性も一生働ける時代になり、結婚離婚を繰り返す度に姓が変わるのは明らかに不便ですよね。
 出版社の場合、どうかというと、最近はもう旧姓のままなんですよね。誰も結婚後の姓なんて気にしない。だって物書きは覚えられないでしょう(^_^;)。
 ある日、突然結婚しましたから、と言われて、またある日、「戻りました」な話をされても。
 あと困るのが昔から言われているけれど、学者さんね。論文の統一性が、そこで途切れるから。

 ただ、難しいのは、ことは女性の権利云々というだけで片づかないんですよね。そこは当然行政コストの増大も招くし、パスポートなんかどうすんだよ、という話にもなるから。日本だけの問題じゃなく、ある程度先進国間で横並びで決めるべき部分も出て来ますよね。

※ 巨大宗教法人vs国税庁最強集団 知られざる「徴税」暗闘史
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20100218-01/1.htm

 民主党政権になって、当然宗教団体への課税強化という流れが出てくるのだろうと思っていたら、意外に静かですよね。たぶん将来的に公明さんを取り込みたいという目論見でもあるんだろうけれど。

※ イスラエル企業、爆音だけで人を殺せる絶叫マシーンを発売
http://www.gizmodo.jp/2010/02/post_6761.html

 発想としては面白いけれど、殺せるというのはちと大げさでは無かろうか。

※ 眞鍋かをりさん「家宅捜索受け屈辱的思い」契約解除求め事務所を提訴 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100219/trl1002190109001-n1.htm

 それはお気の毒でしたとしか言いようが無いけれど、ブログの更新も1月で止まったままなんでしょう? そういう時こそ、ブログの女王としてアピールすれば良いのに。

※ 9か月男児、ポリオに2次感染
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100219-OYO8T00969.htm

 日本では、まだそんなのがあったんだ、という程度まで予防が徹底してきましたが、世界的にまだまだで、先日もテレビで、ビルマの山奥に日本から、ワクチンを持っていって接種するというレポートを流していました。
 ところがこのワクチンが、-2度でないと死んでしまうワクチンで、当然電気とか無いから、このワクチンを活かすためだけに、中継ポインチに太陽熱発電による冷凍庫を置いて、そこから保冷剤をぶち込んだクーラーボックスを担いで山の中に入って行くんですよね。
 正直、そこまでのエネルギーを割くのであれば、他に優先すべき援助があるのでは? と疑問を感じたのですが。

※ 前日の満腹重量72.7キロ

 同窓会一件。夕方、月曜日のアクセスを聞きながら電車に乗る。何でもアクセスは、3月一杯で終わるのだそうです。長かったですね。田中は何年くらいやったんだろう。
 久しぶりにラジオを聴くようになって感じたけれど、ラジオだからと言って、全然本音の話をするわけじゃないんですよね。今はジャナーリスト面している長野智子がアシスタントだった頃、田中の旅費横領事件を一切触れずに、議会の政務調査費こんぱにゃあ宴会問題を延々1時間半喋っていた時に、つくづくそう思いました。

 新橋駅。第一ホテルから銀座側へ抜けるガード下に、怪しげなアダルト・ショップがあったわけですが、未だに営業していることを知る。この手の欲望産業は不況に強いんだなぁ。

※ 有料版おまけ untitled

|

« ゲーム業界の無頓着 | トップページ | 日本を駄目にした10人 »

コメント

>靴ひも

美人だった頃のトーニャ・ハーディングのぼろ泣きを思い出した。

>女性も一生働ける時代になり、結婚離婚を繰り返す度に姓が変わるのは明らかに不便ですよね。

姓名が社会の中で個人を識別する上で必須みたいなもんですから、確かに姓が変わるというのは不便ですわな。
でもいずれ国民総背番号制が導入されれば、姓名は実質的にエイリアス記号の一つでしかなくなりますから、
夫婦どちらの姓を名乗ろうが通名使用であろうが誰も気にする必要のない時代になるかもしれませんね。

しかし当初は嫁が夫の姓を名乗れること自体が、当時の女性にとって画期的な制度だったはずなのに時代が変わりましたね。
逆に当時選択制でスタートしていたら、旦那の実家の意向で夫の姓を名乗れない人が数多く居て社会問題となっていたかもしれませんが。

あと子供の姓は夫婦どちらか一方の姓の他に、戸籍氏名欄の枠を少し増やして「惣流・アスカ・ラングレー」方式で名乗れれば面白いのですが、
そーなったら「寿限無~(省略)~長助」は無理だとして、「キーファー・ウィリアム・フレデリック・デンプシー・ジョージ・ルーファス・サザーランド」くらいならフルネームで登録しても、役所は認めてくれるんでしょうか?

投稿: リラ | 2010.02.20 12:41

>織田
御先祖様も「あの時光秀を殺しておけばぁぁ!!」と燃える本能寺の中で涙流してたのかと。
>あのロシア貴族のようなイケメンに、
彼の傍らのコーチ陣二人がまるでステレオタイプなロスケだったのにワロタところでした。ラスプーチンみたいのもいた。
>当然宗教団体への課税強化という流れが出てくるのだろうと思っていたら、意外に静かですよね。
ガカーイ以外の新宗教を小沢国家主席が取り込んだから。
>全然本音の話をするわけじゃないんですよね。
ただでさえガカーイのCMが横行している中、ネットで聴けるようになったら更に増加するような悪寒。

投稿: 剣 | 2010.02.20 13:16

プルシェンコってイケメン扱いなんですかね。
滝川クリステルと同様に分からない感覚ですが、世代差からくるものですか。

投稿: abcd | 2010.02.20 13:17

>御先祖様も「あの時光秀を殺しておけばぁぁ!!」と燃える本能寺の中で涙流してたのかと。

その本能寺でお坊さんがたくさん集まって、織田選手の勝利祈願の法要をやってるのがニュースで流れてましたね

投稿: | 2010.02.20 13:40

自称子孫でしかないし。
まあ、坂本龍馬が明智の子孫ってのと同じレベルですけどね。

投稿: | 2010.02.20 13:49

>フィギュア
伊藤みどりのときと同じ問題ですね。
彼女も一人だけ異次元とも言えるトリプルアクセルを飛んでいましたが、金メダルは取れませんでしたし。(Youtubeで当時の映像を見ると、海外TVの実況はトリプルアクセルを決めた瞬間「信じられない!」と大興奮です)

スケート協会側はジャンプ競争を嫌がるようで、失敗したときの減点が大きかったりと、ジャンプの回転数勝負は不利になるような設定です。一方、荒川静香は前回金メダルを取るに当たり、採点方法を相当に研究したと以前語っていました。

投稿: 銀次 | 2010.02.20 14:05

>御先祖様も「あの時光秀を殺しておけばぁぁ!!」と

あの時とは何時のことなんでしょうか?

松永久秀あたりなら何度か助命されたことはありますが、光秀にはそのようなエピソードは無かったはず。

投稿: 一般書店で | 2010.02.20 14:06

>イスラエル企業、爆音だけで人を殺せる絶叫マシーン


2~3年後にチベットやウイグルで獅子奮迅の大活躍をしているに10000000000000000人民元。

投稿: | 2010.02.20 14:25

>滝川クリステルと同様に分からない感覚ですが

どうですか?
http://www.youtube.com/watch?v=E3jyR9kfbXY

投稿: | 2010.02.20 15:10

>夫婦別姓

これは民法の改正なんですね。

    >第750条(夫婦の氏)
    >夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

を直すというのですが、仕事上では夫婦別姓は認められているわけで、要するに認めている職場などが民法の規定に違反している、となります。

まあ、「有名企業で旧姓のまま仕事していたから、独身だと思っていた。結婚している事を隠していた。損害賠償と謝罪を要求する」と訴える根拠にはなりますね。

しかし、戸籍法をどうするのか?という話が出てこないんですよ。
ややこしくなるだけとしか思えないんですけどねぇ。

本当のことを言えば、戸籍法なんてのものがあるから、ヘンテコなことになっているわけで、戸籍の概念を変えた方が話は簡単だと思うのです。

投稿: 酔うぞ | 2010.02.20 15:37

>全員が同じデザインのレスラーマスクを着用
想像しちゃったじゃないですか!
いやでも見て美しさを競う競技なんだからそりゃ無いっすよ
>イケメン・ポイントとか、コンパスの長さポイント
むしろこっちのがアリだと思います。しかし日本のメダルのためには、黒田節か何かが公式競技にならないと‥‥難度Cの黒田節なんか想像つかないが‥‥

投稿: | 2010.02.20 18:15

>役所は認めてくれるんでしょうか
確定申告しているんだが、「各全角10文字以内」っていっているな。イータ君だけかもしれないが。
苗字は本当に面倒くさい。父称にしても確実性が問われるなら、いっそ母称にするか?といっても、そうすると例の匿名養子とか特別養子縁組サイドがgdgd言うしなぁ。
http://www.ahni.co.jp/kitazawa/sei/kantougen0711.htm
↑レーベンスホルンの本家は匿名出産禁止
>untitled
持ち出し禁かとおもったら、ほのぼの系だった。

投稿: pongchang | 2010.02.20 20:20

>仕事上では夫婦別姓は認められているわけで、
って、単に通称を認めているだけでしょ・・・。
通称で仕事をすることはなんかに違反するんですか?
国会議員だって、通称で選挙に出て、国会で活動してるんでしょ。
なにが問題なんですか?

投稿: | 2010.02.20 20:50

>むしろこっちのがアリだと思います。しかし日本のメダルのためには、黒田節か何かが公式競技にならないと‥‥難度Cの黒田節なんか想像つかないが‥‥

新体操の棒や輪っかのような小道具、例えば槍とか日本刀を振り回して
演武なんて迫力があって良いと思いますがw

投稿: | 2010.02.20 20:54

>イスラエル企業、爆音だけで人を殺せる絶叫マシーン

一方相手の兵士はⅰPodを聞いていた・・・・

投稿: | 2010.02.20 20:56

>国会議員だって、通称で選挙に出て、国会で活動してるんでしょ。

何よりも、在日の人達が本名でなく通り名を使用しているから、問題にしたらまずい・・・

投稿: | 2010.02.20 21:27

>そんなもの競技ポイントの他に絶対、イケメン・ポイントとか、コンパスの長さポイントとかあるだろう!

「アバター」を使うってのはどうでしょう?
競技者本人は特殊なスーツ着て実際に演技するけど、審査員が見るのは画面に写る、動きを極めて精密に再現した「分身」だけ、とか(手足の長さとか顔は統一してもいいし、選択しても良いし)。

まあソレが面白いかどうかは別ですが。

ただ、女子フィギュアとか特にそうですが、日本選手も一昔前に比べたらずいぶんと見てくれが良くなったわけで(あえて個人名は出しませんが。あっ、上にちらっと出てるか)。

投稿: フラットテイル | 2010.02.20 21:39

> 夫婦別姓

提案されるのは選択制ですから,現在のように夫婦同姓を強制する根拠は何かが改めて問題になりますね。

選択的にしろ夫婦別姓を認めれば,配偶者の一方は他の配偶者や子どもと姓が異なることになり,姓が家族の同一性を示す機能は損なわれる。一方の親と子どもの親子関係が外形上は不分明になって,氏名全体が個人を表彰するだけになる。その限りで個人に関する基礎的情報が減少するわけで,その不便さを社会が受け入れることができるかどうかだと思います。

個人単位の交際が一般的な都市部では問題がないと思いますが,田舎ではどうでしょうね。国会で慎重に審議して,いろんな受けとめ方をきちんと反映した上で決めればいいと思います。

投稿: やせ猫 | 2010.02.20 21:41

>>※ 眞鍋かをりさん「家宅捜索受け屈辱的思い」契約解除求め事務所を提訴 
>ブログの更新も1月で止まったままなんでしょう? そういう時こそ、ブログの女王としてアピールすれば良いのに。

単純に、出してたココログが事務所のカネで運用されてて債権が事務所にあるので真っ先にアカウント差し押さえられたのでは…タレントのブログアカウントがどうなってるかわかりませんけど、事務所の方が力強ければ眞鍋のアカウントを凍結するくらいはありえる話ですよ。

もしくは事務所のケツ持ってる怖いお兄サンたちとの丁々発止があってブログなどでアピールする訳には行かなくなってた(そして、これでは拙いと弁護士を立ててあれやこれや打ち合わせて今回の訴訟と相成った)とか。

上下どちらの理由だったとしても、訴訟になったと言うことはそれなりに有能な弁護士が眞鍋側に付いたということではないかと。
法廷が開かれれば実状が明らかにされるでしょうけど…訴訟の展開如何ではサイゾーか日刊ゲンダイ辺りに眞鍋への独占インタビューの形でぶちまけ暴露が出てくるでしょうけど。法廷戦術の一貫として

投稿: 業界インサイダー | 2010.02.20 21:52

大石先生。先生はHGFをご存知ですか?
再生医療はES細胞よりこっちが本命だと思うのですが。
何より大石先生の持病の臓器関係はこっちのほうが早く実現するでしょう。
ES細胞で内臓器の再現なんて何十年かかるやら。

http://www.kringle-pharma.com/hgf.html

投稿: | 2010.02.20 21:59

>夫婦別姓導入の民法改正案提示

何のために改正するのか根拠不明。
同じ性にするのが嫌なら婚姻届を出さずに内縁関係で居ればすむこと。
内縁関係は婚姻関係とおなじ法的保護が与えられている現状で、選択制を取り入れようなんて、頭がおかしいと思う。

投稿: ほるほる | 2010.02.20 23:21

>ほるほるさん

たとえば、所得税法上配偶者控除の対象となる配偶者は「民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。」となるようです。このような法律・条例が他にもあるんだとすれば、それらをすべて改正するより民法を改正することですべて解決するわけですから、これはこれで合理的だと思うのですが。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.20 23:38

>たとえば、所得税法上配偶者控除の対象となる配偶者は「民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。」となるようです。

配偶者控除を廃止するべきです。

配偶者控除は、夫婦のどちらかが家計を支えるための主となる収入を稼ぎ、もう一方は家計の補助となる収入を稼ぐという状況が一般的だという前提で行われている控除です。
専業主婦や、男女間の賃金格差を前提とする配偶者控除は時代からずれています。


>それらをすべて改正するより民法を改正することですべて解決するわけですから

民法改正は影響範囲と、それによって起る不具合の見当が付きません。
面倒に思えても、時代に合わない制度や法を徐々に変えていくべきです。

新しい機能を宣伝するよりも、下位互換性を重視しましょう。

投稿: ほるほる | 2010.02.21 00:01

ほるほるさんなら、国家によるレジストレーションの便宜のだめだけの現行氏姓制度は廃止しろって言って欲しかった…。誰が何と名乗ろうがまったくの自由だと。

投稿: truly_false | 2010.02.21 00:10

>フィギュア

課題曲でやれば良いんですよ。みんな同じ曲。
技術や表現力の差が目立から。
ショートプログラムも演技(技術)の順番とタイミングまで全て規定通りに全員がやれば差が際立つ。

現在のやり方は、個性を伸ばすという意味では正解。見る方にとっては理解に苦しむというか、なぁなぁだと思う。あとコーチの陣のセンス・力量の差も出やすい。

投稿: nao_c/w | 2010.02.21 00:12

>スケート
実際にリンクで外人と日本人を見比べると、
テレビで見る以上に体格による見栄えの違いが分かりますよ。
(イケメン・ポイントではなく、コンパスの長さポイントの方ですが)

あまり外人は好きではないのですが、
カーリング イギリス代表のエバ・ミューアヘッドって娘がかなりビジュアルポイント高かったですね。

投稿: ざくろ | 2010.02.21 00:20

> ほるほるさんなら、国家によるレジストレーションの便宜のだめだけの現行氏姓制度は廃止しろって言って欲しかった…。誰

私は、国家による管理を防ぐために氏姓制度が必要だと考えていますので。

現代日本という近代国家出現以前の制度や文化を残しておけば、ひとつのミームに感染して滅びてしまうということが防げますので。

投稿: ほるほる | 2010.02.21 00:20

>ショートプログラムも演技(技術)の順番とタイミングまで全て規定通りに全員がやれば差が際立つ。

昔やっていませんでした?
記憶だけですが、渡辺絵美が規定が苦手だと言っていました。
採点をする人の目の前で基本のスケーティングをするのですが、音楽もなにもありません。
はっきり言ってつまらないので止めたのだと思います。
これに顔隠してやるようなら、日本の句会と同じ。

>出版社の場合、どうかというと、最近はもう旧姓のままなんですよね。

20年以上前に某百貨店に勤務していましたが、女子社員は結婚しても旧姓のままでした。
社会保険の氏名変更届けも出さない。なにか配慮したものではなく、ただ面倒だからです。
各社員は退職したときに自分で厚年と雇用保険手帳の変更手続きを行なう。
企業が義務を怠っても罰則がないからいい加減な会社は手抜きするんです。
デパートなんて考えが古くて因習だらけですから。

投稿: | 2010.02.21 01:29

> フィギュアスケート

男子シングルフリーの採点内訳を比べれば
技術点:ライサチェク(84.57)>プルシェンコ(82.71)>高橋(73.48)
演技点:ライサチェク(82.80)=プルシェンコ(82.80)<高橋(84.50)
ですので
> イケメン・ポイントとか、コンパスの長さポイントとか
あるようには思えませんけど...。
過去には、長野のリピンスキー(女子)みたいに、お子ちゃまの軽業で金メダルなんて例もありますし。

高橋はジャンプで転んじゃったから、しょうがないですよ。
プルシェンコの敗因は、ステップとかスピンとか地味な技術で点が稼げなかったことと
自分の最大の稼ぎどころであるジャンプでミス(回転不足)して、減点されたことですね。
ライサチェクの勝因は、採点ルールを最大限活用して、自分が稼げる得点を確実に稼いだってことでしょうか。
ホームタウンディシジョン(いちお、アメリカ近いから)で、多少、減点が小さかったかもしれませんが。

投稿: hungman | 2010.02.21 02:02

>ほるほるさん

私は、あなたの
>内縁関係は婚姻関係とおなじ法的保護が与えられている現状で
ということに対して同じ法的権利が与えられていない一例を示したまでです。
そして、配偶者控除のみの実例を出せば必ずあなたが所得税法(この場合、正確には基本通達でした)を変えればよい、と言うのが見えていたし、私自身他の実例を知らないのであのような書き方をしたまでです。
別にあなたの民法改正は不要、というスタンスについてコメントはしておらず、「おなじ法的保護が与えられている」という認識は違うんでないかい?というのを具体例をもって指摘しただけなので、誤解なきように。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.21 02:34

追加。

私が、
「民法を改正することですべて解決するわけですから」
と書いたのは、単に夫婦別姓に対して現在の法的保護すべてを与えるのに一番楽な方法と思ったから書いたのであって、私自身は夫婦同姓派であり現行の法制度で何ら不具合は生じておりませんし、基本的なスタンスはその上のやせ猫さんのコメントに同意、というものです。
(ここまで書いておかないと、またいらん突っ込みを受けそうで・・・。失礼しました。)

投稿: さまよえる人 | 2010.02.21 02:49

配偶者控除も所得把握のための番号制度の導入も民主党がここ4年のうちに導入はかっている制度だね。
自民公明共産、そして与党の社民が反対しているからどうなるかわからんけど。

投稿: | 2010.02.21 05:11

いやあ、見出しを小細工したり産経新聞は大変だねえ。

小政党「おとなしくして」=福島、亀井氏に不快感-中井国家公安委員長 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010022000315

「社民党、おとなしくして」中井国家公安委員長
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100220/stt1002202246004-n1.htm

投稿: | 2010.02.21 09:48

>爆音だけで人を殺せる絶叫マシーン

例によって内容を理解してないGizmodoクオリティと言うだけの話では。http://www.defensenews.com/story.php?i=4447499&c=FEA&s=TEC「If fired at less than 10 meters, the Thunder Generator could be lethal or inflict permanent damage, Fridman said. But when employed as intended at ranges of 30 meters or more, test data show that the shock waves will pass through people and objects without any lasting effects.」使いようによっては非殺傷兵器でもどんな道具でも予定してなかった結果を生むのは全く不思議ではない訳で。

投稿: たろ | 2010.02.21 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴリアテに挑むダヴィデ:

« ゲーム業界の無頓着 | トップページ | 日本を駄目にした10人 »