« ゴミ減量が日本を滅ぼす | トップページ | 入賞の値打ち »

2010.02.15

日出ずる隣国と日没の我ら

 昨日お昼前、極めて一般的な、日頃、スポーツには何の関心も無いパンピーの一人として、テレビを見ていたわけです。

 ショートトラックという競技ですか、あのミズスマシ@吉村元長野県知事みたいな(^_^;)競技。BGM代わりに見ていたら、韓国と中国の圧倒的な強さに気が滅入ってしまいました。ま韓国なんてあれとキム・ヨナくらいしかないんだけど、それでも確実にメダルが取れるだけの圧倒的な強さを持つお家芸があるのは羨ましいですよね。
 あの競技は、団子状になって滑りながら隙間を狙って一気にダッシュするのがテクニックの一つで、しかも隙間な競技で(^_^;)、いかにも韓国らしいなとは思いますが。
 上村は頑張ったと思うけれど、上位3人の安定さは鉄壁だった。昨日の上村とメダルを取った3人の間には、何か超えられない壁があったように思える。
 トドメは日韓戦サッカーorz。(でもあのレッドカードを食らったラフプレイの時の韓国選手はオーバーアクション過ぎやしないか?)。韓国に負けたのは仕方無いにしても、結果として中国に優勝をさらわれるのは何だかなぁ。中国の優勝は初めてじゃないそうですが。

 日本では野球もサッカーも、小さい頃からクラブ制での選手養成システムがあって、ま高校野球とか、投手を酷使し過ぎで若い芽を潰すとか言われているけれど、それでもワールド・チャンピオンになれる。サッカーは野球より(世界の)競技人口が多いとは言え、何が拙いんでしょうね。
 冬のオリンピックにしても、日本ではスキー場自体が風前の灯火。スケートリンクなんて、辛うじて県庁所在地に一箇所だけあったという所も今やあちこちで潰れている。
 韓国みたいに、リソースが限られるなら、競技種目の絞り込みをするくらいのことを考えるべき時期かも知れない。

 中国人は春節の真っ直中にサッカーの優勝とショート女子3千リレーでの金メダルの手応えを掴み、韓国はショートトラックで圧倒的な強みを見せた後にサッカーで親の敵なチョッパリを下し、両国民とも昨夜はさぞかし美味いお酒が飲めたことでしょう。
 これが、勢いのある国と、たかだか若造の服装や礼儀作法程度のことで世論が激昂するしかない没落した国の違いだろうなと思いましたね。ぶっちゃけ、様式や年功序列や調和や談合や既得権益死守が世間にとっての最優先事項になっている凋落した国です罠。

*皆さん、息が詰まりませんか? 閉塞感無いですかぁ!?(^_^;)。ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?

 ムラ社会の見本のような相撲界、國母の件といい、ムラ社会の仲良しぶりをアピールするには持って来いのパス回しがお家芸な日本サッカーといい、われわれの周囲には、いかにもムラ社会論理全開な出来事が、まるで絶対的な掟のように、まるで1シーズン放置された学校の屋外プールみたいに汚く淀み腐臭を放ちながら沈殿している。
 そしてそのムラ社会な論理は、正義であるとか伝統であるとか礼節であるとか習わしとかの黴の生えたちゃんちゃんこを羽織って、老いていくだけの社会に異端審問官として睨みを利かしている。若者からチャンスを収奪し、俺のケツを拭くのは当然だろう? 育てた恩を返せとばかりに、使い道の無い圃場整備に、子に借金させてキャッシュを奪い取っていく。
 プールを満たす緑色の水をそろそろ替えたいと思いませんか? あのぬめっとした手触り、腐臭を放つ水を新鮮な水に替えたいと思いません? その入れ替えたプールに塩素を大量にぶちまけて、カルキ臭で満たし、バイ菌を死滅させたいという誘惑に駆られません?
 そもそも水道代が出ないだろう? そう、この国には、もうそれを替えようにも水道代すら無いんです。せいぜいが、フィルターが目詰まりした濾過装置を回すだけの電力しかない。仕方無い、若者よ。海の向こうへ泳ぎに行こうか。

*「裾出し腰パン」を「皿仕上げ」でおいしくいただきましょう
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100212/212742/?P=1

 小田嶋先生やっとキター!(>_<)

※ 【安藤が斬る】「小沢不起訴」で見えた「全面可視化」大合唱のナンセンス

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100214/crm1002141802005-n1.htm

>安藤慶太

 検察庁や警察庁の言い分をただ繰り返すだけの無知蒙昧なこの記者の名前を覚えておきましょう。貴方は一度、痴漢冤罪で逮捕されてみれば良いと思うよ。あと、冤罪事件を一通りお勉強もした方が良いと思う。

>脅迫や暴行、甘言まがいの取り調べが連日続くとイメージされがちだ。確かにそういう調べも現実ゼロではない。<

 現場はそんなんばっかりだよ。なぜこの21世紀にそんな時代錯誤な脅迫がまかり通るかと言えば、そこが密室で、何を怒鳴ろうが手を出そうが証拠が残らないからだ。

>ビデオカメラを持ち込むことで、取り調べが当たり障りのないやりとりにのみ終始する恐れもあれば、秘密の暴露や真実の吐露に被疑者が抑制的になる恐れすらある。<

 バカめが!? 可視化を取り入れた諸外国の警察現場では、最初はそうなるのではと警戒したが、いざ導入してみたら、むしろ言った言わないの不毛な争いから解放されてコスト削減に繋がっていると現場も評価している。

>弁護士が接見の場でどのようなやりとりを具体的に行ったのかも録画して国民の前に公開されて然るべきだと思うのである。<

 さすが産経クオリティw。取調の様子は見えない方が良くて、弁護士とのやりとりは公開されるべきなのかw。

>刑事弁護に名を借りた「入れ知恵」の類だって絶対にないとはいえない

 言葉は悪いにせよ、弁護士は入れ知恵するのが商売だろう。このファッショ感横溢するウヨ記者の頭の中には、「人権」という概念が無いクリンゴンやカーデシアの刑事司法体系が詰まっているんじゃなかろうか。

※ 埼玉の山スキー客無事下山 雪洞を掘って夜の寒さしのぐ 蔵王
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100214/dst1002142125011-n1.htm

 元SAS隊員ベア・グリルスが伝授するサバイバルのための快適な雪洞をご紹介します。単に空間を確保するのではなく、全身を横たえるためのベッドがある空間を掘りましょう。寝台列車の寝台をイメージします。あるいは蚕棚を。それを段差を設けて長椅子状に作り、寝る時には、上部の棚部分で寝るようにします。もちろん安全確実な空気孔の確保も忘れずに。
 段差を設けることで、冷たい空気が下に溜まり、単に雪洞を掘って蹲るよりは格段に快適な時間が過ごせるそうです。ちなみにグリルスは、自分一人が入るだけの雪洞をたいした道具もなしにいつも一時間前後(ディスカバリーch「サバイバル・ゲーム」)で完成させています。

 ただ私の個人的な見解としては、横になって寝るということは、それだけ体表面の多くが冷たい雪面と接するということですから、一晩程度のビバークなら、椅子みたいな構造にして座ったままうとうとするのが良いのではと思います。もっともその場合は、空間に深さ、もしくは高さが必要となるので、横に掘ることで事足りるSAS方式の方が楽かも知れませんが。

※ 勝間和代のクロストーク:みんなの経済会議/30 論理的思考力育成する教育を
http://mainichi.jp/life/housing/news/20100214ddm013100032000c.html

 論理的思考をどうやって身につけるのか? という議論は昔からずっとある話で、一方で、子どもにはひとまず詰め込み教育が無難だという考えも未だに根強いんですよね。ただ、ネット時代なりの勉強方法の議論はあっても良いと思いますね。

※ 国家公務員削減「3万5千人以上」枝野刷新相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100214-OYT1T00673.htm?from=main2

 失敗すると思う。だってパッケージが無いもん。「国家公務員総人件費の2割削減」は更に人を削るだけで達成できるんでしょうか? 一方で、契約公務員の問題も抱えているし、自衛隊や海保みたいに、業務は拡大するのに人は増えないという所もある。
 この問題は、公務員全体の給与をどうするのか? 人員が余っているセクターから不足しているセクターへ(たとえば国交省から自衛隊へ、経産省からパーク・レンジャーへ。あるいは国家公務員から地方公務員へ)、全くの畑違いな人員配置でも異動を可とするのか? 契約公務員の問題をどうするのか? 等の問題をパッケージとして議論しなきゃ駄目ですよ。
 いざ、3万5千人を減らしても、契約公務員は放置、自衛隊は相変わらず人手不足と言った問題も放置する羽目になって、公務員全体を巡る諸問題は何ひとつ解決されないという結末で終わると思う。

* 重要政策に世論調査活用へ 後期医療・年金などで厚労相
http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY201002140306.html

 おお! これぞまさに衆愚政治の鑑w。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 【すくむ社会第3部】“労働信仰”の危うさ~希望って何(3)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100214/edc1002142205009-n1.htm
※ 脳せき髄液減少症 対策要望へ
http://www.nhk.or.jp/news/t10015629581000.html
※ 海に落としたカメラ、漁師の網にかかり16カ月後に発見
http://rocketnews24.com/?p=24848
※ 西鉄高速バスに落雷か 鹿児島行き「桜島号」が熊本・九州道で
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=22158

※ 前日の空虚重量71.5キロ

 外出できないので、次男はもとより、それに付き合わされる長男も気が狂いそうになっている。親父は騒音被害でもっと苛々しているんだが。インフルエンザと違って、体表面に痕跡が残るから、「もう元気になりましたからぁ!」とか外に出せないんですよね。
 ただホームドクターに聞いたら、今高津区では、水疱瘡の児童だけで学級閉鎖間近という所があるらしい。

※ 有料版おまけ ナショジオ「伊400潜」のトンデモ

|

« ゴミ減量が日本を滅ぼす | トップページ | 入賞の値打ち »

コメント

【五輪/スピードスケート】男子5000m、スベン・クラマーが五輪記録で初の金メダル 銀の李承勲がこの種目アジア勢初のメダル
バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子5000メートルを行い、 日本記録保持者の平子裕基(開西病院)は6分33秒90で19位、
出島茂幸(十六銀行)は6分43秒82で27位だった。
世界記録保持者で前回五輪2位のスベン・クラマー(オランダ)が6分14秒60の五輪新記録で初の金メダルを獲得。
2秒35差の銀メダルは李承勲(韓国)で、五輪の男子長距離ではアジア勢初のメダリストとなった。
銅メダルはイワン・スコブレフ(ロシア)が続き、2連覇を狙ったチャド・ヘドリック(米国)は11位だった。
http://www.sponichi.co.jp/olympic/flash/KFullFlash20100214008.html
全結果  http://www.vancouver2010.com/olympic-speed-skating/schedule-and-results/mens-5000-m_ssm050101NX.html

おめでとうとは言わない、ってか言えない悔しくて・・・
いくらショートトラックでメダル稼いでも所詮隙間産業だと思えてた・・・今までは
スピードスケートはロングトラックが断然価値がある
ロングトラックでなら負けない
短距離の清水堀井黒岩岡崎橋本聖子らに加えリレハンメルの女子5000mでは山本宏美が銅メダルだって取ってる
ソルトレイクの10000mで白幡は4位入賞だってした
それが最近じゃ日本の牙城500mだって韓国人が顔出してる
500mワールドカップランキングは日本人トップの長島よりイ・カンソクが総合トップで上だ
本当に悔しい・・・
あまり人種や国籍のことは言いたくないが冬季五輪は身体能力の高い黒人選手がまだまだ参加してきてないから
やり方次第ではまだまだメダルが狙えるはずなんだ
初期投資は確かに高いが継続的な投資をすれば単純に陸上競技などでメダルを狙うよりずっと成果が期待出来るはず
もう少し支援してあげてほしい・・・

投稿: boat-boy | 2010.02.15 10:22

ついでにサッカーについても言わせていただくなら全ては岡田が辞任、解任されてからの話です
私はクラブレベルではJはアジアナンバーワンだと信じてます(アジアチャンピオンズリーグでの実績の裏付けもあります)
個人の資質に関しては決して引けを取るものじゃない
監督が全ての元凶です
今、手を打てばまだ南アフリカでの望みはあると信じたい・・・

投稿: boat-boy | 2010.02.15 10:27

野球もマズイです。36歳のイチロー、35歳の松井、29歳の松坂に頼ってる
状況です。5年後どうなってるかわかりません。
2ちゃんからのコピペですが根本的な原因は少子化にあると思います。

【年齢別スポーツ選手一覧と世代人口】
39歳 193万 伊達公子(テニス)、岡部孝信(スキー)
38歳 200万 岡崎朋美(スケート)
37歳 203万 貴乃花(相撲)、魁皇(相撲)、高橋尚子(マラソン)
        朝原宣治(陸上) 、葛西紀明(スキー)
36歳 209万 イチロー(野球)、清水宏保(スケート)
35歳 202万 松井秀喜(野球)、野村忠宏(柔道)
        室伏広治(ハンマー投げ)
34歳 190万 川口能活(サッカー)、谷亮子(柔道)、船木和喜(スキー)
33歳 183万 中田英寿(サッカー)、千代大海(相撲)、佐藤琢磨(F1)
32歳 175万 福留孝介(野球)
31歳 170万 中村俊輔(サッカー)、井上康生(柔道)、為末大(陸上)
        野口みずき(マラソン)、岩崎恭子(水泳)
30歳 164万 高原直泰(サッカー) 、小野伸二(サッカー)
29歳 157万 松坂大輔(野球)、鈴木桂治(柔道)、末續慎吾(陸上)
        田臥勇太(バスケット)、冨田洋之(体操)
        長谷川穂積(ボクシング)
28歳 152万 荒川静香(フィギュア)、岩隈久志(野球)
27歳 151万 北島康介(水泳)
26歳 150万
25歳 148万
24歳 143万 宮里藍(ゴルフ)、高橋大輔(フィギュア)
        塚原直貴(陸上)
23歳 138万 ダルビッシュ有(野球)、織田信成(フィギュア)
        亀田興毅(ボクシング)、石井慧(柔道)
22歳 134万 安藤美姫(フィギュア)
21歳 131万 ハンカチ王子(野球)、マー君(野球)、坂本勇人(野球)
        福原愛(卓球)、亀田大毅(ボクシング)
        内村航平(体操)
20歳 124万 中田翔(野球)、三浦皇成(競馬)、錦織圭(テニス)
        柏原竜二(駅伝)
19歳 122万 浅田真央(フィギュア)
18歳 122万 石川遼(ゴルフ)、菊池雄星(野球)、亀田和毅(ボクシング)

投稿: | 2010.02.15 10:37

>ぶっちゃけ、様式や年功序列や調和や談合や既得権益死守が世間にとっての最優先事項になっている凋落した国です罠。

そっちの方が住みやすいも~ん

>*皆さん、息が詰まりませんか? 閉塞感無いですかぁ!?(^_^;)。ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?

いや全然

投稿: KAZ | 2010.02.15 10:55

契約公務員ですが年収600万以上にはしないという決まりが出来ました。なんでも天下り公務員の年収を上げないためだそうです。そんなことを普通の契約公務員と一括りにされたらたまらんです。また、いかなる理由があろうと3年以上の継続雇用は無しになったというお達しが来ました。

投稿: | 2010.02.15 10:56

>ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?
ちゃぶ台ひっくり返した結果のひとつが
民主党政権で
>おお! これぞまさに衆愚政治の鑑w。
です。

欧米だとスノボでオリンピックよりW-CUPな選手も多く、
(スポンサーの手前もあるから)
國母もアナーキー、アウトローを気取るなら
小田嶋先生のいうようにオリンピック代表を
蹴飛ばしてもよかったのではないかと思いますよ。
それと昨日のTVをみてていやになったのは、
國母が会見の席で記者の質問に「ちっ、うるせーな」と小声でいったのがマイクにはいっていたことですね。
せめてマイクにはいらないようにするくらい脳みそ使えよw
基本國母はバカなんだと思いました。
バカなら服の着方もわからなくてもしかたないですよ。

投稿: | 2010.02.15 11:03

ここでは国母批判は年配の老害に言われている人が多いように思いますが、実際には逆現象のようですよ。年配の人でも意外にあれぐらいのことは示していい、という意見の方が案外います。
むしろ、若い世代の連中からいい意見がないようです。マスコミ操作が入っているかと思いましたが、発言者の様子を見る限りそうでもなかった。
どうも、21にもなっていつまで厨房みたいなことやってんだバーカ、という軽蔑が深層心理にはあるようです。

さて、米国でもあのスタイルは州の条例によって違反扱いされてるところも少なくないんですよ。最終的には米の憲法に合致しないということで州側が負けているかなんかのようですが、日本のスノーボーダーってのはああいうのがいいと思っているのも結局は米追従型のヒップホップでやっときゃかっこいいしかないだけでしょう。貧乏人が集まるとその中での貧乏人探しと差別が始まるように、あのボーダーの世界もおんなじ。こっちの社会の醜い部分をそのまま凝縮したようなものですよ。だから、こんなものに閉塞感を打開する何のキーがあるのかさっぱり私にはわかりませんね。当然、国母を擁護する気になんて何もおきません。ただの1人の良識のない愚者ですから。

投稿: | 2010.02.15 11:07

米国の州ごとのアホな法律を根拠にされ、
論理が飛躍しすぎて意味が全くわかりません。

投稿: | 2010.02.15 11:16

>若者(国母選手)
私は最初に「あの格好をすることで彼に何の利があったのだろう」と書きました。国母選手がきちんとその利を自分で理解していたのであれば、記者会見でさらに叩かれることとなるコメントは出さなかったはず、と思っています。(もしくは、徹底してヒールになって競技の原動力としているか、ですが。)
だからといって、競技辞退の方向に持っていくのはそれこそ論外。監督・コーチ陣は、彼にうまい対応をさせることを事前に含められなかったとすれば、あとはこの事態を踏まえて彼にいかに競技で全力を出してもらうかに専念すべき。
>ムラ社会の見本のような
と書かれていますが、私は若者が自分のムラ社会にこもっているからこそこのような事態が起きたと思っていますよ。だって、スノーボードだってあの服装だって彼らのムラだけに通用するものであったからこうなったのでしょう?

投稿: さまよえる人 | 2010.02.15 11:16

醜態でしたねぇサッカーは。
どうせ負けるんだから次からはもうやらなくていいでしょ。あんな連中にいつまでも声援を送る能天気なサポーターの方々の気がしれませんマジで。


>皆さん、息が詰まりませんか? 閉塞感無いですかぁ!?(^_^;)。ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?

一生着いていきます先生!

と、言いたいところですが、先生が挙げられた様々な事象の分析について大筋では同意しますけど、やっぱりここは頭を氷よりも冷たくして論理展開し、その上で解決策を見出すべきだと思います。でないとただの文化大革命です。

少々、文脈が感情的になっている感は否めないかと存じます。

投稿: ハスミ | 2010.02.15 11:27

> *皆さん、息が詰まりませんか? 閉塞感無いですかぁ!?(^_^;)。
> ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?

今の民主党政権の惨状を見れば、多少の学習能力を持っている人は、
ちゃぶ台返しという馬鹿なマネに走る事は、しないだろうと信じる
私は、やはり楽観主義者なのかも知れませんね。

投稿: ysaki | 2010.02.15 11:37

> 米国の州ごとのアホな法律を根拠にされ、

事例としてあげただけで根拠にはしてませんよ。

> 論理が飛躍しすぎて意味が全くわかりません。

まあ、上のような誤解をしているぐらいですから、あなたにはそりゃ無理だとは思います。言いたいこととは関係ない話をほじくってるで留まってるんでは。

投稿: | 2010.02.15 11:45

>オリンピック
愛子ちゃん残念でしたねorz彼女が高校生だった頃から応援しているんですけどね。競技者の中じゃあダントツで可愛いので。だって伊藤みどりレベルで妖精扱いだった頃ですよ!どんな妖精だよ!
メダル取った連中のスピードは半端じゃなかったですね。ターンが出来てなけりゃスピードは当然出ませんから、総合的に「強かった」って事なんでしょうね。ああ悔しい。
残念なのは、彼女は元々「エア」が魅力だったんですよ。でも勝つ為にエアではなくターンとスピードに力を入れてきたのに・・・・
フィギュアみたいに「エキシビジョン」ってやってくれればいいのに。彼女の3Dエアを堪能したいですね。


国母君の服装に関して擁護派なんですけどね。
彼にしてみりゃ「言われたとおりにしたのになんで?」って気持ちじゃないですかね?
多分、「国母!移動の時も制服着用しろよ!ノータイもダメだからな!」程度の指示だったんじゃないですかね?で、言われたとおりに「着用はした」着方の指示は無かったから、「普段と同じような着方をした」だけだと思いますよ。彼にしてみりゃ「言ってよ!先に!」くらいの気持ちじゃないですかね。
あの着方を通す為に「オリンピック出ません」って気持ちは無いでしょう。先に細かく指導されていれば「あ~あ」くらいの気持ちで「似合わない着方」で着ていたんじゃないですかね?
服装に拘りが強けりゃ「私服」だったと思いますから。
誰かが予め言っておけば良かったのに・・・
「エグ●イルだって陛下の前じゃグラサンしないんだから。」って。

>サッカー
ダメダメですね。あの退場は本当にダメ!韓国選手だって、あそこまで上手くいくなんて思ってなかったと思いますよ。
冷静さを無くすだけでも儲けモンくらいだったのに最高の結果が出ましたあ、みたいな。
ホームでやっての結果ですからね。
WC本番で勝利なんか期待していないけど、せめて得点は挙げてほしいなあ。3試合中2試合くらいは。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.02.15 11:48

ジーコ監督は興行的には大成功。
岡田監督は全て駄目だ。

投稿: | 2010.02.15 11:59

>閉塞感ないですか?
先生はいつも、いろいろな日本の「停滞」を、活力とか開放性とかの道筋で打開することをお考えになりますが、日本はもう「売家と唐様で書く三代目」の時代に入ってしまってるのではないでしょうか(私は首相をTVで見る度この川柳を思い浮かべてしまいます)。
日没時に日の出の頃の振る舞いをすれば、沈みかけた太陽が西から上るというものでもないと思います。日没時には日没時なりの身の処し方というものがあり、また、それしかできません。私たちは老いも若きも、もう中国や韓国の人々のようには、熱くもなれないし頑張れもしないと思います。国として、もうその時期が過ぎてしまったからです。
ならばむしろ、卓袱台をひっくり返してもう一度過去の残像をなぞるより、考え方を変えるべきなのではないでしょうか。その点でわが国より先を行っている国々も多々あります。今後いかに生くべきか、中国や韓国より、そちらに目を向けることもできるのでは?たとえ滅びるにしても、前向きに滅びないと、子供達の未来がありません。

投稿: 彼岸過迄 | 2010.02.15 12:03

>サッカー東アジア、中国優勝

日韓戦の前に、中国の監督が「日本はビルドアップが多く突破やシュートが少ない、3-0でくだした韓国の
方が強い」と語っていましたが、その通りの結果になりました。
同じことをアフリカのナイジェリアだったかな、選手が言っていましたね。
前線、ゴール前で細かいパスの成功確率は低い、だからシュートを選択するのが他国の代表チーム。
おまけに中国戦では攻撃の選手が常にポジションを移動する変速サッカーをやったわけだが、
あれが、まったくの出鱈目。陣を崩して戦ができるか。

岡田辞任させて代表メンバーも入れ替えろ。特にキャプテンマークをつけているむさい男。

投稿: ちょっと一言 | 2010.02.15 12:18

昨シーズンあたりは上村と他の選手との間に逆の壁があったのです。上村のスピードに他の選手はなかなか付いて来れなかった。実況が「上村にしか出来ない」と言っていたのがそれです。
ところが、彼女らは1年間という短期間に上村を研究し鍛錬を積み重ね上村を越えてきたのです。
大石さんが感じたように、例えルール改正が無かったとしても上村が勝てたとは思えないほど彼女らは力を付けた。
日本人としては残念ではありますが、今はメダリストの努力を賞賛しましょう。

投稿: | 2010.02.15 12:52

国母叩きしている人間はそりゃ溜まってるでしょうな。誰か生贄にして安全な立場で批判して賢者な自分って立場に浸る。
実際に批判しているのが、近頃の若者はの団塊以上の老人世代に、子供にそんな格好して欲しくない子離れ出来ない母親世代と、若者ではいかにもファッションと無縁な青臭いヲタクな連中ですしねえ。
叩けるいい餌を叩いているだけでしょ。

投稿: | 2010.02.15 12:53

>国家公務員
まあ、内部事情をご存じない方がほとんどなんで、なかなか外部からはわかりにくいですが...
実はこのニュースはつい先日発表になった降格の件と対をなすんですね。局長級以上の水準を思い切り下げるための前フリでして、かなりのブレークスルーになりそうだ、というのがこれまで制度改革を生温かく見守っていた人たちの一致した意見なんですよ。
1年後にどういう結果になっているか、ボスたる人のリーダーシップ次第の部分もありますけどね。

投稿: ほげ | 2010.02.15 13:14

 タイトルからして釣りっぽいですが……。

 正直「参加する事に意義がある」はずであったオリンピックが「勝利こそ全て」になり、数度行われた(理由はどうあれ)「日本不利なルール改変」によってオリンピックには興味を失っております。
 付け加えるなら、北京オリンピックで思いっきり政治利用されたのも失望というか興味を失った大きな理由です。

 オリンピックでしか注目されないマイナー競技はともかく、メジャー競技はオリンピックからの「卒業」を考える時期にきてるんじゃないですかね。

投稿: T2 | 2010.02.15 13:56

>叩けるいい餌を叩いているだけでしょ。

最近は、オリンピックへの関心も薄れて、絶叫してるのはアナウンサーぐらいですから
みんな分かって盛り上げのために騒いでるんだと思ってました。

悪役ネタだって無関心よりはマシって感じ?

投稿: KAZ | 2010.02.15 14:02

今日とくダネを見ていて思ったんですが、国母選手、東海大学の壮行会か何かでは服装がちゃんとしてたように見えました。

「ちゃんと言えばできる子」「言わなきゃわからんこと自体が問題」とか色々意見はありそうですけど、今の十代二十代の人たちって、本当に何も知らないってことが多いような気がします。

前提条件自体が成立していないというか。

ただ、会見場での「チッ!」はちょっとイラッときましたが(選手紹介写真が亀田家次男に似ているように見えました)。

投稿: tree | 2010.02.15 14:08

ええい、こんな雲母だかはどぉ~でもよい。

K阪祭りになんらコメントとしないで、
いやしくもグラ美評論家を名乗れようかw

>ttp://news.google.co.jp/news/search?pz=1&cf=all&ned=jp&hl=ja&q=%E5%B0%8F%E9%98%AA%E7%94%B1%E4%BD%B3&cf=all&scoring=n

・・・え、素材が悪すぎる?そりゃごもっとも。

投稿: 七師三等兵 | 2010.02.15 14:12

>小阪由佳

 やっぱりスルーはまずかとですか(ーー;)。
 この二日間、迷いに迷ったネタなんですよ。
身体的変化をネタにするのはどうだろう、と思ってパスしたわけですが。
あれは失恋とかのショックが引き金になったんだろうなぁ。

投稿: 大石 | 2010.02.15 14:28

http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100215-00000048-jij_van-spo

どんな応援会をやるつもりだったんだ?
別に彼が批判されるのは仕方ない(私もその心情)と思っているが、この大学にどれだけのマイナスの影響があったのか?
逆にこの状況でも大学としては、指導するところは指導することとして彼が好成績を挙げることを願うべきではないのか?
彼の不幸は実際このようなところにあるのかもしれませんね・・・。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.15 14:35

>国母

外国のメディアにも報道されたらしくて報道見てると、騒いでる日本人はおかしいよというような
報道ではなくって。
国母の方を揶揄して皮肉ってる論調の方が多いね。ヨウツベなんかで面白おかしく取り上げられてるし
「ドレッドヘアの男を見てみろ明らかに他のチームメイトと違うだろ?」とか
「どこにでもいる、だらしない21歳の若者だなw」とか
どっちかっていうと、服装以前にその場に合わせたTPOを理解していない
田舎モンの兄ちゃんが混じって来てるぜクックック見てみろよヒッヒッヒという雰囲気だ
あれで本人かっこいいつもりだってよwってな欧米人の見下した視線を感じるね。
(例えば本人は日本通のつもりの欧米人が志村を見て和服の装いを勘違いして
顔白塗りでちょん髷したバカ殿の格好で現れたとしたら日本人は笑うだろう、ちょうどそんな笑いだな)
普段のその辺の大会はフォーマルではない服装で来てる欧米人選手を見慣れてるはずなのに
「えっ?ちょっ・・お前、ダメじゃんオリンピックだぜここww」
「あ~やっちゃった・・・だから田舎モンは・・」
っていう雰囲気を感じたね
目くじら立てて批判するほどのこっちゃないけど、それなりに欧米人の視点でも
これは十分に笑われる対象ではあるってことだ。


投稿: | 2010.02.15 14:41

ちゃぶ台をひっくり返した結果が民主党政権である、と上のコメントで書かれていますが、
私は「ひっくり返してよかったなぁ」、と思います。
取り調べの可視化など、前政権では考えられないことでしたから。
昨年、菅谷さんの件がにわかに取りざたされた時、麻生首相は取り調べの可視化について
記者に質問されていましたが「基本的に考えていない」という旨を答えていました。
民主党が可視化法案を可決させられるかわかりませんが、少なくとも可視化を是としています。

投稿: ATP | 2010.02.15 15:02

>欧米人の視点

アメリカは別としてヨーロッパはうるさいんだよね。
ドイツで行われたサッカー・ワールドカップの時に、現地紙が日本代表の奇抜なヘアースタイルを
特集して、こいつらこれで格好いいと思っているんだぜと揶揄していた。

鈴木師匠もベルギーでプレイするにあたってチーム側から着色ヘアーをやめるように要請されたし。

投稿: | 2010.02.15 15:33

〉重要政策に世論調査活用へ

その前に小沢の処遇に世論調査活用しろってw
昨日の日テレの世論調査といい、支持率40割れが当たり前になってきてるぞ。

投稿: | 2010.02.15 15:44

> 外国のメディアにも報道されたらしくて報道見てると、騒いでる日本人はおかしいよというような
> 報道ではなくって。
> 国母の方を揶揄して皮肉ってる論調の方が多いね。

海外のニュースメディアで、そういう報道をしているところがあるんですか?
ネット上で参照できるソースなら、見せてもらえますか。

アメリカのヤフーブログで取り上げられてて、3000件以上のコメントが付いていて、
ネットだから下品なコメントも有りますけど、賛否両論あって大方、みんな真剣に意見を述べてると思いました。
最初と最後の数十件と途中の数十件をざっと見た限りでは。
youtubeでも結構コメントが付いてますが、同様だと思います。
あと意外に、「国母のドレッドヘアーが似合っている」という外国人の意見が散見されます。

投稿: ATP | 2010.02.15 16:11

>昨日の上村とメダルを取った3人の間には、何か超えられない壁があったように思える。

同じ感想を抱きました。
上村の敗因は、スピードが足りなかったこと。これはスコアの内訳を見れば一目瞭然です。

モーグルの採点は、ターン(15点)、エア(7.5点)、タイム(7.5点)の3要素ですが、スピードが速いとそれだけターン点も上がる傾向にあります。(っていうか、ターンがうまくないとスピードが出せないわけですから)
そして、エアは、男子ばりの3Dを成功しようがしまいが、あまり得点差には結びつかない、ということがトリノ五輪での反省点だったわけで、トリノ後、上村はスピード強化に主眼をおいて、カービングをマスターした。そのおかげで、2007-2008シーズンはワールドカップ総合優勝、2009年3月の世界選手権(猪苗代)では見事優勝。
一方でライバル達も、当然スピードアップのためにしのぎを削り、ターン技術では上村とほぼ互角かそれ以上になった状態で今シーズンを迎えた、というところだったようです。

加えて、当日は雨が降ってややグサグサの雪質。日本人向き、といううわさもありましたが、予選では上村はスピード、ターンともにややふるわず、5位。
そして決勝。(予選の点数はご破算になります。単に決勝の滑走順を決めるだけ)
スコアの詳細はこちら。
http://www.vancouver2010.com/olympic-freestyle-skiing/schedule-and-results/ladies-moguls-final_frw020101GA.html
(各選手の行の一番右の+マークをクリックすると詳細が表示されます)
上村は28.88秒かかって、タイム点は6.62点。
3位に入ったシャノン・バーク(2002ソルトレークでの銀メダリスト) は27.90秒で 7.01点。0.5点の差がつきました。
ターン点も、上村12.9点に対してバーク は13.5点。0.6点差。これでは3位にも追いつきようがありませんでした。

雨でたっぷり水分を含んだ雪質に対応できていたのかどうかは、今後の参考になるような気もします。
優勝したアメリカのハナ・カーニーは、「予選で雪が滑りやすいことが分かったから、これならばスピードが出るかなと思って飛ばした」
と言っているくらいですから。
http://mainichi.jp/enta/sports/archive/news/2010/02/15/20100215ddm035050121000c.html

雪不足さえ懸念されたバンクーバー郊外のサイプレスマウンテンではなく、上村が初めてモーグルと出会ったというウィスラーがモーグル会場だったら、違った結果になっていたのかも・・・などと考えてしまいます。

上村に次回があるのかどうかわかりませんが、できればもっと良いコンディションで、最高の滑りをする姿を見たいものです。

投稿: SQ300 | 2010.02.15 16:38

>国母

ヒップホップファッションでしょ?
だったら記者会見で国母は
「私はヒップホップ文化に大変傾倒しておりまして、尊敬しております大好きです。ヒップホップの思想にも
大変感銘を受けており影響を受けております。ゆえにご今回不快に感じるかもしれませんが、すみませんがこれは
変えることはできません。そのあたりはご了承願いたいです
またヒップホップ文化の発祥の地の北米でオリンピックに参加できることを大変にほこりに思っております」
これくらい言ってやればよかったんだよ
ちゃんと主張すれば、ヒッピー文化やフォーク、ロックの団塊の世代は味方についたと思うぞ
「ああ、そういえばワシらも大人には眉をひそめられたけど長髪にしてたもんなあ」って
欧米人だってこういうふうに自己主張するやつには好意的だろうし


投稿: | 2010.02.15 17:14

「青少年をして祖国の前途に絶望せしめる事が、
革命精神養成の最良の道である。」
レーニン「国家と革命」

着実に実践してますな先生w

投稿: | 2010.02.15 17:58

>女子モーグル

里谷多英の滑りが凄かった。第2エアーで失敗してしまったが、
長野とソルトレイクで金、銅を取っている強み、攻めの滑りで挑めたのでしょう。
上村はセーブしたような滑りでしたね。
それが、「上村とメダルを取った3人の間には、何か超えられない壁があったよう」に
見えたのかも。
予選で上村より上の選手二人も失敗したから、この辺のさじ加減は微妙ですね。

でも、初参加の村田が8位に入賞したから目出度しです。
今どきのギャルって感じ、上村がマスゴミを引きつけてくれたからやりやすかったでしょう。

投稿: | 2010.02.15 18:03

国母の謝罪会見
現場の雰囲気はこうだったようです。
http://www.j-cast.com/tv/2010/02/15060106.html

投稿: | 2010.02.15 18:29

>国母叩きしている人間はそりゃ溜まってる
>でしょうな。誰か生贄にして安全な立場で
>批判して賢者な自分って立場に浸る。

国母叩きを叩いてる人こそ溜まってるんじゃない?

先生も閉塞感感じまくり溜まりまくりで
革命扇動まで仕出す始末w

結局、国母叩き叩きも自分は
マスゴミには踊らされない、
若者に寛容なんだぞ、本質を見極めてる俺って
賢者だぜ~の自分の立場に浸ってる。

つか擁護すればするほどガソリン投下で
論議は過熱して飛び火して炎上しまくり。
さっさと終わりにして競技に集中したい
国母にとってはいい迷惑ですよwwwww

投稿: | 2010.02.15 18:29

>現場の雰囲気はこうだったようです。

ああっw勝ちゃんなんて出したら
先生がまたヒートアップしてしまうではないか!w

投稿: | 2010.02.15 18:35

1994年モーグルが五輪正式種目になったときのメダリスト3人の滑り。
http://www.youtube.com/watch?v=wmuBwitDEmY
バンクーバーでは女子の速度がこのレベルに近付きました。男子は日本のコーチのラテラがこのレベルをはるかに超えましたが、女子はエアも3Dが珍しくないなかで、スピードもここまでとなるともう男子並みでないと厳しいということになります。

投稿: | 2010.02.15 18:45

まあ、日本人のオリンピックへの態度なんてね。
JOCの役員からして、選手がリラックスして望もうとしてたら緊張しやがれ!だもんね。
今回の壮行式でも「楽しんできます」というのに対して「勝ってこい!」「勝ってきますと言え!」だの酷い退化ぶりですわ。
佐藤、円谷、河津など何人自殺に追い込み何人プレッシャーで潰せば気が済むのか?

投稿: | 2010.02.15 19:00

>現場の雰囲気はこうだったようです。
>「橋本さんがこう喋れと囁いてるのに、(国母は)『チェッ』っとか言ってるわけですよ。ここ(スッキリ!!)では流れてないけど。

事実が違ってるわ。こう喋れと囁いてるのに、(国母は)『チェッ』とやったのは、定例の会見。
橋本聖子が同席した謝罪会見では、こう喋れとはやってない。

こうやって國保をネタに商魂たくましいゲスがたくさん現れるんだな。

投稿: | 2010.02.15 19:31

>ディック・フランシス氏が、カリブ海の英領ケイマン諸島の自宅で死去した。

89歳だそうです。これで競馬シリーズも打ち止めですね。内心ほっとしています。最近は読むのが辛くなっていましたから。それでも中毒というか、習慣性というか、新刊が出ると、読みたくもないのに買っていました。これでやっと解放されます。
早川書房に望みたいのは、シリーズ全作の菊池光訳を別の翻訳者で再出版していただきたいことです。小鷹信光氏あたりの翻訳で再読したいなあ。小鷹訳の「興奮」が出たら興奮しますぜ。


>オリンピックからの「卒業」を考える時期にきてるんじゃないですかね。

私も個人的にはスポーツ五輪なんてどうでもいいです。メダルを取れなくても一向に構いません。事業仕分けで選手強化費の削減が決まりましたが、それでなんの問題もないと思います。
むしろ技能五輪国際大会でメダルが取れなくなったら、そのときこそ日本はおしまいだと思います。2007年静岡大会と2005年ヘルシンキ大会で、日本は2大会連続金メダル獲得数1位でした。また、メダル総獲得数でも常にベスト5に入っています。日本以外では、韓国、スイス、フランスなどが上位の常連です。
マスコミはスポーツ五輪ばかり持て囃すけど、本当は技能五輪の方が大切だし、しっかりバックアップすべきなんだけどなあ。

投稿: ペンチ | 2010.02.15 19:33

>そしてそのムラ社会な論理は、正義であるとか伝統であるとか礼節であるとか習わしとかの黴の生えたちゃんちゃんこを羽織って、老いていくだけの社会に異端審問官として睨みを利かしている。若者からチャンスを収奪し、俺のケツを拭くのは当然だろう? 育てた恩を返せとばかりに、使い道の無い圃場整備に、子に借金させてキャッシュを奪い取っていく。

それって、日本の言論人や知識人、文化人を自称している人達がやっていることですね。

ナチスドイツに飛びつき、満州への進出を煽り、若者を徴兵やら何やらで統制し、贅沢は敵だとか言い出して経済を縮退させて日本を戦争へと追いやった。

そして戦後70年経っても同じ事を繰り返して言っている。

ネットという外部記憶装置が存在する現在では鳩山政権が生まれた程度の害で済んでいるのがもっけの幸い。

>「国家公務員総人件費の2割削減」
公務員給与を民間に合わせるなら、1割削減は確実でしょう。今年度の税収不足も合わせれば2割も当然。
15年以上も不景気に堪え忍んできた民間の苦しみを、その一片足りとはいえ、ようやく公務員も知ることが出来るわけです。


投稿: ほるほる | 2010.02.15 19:41

大事な試合の前でモチベーションを下げさせる謝罪会見なんてムカついて当然だわ。
空港でチャラいファッションしただけで出場辞退の要求なんて頭がイカレテイル。
れ・ミゼラブルなんて、ここの異端審問官どもには理解できないんじゃないの?

一億総ヤクザ 深町秋生のベテラン日記
http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/20100215

投稿: | 2010.02.15 19:47

>大事な試合の前でモチベーションを下げさせる謝罪会見なんてムカついて当然だわ。

ぷ。
その程度のおつむしかない人間を五輪に出すなよ(w

投稿: ほるほる | 2010.02.15 19:50

>私たちは老いも若きも、もう中国や韓国の人々のようには、熱くもなれないし頑張れもしないと思います。国として、もうその時期が過ぎてしまったからです。

落ち始めは日本が先かもしれませんが、韓国も日本以上の少子化ですし、中国は国策としての少子化、一人っ子政策ですから
ある時点で日本以上に急カーブするでしょう。
日本はドラスティックな家庭の形態の改革、たとえば昔エジプトのアイユーブ朝の始祖であるサラディンがとった人口回復政策
あの一夫多妻制なんかを取りいれたらどうでしょうね。男女平等ですから多夫一妻も良いかもしれません。これなら
収入が少なくって妻を養えないから家庭をもてないよという男の人も経済的にはOKでしょう?
一種の家庭のシェアリングです。問題もあるでしょうが通い婚制度の復活のような形に持っていけばどうでしょうね
いろんな家庭のスタイルの選択肢があるということでかまわないと思います。


>そしてそのムラ社会な論理は、正義であるとか伝統であるとか礼節であるとか習わしとかの黴の生えたちゃんちゃんこを羽織って、老いていくだけの社会に異端審問官として睨みを利かしている。若者からチャンスを収奪し、俺のケツを拭くのは当然だろう? 育てた恩を返せとばかりに、使い道の無い圃場整備に、子に借金させてキャッシュを奪い取っていく。

それってヨーロッパにもまんま当てはまることですね

投稿: | 2010.02.15 20:29

> 私も個人的にはスポーツ五輪なんてどうでもいいです。メダルを取れなくても一向に構いません。事業仕分けで選手強化費の削減が決まりましたが、それでなんの問題もないと思います。

あなた個人はどうでもいいです。ただ、長野五輪の期間、ジャンプ陣やスピードスケートの活躍で少年犯罪は減ったんです。スポーツには目標を与えることで正しく生き続ける力を生むという面があります。

投稿: | 2010.02.15 20:35

>まあ、日本人のオリンピックへの態度なんてね。
JOCの役員からして、選手がリラックスして望もうとしてたら緊張しやがれ!だもんね。

長年日本の体育教育を支配してきた日本教体育会系宗派ですからね
なかなかそうは改まりませんね

投稿: | 2010.02.15 20:36

>ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?
「ちゃぶ台ひっくり返してどうなるのw」って醒めてるのが今の日本人のような

投稿: | 2010.02.15 20:38

>ちゃぶ台がえし
これはリアル版二ちゃんなのでしょうか。

投稿: さいとー | 2010.02.15 20:47

>*皆さん、息が詰まりませんか? 閉塞感無いですかぁ!?(^_^;)。ちゃぶ台ひっくり返したいとか思いませんか?

閉塞感の極みが民主党政権じゃないですかw
マスゴミみたいなムラ社会に煽られるなんて恥ずかしいったらありゃしないm9(^Д^)プギャー

投稿: | 2010.02.15 21:12

>日本はドラスティックな家庭の形態の改革、たとえば昔エジプトのアイユーブ朝の始祖であるサラディンがとった人口回復政策
あの一夫多妻制なんかを取りいれたらどうでしょうね。

必要ない。
日本では、結婚した夫婦はちゃんと2人以上の子供を作っている。
日本の少子化の原因は婚姻数の減少だから、結婚できるように収入が増える政策をとればOK。


投稿: ほるほる | 2010.02.15 21:15

>ムラ社会の仲良しぶりをアピールするには持って来いのパス回しがお家芸な日本サッカーといい

いや~どうでしょうねえ、こう言った場合必ずムラ社会論が出るんですが
これ間違ってると思いますよ
ムラと言っても、漁師町と平野部の農業、山間部の農林業と実際はさまざまでかなり違いますし
例えば祭りの激しさからして農村と漁村ではまったく違う(もう民族が違うんじゃないかと思いますデス)
ムラと聞いてたいていの日本人が「マンガ日本むかしばなし」に出てくる、ほんわかしたムラを脳裏に思い浮かべ
ちゃうんですけどこれは現実とはかなり違う
祭りではソフトな農村が隣村との水争いになると・・・ハードな殺し合いに発展することもままあります
(江戸時代、明治初期ですけどね)
うちの近所に「石打ち山」という山がありましてその山の下に川を堰き止めた池がある
隣村のやつが協定を破って自分の村の当番ではない日に夜中にこっそりと水門をあけて自分の村の方に
水を流しにくる。こっちの村は対抗策として伏兵を忍ばせておいて、夜中にノコノコやって来た隣村の
やつらめがけて石をガンガンぶっつけて何人かぬっ殺した。
そういうことで石打ち山と名付けられたそうです。ムラ人の方がかなり激しくって血の気多いですね
このようにムラ社会の方が他の集団と対立した場合、団結してかなり攻撃的になります
司馬遼太郎氏が和歌山の若者宿のことを書いたエッセーにも似たような話が載ってましたね
ムラ社会が濃厚に残ってた時代の方が秩父一揆とかいろんな血なまぐさい騒動が多いですよね
そういう観点から見ると日本サッカーってどうなでしょう?
とにかく、いかなる理由があっても暴力はいけません!の戦後教育のたまものなんじゃないですかね
あれは戦後の学級の延長であって、血の気の多いムラとは異質なもんじゃないかと見てます

たまに死人が出るハードで有名な兵庫は姫路の灘地区のお祭り
http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%8B%E7%A5%AD%E3%82%8A&search_type=&aq=f
同じ兵庫でもやや内陸の三木になるとソフトです
http://www.youtube.com/results?search_query=%E7%A7%8B%E7%A5%AD%E3%82%8A&suggested_categories=19%2C22%2C24&page=2

投稿: | 2010.02.15 21:18

国母でもサッカーでも批判が選手以上に及びそうになったら「まぁまぁ」となるんだよな、甘いのか厳しいのかハッキリしようよw

投稿: | 2010.02.15 21:34

>日本の少子化の原因は婚姻数の減少だから、結婚できるように収入が増える政策をとればOK。

政策なんかではもう手の打ち様がないんじゃない
ましてや今の日本企業がさらされてる国際競争下の状況では悪化することはあっても収入増やすのは無理じゃないの?
現在日本に残存している既存の産業でもこのままでは近いうちに中国など新興国との競争にさらされるのは
確実なので難しいんじゃないかな
造船でも中国、韓国に敗れたし
家電でも韓国に敗れたし(工場はほとんどすでに海外移転だし)
車だって近いうちに中国が輸出を始めればさらに価格競争にさされるだろう
パソコン関連なんてとっくの昔に台湾だし
高度成長期~90年代にかけて日本の中流を支えてきていた労働集約型の製造業は国内では
ほとんどとっくになくなってしまったよな
民間の平均給与が10年前に比べて約35万円減少してるそうだ
10年前の水準に戻すのに何年かかることやら・・・・たぶん無理な予感
http://blog.livedoor.jp/booq/archives/969745.html


投稿: | 2010.02.15 21:44

>>ムラ社会の仲良しぶりをアピールするには持って来いのパス回しがお家芸な日本サッカーといい

女の人もムラ社会のムラ人だったわけで・・・・・
ただ、今の日本の男が情けないだけではないかと・・・・・

「おい、日本にトンデモない若手が出てきたな」日本女子代表・なでしこジャパンは、韓国代表に2-1で勝利し東アジア選手権連覇を達成!
http://news.livedoor.com/article/detail/4604397/

投稿: | 2010.02.15 21:51

>女の人もムラ社会のムラ人だったわけで・・・・・

女性サッカー界なんか、それこそムラ社会の外だから成功したような気がするけど

投稿: | 2010.02.15 21:59

>女の人もムラ社会のムラ人だったわけで・・・・・

女のムラ社会って・・・
なんだか大奥的な陰湿さしか思い浮かばんなw
トゥシューズに画鋲入れたりとか

投稿: | 2010.02.15 22:04

>造船でも中国、韓国に敗れたし
家電でも韓国に敗れたし(工場はほとんどすでに海外移転だし)

どこが?

>高度成長期~90年代にかけて日本の中流を支えてきていた労働集約型の製造業は国内ではほとんどとっくになくなってしまったよな

というデタラメを本気で信じる人がいるから困る。
現実を見ろよとしか言いようが無い。

金融が中心になったアメリカにも製造業はたくさん残っているし、中国の電機メーカーが工場を進出させている。


>政策なんかではもう手の打ち様がないんじゃない
建設国債を50兆円ほど発行して、公共インフラを増やせばOK。
リニアの早期着工、第2東名の早期開通、山手線の地下化。自衛隊の軍備増強など、後に資産が残るから、いくらでも発行して問題なし。

これらの公共工事によりGDPが増加すれば、税収も増えるし、GDPあたりの国債割合も減るから、国債の償還も簡単になる。

投稿: ほるほる | 2010.02.15 22:17

モーグルの里谷選手の滑降は鬼気迫るものがありました。転倒は残念でしたが、拝めてよかったと思います。久し振りに天晴れということばを口にしました。天晴れといえば、上村選手も天晴でした。よい大会になりそうです。

投稿: . | 2010.02.15 22:27

>サッカー
あんな監督かえっていないほうがいいんじゃないかな。
小笠原と遠藤で選手も選んじゃう。鹿島とガンバ中心でやったほうが点が入りそうだ。

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.15 22:35

やくみつるさんでもああなっちゃうんだね。良くいえば生真面目な人に。

投稿: | 2010.02.15 23:23

その昔、ジャンプの秋元正博さんはメダル確実といわれたけど、
大会前に交通事故を起こして参加を取り止めました。
本人の希望かJOCがそうさせたのか知りませんが残念だった。

海外の大ジャンプ大会(フライング)で大怪我した人というほうが記憶にあるかも。
国母は、犯罪をおこしたわけでも他者迷惑をかけたわけでもないので騒ぎすぎだ。

昨日のフジの情報バラエティー番組で問題ないという竹田圭吾と反論する小谷実可子の
やりとりが面白かった。小谷がJOCの手帳みたいなものを出して服装についても書いて
あるのだと説明する。校則、生徒手帳みたいで笑った。

投稿: kouda | 2010.02.15 23:48

先生、女子サッカーのほうには閉塞感なんかありませんよ!

東アジア選手権は3連勝で大会連覇。
おまけに16歳の新星が得点王だなんて痛快じゃありませんか。

>結果として中国に優勝をさらわれるのは何だかなぁ。

日本と韓国はワールドカップから逆算して、チームを仕上げてゆく段階であり、この時期はトップフォームから程遠い状態です。もちろん中国が良いチームになりつつあるのも事実ですが。

>サッカーは野球より(世界の)競技人口が多いとは言え、何が拙いんでしょうね。

決められたことをきっちりと、サボらずにやるということは日本人の美徳ではありますが、めまぐるしく状況が変わるサッカーではときに臨機応変さが必要となります。

歴史のある強豪国はそれが子供のときから刷り込まれていますので、指示がなくとも「攻め時」や「ゆっくりと時間を使うとき」などを考えて、緩急をつけて試合を運びます。
しかし日本はきっちり懸命にプレイするほど、一本調子になり、守るほうは次第にリズムになれてくるようになります。
案外、選手たちが「プレイ(楽しむ)」することを思い出したらガラッと変わるのではないかと思うのですが。

岡田さんは論理的で、選手のモチベーションを上げて一つにまとめることが達者な優秀な監督ではありますが、その辺の「遊び」の部分が足りないように思えます。


投稿: とら | 2010.02.16 01:15

>その昔、ジャンプの秋元正博さんはメダル確実といわれたけど、大会前に交通事故を起こして参加を取り止めました。
死亡事故起こして交通刑務所に行っちゃったんだからねえ。

>岡田
今岡田東條英機を辞めさせても後任が小磯クラスしか出てこないでしょう。ワールドカップで原爆三発落とされて無条件降伏。

投稿: | 2010.02.16 09:03

赤字国債っていくらまでできるんだろう
無限に借金できるってわけでもないんだろうけど

投稿: | 2010.02.16 09:26

>あの一夫多妻制なんかを取りいれたらどうでしょうね。男女平等ですから多夫一妻も良いかもしれません。
いや、これは逆。単純な少子化対策という意味なら現在の婚姻制度を廃止して乱婚制度にする。もちろん家族の枠組みを基本的に解体して子供は社会が面倒を見るというのが前提だが。子供を国家の資本財と考えるとシェアリングするというのは資本を共有化して効率化することだからな。その提案は特殊出生率はさがってしまう。

投稿: | 2010.02.16 16:18

岡田さんは論理的で、選手のモチベーションを上げて一つにまとめることが達者な優秀な監督ではありますが、その辺の「遊び」の部分が足りないように思えます。http://www.tiffanyesale.com/

投稿: tiffany | 2010.07.01 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日出ずる隣国と日没の我ら:

« ゴミ減量が日本を滅ぼす | トップページ | 入賞の値打ち »