« An Imax Too Far | トップページ | 過労という美徳 »

2010.02.27

武士道と植民地の意地

※ 〈冬の軌跡〉栄光の鐘はヨナに うつむく真央に声援
http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201002260304.html

 まず浅田はよくやったと思う。不調が長らく続いた中で、ここまで持って来て、難易度の高い技を成功させての銀ですから、あっぱれ! としか言いようが無い。

 たとえるなら、この日韓の戦いは、今まさに世界を舞台に繰り広げられている、日本と韓国のシェア争いの一つみたいな印象も持つわけです。
 採点ルールの変更にいち早く対応して勝利した韓国と、良い物は評価されて当然だ、というプライドの元に戦い、気付いたらシェアを失っていた日本。
 生き延びるために変化を厭わない韓国と、変化を嫌って沈没しようとしている日本の差。

 だいぶ以前にも、浅田とキム・ヨナに関して、日本と韓国の文化の違いだと書いた記憶がありますが、日本は、常にオンリーワンを目指して来たんです。在りし日のSONYみたいに。売れようが売れまいが、エンジニアが世に出したいと思う最高のものを作って世に出し、熱烈なSONYファンを生んだ。
 他方、キム・ヨナは、サムスンですよ。最高なんかはなから目指しちゃいない。与えられたスペックを課せられた値段設定のもとで量産できることを優先した。
 浅田とコーチはたぶん、今日に至る過程の何処かで、自分がキム・ヨナより難易度の高い技を完璧に飛んでも、アベレージな演技を完璧にこなした時のキム・ヨナには勝てないことを悟っただろうと思う。それでも、彼女のこだわりが、難易度の高い技を決行させた。ここは武士道のプライドだと思う。勝てないかも知れないと解っていても、自分の流儀を貫くことに重きを置いた。

 一方のキム・ヨナは、歴史の大半を植民地として生きるしかなかった民族の知恵と執念をもって、その時その瞬間、そこで勝てる方法を見い出し、研鑽して達成した。オンリーワンな文化に拘らずに、ワールドワイドな文化に訴えた結果。

*男子フィギュアでも問題になりましたが、難易度が高い演技を決めても、それがポイントに反映されないのであれば、それは「最近の採点傾向」という形ではなく、万人に対して可視化するために、ルールブックに明記すべきだと思う。

*入賞者に占める日本人の割合はちょっと異常w。また日本人虐めのルール改正というより、もう欧米人はフィギュア自体を見なくなる日が来て、日中韓三カ国だけで争うだけのマイナー競技の仲間入りをしてしまうのではなかろうか。

*韓国はこの際、メダル数でも圧勝したことだし、「克日終了のお知らせ」とか流してくれないだろうか? 明日から日本とは普通の隣国として敬意を払ってお付き合いしましょう! とか。駄目?(^_^;)。

*日本人は、メダルが絡んでくると、母ちゃんが土方して選手生活を支えた、みたいな浪花節が好きだけど、ここ10年の日本のオリンピックの退潮は、辛うじて彼らを支えていた企業が相次いで撤退やクラブ活動の縮小を余儀なくされたことが原因だろうと思うわけです。
 じゃあ、国が丸抱えするのか? と言えば、たぶん日本人は、2週間も経ったら、オリンピックが開かれた場所の名前すら覚えちゃいないでしょう。つまり国民の興味自体が無い。スケートの清水選手が朝日に寄稿していましたが、韓国でも日本でも、国立で有望選手を育てるためのセンターはある。所が韓国では、そこでトレーニングする選手に日当が出るのに、日本では、逆に施設利用料を払わなければならない。
 でもこればかりは、国がどうこうじゃないんですよね。まず国民の側に、そこまでしてメダルに執着する気運がないし、余裕もない。
 私が心配するのは、今年、メダル圏内に多くの選手がいました。次のオリンピックではメダルに手が届くかもしれない選手たちの、資金面でのツテはほとんどもう切れているのではないか? という気がするんです。せめてこのオリンピックまでは……、という執念で頑張って来た選手のいったい何人が、4年後のオリンピックを目指して明日から引き続き活動できるんだろうかと思う。
 景気が戻って来ても、恐らく以前のような、企業スポーツが復活することはないでしょう。個人の寄付行為は頼れるかも知れないけれど。もちろん、国が丸抱えのスポーツを国民は望んでいるのか? そこも一度議論すべきポイントでしょう。
 国体の度に豪華施設をバカスカ造るような土建国体を止めるだけで、養成費は出るんですけどね。昔から、国体を続けるにしても何処か一箇所で固定してやれば良い、という議論はあるのに、なぜか止められない。まるでダムみたいで。

 政権が変わったんだから、政治家は、選手を称える暇があったら、その辺りで発言して欲しいですよね。

※ 新委員に勝間和代氏ら 国交省の審議会
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100226/plc1002261125008-n1.htm

>社会資本整備審議会の委員として

 当たり障りの無いポストで良かったですね。これで余所は引き取らずに済む。

※ 性同一性障害の少女 男子制服登校へ
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=00165685_20100226
http://mainichi.jp/select/today/news/20100227k0000m040027000c.html

>一方、学校ではトイレや更衣室などを今後どうするかなどの課題もあります。

 これはどうするんだろう。少女から少年へというのならまだ何とかなりそうな気がするけれど、男から女へとなると、女子側の保護者の理解が得られるのか。毎日新聞の記事では特別扱いなことが書いてあるけれど、せめて何食わぬ顔で転校した方が安全ではなかろうか。本人のためにも。

※ 中日・ネルソン投手、実弾所持の疑い 那覇空港で逮捕
http://www.asahi.com/national/update/0226/NGY201002260016.html

 書類送検。それで終わり。しょうがないじゃん。現に治安が悪い国はあって、武装せざるを得ない状況もあって、日本はそういう国とも人の往来はあるんだから。こんなことでいちいち逮捕勾留していたら、日本には世界の常識は通じない、ということになってしまう。「ごとき」と言っては何だけど、大魔ごときで死刑判決が下るような国々と同レベル。
 までも、裸で弾を持ち歩くのはどうかと思うけど。ジャミングの原因になりかねない。

※ 【緯度経度】北京・伊藤正 信用しがたい朝日報道
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100227/chn1002270720000-n1.htm

 変なんですよね、これ。一度ならず二度も三度もでしょう。ことの大きさや北京の反応を考えると、もしそれが間違いなくスクープなら、朝日はそれなりの追い打ちや反論をしていることになるけれど、それも一切無い。
 一方で、何度も繰り返す。単なる誤報ではなく、北京政府の観測気球がアカピーで上がっているというじゃないんでしょうか。

※ 前日の空虚重量72.3キロ

 金曜昼前、長男を連れて病院。水疱瘡が確定。ホームドクターの話では、予防接種をして免疫ができるのは6割に留まるのだとか。そりゃ、小児科医が予防接種を嫌がるわけですよ。今時なら、「先生の所で何年前受けたでしょ? 金返せ」と言われかねない。

※ 有料版おまけ 至極ぶっちゃけた話をすると……。

|

« An Imax Too Far | トップページ | 過労という美徳 »

コメント

> 他方、キム・ヨナは、サムスンですよ。

二人を取り巻く精神状況についての分析については同感です。

> ここは武士道のプライドだと思う。

「武士道」という観念が適切かどうかはともかく。勝負の場に要求されるものを最優先におかず,自己の目標と定めたものを追求するというのは,人間のもつ本性の1つではないかと思います。武士道はその現れの1つではないかと。
浅田にはそれを追求する余裕があったということではないか。浅田の敗北というよりタラソワの敗北でしょうか。タラソワもまた爛熟したロシア文化の結論を体現していたように思います。

> つまり国民の興味自体が無い。

利益を求める商業マスコミによって煽られた関心であることは間違いないと思います。ただ,代表選手が勝利すれば,あるいは健闘すれば国民の気分が昂揚するのですから,国がそれなりに集中投資して,勝てる選手を養成することにも意義があるのではないかと感じました。

投稿: やせ猫 | 2010.02.27 10:42

>変化を嫌って沈没しようとしている日本の差。

日本の上層部が平安貴族になっちゃってるんですよ。
奈良の大和政権の時代のダイナミズムを全く感じさせなくなってしまったあの、こじんまりして歌とかに
うつつをぬかしていて政治しなかった京都の貴族たち。
ハトポッポ首相みてたら如実に感じますね。
俗世のことは口だけで、本当は全く関心が無く自分たちの狭い空間での権力闘争にしか興味のない堂上公家そのまんまですね
とにかく累代の為政者が過去の教訓から下克上が起きにくいシステムをうまく作るのに成功してしまったことが
今のこの国の閉塞感の原因なんだと思います。
まさに「角をためて牛を殺す」のことわざどおりです

投稿: | 2010.02.27 10:57

>生き延びるために変化を厭わない韓国と、変化を嫌って沈没しようとしている日本の差。

舞踏会で必死にトップを取ろうとする韓国と、楽しく踊る日本との違いでしょう。

オリンピックに国の威信をかける。という考え自体がすでに時代遅れになっているかと。

投稿: ほるほる | 2010.02.27 11:08

> 楽しく踊る日本

浅田も競技力向上のために精進はしているわけで。目標の違いでしょう。高難度の技の追求と芸術性。

【フィギュア】浅田を支えた「チーム真央」
http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100226/oai1002261834038-n1.htm

> オリンピックに国の威信をかける。という考え

オリンピックの機会に,こうして各国・各地域の文化論にまで議論が及ぶというのもいいんじゃないでしょうか。各国がそれぞれ独自の社会システムを採用して共存しているのが国際社会の現状ですから。国民の関心が高まる要素はあります。国家の威信をかける必要はありませんが,重要なイベントとして位置づける価値はあるのではないかと感じています。

投稿: やせ猫 | 2010.02.27 11:22

>他方、キム・ヨナは、サムスンですよ。最高なんかはなから目指しちゃいない。

ヨナはここ数十年では最も完成度の高い選手だと思います。
そのあたりをきちんと受け止めないと増々差が開くだろうと思います。
日本は元々団体競技では強くないですからねー。
まぁ何にしても色々と見直すべき良い機会でしょう。

投稿: | 2010.02.27 11:29

>真央選手の銀
スノボのHPやモーグルなんかも「採点競技」ですけど、一番歴史の古いフィギュアが一番見ていて採点基準が判らないですよね。まあ私の芸術的感性が低いって理由も大きいですけど。
採点基準の可視化は大賛成です。

>入賞した日本人を含むアジア系
やっぱゴツイって言うか太いですよね。欧米系は。
それに比べてアジア系は華奢で衣装が映えます。
欧米系の胸がおっきいのは大好きなんですけどね。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.02.27 11:36

> 難易度が高い演技を決めても、それがポイントに反映されない。

まさにこれは大きな問題を抱えることになったと思いますね。
フィギュアスケートがスポーツか否か?という問題になりますよ
もしこれが体操なら間違いなく、真央は金でしょう。
チェレンジして成功したんですから
しかし今回、難易度が高い演技を決めても、それがポイントに反映されない評価されない
というスポーツとしては??という結果になった
これはフィギュアスケートがスポーツであるということを自己否定した歴史的事件かもしれません
だって難易度の高い新技ムーンサルトを決めた塚原 光男は金でしたから
ただただアベレージな演技を完璧にこなすことが評価の対象であるのならば
そこにはもはや開拓すべき地平は無い!だって評価されないんじゃ意味がないですからね
おまけに芸術ですらない。
芸術ならどうしてるかというとピアノ演奏など音楽の世界やバレエでは課題曲が全員同じで演者の解釈や表現力を審査しますし
指揮者のコンクールでは課題曲は個々は異なるが曲を決めるのはくじ引きだったりするそうです
例えるなら
キム・ヨナは写生がうまい、ワークとして上手い、マニュアル通りにハンバーガーを
作るのが上手というだけの話であって(007が出た瞬間こりゃ大衆受けするハンバーガーだと思ったね)
対する浅田真央はスポーツとしてのフィギュアに新たな局面をもたらした、パイオニアであるし
料理界でいえば、ヌーベル・キュイジーヌみたいなもんです

投稿: | 2010.02.27 11:36

幼いころからスケート漬けで、一般人とはかけ離れた生活を送っていて、両方とも外国人コーチに指導を受けている未成年のスポーツ選手二人に、国民性を重ね合わせるのはあまり意味がないと思います。
それに、浅田真央のトリプルアクセルは完璧だったんですから、その「国民性」の違いのせいで金メダルを逃したわけでもない。

単に、浅田真央には多少ミスがあったがキムヨナにはミスがなかった、ってだけのことでしょう。

個人的には、浅田真央の演技は、曲調が暗くて爽快さが感じられず、あまり楽しめませんでした。一方キムヨナの演技のほうは、よく出来てるな、と感心させられました。浅田真央がオリンピックの体操競技だとしたら、キムヨナはシルクドソレイユって感じでした。

投稿: | 2010.02.27 11:37

印象的だったのが,体形の点でも二人が群を抜いていたこと。

新体操やフィギュアスケートでは,体形からして日本人は不利なのではないかという思いがありましたが,今回のオリンピックでその思いが払拭されました。

昨日のコメント欄でリンクされていた伊藤みどりの演技を見ましたが,隔世の感があります。

投稿: やせ猫 | 2010.02.27 11:39

SONYやHONDAあたりは日本企業としても特殊な企業文化なので日本文化の代表にするのは違和感ありますよ。


変化を嫌ったまさにプライド高い両斑の朝鮮は近代化できなくて滅んで、変わることが出来た武士道日本に併合されたんですしね。

投稿: abcd | 2010.02.27 11:47

> SONYやHONDAあたりは日本企業としても特殊な企業文化なので

文化の平均も大事ですが,頂点にどのような特殊文化を生み出すかというのも,文化の違いとして着目すべきではないでしょうか。


> 変化を嫌ったまさにプライド高い両斑の朝鮮は近代化できなくて滅んで、変わることが出来た武士道日本に併合されたんですしね。

危惧されているのは,これが逆の立場で起こるのではないかという点だと思います。日本の「閉塞感」が語られるのもその文脈でしょう。国際的な情報流通が活発になっている現代ですから,その心配は少ないと信じていますが。

投稿: やせ猫 | 2010.02.27 11:56

>投稿: やせ猫 | 2010.02.27 11:56
ソニーやホンダが松下やトヨタと異なり特有の強烈なファンを引き付けることが出来たのは、日本特有の文化を背負うからではなく、むしろそれとは違うからだと思いますよ。
まあ、それも日本の文化のうちだと言えばそうですか。

投稿: abcd | 2010.02.27 12:24

>入賞した日本人を含むアジア系

参加できなかった中野友加里、村主章枝もいますし、次世代の若手も
順調に育っています。今後もフィギュアでは日本が世界をリードする。
ポンっと出た韓国とは選手層が違う。
今大会でもフィギュアに団体戦があれば男女とも日本が金です。
愛知で競技人口が多いのは、もともとお稽古ごとに熱心な土地柄だそうですね。
第2、第3の浅田がでます。
以上、けっして負け惜しみではありません。

投稿: 名無し35 | 2010.02.27 12:27

昔の日本も伊藤みどり一人。
でも一人そういう目標的英雄が出ると
後が続くんだよ。

フィギュア団体戦?ペアとか見てる?

投稿: | 2010.02.27 12:48

スケートはスケートでも日本のスピードスケートは…韓国に比べて溜息ですね。

投稿: | 2010.02.27 12:48

韓国見習えと言われてもスポーツ推薦の越境入学まで叩かれる国でっせ。

投稿: | 2010.02.27 12:52

日本がですが。

投稿: | 2010.02.27 12:54

決してアンチソニーではないんだけど(出井・ストリンガー体制ではダメダメだとは思うけど)浅田をソニーに例えるのはちょっとかわいそうでしょ。
商売の世界と違ってスポーツの世界で八百長は軽蔑されるんだし。
ジュニアの時代からの成長を拒否して実弾というコストをばら撒いたのはキムヨナ側ですよw

日本の政治に引っ掛けるのなら、田中派支配に戻しておいて変化なんかする訳ないだろうw

投稿: | 2010.02.27 12:57

オリンピック期間中だったんで避けていたんですが大石センセはEUでのギリシャを巡るゴタゴタをどう考えますか?
ユーロ主導のドイツですら「ギリシャに血税は渡さん!」と言う意見も強いとか。もちろん将来的な中韓に対する2国間支援を民主党が言い出した時のためのケーススタディとして、ですw

投稿: | 2010.02.27 13:05

>昔の日本も伊藤みどり一人。

にわか仕込みはこれだから困る。
佐藤有香、八木沼純子もいましたけどね。
「体型」ということも出て来ましたが、
佐藤有香はアメリカで人気がありました。

投稿: 名無し35 | 2010.02.27 13:21

度重なるルール改正に負けない浅田真央の性能を恐れた結果のスーパーインフレには呆れた
そうなるように推し進めた人達は墓穴を掘ったように思います
キムヨナ=採点基準を一度リセットしてもらわないと見る気がしません

投稿: | 2010.02.27 13:45

>キムヨナ=採点基準を一度リセットしてもらわないと見る気がしません

引退してからそっとリセットでしょw

投稿: | 2010.02.27 13:55

>*韓国はこの際、メダル数でも圧勝したことだし、「克日終了のお知らせ」とか流してくれないだろうか?

実力でサッカーW杯優勝とか100m走世界新で金メダルとかでもないと無理だろう、ていうかそんな下手に出るから付け上がるんですよw

投稿: | 2010.02.27 14:09

>にわか仕込みはこれだから困る。
>佐藤有香、八木沼純子もいましたけどね。

はあ?メダル取ってないじゃん。表彰台に立ってない人間を「いました」なんて言われてもねえ。

投稿: | 2010.02.27 14:39

フィギュアはよくやったと思いますよ。
これだけ結果残してるのになぜ落胆しなきゃならないのか。
むしろキムヨナをたたえるべきです。それだけのこと。
フィギュアは結果を十二分に出してるのだから
予算を減らしましょうって議論が出てもいいくらいです。
アメリカなんて長洲の5位だけですよ。
ロシアは???中国は???

予算の使われ方を何も精査せずに
やれ予算をつけてやれ、つけるなという議論は
拙速すぎます。
日本の財政だって役所の利権や無駄、役人の高給など
問題山積してるのにそれを無視して
増税だけの議論になるのも残念です。

投稿: ももんが | 2010.02.27 15:03

キムが基準に合わせてきたんじゃなくて、基準をキムに合わせたらしいけど。
トリノから4年間時間をかけて。
まあ、難しい技を競う競技じゃなくなった、ひたすらキムのコピーを目指せば高得点なんて…

投稿: | 2010.02.27 15:21

基準を米加にしただけでしょ。だからロシアが惨敗になった。逆に加人コーチのキムは金メダル。
ソ連崩壊後に、世界に散ったロシア人コーチの指導を受けてフィギュアのレベルは上がった。
でも近年いかにも反ロシアな風が吹いている。おかげでロシア人コーチはどんどん国に帰っている。

投稿: | 2010.02.27 15:35

基準変えたら競技が変わってアイスダンスになっちゃったとw

投稿: | 2010.02.27 15:48

>キム・ヨナは、サムスンですよ。

サムスンって結局は徹底してリスクを避ける二番煎じ戦略の松下電器(いわゆるマネシタ電器w)モデルですよ。
だからキム・ヨナはサムスンってのは言いえて妙ってやつですなw
ソニーなど日本企業はいろしろチャレンジして開拓者的な新しいトレンドや市場を育て生み出しましたが
サムスンにはいったい何かありますかね?

投稿: | 2010.02.27 15:49

長洲未来さんは4位ですよ。

投稿: 銀次 | 2010.02.27 17:02

みなさんお忘れかもしれませんが、前回の冬季五輪では、
日本のメダルは、荒川さんの金一個だけだったんですよ。
一方韓国は、ミズスマシスケートを中心に幾つかのメダル
を獲得しますた。
でも荒川さんのメダルとは、輝きが全く違ったんです。
で、韓国は荒川さんのやったことを分析し、それにプラスα
をつけたのではないかと。

>>単に、浅田真央には多少ミスがあったがキムヨナにはミス
>>がなかった、ってだけのことでしょう。
これはその通り。

韓国の他の種目の選手には、兵役免除+終身年金という
のは大きなモチベーションになると思います。

ソニーVSサムスン(池田先生のとこ)
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/0378b9f858edfc9cc1ee363bd0a09dce

投稿: ひまんじ | 2010.02.27 17:12

>でもこればかりは、国がどうこうじゃないんですよね。まず国民の側に、そこまでしてメダルに執着する気運がないし、余裕もない。

そんなのカネを出したくない土建屋か財務省の犬の言い訳に過ぎない。

投稿: | 2010.02.27 17:14

>投稿: | 2010.02.27 15:49

いえ、どちらかというとソニーより“マネシタ”のほうが日本的ですよね。
日本が欧米からそう思われていた部分があったり。

投稿: abcd | 2010.02.27 17:15

>フィギュアは結果を十二分に出してるのだから
>予算を減らしましょうって議論が出てもいいくらいです。

減らすほどあったのかw
その内オリンピック出場税とか取られそうだなw

そういや、また仕分けやるらしいな、民主党政権の間は日本は暗いな

投稿: | 2010.02.27 17:16

韓国
・キムヨナ
・サムスン
・インチョン空港(ハブ空港)
・ハンナラ党

日本
・真央
・総花的メーカー(株価低空飛行)
・赤字垂れ流し地方空港
・自民党

こう並べてみると、まさに自民がハンナラ党じゃないところが日本の政治が対立軸なしにしてますな。「韓国はアブナイ」と書きまくってるネトウヨの教祖様、三橋貴明先生が自民から出馬するそうで、韓国より自民がさきになくなるのだけは確かなようですw

投稿: popper | 2010.02.27 17:25

>日本が欧米からそう思われていた部分があったり。

彼らはそう思わないとやっていけません。人種的優越感と科学や技術に対する拘りが非常に密接に関係していますしね

投稿: | 2010.02.27 17:27

>「韓国はアブナイ」と書きまくってるネトウヨの教祖様、三橋貴明先生が自民から出馬するそうで、韓国より自民がさきになくなるのだけは確かなようですw

事実を書くとなんかまずいんですかw

投稿: | 2010.02.27 17:29

>>>単に、浅田真央には多少ミスがあったがキムヨナにはミス
>>>がなかった、ってだけのことでしょう。
>これはその通り。

あのプログラムでミスがなかっただけでいくら何でも228点はないでしょう。競技を冒涜してます。審判は全員クビに欲しい。どうしても浅田には金はやりたくなかったのですよ。まあメダリストの仕分けですね。

投稿: | 2010.02.27 17:32

>もちろん将来的な中韓に対する2国間支援を民主党が言い出した時のためのケーススタディとして
おいおい、何もわかってないな。心配するならその逆の状態だろ。

>アメリカなんて長洲の5位だけですよ。
ちょっと待った。それ以上ライサチェックの悪口は許さんw

投稿: | 2010.02.27 17:53

>韓国でも日本でも、国立で有望選手を育てるためのセンターはある。所が韓国では、そこでトレーニングする選手に日当が出るのに、日本では、逆に施設利用料を払わなければならない。


キム・ヨナが育ったのはカナダで、コーチもカナダ人で、練習拠点もカナダ。
韓国の水泳選手も日本を拠点にしている選手が多いんじゃなかったかな?

韓国で日当がでるのは、金を払わなくては選手が来ないからだと思われ。

>「韓国はアブナイ」と書きまくってるネトウヨの教祖様、三橋貴明先生が自民から出馬するそうで、韓国より自民がさきになくなるのだけは確かなようですw

サムソンが大きくなっているのに、韓国国民の暮らしはひどくなるばかり。不思議!

投稿: ほるほる | 2010.02.27 18:39

>韓国より自民がさきになくなるのだけは確かなようですw

 現在の自民が、ゴールデンバウム朝末期の銀河帝国さながらの惨状を見せているとは言えるかも知れないが、銀河帝国の殻は同じでも中身がローエングラム朝に交代できる可能性は残っているのじゃないか。
 誰がラインハルトで誰がミッターマイヤーになるかは分からないが、門閥貴族(派閥の親玉連中)を退治できれば、再生の余地はあるだろう。今のミンスは、イゼルローン要塞奪取後の同盟のような状態だから、次の参院選がアムリッツァになるという想像は、してみても面白い。
 もっともネトウヨネ申を含むまともな若手(若手とはいっても、山本一太や河野太郎は、フレーゲルやヒルデスハイム同然で、門閥貴族の側である。)がラインハルト一派になるには、門閥貴族相手の権力闘争を戦うのに欠かせないオーベルシュタインが出てこなくてはならないが。

投稿: 土門見人 | 2010.02.27 19:02

>「韓国はアブナイ」と書きまくってるネトウヨの教祖様、三橋貴明先生が自民から出馬するそうで、韓国より自民がさき>になくなるのだけは確かなようですw

>サムソンが大きくなっているのに、韓国国民の暮らしはひどくなるばかり。不思議!


サムソンもなく、いわんやアップル・グーグルもない一億総ユニクロ・ニトリ社会の日本は、今後、二番底三番底必至。学生の公務員志望もまさに韓国化そのものw

投稿: popper | 2010.02.27 19:21

>一方韓国は、ミズスマシスケートを中心に幾つかのメダル
ウワーン!ミズスマシを馬鹿にするなー。日本はそれで韓国を破ってヘタしたらメダルを取っちゃいそうなんだぞw
荒川のときは参考にならない。SPでのトップとの差がわずか0.71しかなく、フリーで上位ふたりがジャンプでこけてくれた。

>>>単に、浅田真央には多少ミスがあったがキムヨナにはミス
>>>がなかった、ってだけのことでしょう。
>これはその通り。
これは全く違う。
仮に浅田にミスがなくてもGOEで差がついていた。

投稿: | 2010.02.27 19:50

浅田の体脂肪率は7%か。イチローの6%もすごいと思ったが、女子の7%はそれ以上だな。
検索すればすぐわかるけど、採点基準は可視化されているよ。ただ、ラップタイム競技とは違うから主観要素が入るのはある程度仕方がない。

キム・ヨナ-三星vs浅田真央-ソニー
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=122929&servcode=300§code=320
まあ、実際ヨナはサムスンのCMに出てるからね。

浅田真央とキム・ヨナ。あるいはオムロンとサムスン。
http://blogs.yahoo.co.jp/molirinho/24206408.html
浅田は実際にはソニーではなくオムロンだけど。

韓国ドラマ 私の名前はキム・サムスン
http://www.showtime.jp/special/korea/samsoon/?ot36025=200704
キム・ヨナは出てないらしいw

投稿: | 2010.02.27 19:59

>投稿: ほるほる | 2010.02.27 18:39

君の意見に清水は到底納得せんだろうね。

>投稿: 土門見人 | 2010.02.27 19:02

どう見ても清和会がリップシュタットな貴族さまたちですw
ブラウンシュバイクな森にリッテンハイムな安倍w

投稿: オッバ | 2010.02.27 20:28

まさに
ウリのこと、悪く言うヤツ、みなウヨク
じゃなw

ところでネトウヨ連呼な人達はその定義を教えてくれんかの?
爺の記憶にある右翼とは少し違うようじゃが・・・

投稿: 爺 | 2010.02.27 20:41

投稿: | 2010.02.27 17:32 さんwrote:
>あのプログラムでミスがなかっただけでいくら何でも228点はないでしょう。競技を冒涜してます。審判は全員クビに欲しい。

まぁ、結局はここに行き着くんじゃないでしょうか?
フィギュアファンのカミさんに聞いたのですが、審判って滑ったことがない人たちだとか。
例え採点基準があっても、何を基準に判定しているのか分からないよう(に見える)では駄目ですよね。

ぼく個人は、鈴木のあっこたんがステキな演技を見せてくれたので、それだけで満足してます(^-^;

投稿: 葛西紀行 | 2010.02.27 20:47

>学生の公務員志望もまさに韓国化そのものw

捨て身の捨て台詞だなw

投稿: | 2010.02.27 20:50

>おいおい、何もわかってないな。心配するならその逆の状態だろ。

谷垣自民が2国間支援を主張しだすと言いたいのか、中韓に支援してもらわなきゃいけないくらい日本がやばいと言いたいのかどっち?
で、どちらにしてもまともに取り合わなきゃならんのかw

投稿: | 2010.02.27 20:53

>どう見ても清和会がリップシュタットな貴族さまたちですw

それは、どっからどう見ても田中派だろw

投稿: | 2010.02.27 21:01

【フィギュア】高難度技決めても勝てない…問われる“あり方”
http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100226/oai1002261941045-n1.htm
たとえば、こういう思考実験はどうだろう。
浅田が金のプログラムを演じ、金が浅田のプログラムを演じる。あるいは浅田が両方のプログラム、または金が両方のプログラムを演じた場合、どちらが得点が高く出るか。
もちろん、金はトリプルアクセルを飛べないかもしれないし、浅田はルッツを飛べないかもしれないから、ふたりの特性を無視したシミュレーションは現実味がないかもしれない。
しかし、それらの特性を無視して完璧に演技をこなしたと仮定した場合どうなのかということを考えると、浅田やプルシェンコがいかに不利かということがわかるだろう。

これは加点GOEが基礎点に与える影響が非常に大きいからだ。すなわち難易度を下げて基礎点を1,2点低くしても完成度が高ければ最高+3点のGOEによってトータル点は高くなるからである。
実際浅田はこのGOEで大きく差がついた。
04年に新ジャッジングシステムになり、フィギュアは成功か失敗かという難しい技にチャレンジする場ではなく、安心して見られる完成度の高いストーリー性を重視する場へと変わっている。
金は新ジャッジシステム後、これに対応すべくカナダに拠点を移して金メダルをとることを至上命題とした。以前書いたようにヨナチームも金の特性にマッチしつつ、曲選びから技術要素、アピールポイントに至るまでいかに効率よく得点をあげるかを徹底的に研究してプログラムを組み上げた。いわば、欧米流の合理主義による効率的プロジェクトには要素技術至上主義ではかなわないということだ。これはどちらが良い悪いの話ではなく、何を目指すかという価値観の違いだ。ちなみに優勝は金、ライサチェックともに欧米(北米)流で、2位に甘んじた浅田、プルシェンコはロシア流である。

フィギュア用語解説(新ジャッジングシステム)
http://www.geocities.jp/cxb00463/skate11.html
相対評価から絶対評価としたことで透明性と公平性を以前より担保できるようになった一方、システムを研究して高得点狙いがしやすくなったとも言えるわけで、この特性を研究してうまくプロジェクトを組んだ結果が金の高得点というわけだ。

投稿: | 2010.02.27 21:13

そういえば、読売に非常に興味深いグラフが載っていた。
ここ4年ほどの浅田と金の主なフィギュア選手権における得点の推移だ。
それによると浅田が毎回点数を下げていくのに対し、金はそれとは対照的に得点を上げていっているのである。これは単純に考えると浅田のレベルがさがって、金のレベルが向上しているとも思えるが、実際には浅田は年を追うごとに自らに難しい課題を課して克服しようとした結果であり、金は新システムに徐々に最適化していった結果なのではないのだろうか。その積み重ねの頂点が金の今回の結果である。もし、そうだとすれば、徐々に点数を落としていった浅田の今回の自己ベストの更新は、実は驚異的な復活劇と考えてもいいのかもしれない。

投稿: | 2010.02.27 21:58

>金は新システムに徐々に最適化していった結果なのではないのだろうか

ループでしょ。
次から次へと火消ししてるように見えるが。

投稿: | 2010.02.27 21:59

韓国はスケートにしても何にしても役員を送り込みルールを変える側に行って、自国が有利になるように努力しています。

日本も個人選手の力量に頼るだけでなく、バックアップ側がルールを変える側に行かないと、いつまでたっても勝てる側にはいけませんね。

投稿: くま | 2010.02.27 22:18

>生き延びるために変化を厭わない韓国と、変化を嫌って沈没しようとしている日本の差。


過去に脱亜入欧して「ワールドワイド」な近代国家として浮かび上がった武士の日本と、中華秩序の「オンリーワン」的な自己愛のもと儒教国家として沈没した両斑の朝鮮、の逆転現象が起きていると言う事でいいのでしょうか。


今問題になっているトヨタ・プリウスは世界が認める「オンリーワン」商品だと思いますが、現在のような光景になる以前、具体的には1990年に入る少し前くらいまで、日本車というのは基本的にずっと欧米を追いかけてきたんですよね。
それまで文化的な香りがないとか模倣だとか色々あったけれど信頼性とかコストパフォーマンスという部分が大きく作用して「ワールドワイド」に入ることが出来て大きく売っていた。
しかし現在トヨタの危機をクローズアップすることになったのが「オンリーワン」商品を目指したレクサスとプリウスというのは何か興味深いものがあります。

投稿: abcd | 2010.02.27 23:06

>サムソンもなく、いわんやアップル・グーグルもない一億総ユニクロ・ニトリ社会の日本は、今後、二番底三番底必至。学生の公務員志望もまさに韓国化そのものw

サムソンしかない韓国も、アップルやグーグルがあるアメリカも、スラムの増加と犯罪数の増加を食い止めることはできていません。
一方、日本は世界最小の犯罪数。ついでにエネルギー効率も世界最高峰。
どちらに未来があるかは明らかです。

一億総ユニクロ・ニトリとか統計データも無い、情緒的なキーワードをちりばめて喜ぶ昭和脳の方には理解できないでしょうが、日本は世界の最先端を走っていますよ。

投稿: ほるほる | 2010.02.27 23:12

浅田さんのスケートはスポーツ、キムさんのスケートはストリップという位フィギュアは変わった!
安藤さんは流れを読んでストリップサイドに転向したけど少々お尻を振るのがヘタッピで、しかもスポーツの尻尾が残ったものだから採点するヒヒ爺共のヤらしい部分を充分に刺激できなかった。
以上が私の今回のオリンピックフィギュアスケート総括。

オリンピックってスポーツの祭典だと謳ってるけどフィギュアは(だけなのかい?)いつの間にやら風俗度の祭典(採点)に変わってたみたい。次回はまた基準が変わって、ストリップ嬢技術診断ではなくてスポーツ技術採点に戻ってくれることを祈る。

風俗はオリンッピック以上に技術の鍛錬が必要で、お遊びの相方を選ぶ際に採点表は必須なんですよネ? 常連コメンテータの 営業マネージャー(所長)様(いきなりコメントをおねだりしてご免なさい m(__)m )

投稿: 飛び入り御免 | 2010.02.27 23:50

>日本も個人選手の力量に頼るだけでなく、バックアップ側がルールを変える側に行かないと、いつまでたっても勝てる側にはいけませんね。

これは今までの日本人が一番嫌がることだったんだよね。

投稿: | 2010.02.28 00:12

大石先生の使っていた「オンリーワン」「ワールドワイド」という言葉を自分なりに消化しようとすると投稿: abcd | 2010.02.27 23:06のコメントになるのですが、私は「良い物は評価されて当然だ」なんていうヨーロッパ的な考えとは違う柔軟性が日本の発展を生んだと思っていますし、「日本は、常にオンリーワンを目指して来た」などと言うのも誇大に過ぎないと思っています。

投稿: abcd | 2010.02.28 01:18

>日本も個人選手の力量に頼るだけでなく、バックアップ側がルールを変える側に行かないと、いつまでたっても勝てる側にはいけませんね。

電通が普通の組織だったらそれで済むんだけど、アジア主義というか逆に中韓に浸透されすぎてるから税金(東京五輪の誘致とか)で中韓のバックアップしてる形なんですね。

投稿: | 2010.02.28 01:24

>国体の度に豪華施設をバカスカ造るような土建国体を止めるだけで、養成費は出るんですけどね
これは印象操作。橋本政権と今を比べると、箱物の財政割合は普通の先進国以下にし、左旋回の方から蛇蝎のごとく嫌われている小泉政権下で、社会予算の割合が急増したことと整合性がつかない。そもそもリュージュやジャンプ、長野エムウェーブのようなものは、それ用の競技以外使えない意味上に維持費のバカにならなさでは、野球場より始末が悪いですが、じゃ「銭の無駄だから、資源をアルペンとフィギュアに集中するのでやめちまえ」と説得します?そもそも南国の人に、面白さが理解できるかというと、よくわかんないし。
なぜソフトよりハードに投入するかといえば、判りやすくいえば受益者がスポーツなんかよりはるかに波及効果が大きいし(先生だって水は飲むけど、三回転半ジャンプは飛ばんでしょう)、仮によく考えないでスポーツに直接給付始めたら芸術はどうなるの、映画は?小説は?文化は?という、左翼ゴロのサロンにまた利権ネタをさしあげることになると思うんですがね。っつーか実は日本は既に左翼土建こと文化ゴロ体制かもしれなせんが。
こういうのも含めて「コンクリートやめて人へ」というのは、それは立派な考えであると思うが、現実には政策のラッピングが素朴な正義感に根ざしているから「あなたのために建てたのよ」という、二世帯住宅(50年償還)に近い話に注意しないと転がるんですよ。それ以上にいやなのは「公金桁違いに投入したからメダル取れ」というああ第2第3の円谷が待ち遠しいという、多分余り税金を納めていない方々のヒステリーと起爆剤のメディアの連帯アイゴーが容易にみえることで。

ま、公共事業って以外に土地代や住民移転補償が多かったりするので、先生の議論を補完する例として東葉高速鉄道の運賃をごらんいただけると失笑できるんですが、これってごねた人は「居住権を正当に行使している」ともいえるんですよね。

投稿: さいとー | 2010.02.28 09:21

>フィギュアスケート
トリノの荒川選手の金以来、テレビで季節を問わず各大会を放映するようになったので、素人なりに結構見ていました。一度だけですが生でも見に行きました。
その程度のファンにも分かるくらい、ここ2年くらいの間に変なことになっちゃったな、というのはあります。選手達がじゃなくてISUの方が。
プルシェンコがとうとうぶち切れたし、もう潮時でしょう。
個人的にはタラソワコーチ(うちでは荒地の魔女と呼んでます)の振り付けは好きじゃないけど、最後まで筋を通した気概は立派かも。

投稿: 彼岸過迄 | 2010.02.28 12:05

小泉政権で福祉大幅減少している。
なんのことはない予算に見えない手当ても含め地方自治体が少ない予算で多くの実を得るそれぞれの地方に即した老人福祉などを
全国一律の法制度整え、結果ぶち壊した。そして地方交付金を減らし地方自治体を破綻状態に追い込んだ。

投稿: | 2010.02.28 12:43

採点基準・方法を可視化したのだから、同じプログラムを毎回、まったく同じように滑れば点数は同じになる筈だし、滑り込んで完成度を上げれば点数は高くなる。技の難度は点数に反映されるが、プログラムを変更し、目先を変えたからといって点数が上がることはないし、毎回同じプログラムで飽きた、といって点数を下げられることはない。今回の結果も、浅田の苦手とする技をキムは完璧にこなしているし、表現力等においても、浅田は進歩を見せたが、もともと表現力には定評があった上に、同じプログラムを長期間滑り込んできたことで、やはりキムの方が完成度は上に見えた。

>浅田は年を追うごとに自らに難しい課題を課して克服しようとした結果であり、金は新システムに徐々に最適化していった結果なのではないのだろうか

目標を一つに絞ったキムに対し、浅田は、新しい技・課題へのチャレンジとオリンピックの金メダルの二兎を追ったとも言えるし、前回の世界選手権などでは、表現力と完成度ではキムに敵わなかったから、敢えて違う方向性のプログラムに挑んだ、とも言えるんじゃないでしょうか。でも、現プログラムに取り組んだ期間の短さはいかんともしがたく、今回のメダルの差となってしまった。浅田は充分頑張ったと思う。でも、本人が今回の結果に満足せず、審判や採点方法の批判もせずに、自らのミスを悔いて世界選手権や次回オリンピックのリベンジを誓っているのだから、あまり周囲がとやかく言うものではないのかな、という気もします。プルシェンコの主張もうなずける部分はあるけれど、何か、浅田には自分に有利なルール改正がなされた結果、金メダルを獲っても良しとしないような気概があるような・・・。

投稿: ya-mana | 2010.02.28 13:43

>投稿: | 2010.02.27 14:39
八木沼はともかく、佐藤は世界チャンピオン、いちお。

投稿: | 2010.03.01 02:47

>そして地方交付金を減らし地方自治体を破綻状態に追い込んだ。

交付金で維持されるような自治体は破綻してよろしい。

投稿: ほるほる | 2010.03.01 07:29

そろそろ、朝鮮人は買収民族だと認めましょう。負けた結果を努力不足だというキレイごとで片付けるからいつまで経っても日本は負け続ける。(余談だか、太平洋戦争だって、あればアメリカ議会に対する買収工作の失敗。それをハルノートとか有色人種差別とか理念的なキレイごとに原因を求めるから日本はいつまでたっても自立できない。北朝鮮を少しは見ならえと。)

だから、ぎりぎりのレベルで買収工作ができない。(キンケンジの買収工作がぎりぎりのレベルかは議論があるが。)

つうか、国民性に合わないようなスポーツはすべてスポンサーから降りたらいいでしょう。今回の結果をみたら、国民性に合うタイムレースのスピードスケートなら、金をつぎ込めばもっとメダルが取れた。モーグルはどうでもいい。本人の努力は認めるが、上村愛子は小さすぎる。結局、里谷レベルのようなダイナミックな選手を育成しないとメダルはとれない。なぜ彼女がアルペンで複数個のメダルを取れたか、そこから研究しないと。

投稿: タカダ | 2010.03.02 01:46

>いつまで経っても日本は負け続ける。


そうやって、オリンピックの勝敗を一事が万事がごとく取り上げるのが問題でしょう。

日本人が買収工作を行わないのは、正面からやって勝ち続けてきたからです。
そもそも買収工作なんて日本の国民性に合いません。

投稿: ほるほる | 2010.03.02 07:22

ほるほるに正論いわれるようじゃなあ。タカダって最低w

投稿: | 2010.03.02 08:58

採点方法について買収行為の是非はともかく
買収行為そのものがあったことは暗黙の了解事項であると。

国際標準では、
「きたない勝ち」>>>「きれいな負け」だ。
後者に美徳を感じるのは日本人の自己満足だね。
国内でホルホルすればいいよ。

投稿: タカダ | 2010.03.02 19:39

証拠は何かあるのかい?君の妄想?ww

投稿: | 2010.03.02 20:30

>国際標準では、
>「きたない勝ち」>>>「きれいな負け」だ。

それ、韓国基準ですからあ(ノ∀`)

勝利 > 敗北 >>>>>> 韓国が賄賂攻勢で勝つ > 韓国が賄賂攻勢しても負ける

が国際基準だよ。

まあ、スケート以外では敗北続きの悔しさを日本や日本人にぶつけて晴らそうというのはみじめなだけですよ。

投稿: ほるほる | 2010.03.02 21:05

http://www.chosunonline.com/news/20100304000043

日本に勝ったら、相手がいてもアメリカの球場でも平気でマウンドに太極旗を立てる。
日本に負けてロッカーに日の丸が貼られていたら、怒って破り捨てる。

これをやっていて平気、新聞もなにも気にせず記事にする。
まあこの程度の国ですよ。

投稿: | 2010.03.04 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武士道と植民地の意地:

« An Imax Too Far | トップページ | 過労という美徳 »