« ヒールの千秋楽 | トップページ | 東京一極集中を是とする »

2010.02.06

プリウスよりプリンス

 さあ、いろいろありましたが、絶好調!(^_^;)のまぐまぐです! もう問題は全て解決しましたからぁ。ぜひ、有料版のご契約をお願いします。契約月は無料で読めます。月の半ばの契約でも、1日からのメルマガが配信されますから、いったいこの一週間、まぐまぐを舞台に何が起こっていたのか良く理解出来ます。いえ本当にもう大丈夫ですから。完全に正常化しましたからぁ! ほら? 恐いものみたさな気持ちになって来たでしょう? クレジットカードを取ってきてゴーゴーですよ(^_^)/
まぐまぐ
http://www.mag2.com/m/P0001213.html

 で、今月1日にはメルマガが届いたけれども、それ以降届いていないという方は、実は「カード情報の更新が確認できない」という理由で、一端契約解除になっていますので、ご面倒ですが、再度ご契約をお願いします。実はそういう読者さんは、去年12月で契約解除になっていたんですけれど、まぐまぐの、良く言えば厚意、ぶっちゃけ、そんなことになっていたとは知らなかったまぐまぐの不作為で、1月中もずっと無料で配信されていたという次第です。
 この再契約で、1月分の購読料も引き落とされたという方がもしいらしたら、まぐまぐに抗議すると同時に、私にも教えてください。なぜなら私は、その1月分の購読料は貰えないことになっていますから。

※ 昨日の、普通高校に通いたい障碍者の話ですが、2ちゃんねるを読むと、ちゃねら~つうのは障碍者に冷たいですねぇ(^_^;)。その、成長期にちゃんとした訓練を受けないと将来二次障害の進行が早まるという話は、当然本人もご家族も理解した上でのことでしょう。
 もちろん、その選択を行ったことで、本人も家族も、やっぱり養護学校に通うんだったと後悔するかも知れない。でも、今通いたいと本人も家族も願っていて、それが適わなかった時に一生後悔するのと、どちらが後悔の度合いが大きいか?
 二次障害云々の後悔は、所詮当事者の選択の後悔だけれど、普通の学校に通えなかったという後悔は、社会がそれを許容しなかったという形での、社会からの疎外感、ぶっちゃけて言えば、排除の論理がもたらした後悔ということになる。
 そういう気持ちを生涯持たせることが果たして正しいのか? もちろん行政は、いろんな選択肢を示して、「養護学校の方が良いですよ?」と説得する権利はあるだろうと思うけれど、最終的には、家族や本人が決めるべきことだと思う。

※ あと立花隆氏の件。何でも、あれは私文書ではあるけれど私文書偽造には当たらないのだそうで、私がそれを知らなかったことを、通りすがりの名無し様から罵られたのですが(^_^;)、だって、政治家の不正とあんだけ長く付き合った「知の巨人」が知らないことを私ごとき若輩が知っているはずが無いでしょう。人間に無謬性を求めないでください。

 立花隆氏が、寄稿やインタビューという形で、どこかのニュースサイトに掲載された情報をその場で誰かが、自分が正しいと判断する情報で修正することは出来ないけれど、ここはブログです。誰でも「それは間違っている。正しくはこうだ」とコメントして修正することが可能です。それがブログの利点であり、ここはそういう所だと私は常々書いています。だから私は、コメントの事前承認もしない。
(*池田先生のブログを、コメントが事前承認だから駄目だと批判する人が多いけれど、あそこだって結構、書かれたことを批判するコメントが掲載されているじゃないですか? コメントの7割が批判的ということも別に珍しくない。礼儀知らずなコメントは、排除されても仕方無いでしょう。それはブロガー個々人のしきい値の問題に過ぎない)

 しかし、インターネットが個人のツールになって、一番酷い目に遭ったのは立花さんですよね。だって私らの発想からすれば、いくら畑違いでも、立花隆に喧嘩売ろうなんて考えないもの(^_^;)。私は、アサジャのロッキード裁判の記事をずっと読んでいたけれど、もう退屈極まりないんですよ、門外漢な人間にとっては。辛うじて渡部昇一との論争が(時々)面白い程度で。
 ただ、やっぱり憧れるんですよ。あんなことに情熱を注げて、それで食えるばかりか、筆一本で書庫ビルまで建ててしまう。もちろん立花隆といえども神様では無いから、間違いもあるだろうけれど、そこは知の巨人として、尊敬を持って批判する態度があっても良いと思うんですけどね。たとえ一般人やネットの名無しさんといえども、敬意を発揮しても損ではない。これは元帥への批判に関しても、常々感じていることですが。

※ 「真実を求める会」の真実を求める
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-8.html

>聴取の前日になって現れた「真実を求める会」

 面白いことを気にして調べた人がいらして、小沢さんの取調は、市民団体の告発を受けて行われたわけですが、その市民団体なる人々がどういう性格なのか、さっぱり解らないというんですよ。朝日が辛うじて、「元記者」と書いている程度で、2ちゃん等では、=「チャンネル桜」ということになっているらしいけれど、当のチャンネル桜のサイトには、そんなことをやったという記事もない。
 誰が告発したのか? というのはさして問題では無いけれど、普通は、この手の刑事告発を受けて、警察なり検察が動くには時間が掛かるわけです。それこそ捜査するしないを決めるだけで、半年くらい平気で掛かる。
 たぶんこの告発が無かったら、小沢さんは被疑者でも容疑者でもなく、単に関係者としての事情聴取だったんですよね。それがたまたま幸運にもw、直前に告発があったものだから、被疑者としての事情聴取になったと。
 そこいらへんの経緯は明らかにして欲しいですよね。

※ 公共工事:「個所付け」民主県連通知 国交相、資料提出を拒否--衆院予算委
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100205dde007010022000c.html

 これは素晴らしいw。自民党が官僚機構を介在させる形で公平性を装っていた利益誘導を大っぴらにやっちゃったわけでしょう。どんどんやれば良いですよ。それで国民に個所付けの実態を見せつけてやれば良い。
 労働組合がそれやるのはどうかと思いますけど。それに、消えたはずの地方の道路予算がまたぞろ復活しているんでしょう。せめてもう少し選べば良いのに。

※ 自民、首相資産を「労働なき富」と追及
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4349519.html

>私が今の時代に思う“労働なき富”というものは、いわゆる行きすぎたマネーゲームとか

 いや、あんたみたいなのを典型的な「労働無き民」というんですからぁ!

※ 『「学べない」子どもたち』NHK特報首都圏
http://www.nhk.or.jp/shutoken/program/b-det0002.html

 母子家庭で育って、母親が働いている夜、家事や下の子の世話に追われて、勉強なんてする暇が無かったという女の子が、レジのバイトで食べているんだけど、日給の計算はできるけれど、それを月給に換算できない。
 欧州は「習得主義」で教わる側の論理で回っているけれども、日本は「学年主義」で教える側の都合で回っている。40人学級では習得主義は無理。日本の教育費予算はOECD加盟国でGDP比ワースト2。私費負担は世界で2番目に高い。
 貧困の連鎖をいかにして断ち切るか、ということで、大学生を集めて、一箇所で補習みたいなことをさせる取り組みが実績を上げている。

* 二つ感じたのは、昔から学習困難児がいたんですよね。満足に足し算引き算も出来ない。でも高度成長期は、そういう子供たちも、その能力を必要としない労働現場で雇用するだけの余裕があった。今はもう無い。
 もう一つは、じゃあ30人学級にしたら、問題は解決できるのか? 今の子どもたちの実情は、30人学級を達成すればなんとかなるというレベルを遙かに超えているでしょう。それこそ教師が付きっきりのマンツーマンで教えないと、とてもそこからサルベージできない状況まで悪化している。
 じゃあ何をするか? 都市部は、大学生の数も大勢いるでしょう。彼らが、子供たちにマンツーマンで指導に当たれるような体制を整えれば良い。場所は余っている。そこいら中の駅前に空きビル空き部屋がある。
 たとえば、教職課程は当然だけど、公務員の採用試験に関して、そこでの就労経験を義務づける。国家公務員試験も地方公務員試験も。そうすると、各大学はカリキュラムに、補習塾での実践を入れざるを得なくなるでしょう。私企業も、そういうボランティア活動をポイントとして採用試験に組み込めるようにする。余裕があれば、交通費程度のバイト代も出しましょう。その地区の篤志家に呼び掛けて、子供たちに晩飯を提供しても良い。都市部はそれで大きな改善が出来るでしょう。
 途上国に於ける学校給食は、子どもたちを食い物で釣って学校に通わせるためのものでもある。もう日本も、実はそこまで堕ちているんですよ。その現実と向き合わないと。
 問題は、連合様は、そんな環境には無縁、という所でしょうか。

※ 「申し訳ないと思い、出てきた」トヨタ記者会見
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100205-OYT1T01497.htm
*トヨタ社長「なぜ出てこない」 批判受けてようやく記者会見
http://www.j-cast.com/2010/02/05059659.html?p=1

 昨日の会見では、「英語でしゃべらんかい!? ゴルウァ!」な発言も飛び出して、このひ弱なお殿様も大変でしたね。トヨタにとっては、プリウスのブランド・イメージを守ることよりも、プリンスを守ることのほうが大事みたいで。
 普段、莫大な広告費でマスゴミを押さえ込んでいると、地獄の窯の蓋が開いた状況というのを想像できないのでしょうね。
 その一秒のタイムロス云々ですが、そういう現象が発生することをドライバーが認知しているか否かが大きいですよね。知っていてブレーキを踏むのと、知らずにブレーキを踏むのとでは大きな差が出てくる。

※ 5年半の療養期間振り返った雅子さま 両陛下、飾皿で被災地に思い寄せられる 
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/100206/imp1002060700001-n1.htm

 もの凄く違和感があるんですけど、病気というのは、プライバシーですよね。ましてや心の病というのは、その中でもプライバシー度は一番重いし、人に知られたくないと思うのですが、それをドクターの側が詳細に明らかにして、マスメディアがそれを大々的に報じるというのは人権としてどうなんだろう。せいぜい、「皇太子妃は適応障害で、日々良くなっていますが、公務復帰はもうしばらく時間が要るでしょう」という程度で良いと思うのですが。
 皇室の人格は認めても、人権は認められないんだろうか。

※ 新党日本所属議員に関するお知らせ
http://www.love-nippon.com/2010_syozoku.htm

>平山誠

 これが、新党日本のサイトに、現在発売中の週刊新潮の記事がまんまんコピーされているんですけれど、要は、政党助成金を巡って、遣す遣さない、というレベルの話なんですよ。金額自体が数千万に及ぶから、そらでかい問題なんですが。
 ただ、これどう考えても田中の責任じゃん。彼を名簿に入れたこと自体が間違いだったし、彼が上がると解っていて辞退した有田ヨシーフ氏の責任。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 20人目の子、相手は友人の娘 南ア大統領に国内批判
http://www.asahi.com/international/update/0205/TKY201002050553.html
※ 「ダーティな金に手つけない人」 小沢氏めぐり鹿児島知事が発言
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100205/lcl1002051256004-n1.htm
※ 味覚:「辛み」「苦み」若者敬遠 好みは「マイルド」、成熟せず成長か
http://mainichi.jp/life/food/news/20100205ddm013100131000c.html

※ 前日の空虚重量71.8キロ

※ 有料版おまけ 顛末記

|

« ヒールの千秋楽 | トップページ | 東京一極集中を是とする »

コメント

>都市部は、大学生の数も大勢いるでしょう。
昨今の大学生にも学習困難児は少なくありません。

投稿: . | 2010.02.06 11:59

> 市民団体

 最近はいろいろですよ。

 民事訴訟を有利に進めるために刑事告発を頻用している弁護士団体が、ウラを調べていくと、代表やコアメンバーに某新左翼の活動家としての過去(現在の繋がりまではわかりません)を持ってる人がいたりします。当然、ヤメ検ではありません。

 ビジネス絡みだと主義主張と権力活用は別なんです。…ため息が出ます。

 また、今回の連立政権成立で、旧与党系の市民団体の中には、それまで順調に進んでいた政権実現の途が、突如として頓挫したところもあります。官に相手にされにくいイシューについては、永久政権下では、プロ市民と雖も与党政治家とつるまないと要求実現は難しいのでそういうことになっているようです。

投稿: rijin | 2010.02.06 12:01

> 政権実現の途

→政策実現の途

 間違えました。ごめんなさい。

投稿: rijin | 2010.02.06 12:02

>プロチョイス=自己肯定感
自分の選択枝を社会が受け入れてもらって、結果ではなく過程が支持されることに、喜びを見出す。
米国人は結果責任より自己肯定感に重きを置くし、日本人でもある程度はそうでしょうけど、サイレントマジョリティーがヌクヌクしたいとおもっても活動家が暴れてしまうと、コラテラルダメージを食らうわけです。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/051204.html
多田富雄みたいな人が暴力的に自分の立場を振り回すが、そこまでのリハビリに乗らない人も、悪平等に俎上に乗せられてしまうわけです。
村の魯鈍も、通学の義務がなかったのが、形式どおり外形的に通学させようとなると、特別支援校の方が多くなるわけです。ちなみに養護学校の義務化は昭和53年くらいの話です、それが普通の学校へ降りてきたわけです。義務教育が免除されていたとみるか等閑にされていたとみるか、権利の侵害とみるかウザイとおもうかは、免除で良いじゃん活動家のせいで義務化されてウザイというほうが多いでしょ。
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp:8080/dspace/bitstream/123456789/3898/1/SY01061.pdf
http://at25.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c62a.html
入学試験の全入は駄目だし、神奈川県立神田高校の例と同じレベルで入学を強いたりするのは駄目だよ。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2008/10/post-a5bb.html
その障害児を支える尽力を、体はしっかりとした、尾崎豊の更生に振り向けろよというのが、私の思い。
多田富雄にしても、そういう我侭が医療費を高騰させるんだよとなる。
>まぐ
mg2以外にもECをしている子会社がぶら下っていて、そして課金はグループの課金専門会社がするならそれはそれで合理的ですが、ベスト10だかにこのメルマガが入るくらいだと、課金の手間も大変ですねと、同情しなくもありませんね。
075は京都ですか
>電話番号まで表示するのが義務
http://www.mag2.co.jp/news/20080218.html
株式会社まぐまぐ、本社移転のお知らせ
【本社所在地(旧東京オフィス)】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビルN棟4F
【電話番号】
03-5428-0903(代表)

投稿: pongchang | 2010.02.06 12:12

いい具合に,文書の日付を偽った事件がありました。

◯ 告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉
> 県警監察官室の発表によると、警部補は同署刑事課係長だった昨年1月14日、器物損壊事件の被害者から告訴状を受理したのに、2008年12月8日と虚偽の日付を記入した疑い。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100206-OYT1T00016.htm

告訴状のような公文書だとこれで犯罪が成立しますが(刑法156条・158条),私文書にはこれに対応する条文がないわけです。

投稿: やせ猫 | 2010.02.06 12:41

ちゃねらーも社会的弱者には厳しいですけど、それは大石先生も同じでしょ。
障碍者も生活保護受給者も一部の例外や不正受給者の例でもって全体語りまくってきたじゃないですか。

投稿: | 2010.02.06 13:05

失礼ながら田岡さんに関しては、テレビなどでの下品で挑発的な言動が御自身に跳ね返っていると思われますよ。
映像が出なくて書かれているテキストだけなら、そこまで言われないんでしょうけどねえ。

投稿: 対馬の山猫 | 2010.02.06 13:08

>今通いたいと本人も家族も願っていて
知的障害まであるんだから、本人が願えるものかな?そもそも特別支援学校に入っても就職どころか軽作業をする事すら厳しい状態にしか思えないのだが。
>最終的には、家族や本人が決めるべきことだと思う。
そのとおり。そして決めたことについては後悔したり、誰かのせいにはしないことを望む。ちなみに受け続けている件の高校は農業科と総合科しかないようで、失礼ながら偏差値なども低いようで、介護や看護職を最初から目指している人が入学してくるとは思えない。仮に入学しても早々に周りから放逐される悪寒。それでも高校は高校で何年も置いておく訳にいかないから卒業させてくれますね。母親がかつて公務員で旨みをよう知っているから、今度は役場の福祉職か何かにでもねじ込む気かもしれない。
http://www.topics.or.jp/special/12254542636/2008/01/11992431104.html
この超高学歴の母親様にとっては、「仕事」を娘に取られた恨みを娘で晴らしているような気がしてなりません。

>その一秒のタイムロス云々ですが、そういう現象が発生することをドライバーが認知しているか否かが大きいですよね。知っていてブレーキを踏むのと、知らずにブレーキを踏むのとでは大きな差が出てくる。
マスで売っているモノにそういう条件がつくのは困る。新車に乗り換えた時に一番気を付けるのはブレーキの感触なんだけど、ある特定の条件で他とは違った感触になるのはまずいですよ。

>「ダーティな金に手つけない人」
起訴不起訴の判断が付く前に言え。

投稿: 剣 | 2010.02.06 13:15

落ちこぼれ生徒を大学生に教えさせる良いかも知れませんね。
こんな手は出来ないんでしょうか。
ホームルームは今と同じ様に置いて、一時限目学年全体が国語、二時限目学年全体が数学の様に毎時間学年全体で同じ教科を勉強する様にして。
教科ごとに生徒を松竹梅の三ランクに分けて、落ちこぼれには初歩を、普通レベルには普通な内容を、出来る生徒には深い内容をとすれば、出来る生徒も退屈しない、落ちこぼれも初歩は理解出来る様に成るのではと思ってます。

投稿: B.Y | 2010.02.06 13:20

>その一秒のタイムロス云々ですが・・・。

さすがに一秒はないと思います。
該当車を運転したことがないので自信はありませんが、
2ちゃんのユーザーによると、視覚で0.2秒程度とのことです。

人の車を運転すると多少癖があったりブレーキの遊びが大きかったりで、
一瞬戸惑いますが直ぐになれます。
販売台数の割にクレームが少ないのもその辺りかと。

投稿: | 2010.02.06 13:20

>プリウスのブレーキ

そういえば、オートマが出はじめた頃は、クリープがあまり知られてなくて、事故るから注意しろって言われましたよね。
過渡期には有ることなんじゃないかな。

>2ちゃんのユーザーによると、視覚で0.2秒程度とのことです。
NEXCOのETCでバーの上がるタイミングを遅らせたやつがありますが、ちょっとのタイミングでも怖いときがあるんですよね。

投稿: 土建屋ともゆき | 2010.02.06 14:05

mag2の有料メルマガが2月に入ってから、毎日、迷惑メール扱いになるんですが、良い対処法は無いですかね?
メルアドはヤフーのフリーメールで登録してます。

投稿: マッサ | 2010.02.06 14:20

>知の巨人

立花氏に対するキャッチとしては違和感があります。立花氏は昔から時事問題について、良質なレポートやコメントを発していた優れたジャーナリストでしょう。しかし、中年世代にとっての“知の巨人”といえば、福田恒存氏に止めを刺します。福田氏は作家ながら、思想家あるいは預言者といえるほどの見識を示し続けました。
立花氏は、“知の巨人”と呼ぶには役者不足でしょう。

投稿: ペンチ | 2010.02.06 14:38

>「真実を求める会」の真実を求める

2chで候補に挙がってるのは
行政書士=黒田大輔(ググッテくださいw)
新聞記者=山際澄夫(元産経新聞記者で現チャンネル桜キャスター)or西村修平(元国民新聞記者・これもググッテw)

投稿: じゃにす | 2010.02.06 14:40

>メルアドはヤフーのフリーメールで登録してます。

 プロバイダさんのメールの場合、例外規定という機能を使って、特定のメールアドレスは必ず通すように設定できるのですが、ヤフーみたいなフリーメールはどうなんでしょうか? 使っている方。
 フリーメールと言えども、誤判定に対処するために、類似のサービスがあるはずなのですが。

投稿: 大石 | 2010.02.06 15:07

>味覚:「辛み」「苦み」若者敬遠
>草食ブームも極まれりですね。
わさび=山菜ですから、草食というよりむしろ魚食度が高いのかも。

わさびはつける派ですが、さび抜きの方が魚の味を直接味わえるという話はちょっと納得しました。元々流通・冷蔵事情の悪い時期の習慣ですから、それらが向上した現代では、さび抜きも選択肢としてアリかもしれません。

逆に台湾香港に行くと、地元の方々が刺身にあふれんばかりのわさびをつけて食べるのに驚きます。風情がないなと思いますが、ひょっとするとあれは鮮度が悪くても食中毒にならないための自己防衛かも。

スープカレーの隆盛などを見る限り、唐辛子の辛さは若者層のほうが耐性アリのようですから、味覚の方向性が変わっただけではないでしょうかね。

投稿: 銀次 | 2010.02.06 15:08

>人の車を運転すると多少癖があったりブレーキの遊びが大きかったりで、
一瞬戸惑いますが直ぐになれます。

昨今の乗用車はドライバーの操作のくせを覚えて、運転技能の差を補正して標準値に近づくようにするんだとか
ですから全く同じ年式の同じ車種でも、友達のと取替えっこして乗りますと
人のクセが付いているという感じがして違和感バリバリです。
それは補正によるタイムラグなんだそうです(そのうえ使用状況がによってヘタリ具合が
異なるというのがかさなってきますからさらに違和感が生まれます)
借りて一週間くらい乗りますと自分がなれてきたという感覚になるそうですが
実は車がクセを覚えて補正のデータを取って最適にしてくれてるんだとか
参考までに
自動車電子制御の学科
http://www.kcg.jp/kcg/dep/carctrl.html
常にECUによる最適制御が行われるため、運転者の技能差による燃費のバラつきが少なく、且つベテランドライバーに近い燃費性能である。(運転者に技能差があっても補正を行うことによって同じ結果が得られるということかな)
http://www.jsae.or.jp/autotech/data/8-6.html

投稿: | 2010.02.06 15:26

>公務員の採用試験に関して、そこでの就労経験を義務づける。
>国家公務員試験も地方公務員試験も。

 いろいろな就労経験を入れていくと良いと思います。
 ポイント制なんかでもいいかもしれませんね。
 教職だったら、+50点、
 介護士だったら+何点とか、、、

 でも、先生の言うように給料が今の半分に下がった後なら、誰もそこまでして応募しないと思いますが、、、

投稿: 北のおじさん | 2010.02.06 15:31

>2ちゃんのユーザーによると、視覚で0.2秒程度とのことです。

会社では営業でトヨタのカリーナライトバン、シビックライトバン、たまに上司のコロナ、
カリーナやギャラン、そして通勤には自家用のアルファ155に乗ってますが
全くフィーリングは異なります。もう極端なほど
トヨタはブレーキペダルを2~3センチ踏み込んだらガーンって効く感じ(感覚的にですが)
ブレーキの効き具合の段階が2~3段階しか無いような感じかたです
アルファは2~3センチ踏み込んだくらいじゃ効かなくってグワッと思いっきり踏み込んで
効きはじめるって感じですね
こちらはブレーキの効き具合の段階が10段階くらい細かく分けられてるような感じです

投稿: | 2010.02.06 15:35

>普通高校に通いたい障碍者の話
>最終的には、家族や本人が決めるべきこと

 受け入れる側の、特に学校より生徒の意思って、何故か視点にはいってないんですね。「こういう子が(学力的には)合格
しました。学校側は施設の改装等の対応をとる用意はあります。ではみなさん、同級生として受け入れますか?」って声が
あって良いと思うし、そこで生徒自身で考える機会を持たせるのも、貴重なのでは…
 もちろん、生徒は正面からNO!!っては言いにくいでしょう。また、障碍者と一緒に学ぶ、また、その世話を皆でみる、
っていうのは貴重な体験でプラスにはなると思う。
 でも、リスク管理の面から、「彼女は、火事になっても動けないし逃げられません。そのとき、あなたは自分の身を犠牲に
しても、彼女を健常者の同級生と同じに助けますか?」と言われたら、これはキレイごとではなくなる。これも事前には、
NO!!と正面切って言う生徒は殆ど居ないと思うけど、実際に災害が起こったら?
 結果的にドウ転んでも、自分だけ逃げた奴は一生後悔するだろうし、誠実に約束を守ろうとした結果、被害の「拡大再生産」
を生み出しかねない。本人が事前に、『緊急時には放置してかまいません』と一札いれてたとしても、大した違いはない。
 「権利を主張するには義務の実行が、自由の主張の裏には責任の所在が」って教える学校で、『義務の行使の手段がない者
が、権利の主張だけはする』ってパラドックスを、障碍者の場合について、生徒に納得させるだけの指導力を持った教員が
どれだけ存在するか、疑問であります。特に、今の崩壊しつつある教育現場においては。

投稿: | 2010.02.06 15:36

>>じゃにすさん

その面子って、「どんなに傍若無人に狼藉働いても何故か公安刑事が見逃してる」在特会(在日特権を許さない会)の主要メンバーじゃないですか!!

別名、「エルカンターレの庇護の下に森田健作応援してます」新風連の幹部級…

そりゃ、表に出せないですね。彼らが誰のためにどういうネット工作や暴力的街宣を繰り返して来たかと言う話以前に、
例えばYOUTUBEやニコニコに上げられてる彼らの「戦果報告」にドン引き通り越して怒りすら感じる人は多いですから。

逆に言えば、検察がそういうごろつき、ヤクザ以下のごろつきに唯意諾々と従ったとなったら、特捜幹部の首では済まない大スキャンダルが発覚しかねない。
私が「極右マフィア」と罵って恥じない清和会の庇護の下に、新風連が勢力拡大したと言うのも含めて、清和会が潰れかねないはなしだ。

投稿: 業界インサイダー | 2010.02.06 15:38

黒田大輔

ググってふいたw
親の財産食いつぶしながら憂国気取りとはまた実に素晴らしい身分ですなあ。
落書きとか小学生かよ…。

投稿: | 2010.02.06 15:41

プリウス乗りですが、この車はブレーキを踏むと前輪が回生(発電)ブレーキで、止まる寸前にメカニカルブレーキに変わるので、今までのガソリン車とはブレーキの感覚がだいぶ異なります。踏んだときゴツゴツした感触がします。
 いかにブレーキを踏んで滑らかに停車させられるかが、最初のトレーニング項目でした(^_^)
電車の運転手になった気分か、癖のあるF4ファントムを乗りこなすパイロットと同じ醍醐味を味わえ、運転していて楽しい車です(まったく個人的感想)
 またブレーキを踏むとバッテリーに充電されるのが、目で見えるように工夫されているので、貯める楽しみもあります。逆にガソリン車でブレーキを踏んだとき、運動エネルギーを損しているような気になってきます(^_^;)

投稿: プレーリードック | 2010.02.06 16:02

> 教職課程は当然だけど、公務員の採用試験に関して、そこでの就労経験を義務づける。

アイデアとしては面白いけど、
昨今の教職員によるわいせ○問題を見るとワンツーマンで大丈夫かな(^^;;
教職員の問題も増えたのではなく発覚しやすくなったためと思うけど、一定数の問題を起こしてしまう人間はいるわけで、範囲を拡大する&起こしやすい状況を与えることで問題が多くなりそうです。

投稿: 一般書店で | 2010.02.06 16:08

トヨタ車はコンビニが大好き

ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200508/19/61/c0071961_042795.jpg
ttp://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/disaster/071218/dst0712181228006-p2.jpg
ttp://image.space.rakuten.co.jp/lg01/70/0000059570/81/img2d105a51zik3zj.jpeg
ttp://sankei.jp.msn.com/photos/region/kanto/kanagawa/090626/kng0906261338003-n1.jpg
ttp://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20090903/201243/image/J200908290051.jpg
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200702/06/60/a0080560_035194.jpg
ttp://www.saga-s.co.jp/var/rev0/0102/4759/jiko.jpg

投稿: | 2010.02.06 16:09

>普通高校に通いたい障碍者の話

前に先生が、「高等教育」と「高等学校教育」を誤植していたブログがありました。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2010/02/post-1af9.html


義務教育の「中学校教育」と違って、「高等学校教育」は「後期中等教育」ですが、学校によっては専門分野の課程(工業高校など)があるように、本人や家族が希望すればすべての人を受け入れるような教育はしていません。

もし本人の希望だけで、「高等学校教育」を希望の「高等学校」で受け入れることを「正常」と考えるなら、この事例は件の高等学校が受け入れるべきでしょう。

そうすると、障礙児だけでなく、すべての16歳の学生にこの制度を適応すべきです。差別なしに。

投稿: | 2010.02.06 16:13

役者不足というのははじめて聞いたんだが、どうやら役不足の誤用をさけるために作られた造語のようだ。でも、やはり気持ちの悪い単語だ。役不足を誤用したものが、「じゃ、役「者」不足ならいいんだろ?」と開き直って作ったみたいで。第一、頭数が足りないという意味ならわかるが、その語感からは真意を連想できない。役不足というのは語感から誤用を招いているのだから、作るのならわざわざその悪弊をまねる必要はあるまい。揚げ足取りと受け取られてもかまわないが、やはり気持ちの悪い単語だ。

立花隆は尊敬していたよ。宇宙からの帰還とかはじめてテレビでホンダのP2を実に楽しそうに紹介しているのを見て。だが、それはそれこれはこれ、時事問題とは別だ。年をとったなという印象が否めない。一方、年をとっても評価できる場合もある。好みの問題は別にして「知の巨人」という呼称は少なくとも吉本レベルのことではないか。

吉本隆明は小沢一郎を評価していた
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/485.html

投稿: | 2010.02.06 16:14

>障がい者と普通学級
親類に知的障がいをもつ22歳の男の子がいます。周りの勧めを聞かず、親父が普通学級にこだわったので、養護学校には行きませんでした。普通学級では、完全に「お客さん」だったようで、授業は彼を無視して行われ、給食を食べに行くだけの毎日だったようです。結局、九九は勿論のこと平仮名でさえも満足に読めず、読み書きや計算のレベルが実際の知的レベルよりずっと低いままです。記憶力は結構良いのですが、ついにそれを活かすことはできませんでした。養護学校に行っていれば、それなりのレベルにはなれたのでは、といつも思います。普通学級で普通の先生には、このような児童を教えることは事実上不可能です。餅はモチ屋で、養護学校の方が遥かに良かったのではと思う今日この頃です。

>トヨタ
一昨日の専務だったか常務だったかの記者会見では、完全に「車は正常、客の扱い方が・・・」という姿勢に終始したように感じました。アメリカ人から見たら、非常に傲慢で誤りを絶対認めない態度だと映るでしょうね。その翌日にリコールですから、実際のところはともかく「やっぱり嘘吐きだった」という結論になるでしょう。アメリカで一番嫌われる態度です。トヨタでさえも、クライシスマネジメントがいい加減だった。やっぱり、巨大なる田舎企業ってところでしょうか。

>市民団体の告発
小沢さんにしたら、検察審議会大歓迎ってところでしょうか。それで2回目の審議で強制起訴になれば、相手は強制捜査権があやふやな弁護士検事ですから、本職が集められた証拠以上のモノが出るとは考えにくい。仕方ないから、新たな証拠じゃなくて法解釈で争わざるを得なくなる。結局、半端な起訴となり、控訴もできない内容で無罪が出る可能性が高い。そうなりゃ、一事不再審の原則により、その後有力な証拠が出てきても、捜査も何もできなくなるってもんですよ。

投稿: | 2010.02.06 16:32

>プリウス

プリウスは有料β版みたいなもんでしょ?
たしか一台売るたびに200万くらいの赤字が出るって話を自動車評論家の
徳大寺氏が言ってましたね
買ってるやつは人柱だと自覚するべきだし、(実質500万超の最新の車が200万チョイで
買えるんだから)
トヨタもその辺をアナウンスしてオーナー納得して買ってもらわないといけなかったな
そのかわり購入した勇気ある人には箱根あたりで機種転換のトレーニングに1~2泊して
インストラクターと箱根を走ってもらうくらいの知恵はなかったのか?
鉄道でいえば蒸気機関車から電車に代わるようなものですからガソリン車とは
特性が違って当然ですからそれくらいのサービスをしないと
それからなぜ、あんなにプレス集めて試乗会とかやってるのに一部のマニアックなカー雑誌を
除いて新聞は書かなかったのだろう?
普通にガソリン車を運転したことのある人間ならはっきり解るレベルの違いがありますよ

投稿: | 2010.02.06 16:40

>投稿: | 2010.02.06 16:40

初代プリウスの頃の話を今もってこられてもこまるでしょう。

投稿: abcd | 2010.02.06 16:49

>。トヨタでさえも、クライシスマネジメントがいい加減だった。やっぱり、巨大なる田舎企業ってところでしょうか。

こういうことは経験しないとノウハウが蓄積されない事柄ですからね
常勝のトヨタですから逆にそういう人材も経験も社内からは生まれないでしょうね
だから、修羅場を潜り抜けた経験者が独立してコンサルタント業務をはじめる
なんてこことがビジネスとして成り立つんですよ
他社から人材を引っこ抜いてくるくらい出来ただろうに・・・それもやってない(フィアットとか三菱とかアウディとか
修羅場潜り抜けた企業はあるのに?)
それなりのコンサルタントと契約をむすんでいざというときに備えればいいのに・・・それもやってない
お金いっぱいあるはずなのに何なんでしょう?
その辺は軍事と一緒ですね
練度は高いが一戦も交えたことのない軍隊みたいなもんです。
ただ、腹黒いトヨタでそのあたりが全く抜けてたってのが以外というか・・・・
太原崇孚雪斎のおかげで勝ちまくったが、逆にそのせいで自分の経験値を上げる機会を失って
油断して敗れた今川義元みたいなもんか?

投稿: | 2010.02.06 16:55

>初代プリウスの頃の話を今もってこられてもこまるでしょう。

車単体では初代と2代は赤字だったそうで、今回の3代目を売りまくって前の2代の分の赤字をやっと回収しようとしてた矢先に
ホンダがインサイトを売り出して値下げで対抗するはめに(粗利に2代分の赤字補填分をオンしてたのが値下げで粗利の幅を狭める
ことになってしまい予定よりもっとたくさん売らんといかんようになった。商売ってそんなもんだ)
計画が狂いまくったところへ今回の大騒動
下手したら10年越しの計画が全部パ~~w
ってとこ
(一般企業の長期計画から考えると1代目、2代目は市場に浸透させるために赤で販売、顧客を獲得して囲い込んだ
ところで3代目、あるいは4代目から黒に転換、5代目以降は売れば売るほど儲けが出たらいいなあってのがパターンだな
ソニーのPSシリーズも毎回この手法だし。ファクシミリやプリンターは赤で販売、インクと用紙、写真用紙で
儲けるのがFAX屋やプリンター屋のビジネスモデル)


投稿: | 2010.02.06 17:16

>さび抜きの方が魚の味を直接味わえるという話
醤油ですら邪魔です。
そう思わないと、塩分5g/日は達成できません。
酒とタバコと老化で舌の荒れた、「大人」の「料理人」には判らんのです。
禁煙の料理店の空気の旨さと一緒です。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cook/1212746956/
塩気も辛味もオーバーアクションにしないと、不健康な大人には判らんのです。
それが、子供や健康な消費者には、「ドギツイ」サイケデリックなものに映るという事が判らんのです。

投稿: pongchang | 2010.02.06 17:19

>太原崇孚雪斎のおかげで勝ちまくったが、逆にそのせいで自分の経験値を上げる機会を失って
油断して敗れた今川義元みたいなもんか?

またそんな立川文庫史観を。義元本人も有能だし経験豊富な武将。

投稿: | 2010.02.06 17:27

>プリウス

ここに載ってる・・・3代目は5ドアハッチバックスタイルを踏襲しつつハイブリッドシステムの90%を新開発・・・
ってところが今回ミソをつけた原因かもね
http://autos.yahoo.co.jp/ncar/catalog/successive/TO/S122/

トヨタのいつものパターンで、これはセルシオの時にも車関連のジャーナリズムでは話題になった
んだけれども、セルシオは初代モデルが歴代の中で一番力が入っていて良い
というのがもっぱらの評判。代を重ねて慣れていくごとに初代より徐々に劣化してゆく(初代が良すぎるというのもあるけど)
なぜかっていうと、トヨタはお得意のクオリティーコントロールでオーバークオリティーの部分を
徹底して洗い出してそこんとこを削ってコストダウンして儲けを出す手法を取るから
おそらく、軍隊で言えばドクトリンに相当する根幹の部分なんで変わってないだろうし
組織がそう出来上がってるんで変えられない
だから(推測だけれども)この傾向からしてプリウスでも同じことをやっちゃったんではないだろうか?
ハイブリッドシステムの90%を新開発→90%の部分でコストダウンしましたってとこだな

投稿: | 2010.02.06 17:34

>義元本人も有能だし経験豊富な武将。

巷で言われるほど愚将ではなく有能ではあるが、雪斎無きあとホント精彩を欠いているのも事実
経験豊富っていうが、その行動して経験してる時代部分では雪斎が生存していて三河とか
ほとんど雪斎が出陣してるじゃん
んでもって最後は油断して桶狭間と・・・
プレイングマネージャーでやってって、自分が9回に押さえで登板してボコボコに打たれた
阪神の村山みたいなもんか・・・・

投稿: | 2010.02.06 17:41

たとえば、「A国はB国より犯罪者が多い」というような記事ががあったとしてこれは客観的に正しいか。
もちろん正しい。ただし、恣意的かどうかにかかわらず、ここにはA国はB国より危険だというバイアスがかかりやすい。しかし、だからと言ってA国がB国よりほんとうに危険かどうかはわからない。なぜなら、A国はB国の10倍の人口があるかもしれないからだ。だから、ここではなるべくバイアスがかからないように犯罪率で示すべきだ。

まだ、これほどパソコンが普及していなかったころ、トラブルは結構茶飯事だった。OSや仕様に悪態をつきメーカーに呪いの言葉を浴びせるものも数多かったが、実際にはあまりクレームは出なかった。ユーザーは限られており、知識もあったのでそういうものだと思っていたからだ。現在のクレーム対応は大変だという。まずはじめに電源のON・OFFから確認をしなければならないからだ。

さて、プリウスはどのくらい売れたのだろうか。

投稿: | 2010.02.06 17:43

>>味覚:「辛み」「苦み」若者敬遠

激辛ブームの時に、若者達が成熟したとか成熟した人々が増加したという報道は無かったのに…。


>普通高校に通いたい障害者
行政が移住費用を出してでも、家族ごと大都会へ移住させるべき。
その方が教育や就職にもよいでしょう。
普通の若者も、大都会へ行った方が将来は明るいのだから。同じようにしてドンドン移住させるべきです。


>セルシオは初代モデルが歴代の中で一番力が入っていて良い
プロトタイプが最強というリアルロボットアニメは正しかった!

アナハイムエレクトロニクス万歳ヽ(´▽`)/

投稿: ほるほる | 2010.02.06 17:53

>私が今の時代に思う“労働なき富”というものは、いわゆる行きすぎたマネーゲームとか

“労働なき富”という意味で言うなら、マネーゲームをやってる連中だって必死に脳みそ
使ってるんだから、『中学生か高校生のころ、ブリヂストン株を350万株、おじいちゃんから
生前贈与を受けた』とか『毎月1500万貰ってるのに気づきませんでした』なんて奴より
はるかにマシだろうに。

でもまぁ色々ありすぎて、この手の話ももはやインパクト無いよね。

投稿: | 2010.02.06 18:37

>プロトタイプが最強というリアルロボットアニメは正しかった!

トヨタには如実にそれを感じるよな
MR2も格好良くなったけど走りのマイルドな2代目よりも格好あんましよくないが独特の味わいがあって走りの鋭い初代が良かった
(これもミッドシップ良くしらないユーザーの危険だってクレームが殺到してマイルドになっちゃった例)
初代ではないがトレノもFFになったAE91よりも前の型のFRのAE86の方が楽しかったし
ソアラもおっさんぽくなっておとなしいデザインの2代目よりも角ばってる初代の方が力がはいってたよな
カリーナも統合されて名前変わってアリオンになっちゃったけど7代目 T210型の方がプジョーみたいで格好よかった
コロナは10代目 T190型で無くなったけど9代目 T170型には2000GTっていうスポーツモデルもあったのに
WiLL Viになっちゃったけど、スターレットには4代目 P8#型に「ネズミ花火ハンドリング」とも呼ばれるようなじゃじゃ馬振りだった
1300ccエンジンのハイメカツインカムII(DOHC16バルブ)最高出力はターボが135psの化けモンもあった
・・・・なぜ前のモデルの方が良いんだろうかねえ
 

投稿: | 2010.02.06 18:43

>WiLL Viになっちゃったけど、スターレットには4代目 P8#型に

こいつですなwEP82
はっきり言って、今のプリウスなんかより数倍危険な車でしたw
だってこの1300ccの車重800kgほどの車格にターボで135馬力のエンジンぶっ込んで・・・・
メーカーがチューンドカー売ったらいかんでしょww
http://kuruma-ex.jp/usedcar/detail/641974

投稿: | 2010.02.06 18:55

>プリウス
ABS普及し始めのころ?某ベストセラーカーの排気量UPモデルをで同じような経験をしたことがあります。ABSの利き始めが一瞬ブレーキがすべるような感覚。0.2秒にもならない時間でしたが初めての時は心臓止まるかと思ったです。慣れたらなんのとも感じないのに。クレーむとして出したけど理解してもらえなかったなぁ。まあそんな程度の話だと思うんですが。本当の話なら。

>障害者
私にも親類に知的障害の60代の方がおられます。守ってこられたお母様が亡くなった時施設に入るため検査で小学校低学年程度の知能と判定されました。数年施設でもまれたせい?今は高学年程度の理解力があるそうです。それはそれで色々と困ったことらしいですがw
これを聞いたとき決して好きではなかった叔母さんの愛と、小学生低学年の意識で過した(過すを得なかった)彼の人生を考えて涙が出ました。どっちが幸せだったのだろう。

投稿: | 2010.02.06 19:24

このトヨタってメーカーがときどき、素人が手を出したら絶対にヤバイようなモデルを出すのは
お家芸だよ。
例えば初代のMR2出たときなんていろいろすごかったぞw
ホントは慣れた一部のマニアしか手を出さない方がいいミッドシップって形式の車を
一般にたくさん売ったもんだからさあ大変、そりゃクレームの山嵐だwミドの特性知ってる人間なんてごく一部だ
(ミドなんてフェラーリやカウタック、ちょっと安いのでもフィアット X/1/9くらいしかないべ←フィアットこれはこれで別の意味で危険wああポンティアックもあったな)
だってミッドシップなんてドラテク訓練してスキルがないと街中でくるくる回ってフィギュアスケート状態だもんな
(何人死んだことやら解らんぞホントw)
あとしょぼいシャシに大馬力のセリカXXとかスープラ(280馬力はヤバイ)とか
本物試すの怖いからPS3のグランツーリスモで大馬力FRとかMR選んでごらんよ
コーナーで車がクルリンと回っちゃうから、横向いてスコーーンと行くか、
下手が飛ばすとホントに街中でこの状態になっちゃうw
このメーカーは思い出したみたいに
ヤバイモデルをときどき出す習性があるのよ昔から(完全にシャシがエンジンに負けてる車を出すんだよな)

投稿: | 2010.02.06 19:26

>ABS普及し始めのころ?

ブレーキペダルがいきなりスコーーンとなって、電気系統壊れたか?油圧が壊れた?
っていう重い感じになって、次にガゴン、ガゴン、ガガガガガ~~~(今の車が10段階だとすると3段階くらいの制御な感じ?)
って感じで車がヘコヘコしながら行きましたですハイ
私のABS初体験でしたw

投稿: | 2010.02.06 19:31

キミたち、大石先生に車の話をしても----

--------------------

 無礼が過ぎるので、削除の上、コメント禁止処分。

                   大石 22:42時

投稿: | 2010.02.06 20:17

>あとしょぼいシャシに大馬力のセリカXX

あれはトヨタだけではなく集英社も共犯。
よろしくメカドックでいつかはあれをって憧れさせられたガキが10万くらい(truly_false含む)はいたはず。

投稿: truly_false | 2010.02.06 20:40

>このメーカーは思い出したみたいに
ヤバイモデルをときどき出す習性があるのよ昔から

結局、このメーカーは創世記に本気でモータースポーツをやらなかったのが、原因かと・・。

投稿: てぃあ | 2010.02.06 20:52

>役者不足
いやあ、うまい言い方があるもんだと思いましたよ。この場合、普通反対語の「力不足」はそぐわない。

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.06 21:08

>たとえば、教職課程は当然だけど、公務員の採用試験に関して、そこでの就労経験を義務づける。
これこそ先生がいつも言っている、選抜公務員制度の出番でしょう

>満足に足し算引き算も出来ない。
こういう子供は進級させなければいいのに
義務教育でも留年を導入すればいいような気がする

投稿: | 2010.02.06 21:32

コメントをしない場合には二通りの解釈がある。
ひとつは同意できる場合で、もうひとつはコメントに値しない場合だ。
ただ、残念ながらほとんどの場合は後者であることが多い。その場合は放置されることになる。だから、間違っていても修正されるとは限らない。

のぶおのブログは論理的であること、一定のレベルにあること(のぶお基準)、礼儀をわきまえていることの3つをクリアしていれば批判的なコメントでも載るよ。
オレは最後のやつがめんどくさいんでコメントしないけど。

投稿: | 2010.02.06 21:40

>FFになったAE91よりも前の型のFRのAE86

この対比なら正しくは「AE92」ですね!

AE91=AE85
AE92=AE86

投稿: 県税職員 | 2010.02.06 22:55

むしろオレは別に小沢がダーティな金に手をつけてもぜんぜんかまわないと思うけどね。
オレが重視するのは経路ではなく、その意図と使途。この一点のみ。

ユネスコが行っている世界寺子屋運動が実は本家日本にこそ一番必要だったってことかな。

花のお江戸はボランティアで持つ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog030.html

投稿: | 2010.02.06 23:08

>その一秒のタイムロス云々ですが

普通運転していて一秒のタイムロスなんてのはざらにあるよな。
運転しながら携帯いじってるオバハンがマックスバリューからひょっこり出てきて「バッキャロ~!どこ見てんだ」なんて
しょっちゅうだし(たぶん一秒以上は気を取られてるな)
犬を助手席に乗せてるやつが、横の犬に気を取られて「前みろ!危ねえじゃんか」なんてしょっちゅうだし
カーステちょっといじったら、一秒なんてすぐだ
ジジ、ババが通ってる医者の前を通りすぎそうになって慌てて急ブレーキなんぞしょっちゅうだ
タバコ吸ってるドライバーなんてタバコの灰を始末するのにちょっと気をとられると1秒くらいはすぐだ
だいたいレーサーみたいに四六時中、四方八方に気を配って神経とがらせて運転してるやつはたいてい
免許とりたてのやつか、峠を走ってる走り屋くらいしかいないんじゃないかな?
家を出発して帰るまで、一秒たりとも目を離しませんでしたってのは居ないだろ?
たいていは車間距離とかちゃんと余裕を確認してからティッシュ取ったりしてるはずだよな
で、一秒のロスが命取りになるシチュエーションってのは実際のところかなり特殊な場合じゃないかな
僕の住んでる関西だと、危ないのがまず大阪環状線、これは北からおりてきて千日前のところを右にほぼ直角にカーブするんだけど
ここで難波で降りる車の列で左の車線がずら~~っと埋まる。そこに無理やり横入りする車が斜めになって列に鼻先を
突っ込むので真ん中の列もこいつらに走行が塞がれる。あらかじめ解ってる地元のやつは直線の段階で一番右車線によるが
知らない人は真ん中の車線を走行していて右にカーブするといきなりど真ん中で斜めに止まってる車の大群に出くわして
急ブレーキ踏んで止まる。ガツンと踏む人はおそらく大丈夫だが、そろっと踏むくせの人はタイムラグでぶつかるだろう
というかタイムラグ関係なしに突っ込むだろう。
次に怖いのが兵庫県の加古川バイパス、ここは高速並みに100キロくらいでビュンビュン飛ばす道なのにかなりのアップ
ダウンがある。長い上り坂を登っていくと次は長い下り坂という感じの波になってるのがいくつもある区間がある。
坂道ぶっ飛ばして上ってくといきなり、坂の頂上で渋滞の最後尾の車のケツが目に飛び込んで急ブレーキ
でも間に合わずにオカマってのが多い。
まあそれでもたいていは、びっくりして力を入れてブレーキ踏むのでトヨタの人の言うとおりにちゃんと止まるし
必死こいてるので、ブレーキ踏んでから空走がどうとか覚えてないな。
自分がオカマした経験から言うと、覚えてるのは自分が前のギャランのオケツに突っ込んでいくのがコマ送りではっきり見えたって
ことかな
距離的に実際は1秒もないんだけど、5~6秒には感じたなカウントダウン、5、4、3、2、1・・・アア~~ドンッって感じ
ブレーキはもちろん底の底までベタ踏みだった。


投稿: | 2010.02.06 23:16


そういや、姉貴が92だったな。オレはS13だった。思い出したら結構恥ずかしいが、当時はみんなそんなのばっかだった。

投稿: | 2010.02.07 00:03

> その一秒のタイムロス云々ですが、そういう現象が発生することをドライバーが認知しているか否かが大きいですよね。知っていてブレーキを踏むのと、知らずにブレーキを踏むのとでは大きな差が出てくる。
ほんの、0.1[sec]のブレーキ抜けでもドライバーの人はまず気づきます(同乗者は気づかないかも?)テストコースで、自分のプログラムミスで体験済みです。

> 運転技能の差を補正して標準値に近づくようにするんだとか @2010.02.06 15:26
EFI(エンジンコンピュータ)は、そんなトリッキーなことをやっているはずです。燃費以外にも排ガス対応でそんな自己学習ロジック入れているとか。
ブレーキは、学習入っていないと思いますが(ディーラーでの整備時の学習は例外です)同じプリウスでブレーキの効きが違うことはないと思いますが。下手に学習入れると、誤学習した際にそれこそ騒ぎになりますし。

> プリウスは有料β版みたいなもんでしょ? @2010.02.06 16:40
確かに、「最新技術を織り込め」となっている以上、人柱仕様と言われても仕方ないかもしれません。そもそもHV車自体がまだ出来て10年ちょいしか経っていないのですから。初代は酷かったですが、最近はHV車もユーザー目線で見ればガソリン車と同じように取り扱えるようになってきています。

投稿: かわせ@HV開発者? | 2010.02.07 03:34

>欧州は「習得主義」で教わる側の論理で回っているけれども、日本は「学年主義」で教える側の都合で回っている。

脳内ソース以外の情報源プリーズ

投稿: KAZ | 2010.02.07 07:42

>プリウス

トヨタの自動車作りも結局は日本のユーザーの責任があると思いますよ。
あるモータージャーナリストが本でこんなこと書いてました
トヨタの心ある技術者を取材したところ彼はこんなことをおっしゃったそうです
「日本のメーカーは製造品質に関しては世界一になりましたが、設計品質においてはそうでは
ありません世界には我々よりも優れたメーカーはたくさんあって学ぶべきところはまだありますよ」
でも日本のユーザーは物を買うとき特に車はこういう買い方をします
解りやすく戦車で例えると
仕上げもいまいち、内装もいまいちのT-34とピカピカでチリがぴったり合っていて(ボンネットやドアなどとボディ
隙間がぴったり合ってること)ピカピカで内装も良いチハ車(九七式中戦車)が並んで売ってあると
日本人は間違いなくチハ車(九七式中戦車)を買います。
チハ車(九七式中戦車)に無理して大馬力のエンジンと大口径の砲なんてのをオプションで搭載できるように
すると絶対飛びつきます
さらに、チハ車(九七式中戦車)を外見立派に見せてT-34に並べても素人には遜色なく見える
ようにする商売が上手だったのがトヨタです(有名な日産とのBC戦争ねw性能が良かった日産が負けて
見てくれの豪華さとオマケの多さでトヨタが勝利し件です。素人はトヨタを選ぶけれど、車を解ってる
やつは日産を選ぶと言われたあれです)
さて、戦場で戦うと生き残れるのはどっちでしょう?
くしくも鳴り物入りで参戦したF1での成績がトヨタの技術的体力を物語っているんじゃないでしょうかね?

投稿: | 2010.02.07 08:27

>教える側の都合で回っている。
>脳内ソース以外の情報源プリーズ

NHKの番組が元ネタだろうこれって?
たしか
日本は算数なんかの教育では
3+2=? 答えは5 ってのがスタンダードなんだけど

ノキアを生んだフィンランドがどうかっていうと
□+○=5 さて□と○にはどんな数字が入るでしょうか?(小学生の段階で簡単な関数の概念を教えてる訳だよな)

というのを放送して日本の硬直化した教育!ってのをやってたよな

投稿: | 2010.02.07 09:15

あれっ送信したら四画が小っこくなった

投稿: | 2010.02.07 09:17

>そういや、姉貴が92だったな。オレはS13だった。思い出したら結構恥ずかしいが、当時はみんなそんなのばっかだった。
投稿: | 2010.02.07 00:03

この中で、92(4AG積んだFFのレビン/トレノ)やS13(シルビア)が分かる人ってどれくらいいるんでしょうか。

私も昔はFC3Sに乗ってましたが、今ではしがないミニバン乗り(笑)です。

投稿: | 2010.02.07 09:49

トヨタだからだろうな
イタ車だったら、ホイールスピンしながらグワッとかっ飛んで行っても
「さすが加速がちがうぜっ!ごっきげんだぜ~」てなもんだ
もともと、そういう人種が好んで買うし
車がその日は調子が良くってまともになってて急発進せずに普通に正常に加速すると
逆にオーナーは「加速が遅いぞ!なんてこった!壊れちまった!!
ディーラーに行こう」って言い出す
で、ディーラーに行ってあれこれ見てもらっても異常は出ない
あたりまえだその日に限って正常なんだから
で、しばらくすると調子が悪くなって急発進しだす
オーナー「おおっ!気候が変わったせいかな?春になったらエンジン調子がいいやw」
だいたいこの繰り返しだ

投稿: | 2010.02.07 10:35

>投稿: | 2010.02.07 08:27
>さて、戦場で戦うと生き残れるのはどっちでしょう?


遠い昔に“技術の日産、営業のトヨタ”と言われましたが、今は技術もトヨタとなって久しいですね。
トヨタのT-34的な力を知りたいならこき使われるハイエースや戦場を走るランクルやエスタブリッシュメントご用達のセンチュリーを買えば理解できるでしょう。
一般人の「車を解ってるやつ」とは違う車を扱う仕事をしている「車を解ってるやつ」からは何のかんの言ってもトヨタがおすすめと言われたりします。

今回のプリウスのブレーキ問題は、むしろ「素人」相手に今までにやってきたトヨタの姿勢を否定することにあったと思います。
副社長がブレーキを感覚の問題にして「素人」をないがしろにするのでは、トヨタも変わったと言わざるを得ません。

投稿: abcd | 2010.02.07 11:00

>ノキアを生んだフィンランドがどうかっていうと

>というのを放送して日本の硬直化した教育!っての

ネタ元はあの新書なんだろうけど、いいかげん桃源郷探しも止めりゃいいのにねえ。
つうか日本の人口の20分の1の国で、1年に2度も秋葉原事件クラスの大量殺人事件が起こってるんだけど。
硬直化した教育がそんなに疎ましいんなら、学校教育=公教育そのものを止めりゃいいじゃん。勝手に柔軟化するよ。むろん、公教育に押し込まれていた底辺層はボタボタ零れ落ちて逝くだろうけどね。

投稿: truly_false | 2010.02.07 11:01

下らない、でも終われない、作家塩村文夏と私のバトル。
私のブログに寄せられたコメントを、どうしても私だけでは判断出来ないんですよ。宜しかったら、一度アクセスしてご意見頂けたらとカキコミしました。
ろきしい
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1309733/1327011
塩村
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/601689/508789/61693438

投稿: ろきしい | 2010.02.07 11:10

>この中で、92(4AG積んだFFのレビン/トレノ)やS13(シルビア)が分かる人ってどれくらいいるんでしょうか。

判りますよ!当然!
若い頃はそういった知識もモテ要素の一つの時代でしたから。
それに車好きでしたしね。
L型ターボ積んだR30のクーペが最初の車です。その次にRBのツインカム積んだR31の4枚ドアって続きましたね。
S13は乗っている仲間は多かったなあ。
デザインで言えば92はカッコ良かった!ミニソアラって異名を取りましたからね。86なんざ豚ですよ。デザインは。
一番乗っているヤツが多かったのは71系のマークⅡブラザーズでした。
仲間と集まってもナンバーやアクセサリーでしか識別出来ない位、いっぱいいた。

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.02.07 11:21

あの頃代書屋でバイトしてましたが、FPYだのGX71やらBNRやらNA8CやらBA4やらを思い出した。その手の車が飛ぶように売れていい時代でしたね。

投稿: | 2010.02.07 12:03

>脳内ソース以外の情報源プリーズ

 脳内ソースとまで罵るからには、せめてググってからでもよろしいかと。

「習得主義 学年主義」で検索すると、56万件もヒットしますね。フレーズ指定だと7件しか出て来ないけれど、それでもWikipedia すらヒットする。教育界ではポピュラーなのでしょうか。
 ちなみにこの番組の発言は、ググッた時にも出て来る、尾木直樹氏のご発言です。

投稿: 大石 | 2010.02.07 12:14

戦前の教育システムは習得主義with学年主義だったわけですが、戦後それを学年主義一本にシフトさせたのは、他ならぬ尾木センセイの先人たる教育界の皆さんだったりするんですが。
そういや、尾木センセイって自分のお子さんは海城にやってたそうですな。習得主義を実践なすってたんでせう。

投稿: truly_false | 2010.02.07 12:40

私の車歴は

EP71>HP10>wgc34>C25

・・・世帯を持つとこうなりますな(^^)

投稿: 県税職員 | 2010.02.07 13:05

二代目セルシオはトヨタの初モノジンクスに当たらなかった例外だと思うのですけれどね。
洗練されたデザインで方向性の違った高級車の価値観を体現していたアリストが二代目になってどうでもいい感じになったほうが残念でした。

投稿: abcd | 2010.02.07 20:32

>このメーカーは思い出したみたいに

日産やホンダのモデルの成功を横目で見てて、こりゃ新しい金脈だってなると横からしゃしゃり出てくる
んだよないつも。
でもって既存のシャシをちょっと弄っただけのボディにカタログ賑わすためにオーバースペックのエンジン
を積んでみたり、オマケいっぱい付けて売り出したり。
たしかプレリュードとシルビアをもろに真似たカレンって車もあったな。
いつもは二番手、三番手から登場して相手の開拓した市場を奪うまるでサムスンのような商売を基本として
いたのが何を勘違いしたのかプリウスでは先陣を切っちゃったw
基本を忘れたのがそもそもの失敗かと・・・

投稿: | 2010.02.08 12:22

>母子家庭で育って、母親が働いている夜、家事や下の子の世話に追われて、勉強なんてする暇が無かったという女の子

 野口英世や高木惣吉の育ちは、恐らくもっと厳しかったはずで(私の親は、学校から帰ったら直ぐに野良仕事を手伝わなければならず、勉強時間がなかったのは同じ。それでも、上京後は免許くらい取れた)、何故現代では「学べない」子どもになってしまうのか?勉強することには価値がないという勝手な思い込みが、親子ともどもにあったのじゃないかと疑ってしまう。

投稿: 土門見人 | 2010.02.08 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリウスよりプリンス:

« ヒールの千秋楽 | トップページ | 東京一極集中を是とする »