« 国保のデタラメ | トップページ | パーティの運命 »

2010.02.11

日米共同声明を読み解く

※ 民主党は言語異なる…「抑止力」理解できず 米知日派が疑念
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100210/plc1002100941008-n1.htm

 そもそも論で言えば、いったいこの人たちが言っている「抑止論」て何なの? そこからまず説明すべきだと思う。
 今発売中の週刊AERAで、元帥が先日の日米安保50周年の共同声明に関して書いてらっしゃいます。↓ここで全文を読めます。

*「中国と協力」強調/安保改定50周年日米の共同声明
http://www.aera-net.jp/magazine/soul/100209_001457.html
*安保改定50年で日米外務・防衛4閣僚共同声明(全文)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100119/plc1001191823011-n1.htm

>中国が国際場裡において責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎し、日本及び米国が中国との協力関係を発展させるために努力することを強調する。<

 元帥の言い分では、中国はもはや仮想敵国ではなく、今回「日米同盟は中国に対抗するため」ではないとここに大っぴらに宣言してしまったんだけど、日本のタカ派バカ派はそれを理解していないということらしいのですが。
 で元帥がお書きになったように、2005年の時には、軍事力の透明化を求めるというエクスキューズもあった。今回はとうとうそれすら無くなった。元帥はこれを、「今後米国、あるいは日本が中国とさらに接近しても、互いに文句を言わないことを意味するものと言えよう」と分析している。ここは、私もその通りだろうと思います。
 近い将来、米中の軍事同盟が始まった時に、アメリカ側は「だって2005年の時からずっと、われわれは中国との協力関係前進で合意してたじゃん?」と言うためのエクスキューズだろうと思います。

 今回の共同声明に関して、中国への宥和政策という部分で注目しているのは元帥だけなんですけれど、ちょっと気になって、前回の2005年の時の状況をググって見ました。したら、元帥が受けるニュアンスとは全然違うんですよね。そもそもが、2005年というと、小泉政権の絶頂期ですから、対中関係を改善しようという気運自体が日本側には無かった。
 むしろ当時の報道や受け止め方としては、「中国封じ込め」と受け取った人々が多くて、台湾なんぞは、とうとう日本が台湾防衛にコミットしたなんて勘違いし、中共政府が猛反発した経緯すらある。なぜ元帥がこの辺りを無視なさったのか理解できないのですが。

 私の考えを書くと、軍事力整備には、大なり小なり仮想敵国の存在が不可欠です。それはもう軍事ドクトリンという大枠はもとより、装備計画や兵隊の訓練にまで関わることです。今の日本にとっては、それは相変わらずロシアであり、中国です。そこは動かしがたい事実です。
 アメリカだって実は、武器を中国に売りたいと思う一方で、仮想敵国は中国なんですよ。軍事ドクトリンと外交は別物です。ましてや外交声明に現れる美辞麗句なんぞ、何の価値もありません。
 中国はもはや敵ではない。それは我が国の防衛戦略の根幹を成す日米共同声明ですら強調されている-、という考え方は、一面の事実ではあるけれど、私に言わせれば、そこは多分に方便の世界であり、中国を仮想敵国として防衛力整備を計ることが時代錯誤かというと、必ずしもそうではないと思う所です。
 日米安保は中国を封じ込めるためのものか? その性格はもちろんあるでしょう。しかし日米安保は、極東アジアの安定に貢献するための大きな枠組みであって、対中国というのは、その一部の性格、目的でしか無い。タカ派バカ派がいかにもそこだけしか見ていないかのように仰るのはミスリードだと思います。

※ 「信頼してくれ、では同盟維持できない」陸自連隊長発言
http://www.asahi.com/politics/update/0211/TKY201002100509.html

 この程度の批判は許さなきゃ士気が下がる。

※ NNN Newsリアルタイム▽公立中学校の現実!荒れる生徒に教師苦悩授業抜け出し問題行動親達に広がる不満の渦先生の涙…。

 二日間に渡って、日テレの夕方のニュースで、こういうレポートがあったんです。放映が二日間に渡るレポートって珍しいですね。舞台は北九州市のある公立中学校です。
 初日のレポートで、非常ベルが鳴らされたり、授業中に教室を抜け出る生徒を教室に戻すために、先生たちが苦労している姿が描かれていたのですが、ちょっと奇異な感じがしたんです。私らの時代ですら、教室を抜け出る生徒はいましたからね。それをいちいち戻すために、教師が当時、膨大なエネルギーを使っていたようにも思えない。
 二日目のレポートでは、保護者も来ている文化祭で、私語が絶えずに、校長が居たたまれずにその場で説教を始めるシーンとかも出て来て、一人の非行が蟻の一穴になるんだろうな、と思った。
 ただ、そこはテレビですから、肝心な所は映さないんですよ。肝心な所=荒れる子どもの親は絶対に出て来ない。そこを素通りして、教師だけに責任を負わせるのはナンセンスだと思うんですけどね。

※ 日本で報道されない「大統領令」の驚くべき中身
http://president.jp.reuters.com/article/2010/02/05/59FBF0DC-1221-11DF-8D2E-14193F99CD51.php

 目的が何かですよね。国内の暴動発生に備えるためだったりして。

※ 押尾やっぱり非常識…あきれた保釈請求に元アノ方も激怒
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000005-ykf-ent

>「請求をするのは自由だが、地裁が認めるはずもなく非常識な請求。人の命がかかわる事件で保釈されるケースはまずない」

 刑法学者がこんな時代錯誤なことじゃ困るんですけれど。人の命が関わろうが、推定無罪の被疑者を延々と拘束し続ける権利は無いでしょう。

※ 陸上自衛隊新練習ヘリコプターの選定結果について
http://www.mod.go.jp/j/news/2010/02/10b.html

>エンストロム480B

 よろしいんじゃないでしょうか。正直、EC135なんて、教習所でいきなりBMWに乗せるようなものだと思う。川重のMD 500Eは残念でしたね。いずれ、日本の空から、あの可愛いヘリが見られなく日が来るんだろうか。

※ 日本では昔、座った姿勢で埋葬されていた?
http://www.chosunonline.com/news/20100210000067

 私は、今でも鮮明に記憶しています。初めて死んだ人間を見て、「死」という現象と概念に直面した時のことを。確か小学校に上がるか上がらないの時だったと思います。高山の方で、誰か知らない叔父さんが無くなって、私と親父だけが葬式に行ったんです。その時に、白装束で、丸い桶みたいなものに、胡座を組むような感じで、遺体が収められたのを今でも覚えています。凄くショッキングな出来事でした。
 まだあの頃は、田舎では土葬も残っていたはずですが。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 保護の少女、警察にSOS10回…宮城3人殺傷
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100211-OYT1T00118.htm?from=main1
※ 壮観な眺め? ブラジルで下着の日
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100210/amr1002100958006-n1.htm
※ 「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100210-OYT1T01194.htm
※ トヨタ、リコール対象車のCM中止…新車発表会も
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100210-OYT1T01161.htm?from=top
※ 世界最高画質の家庭用ビデオカメラ発売へ パナソニック
http://www.asahi.com/business/update/0210/OSK201002100099.html
※ ラピュタ模倣で最優秀賞取り消し…大阪府主催の公募展
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100210-OHT1T00220.htm

※ 前日の空虚重量71.4キロ

 そんなわけで、次男が水疱瘡に罹りました。火曜日、ホームドクターの小児科医の所に行った時点では、ほんの数えるほどの、見過ごしても不思議ではない赤い発疹が僅かにある程度だったのですが、一晩経ったらもう全身が帯状発疹状態。かゆみ止めは貰っているんですけれど、顔まで発疹が出て引っ掻いてちょっと可哀想です。ゾビラックスは期待の新薬だったはずだけど、これで効いていると言えるんだろうか?
 それで、実はうちのホームドクターの所は、水疱瘡の予防接種はやっていないんです。うちのホームドクターは、もともと薬を出さないことで有名でして、それで地域住民の信頼を得ている開業医さんなのですが、どうもうちの近隣の小児科医さんて、もともと水疱瘡の予防接種をやってくれる所は少ないみたいなんです。
 長男は、何処で予防接種を受けたかというと、ヨーカ堂の前にあった産婦人科(閉院して今取り壊し中)で受けたんです。この辺りは、小児科医にとってはなんてことない感染症だけど、産科医にとっては、水疱瘡は恐いという、認識の差かもしれませんが。

*日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100209/bdy1002092211004-n1.htm

 先日、こういうニュースがありました。これは無茶ですよ。4回も注射を受けろなんてあまりにも非合理。私が小さい頃、日本脳炎が南九州で猛威を振るっていまして、その怖さは知っていますけれど、いくら無料でも、そんな回数を管理は出来ない。
 そもそもが、予防接種を受ける前後の体調管理も必要になるでしょう。次男に関しては、実はそろそろはしかの予防接種を受けなきゃみたいな話をしていたら、こんなことになってしまった。
 小さい頃に受けなきゃならない予防接種がいくつもあって、しかも、冬場は、インフルエンザの予防接種が入るから、それ以外の注射は受けられない時期も発生する。しかも、すべての予防接種が無料じゃない。水疱瘡は8千円、はしか6千円。これらの料金を月払いに均すと、われわれ親は子どもの予防接種代だけで、毎月数千円払っているようなものです。
 あげくに、水疱瘡の診察と薬代で私が払った実費は、1.700円くらいでした。これが小学生なら一週間も休むことになると大変だから受ける価値はあるけれど、6千円と1.700円を考えたら、インフルエンザは恐いけど、水疱瘡程度なら、自然に罹るのを待てばいいや、という発想にもなる。
 混合ワクチンの開発をもっと進めるとか、公的補助率を上げて貰わないと、予防接種率はなかなか上がらないんじゃないでしょうか。

※ 3D-AV

 くだらない話ですけれど(^_^;)、昔、3DのAVがちょっと流行った頃があるんですよ。あれは何処が出したのかな、KUKIだったかな。60分の内容の中で、冒頭の15分が3Dになっている。でビデオソフトを買うと、パッケージの中に、折りたたまれた、れいの赤青の眼鏡が入っていたんです。あの当時から実は3Dの原理はたいして変わっていないんですよね。

※ 有料版おまけ 週アス難民

|

« 国保のデタラメ | トップページ | パーティの運命 »

コメント

>「信頼してくれでは、同盟は維持できない」

テレビでその発言を見ましたが、正直このニュースが何を言いたいのかわからないんですが。
批判だのどうのという以前の当たり前の事を言ってるだけですし。

まあ首相がアホな事を言ったと皆理解してるからこその過剰反応だとは思いますが、貴重な放送時間や紙面の無駄遣いじゃないですかね。

投稿: 五月 | 2010.02.11 10:14

>公立中学校の現実!荒れる生徒

 こういう屑が、18になると低学力の余り収入の計算もできなくなって、TVで「将来が描けない」とかほざいて、「国が30人学級にしないからニダ!」キャスターが吠えるわけですな。
 屑に同情は要らない。勝手に落ちこぼれさせとけ。

投稿: 土門見人 | 2010.02.11 10:16

ルパン三世の最終話はいいんです。
あれは、当時テレコムにいた宮崎駿がやってますので。

漫画家が持ちキャラを出版社をまたいで出すようなものです。

投稿: いーの | 2010.02.11 10:22

>日米安保
目的は日本の核武装阻止
>大統領令
目的は州の独立阻止

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.11 10:40

>この程度の批判は許さなきゃ士気が下がる

 自衛隊には甘いですね。。。

投稿: 北のおじさん | 2010.02.11 11:06

週アスは、ウチの近所だとコンビニにもありますよ。
書店にないときチェックしてみる価値はあるかも。

投稿: a.sue | 2010.02.11 11:14

※ 保護の少女、警察にSOS10回…宮城3人殺傷

大石さんの予想通りにいきますか?
既に18歳ですし、検察官送致になって裁判員裁判になるのは確実ですが?
まあ、拉致した次女の生んだ娘の父親なのがどう反映されるか次第ですね。
また、18歳の友人殺しもどう反映されるやら不明ですし。
死刑だってありえますよ。


>漫画家が持ちキャラを出版社をまたいで出すようなものです。

違う。あのロボット兵ラムダは既にフライシャーのスーパーマンのオマージュつーかパクリ。
それは宮崎本人が当時から認めている。
フライシャーのスーパーマン「謎の現金強奪ロボット」参照のこと。

投稿: qqq | 2010.02.11 11:18

>qqqさん
フォローどうもありがとうございます。

ルパン三世最終話とラピュタに絞りましたので、あのような記述になりました。

投稿: いーの | 2010.02.11 11:49

>まして「信頼してくれ」という言葉だけでは、同盟は維持できない
一茶殿の前半の発言は良いとして、最後のこのくだりは明らかに首相の発言を念頭に置いたものでしょ、誰だってそう思うでしょう。軍人が最高司令官の発言を批判するなら、退役して一般国民になってからすべきでしょう。現役軍人が、軍隊の中で部下に対する訓示として言ったらアウトですよ。司令官はアホだという発言を許しておいて、アフガンに行けと命令なんかできないでしょう。これは、司令官が仮にアホでも、そういう発言は軍隊には許されないことでしょ。政府は、彼の辞職を許さず直ちに免職すべきです。これは自衛隊にとっても規律維持の危機と認識すべきです。どんな小さな芽でも摘むべきです。それが軍による政治介入を防ぐ最良の方法だと思う。

>宮城3人殺傷
少年といっても18歳ですからね、司法制度上必ずしも少年法がそのまま適用されるとは限りませんよ。死刑を課してもいい年齢に達しています。これだけ明らかな事件なのに、本人が否認して反省の色が見られなければ、死刑もあり得ます。ただ、無期懲役あたりが一番可能性ありですがね。

>押尾容疑者の保釈申請
まだ検察の調べが終ってないし、周囲に犯罪組織の跳躍も見られるし、事がヤク絡みなので判決まで収監されると思いますよ。保釈したら、絶対に証拠隠滅(この場合、証人になり得る人物に口止めする)するでしょうからね。被告の立場を考えれば、そうすることは目に見えている。

投稿: | 2010.02.11 12:08

>公立中学校の現実!荒れる生徒
水を飲みたくない馬は水を飲まない。
勉強したい子供達だけが、学校行けばよい。


投稿: | 2010.02.11 12:09

米国が日本を捨ててまで中国に擦り寄る可能性は著しく低いですよ。
だって日本を捨てるという事は世界の3分の1へのプレゼンスを失う事と同義ですから。

投稿:   | 2010.02.11 12:15

>>屑に同情は要らない。勝手に落ちこぼれさせとけ。
いや、まぁ、それで済まないボリュームになったから、社会問題になってきてるって話ではないかと。

投稿: 義忠 | 2010.02.11 12:20

以前にも先生は日米安保の問題に関してエントリーをたてていらっしゃったけど、今日の記事を読む限りやっぱりよくわからないですね。
全体的に、なんだか奥歯にものが挟まったような感じで。

先生自身、いまいちこの問題に関して整理できていないんとちがいますか??

とりあえず、元帥の意見から離れてみてはどうでしょう。
先生がこの問題に関してエントリーをたてるときは、必ずといってよいほどこのひとの意見が引き合いに出されますが、彼は安全保障問題の権威であるというわけでもないでしょう。少なくとも先生の日記以外で、安全保障を主に載せるブログで、彼の意見が揶揄以外の目的で引用されているのは見たことがありません。

混乱するたけだと思います。先生にとっても読者にとっても。

投稿: ハスミ | 2010.02.11 12:31

>直ちに免職すべき

命令に従わないと断言したとかならともかく、こんな批判とも言えない発言でクビにしろとか、どんな恐怖政治ですかそれ。
というかこんな発言程度でクビにしてたら恥をかくだけというか、「この首相はどうしようもない」と思われてそっちの方がマイナスだと思いますが。
まあ評価に多少マイナスがついた所で今更大した違いはありませんが。

あと軍による政治介入って、自衛隊に幻想持ち過ぎでは。
命令が出る前に救助活動を始めた司令官が「反乱の恐れあり」ということでクビになったり、政治的発言をした幹部がクビになったりするような良くも悪くもシビリアンコントロールが発達した組織ですよ。
つか政治介入するようなつもりがあったらこんな低い立場に甘んじてないと思いますが。

投稿: 五月 | 2010.02.11 12:59

そもそも日米安保が本当に必要だったのか?
少なくとも60年改定時に破棄すべきではなかったか?
北方領土が戻ってこないのも日米安保での米軍日本駐留がそもそもの理由。
米軍駐留していない状態での小笠原沖縄と同時に北方領土も日本返還なら可能性あったのではないか?
憲法改正再軍備にしても日米安保が無ければとっくに50年代末期には達せられたのではないか?
竹島問題や尖閣問題も日米安保が無ければとっくに武力行使で解決されたのではないか?
そもそも日米安保が無ければ、石橋内閣あたりで日中国交回復がなされ、当時なら二つの中国すら認めたのではないか。
尖閣も海底資源問題もなく容易に日本軍基地になっていたのではないか。
核武装すら50~60年代初期にまで完了させていたのではないか。
高度成長ができない?再軍備しながらの高度成長をやった国はいくらでもある。

妄想ではない。旧民主党から岸以前の自由民主党には、自主憲法、自主独立、再軍備路線があった。
駐留米軍の早期撤退自衛隊の国軍化路線がね。

それが岸の安保改定から佐藤の沖縄本土復帰70年安保、非核三原則で完全に骨抜きの国となった。

投稿: 安保反対 | 2010.02.11 13:11

軍人というものは、常に傍らに武器を置いているんですよ。そりゃ中国やロシアに銃口を向けるのは難しいでしょうが、国民に向けることは比較的簡単ですよ。過去の日本と外国の歴史はそれを証明しています。高々、ここ60年の間子猫だったから、これからもそうだろうと誰が保証できます。軍隊・警察といった公安組織に司令官を批判するような人は要りませんし、第一危険です。
また、連隊長殿は、「外交や政治的な美辞麗句で維持されるのではなく」とも訓示しました。この発言には、「俺たちが身体を張って同盟国の信頼を勝ち得ている」という意味を含ませていると思いますが、軍事はあくまで政治の延長ですよ。政治によっては、今日の同盟国だって明日は敵国にもなり得ます。考え方がまるで逆です。民主主義国同士の信頼関係は、外交や政治的な関わりによって維持されるべきものであり、例えばチリのピノチェト独裁政権のように、軍人同士の信頼関係によって同盟が維持される関係ではありません。この連隊長の考え方は昭和維新の青年将校と同じであり、例えばどのような政治的発言をもって「美辞麗句」とするかは、俺たち軍人が決めるとでもいうのでしょうか。外交と政治を無視した軍人は、正に昭和維新の青年将校そのものです。こういう人を自衛隊内にとどめてはいけません。

投稿: | 2010.02.11 13:22

>命令が出る前に救助活動を始めた司令官が「反乱の恐れあり」ということでクビになったり

いつの話ですか?

>政治的発言をした幹部がクビになったりするような

じゃあ、今回も更迭でいいでしょ。
即更迭できなかった鳩山や北澤は極めてまぬけで無能ですな。

投稿: 123 | 2010.02.11 13:31

>石巻
容疑者18歳と連れ去った次女18歳がかつて同棲してて娘までいてお決まりのDVで別れて、友人男性がなぜか未成年含む女3人と一緒にいた。
すんません、容疑者筆頭として彼らに同情的な気持ちが沸き起こって来ません。

>安保
当時沖縄をアメリカ様から返してもらうために言われるままに何でもするしかなかった、と言うことなのでしょう。

投稿: 剣 | 2010.02.11 13:53

>妄想ではない

「路線があった事」が「実現できた」に直結するんなら、そもそも大日本帝国がアメリカに負ける事もなかったでしょうね。なにせ「アメリカに勝つという路線」があったんだから。
まあ現実には単独防衛や海の向こうの土地への侵攻を実現する戦力を整備する金は当時なかったし(というか今だってない)、核武装なんて当時の段階ですら「基礎技術がないから無理だな」と政府関係者の議論で結論づけられてたし。

つか日本の能力に幻想持ち過ぎです。
確かに日本は置かれた環境のわりに非常識なまでに繁栄したけど、神でもなければ悪魔でもないただの1民族ですよ。
やれる事には限度があります。

投稿: 五月 | 2010.02.11 13:55

>いつの話

日航機墜落事故の時の話ですね。

>更迭でいいでしょう

では更迭するように官邸に要望のメールでも出してはどうですか。
まあこの程度の批判(?)で一々更迭してたら自衛隊から人材がいなくなりそうですが。
なにせ、至極当たり前の発言でも首相の意に添わなければクビって事なんですから。

そんなアホな話はさすがの民主党でもやらないと思いますが(まあちょっとは覚悟しておけ)、まあ意見するだけならタダですから。

投稿: 五月 | 2010.02.11 14:06

>私らの時代ですら、教室を抜け出る生徒はいましたからね。それをいちいち戻すために、教師が当時、膨大なエネルギーを使っていたようにも思えない。

んな苦労は30年前から始まってましたよ、一人二人だから対応できたけど3人を超えると限界を超して、いわゆる学級崩壊の始まりです。

投稿: KAZ | 2010.02.11 14:13

>例えばチリのピノチェト独裁政権のように、軍人同士
>の信頼関係によって

ピノチェトはサッチャー女史と懇ろだったですが。英米はスペイン系の独裁者(カストロは除く)と懇ろになることは多いですよ(:フランコとアイゼンハワー。そういやアイクは軍人だったな)

>つか日本の能力に幻想持ち過ぎです。

いやいや、ここまでナーバスになるってことは日本にもSSやKGBのようなパラミリタリー政治警察が必要だということを仰りたいんじゃないですかね?結構なことです。
核武装は技術的政治的に困難ですが、これにはそういった困難な要因はない。検察警察に怨恨のある小沢さんなら、持論の国連待機部隊構想にちょっとミソをつければミンス座付きの政治警察を設けるなんて容易いこってすよ。

投稿: truly_false | 2010.02.11 14:27

>当時テレコムにいた宮崎駿

 書き方が拙かったかも知れませんが、あれが宮崎作品だということを踏まえてのことです。もしルパン3世の方が先に作られたのなら、そちらを書くべきだろうと思いまして(*しかしどうしてあの最終話だけあんなに宮崎色が満開になったのかまでは知りません。キャラ絵まで宮崎キャラでしたよね)。

>裁判員裁判になるのは確実ですが?

 裁判員制度は、より重罰が科される傾向が出ると言われますが、少年を、死刑もありうる重罪で裁いたことはまだ無いですよね。恐らく裁判員によって相当ぶれるケースだろうけれど、私は、曲がりなりにも少年ということで、更生期待が前面に出るのではなかろうかと思っています。仮に無期でも、今の日本だと、40歳前後で、仮釈放云々という可能性はあるでしょう。

>全体的に、なんだか奥歯にものが挟まったような感じで。

 これは正直、そうなったと言わざるを得ません(^_^;)。
 これ、もともと元帥の記事がウェッブ上に存在しないことを前提にして、元帥の科白を紹介しつつ書き上げたんです。最後にAERAのサイトに飛んだらもう公開されていたので、大幅な書き直しをしたせいで、文章として変な部分が多々残りました。
 それに、元帥の思考の紹介と批判、私の考えがちょっとごっちゃになった部分はありますね。反省事項ということで。

投稿: 大石 | 2010.02.11 14:53

しかし警官が犯罪者に発砲しただけでマスコミに叩かれるような国で自衛隊が国民に銃を向けるとか何のファンタジーですかね。
中国みたいな独裁国家やまともな政治ができない後進国ならともかく、先進国で軍隊が国民に銃を向けて何するんです?
やったが最後、国民から総スカンで組織ごと解体されかねませんが。

投稿: 五月 | 2010.02.11 14:59

2・26事件も銃を向けたのは“奸臣”に対してであって国民にじゃないよ。
叛乱軍が据え付けてた軽機に兵隊さん何してんのって触って怒られたりしてたくらい。
司馬遼さんの“轢き殺せ”のネタも、何バカなこと聞くんだこいつはってあきれたのが暴言になったと読むべきこと。

投稿: truly_false | 2010.02.11 15:12

〉中国みたいな独裁国家やまともな政治ができない後進国ならともかく、先進国で軍隊が国民に銃を向けて何するんです?

さて、これからの御時世で日本が先進国でいられるのもいつまででしょうかね?

投稿: | 2010.02.11 15:16

>なにせ、至極当たり前の発言でも首相の意に添わなければクビって事なんですから。
全然駄目でしょ。日米共同訓練の開始式という公的な場での訓示っていう時点でアウトですね。
まったく田母神某の事案が全く生かされていませんね。
あのときは、自民党政権、麻生総理、浜田防衛相のもとで果断に処理されましたが、そういう意味でミンスはまったく駄目ですね。
>では更迭するように官邸に要望のメールでも出してはどうですか。
メールは出しませんが、わたしのできる範囲で対応します。

投稿: | 2010.02.11 15:36

>日本が先進国でいられるのも〜

さあ?
私は神様じゃないんでなんとも。
まあ今の経済状況を見る限りしばらくはその予定はないし。
どうしても心配なら自己防衛の準備をしておけばよいのでは。

とりあえず、軍人が国民に銃を向けるとかいう心配は後進国か独裁国家になってからすればいいと思いますよ。

投稿: 五月 | 2010.02.11 15:38

>田母神問題

あれば今回の問題とは全然話が別ですけどね。
・自衛隊幹部が政府と違う意見を提示した
・胡散臭い団体にアホみたいな陰謀論を投稿して金もらった問題(賄賂を賞金で偽装したんじゃねえの?って話)

この二点の複合してもやっとこさ降格の処分しかしてませんよ。

降格された結果延長されてた定年が元に戻って定年退職する事になりましたが、あくまで処分は「降格」であってクビではありません。

投稿: 五月 | 2010.02.11 15:46

いや、3Dの原理というか、人間の視覚認知機構が変わらん限り変わらんだろーに。

著作権てのはさ、親告罪なわけだから仮に著作権を侵害していても著作者が親告しなければ、あるいは許諾していれば犯罪としての要件を満たさないんだよ。だから逆に言えば、ジブリじゃなくても自分の著作物に似ていると思えば訴えることはできる。そのことと裁判でその主張が認められるかは別だけどね。
昔のアニメや漫画には結構他人のキャラが登場するなんてことは珍しくなかった。これは明らかに著作権侵害を訴えてもいいケースだが、著作者本人が問題にしなければ問題にはならないんだよ。

投稿: | 2010.02.11 16:12

タモさんはクビにされて、統幕議長がその処分の是非を争うという前代未聞の事態になってくれてたほうがワクワクできたのに。タモさんにも現行憲法への“武士の情け”はあったのね。

投稿: truly_false | 2010.02.11 16:18

>陸自連隊長発言

 宮内庁長官の時は、即刻クビで、この件は、士気が大事だからと、、、
 その辺の価値観が分かりません。

 公務員って難しいですね。

投稿: 北のおじさん | 2010.02.11 16:22

>日航機墜落事故の時の話ですね。

それだけ書かれても全くわかりませんのでもうちょっと具体的に「命令が出る前に救助活動を始めた司令官」を教えてください。
いくら検索しても、例の自衛隊原因陰謀論と広報担当の佐藤空将更迭しか引っかからないので。
あと自衛隊が低い地位と言われてもねえ。何処まで高ければ満足なのやら。これも具体例を出してもらわないと。
昔の自衛隊差別時代と違って広島平和大通りで陸自第13音楽隊や海自呉音楽隊が演奏する時代ですよ。

>しかしどうしてあの最終話だけあんなに宮崎色が満開になったのかまでは知りません

宮崎担当回は別に、145話の「死の翼アルバトロス」もありますし、特に143話以降のテレコム作画回は宮崎ルパンなキャラですよ。
大石先生ひょっとして新ルパン後期宮崎回しか見てないんじゃ。

投稿: 123 | 2010.02.11 16:45

ところで同盟ってのは実際に政治家同士が「信頼しよう」と言い合っただけで維持できるものではなく、軍事的、経済的など、色々同盟を維持する為の実際の行動が必要な訳で(実際の交渉とかの行動なして維持された同盟があったら教えて下さい)。
である以上、今回の「信頼してと言うだけでは〜」発言は単なる事実を述べてるのは間違いない訳です。

……ところで、首相がオバマに「信頼して」と言ったのは知ってるんですが、いつの間に首相が「政治家同士が信頼してと言えば同盟が維持できる」なんて意見を言ったんでしょうね。
いや、あの発言が首相の意に反するって判断するからには首相がそういう意思をはっきり示してたのを聞いたんだと思いますが……。
一体いつ頃の発言だったんでしょうか?

投稿: 五月 | 2010.02.11 16:52

>新ルパン後期宮崎回しか見てないんじゃ。

 全部見ているんですけれど、最終回だけ凄い強烈なインパクトだったんですよ。

>宮内庁長官の時は、即刻クビで、この件は、士気が大事だからと

 宮内庁長官とタモさんは組織のトップ。こっちは所詮、連隊長。その違いです。

投稿: 大石 | 2010.02.11 17:19

>更迭された司令官

習志野の空挺団の司令だったそうですが、ソースにした本を処分して久しいんで個人名がわかりません。
ソースが出せない以上信憑性がないという事で、この話は忘れて下さい。お騒がせしました。

>自衛隊の地位

こんな当たり前の発言で更迭だなんだと騒がれたり、仕事量は増えるが軍縮で予算と人員はどんどん減らされたり、護衛艦が韓国の船に衝突されたのに情報が集まる前から各マスコミで自衛隊が犯人扱いされたりとまあ、数え上げればキリがありませんが……
根本的な所で、国民やマスコミ、政府に軍事アレルギーがあって自衛隊を理解しようとする意識が薄いからこういう事になるのでは。
(広報不足も大きいのでしょうけど)

とりあえず、自衛隊の存在意義やできる事できない事をちゃんと国民に知ってもらい、妙な偏見や差別がなくなれば地位が確立したと考えられるんじゃないでしょうか。

投稿: 五月 | 2010.02.11 17:50

>教師が当時、膨大なエネルギーを使っていたようにも思えない。

使っていましたよ。ただ先生もお若いときだったでしょうから、
自分の視野しか見えなかったんでしょう。平凡に授業ができる
環境が、いったいどれだけのマンパワーと工夫で
成立していたか。

アメリカ並みに雇用の流動化が公務員に及んだら、
バカバカしくて日本で教師やらんでしょうな。
教師が負えない責任を現場サイドで断れる法整備と
工夫に対する対価が無いですから。
すでに、そうなりつつあるんですが。

投稿: Shin | 2010.02.11 18:21

>組織のトップ。こっちは所詮、連隊長。

 単なる地位の問題ですか、、、、、
 揚げ足を取るつもりはありませんが、「この程度の批判」と書かれているような、、、

 それと宮内庁の時は、江戸の敵を長崎で討つみたいな話も展開されてましたよね。

 正直なところ、先生の好き嫌いも入っているような気がしてなりません。

投稿: 北のおじさん | 2010.02.11 18:37

>公立中学校の現実!荒れる生徒

全く実感が無いですね。私が出た中学にはそんなガキはいませんでした。いわゆる不良と呼ばれる類の連中でも授業中勝手に教室を出るなんて事はありませんでした。(そのかわり今の時代だと大騒ぎになるようなスパルタ路線でしたけどね)
マスコミが流す「現実」というのは一体どんな現実なのでしょうか。

投稿: ハンドール | 2010.02.11 19:09

>マスコミの流す現実

つ「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛んだらニュースになる」
珍しくもない事は基本ニュースとしての価値がないもんですよ。

投稿: 五月 | 2010.02.11 19:30

>である以上、今回の「信頼してと言うだけでは〜」発言は単なる事実を述べてるのは間違いない訳です。
五月さんらしくないですね。
鼻で笑われてしまうような詭弁を弄すのはやめましょうや。
公的な場面で批判をした連隊長は更迭(懲戒免職する必要はないでしょうから、どっかにしばらく「付」で置いとくという意味です、まあ戒告程度でしょうね)、それだけのことです。
五月さんは、そのとき連隊長がそんな言い訳をされることを期待されているのでしょうか?

投稿: 匿名で失礼 | 2010.02.11 19:54

>こんな当たり前の発言で更迭だなんだと騒がれたり

米軍の司令官が同程度の大統領を揶揄する発言したり
英軍の司令官が女王陛下を、フランスの司令官が大統領を、ロシアの司令官がプーチンを、以下同文
何処の軍隊でも更迭、最低限戒告あたりで自分から辞任でしょうな
ヘタレでビビリな鳩ポッポや北澤は陸自から処分報告が上がってくるまで放置でしょうがね。

投稿: 123 | 2010.02.11 20:02

詭弁?
ああ、私の書いた事ができていない?

あの発言が首相に対する批判なのは間違いないけれど、「政府の見解」「首相の意思」に対する批判、否定ではないと言ってるんですが。
何せ「政治家同士が信頼してれば同盟は維持できるという政府の見解」自体が存在してないんですから。
だから、自衛官が政府の見解に対する否定したから処分ってのが今回の発言では全く成り立たない訳です。(だから何でこんなのがニュースになるのかと)

それともどんな些細な内容であれ首相に否定的な発言をしたら問答無用で処分しろと言うつもりですか?
本当に処分を実施した場合、どんな言い訳を付けるのかそれこそお楽しみですね。
どっかの民族ジョークみたいに、国家機密漏洩罪でしょうかw

>揶揄したら自分から辞任〜

で、実例は?

投稿: 五月 | 2010.02.11 20:34

まぁあれですよ、この発言が「批判」に聞こえる人というのは、鳩山首相が口先ばかりで何もできない無能である、という自覚があるんですよきっと。だからこの発言に自分自身の首相に対する批判的な意識を重ねてしまうんです。事実の指摘が批判に聞こえる、というのは聞く側に負い目というか変なバイアスがあるからです。その点大石先生は民主党支持者として大変ご立派だと思いますね。

投稿: | 2010.02.11 20:48

>アメリカ並みに雇用の流動化が公務員に及んだら、
バカバカしくて日本で教師やらんでしょうな。

頼まれてもいない仕事を引き受けて、DQN親に付け込まれるような人間が教師なのが間違いなのですよ。
二世三世教師も増えているみたいだし、ここらで無能な教師を淘汰するべき。

学習塾を見ればわかるとおり、優秀な教師の需要は常にあります。
教育の配給は小学校までにして、それ以上は市場に任せればいいのです。
そうすれば教師も生徒も競争の中で淘汰されます。
受験勉強という不毛な時間もなくなります。


>公的な場面で批判をした連隊長は更迭(懲戒免職する必要はないでしょうから、どっかにしばらく「付」で置いとくという意味です、まあ戒告程度でしょうね)

懲戒免職って、どうやって?
犯罪を犯しても犯罪の内容によっては懲戒免職にはできない。

投稿: ほるほる | 2010.02.11 20:53

何度も言ってますが、「信頼だけでは同盟は維持」できないというのはただの事実です。
(違うというなら論理的に反論するか、信頼だけで同盟を維持できた実例の提示をお願いします)

そして「信頼だけで同盟が維持できる」という政府見解もないわけです。
(あるならソースの提示お願いします)

皮肉や揶揄があったにしろ、結局のところ彼の発言は首相への反抗でも存在してもいない政府見解への反対でもない、単なる事実を言っただけに過ぎないわけで、一体どんな理由で処分できると思うのか「論理的に」教えていただけませんか?
反論もなくただ詭弁と言うだけでは話にならず、それこそ鼻で笑うしかありません。

投稿: 五月 | 2010.02.11 21:02

何度も言ってますが、「信頼だけでは同盟は維持」できないというのはただの事実です。
(違うというなら論理的に反論するか、信頼だけで同盟を維持できた実例の提示をお願いします)

そして「信頼だけで同盟が維持できる」という政府見解もないわけです。
(あるならソースの提示お願いします)

皮肉や揶揄があったにしろ、結局のところ彼の発言は首相への反抗でも存在してもいない政府見解への反対でもない、単なる事実を言っただけに過ぎないわけで、一体どんな理由で処分できると思うのか「論理的に」教えていただけませんか?
ただ詭弁と言うだけでは話にならず、反論できないからレッテル貼りをしてるだけと判断せざるを得ず、それこそ鼻で笑うしかありません。

投稿: 五月 | 2010.02.11 21:03

うわ、二重投稿してる。
すいません。

投稿: 五月 | 2010.02.11 21:09

はじめてコメントします。ご子息が水疱瘡にかかっておられるようですが、もし発疹とともに痛みをうったえているようでしたら一日も早くペインクリニック(麻酔科外来)を受診のうえ神経ブロックなど適切な治療を受けられることをおすすめします。
当方、水疱瘡ではなく帯状疱疹になったのですが、初期治療が遅れたため数年たった今でも神経痛に苦しんでおります。発症初期に神経ブロックを受けていれば神経の変性の予防になり、神経痛に移行する確率を低下させることができるらしいです。
また水疱瘡の発疹はかきむしったりさせない方が良いようです。
ご子息は帯状疱疹ではなく水疱瘡とのことですが、万一神経痛になってしまうと大変なので書き込みさせていただきました。

投稿: 肥後ラーメン | 2010.02.11 21:23

>壮観な眺め? ブラジルで下着の日
ただしナイスバディな美女に限る
ただしナイスバディな美女に限る
ただしナイスバディな美女に限る

こちらのほうが重要なので三回言いました

>全く実感が無いですね。
同感です
仮にそんなことして教師に怒られて叩かれたとして、それを親に言ったらさらに親に殴られたと思う
なんか、子供が変わったのか親が変わったのか教師が変わったのか…

投稿: | 2010.02.11 21:37

>ルパン三世最終話とラピュタ
順番で言えば、ラピュタが後になります。
ただ、
1.ラピュタの方が良く知られている。
2,緑の光とあるので、ラピュタの方を連想しやすい雰囲気にあった。
3.ジブリに確認したので、ラピュタになった。(東京ムービーに聞いていたらルパンになった?)

等が考えられます。

投稿: いーの | 2010.02.11 21:53

>「信頼だけでは同盟は維持」
じゃないよね。
記事は、「同盟関係は『信頼してくれ』などという言葉で維持されるものではない」だよね。
勝手に改変するのはやめましょう。
>(あるならソースの提示お願いします)
まあ、あなたの論理的と思っていらっしゃる主張に根拠がないのと同じで、べつにそんなモンないよ!

>懲戒免職って、どうやって?
おっ、ほるぴー、ゴメンね!
「懲戒免職にはできないから」に訂正しとくよ。

投稿: 匿名で失礼 | 2010.02.11 22:22

>ほるほる氏
そうですかー、では余計な仕事とやらから
一斉に引き上げますね。
生徒がなんか不始末やらかしたら全部親丸投げでいいですね。
説教も指導もしない。エネルギー要りますもん。

現場でなんとか持っているのは、自衛隊と同じなんだけどね。
ほるほる氏の言うように一度撤退させてみたいなあ。
日本人自身の手によって選択したことだから
もう誰それが悪い、とのいいわけはさせねいけどね。

投稿: Shin | 2010.02.11 22:25

>生徒がなんか不始末やらかしたら全部親丸投げでいいですね。
説教も指導もしない。エネルギー要りますもん。

どうぞご勝手に。

先生、生徒の成れの果て。


>現場でなんとか持っているのは、自衛隊と同じなんだけどね。
違うな。
現場が最悪なのが教師でしょ。でなければ、様々な不祥事が明るみになるはずがない。

自衛隊は他国の軍隊と競争しているから、技能は常に更新されている。しかし、教師は競争なんてしていない。技能は更新されず、古いまま。
だから質も下がる一方だし、二世、三世教師が山盛りいる(w

投稿: ほるほる | 2010.02.11 22:52

>「懲戒免職にはできないから」に訂正しとくよ。

批判くらいで懲戒免職が出てくるなんて、どこまでバカなんだか。
他人のハンドルも正確に書けないくらい知性が低いから仕方ないのかな?


>ほるほる氏の言うように一度撤退させてみたいなあ。
日本人自身の手によって選択したことだから
もう誰それが悪い、とのいいわけはさせねいけどね。

バカな教師が効果があると思ってやるのが、こういった、存在しない責任の押し付けと脅迫。
Shin は教師だとしたらは最低レベルですよ。

優秀な教師は死んだ後も広く影響を及ぼし続けるけど、無能な教師は有害なだけ。時には生徒をレイプしたり殺したりするんだから、さくさく退場させるべきですね。

投稿: ほるほる | 2010.02.11 22:58

>勝手に改変

携帯から書くのに長すぎるんで勝手に短縮しました。すいません。(携帯だと記事から文章コピペできないんで面倒なんですよ)

まあそれはともかく、改変してない元の文章でも彼が単なる事実を述べてるだけという事にはかわりないわけで、結局反論できないから枝葉末節に文句をつけるしかないという事でしょうか?

単に彼の発言の内容が事実とは違うと証明するか、彼が批判したという(事になっている)政府見解を提示すれば一々どうでもいい部分に絡まなくても簡単に私を論破できるじゃないですか。
何故わざわざ無駄な時間を使うんですか? 不思議です。

投稿: 五月 | 2010.02.11 22:59

>どうぞご勝手に。

先生、生徒の成れの果て。

えらい無責任な人だなあ、ということはわかった。
あとほるさんは塾の先生なのかな?
>質も下がる
質ねえ。
(1)おまわりさんに捕まる件数、
(2)自分の方が教え方うまいんだぜー、という優越感
とかを基準にしてません?

投稿: Shin | 2010.02.11 23:00

>匿名で失礼さん

あ、もしかして「何故この発言が批判発言なのかは説明できないが、とにかくこれは批判発言なんだー!」って言いたかったんですか? だとしたら失礼しました。

投稿: 五月 | 2010.02.11 23:12

>五月さん
記事には、「訓練を通じて現場の信頼関係を築くことの重要性を説いたつもりだ」との陸幕広報室の話を掲載していますよね。
>「信頼だけでは同盟は維持」できない
じゃなくて、同盟の維持に信頼は重要だと認識はされているようですよ。

さあ、この辺にしといたらどうですか・・・。

>ほるぴー
ゴメンね、逆なでしちゃって!

投稿: | 2010.02.11 23:24

失礼しました。
上記発言は「匿名で失礼」のものです。

投稿: 匿名で失礼 | 2010.02.11 23:25

>えらい無責任な人だなあ、ということはわかった。

有責任な人って、どんな人なんですかね?

私は人に教える立場でもありますが、教わる立場でもありますし、塾の先生ではありません。

>とかを基準にしてません?
競争にさらされない人間は堕落する。という普遍的な経験則を元にしています。


教師もサービス業のひとつ。生徒のほうから「ぜひ、それを教えてください!」と言い寄ってくるような技能が少なくなれば、衰退するのは当然のことです。


投稿: ほるほる | 2010.02.11 23:32

ほるほるに教わる生徒がかわいそう

投稿: | 2010.02.11 23:38

>頼まれてもいない仕事を引き受けて
「本来業務じゃないことを押し付けられて」じゃないですか?

>生徒がなんか不始末やらかしたら全部親丸投げでいいですね。
“子供”が不始末やらかしたら親が責任取るのが当然のような

投稿: | 2010.02.12 00:38

>匿名で失礼さん

で、結局その発言のどこに処分に値する部分があるのかの根拠は説明してはいただけないんですね。
まあ、いいです。お互い時間の無駄ですし、ここまでにしましょう。

投稿: 五月 | 2010.02.12 00:54

幼稚園だけではなくて産科もお兄さんが妊婦の母と一緒についてきて水疱瘡などを持ち込むと困るから積極的なんでしょうね。
でも、ハイリスクの子供を看ない小児科だから、「自然に免疫」などと言っておられるのかもしれません。
ゾビラックスは後発品もある古い薬です。
それより、日本脳炎を看過する態度はなりません。
子供が奮起して東南アジアや華南・インドに仕事で回るときには必要ですよ。88年のソウルオリンピックだって、米国の雑誌に「打て!」なんて書いてあったくらいですから。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tatsuro/dan2.html
九州出身の作家の次男というだけで、フラグ立っているのに!

投稿: pongchang | 2010.02.12 06:19

>子どもの予防接種代だけで、毎月数千円
昔は地方自治体で様々な病気について無料接種があったんですがねえ。
リスク重視のバカ親のおかげで廃止されてしまったのでしょうか?
百日ぜきの流行とか、しょうもないですな。
ところで先生は接種推進派ですか、後遺症リスク重視派ですか?

投稿: 九頭竜 | 2010.02.12 08:45

はあ~
読む価値無しの罵詈雑言コメント連発のエントリーになってる。
もういいや。あんたらで勝手にやってろ。
ここは2チャンネル等の掲示板と違って大石先生のブログだってこと理解できないのかな?
五回も六回もコメントの応酬って。

投稿: 123 | 2010.02.12 09:06

>生徒のほうから「ぜひ、それを教えてください!」と言い寄ってくるような技能が少なくなれば、衰退するのは当然のことです。

江戸時代の寺子屋の先生が書き残した文書を読むと、とっくみあいの喧嘩や、ちんこ出して走り回ったり、隣の女の子の硯に小便を入れたりと、誠に学級崩壊は数百年の伝統があるようです。

「ぜひ、それを教えてください!」的生徒は、昔っから一万人に1人もいなかったと推測され、その状況で教師職が成り立ってきたんだから、大して変わりゃせんですよ

投稿: KAZ | 2010.02.12 11:17

>司馬遼さんの“轢き殺せ”のネタ

 草柳大蔵という作家が、司馬のいた戦車連隊の戦友会を訪ねて裏を取ったら、
「そんなことを言っていった参謀はいない」との答えが一様に返って来た。
 司馬の作り話であろう。

投稿: 土門見人 | 2010.02.12 23:21

>「ぜひ、それを教えてください!」的生徒は、昔っから一万人に1人もいなかったと推測され

生徒は少なくても、「ぜひ、それをこのバカ息子に教えてやってください」という親は多かったと思いますよ。

親は、それなりに教師の質や適正を見抜いていると思います。

投稿: ほるほる | 2010.02.12 23:37

このトヨタの問題でこういうのがある
昨今の、ほとんどの自動車メーカーや航空機メーカーはコンピュータで設計してシュミレートして製品開発コストを抑えている
コストのかかる試作品テストの回数を減らすためだ。三菱もたしかこれで一度躓いた
で、今回のリコール騒ぎでは、コンピュータでのシュミレートにはこういう致命的欠陥があるとはっきりと解ってしまったわけだ。
  ↓

トヨタも他の自動車メーカーと同じように、フランスのDassault Systemes社が開発した3次元CADソフト「CATIA」に頼っている。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100212/210377/

同じソフトを使って、同じような手法(そもそも開発コスト削減の為に実地走行を減らしてシュミレートするのが
目的なんだからこのソフトを使ってるメーカーは試作車の走りこみを減らしてるはずだ)いるメーカーはみんな
同じ問題を抱えているはずである
今頃はどこのメーカーも担当者の顔は真っ青になっているだろう
どこもトヨタと同じ爆弾を抱えている可能性は大だ

投稿: | 2010.02.13 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米共同声明を読み解く:

« 国保のデタラメ | トップページ | パーティの運命 »