« あるネトウヨの告白 | トップページ | ゲーム業界の無頓着 »

2010.02.18

志望倍率から考える公務員社会

 地震速報を見ようと、さっきテレビを点けたら、たまたまスノボー、ハーフパイプの準決勝をやっていて、なんだ!? あの空中サーカスは。着地での失敗が多いんだけど、どいつもこいつも人間業とは思えない。日本人選手も凄いじゃん。
(ウラジオストックの震源でこんなに揺れるの?)

※ 教員採用試験で高知県とも連携 東京都教委、今夏から
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201002150307.html

 最近、東京都の教員採用に関するニュースを目にすることが多くなったのですが、この記事中に、東京の倍率に関して「試験倍率は3.7倍」とあります。
 それで、先日のNHKだったかな、この試験倍率に関して、「一般企業で7倍、公務員社会で3倍ないと、まともな人材は採れない」、と報じていました。
 この基準に照らすと東京の3.7倍というのは十分クリアしているのですが、実はこの数字も絡繰りがあって、東京ということで、腕試しに受験する地方の学生さんが多いんですよね。だから実際は、すでに3倍を切っているという話です。

 公務員人気が高いと言っても、実はもうこういう状況なんですね。景気がずんどこなのに、学校の先生のなり手がいない。挙げ句に、景気がちょっとでも戻れば、この倍率はあっという間に3や2を割り込んでしまい、またぞろ公務員の待遇改善=給与アップな話になるでしょう。
 成熟し、老成した社会の就職は、絶妙なバランスの上になりたち、本来そこから漏れ出る人材がいないよう神の見えざる手によって調整されている。今はたまたま不況だから公務員社会にぶれているけれど、ちょっとでも景気が回復すれば、まるで潮が退くように、公務員人気は凋落するでしょう。だって民間は、景気が良ければ、給料もボーナスも右肩上がりだけれど、公務員社会は、今後景気回復が来たとしても、他に税金を使うべき所があって、今以上待遇が良くならないだろうことは誰にでも解る。

 私が選抜公務員制度を説くと、こんなに公務員人気が高いのに、公務員のなり手がいなくなる状況なんて、そんなことがあるはずないだろう? とどうしても思われがちなのですが、給料が上がる下がるに関係無く、景気が回復すれば、公務員社会が見向きもされない時代がいずれ来るでしょう。その時に、東京都の教員採用試験の倍率は辛うじて1.5倍や2倍をキープしているけれど、それでオッケーですか? まともな人材が集まりますか? という話をせざるを得なくなる。

 最近、池田先生が、そもそも大学教授に国家試験が無いのに教師に必要なのか? と説いてらっしゃるけれど、優秀な人材を公的セクターに集めるために、選抜公務員制度で、先に採ってしまう、というのはありでしょう。そもそも公的セクターに優秀な人材が必要なのか否か? という部分は議論がある所でしょうが。

※ 政府、金賢姫元工作員の来日に向け韓国と協議
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100217/kor1002171026002-n1.htm

 月曜か火曜日だったのかな、公安調査庁を筆頭に公安関係のトップが官邸に入ったまま長い時間出て来ない、何が起こっているんだ!? と一部で騒ぎになりましたが、これが原因だったのでしょうね。
 ただ、何かやっています、という振りをしても還って来ないって。世論の記憶を呼び覚ますだけで、実利を上げるのは無理だと思う。それに、果たして今、北に送るべきシグナルとしてそれは正しいんだろうか?

※ 高度な医療行為できる看護士資格新設へ 厚労省が素案
http://www.asahi.com/national/update/0218/TKY201002170511.html

 いずれは、診療自体が出来る、看護師と医師との中間にある資格を設けなきゃならないわけで、あるいは、今コンビニより多くて全然儲からない歯科分野からのリソースの再配置もやらなきゃならない。
 本来なら、そういう変化=改革を1、2年でやらなきゃならないのに、それがこの国では10年掛かりの作業になる。この国がダメダメなのは、その利権の移動が出来ないことに起因するんですよね。それが出来ないと解っているものだから、新しい分野に起業も起きないし、人の移動も無い。だから経済が浮揚しない。変化の期待が無い国には成長も未来も無いですよ。

※ 国母選手の服装問題、文科相も苦言 「代表の自覚欠く」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100215ATDG1503R15022010.html
*「国母は命を救ってくれた」 スノボ仲間が語る素顔
http://www.asahi.com/olympics/news/TKY201002170501.html

 こんなのをわざわざ国会で質問する方もどうかと思うが、真顔で答えるのもどうかと思う。だって、そのやりとりを大臣と国会議員が、貴重な時間を消費して行うことに何か意味があるんですかぁ? あんたたちが二人してメディアに名前入りで取り上げてもらう以上の意味は無いんだから、そんなことに国民の時間を浪費しないで欲しい。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 【から(韓)くに便り】ソウル支局長・黒田勝弘 東アジアの坂の上の雲
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100218/kor1002180318000-n1.htm
※ ノロウイルスが猛威 新型インフルエンザと入れ替わり
http://www.asahi.com/national/update/0218/TKY201002170533.html
※ JAXA、“掃除衛星”の研究開発に着手-10年後小型機実用化
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720100217aaao.html
※ 初デートが相手の誕生日前夜!どうするべきでしょうか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0217/295598.htm?g=04&from=yoltop
※ 日本マクドナルド:神奈川の全店3月1日から全面禁煙
http://mainichi.jp/select/today/news/20100218k0000m020046000c.html

※ 前日の空虚重量71.3キロ

 昨夜から下痢が酷くて嫌になる(>_<)。トイレから戻って来て座った途端にまたトイレ。昨夜からトイレットペーパー一本を使い切る。何かトイレから戻る度に、ごっそりエネルギーを消耗しているような気がして。この2時間だけで、トータルで40分くらいトイレに籠もってるんです。

※ 有料版おまけ 王将 & スキーが廃れた訳

|

« あるネトウヨの告白 | トップページ | ゲーム業界の無頓着 »

コメント

 工藤なんて準決勝の二度目の滑りは完璧だったのに、点数が伸びなかったんですよね。

投稿: 大石 | 2010.02.18 11:00

昨日をリンクをコメントしたけど、ノロは死ぬから
>ボード
スキーで骨折するより、ボードで脳震盪の方が先々問題になるのは確かで、昨日も女子が一人出場辞退したけど。
http://www.delicasuito.co.jp/mari/menu.html
http://jns2008.umin.jp/program/mini/2A-MS06.pdf
アメフトでも集団訴訟があったけど。
http://www.reocities.com/kawaiclinic/spoceb.htm
ボードの方が怪我しないというのは、分母が少ない時代の昔話。
ちょうど、先生の世代で「一輪車」の事故がないのと同じ。

投稿: pongchang | 2010.02.18 11:27

年収300万にして、強制的に人気をなくして選抜制にしろっていうから、おかしいと言われるだけで

投稿: KAZ | 2010.02.18 11:57

> どいつもこいつも人間業とは思えない。

どのスポーツも同じですよ。単純に見えても、普通の人間が真似すると体を絶対壊します。知らない人間が一番ガタガタ言うんですよ。知ってる人間はそんな軽口は絶対に叩かない。

さて、国母の問題が国レベルの話まで行くのはどうかというはありますが、今回の騒動はそう遠くないうちに過去のものとなります。こういう意見はまだ見てないので、ここに書いておきます。
今はまだその段階にありませんが、空中技が難度を増してます。今のような腰パンなどの格好ではそのうち限界が確実に来る。そうすると、動き易いすっきりした服装にせざるを得ません。あんまり話題になりませんが、フィギュアなんてのも昔に比べたら男子でもかなり薄手でピタッとした服装になってます。4回転もしますから。結構大変なんですよ、服のデザイン。見栄えがいいためにはいろいろ付けたいが、動きには邪魔で。国母問題なんてのは、ソチあたりのときには、ああ、スノボにもあんな時代があったなぁ、ぐらいのことになる可能性十分です。むしろ、そこまで読んで先手を打ってほしいぐらいですけどね。
エアリアルなんて、ほとんど体操競技(だから中国が強い)。ミスが許されないとなったら、あんな格好すること自体できなくなります。

投稿: | 2010.02.18 12:30

>スキーが廃れたわけ

単純にお金がかかるからですよ。
さらに昔はシーズン毎に板のデザインやウェアの流行を追わせるように仕向けてて、それが不景気になって全て裏目に出た。

で、ボードの方はそれよりかは金がかからないしファッションも流行廃りが目立たないので手を出しやすい(様に見える)

実際はボードの方が両足を固定している分、転び方を身に着けないと命に関わる大怪我します。

投稿: lor | 2010.02.18 12:37

>公務員の倍率
教員(それも多分小学校)という特殊な分野だからじゃないですか。誰でも受けられる一般事務職は数十倍じゃないでしょうか。私も国家公務員でしたが、遙か昔に行政職で受けました。身体障害・3流大卒・やや不況という状況で、障害者優先枠も当時はなく、絶対民間では雇ってくれないと思ってました。公務員は健常者と同じ条件で雇ってくれる事実上唯一の選択肢でしたし、今もそうでしょう。先生はそれも奪えと言うんですね。

>金賢姫の来日
日本の偽造パスポートを所持していたようだし、その後ずっと韓国にいたんだから時効は停止いているので、日本に入国次第逮捕するべきではないですか。コラッ検察庁よ、直ちに刑法の適正な執行をすべし。

投稿: | 2010.02.18 12:44

>景気がずんどこなのに、学校の先生のなり手がいない。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/12/09/1287756_02.pdf
先生と学校、そして近頃の親とガキの実態が知れ渡ってしまったから、景気の良し悪しに関わらず都市部で成り手はいなくなると思う。一方川崎市の事務職員を調べると倍率42倍、これではどんなに景気が良くなって公務員の待遇が悪くなろうとも非常勤かでもしない限り10倍を下回ることはないでしょう。さすがに教員と職員は分けて考えた方が。

>スキーが廃れたわけ
古来からやるやつはやるし、やらないやつはやらない。昔は本来やらないヤツまでやらされていたからかと。
>安全第一ですから、それ以上に飛ばして怪我するのは真っ平です。
http://www1.ocn.ne.jp/~itabashi/index.htm
今一番怖い事故は「衝突」、それも対人衝突。これはスキルの有無に関係なく遭う可能性がありますので念のため。そしてやはり重大事故になりやすいボード絡み。確か週アスのアカザーもボードでああなったんでしょ?

投稿: 剣 | 2010.02.18 12:47

国母は残念だったな。こけても30点越えていたのに。ガッツがある。

投稿: pongchang | 2010.02.18 13:21

>スキーとスノボ

スキーよりもスノボの方が手軽なような気はしますよね。板一枚だけですし。で、スキーを時々やるものとしては、次のようなことを個人的に思います。
・リフトに乗るのにテクニックがいる。(結構大変そうですよね。)
・リフトの降り場付近に大量に屯している。(それが必要なのは分かるのですが、リフトを降りてすぐに板を滑らすスキーヤーにとってはちょっと鬱陶しいことあり。)
・表面の雪を下の方に大量にさらっていってしまう。(スキーヤーにアイスバーンは天敵。)
・スキーにはある速度調節機能(ボーゲン)がないので、衝突危険。
・同じく衝突危険として、止まった状態を保持するのに横になった状態でしかできないので、とっさの回避ができにくい。それをゲレンデ中央付近でされるとさらに危険。

>lorさん

>さらに昔はシーズン毎に板のデザインやウェアの流行を追わせるように仕向けてて、それが不景気になって全て裏目に出た。

これは同感。あと、昔の板って今のよりも長いんですよね。だから、それをしまっておく場所を確保するのも大変だったと思います。あとは、現地までの輸送も・・・。(板一枚のボードと、板二枚+ストック2本のスキーとでは、手軽さが全然違います。)

投稿: さまよえる人 | 2010.02.18 13:31

>知らない人間が一番ガタガタ言うんですよ。

競技内容についてガタガタ言ってるわけではないと思うが。
あのカッコより会見の『うっせーな』の態度で火が点いただけで。

投稿: トオリスガリン | 2010.02.18 13:43

>高度な医療行為できる看護士資格新設へ 厚労省が素案


文字を伝達媒体とするジャーナリストが、誤字をヘッドラインに持ってくるとは、世も落ちたものです。アサヒには校正職の人はいないのでしょかね。

×看護士

○看護師

投稿: | 2010.02.18 13:47

>スキーが廃れたわけ

一時期は若者で盛況だった屋内スキー場も、どんどん閉鎖されてますからね
関西じゃザウスもスノーヴァも潰れたし

>スキーよりもスノボの方が手軽なような気はしますよね。

お手軽には見えますが、スキーよりもはるかに危険度は高いスポーツです
ちゃんと指導者について転倒のしかたから教わっておかないと、平らなところで低速で
スッテンコロリンしただけであの世行きですハイ・・・
両足を固定してますので、スキーならたいしたことのない転倒シーンでも
おっとっと、足を基点ととしてグルリン!遠心力!ドタマカチ~~ン・・・脳内の血管がブチッ・・・
あと、ストック使いませんので転倒して両手をついて両手ともボキッ・・・


投稿: | 2010.02.18 14:30

>すってん
だからこその越後獅子で、子供の頃からの教育が大切
スイミングよりスノボに通わせた方が、高校や大学にいってから楽だし、命を失わないで済みます。一輪車と一緒。
http://www.snova246.com/
なのにうちの子供は、「スキーの方がボーゲンで止まれるから楽だなぞ」と年寄りじみた事を言う。

投稿: pongchang | 2010.02.18 15:13

>pongchangさん

>スイミングよりスノボに通わせた方が

ただ、スイミングは全身を使うのにかなり効率がいい運動かと思いますので、この両者は選択するようなものではないのでは?
スノボは運動というよりは娯楽の要素が強いと感じられるので・・・。
(私が、スノボでどれだけ上半身を使うのか理解していないというのはあると思いますが。)
#スイミングでダイエットはよくある話だと思いますが、スノボでダイエットってできるんでしょうか。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.18 15:21

>マクドナルド禁煙
子供連れのママさんたちが井戸端会議しているのを見ると必要だなと思いつつ、そのママさんがヤニーズだった場合どうするのかという疑問もないではなく。

投稿: 銀次 | 2010.02.18 15:21

やせる痩せないより、上手な転び方を身につけておく方が、大人になって急にやろうとしても、オマケのように(ry

投稿: pongchang | 2010.02.18 15:36

>pongchangさん

だとしたら、やっぱりスイミングとスノボが並列で選択肢に入ってくることはないような気がしますね。
スイミングに通うというのは別段溺れないようにというのが主目的ではなく、基礎体力なりそれ以上の全身の体力強化が主目的だと思いますので。(溺れないということだけが目的だったら、学校の授業のみでよいでしょう。)
それとは別に、「スポーツ選手になる」とか、「楽しいスポーツをする」という意思があるのであれば、もちろんスイミングとスノボは(スポーツとして)並列ですよ。好きな方をやればよい。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.18 16:04

長野県在住です。
こちらでは県の教員採用試験になかなか合格できず何年も
浪人している方がごろごろいます。30歳過ぎなんて人も結構います。
また数年前私立の小中一貫が開校し、教師を募集したのですが、
募集人員の30倍近い履歴書が全国から届いたそうです。
この東京のニュースいつも不思議に思います。

投稿: くら | 2010.02.18 16:26

> 競技内容についてガタガタ言ってるわけではないと思うが。あのカッコより会見の『うっせーな』の態度で火が点いただけで。

ここは国母問題ではなく、スポーツ全般についての話なので混同しないでください。大石さんが人間業とは思えないというコメントに対してのことです。TVの前のビール片手の野球オヤジなんかがその類です。

投稿: | 2010.02.18 16:50

>飲食店・ホテルも全面禁煙に…厚労省が通知へ

先生のご希望がかなえられそうですね。
今度は、原則「分煙」も不可だそうです。

>喫煙区域を指定する「分煙」は、ドアの開け閉めや人の移動に伴い、禁煙区域にたばこの煙が流れ出ることを防ぎきれず、受動喫煙対策としては不十分と判断した。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.02.18 17:25

>どいつもこいつも人間業とは思えない。日本人選手も凄いじゃん。

と大石先生は書いてらっしゃいますよね。別に軽口を叩いているのではなく、単に感嘆しているだけ、と思われるのですが・・・。
日本人選手「も」凄い、のですから、みんな凄いじゃん、と言ってるに過ぎないでしょう。もともと大石先生、国母選手に対して「騒ぐ必要はない」の立場ですし。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.18 17:26

冬山登山とかに興味があるなら、スノーボードじゃなくて技術的にスキーでしょうねぇ。
ああ、軍事的にもそうか。

投稿: 狸穴 | 2010.02.18 17:49

国母8位
勝負の女神はよく考えましたね。これが間違ってまさかまさかのメダルって事になってたら北京の石井のように勘違いしてしまうのは間違いないし、大敗だったら即選手生命危機。入賞日本人最高で橋本聖子の顔も立った。
しかも国母と全くキャラが異なる青野令がいい味出してて国母のすぐ下の9位でこれまた絶妙。まだ次があるんだから、このまま彼らは亀田と内藤のようにやっていれば次の4年間ネットで盛り上がり続けるんじゃない?

投稿: | 2010.02.18 17:55

>並列
スイミングをサボっていたご令息を抱えた父の苦悩というスレッドが、大石先生のこのメルマガであったんですよ(ry
国母顔面出血痛そうだけどアレで二回目やったんだ。

投稿: pongchang | 2010.02.18 18:29

結局、負け戦は今更わざわざ出てきて国母の悪口三昧だった童夢くんだけか。痛々しいな。

投稿: | 2010.02.18 18:39

>pongchangさん

だから、溝の口の施設だったんですね、納得です。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.18 18:49

> ※ JAXA、“掃除衛星”の研究開発に着手-10年後小型機実用化

日本がキラー衛星を開発してフンダララ!!とか言われそうですな。

投稿: | 2010.02.18 19:11

今日の記事には関係ありませんが、ハイチPKOの実施計画が発表になっています。

>人員は陸自350人、輸送・補給業務を行う海自540人、空自200人。このほか、MINUSTAH司令部要員に自衛官2人、関係機関との連絡調整要員5人(内閣府と防衛省)を派遣。
>装備は9ミリ拳銃54丁、89式または64式小銃305丁、MINIMI機関銃7丁。車両は軽装甲機動車、ドーザーなど150両。艦船は輸送艦、補給艦、護衛艦各1隻。航空機はC130H輸送機2機、U4多用途支援機、KC767空中給油・輸送機、政専機各1機。

さて、興味深いのはKC767の実戦投入でしょうかね。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.02.18 19:35

ちなみにKC767は初度作戦能力がついた後、あくまでも輸送機として利用するそうです。

投稿: | 2010.02.18 19:49

不況の続く北海道は、当然、公務員の人気が高いです。警察官でも、北海道警察の採用試験を受けて、道警には採用になりませんがここには採用できますよという勧誘にあって故郷を離れている人も多いです。

主に警視庁、神奈川県警が多いと聞いていました。大阪府警もあるけど、さすがに誰も行かないとか、、、

投稿: 北のおじさん | 2010.02.18 20:38

ほんとにここの住人は細かいなぁ。しかも勝手に捏造するし。

> 日本人選手「も」凄い、のですから、みんな凄いじゃん、と言ってるに過ぎないでしょう。もともと大石先生、国母選手に対して「騒ぐ必要はない」の立場ですし。

「も」って出て来るってことは、外国人と比べ日本人「は凄くない」という意識があったからでしょう。で、私は大石さんに限定してどうこう言ったつもりはないです。大石さん「も」そうかもしれないが、凄いとか凄くないとかよく皆口にしますが、どれほどわかってるか疑問ですなということです。で、大抵はわかってないということですよ。因みに私は国体本選まであと一歩の人間ではあったし、プロとも同じ土俵で戦ってきたんで、お前はどうなのなどとは言わないでくださいよ。
国母問題については切り離して別の話しで始めてます。勝手にその前の話とくっつけないでください。

投稿: | 2010.02.18 20:45

>スキーが廃れた訳

私は15年前にスキーをやめました。ゲレンデ上のボーダーが目障りになったので。転がっているのを見るとイライラするんですよね。

投稿: Bill | 2010.02.18 21:09

>選抜公務員
春の高校野球でもなし。美辞でなく、本当はただの「エンガチョシステム」で、市民はくそ公務員のいうこと聞かない、公務員はすぐやめる。残ったやつはできの悪いのか、口のききかたが国母みたいのか、千葉大女学生殺人犯のような市民生活の把握に並々ならぬ情熱を傾ける連中かでしょう。
そもそも公務員だけはいや、舌噛むわ!という職業選択の自由をどうすんです。連帯保証人制度にするとかでしょうか。

>ビール飲む親父
これマジおれですね。スノボって崇高なんでありがたく見ろ批評は許されない、と。よっくわかりました、仕分けネタ入ります!
(しかしスポーツなんか、あるレベルまでは、見てもらってモテるのが目的の大部分と思うけど)

投稿: さいとー | 2010.02.18 21:30

>景気が回復すれば、公務員社会が見向きもされない時代がいずれ来るでしょう。

民間に丸投げするか、公務員の仕事を減らせばいいんですよ。
税負担もかるくなって、景気は益々上向いていきます。


>不況の続く北海道は、当然、公務員の人気が高いです。

すると、北海道の日教組教師が逮捕されることを望んでいる人がたくさんいるわけですな( ̄ー ̄)ニヤリ

検察にはがんばって欲しいところ。


投稿: ほるほる | 2010.02.18 21:42

>スキーが廃れたわけ

スノーボードで、斜度のある所で転んだ場合はずり落ちながらで
衝撃分散しますが、緩斜面で頭を打つと衝撃分散せず集中するので
頭を打っての死亡事故は林道コースの様な緩斜面が多数占めてます。
緩斜面で逆エッジを食らわない様に いかに早く初心者レベルから
ステップアップするのが事故防止のキモかと・・・

滑っていなくても上手いスノーボーダーの見分け方?
ソフトブーツ限定ですが(ハードブーツとはスキーブーツの様なプラブーツで
主にアルペン種目でソフトブーツはハーフパイプ種目などで通常ゲレンデでは
1部のゲレンデを除いて9割以上がソフトブーツを履いていると思います)
・・・で 見分けるポイントはリフトから降りてもう片足をボードにセットする時
腰を下ろしてセットしている方は残念ながらxです。 (;´д`)トホホ…
片足が固定されていない不安定な状態で斜面に立って居られないバランスの
悪い皆さんです。

ハードブーツ、ソフトブーツ含めて急斜面で真直ぐ立って停止している
方もバランスの良いボーダーです。


投稿: 演歌なとりうむ | 2010.02.18 22:40

叩かれてどうにかなってしまう杭は、所詮それだけの杭なのだと思います。どの国、どの時代に生まれても、同じことを言うのではないでしょうか。

投稿: . | 2010.02.18 22:49

小田嶋さん、國保の件でTBSアクセスに出演中だけど、声が若いんだね。30代の人かと思った。
スノボの人は、バブルの頃からいたけど、ゲレンデの中央でしゃがんでいなければそんなに迷惑ではない。
コブの陰で見えないときがある。あと、見ていると後頭部から落ちる人がいて危ないな。

投稿: | 2010.02.18 22:58

教員試験倍率が3.7倍・・・
この就職氷河期に有り得ない数字ですよー。
私の親戚で何年も教師になれず講師で食い繋いでるのがいます。
何か特殊な条件があるんでしょう。
高速道路のメンテナンス業務の入札で「実績が有る事」を条件にしてたので、実質は随意契約だったみたいな。よくわかんないけど(^_^;)
アサヒとかマス「コ」ミの人は待遇が良いので、不況の感覚がないのかな。
一般人の誰でもが不審に思う事をスルーしがちですよね。
生活保護27万円で足りないから訴訟というニュースを扱う事に誰も疑問を持たなかったり(^_^;)

よく最近、社会学っぽい新書でどっかから都合の良い統計の数字を引っ張ってきて「常識のウソ」をアバく!!みたいな本を見かけますけど、何か怪しいんですよね。
どういう条件で集計した数字なのかが曖昧なんです。

交渉や懐疑で、すぐ数字をすらすらと口に出すディベートくんっているじゃないすか。
具体的だぞ定量的だぞ、どや!みたいな。
そーゆーのも信用できんです(-_-;)

投稿: 元川崎市民 | 2010.02.19 00:19

>2010.02.18 20:45さん

なにがお気に召さないのかよく分からないのですが、

>大石さん「も」そうかもしれないが、凄いとか凄くないとかよく皆口にしますが、どれほどわかってるか疑問ですなということです。で、大抵はわかってないということですよ。

だって、彼らってプロだしそもそもHPって魅せてなんぼじゃないんですか?確かに、日本人「も」というこの
「も」に外国人(主にアメリカ人)がうまいという意識はあったかもしれないですよ。でも、彼らの技を見て理屈なく「凄い」と思うのがそんなによくないのですか?別に技の蘊蓄を語っているのでもなんでもないじゃないですか。
逆にあなたは、オリンピック観戦者にそこまでの知識を要求するのですか?それだったら、ボーダーなどオリンピックに出てこずに、目の肥えた観客のみが観戦するプロ大会だけやっていればよいでしょう。
あなたのこの話を見て、國母選手がなぜあのような行動となったのか逆に少しわかったような気がします。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.19 04:41

教員の競争倍率は、退職者によって採用数が大幅に変化しますので、あんまり一般的な指標じゃありません。
一般企業だと景気によって顧客単位の社員数を変動できますが、教員は児童生徒あたりの必要数が自動的に決まりますので、ある世代が大量に退職すると、その分採用数を自動的に増やさなきゃならないので、いきなり競争率が下がることは、良くあることです。
それに受験に際して、教員免許が必要な試験でもありますので、受験資格者が限られるって事情もあります。

投稿: KAZ | 2010.02.19 08:19

すいません、もうひとつ。

>ここは国母問題ではなく、スポーツ全般についての話なので混同しないでください。大石さんが人間業とは思えないというコメントに対してのことです。

「この人間業とは思えない」っていうのは、「凄い」のさらに上をいくほめ言葉ではないですか。なんでこれが「ガタガタ言う」だったり「軽口」に聞こえてしまうのですかね・・・。

投稿: さまよえる人 | 2010.02.19 09:51

少し状況を知っているので書きます。東京都の教員採用試験で採用倍率が3倍ちょっと(実質は約2倍です)になっているというのは、小学校教諭の話です。中・高に関してはこれほど下がっていません(教科によって多少のばらつきがあります)。
これには2つ理由があり、ひとつはここ10年程が団塊世代の退職期で、毎年大量の退職者があること、いま一つは、現在東京都の小学校就学人口が、この少子化時代にも関わらず「微増している」ために、教員数が足りないことです。このため東京都はここ数年、毎年1500名前後の採用枠を設けています。
中高免許と違い、小学校教諭免許状は教育学科を卒業しないと得られないため、そもそも「受験できる者の数」が限られます。それでも地方では、他の職に比べ年収もステイタスも相対的に高い人気職で、現在も難関です。
首都圏と近畿圏など一部の都市部のみでガクンと倍率が下がり、中でも東京都は突出しています(それで、地方の志望者の誘導という話になります)。これらの地域にのみ、たとえこの不況下でも、教職より魅力的で高待遇な職業があるからです。
現在学校教員は、半端でない仕事量や児童生徒及び保護者の質の変化で、決して楽な仕事ではなく、「他の仕事

投稿: 彼岸過迄 | 2010.02.20 17:01

途中で切れてすみません、続きです。

現在教員は決して楽な仕事ではないので、「他の仕事」という選択肢のある都市部では若い退職者もあとを絶たず、そのことも都市部教員採用数増加の一因です。
しかしこんな状況も団塊世代の退職期が終われば終了します。つまりこれは「バフル」なのです。
地方の志望者が東京都を試し受験という話は、あまり聞きません。教員志望者は基本的に地元指向で、何年も非常勤をして正規採用を目指しますし、一次試験は地域ブロックで同一日に行われるため、近隣県の併願もできません。地方の志望者が東京都を受けるとしたら、就職浪人ができず、どこでもいいから教員になりたいという場合だと思います。

投稿: 彼岸過迄 | 2010.02.20 17:20

>地方の志望者が東京都を受けるとしたら、就職浪人ができず、どこでもいいから教員になりたいという場合だと思います。

教育学部の地元学生率は他学部に比べて高いものの、最近では5割を切ってるのが普通ですから
地方の教育学部卒業者の場合は、
出身地+大阪か東京(出身地に近いほう)を受けるのが普通じゃないかなあ
女性の場合は親元に残って欲しいという要請が強いみたいですけどね

投稿: KAZ | 2010.02.20 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志望倍率から考える公務員社会:

« あるネトウヨの告白 | トップページ | ゲーム業界の無頓着 »