« 753教育 | トップページ | ヒールの千秋楽 »

2010.02.04

Twitter 千里を走る

※ スパム判定のデタラメ

 まぐまぐの件で、大変なことになっていたことが解りました。最近、普段届いているメールが届いていないような気がして、火曜日、試しに自分宛に、いろんなメールを送ってみたんです。
 まぐまぐで発行しているメールは全滅でしたorz。全く届かない。その前の24時間、それが届かないことに、変だな、とは思っていたけれど、それどころじゃ無かったので、また昨日同じ作業にトライして見たんです。したらやっぱり自分で書いたまぐまぐのメールが届かない。ちなみにそれはサンプルとして送受信したメールとかではなく、発行作業を行う前のエディタ作業レベルのテキストに、メルマガのタイトルを付けただけの代物です。
 それすら届かないことに気付いて、これは変だぞと、普段使っているSO-NETのWEBメールにアクセスして、迷惑メール・フォルダを覗いてみたら、先月までは問題無く届いていたメールが、大量に、迷惑メールとして振り分けられていることが判明しました。
 まぐまぐからのPRメールなんて半分がスパム扱いされている。しかも、それを「非迷惑メール」として申告しても、やっぱり今朝、また迷惑メールフォルダに振り分けられている。
 恐らく、最近、その判定プログラムがブラッシュアップされて、以前は問題無くユーザーまで届いていたメールも、迷惑メールとして判定するようになったのでしょう。

 で、この迷惑メールの判定というのは、プロバイダが独自にプログラムを組んで行っているものではないんですよね。確かアメリカのサービス会社に丸投げされている。しかも、そのアメリカの判定会社というのが事実上の寡占状況にあって、日本でわれわれが契約しているプロバイダが違っても、実は同じ迷惑メール判定会社の同じシステムのサービスを受けている可能性が高い。しかもアメリカのこの手のサービスは、アルファベットには強いけれど、日本語はからきし駄目なんですね。だからどうしても日本語メールでは誤判定が増えてくる。
 ですから、私は今回たまたまSO-NETで気付いたけれど、他のプロバイダを利用している皆さんにも、全く同じ現象が発生している可能性があります。ぜひ、WEBメールでプロバイダにアクセスして、スパム・フォルダを覗くことをお勧めします。

 それで、まぐまぐの件ですが、正直、まぐまぐ側が購読者にどのような説明をしたのか、明らかにしてくれないので、どういう手順を踏んでカード情報の照会をしたのか私には全く解らないのですが、普段のメルマガはスパム判定で除外設定しているから問題なく届くけれど、まぐまぐから届くPRや連絡事項メールはスパム・フォルダに直行して、そもそもカード情報の確認を求めるメールが、読者の元に届いていない可能性があるんですよね。ご確認頂ければと思います。

※ 小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00001088-yom-soci
*「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100204-OYT1T00165.htm

 私は、検察が諦めたなんて全然思っていないんですけれど、もし今そういうことになったとしたら、自民党はもとより、国民の一部にも納得できない部分は残るでしょう。
 マスゴミさんは今回、検察に批判的な所もあるから、金丸さんの時とはちょっと世論の状況が違うのかも知れないけれど、検察が、あれだけリークして煽って、小沢さんの身柄を取る所か、起訴すら見送るなんて俄には信じられない。春以降、また動きがあるかも知れないけれど、一番可能性が高いのは、金丸さんの時と同じで、実は検察と国税との間で話が付いていて、諦めたふりをするけれども、所得税法違反でバーンとやる、みたいなことになる可能性があるような気がするんですよ。
 鹿島ルートで何か出て来るかも知れないけれど、そこそこのネタが出て来ても、裁判でまた検察側も膨大なリソースを使う羽目になる。それを考えると、所得税法違反なら、後々も楽だし。所得税法での時効関係はどうなっているのか気になりますが、これも4億円でやるんだったら、もう時効なんですよね。

 いずれにしても、もし検察が諦めるようなら、変な話なのは、個人資産がどうのこうのじゃなく、検察は散々水谷建設ルートでの裏金をリークして煽っていたわけじゃないですか。それがどんだけ筋悪だったか。公判維持も怪しく、福島県知事事件と同じ末路を辿ることを恐れたということでしょう。
 もう一点、もしここで終わるのなら、果たして石川議員の逮捕は正当だったのか? 在宅起訴で一向に構わないような事件を、わざわざ身柄を取って勾留し続けたと。それは、国会が始まったら身柄を取れないから逮捕しました、な話で終わるとしたら、これは議員としては溜まったものじゃない。国会議員の身分保障が逆に彼らの権利を奪ったとしたら、本末転倒ですよね。
 もちろん、身柄確保に執着する日本の司法制度が時代錯誤であることが諸悪の根源ですが。あべこべな話だけど、実は国会議員の不逮捕特権というのは、逮捕に執着する日本の司法機関から政治家を守るための優れた装置ではあるんですよね。

*東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000002-jct-soci

 呼び出しは実際にあったんだろうと思いますよ。「出頭要請」という表現は過激ですが。
 警察や検察の記者クラブの出入り禁止処分なんて日常的な風景だし、誰かが気にくわない記事を書くと、その記者本人じゃなく上司を呼びつけてネチネチいびるのも昔からある風景じゃないですか。
 この件だって、検察は、記者クラブの朝日のキャップを呼びつけて、逆襲された鬱憤を晴らすことになるんですよ。これ以上、山口編集長が特捜部を徴発するようなら、難癖を付けて朝日は出入り禁止にされるはずです。

*新議員会館、6階は「小沢ガールズストリート」の様相
http://www.asahi.com/politics/update/0203/TKY201002030466.html

 ここでもわれらが樋高議員は、堂々小沢さんの隣の部屋なんですよね。

※ 新型プリウス、ブレーキ苦情が米で102件 日本でも
http://www.asahi.com/business/update/0202/NGY201002020031.html
*プリウス、今年に入り対策…トヨタ副社長説明
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100203-OYT1T00998.htm?from=main2
*トヨタ佐々木副社長「トヨタユーザーはトヨタのフィーリングに慣れている」
http://response.jp/article/2010/02/04/135860.html

 トヨタにしてはというか、トヨタだからと言うべきか、アメリカ人が一番眉をひそめる展開になってきましたね。たぶん大規模な消費者裁判に発展して数年分の儲けが吹き飛ぶ羽目になるんでしょう。大政奉還なんて時代錯誤なことをするからこんなことになったんですよ。
 副社長の台詞なんて、弁護士にどう切り貼りされるか解るようなものだけどなぁ。日本で一番お金を使っている最強の広報チームを持つ会社なのに、誰か言葉を選ぶよう事前にトレーニングしなかったのか?

※ 福岡県汚職:副知事室で100万円授受
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100203k0000e040074000c.html

>県町村会側に有利な取り計らいをしたことへの謝礼

 この事件は良く分からないんですよ。ご本人がお金を貰ったことは認めているから、汚職はあったんだろうけれど、誰かに有利な計らいをしたということは、誰かが損をしたということですよね? それは他の市町村なのか? それとも県なのか? あるいは国なのか? 肝心な所まで報じている所は無いんですよね。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 「週刊ゴング」の老舗出版社が破産 下火のプロレス人気に追い打ち
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100203/biz1002031237013-n1.htm
※ 先に銃を抜くのは不利=荒野の決闘、科学実験が証明-英
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010020400069
※ 富士山って水に浮く? 砂防事務所、重さを誤表示
http://www.asahi.com/national/update/0201/OSK201002010069.html

※ 前日の空虚重量71.8キロ

※ 有料版おまけ スカパー今月のドラマ

|

« 753教育 | トップページ | ヒールの千秋楽 »

コメント

>日本で一番お金を使っている最強の広報チームを持つ会社なのに、誰か言葉を選ぶよう事前にトレーニングしなかったのか?

アメリカじゃ大統領だって専門スタッフの意見を聞きますが、日本じゃ偉い人から問い合わせのお言葉を受けない限り、専門スタッフは物を言えないのは常識ですぜ
っていうか、そんな専門スタッフの部署は、存在自体が数年の内になくなりますな

投稿: KAZ | 2010.02.04 10:39

>国税

こういうときの為に小沢は暫定税率廃止を潰し、大蔵OB斉藤を郵政会社社長にしましたとさ。

投稿: | 2010.02.04 10:58

> 呼び出しは実際にあったんだろうと思いますよ。「出頭要請」という表現は過激ですが。

ようするに、出頭要請はなかったが真実です。例によって針小棒大。
まあ、あの弁護士が絡んでいるのでいろいろ仕掛けてくるでしょう。

>日本で一番お金を使っている最強の広報チームを持つ会社

米国内でロビー活動に一番金を使っているのがトヨタですよね。
アメリカのもっとも信頼できる友人とまで言われたトヨタですが、一転して異常な叩き振りだ。
中国国内ではフォードもブレーキにおなじ部品を使っているとかで
一部製産を見合わせているらしいがまったく報道されず。

大政奉還ではなく米国に対して喧嘩腰の民主党政権だということも影響しているのでは。

投稿: kouda | 2010.02.04 11:20

>大政奉還ではなく米国に対して喧嘩腰の民主党政権だということも影響しているのでは。

これを

>大政奉還ではなく日本に対して喧嘩腰の民主党政権だということも影響しているのでは。

こう変えて民主党を米民主党政権にしても通用しちまうのが楽しい。

>中国国内ではフォードもブレーキにおなじ部品を使っているとかで
>一部製産を見合わせているらしいがまったく報道されず。

まあ、日本でも三菱集中叩きの頃、他社のリコール報道は同レベルでもほとんどされませんでしたなあ。
特にトヨタw人を呪わば穴二つw

投稿: | 2010.02.04 11:31

>新議員会館、6階は「小沢ガールズストリート」の様相
党総書記あるいは党書記長に近い並びにいるかいないかで序列を判断しなければならなくなるとは、かの国の労働党や昔のどこかの共産党とかの話でしょうか?

>トヨタ
当然これ別のメーカーさんだったらマスゴミがフルボッコでさっさとリコール扱いでしょうねえ。未だにニュースでもどこか腫れ物に触る扱い。しかしヨタに原因があろうとも、米民主党になったらいきなり日本叩き、沖縄の恨みも晴らすってか。

>福岡県汚職
ついでに町村会ツブし。

投稿: 剣 | 2010.02.04 12:34

>リコール
三菱の時と同じですよ。実は三菱の車がよく燃えていた時に、同じくらいの割合で他社の車も燃えていましたが、それはほとんど報道されませんでした。

>呼び出し
「ちょっと来い」くらいはあったんじゃないですか。刑事の被疑者じゃないんだから、その意味での出頭要請ではなく、記者クラブの話を絡めた説明の要請とかね。だって個人なら分かるけど、役所なのに週刊誌に過剰反応するってことは、記事に一定の真実が(程度は不明だが)あったとしか思えない。全くのウソ話なら、無視するか民事でケリ付けられるでしょ。自分がリークによってマスコミを利用しているのに、その反動を受けるのはイヤってのは虫が良すぎ。

>先に抜く
要するに、クイズの早押し番組で、答えが分からないけど、隣の回答者の動きで思わずそれより速く押してしまう。そゆことじゃないかな。
合気道で、剣を抜く気配をいち早く察知し、抜く前に柄頭を押さえ抜けなくしてしまう達人がいます。剣道でいう「後の先」ってやつにも通じるかな。

投稿: | 2010.02.04 12:53

安倍元総理によれば不起訴は鳩山以下の検察への圧力の成果だそうですよ。
法秩序曲げているのはどっちなのやら。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100204/stt1002041305004-n1.htm

投稿: | 2010.02.04 14:01

>私は、検察が諦めたなんて全然思っていないんですけれど

アルカポネと同じように所得税で、って話は先週も文春新潮が同時に書いてましたね。

特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグで“リベンジ”へ2010.02.04
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100204/dms1002041233001-n2.htm

もちろんブツ読みで出てきた情報は次々リークされるでしょうから、民主党支持者の皆さんはまた当分イライラ眠れぬ夜を過ごすことになるでしょう。

小沢氏関連の別団体でも不透明収支 16億円不記載
http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201002020471.html


投稿: | 2010.02.04 15:56

ちなみに朝日新聞の公式ツイット

http://twitter.com/asahi_tokyo/status/8580178343
2月12日号の週刊朝日の記事「子ども"人質"に女性秘書『恫喝』10時間」について、編集長に東京地検から出頭要請があったとの情報がツイッターで飛び交っておりますが、出頭要請はありません。週刊朝日編集部に確認したところ、東京地検からこの記事への抗議書が届いたとのことです。

まぁ有田の「抗議があれば出頭するのが社会常識だ」というツイットが一人歩きしたってのが真相のようですが。
一方、週刊朝日の方は当初、「2月3日午前、山口一臣編集長に東京地検から出頭要請があったとの情報がインターネット上、ツイッター上で飛び交っておりますが、出頭要請はありません。」としていたものの、その後、「なお、本日は山口編集長が出張のため(出頭ではありません、念のため)、皆さまに十分な対応ができない環境にあります。恐れ入りますが、後日あらためてメッセージを発信させていただきますので、しばしお待ちください。」と微妙にニュアンスを変えてる?とにかく山口のメッセージとやらが楽しみですね。出頭があったと嘘はつけないけど完全否定しちゃうと上杉に傷がついちゃうし…ここは腕の見せ所ですw

投稿: | 2010.02.04 17:07

おまけネタ
>魔術師マーリン
 BSで観ましたが、ローマと違いイヤらしいシーンはまったく無いので

 お子様でも安心して見れます。

投稿: 安芸の住人 | 2010.02.04 17:24

>Twitter 千里を走る

利用者の地域属性は東京、神奈川、千葉で40%近いんだっけ?
この件で、共通の#syuttoを見たら追撃オジサンが張り切っているので笑ってしまった。

投稿: | 2010.02.04 17:33

自民支持者からは政権交代前の偏向報道で忌み嫌われ、民主支持者からも今回の件で偏向報道だと叩かれる。

どちらからも信頼されず、モラルを失い迷走するマスゴミの明日はどっちだ!

投稿: 五月 | 2010.02.04 18:03

>「ちょっと来い」くらいはあったんじゃないですか。刑事の被疑者じゃないんだから

伝家の宝刀を抜きっぱなしの日本最強の公設暴力団の事務所に
いつ解放されるか判らない「面会」のために「ちょっと来い」と言われるのは
大変な事だと思いますよ~。

投稿: | 2010.02.04 19:22

切込隊長BLOG

公設暴力団の事務所に
いつ解放されるかわからない「面会」に行くのは
大変だと思います。

Posted by: | 2010.02.04 at 01:03

投稿: | 2010.02.04 19:30

>#syutto
抗議しに相手先に出向いた様子はいまだにないようですね。
ところで数日前からの小沢不起訴はいったいどこからの情報だったのだろう、検察からのリークはないのだから。

投稿: 痴本主義者 | 2010.02.04 21:50

特捜じゃなく上層部のリークなんじゃないの。
まあ、それにしてもこの国にまともな政治家はいないねえ。
民主も自民も「お前が言うな」状態ですなあ。
安倍から鳩ポッポまであまりに醜い(除くコメントしてない福田)
まあ、推定無罪を知らない自民党はもう末期だね。

投稿: | 2010.02.04 21:59

残念ながら自民党も民主党もマスコミも国民も「推定無罪」なんて言葉は知っててもお題目程度にしか思ってないからねえ。
そうでなきゃ報道被害なんて言葉は生まれない訳で。

まあ、「推定無罪を知らない末期の」有権者が次の選挙でどう判断するかお楽しみってところでしょうね。

……といっても、有権者の大半はこの手の疑惑はすぐ忘れるから、選挙前にマスコミがどう報道するかで結果は決まっちゃうと思いますけど。
そのマスコミを敵に回す民主党は正直アホじゃないかと思うが。
自分たちだけの力で政権交代したと思ってるのかなあ。

投稿: 五月 | 2010.02.04 22:19

お、立花隆はまだまだがんばってるねw

立花隆が緊急寄稿(2) 「小沢不起訴」の先を読む
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100204-00000301-gtwo-pol
>いまから予言してもよいが、小沢はもう終りなのである。小沢が不起訴で枕を高くして寝られるようになったと思ったら大間違いである。
 逆にこれから一歩一歩逮捕の日に向けて詰めの動きが着実にはじまったのである。
 それが水谷建設の一件でくるか、税金の問題でくるか、あるいは政党交付金の問題でくるか入り口はまだ定かでないし、多分幾つかの「合わせ技」でくるのだろうがどれとどれを合わせてくるかなど、まだまだ定かでない点が多い。逮捕の日も予算があがる日か、別の重要法案があがるのを待つのか、あるいは別の重要政治スケジュールがあがるのを待つのか、その辺もまだわからない。しかし、事件は、金丸事件になぞらえていえば、「黄色いペンキ事件の日」から「突然の金丸逮捕の日」の間の「いつ何が起こるかわからない危険地帯」に入ったのである。

この時点でこれを書ける勇気はさすがというか…(もちろん当たるかどうかは別としてw)ちなみに上杉の例の記事については「検察憎しの立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判」だって。

投稿: | 2010.02.04 22:31

プリウス・・・
通常のブレーキと回生ブレーキの協調ってのが難しいらしいですな。
最大の回生効率を保ちながら、制動距離も通常の水準を下回れない。
アメリカで販売した日産のハイブリッドはトヨタから技術供与を受けたのですが、
ブレーキ技術全部は貰えなかったらしい。効率は低くなったが、今となってはラッキーか?
回生ブレーキと通常のブレーキの協調、そこにブレーキのアンチロック制御もからむ訳で大変だろうな・・・・
アンチロック制御だけでも下手な制御だと「空走感」が出るとか。

滑りやすい路面やでこぼこの悪路で、通常ブレーキ、回生ブレーキ、アンチロック機構を同時に制御しながら、制動距離とブレーキの「フィーリング」までを調整していくのは非常に難しいんだろうな。
スタビリティーコントロールもしなきゃならないし。

ただ、一定の圧でブレーキを掛けてるときに減速Gが落ちたらドキッとするだろうな・・・

投稿: 元川崎市民 | 2010.02.05 00:45

立花隆が緊急寄稿(1)
異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」
http://g2.kodansha.co.jp/?p=3522
この人はノンフィクションは科学技術だけにしとけばよかったのにな。押井との対談は結構よかったんだが。
よほど全精力を注いだロッキード事件が否定されるのを恐れているのかもしれないが、なんとも滑稽でとても気の毒に思える。

投稿: | 2010.02.05 01:27


>小沢ガールズストリート
まあ、学校でも職場でも誰もが嫌いな奴らとは机を並べたくはないわな。
ところで、もしかして小沢ガールズのことをネトウヨは「喜び組」とか呼んでるの?

投稿: | 2010.02.05 01:37

「アバター」が映すアメリカの苦悩
気高い「野蛮人」に憧れる野蛮な「文明人」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100203/212564/
度々アバターに言及して申し訳ないんだが、実はまだ観てないんだよな。斜め上をいくものとしてはここまでヒットすると逆に腰が重くなる。

投稿: | 2010.02.05 01:47

そういや「ラストサムライ」も同じ構図でしたね。
気高き野蛮人の「サムラーイ」という種族が出てくる。

投稿: | 2010.02.05 03:52

しかしまあ、時代の変化というものを強く感じさせられます。
特に民主党の政治倫理意識の劇的な低下。
疑惑を積極的に見逃すべきという主張は一年前ならけして考えられなかった事です。
自民信者もこの厚顔無恥さは是非とも見習うべきですね。

投稿: | 2010.02.05 06:54

>立花隆
緊急寄稿2を読む限り、裁判というものを誤解しているとしか思えない。刑事裁判は、常識で判定が行われてはいないし行ってはならない。刑法で示された範囲内での行為を、証拠だけによって判断しなければならない。常識や世論で裁判された日にゃ、冤罪の山ですよ。

投稿: | 2010.02.05 07:35

自民党の倫理観の急激な上昇に感動しますたw
その勢いで党内灰色をハトポッポ弟を筆頭に
政治資金規正法の記載不備連中をちゃんと処分し
さかのぼって時効で逃れている4億安倍や2億小渕にまで
倫理的責任を取ってもらいましょうか。

投稿: | 2010.02.05 09:01

>小沢ガールズストリート
悪い虫がつかないため。

投稿: | 2010.02.05 10:01

有権者は鳩山民主党のクリーンなイメージに期待して民主党に票を投じたのです。
「自民党もやっている」
「自民党に言う資格はない」
「不起訴で禊は済んだ」
「改革の為には汚職も許される」
これでは駄目なのです。
民主党に票を投じた有権者への裏切りに他ならないですから。

投稿: | 2010.02.05 12:19

また冗談を。
鳩山故人献金ももちろんですが
小沢の西松問題やら、政治資金規正法違反やら散々選挙前に報道されていた罠。
何処にクリーンなイメージで投票した人間がいるのやら。

投稿: | 2010.02.05 12:52

>プリウス

今回のプリウスのブレーキの件は別にプリウスに限った問題ではないと思います
特に今後に登場するいろんなメーカーのハイブリッド車、電気自動車などでも
直面する問題でしょうね
これらの高度に電子化された車は走るPCのようなものですから
従来の内燃機関の車とは似て非なるものです。
(音にしてもそうです、プリウスや電気自動車がモーターで走行して後ろから
近づいてきても歩行者は気付きにくですよね。エンジン音ありませんから)
それを操る人間の感覚とのギャップ、インターフェイスをどう改善するのか?
ユーザーが操作感にギャップを感じた場合どのようにカスタマイズできるか
が各メーカーの課題ですね(そっち系のチューン屋さんが生き残るメシの種が出来ましたね)

投稿: | 2010.02.05 12:59

>ユーザーが操作感にギャップを感じた場合どのようにカスタマイズできるか
が各メーカーの課題ですね

完全電子制御、電気動力車の操縦系は本当にこのままずっとインターフェイスを従来の内燃機関の車を踏襲した
古典的なハンドル、ブレーキペダル、アクセルペダル、シフトレバーのままで置いておいて良いのか?
考える岐路に来ているのではないでしょうかね。
最初に買う車がプリウスの人ならジョイスティックでも全くかまわないんじゃないかな逆にw
たしかに今の操縦系ならば従来車のユーザーからの転向はしやすからユーザーがとっつき安いでしょう
売ることを考えたらそうなるでしょうね
でも、内燃機関とまったく特性の違ったモーターという動力なので従来車からの乗り換えの人が今まで
に慣れた感覚で乗るとどうでしょう?
なまじ操縦系が同じだから、同じようなフィーリングを期待して運転すると実際はギャップが大きすぎてそれに慣れるまでに
ユーザーが危険な事態になることもあるのではないでしょうか?
従来の車でさえ、メーカーによってかなり違うというのに。
(僕はアルファのマニュアル車に乗っていて、会社でジャンケンで負けて弁当を買いに行くお使いで次長のオートマのコロナや
倉庫の受付のバイトの爺さんのクラウンで出ることがたまにあるけどそれですら、あまりにもフィーリングが極端に違いすぎて
怖いときがありますよ。
全体的にトヨタは感覚がデッドなんで本当にハンドル切った方向通りにタイヤが動いてるのか感覚が伝わらないので不安ありますし
またクラウンなんてブレーキをチョンと踏んだつもりで予想以上に効きすぎて驚く。
一番最後に出社した人の車が手前で出しやすいんで毎回変わりますけど、トヨタ車の人は逆にホンダやアルファは怖いといいます
アクセルとエンジンの吹けあがりの調整が違いますんでトヨタ車の感覚でアクセルを踏むと思ったよりブオ~ンと加速しちゃう
ブレーキも予想以上に踏まないと効きが遅いと言います。こっちからしたらキュッと踏むだけでガンと効くトヨタのほうが異様・・・)
最初の車体験がプリウスの人ではこの感覚がデフォになるので問題が少ないと思いますが
これはオートマにも言えることですけれどね

投稿: | 2010.02.05 13:38

>そういや「ラストサムライ」も同じ構図でしたね。
うん、この記事を読んでまっさきにそれを思い出したよ。
連中の「征服するととたんに庇護するようになる」というのは非常に彼らの心情の核心をついていて、アメリカ原住民にしたように黄色いサルが住むどこかの国に対しても、戦争に勝って制圧したとたんに子供でも扱うかのように庇護したよね。

投稿: | 2010.02.05 16:54

> プリウス
ABS作動時の、回生ブレーキから油圧ブレーキへのタイムラグは泣き所ですね。
ABSが作動するような条件だと、モータの回生失効なども考慮しないといけませんし。
それ以前に、各ECU(制御コンピュータ)間の協調制御は、一番難しいところですね。

この件ですが、低μ路や寒冷地試験はばっちり行っているはずなので、評価部署はこれで問題ないという判断をしていたんだと思いますが……。
(ブレーキ部署が、Gセンサ積んで評価してますし)

初代のプリウスなんて、ブレーキ協調が泣き所でかなりクレーム入ってましたから。
それに比べれば良くはなっていると思うんですが。
プリウスが大衆車になったおかげで表面化したような気がします。

投稿: かわせ | 2010.02.05 17:29

> プリウス

高度な電子化、自動化が逆に裏目に出てドライバーに対し戦闘機における慣熟飛行のようなプリウスの特性に慣れるための
運転訓練を行うことによってドライバーがそれなりのスキルのアップを求められる車になってしまったていう皮肉な結果ですね

投稿: | 2010.02.05 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Twitter 千里を走る:

« 753教育 | トップページ | ヒールの千秋楽 »