« こんなものいらない第2弾 | トップページ | 自動車戦争の行く末 »

2010.04.10

自動操縦のハードル

※ 高速道路 上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000008-maip-bus_all

 結局、かなりのドライバーが値上げになるということで、公約違反ではあるのですが、外環道等、いったん止めた道路にその予算を入れるということですから、そこは評価して良いのではないでしょうか。
 40兆円の道路の借金返済に充てるべきだという意見もあるでしょうが、今それを急ぐよりは、開通させて効果が見込める所に投資も必要でしょう。

※ 【杉山茂樹コラム】勝負しないメディアの責任
http://news.livedoor.com/article/detail/4709270/

 私はこのコラムを読みながら、ああ、防衛問題と全く一緒だな(^_^;)、と思ったんですよ。もう防衛費が増えないことはみんな解っている。なのに、あれもこれも欲しがって、これを切ろう、あれはもう畳もうな話は誰もしない、出来ない。
 構造的に似てる所がありますよね。みんなが希望的観測を抱いてあれこれ言うばかりで、現実を直視しようとしない。あちらもこちらも戦争末期ですね。

※ 世界の人口、巨大都市に集中の傾向 最大は東京圏
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201004090016.html

 これは面白いですよね。実は東京というのは、少なくとも欧州の大都市に比べると、道路渋滞とか十二分に許容範囲内なんですよね。
 東京並の規模の都市が欧州には無いですから簡単には比較できないけれど、たとえば空港と、何処かのホテルがある街との往復という部分で考えても、成田-東京は、CDG-パリや、ヒースロー-ロンドン市内より遙かにましな感じがします。これでもしロンドンやパリが東京圏並の人口だったらとうにパンクしてますよ。
 たとえば早朝に、市内から郊外の基地やメーカーさんに出掛けるとなっても、東京の場合は流れが逆だから、別に朝早く出る必要もないでしょう。でもパリもロンドンも市内渋滞って凄まじいからとんでもない時間にホテルを出る羽目になる。

 この大都市圏を鉄道網をビシッと整備して回しているというのは、現代の七不思議にカウントしても不思議は無いかも知れない。こんなに土地が馬鹿高い所で、良くやりましたよ。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 生活保護:未救済の低所得者3割
http://mainichi.jp/select/today/news/20100410k0000m040076000c.html
※ 陸自10人が結核、横須賀で集団感染か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100409-OYT1T00611.htm
※ 外相「空振りもある」緊急援助ドタキャン1800万
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100409-OYT1T01096.htm
※ NPOへ寄付「半額分減税」 首相、来年分から適用表明
http://www.asahi.com/politics/update/0409/TKY201004090515.html
※ 中国、邦人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で   
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E2EBE2E2E58DE2EBE2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

※ 前日の空虚重量72.5キロ

 忙殺モード継続中。本日午前5時半セットのタイマー更新。
 ちらと夕方外出したら、今週前半散り始めた桜がまた咲いているんですよね。こんな年は初めてです。それだけ天候が行ったり来たりということなのでしょうが。

※ 昨日の、自動車のオートパイロットの件ですが、私は実は、自動車のオーパイ化には、たいした技術的ハードルは無いと思っています。要は、それを実装する時のコストくらいのもので。路上ではいろんなことが起こると仰いますが、全部、システムで対応できます。人間より素早く、人間より広い視界を確保し、居眠りもしない律儀なセンサー群によって。
 そうは言っても飛行機だってオーパイ化はしていないでしょう? というご意見もありますが、どうして飛行機でそれが進まないのかを考えると、それはそれで面白いですよね。

 まず、旅客機が完全オーパイ化できないのは、キャビンという厄介者を抱えているからです。そこにいる数十数百名の予見不可能な乗客の行動を制圧するには、パイロットという権威が、今はまだ必要です。単に飛んで降りるだけなら、オートパイロットで構わない。たぶん貨物機等で徐々にオートパイロット化が進むだろうと思います。何処か郊外の空港と空港を結ぶ形で。技術的なハードルは飛行機に関してはほとんどありません。
 飛行機に関してはもう一つのハードルがあって、それを万一損失した時の経済的リスクが、人を雇用して乗せ続けることのコストを上回るからですよね。そこの乖離があまりに大きい。
 軍用機はどうか? すでに無人機が縦横に飛び回っています。無人機の操縦を戦闘機パイロットがやるのは、失業対策みたいなものですよ。海軍機にしても、離着艦を人間がやるのは、いざそれが使えなくなった時のための技量維持みたいなものですから。

 自動車をオートパイロット化してもし事故ったら、その損失は保険でカバーできるんですよね。飛行機みたいな大事にはたぶんならない。犠牲者とその遺族が悲しむことになるけれど、トータルとして事故が減らせると解れば、意外に一気に進みそうな気がするのですが。

 基本的に、道路上で発生するいろんなトラブルや飛び出しを、兵器のセンサーで、飛んで来るミサイルや砲弾を発見して対処するのと同じと考えれば、技術的ハードルなんて特にないでしょう。具体的にどういう状況なら機械では対応できないのか、ちょっとイメージできないのですが。
 せいぜい、確率判定を厳しくすると、しょっちゅうブレーキ踏みっ放しで、さじ加減が難しいとか、その程度のハードルしか思いつきませんが。

 結局そこを考えると、1%のミスは発生するかも知れない。けれど、そのミスは人間も同様か、それ以上に人間も犯す。したらその時に、システムを売ったメーカーではなく、被害者や遺族に個人の立場で責任を取って土下座して貰わなければ困るという社会学的な動機に集約されるわけで、そこは技術的なハードルとは無関係ですよね。

※ 有料版おまけ トーポリMの驚異的なCEP

|

« こんなものいらない第2弾 | トップページ | 自動車戦争の行く末 »

コメント

>>そうは言っても飛行機だってオーパイ化はしていないでしょう?
星新一が昭和30年代だっけか、病院に取材に行って、
「オートメーションの医療って無理なんですか?」と質問したら、
「今でも99%なら機械に任せられますが、医療は100%じゃないとダメなんです」
みたいな返事を貰っていました。
角川文庫の「きまぐれ星のメモ」に収録されていたかな、
その後の医療過誤の流れを見ていると、医療が100%じゃないと信頼出来ないなんて、なんて贅沢な時代だったんでしょう!

投稿: てんてけ | 2010.04.10 10:19

昨日処刑された死刑囚が八王子のスーパーの事件について事情を知っていると言ったのは、死刑を少しでも先に延ばそうとでたらめを言っただけでしょう。
警視庁は八王子の事件について死刑囚に事情を聞きに行ったんですが、死刑囚は事件に関係無しと結論を出したそうです。

投稿: | 2010.04.10 10:28

要は、それを実装する時のコストくらいのもので。

費用対効果。それでどんだけの費用が発生するか?メンテナンス費用もバカにならない。

>全部、システムで対応できます。人間より素早く、人間より広い視界を確保し、居眠りもしない律儀なセンサー群によって。

全ての車が同じシステムなら可能性もありますが、高速道路ですら現状は流れに沿わず急加速と無理な追い越しをかける車が多々いる。また、逆に高速なのに60kmで走る車もいる。現在の状態に一台だけシステム搭載車をほうりこんでも無理。まして一般道ではねえ。

投稿: | 2010.04.10 10:34

>外環道等、いったん止めた道路にその予算を入れるということですから、そこは評価して良いのではないでしょうか。


民主党はわかり易い政権です。事業仕分けなどで止めた事業を再開する基準が、民主党に反対の選挙結果の地域は、予算を廻さないということでしょう。


以下引用。

「そういう選択を長崎の方がされるのであれば、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢をしめすだろうと私はおもいます」(民主党石井一選対委員長)


「整備が見送られたのは近畿自動車道紀勢線のほか、長崎県の九州横断道長崎大分線(長崎―長崎多良見)で、「事業の効果が不透明」と理由を述べた。」
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=187722

投稿: | 2010.04.10 10:43

>高速道路ですら現状は流れに沿わず急加速と無理な追い越しをかける車が多々いる。

それ、人間には脅威かもしれませんが、コンピューターから見ればカタツムリの動きです。

コンピューターより知覚も判断も遅く、いいかげんな人間が出来ることなら、たいがいのことはやってのけるのが現在の自律制御技術です。

投稿: ほる ほる | 2010.04.10 10:46

自動操縦については、ドライブフィーリングですから、レガシーな感性のドライバーの免許を全部取り上げればOKです。物流?それこそドライバーの問題だから。
>カイネティック弾?
「はやぶさ」(嘘)
SM3より、SM-4ですね。
>結核
クォンティフェロン陽性者の周囲の検査は要らないので、発症者10名の周囲の検査で良く、数千のオーダーで200名くらいの予防内服で済むと思われます。

投稿: pongchang | 2010.04.10 10:57

なんか読めば読むほどコストを全く考えてないんですな。
自動車なんてコミコミ中古が30万でそれなりのものが買えるが
いったいいくらの車を買わせるつもりなんだろ?

投稿: | 2010.04.10 11:20

>外環道等、いったん止めた道路に
>その予算を入れるということですから、
>そこは評価して良いのではないでしょうか。

「コンクリートから人へ」を馬鹿正直に信じて
民主党に投票した有権者からすれば詐欺以外の
何者でもない。

投稿: | 2010.04.10 11:25

ある自動車メーカーがクルーズコントロールの延長技術として、前を走る車の有無と「道路の白線」を検知し一定速度で車線に沿って走る、一種のオートパイロットを開発していました。
ただ、車によってオートパイロットを実現してしまうと、道路にセンサーを埋め込む等の道路先導のオートパイロットを推進している国としては面白くないので、なかなか申請が通らなかったとか。オートパイロットも道路主体の国vs車主体の民間の構図が見て取れました。
技術的な問題ももちろんあるのでしょうが、この構図もオートパイロットがなかなか完成されない理由の一つではないかと…

投稿: shift | 2010.04.10 11:29

>いったいいくらの車を買わせるつもりなんだろ?

景気対策です、キリッ!
というのは冗談として、機能として必要なんだろうか?
長距離輸送のトラックに積んで高速道路移動中は仮眠、というのも
考えられるが何が飛び込んでくるか分からないし。
高速道路全体をドーム状に覆えば危険性はかなり下がると思うけど。

投稿: | 2010.04.10 11:29

>長距離輸送のトラックに積んで高速道路移動中は仮眠、というのも
考えられるが何が飛び込んでくるか分からないし。

何かが飛び込んできたら、人間が運転していても事故になるのは変わらないような。


>自動車なんてコミコミ中古が30万でそれなりのものが買えるが
自分で運転を楽しみたい人は、それで充分。
運転なんかロボットにまかせておけばいい。という人が相応の値段を出して買います。
プリウスも自動車としての機能は中古と変わりませんが、値段が高くても売れています。

投稿: ほる ほる | 2010.04.10 11:48

いや、プリウスどころじゃすまないだろ。
メンテナンスフリーには到底なりようもないし
どんだけ高コストな車になるのやら。
工場内配送の無人車のコストやメンテナンスを参考に考えて
それをそのまま当てはめてもとんでもない価格になるが?

投稿: | 2010.04.10 11:58

>自動車をオートパイロット化

当然ネットワーク化されて運用されると思うので、最大の敵は悪質なウイルスやらクラック攻撃ですかね。余程厳重なセキュリティかけて、かなりの高頻度でアップデートかけないと、最もお手軽で最も効果的なテロの手段になりかねません。幹線高速道路で集団暴走を起こさせればそれだけで経済に大打撃を与えることができます。

投稿: | 2010.04.10 12:19

>東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」
>驚きましたね。この犯人はきっと帰国するだろうと思っていたのに。確か、一緒に捕まった共犯の人がいて、そちらも死刑が確定しているのですが、そちらが本命だったのか。<

まったく驚きません。「確か、一緒に捕まった共犯の人がいて」の、男もその記事にあるとおり、死刑執行されている。
だいたいね、現場の下足痕から犯人は一人、単独ってわかっているんだから。
売らんかなあ~のフジサンケイ他、新潮45などの糞報道に惑わされた人はお疲れ様。

投稿: | 2010.04.10 13:10

普天間移設 徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000002-maip-pol
徳之島に対しては8日夕、政府が地元との交渉窓口と想定してきた防
衛省の井上源三地方協力局長が、知人の総務省幹部を通じて伊仙町の
大久保明町長に「会いたい。島の状況について聞きたい」と打診。大
久保氏は申し入れを拒否したが、関係者によると政府はさらに、公安
調査庁職員を派遣しているという。

反対派は徹底的に殲滅って事か。

投稿: | 2010.04.10 14:47

>反対派は徹底的に殲滅って事か。

鹿児島県は徹底的にやられたほうがいい。
15年前の再編でも他の本土基地は受け入れたのに
鹿児島県だけがワガママ言って受け入れ拒否して岩国に全部押し付けた。
押し付けられた岩国は、他のも全部押し付けられてガタガタにされた。

投稿: | 2010.04.10 15:03

>鹿児島県は徹底的にやられたほうがいい。

 地元はノーとは言ったけれど、別に徹底抗戦したわけじゃないですもん。海幕が地元のせいにして断ったんですからぁ。公安調査庁のスパイを派遣すべきは地元じゃなく航空集団。
 だいたいうちの田舎は、昔から公儀隠密集団のあしらい方は慣れとります(`・ ω・´)キリッ!

>どんだけ高コストな車になるのやら。

 つ、量産効果。電気自動車化がなれば部品点数が半分になる、みたいな話があるでしょう。それで浮いたコストをナビゲーション・システムに振り分ければ良いかと。

>死刑を少しでも先に延ばそうとでたらめを言っただけでしょう。

 第一報が日本に入ってきた時には、捕まる前に、飲み屋でそういう話を吹聴していた、という話だったように記憶していますが、黒とは言ってもシロとは滅多に言わない日本警察がシロだと断定したということは、作り話だったのでしょうね。傍証は結構固いと思ったけれどなぁ。

投稿: 大石 | 2010.04.10 17:31

>メンテナンスフリーには到底なりようもないし
メンテナンスも無人化自動化すればOK。

>当然ネットワーク化されて運用されると思うので、最大の敵は悪質なウイルスやらクラック攻撃ですかね。
ネットワーク化って、いったい何のデータをやりとりするつもり?
自律制御なんだから、中央や外部からのコントロールは不要。
せいぜいテキストで目的地や近傍の事故や渋滞情報を受け取るくらいでしょう。

投稿: ほる ほる | 2010.04.10 17:48

>ネットワーク化って、いったい何のデータをやりとりするつもり?

たぶんこの技術のことでしょう

日産、ぶつからないロボットカー「エポロ」を「CEATEC JAPAN 2009」で展示
「BR23C」ではあくまでロボット単体で障害物を回避する技術開発であったが、今回は集団としてロボットが「群走行」しながらお互いにぶつからず、障害物も回避しながら移動する技術を開発した。
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20091001_318718.html

投稿: | 2010.04.10 18:16

  ↑
簡単に言うと、路上を走ってる自動車がすべて周囲の交通状況の情報を共有する訳だ。

投稿: | 2010.04.10 18:19

>高速道路 上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

土日が休みではない者にとっては今まで恩恵に
浴せなかったので朗報ですヽ(´▽`)/

投稿: 演歌なとりうむ | 2010.04.10 18:45

shiftさん
>一種のオートパイロット

や、それホンダの一部の車に搭載されて市販されてます。自分のがそうですし。オプション装備でウイルコムの通信カードもあり、渋滞状況などをセンターのサーバーとやりとりしてます。
利用者の実感としては車のオートパイロットは既に実用化されていると思います。あとは車と信号機がネゴしてくれれば完成。

コストにしたって、今では軽自動車でも当たり前のようにエアバックだのエアコンだのバックモニターだのがついているくらいですから、標準装備になるのも時間の問題だと思います。

投稿: | 2010.04.10 18:54

>ネットワーク化
たとえば車載のセンサーだけではブラインドの交差点から出てくる車は見えませんよね?
各車に搭載されたAIが自車の位置情報と把握している限りの周囲の状況(歩行者や落下物)をCICのような情報センターに送信し、統合して各車に送り返すというのはどうでしょう?
もちろんCICもAI任せで。

イメージとしては空中管制機のデータを受け取る各戦闘機や、
イージス艦のデータを受け取るブルーリッジから脅威情報もらう駆逐艦とかみたいに。
大石先生の小説にも歩兵をネットワーク化するのがあったような…

問題は対象が多すぎて扱うデータが多すぎることですが、CICを携帯の基地局なみにきめ細かく設置すれば何とか成ると思うのですが。

投稿: 森のクマ | 2010.04.10 20:27

>運転なんかロボットにまかせておけばいい。という人が相応の値段を出して買います。

一方ロシア人の金持ちはタクシーに乗った

投稿: | 2010.04.10 20:56

>旅客機が完全オーパイ化できないのは、キャビンという厄介者を抱えているからです。そこにいる数十数百名の予見不可能な乗客の行動

どうも意図が図りかねます。“数十数百名の予見不可能な乗客の行動”は、あくまでパッケージの内部要因ですね。自動車の場合は、これが外部要因として存在しているのです。ハードルは自動車の方が圧倒的に高いと思われますが。
センサー類で対応できる問題ではないのです。ドライバーは周囲の要因に対して、感覚的あるいは無意識に危険警戒レベルを想定して運転しています。歩道にいる子供の動き、老人のふらつき、車線変更を希望しているらしい併走車、乗降の有無などの危険を予測して対応しているのです。これらはセンサー類でどうこうできるものではありません。
自動運転はそれ専用の道路でないと無理じゃないでしょうか。

投稿: ペンチ | 2010.04.10 21:00

>ドライバーは周囲の要因に対して、感覚的あるいは無意識に危険警戒レベルを想定して運転しています。歩道にいる子供の動き、老人のふらつき、車線変更を希望しているらしい併走車、乗降の有無などの危険を予測して対応しているのです。これらはセンサー類でどうこうできるものではありません。<

 全て、数値化できます。そのための機械でありコンピュータでしょう。人間が想定できるものは、全てインプットできます。
 仮にもし、これらがセンサー類で対応できる問題でないとしたら、そもそもそんなものは、人間の感覚ですら対応するのは不可能です。完璧ではないから、人間も事故を起こすわけで、もし仰る通りの命題を機械に求めるとしたら、そもそも人間自身、車を運転する資格は無いでしょう。

 人間の有利性は、想定不可能な事態にも対応する柔軟さを持つ所で、これが過去の飛行機事故で多くの人命を救ってきました。
 この場合、こと自動車運転となった時に、想定しうる限りのプログラムを搭載した自動車が想定不可能な状況に陥った時に起こす事故の割合と、想定可能にも拘わらずに事故を起こしてしまう数多の未熟なドライバーの割合と、どちらが社会として受け容れやすいか、という問題にもなるでしょうね。

投稿: 大石 | 2010.04.10 21:30

あらゆる周囲の脅威もコンピューターにとっては「カタツムリの動き」だそうですから
時速100キロで走行中に歩行者が眼前に飛び出しても制動距離がほとんど無しで停止出来るのだと思います。
で、運転手(?)がフロントガラスを突き破って飛んでいくと

投稿: | 2010.04.10 21:36

>時速100キロで走行中に歩行者が眼前に飛び出しても制動距離がほとんど無しで停止出来るのだと思います。

は~、いつも歩行者が眼前に飛び出してくることを想定して運転しているのなら、心療内科へ行った方がいいですよ。
機械なら心を病むことはありません。


>簡単に言うと、路上を走ってる自動車がすべて周囲の交通状況の情報を共有する訳だ。

違う。自律して動く物体は簡単なアルゴリズムで他者との衝突を回避し、群れを作ることができるということ。
自動車の運転には周囲の交通状況を共有する必要は無く、前後の車と一定間隔を保つようにするアルゴリズムを持つだけでOKだという話です。

投稿: ほる ほる | 2010.04.10 22:55

ホンダ・インテリジェント・ドライバーサポート・システムというのが8年ぐらい前からありまして、まあ高速道路で使用するのですが、自動でハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作を行って車間や車線を維持してくれるシステムです。

技術的にはドライバーが手放しをしても制御できますが、当初は事故があった場合の、責任の所在がはっきりしなくなるという理由で運輸省が難色を示し、ハンドルに手を添えた状態で機能するようにして、ようやく認可が下りた、というようなことをホンダの技術者から聞いたことがあります。

>もし事故ったら、その損失は保険でカバー

運転免許を持っている人は教習場や違反者講習で「人身事故を起こすと3つの責任を負う義務がある」ということを教えられますが、民事処分は保険でカバーできるかもしれませんが、刑事処分、行政処分という問題が残るのではないでしょうか。

投稿: 火男 | 2010.04.10 23:14

>で、運転手(?)がフロントガラスを突き破って飛んでいくと
シートベルトしてくださいね (o^-^o)

投稿: 森のクマ | 2010.04.10 23:24

>自動運転はそれ専用の道路でないと無理じゃないでしょうか

それ専用の家屋の中でもフルオートメーションで作れるものがたかが知れてる間はむりじゃね?技術的に出来てもペイしないとか、町工場のハンドメイドじゃないとこういうのは無理だって言ってる間は。

投稿: | 2010.04.11 00:17

>ホンダ・インテリジェント・ドライバーサポート・システム

結局まともに対応できないシステムですな。
雨、雪でもうアウト。カーブでアウト、坂道でアウト、先行車がいないとアウト。制約多すぎ。

投稿: | 2010.04.11 00:48

>この大都市圏を鉄道網をビシッと整備して回しているというのは、現代の七不思議に
>カウントしても不思議は無いかも知れない。こんなに土地が馬鹿高い所で、良くやり
>ましたよ。

これは、今はなき国鉄の功績ですね。
かつての誇り高き鉄道マンに感謝すべきでしょう。

投稿: さらりーまん | 2010.04.11 01:40

車の自動操縦について喧々諤々ですが、なんで何方も「DARPAチャレンジ」に触れられないんでしょね?
あの資料を見れば、完全自動化なんて時期尚早ってのが良くわかると思うんですが。

投稿: Ayase | 2010.04.11 01:40

>あの資料を見れば、完全自動化なんて時期尚早ってのが良くわかると思うんですが。

いったい、何の資料を見れば時期尚早という結論になるの?
平均時速22キロで完走出来るなら充分でしょ。


>結局まともに対応できないシステムですな。
ホンダ・インテリジェント・ドライバーサポート・システムはカーブや坂道、先行車が無くても大丈夫とメーカーのページにありますけど?


投稿: ほる ほる | 2010.04.11 01:50

>鉄道網

東武の根津、二人のゴトウ、五島慶太、後藤某(忘れた)、西武の堤とその強欲さは村上、堀江の比ではありません。
今なら潰されるでしょうね。戦前の方が純な資本主義だった。

投稿: | 2010.04.11 01:52

> 事業仕分けなどで止めた事業を再開する基準が、民主党に反対の選挙結果の地域は、予算を廻さないということでしょう。

長崎道については,所管の前原大臣が
>  そしてこの4車線化についてでございますけれども、これを見ていただいたら分かりますように、平成21年の繁忙期の渋滞回数、これが多いもの、そして阪和道、長崎道についてはゼロということでございました。したがいまして、B/C、あるいは平成21年の繁忙期の渋滞回数というものを勘案をしてこの4つについては4車線化を進めていくと、こういうことにさせていただいたところでございます。<
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_000873.html

と説明し,資料も公開しているのですから,
http://www.mlit.go.jp/common/000112017.pdf

こちらにもとづいて論評されるべきではないですか。

小沢さんとその取り巻きが利益誘導の意思を露骨に示していることは事実ですが,内閣がおこなうすべての施策がそうだとは限らない。箇所付けは客観的な基準に基づいて,できるだけ公開しておこなうという方針が,無視されているわけではないですよ。

投稿: やせ猫 | 2010.04.11 02:30

車の自動操縦について
 れっさーは「時期尚早」と考えます。今の技術では「対向車や歩行者がいない2点間を自律して動くことができる」のがせいぜいなレベルではないでしょうか?(それはそれでスゲー技術だとは思いますが、)
 雨が降ったら?雪が積もっていたら?黄砂や火山灰は?道に物が落ちていたら?道路工事をしていたら?パンクしたら?いつかは解決できそうだけど、今の技術で市街地を自律走行させるのは無理なんでは?と思います。

投稿: れっさー | 2010.04.11 02:39

>自動車の自動操縦
あいまいで恐縮ですが、必要以上に自動車の運転を矮小化単純化し、コンピュータの能力(ハードソフトとも)を過大にみて議論されているように思えます。

>全部、システムで対応できます
どうも簡単に言い切ってらっしゃるので、違和感を感じるのです。

投稿: 山田昇 | 2010.04.11 05:18

>は~、いつも歩行者が眼前に飛び出してくることを想定して運転しているのなら、心療内科へ行った方がいいですよ。

運転免許持っています?
教習所で「危険を予測して運転するように」と習わなかったですか?
それとも今はそう言う教え方しないのかな?

停車中の車の陰、建物の陰、等から歩行者は飛び出す場合があります、と習うと思ったけど。


>あいまいで恐縮ですが、必要以上に自動車の運転を矮小化単純化し、コンピュータの能力(ハードソフトとも)を過大にみて議論されているように思えます。

私も同感。
あまりにも「機械は万能」的な話になっていますね。

投稿: | 2010.04.11 07:36

自動車の自動操縦は、自動車メーカーの免責が明確にならないと無理でしょうね。
当分できることは、
・高速道路等、自動車以外のものの存在がないと仮定できる場所
・巡航速度をある程度維持できる場所
という条件で、予測外の事象に対しては、
・運転者が対応することができること
という条件が必須だと思います。

コンピュータのプログラムでは、不意に進路に出てきた「なにか」に対して適切に対応することは不可能です。
10年、20年後に昔のパソコンのメモリってGB単位だっただぜといえる頃にはなんとかなるかもですが。
人から物から全部に無線内蔵のチップを持たせて、お互いに通信させるとかw
これぞユビキタスwww
チップを持たないものは存在しない世界...うーんSFですね

投稿: Nori | 2010.04.11 07:51

>コンピュータのプログラムでは、不意に進路に出てきた「なにか」に対して適切に対応することは不可能です。

 ここが全く理解できないのですが。マッハ10を超える速度の弾道弾ミサイルを迎撃しようという時代に、どうしてその程度のプログラムが組めないと皆さんお考えになるのでしょうか。
 不意に道路に出て来た何かに、もしコンピュータで対応できない状況があるとしたら、それは人間でも対応は無理ですよ。

投稿: 大石 | 2010.04.11 08:08

うーん、弾道の迎撃は特定の目標物を認識して当てる、だけですが、
自動車は高速道路以外の道だと本当に「何が出てくるか分からない」
車、人、動物等、対象物パターンが膨大で今のシステムでは難しい。ということでは?

しかし、そういうシステムを入れるなら車の値段も凄いことに。
最初はリッターカーでもレクサス並みの値段かも。

投稿: | 2010.04.11 08:31

投稿: | 2010.04.10 21:36氏と
投稿: | 2010.04.11 07:36氏は同じ人物でしょうか?
(どうして捨てハンも付けられないのだろう)
運転免許もっていれば歩行者が出てくる場所で100キロ出しちゃいかんこと位教えてもらうでしょうに。

オートパイロット化にはそんな危険運転ドライバーを排除する事もできるでしょう。トータルの死傷者は減らす事ができるでしょうね。

ただしAIは交通規則を厳密に守りすぎて大渋滞なんて事が多発するかもしれません。
その辺のさじ加減が実用化の障害になると思いますが。

投稿: 森のクマ | 2010.04.11 08:52

 いつ何がどこから飛んで来るか解らないのは戦場も一緒で、戦場では、数多のノイズの中から、その微かな点の目標を素早く選別する技術にしのぎを削っているわけでして。で、公道の場合は、飛び出て来たものが何か? は厳密に判別する必要は無いわけですね。迎撃の必要も無い。単にそれが回避可能か? 回避すべきか? 回避するとなったらどう回避するか? を判断すれば良いわけで。

投稿: 大石 | 2010.04.11 08:53

まず前提条件として,機械としてのコンピュータは,自分自身でものを認識してそれを判断することは出来ません.
認識は,外部のセンサー(メカ)からの情報(それもセンサーによって規定される単純化されたデータ)によって得られるだけであり,判断はプログラム上の処理の分岐として実装されています.ついでに言うと,判断の結果による動作はやはりメカによってなされます.

コンピュータプログラムはというものは,人間が書くものであって,「適切な対応」は人間の想定した条件に基づく「判断」によってなされます.あらかじめ書かれたプログラムには,想定外の状況に対応する術はありませんし,すべての情報を事前に(それもセンサーからの限定された情報だけで)想定することは,まあ普通は不可能とされています.大石先生の言う「マッハ10を超える速度の弾道弾ミサイルを迎撃しようと・・・」というのは,その現象が,事前に予測のつく範囲内だから可能なのです.その場合はあとはプログラムに書かれた処理をするだけであるので,現在の高速なコンピュータならマッハ10でも20でも十分に対応可能でしょう.

ただ,事前に想定出来なかった現象でも,その経験を蓄積して,プログラムの書き換えという形で後の改良に生かすことが出来るのですが,最初の失敗で多大な人命が失われる可能性があるものは,リスクが大きすぎて手が出せないのでしょう.その点迎撃ミサイルは「人命を失う危機を回避するもの」ですので,やりやすいのだと思います.

投稿: 所長ファン | 2010.04.11 08:53

 そう言えば、イージス・システムなんて複数同時目標対応ですよね。

投稿: 大石 | 2010.04.11 09:07

>不意に道路に出て来た何かに、もしコンピュータで対応できない状況があるとしたら、それは人間でも対応は無理ですよ。

仰るとおりです。その場合、前方不注意ということで、悲劇が起こるのです。
でも、大半のドライバーは予測して対応しています。怪しい物陰があったり、怪しい動きが窺われる歩行者が存在する場合、速度を落としたり、歩道から距離を取ったりの対処を行っています。
こういった予測行動は、数値化の話と違います。センサー類云々だと、歩行者がいるケースでは、常に徐行しなければいけません。人間が運転する場合は、感覚的に警戒レベルを判断できるのです。

投稿: ペンチ | 2010.04.11 09:07

>ここが全く理解できないのですが。マッハ10を超える速度の弾道弾ミサイルを迎撃しようという時代に、どうしてその程度のプログラムが組めないと皆さんお考えになるのでしょうか。

そうですね。
・何かに何かをぶつける。
・動かない何かに当たらないようにする。
・決められた何かに対して決められた行動をとる
といったことはプログラムで比較的簡単に実現できます。
なぜならば、プログラムがやるべきことが明確だからです。
そして、少なくとも民生で一般人が購入できるレベルのコンピュータは、決められたことしかできません。
何十年も前からコンピュータができることは、「もし、XXがXXならXXをする」という命令の塊でしかありません。
(厳密には違うことはわかってますのでここつっこまないでね)
このまま走っていたらぶつかる「何か」が進路上に出てきたとき、
たとえば
・ブレーキをかける
・ブレーキでは間に合わないときハンドルでよける
・あきらめてぶつかる
といったことを人は比較的早い速度で対応します。
専門家ではないので間違っているかもしれませんが、この反応にはおそらく条件反射がかかわっているかと思います。
目の隅になにかを感じて考えるより前にブレーキやハンドル操作をした経験は誰にでもあるかと...
ここをプログラムで作った場合、膨大な条件を生成しないといけないことが容易に想像できます。

これは推測ですが、
>ホンダ・インテリジェント・ドライバーサポート・システムというのが8年ぐらい前からありまして、まあ高速道路で使用するのですが、自動でハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作を行って車間や車線を維持してくれるシステムです。

はあくまで前の車、車線の白線等の限定された条件のもとでのプログラムだと思います。
一般道のように、白線がなくなったり、工事で複数の白線があったり、いきなりわき道から出てくる自転車や人が存在する場所では使用できないと思います。
どんなんでしょうか? >有識者

鉄道において、自動運転が未だに新交通システム等、限定された場所でしか実現していないのも同じような理由なのでしょうね。

自動運転は、
・専用道路を作る
・全部の車が自動運転である
・人は専用道路では操作をしない(目的地、サービスエリアのようなものによるといった意思表示のみ)
といった条件下であれば今でも実現できると思います。
道路建設等、インフラの整備が必要ですが。

投稿: Nori | 2010.04.11 09:11

>いつ何がどこから飛んで来るか解らないのは戦場も一緒で、戦場では、数多のノイズの中から、その微かな点の目標を素早く選別する技術にしのぎを削っているわけでして。

戦場では、ノイズにだまされても攻撃失敗で終わりますが、世間ではノイズにだまされると大惨事になります。
この違いは大きいかと。

ふと思ったのですが、たとえば5台位の車であれば運ぶことができる運搬車ってありますよね。
これに乗せて東京-大阪間を8時間(これが速いか遅いかは知りません)で運ぶ(バスのように1時間毎にSAに休憩付で)という商売がないのはなぜなのでしょう?
車1台あたり高速料金や新幹線+レンタカーの費用より安ければ成り立ちそうな気がするのですが...ペイしないのかな...

投稿: Nori | 2010.04.11 09:24

>ふと思ったのですが、たとえば5台位の車であれば運ぶことができる運搬車ってありますよね。

繁忙期なら需要はあると思いますが、必ず4台、5台の需要があるかどうかが
商売上の分岐点では?
1台だと儲けはないと思いますし。
定期運行の貨物列車にカーキャリア?を付けて運んだら面白いかも。
(もうあるのかな?)

投稿: | 2010.04.11 09:33

回答が一つしかなく、その正答が数理的に導き出せるものであればコンピューターは非常にすばやく答えを出せますが。

数学的に答えを導きだす解法が存在しないものについては、コンピューターの能力はそれほど高くありません。そもそもの数式が無ければ、どんなスパコンを持っていても計算しようがないのです。


例えば、人類はまだ将棋という限定されたゲームですら、何が数学的に正しい解なのか分かっていないんですよ。
数学的に正しい解が分からないから、仕方なく複数の条件を与えてその条件同士の比較や重み付けで「近似的に正しそうな解」を探しているんですが。

将棋ソフトと何度も対戦していると、突然コンピューターが支離滅裂な自殺手を打ち始めるのに出くわした経験のある方は多いでしょう。

あれは与えた条件が相互に矛盾する状況が出現したときに、矛盾する条件を満たそうとして引き起こすエラーなんですね。


交通網の全てが理想どおりに24時間365日パーフェクトに稼動してくれるならコンピューター制御も現状で十分自動化出来るかもしれませんが。

現実的には世界にはあまりに多くのイレギュラーが存在し、そしてそのイレギュラーを処理する能力においては、まだコンピューター制御は人間には大きく及ばないんですよ。


投稿: ez | 2010.04.11 09:36

カートレインっていうのかな、あれは車の積み卸しが思いの外手間ということと、それができる場所が限られるので廃れてしまったと聞いたことがありますが。

ホンダのシステムはあくまでも高速道路の運転をサポートするためのものです。前に車がいなければ、クルーズコントロールで設定したスピードで走るだけのこと。

投稿: | 2010.04.11 10:55

>まず前提条件として,機械としてのコンピュータは,自分自身でものを認識してそれを判断することは出来ません

そういうのは統計処理や事前学習でクリアできます。


>例えば、人類はまだ将棋という限定されたゲームですら、何が数学的に正しい解なのか分かっていないんですよ。

将棋をプレイしたり、自動車の運転に正しい解は不要です。目の前の事象に対応できるだけで十分です。
また、将棋プログラムは現状でアマ名人レベルに到達しています。

オートパイロットに反対している人は、必要以上に自動車の運転を極大複雑化し、コンピュータの能力(ハードソフトとも)を過小に評価しています。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 10:59

>また、将棋プログラムは現状でアマ名人レベルに到達しています。

だからそのアマ名人クラスのプログラムを集めた大会での対戦ですら、コンピューター同士が自殺手を打ち合って終わることがしょっちゅうあるわけですが・・・

アレを見ていてコンピューター同士が互いにフルオートで制御した自動車に乗りたいと思う人間はいませんよ。


高度な判断が出来ることと、常に正常な判断が出来ることは全く違う性質の機能です。

投稿: ez | 2010.04.11 11:14

オートパイロット…専用道で全ての車や道路にシステムを整備できるくらいインフラを整えれば技術的に可能だとは思いますが、技術的or理論的に可能ってのと実際に運用可能(コスト含め)ってのに凄い開きがあって、そこの話をしてるか否かだと思うんですが。

>コンピュータの能力(ハードソフトとも)を過小に評価しています
そりゃ能力だけならいけるでしょうが、それをプログラムするのは結局人なので。人柱を万単位で埋めるつもりならいけるかもしれません。

投稿: P | 2010.04.11 11:25

>高度な判断が出来ることと、常に正常な判断が出来ることは全く違う性質の機能です。

自動運転に高度な判断も、常に正常な判断も不要です。

人間の運転でも、アマ名人並の思考を行っている人はいませんし、初心者を楽しませることができる思考が可能なコンピュータなら人間以上に安全運転が可能でしょう。

工場労働の多くが自動化されています。そこに運転が加わるのも遠い日ではないでしょう。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 11:25

完全な自動運転だと法定速度以上は出せないようになるんでしょうかね。

投稿: たこ | 2010.04.11 12:21

>工場労働の多くが自動化されています。そこに運転が加わるのも遠い日ではないでしょう。

工場労働の何が自動化されているかを考えれば簡単なことなのですが。
決まったことをするのはコンピュータの得意とする分野です。

>将棋をプレイしたり、自動車の運転に正しい解は不要です。目の前の事象に対応できるだけで十分です。

目の前の事象に対応することが以下に難しく、かつ生命体がそれをいかにうまくやっているかを理解していないですね。
残念ながら、今の車に乗せれる程度の規模、価格のコンピュータでは無理です。

それにそんなことができるのなら、先に山手線や新幹線が自動化、無人化されているでしょうね(笑)
こっちのほうが、ハンドル切る必要がない、飛び出してくる事象の可能性、種類がはるかに少ない分ハードルが低いです。

投稿: Nori | 2010.04.11 14:54

>目の前の事象に対応することが以下に難しく、かつ生命体がそれをいかにうまくやっているかを理解していないですね。

そのあたりのアルゴリズムは説き明かされているし、現在発売されているCPUで充分対応可能。
生命体が高度な活動をしているというのは、人間の錯覚です。


>それにそんなことができるのなら、先に山手線や新幹線が自動化、無人化されているでしょうね(笑)

新幹線が無人化されないのは飛行機と同じ理由。
機械を信用できない人間を安心させるためです。子犬の不安を和らげるために母犬のにおいがついた毛布を渡すのと同じ。

山手線は運転密度が高くて、新しいシステムを導入する暇が無いでしょうね。


投稿: ほる ほる | 2010.04.11 15:28

>それにそんなことができるのなら、先に山手線や新幹線が自動化、無人化されているでしょうね(笑)
こっちのほうが、ハンドル切る必要がない、飛び出してくる事象の可能性、種類がはるかに少ない分ハードルが低いです。

技術的には可能でしょう。
スピードが違うだけで求められる仕事はポートライナーやゆりかもめと変わりませんからね
では山手線や新幹線がなぜ無理なのか?
それは技術それ以前に、全路線の自動化対応工事、現在働いている運転士などの雇用確保の問題など
経済的、社会的、政治的問題の要因によって無理なんですよ。
だから全く新たに建設されたポートライナーやゆりかもめなど完全自動の交通機関は元から
そういったややこしい問題がなかったから自動化できたんです。


投稿: | 2010.04.11 19:54

>>ほるほるさん

 「機械を信用できない人間を安心させるため」って・・・。いくらなんでもその理由は無理がありすぎると思いますよ。そんなのが理由になるんだったら、いまここで議論されている自家用車のオートパイロットなんてなおさら無理ですがな。

 そう仰るのなら、いま現在無人運転されている交通機関の乗客には、いったい何が「安心毛布」として渡されているんでせう。

投稿: KWAT | 2010.04.11 20:44

>いま現在無人運転されている交通機関の乗客には、いったい何が「安心毛布」として渡されているんでせう。

「安心毛布」が必要と考える人は無人運転の交通機関の乗客にはなっていないと思います。

山手線は現状でうまく稼働し、利益も順調にでているので、無人化する意欲がJRに無いのでしょう。
自動列車運転装置を使った半自動化による安全性の向上と運転手の負担軽減はすでに行われていますし。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 21:00

>コンピュータの能力(ハードソフトとも)を過小に評価しています

ほるほるさんはプログラムを書いたことがないんですね.一度でも本格的なプログラムを書くと,ソフトは人間の思考を記述したものであることが理解できるのですが・・・

「初心者を楽しませることができる思考が可能なコンピュータ」なんてことは,科学技術関係のコンピュータに関わった人は決して言いません.他の方も(表現は違えど)繰り返しおっしゃっているように,コンピュータは物を考えることが出来ない代物なのです.

投稿: 所長ファン | 2010.04.11 21:07

>「初心者を楽しませることができる思考が可能なコンピュータ」なんてことは

ゲームデザイナーとゲームプログラマはそれを実現していますよ。


>コンピュータは物を考えることが出来ない代物なのです.
それは人間も同じです。
そもそも、人間が物を考えていると実証されたことは無いはずです。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 21:25

>そもそも、人間が物を考えていると実証されたことは無いはずです。

これはすごい
「人間も物を考えることが出来ない」と考えるにいたった貴方は神か

投稿: | 2010.04.11 21:35

うーん,話が噛み合わないですね.「ゲームデザイナーとゲームプログラマはそれを実現していますよ」というのは,コンピュータという機械を使って人間が実現しているのです.その手段がプログラムなんですね.ほるほるさんは,やはりプログラムを書いたことはなかったようですね.

あと,「人間が物を考えていると実証されたことは無いはずです」っていうのは,コメント不可能な屁理屈ですよ.実証されていないから,人間が物を考えてはいないはずだなんてことを言う人を初めて見ました.普段からむやみにコメントも多いようですし,学生さん(それも文系の)なのかな?

投稿: | 2010.04.11 21:35

あっ,HN入れ忘れた.上記は私の投稿です.

投稿: 所長ファン | 2010.04.11 21:37

>その手段がプログラムなんですね.
思考するようにプログラムされているだけですよ。
プログラムが思考ではないと論証できるならしてみてくださいな。


>「人間も物を考えることが出来ない」と考えるにいたった貴方は神か

CPUに計算させることと、シナプスが興奮して計算することの違いはどうやって区別できるんですかね?

人がプログラムを書くから、CPUよりも人が偉い・高度だというのは、人間の錯覚です。
与えられた周辺状況から、目的を達成するためのプログラムを作成するシステムはあります。
また、人間の行動は殆どがただのパターンマッチ。
思考したかのように思っているのは、脳が後付けで「思考して行動したかのように」記憶を編集しているだけなのかもしれませんよ。


投稿: ほる ほる | 2010.04.11 22:06

ますますすごい

コンピューターはプログラムによって自立的な思考を行っているが
そのプログラムを入力した人間の思考らしきものは記憶の編集に過ぎない?

こうなれば車の自動操縦なんてケチくさいこと言わずにコンピューターに政治を任せましょうよ。

投稿: | 2010.04.11 22:25

ははは,屁理屈につき合うのも大人げないのですが・・・

すべてのプログラムは,「連接」「判断」「繰り返し」で構成されています(まあ,割り込みというのもありますが,とりあえずはこの三つが基本ということで).人間がプログラムを書くプログラミング言語は,例外なくこれらの構文しか持っていません.プログラマーは,この三つの要素だけで,コンピュータに処理をさせます.「思考するようにプログラムされている」というのも,これらの構文で人間が書いた結果です.これはプログラムの基本であって,議論の余地はありません.

要するに,人間の思考を走らせただけのものを,素人さんが「コンピュータが考えている」って思っているだけの話です.まあ,ゲームはそう見せなければならないものなのですがね.

あと,これは横ですが,「計算」と「考えること」は違います.コンピュータの中では,「演算」と「判断・分岐」としてはっきり区別しています.人間の世界でも,計算は単なる作業で,思考とは区別されますよね.CPUは,演算の機能だけを持つものであり,思考(=判断)はプログラムに書かれた処理しか出来ず,しかもこれも内部ではAND/OR演算として処理されています.要するにプログラムというのは,何から何まで計算なんですね.ちなみに,これの実証は「プログラムを書いてみろ」になります(笑).

ほるほるさんも,頭は悪くなさそうですので(普段の科学技術に関すること以外のコメントはなかなか鋭いことを言うと感心してます)一度プログラミングを勉強されてみたらどうですか?

それと老婆心ながら,都合が悪くなると「実証しろ」というのは,あまり感心しませんね.学生さんならなおのこと.

投稿: 所長ファン | 2010.04.11 22:42

>すべてのプログラムは,「連接」「判断」「繰り返し」で構成されています

それ、業務用プログラムのみに適用できる構成です。
入力・出力・自己書き換え、目的・モデル定義などプログラムには様々な種類があります。

>CPUは,演算の機能だけを持つものであり,思考(=判断)はプログラムに書かれた処理しか出来ず,しかもこれも内部ではAND/OR演算として処理されています.

AND/OR演算も複雑に組み合わせれば非線形的な出力を返すようになります。

>「思考するようにプログラムされている」というのも,これらの構文で人間が書いた結果です.これはプログラムの基本であって,議論の余地はありません.

プログラムの内容をプログラム自身の出力で書き換えればすむ話で、1960年代には確立された技術です。
もはや、プログラムで書かれた思考ルーチンと、人間の思考を区別する方法は存在しません。

プログラムが何から何まで計算というなら、人間の思考も何から何まで計算です。
一方はシリコンと電子、一方は有機分子と化学反応を利用しているというメディアの違いがあるだけです。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 23:17

>こうなれば車の自動操縦なんてケチくさいこと言わずにコンピューターに政治を任せましょうよ。

候補者の代わりに、人工知能を候補者として立てることが出来るようにすればOKです。
吉田茂Ver5やロバート・ケネディ2100といった候補者が選挙をにぎやかにするでしょう。

投稿: ほる ほる | 2010.04.11 23:21

もうどこまでがネタでどこまでが本気かわかんないですね。

投稿: P | 2010.04.12 01:18

>もうどこまでがネタでどこまでが本気かわかんないですね。

そりゃまぁ、フィクションを書くプロが、現実世界を論じて悪戦苦闘するブログですからここは。

投稿: Q | 2010.04.12 06:36

>候補者の代わりに、人工知能を候補者として立てることが出来るようにすればOKです。

一議員としての候補者なんて言わずに一台のコンピューターに政治、経済、外交、教育・・
全ての判断をゆだねるように決議すればいいんじゃないですか?

投稿: | 2010.04.12 06:37

ダメだこりゃ(笑)

これで最後にします.時間の浪費でした.

AND/OR演算も複雑に組み合わせるのがプログラマの仕事で,コンピュータが自律的に組み合わせることが出来ないって言っているんですけど,理解は出来ない(しない)しょうね.あと,「業務用プログラムのみに適用できる構成」であるか否かは,ゲームプログラマーに聞いてみるのがよいでしょう.「入力・出力・自己書き換え、目的・モデル定義」なんてのも,内部的には「連接」「判断」「繰り返し」で実装されているというのは,プログラムを書いてみればすぐわかります.とにかく,プログラミングをしたことのない人が,聞きかじりの知識で何を言っても無駄ですよ.頭は悪くなさそうなのに,実に勿体ない(笑).

投稿: 所長ファン | 2010.04.12 06:39

>コンピュータが自律的に組み合わせることが出来ないって言っているんですけど

自律的に組み合わせるようにプログラミングすればよいだけ。
Lispのマクロでも勉強してください。


>内部的には「連接」「判断」「繰り返し」で実装されているというのは

物体はすべて原子でできているから、原子の動きがわかれば、全ての生命活動を説明できる!という主張と同じですね。
不確定性原理で完全に否定されていますが。


>AND/OR演算も複雑に組み合わせるのがプログラマの仕事で
手続き型言語しか知らないようですね┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: ほる ほる | 2010.04.12 06:46

ほるほる、月~日まで早朝から昼、夜、深夜、とご苦労さん。
外へ出て空気でも吸って来いw引きこもってちゃあ煮詰まるだけだよ。

投稿: | 2010.04.12 07:35

>外へ出て空気でも吸って来いw引きこもってちゃあ煮詰まるだけだよ。

君が引きこもっているからと言って、私まで同じに扱わないで欲しいな。

投稿: ほる ほる | 2010.04.12 07:43

「連接」「判断」「繰り返し」がどうのこうのおっしゃるなら、
自動車の自動操縦システムなんてチンケなものの前に安価な実用になる非ノイマン型コンピュータでも作られたがほうがよろしいでしょう。
先生がイージス艦についておっしゃられたように、一般道路のような複数目標を同時判定して対処するシステムは「現状」じゃフェーズドアレイアンテナつけた駆逐艦サイズにしか収まらないですよ。(自動車のほうが2次元に近いのでいくらかは小さくなるでしょうけど。)

投稿: 狸穴 | 2010.04.12 11:33

>安価な実用になる非ノイマン型コンピュータでも作られたがほうがよろしいでしょう。

グラフィックボードに使用されているチップがそれですね。


>複数目標を同時判定して対処するシステムは「現状」じゃフェーズドアレイアンテナつけた駆逐艦サイズ

そりゃ、航空機やミサイルなど遠距離・超高速の物体をとらえるための高出力のアンテナを装備しているからです。
自動車なら周囲10mも探索できれば充分。複数目標を同時に判定して処理する必要もありません。

投稿: ほる ほる | 2010.04.12 12:08

>周囲10mも探索

10mじゃ、空走距離0でも止まれずに衝突。

>複数目標

同時じゃなくても良いけど、複数対象について判定する場合、最適値は乗員それぞれだと思うけど?
それを乗員がアシストするんじゃ、そこで車は立ち往生するよね。

投稿: nao_c/w | 2010.04.12 12:22

>10mじゃ、空走距離0でも止まれずに衝突。

当然、視覚として画像処理をメインに走ります。
レーダーは横断歩道を渡る歩行者や道路の起伏をチェックするために使う程度。

>複数対象について判定する場合、
何を判定するの?
四方八方から歩行者が飛び出してくるわけじゃなし。

投稿: ほる ほる | 2010.04.12 12:33

>視覚として画像処理

視覚?
人間がアシストするのですね?だったら以下略。

投稿: nao_c/w | 2010.04.12 13:01

以下略と書いたけど、
人間がアシストするのか、しないのか明確にしようよ。
文脈的に自動運転に関して人間ができることは、全てコンピューターで代替えできるって読めるから。

投稿: nao_c/w | 2010.04.12 13:22

>自動運転に関して人間ができることは、全てコンピューターで代替えできるって読めるから。

その通りですよ。

視覚は光学系のセンサ-、カメラなどのパッシブセンサーのことです。
自動車に長距離レーダーを積んでも、建物の多い路上では役に立たないでしょうし、見通しの良いところではカメラで充分です。

投稿: ほる ほる | 2010.04.12 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動操縦のハードル:

« こんなものいらない第2弾 | トップページ | 自動車戦争の行く末 »