« 浜名湖転覆事故 | トップページ | 先任将校 »

2010.06.20

公務員社会のお約束

※ 日本、0―1でオランダに敗れる W杯2戦目
http://www.asahi.com/worldcup/japan/TKY201006190231.html

*日本、引き分け以上で決勝T進出…デンマーク戦
http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2010/news/japan/news/20100620-OYT1T00182.htm?from=top

 以下、素人の感想。
*前半、ヲランダのボール支配率は恐れたほどそんなに良く無かったように思う。カメルーンの方が走っていた。
*日本、ボールをキープして相手陣営に攻め込んだ後、蹴り込むまでもたもたして、その隙に、ヲランダが守備を固めるというシーンが何回かあった。
*双方、共に攻めあぐねている印象強し。
*後半、ヲランダが一気にアグレッシブになる。前半とはまるで別のチーム。これで40分持つのか……、と思った矢先に一点取られる。
*大久保! もう少し精確なシュートはできないのかorz。良く攻めているんだけどなぁ。
*気のせいか、俊輔が出てきてから、味方エリア内での防戦が増えたような。俊輔は、ボールを奪われた後、すぐ奪い返す技術は凄いと思ったけれど、昨日の試合運びでは、彼が入ったことが良い影響を及ぼしたようには見えなかった。
*もう松木さんの解説は最高! どんな状況でも、なんとかなりそうな気にしてくれるw。

 3-1くらいの勝敗を予想していたので、1-0という結果は得失点差としては良い期待を持たせてくれるのではなかろうか。

※ 震える唇 怖かった 浜名湖ボート事故
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001006190001

*救助の施設所長「曳航は初めて」 浜名湖ボート転覆
http://www.asahi.com/national/update/0619/TKY201006190332.html

>船には必ず大人2人が乗っていたが、中には青年の家の職員は乗らず、教員2人で指導する船もあったという。

 ここが疑問なのですが、そもそもボートに関して、何かの経験があるとも思えない教師が乗って、いったい子ども達に何を教えられるんだろうか? 教師自身が船酔いを起こして判断力低下を招くとしか思えないんだけど。

 実は事故があった日、私も天気を気にしてまして、朝から何度も天気予報を見て、Yahoo-JAPANの天気予報で雨雲の動きをチェックしていました。
 というのも、もし雨が降ったらウォーキングは中止、ぎりぎり持つようなら出かけようかと思っていたからです。
 結局、私の判断の中では、たぶん帰宅する頃には降っているだろうし、それは本降りに近いだろうけれど、2時間歩く内、後半一時間降る程度なら大丈夫だろうと思い、我が家で一番大きな傘を持って出かけました。普段、私のザックには軽量の折りたたみ傘が入れっ放しなのですが、九州の雨のニュースを見ていたので、たぶんそれでは間に合わないだろうと思ってのことです。雨を覚悟して出かけることはありますが、わざわざ傘を別に持ち歩くというのは、年に数回しかありません。金曜はそんな天気だった。
 実際に、霊園を過ぎて久地駅に下りる頃にはぽつぽつ降って来ました。引き返す時には傘を差していましたが、それでも、円筒分水の辺りまで来てやっと本降りという感じでした。浜松と川崎の低気圧通過の時間差を考えると、子ども達が外に出た時点で向こうはもう本降りだったはずなんですよね。
 私の日常の天気への関心は所詮生活レベルの必要性です。でも世の中には、2、3時間置きに天気を確認しないと商売にならない仕事というのはたくさんあるでしょう。学校の先生にとっては、必要性は遠足や運動会くらいのものなのだろうか?

 ひとつ感じるのは、公務員社会のお約束が悪い影響を及ぼしたのだろうか? と。つまりそこでは、自分が管轄する問題の外で発言し、意見することは必ずしも歓迎されないでしょう。
 雨が降れば自分だってずぶ濡れになる可能性があるのに、教師が天気を気にしなかったとはとても思えない。恐らく、この天気は拙いんじゃないか? と感じた教師はいたと思うんですよ。でもそれを言い出せない雰囲気があったのではないか? 校長が、天気に関心を払わなかったというのは、結果としての保身ではなく、そう振る舞うことが彼の職業的モラルとして普段から身についていたからでは無かろうか? と思うわけです。風通しの善し悪しというか、公務員の処世術というか。
(*所長以下の関係者がどういうキャリアの持ち主なのか、今ひとつ情報が無いんですよね。一ツ橋グループに委託運営されていたという話ですが、出版業界から単に天下りして来たのか、それとも教育関係者をそのまま雇用し続けたのか)

 あともう一つ。ここでの研修は人気だそうだけど、日本には梅雨もあれば台風もあるわけで、そこいらへんを考えずに、学校側の都合だけで、梅雨の季節にこんな研修を入れるのはどうなんだろう。

※ 菊池英博氏インタビュー
http://www.youtube.com/view_play_list?p=97092CF3A7F26A0E

 コメントにもあるけれど、音声が悪すぎる(途中から若干良くなる)。それを我慢しても聞く価値があるけれど、とにかくまともに聞き取れないので、相当に集中しないと、何を喋っているのかよくわからないです。
 誰か岩上氏に録音のノウハウを教えてくれないだろうか。勿体無い。要は、ピンマイク2本を一本にしてビデオカメラのマイクインに突っ込めるようなものがあれば良いんですよね。ググッてみると、アツデン製のワイヤレスマイクが出てくるんだけど、これは業務用だから値が張るんだろうか。

※ 菅首相「リストラする経営者ほど立派というのは大間違い」  
http://www.asahi.com/politics/update/0619/TKY201006190240.html

>日産自動車のカルロス・ゴーン社長を名指しで批判。「首切りのうまい経営者は優れた経営者であるはずだと言ってたくさんの給料をもらっている。国は国民をリストラすることはできない。国民全体を考えたら、リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い」<朝日
>「なぜカルロス・ゴーンさんの給料が高いのか。クビ切りがうまかったからだ」<日経

 選挙用のトークである点を差し引いてもあまりにもセンスがなさ過ぎるorz。こんな安っぽいポピュリズムな台詞を一国の宰相が口にするなんて情けない! この人がこんな単純で短絡的な経済知識しか持ち合わせないとしたら、日本経済復活なんてとうてい無理だと思う。

※ 新安保50年:「米軍駐留、日本防衛に不可欠」…ナイ教授
http://mainichi.jp/select/today/news/20100620k0000m030014000c.html

 昨日の朝日が数面使って安保を論じていましたが、まるで産経新聞かと思わせるようなウヨな論調で驚いた。中国軍の装備に関する知識とか、ちょっとどうよ? というレベルで。元帥もせめて後進を育てりゃ良かったのに。

※ 中国、人民元の上昇容認へ 対ドル相場固定を解除の意向
http://www.asahi.com/business/update/0619/TKY201006190268.html

 良いニュースですね。今年の経済関係のニュースで、一番良いニュースではないでしょうか。つられて円高にぶれるという話もあるし、それこそ二桁で上がらないと効果は薄いだろうけれど、うまくすれば、日本のデフレにブレーキを掛けるきっかけにもなってくれるでしょう。

※ へき地の小学校に助成金
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=00173097_20100619

>現和小学校の

 せめて母校の写真くらいくれ! でもあのエリアでまだ70名の子供がいるというのはがんばっている方だと思う。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ ANAが格安航空会社を新設へ…国際線は半額
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100619-OYT1T00532.htm?from=main3

※ 雑記帳:ブルーインパルス背景に結婚記念撮影会 松島基地
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100620k0000m040030000c.html

※ ベトナム新幹線計画否決、日本の輸出戦略に打撃
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100619-OYT1T00750.htm?from=main4

※ 人類初の快挙「はやぶさ」 軍事への応用は周辺諸国への脅威(1)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0619&f=it_0619_001.shtml

※ 前日の空虚重量70.0キロ

 ニューPCのスマートビジョンが突然お亡くなりなる。何もしていないのに、ワイヤレスTVが接続できないとかエラーメッセージが出る。週明けサポートだなと一度は諦めたけれど、何かのキャッシュが悪さをしているのではなかろうかと思い、試しに番組表から現在放映中の番組をクリックしてみたら復旧する。変なの……orz。

※ 有料版おまけ 口臭の元を絶つ!

|

« 浜名湖転覆事故 | トップページ | 先任将校 »

コメント

高校で同じような合宿ありました。授業をメインにボートやオリエンテーリングが組み込まれてました。その日は天気は良かったのですが風が強く波も高く漕ぎ出そうとしても前に進まず暫くして中止になりました。事故が起きても誰も責任取りたくないはずなのに注意報が出てる状態で船を出すなんて信じられません。ある種の空気があったのでしょうか?

投稿: | 2010.06.20 10:22

>オランダ戦
あれほどガチガチに守備的なサッカーをしてくるのは、正直驚きです。岡ちゃんはグループリーグ突破に本気だと強い意志を感じました。

投稿: 銀次 | 2010.06.20 10:37

>リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い
JALのリストラは・・・

投稿: ん? | 2010.06.20 10:42

>昨日の朝日が数面使って安保を論じていましたが

http://www.dispatchjapan.com/blog/2010/06/usjapan-security-conference-d%C3%A9j%C3%A0-vu-but-not-quite-all-over-again.html

Meanwhile, Yoichi Funabashi, the influential editor-at-large for Asahi Shimbun, graciously began his talk by thanking the thousands of US servicemen and women who have served in Japan, as well as Japan’s Self Defense Forces, for having helped preserve peace and stability in Northeast Asia. Funabashi, who has come under significant criticism inside Asahi as overly pro-American, outlined an alliance division of labor between a ‘civilian power’ Japan and a ‘military power’ United States.

投稿: | 2010.06.20 10:56

>へき地の小学校に助成金
の、アドレスをクリックすると、以下の如し。

>指定のデータはありません

小生のPCの不調でしょうか?

投稿: | 2010.06.20 10:56

>ベトナム
パッチもんでいいということか?中韓の。
日本の住民運動や消費者は世界基準から外れた仕様を追加させるのはコストアップに繋がるし、法体系の整備まで要るシンカンセンってどうよっと思わなくもない。
MRJに期待しましょう、生暖かく。
>軍事への応用
だから、ロシアにはクレグレも日本と組んで、沿海州ではなくてクリル諸島に打ち上げ基地を創ってほしいものだ。(真上を飛ばないように)
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052801000135.html

投稿: pongchang | 2010.06.20 11:03

> 学校側の都合だけで、梅雨の季節にこんな研修を入れるのはどうなんだろう。

問題は風と波であって、雨は問題ないのでは?

これを見ると、救助の際の混乱が分かります。転覆は想定外で、対策を立てていなかったのでしょう。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100619-OYT1T01113.htm

投稿: | 2010.06.20 11:11

>Meanwhile, Yoichi Funabashi

 面白いサイトですね。船橋さんは昔からああいうポジションのお人ですから。

>指定のデータはありません

 すみません。一日も経たずに頁が全部更新されたみたいです。どうして日本の放送局はどこもニュース記事を急いで消すんだろう。

投稿: 大石 | 2010.06.20 11:12

>リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い

でも、しがらみに囚われて、無能重役を切れない奴もいるし。

『リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い。無能か有能か、中長期的に考えて、思い切ったリストラをするのが生き残りのカギ。
 そもそもリストラとは、企業戦略全般の見直しのことで、無能な輩は切って、有能な新鮮な人材資源を入れることは手段のひとつにすぎない』

ゴーンさんは、いすゞからウルトラアグレッシッブな中村デザイナーを引っこ抜き、経営の立て直しに成功した。
(いすゞのフェロー(工学博士、技術士)から直接聞いたし、いすゞ中心だったバイクチームは今や日産・日産車体あたりが中心になってる)
ただし、デザイナーを重視しすぎたせいでシャーシ設計ができないエンジニアが増えて、日産車体に丸投げで、日産は原価管理さえできない
若手社員が増え、そのうえ、開発を合議制でヤルようになって、トンがった魅力あるクルマが一時なくなり、今、見直しされてるそうな。
(GTRのみ、その合議制から外した体制をとったので、あの凄みのあるクルマができたんだとか…)

投稿: 元システム屋 | 2010.06.20 11:40

温野菜作るなら電子レンジですぜ、先生

http://www.amazon.co.jp/dp/B0018B73IW

投稿: 通りがかり | 2010.06.20 11:51

企業と従業員は単なる雇用契約。
それと国家と国民の関係を一緒に論じる菅直人は大馬鹿者。

投稿: | 2010.06.20 11:59

>>それと国家と国民の関係を一緒に論じる菅直人は大馬鹿者。
ん? その通り「国家と企業は違うから一緒にはできない」と言ってるのではなかったっけ?

投稿: 義忠 | 2010.06.20 12:24

>それと国家と国民の関係を一緒に論じる菅直人は大馬鹿者。

同じ大馬鹿者でも、『リストラ=首切り』としか捉えていない点が大馬鹿なんだが。
『国家そのものをリストラする(=再構成する)』というのは、理論的には可能なんですが…

菅直人と同じ文脈でしか『リストラ』を捉えていない馬鹿が多すぎるよ、この国は。
私自身は、自分自身の『リストラ』の真っ最中ですがね。(馬鹿が多いんで、判らん輩には『リセット』って言ってますけど)

投稿: 元システム屋 | 2010.06.20 12:35

リストラ(リストラクチャリング=再構築)って名の通り、本来は業務内容を再構築する事で経営を立て直そうみたいな話でしたっけ?
それがなにやら再構築の手段の中の不採算部門の切り捨てだけが注目されて、いつの間にやらリストラ=首切りになったと。
マスコミがいい加減な言葉の使い方をした影響なんでしょうけど……

投稿: 五月雨 | 2010.06.20 13:25

>リストラ
日本のマスゴミ特有の言葉の置き換えによるソフトイメージ化ですよね。「人員整理」という言葉があるのに、リストラという言葉で刺激を少なくしているのでしょう。
「売○=援○交○」と似たようなものでしょう。

>LCC
しかしANAが経営するLCCを運営してうまく行くのでしょうかね。かつても、国内線で低コスト運用を目的にエアー・ネクストなどを設立しましたが、結局、本体が吸収することになってしまいましたから。
全く別ブランドで行うのでしたら、本社は海外に置いて、ANAとは関係のない会社に見せた方が良さそうな気がします。また、機材もトリトンブルー系の塗装だとご本体を連想させますから、赤やオレンジなど、全く違う塗装にしないとね。いっそうのこと、倒産したビバマカオ航空でも買収した方が手っ取り早くないですかね。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.06.20 13:34

>公務員社会のお約束が悪い影響を及ぼしたのだろうか? と。つまりそこでは、自分が管轄する問題の外で発言し、意見することは必ずしも歓迎されないでしょう。

他部署や他担当とやり合ったり、内容によっては遠慮したりは、公務員社会云々でなく、どこの組織でも同じでしょう。

>この天気は拙いんじゃないか? と感じた教師はいたと思うんですよ。でもそれを言い出せない雰囲気があったのではないか?

雰囲気とかでなく、この中学の安全管理体制や意識の問題でしょう。管理責任や安全注意義務は、学校運営において重く受け止められています。ボート訓練の実施/中止について、現場レベルで判断するか、校長の判断を仰ぐかは各校まちまちでしょう。波が高い状況下であれば、普通は中止するでしょう。
そもそも、ボート訓練の実施要領が存在するはずです。その中で、実行/中止の判断基準が書かれていると考えられます。また、保険に加入しているはずで、その際の起案文書に関係書類が内部参考用として添付されるはずです(きちんとした事務手続きをする組織であればですが)。アメリカでは保険契約の際、安全確保のための実施計画がないと契約を受けてくれません。←聞いた話です。

>校長が、天気に関心を払わなかったというのは、結果としての保身ではなく、そう振る舞うことが彼の職業的モラルとして普段から身についていたからでは無かろうか?

この校長が無頓着なだけですよ。普通は天候について、心配して現場とやり取りしますよ。


不思議な出来事
不思議と言っては大石様に失礼なのですが。本日、行きつけの書店に大石様の著作多数が入荷していました。中公文庫の「神はサイコロを振らない」「ぼくらはみんな、ここにいる」「沖ノ鳥島爆破指令」「死に至る街」です。多分、二度とないことだと思いますので、大人買いをさせていただきました。なんで突然入荷したのか、不思議です。

投稿: ペンチ | 2010.06.20 13:37

>>リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い

さいたま市だか千葉市だかの演説で、何故ゴーン氏を引き合いに出す必要があるんだ?

>>ん? その通り「国家と企業は違うから一緒にはできない」と言ってるのではなかったっけ?

ゴーン社長を名指しで批判、という前振りがなければ新聞の読者を騙せたかもしれないけど、ゴーン社長の功績の一つは、派閥争いでフェアレディZの製造を禁止した重役の影響力を潰したこともあるでしょう、「売れる物を何故作らないんだ!」と。

投稿: てんてけ | 2010.06.20 13:39

>リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い

カルロス・ゴーンが社長になった時点で日産にはリストラ以外の方法は無かったと思いますよ。
まあ後はGMやイタリアのアルファロメオみたいに産業再生機構とか公的なとことに預けて
国で面倒を見るという方法くらいのもんですか・・・
それ以前は出る車、出る車ことごとく売れずに赤字を垂れ流しシェアを奪われ続ける一方でしたからね
そのころの日産の自動車開発は重役がプレゼンで開発担当にダメ出ししてデザインをやり直しさせた車ほどよけいに
売れなくなるという悪循環(高い金払ってイタリアでデザインしたのを重役がああだこうだいじくって潰した某車とか)
それを無理に捌くためにリベート付けて安売り合戦・・・
で。どんどん企業体力を失うというどうしようもない状況だったそうで
例えるならカルロス・ゴーンは金ヶ崎の戦いの秀吉みたいに見事に撤退戦の殿を務めたってところでしょうか

投稿: | 2010.06.20 13:42

>「首切りのうまい経営者は優れた経営者であるはずだと言ってたくさんの給料をもらっている。国は国民をリストラすることはできない。国民全体を考えたら、リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い」

このフレーズがお気に入りで何度も使用する菅直人だか、総理の言葉としては不適切。
菅が、いろいろあったトヨタを引き合いに出しますか?
出しません。愛知は民主王国で直嶋はトヨタ出身だからな。

投稿: | 2010.06.20 13:53

>首切り
本題とは直接関係ありませんが、日本企業の株主に外国人投資家が多くなった頃から、厳格なコストカッターが首切りや下請けイジメをすると、株価が上がるという現象が起こるようになりましたね。これは、某大手企業の経営企画室に勤務する私の知人が嘆いておりました。逆に経営トップの報酬が高いことについては、外国人投資家はあまり五月蠅くないようです。

投稿: アイゼンシュタイン | 2010.06.20 14:15

>※ 日本、0―1でオランダに敗れる W杯

同じく素人の感想

* 史上最弱とか3連敗必至とか言われてたがここ4回の中で最もアグレッシブでレベルが高く見える。
  プロサッカーオタの感想求む
* 同じく俊輔が入ってから昔の中盤でパスまわしごっこ的になったような。思うにラモス・中田・俊輔と
  ボランチ信仰が強すぎたのではないか?
* 3人の解説陣がそれぞれ「ナナ~ミ、松木さん」と名指しで話すのが気になった。
  セルジオさんと松木さんは仲悪いの?
* 試合後何人もインタビューしてたがどいつもこいつも無愛想、もう少し何とかならんのか
* なぜかハーフタイムに自民党のCMが一本、谷垣さんが声荒げて「イチバ~ン」だって。
  自民党は好人物の谷垣さんをスポイルしてんじゃないの?

投稿: | 2010.06.20 14:22

>ボート

そもそも、教師に天候に関する知識があったのか?そういう判断に必要な研修は行われていたのか?というところから疑問があります。ボートに関して経験がないのと同じで天候に関して知識も経験も不足していたのではないでしょうか。判断の根拠となる知識が無ければ進言しようにも自信を持てないわけですからそら何も言えません。

投稿: | 2010.06.20 14:47

>それ以前は出る車、出る車ことごとく売れずに赤字を垂れ流しシェアを奪われ続ける一方

スカイラインGT-Rとかいわばマニア向けのもんばっかり売れて、最も売れなきゃならない
サニーやブルーバードが全然売れなかったんだもんな。

投稿: | 2010.06.20 15:05

>大石先生
>どうして日本の放送局はどこもニュース記事を急いで消すんだろう。

放送を見てCMを見てもらうことが前提ですから、本来ネットには出したくないんですよ。
放送局の既得権益を守るには必死になります。
地デジも国(政治家・官庁)と結託したその一環です。

投稿: 774 | 2010.06.20 15:31

北の将軍ちゃまがまた何か発明したらしい・・・・・
サッカーW杯:金総書記が「ステルス携帯」で作戦指示?
http://www.chosunonline.com/news/20100619000004

目をつぶって普通の携帯使っても良くね?

投稿: | 2010.06.20 15:38

>投稿: 774 | 2010.06.20 15:31 様
>放送を見てCMを見てもらうことが前提ですから、本来ネットには出したくないんですよ。

これば同感。ブログ用にリンク集めておいて(中○系、南北両○鮮系、レ○ホーさん系、はやぶさ系)定期的にウォッチまとめで
エントリにしようとすると、消えてるのが多くて。まぁグーグルのキャッシュでなんとかなるのも多いけど。

>地デジも国(政治家・官庁)と結託したその一環です。

主意は賛成。でもスカイツリーはなかなかの見ごたえ。以前から殆どTV見ないから、PCでワンセグってのはヒット。
来年7月以降は、薄型の廉くて画質のいいのを1個だけ買って、スカパーのナショジオ観るのが楽しめそうなくらいかな。

投稿: 元システム屋 | 2010.06.20 16:00

>リストラする経営者ほど立派というのは大間違い

リストラの意味が首切りだろうが不採算事業の再構築だろうが

民主政策の目玉、事 業 仕 分 け は完全なるリストラではないですか。

不採算事業をろくに言い訳も聞かずばっさりと切り、
独立法人といえど社員がいるだろうにばっさりと切る。

それで支持率保ってるのにゴーンを批判する権利なんて無いでしょうに。

投稿: | 2010.06.20 16:18

中村は「ゴルファー」。止まったボールでシュートを入れるセットプレーの職人だけど、そういうチャンスが少なかった。

投稿: pongchang | 2010.06.20 16:23

電子書籍
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100616_374659.html
人気作を購読できる「週刊少年サンデー」のiPhoneアプリ

小学館は、少年漫画誌「週刊少年サンデー」のiPhoneアプリ「少年サンデー for iPhone」の提供を開始した。同アプリは無料だが、アプリ内課金で購入できるコミック作品は1巻450円。


450円って普通に買うより高いのでは?
これじゃ普及しないのも分かる気がする。

投稿: | 2010.06.20 17:00

>キャベツの調理方法

茹でるなら、ラップに包んでレンジでチン。
2分でできます。

>サッカー
先生と同意見です。
後半の交代選手の茸とタマーダは、何を期待されて出されたのかまるでわかってない。

投稿: 火男 | 2010.06.20 17:28

リストラクチャってペレストロイカと同じですよね。

投稿: MTT | 2010.06.20 17:30

>独立法人といえど社員がいるだろうにばっさりと切る。
独立行政法人といえど生首はばっさり切れないよ・・・。

投稿: | 2010.06.20 17:32

>民主政策の目玉、事 業 仕 分 け は完全なるリストラではないですか。

リストラに賛成してるネオリベな皆さんが事業仕分けdisってるのはな~ぜ?

投稿: | 2010.06.20 17:49

>リストラをする経営者
あの時の日産はゴーンによる経営再建がなければ、誰もクビにならなかったと思います。もちろん日産そのものは無くなったでしょうから、皆が失職したのも間違いないでしょう。
一番無能なのはゴーンにリストラをせなきゃならない状態に追い込んだ歴代の経営陣でしょう。

その程度の常識すらないヤツが経済を語るのを見るのは笑えますよね。そいつが飲み屋の酔っ払いなら問題ないのですが、我が国の首相だと恐怖感を覚えます。これほどの無能な愚者に国を任せなきゃならんとは・・・

投稿: 営業マネージャー(所長) | 2010.06.20 17:54

>リストラに賛成してるネオリベな皆さんが事業仕分けdisってるのはな~ぜ?

って、本気でわかりませんか。

投稿: H.B | 2010.06.20 18:23

>そもそも、教師に天候に関する知識があったのか?そういう判断に必要な研修は行われていたのか?

1 教師は生徒たちの安全を確保しなければならないことを知っている
2 天候や海の状況により海難事故があるを知っている
3 天候や海の状況がどういう状況か観察できる
4 海には漁師さんなど、海で生業をたてる人がいることを知っている。
5 その人たちが「海に出ているかどうか」海を観察できる
6 またそういうプロにアドバイスを求めることが出来ることを知っている

どういう研修が必要なんだろう。


投稿: たつや | 2010.06.20 19:42

>たつや様
>どういう研修が必要なんだろう

残念ながら、そうした事例を個々に知っていても組み合わせて結果を導き出す能力の欠如した人間も多く紛れ込んでいるようです。
 某刃物雑誌の記事で「包丁が錆びた」というクレームを校長だか教頭だかが生産者に入れてきた、というのを読みましたが、この人もきっと(教員ですから)知識では「酸化」も包丁の素材も知っているのでしょう。でも結びつけることができない。

投稿: マサ | 2010.06.20 20:31

>民主政策の目玉、事 業 仕 分 け は完全なるリストラではないですか。

 民主党の行うリストラは良いリストラ、大企業の行うリストラは悪いリストラ。キリッ!
 事業仕分けが、どれだけ民主の支持率を底上げしたかは分かりませんが……

投稿: 土門見人 | 2010.06.20 20:50

>日産ゴーン

企業において、リストラ、コストカットは昔からやっている。
パイオニアの時は随分とマスコミが騒いだものだ。
他、流通大手なども希望退職という形のリストラは珍しくもない。
なぜ、菅直人はゴーン社長を持ち出すのかね。
これって人種差別じゃないのか。市民宰相が聞いて呆れる。

投稿: | 2010.06.20 21:09

>W杯
まぁ悪い結果の中では最善ですから。よく気持ちが切れないで落ち着いてました。攻撃的なのでなければ世界的価値がないという、俺からヤシオを奪った金子や杉山あたりは、ノビーよろしく罵詈雑言やってるんだろーけど。
あと日本のボランチ至上主義って、よく聞くとキープ力がありパスがうまいタッパがでかい、リベロ適任者のような気がするんですが。
>すんすけ
責任感が強いせいか、チームが前に行かない&自分が調子良くないと、一人で何とかしようとして、結果的に玉離れが悪くなり、彼なりに一生懸命やってるけど「にげちゃだめだ、にげちゃだめだ」という、こっちの神経を逆撫でする幻聴が画面からしますなぁ。

投稿: さいとー | 2010.06.20 21:26

>投稿: MTT | 2010.06.20 17:30
>リストラクチャってペレストロイカと同じですよね。

結果似た結果になることもあるけどけど、理念としては全く違いますよ。
Wiki程度で良いから学習されては如何。

国家規模のリストラって、『革命』(無血か否か別にして)なんです。
むしろ、エリィン革命の方が参考になるかもです。
(モスクワに居た、農水省の技官が言ってた。ホームステイしてたけど、アパートの前に戦車が来ても
スラブ主婦は夕飯のおかずに腐心してたそうな)

投稿: 元システム屋 | 2010.06.20 21:32

>どういう研修が必要なんだろう。

1 教師は生徒たちの安全を確保しなければならないことを知っている→それは知ってるが手段を知らない、交通安全を解ってるが車の仕組みや道路の構造や法律を知らない人と一緒
安全を確保しなければならないことは解っているが、じゃあ具体的にどうするのかが解ってない
からこういうことが起きたんだ

2 天候や海の状況により海難事故があるを知っている→あるというのは知ってるが、どういう場合に取りやめるのか解らないし、そもそも独断でやる権限があるのかも解らないし規定に反しても確信犯で止めちゃうという臨機応変さもないし、そんな個人のセンスは教師採用に求められていない
交通事故がこの世にあるのは、ドライバーは皆知ってるが今日もどこかのオバハンがブレーキとアクセル間違えて子供らに突っ込んだ。運転のセンスは無くっても免許は取れるんだ。
そして事故を起こす

3 天候や海の状況がどういう状況か観察できる→観察は出来るが、どういうレベルになったらどのような判断が妥当かという訓練を積んでいないしもちろん経験も無い。
陸自が演習で大砲を撃ったら砲弾が飛んでくのは観察できるが、それと撃てるのは別問題。

4 海には漁師さんなど、海で生業をたてる人がいることを知っている。→居ることは知っていてもそもそも地元のボランティアで年季の入った漁師の人がそばに付いているような体制じゃないと
いざというときに間に合いません。医者が治療で生業をたててることを知っていることと
道端で倒れてる人を時間内に危急に救えるのとは別の話である。そのために救急車を備えてある

5 その人たちが「海に出ているかどうか」海を観察できる→観察できててそばにいたら当然そうしてるだろう、ただしその人たちとの円滑かつスピーディーな連絡手段の確保が通常から合同訓練
などで行われていないと役に立たない、だから防火訓練とか災害非難訓練とかは必要なわけだ
だいいちプロならそんな日に漁にでてるかね?

6 またそういうプロにアドバイスを求めることが出来ることを知っている→それを知っているかとたずねたら当然知っていると答えるだろうしできる状況ならそうなってるはずであるし
もし近辺に漁師がいたら駆けつけただろう。
現に他では釣り人を漁師が助けたとかいう例はある。
ただし常識的に考えて漁師はそんな日は漁に出ずに自宅で休んでるだろう。

どういう研修が必要かって?
浜名湖などそこそこの規模の湖にそういう施設を作って子供たちにボート訓練などを行うならば、
まず海上保安官とパトロール艇を配備して通常から教育関係者、地元民も参加での救助訓練など
を行うことだ。
救助しに駆けつけた人が曳航は初体験で早く岸に付けねばと焦ってスピードを出したから余計に水が入ったらしいな。やはり訓練は必要だってことだ。

投稿: | 2010.06.20 22:16

>オランダ戦
交代選手は明らかに在庫一掃セールだったなあ。中村俊なんて次戦出てきた瞬間にA級戦犯確定でしょ、使う方も含めて。

>ひとつ感じるのは、公務員社会のお約束が悪い影響を及ぼしたのだろうか? と。つまりそこでは、自分が管轄する問題の外で発言し、意見することは必ずしも歓迎されないでしょう。
確か旧軍でもそんなことばっかやっていたような。

>リストラする経営者ほど立派というのは大間違い
もう救いがたいぐらいアタマが古くて。塩路天皇時代からの労使の泥沼を整理したのが相当トラウマになっているようだ。

投稿: 剣 | 2010.06.20 22:39

2010.06.20 22:16さん

私もおっしゃる通りだと思います。
消火器や火災報知器の使い方はみんな知っているけど、
いざというときにぶつけ本番で使えるかどうかはまた別問題。
そのために年に何回かの消防訓練をやるわけですからね。
今回の事故も、当事者たちは海難事故防止のための一般常識は知っていたのかもしれませんが、
それを実際の事故現場で生かすための訓練やシステムが欠如していたのでしょう。

投稿: | 2010.06.20 22:46

>1 教師は生徒たちの安全を確保しなければならないことを知っている
>2 天候や海の状況により海難事故があるを知っている
>3 天候や海の状況がどういう状況か観察できる
>4 海には漁師さんなど、海で生業をたてる人がいることを知っている。
>5 その人たちが「海に出ているかどうか」海を観察できる
>6 またそういうプロにアドバイスを求めることが出来ることを知っている

~観察できる。~を知っている。の連発なんだけど・・・・w
それを突き詰めればこういうことになるな
民兵の撃った弾でも当たれば正規軍の兵士は死ぬ。実際にそういうことがあるのは知っている
目の前で発生すれば当然観察はできる。実際アフガンで米兵は戦死してることは知っている。
じゃあそうだから民兵で正規兵殺せるんなら陸自の歩兵を全部削減していざというときに赤紙送ったらすごいコスト削減になるじゃんか!その辺の兄ちゃん連れてきて鉄砲持たせて民兵にすればいい
と、うまいこといくかと言えばそうは問屋が卸さない。
それでやってけるんなら世界中の国がとっくにそうしてるだろう。
まあ大戦中のソ連みたいに訓練かねて戦場に手ぶらの素人を放り込む国もあったけど・・・・
慣れて一人前になるまでにバカみたいに素人がたくさん死んだよな
ろくな訓練や研修無しにやると特攻隊員にしかできないってことだ
どういう研修が必要なんだろう。→決まってるじゃないか。それに必要な研修だよ

投稿: | 2010.06.20 23:06

>国は国民をリストラすることはできない。国民全体を考えたら、リストラする経営者ほど立派だという考えは大間違い」と語った。

 これはもっともなことで、企業の場合、外部に労働市場があって、余剰人材はそこへ放出することが出来るが、国家の場合市場も国家の中に存在するので国民を放り出すことは出来ない。

 ブラジル移民とか、満蒙開拓団とか棄民に近いことをやったことはありますが、さすがに近年ではそういうことは出来ません。

投稿: 個人投資家 | 2010.06.20 23:36

>昨日の朝日が数面使って安保を論じていましたが、まるで産経新聞かと思わせるようなウヨな論調で驚いた。

産経に自民追い落としの世論調査載せさせて、朝日にウヨな論調の安保を論じさせて、ナベツネ仕切りの効果ですね

投稿: | 2010.06.20 23:39

>ここが疑問なのですが、そもそもボートに関して、何かの経験があるとも思えない教師が乗って、いったい子ども達に何を教えられるんだろうか?
自然環境の厳しさ、ではないと思いますが、カッター訓練は団体行動の一環でしょ?
公園のボートではない、カッターオールの使い方を知っているはず(他に添乗員がいないから)なので、先生も何らかの研修なりは受けているでしょうよ。
本来ならオールで調整して波に船首立てて耐えていれば岸に漂着できたんでしょう。(元々カッターは外洋でも使えるように舷が高い)
ってくらいの知識もない。
モーターボートで曳航するなんて判断をしたのが間違っていたかもしれません。

投稿: 九頭竜 | 2010.06.21 09:03

>ここが疑問なのですが、そもそもボートに関して、何かの経験があるとも思えない教師が乗って、いったい子ども達に何を教えられるんだろうか?

指定管理者も小学館集英社プロダクションという大手だし、カッター訓練を目玉にしているのに本職の指導員が何をしていたのか疑問です。

http://www.shopro.co.jp/info/company_education.html
http://mikkabi.shopro.co.jp/

ボーイスカウトの場合、指導者研修で過去の死亡事故について研修を受けます、安全管理を重視しています。(下見時点より天候が悪化した場合は安全が確保できない限り中止です。)

投稿: | 2010.06.21 10:20

>モーターボートで曳航するなんて判断をしたのが間違っていたかもしれません。

報道では、船長兼所長が判断ミスだったと認めているようです。
ただ、この所長さんはカッターボート転覆後に潜って船内にいた3人の生徒を
救助しているんですよね。照明はどうしたんでしょうか。
照明が十分なら、亡くなった女生徒も発見できたでしょう。

それで、カッターボートの訓練そのものはなんら問題ありません。
多少の悪天でもカッターボートは転覆しないように造られているのですから。
みんなで、力を合わせないと船は進まず進路も定まらない。
数十年間、カッターボートの事故は聞いたことがありません。
今回のように、航行不能になった場合の判断はどうするかですが、
やはり曳航を最初に思いつく。
後付で、施設従業員と、船酔いしていない生徒教師を残存兵力として
漕いで帰還するが最善だったと思いますけど。

投稿: 競艇@ | 2010.06.21 10:44

投稿: | 2010.06.20 23:06
投稿: | 2010.06.20 22:16

やっぱり、適切なプロに任せなきゃならないってことですね(笑)
生兵法は怪我のもと。

職場でも見かけますが、指示待ち族の思考停止って怖いですね。

投稿: たつや | 2010.06.21 12:11

競艇@さん
>多少の悪天でもカッターボートは転覆しないように造られているのですから。
多少だろうと悪天候で、横波くらえばカッターだって転覆するよ。
悪天候(突風下)で乗ったことある?

>数十年間、カッターボートの事故は聞いたことがありません。
そりゃ、艇長なりが、対処方法を知るなりなんなりしているから。

>今回のように、航行不能になった場合の判断はどうするかですが、
>やはり曳航を最初に思いつく。
曳航を思いつくにしろ、帰港地点と風向、波向の確認が先。
無動力状態になれば船首なんて簡単に横を向く。
横を向けば、転覆しますよ。

>後付で、施設従業員と、船酔いしていない生徒教師を残存兵力として
>漕いで帰還するが最善だったと思いますけど。
前進できなくなったから、曳航ということけど、その状況下で船酔いした生徒をモーターボートに収容して前進もできないでしょう。

無動力船は免許がいらないけど、なめてちゃダメだってのが今回の教訓。


投稿: 九頭竜 | 2010.06.21 13:12

>浜名湖の件
学校というところは、例えば教室の古い机の上板のささくれで生徒が指を切ったら、その日生徒の下校後に、教師が総出で校内の全ての机をチェックする位、安全管理には神経質です。まともな学校ならそうです。
この件なら、朝の時点で、生徒たちがどれだけブーブー言っても中止が普通だと思います。怪我したり命を落とす危険をおかしてまで学ぶべきことなどないですから。
昨今はモンスターなペアレントの問題などもあり、「危険」を言い出せない空気というのは、ちょっと考えにくいです。

投稿: 彼岸過迄 | 2010.06.22 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公務員社会のお約束:

« 浜名湖転覆事故 | トップページ | 先任将校 »