« 視察旅行 | トップページ | 円高是正という補助金 »

2010.10.21

朝日が殺す癌患者

※ 豪雨・濁流「前が見えない」 ヘリ飛べず滞る救助 奄美
http://www.asahi.com/national/update/1020/SEB201010200060.html

 南西諸島は台風銀座ですが、こんな雨は全く記憶にないですね。何しろ警察や自衛隊がすぐ展開できないエリアですから、被害把握を行うには時間が掛かる。農作物はともかく、人的損害が最小であれば良いですが。

※ 臨床研究、情報の開示などを求め声明文-がん患者団体
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000010-cbn-soci
http://www.h.ims.u-tokyo.ac.jp/

 この記事が不思議なのは、朝日は、あのスクープ以来、一切続報を出していないんですよ。この手のスクープは、特捜のデータ改竄みたいに、ネタを溜め込んで何日も小出しにして、他社の追随を許さず本社独走の大スクープ! という図式を描くのが新聞業界の戦術ですから。
 恐らく、このスクープは、朝日の中で問題化しているんだろうと思います。朝日の中で、これ変だよ、という連中が現れて、ぶっちゃけ筆が走りすぎたことを認めざるを得ない、でも引っ込みは付かない状況なのでしょう。

 臨床試験のトラブルなんて、専門医が数名掛かりで担当医と議論してなお、原因が薬にあったかどうかを断定できるかどうか難しい問題でしょう。
 実は朝日の記事も、その辺りのことは裁判等を睨んで微妙にはぐらかしていて、朝日は、薬が原因だとは書いていないんですよね。薬では無く、そういう症状が出たことを隠していたことがけしからん! と逃げている。でも読者に印象づけたい図式は、名声と欲に目が眩んだ医者と製薬会社が結託して、認可を得るに不都合なデータを隠した、というイメージを世間にすり込みたいわけですよ。

 この記事は図式として、検察と全く同じですよ。ワンパターンな筋読みに執着して、取材過程で、それを覆す証言がいくつもあったけれど、最初に書いた筋読みを捨てられずに突っ走った。
 今週発売の週刊朝日は、癌ワクチンの有望さを記事にしているけれど、この薬はもう駄目でしょう。厚労省だって泥を被って色つきの薬を認可したいはずもない。スクープに目が眩んだ朝日のせいで、死なずに済んだかも知れない大勢の癌患者が死んでいくことでしょう。
 朝日がプライドを曲げて全面謝罪しても、まはや認可が数年遅れることは避けられない。その間だけでも、たぶん何十人、ひょっとしたら何百人の患者が無念の死を迎えることになる。

※ 中国が尖閣「領有権」棚上げを打診 日中首脳会談に向け環境づくり
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101021/plc1010210133000-n1.htm

>尖閣諸島を中国が実効支配してしまおうというもう一つの思惑があるとみられる。

 産経さんは、「実効支配」という言葉を勉強した方が良いと思う。
 それはともかく、これは外交としてはありなんですよ。鄧小平時代に戻すということですから、こちらとしては別に譲ったわけでもないし、後退でもない。
 ただ、良い機会ですから、「棚上げ? 棚上げも何も、そもそも領土問題なんぞお国との間には存在しませんが?」とばっくれるのも一つの手ですよね。
 いずれにせよ返事は、APECが終わるまで棚上げするのが吉でしょう。

※ 中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う?
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101020-OYT1T00669.htm?from=top

 何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから。
 表向きは海保を威圧することだけど、彼らの真の目的は、危なっかしいことをする自国の漁船にプレッシャーを与えることですよ。

※ 新明和、民間転用時の救難飛行艇を70億円に-ボンバルディアに対抗
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0120101020aaam.html

 EH-101て、1億ドルもしたりするんですよね。大型ヘリとどちらが使い勝手が良いか? という話になると、飛行艇て、結局進出スピードと航続距離だけということになるでしょう。
 しかも使い勝手としては、ヘリの方が慣れているし融通も利く。軍用以外で、このお値段を飛行艇に出すのは難しいですよね。

※ 防衛省:海自潜水艦20隻超へ 中国海軍を意識
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101021k0000m040116000c.html

 海自の潜水艦は退役が早すぎると批判されていたので、結構なことでしょう。これでローテーションに余裕が出来る(ただ人員まで手当てできるんだろうか)。恐らくこの中から、特警隊上陸用の潜水艦を何隻か改造することになるでしょう。
 それはそれとして、島嶼防衛向きの小型艦も開発しなきゃ駄目ですよ。

※ 年1兆5500億円の負担増で「独自防衛」可能 自衛隊OB試算
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101020/plc1010202229009-n1.htm

 いろんな意味で変。

>2万人分の自衛隊増員分の人件費も含まれている

 まずこれ。陸自の定員を18万人から16万人に削ったのは何だったの? という話になるし、まず自主防衛の定義が明確でない(たぶんそのタモさんの本にはあるんだろうけれど)。それに、ぶっちゃけ、米軍の司令部要員を100人人質として抱えておけば、自動的に空母もステルス戦闘機も付いて来るわけで。そこまで自主防衛に拘ることはないでしょう。

※ 4年間で10兆円歳出削減=公務員49万人失職へ-英
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010102100014

 凄いですよね。日本の人口に当てはめると、100万人の公務員を首にします、というようなものですよね。これが出来る外国が羨ましい。

※ 【from Editor】石原知事の夢と首都の顔
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101021/lcl1010210747000-n1.htm

*困ったら、石原都知事4選出馬?伸晃氏が期待感
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101020-OYT1T00976.htm

*石原幹事長「舛添さんは都知事選に出る」暴露発言に舛添氏は否定
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101021-OHT1T00045.htm

 そのまんま東を蹴落とすために蓮舫を担ぐというのも、なんだかうんこ味のカレーかカレー味の……、な話ですよね。桝添さんはどうなんだろう。もう後がないから出る可能性はありますよね。石原4選だけは勘弁して欲しいけれど。

※ リニア:交通体系の再編必至 「直線」で決着
http://mainichi.jp/select/biz/news/20101021k0000m020106000c.html

 コースの件は個人的にはちょっと残念に思っているのですが(品川から直で長野に入れたら便利だし、長野県内での交通網を再編する切っ掛けにもなる)、これ実際に走らせるとなったら、事故ったらどうするんだろう。時速350キロで事故るのも500キロで事故るのも一緒だと諦観するんだろうか。

※ 前日の空虚重量69.3キロ

※ 有料版おまけ 街の中で暴漢に襲われたら

|

« 視察旅行 | トップページ | 円高是正という補助金 »

コメント

>表向きは海保を威圧することだけど、彼らの真の目的は、危なっかしいことをする自国の漁船にプレッシャーを与えることですよ。
先生、中国が中国の船ならよろしいのですが、彼らが銃を向けるのは八重山等日本の漁民に対してです。

投稿: 狸穴 | 2010.10.21 10:15

>ただ、良い機会ですから、「棚上げ? 棚上げも何も、そもそも領土問題なんぞお国との間には存在しませんが?」とばっくれるのも一つの手ですよね。

良い機会もなにも、領土問題は存在していない、議論の余地無く日本領土というのが日本政府の公式見解で、これまでもそれにそった発言が行われていました。

投稿: KAZ | 2010.10.21 10:22

>日本の人口に当てはめると、100万人の公務員を首にします、というようなものですよね。これが出来る外国が羨ましい。

で、こういう政治的決断ができるか否かが、財政赤字に苦しむ先進各国の運命を決めるのでしょうね。
日本だってこのまま何もせずに手をこまねていていればいずれは社会保障の大幅削減、公務員の大量解雇・賃下げを市場から迫られる日がやってくるでしょう。
それを国民の意思としてやるか、それとも大混乱の後に冷徹な市場からの要請によって押し付けられるかどうかですか

投稿: ハスミ | 2010.10.21 11:08

外相「棚上げ論に合意事実なし」 尖閣問題めぐり

前原誠司外相は21日午前の衆院安全保障委員会で、沖縄県・尖閣諸島をめぐりかつての中国の最高指導者、故トウ小平氏が提唱した領有権問題の棚上げ論について「トウ氏の一方的な言葉で、日本が合意した事実はない」と述べた。尖閣諸島は日本固有の領土だとの立場から中国との間に領有権問題は存在せず、棚上げもあり得ないとの認識を強調した発言だ。(21日共同)

いいぞ、前原誠司。
それと、石垣島漁船が中国の工作船(漁船に紛れた)に
駆逐されてきた歴史を忘れてはならない。

投稿: | 2010.10.21 11:20

前川さんには頑張って独島共々実効支配側の優位性をアピールして欲しいニダ。

あとパンチョッパリ共への参政権も忘れてはならないニダ。

でも多分またへこたれるからアテにはならないニダorz

投稿: <ヽ`∀´> | 2010.10.21 11:41

>下り坂でブレーキが効かない

一番簡単なのは(日本なら)ギア抜いてハンドブレーキでできるだけ加速を抑えながら、無人で駐車してる車にぶつける。玉突きの要領ですな。
左にガードレールがあればそれにこすりつける。あるいは山側に。
周囲が田圃や平地なら、ハンドル真直ぐにしてクラッチ切る⇒エンジン切って一気にクラッチ繋ぐ。(オトートマはダメ)
先生、免許持ってないから講習受けてないでしょ・・・

投稿: | 2010.10.21 11:41

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101020/stt1010202247013-n1.htm
邦夫氏は「(自分は民主党の)創業者の1人だ。兄が首相の時はよかったし、小沢(一郎)さんが代表の時はよかった」

鳩山兄弟を見ていると、ドリフターズのいかりや長介と仲本工事の兄弟コントを思い出す。
よくこんなのが党首の政党への政権交代を支持した人間がいたものだwwww

投稿: | 2010.10.21 11:48

>潜水艦
ブルーチームとゴールドチームを編成して船が遊ばないようにしたいというのは、海上保安庁の話ですが、さてさて、自衛隊の潜水艦の稼働率って、人員が遊べないくらい高いんですかね。人間がへばってしまう位、悪い環境の船なんでしょうかね。
http://www.h2.dion.ne.jp/~omi55/okashii-jouhou.html

投稿: pongchang | 2010.10.21 12:16

>表向きは海保を威圧することだけど、彼らの真の目的は、危なっかしいことをする自国の漁船にプレッシャーを与えることですよ。
ごめんなさい、朝日新聞の「一発だけなら誤射かもしれない」を思い出しました。
他国の主張する領海へ立ち入って自国の漁船を監視する監視船ですか。

投稿: 九頭竜 | 2010.10.21 12:28

>リニア

先生は長野に思い入れがあるでしょう。でも、もし長野に停まったら、開通すれば一番多いであろう東京-大阪間を利用するお客さんは、なんで大迂回してまで長野に寄るの?って思うでしょうね。
昔、開通して間もない新幹線「こだま」に乗ったことがありますが、岐阜羽島駅の周りにはマジに田んぼしかありませんでした。小学生でしたが、凄く変に思った記憶があります。

投稿: | 2010.10.21 12:33

田んぼがあればまだ良い方だ。
上越新幹線の上毛高原駅なんぞは何にもなかった。
そもそも上毛高原なる地名も勝手につくった地名。
東京の奥座敷のひとつ水上温泉はこれで廃れた。
この駅は角栄ゆかりの入内島氏の影響があったのではと噂された。

投稿: | 2010.10.21 13:03

> 朝日は、あのスクープ以来、一切続報を出していないんですよ。

 あと二本予定されているようです。タイミングを見計らっているんでしょう。

投稿: rijin | 2010.10.21 13:18

>リニア
中央東線はこれで在来線改良を誠心誠意できるようになったと思うしかないわな。諏訪湖近くの単線区間とか。
http://www.youtube.com/watch?v=57XGM29Dtws
逆に安心して工事して、160km/hr(つくばとか北総とか)目指してちょうだいな。
http://www.m-kouiki.or.jp/chuo-line/kousokuka.pdf

投稿: pongchang | 2010.10.21 13:35

>凄いですよね。日本の人口に当てはめると、100万人の公務員を首にします、というようなものですよね。

違うね

>一般歳出を2011~14年度に計810億ポンド(約10・3兆円)を削減し、公務員を約49万人(全体の約8%相当)減らすこ

国家財政での一般歳出ってことは、国家公務員の8%だね?
日本だと60万人×8%で、4.8万人、大学独法化、郵政民営化以前は100万人だったけど
それでも8万人。
日本は国家公務員が少なすぎるのか、外国が多すぎるのか

投稿: KAZ | 2010.10.21 13:47

>リニアコース
新幹線ですらできるだけ直線に近いコースが「吉」なのに、それを凌駕するスピードのリニアにあんな迂回コースなんて基地外沙汰ですよ。
建設費は嵩むわスピードダウンにはなるわで。
迂回ルートに固執して実現したとしても、相応のかなり高額な負担を求められるのは必至ですから、そのくらいならそれだけの金を掛けてでも、中南信各地からの飯田または甲府への移動時間短縮と利便性を高めることに注力すべき問題だと思います。
技術的な障害がないのであれば迂回ルートは何のメリットもありません。

投稿: ヒグマ | 2010.10.21 13:52

失礼

全体の8%と書いてるのは読売だけだんで信頼性に疑問があった。陳謝する。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101021-OYT1T00063.htm

こっちの数字だとイギリスの国家公務員が約290万人、日本160万人
http://toto-bunko.iza.ne.jp/blog/entry/876520/

国家公務員をどれだけの割合減らすかという観点でみると、日本に当てはめると
27万人ぐらいか、防衛省+自衛隊全滅ぐらいのインパクトはあるわな

投稿: KAZ | 2010.10.21 14:11

有料版
>下り坂で車のブレーキが効かなくなったら。

厳冬期の関温泉スキー場から圧雪の下り道
通常山道はカーブが連続するのですが、ここは3km以上の直線が続きます。
FR車ですとチェーンを付けていても再発進は難儀する処
(舗装面にはスリップ対策にブッロク状ですが、圧雪ですから関係無し)

前方にアメ車の1BOX(Aチームに出てくる様な車)が挙動不審な走り?

良く見ると圧雪でブレーキが良く効かない状態(チェーン無し)
ずっと続く3~4mの雪壁に左側を擦りながら下ってました。
車重と斜度のきつさで直ぐに止まれる程まではスピードは落ちてはいませんでした。
時々雪壁から飛び出た枝でも擦れながら・・・・

どうする事も出来ないので巻き込まれない様に追い越しました。
まぁ 更に1kmくらい擦れば多少斜度緩くなってカーブが出てくるので
最悪カーブで雪壁にぶつければ止まるので放置プレイ?
(対向車は極少ない路線ですので)

通常、左壁に擦らせる場合は加減が難しいですが、左ハンドル車でしたので
微妙なコントロールがやり易いなぁ・・・と妙な感心を持ちました。

投稿: 演歌なとりうむ | 2010.10.21 14:52

橋下府知事、よかったね。
怒って見せたのは戦術だよ。

投稿: | 2010.10.21 15:37

取り合えず、半島有事2ゲットしました。
読みかけの本は無いので今晩中に読めるかな。

投稿: 一般書店で | 2010.10.21 17:23

>左右に蛇行してスピードを落とす

下り坂で、左右に蛇行してスピードが落とせる状況なのであれば… 相当道幅があって、かつ、対向車もない状況だから
スキッドさせてスピンターン、上り坂状態にしてギアを抜けば、自然に止まります。
そこでハンドブレーキで止めて、自然バック(=ずり下がり)で路肩に止め、車輪止めかませてハザード出して修理屋呼ぶ。

街乗りの走り屋でも、チョコっとジムカーナの経験があれば出来ること。グリルス氏、クルマの運転は苦手なのかな。

投稿: | 2010.10.21 17:27

民主党は、チャイナリスクに関して、お花畑みたいですね。
情報公開といいながら、今回の衝突のビデオは隠し通すつもりのようですし。


中国共産党が、7月1日より、国防動員法を開始している!
国防法とは、中国に何か起こった場合には、
・中国国内の全財産没収&世界中の中国人の財産没収
・外資系の全財産没収
・全中国人に兵役を課す
・海外の中国人も、兵隊として、活動が始まる!
・場合によっては、世界の中国人が、そこで、決起する!
つまり、中国が、沖縄侵攻を決定するや、日本国内にいる、全中国人が、日本人大虐殺の為、兵隊として、決起するということ!上海バブルがはじけた場合も、中国人、海外にいる中国人、中国の外資系会社の財産没収!もちろん、中国に進出している日本の企業、日本人の全財産も没収!!
参考
http://blog.goo.ne.jp/watapi_1968/e/5337623e58bbc849da4845d204549126

投稿: | 2010.10.21 18:01

>世界中の中国人の財産没収
>海外の中国人も、兵隊として、活動が始まる
>世界の中国人が、そこで決起

実際問題として、そんなことどうやってやるんでしょうか?
中国国内に資産を置く海外の中国人ってそんなにいるんでしょうか。また、外国で決起すると言っても、簡単に鎮圧されちゃうんじゃないの。

投稿: | 2010.10.21 18:14

> 何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良
>いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから。
> 表向きは海保を威圧することだけど、彼らの真の目的は、危なっかしいことをする自国の漁船にプレッシャ
>ーを与えることですよ。

テレビで元帥の言っていたことを口移ししているだけ、というのに1京Z$

投稿: | 2010.10.21 18:23

 ネトウヨさんは、せめて日中漁業協定くらいググってから物言ってくれないだろうか。

投稿: 大石 | 2010.10.21 18:43

>中国が尖閣「領有権」棚上げを打診
>これは外交としてはありなんですよ。鄧小平時代に戻すということですから、こちらとしては別に譲ったわけでもないし、後退でもない。

“棚上げ(鄧小平時代に戻す)”というのは、とんでもない話ですよ。双方の領土主張を棚上げする意ですから。

>前原誠司外相「鄧氏の一方的な言葉で、日本が合意した事実はない」

合意した事実はないと言いながらも、あのときの報道では、鄧小平の提案を受け入れた格好に見えましたよ。あのとき、外務省や自民党の閣僚が国賊に見えましたもの。

投稿: ペンチ | 2010.10.21 19:12

カン首相は、拉致容疑者の釈放の署名をしたように、ノーベル賞受賞者の釈放署名はしなのでしょうか?


民主議連、ノーベル平和賞の劉氏釈放求める決議、参加者は11人にとどまる
2010.10.21 17:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101021/stt1010211751004-n1.htm

投稿: | 2010.10.21 19:20

半島有事2買えたんで読んでみたんですが誤字を見つけたのでいちお報告しときます。

3章の92ページ
「と土門は胸のうちで続けたがもちろん顔には出さなかった」の「もちろん」の部分が「ちもろん」なってました。

これって誤字ですよね?自分のだけかなと思ったんですが書店で他のもの見てみたら同じだったので

投稿: リュート | 2010.10.21 19:57

>これが出来る外国が羨ましい。

 見事にネトウヨネ申に釣られましたね。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
「「ほら見ろ! イギリスが公務員を削減する! イギリスは素晴らしい! 日本の無駄飯食いの公務員も半分にしろ!」
 とか何とか思ったとしたら、その人は全く相対化ができておらず、自らの絶対的価値観で語っているということになります。日教組の「日本が悪いことしたんだ!」と全く同じです。」
「日本の公的部門における職員数は、人口千人当たりでアメリカ、イギリス、フランスの半分以下。ドイツの六割程度になっています。」

 今の日本が、英国の公務員削減を羨望するのは、BMI値16台のガリガリ君が、BMI値を30から27か26くらいに減らした肥満児を「凄いダイエットだ!見習わなきゃ」と褒めるようなものでしょう。

投稿: 土門見人 | 2010.10.21 20:34

>何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから<

>ネトウヨさんは、せめて日中漁業協定くらいググってから物言ってくれないだろうか<

大石さんの「ググれ」というのがウィキペディアの記述だと思いますので引用します。

「日中両国がその領有権をめぐって争っている尖閣諸島周辺に関しては、「暫定措置水域」の設置で妥協された。暫定措置水域内では、いずれの国の漁船も相手国の許可を得ることなく操業することができ、各国は自国の漁船についてのみ取締権限を有する(§7)。
同水域における操業条件は日中共同漁業委員会が決定する。同水域において相手国漁船の違反を発見した場合は、その漁船・漁民の注意を喚起すると共に、相手国に対して通報することができる(§7-3)。
2000年2月、日中両国の閣僚協議によって、同水域を「中間水域」と定め、妥協された」

ここで「暫定措置水域」とか「中間水域」とか出てきますが、ところが水産庁の最新の資料(平成21年12月18日「第11回日中漁業共同委員会第2回準備会合及び第11回日中漁業共同委員会の結果について」)ですと「中間水域」ってのは北緯30度40分以北ですし、「暫定措置水域」ってのも北緯30度40分と北緯27度の間ですよね。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/pdf/091218-02.pdf
尖閣諸島の位置は北緯25度47分53秒 東経124度03分21秒ですから、「暫定措置水域」でもなければ「中間水域」でもありません。
「日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて」というのは明らかに間違いで、200海里の排他的経済水域内において日中で取り決めしているのですよ。
http://www.zengyoren.or.jp/kids/oshiete/sub/2gyogyou_W/pdf/200suiiki.pdf

従って、例え領海外であっても尖閣周辺で中国漁船が漁をするのは協定違反なんですけど。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.21 20:42

<民主議連、ノーベル平和賞の劉氏釈放求める決議
こんなけちなことしないで国会で決議しちゃえば.

投稿: KI | 2010.10.21 21:18

>こちらとしては別に譲ったわけでもないし、後退でもない。

中国の暴虐に世界の目が向いている今こそ押すときですよ。
APECが駄目になっても困るのは外交チャンネルが少ない中国ですし。

この数十年間に唱えてきた日中友好が全くの無駄だったことを真摯に反省して、日中冷戦に外交の舵を切るべきです。
インド、東南アジア諸国、オーストラリア。米国といった国々と協力すれば簡単に中国を包囲できますし。

投稿: ほる | 2010.10.21 21:56

>日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから。

中国政府はデモや暴動で日系企業や日本人に被害が出るのを取り締まっていないわけで…

こちらが騒がないと日本人の生命や財産、領土や資源を掠奪させることで、中国人民のガス抜きをしようとするでしょう。

民主党はそれを後押しするかのような外交を繰り広げているし(-ε-)

投稿: ほる | 2010.10.21 22:14

>尖閣~
多忙のせいで、数年前の出来事のようです。今は11月の諸々で忙しい忙しい

>救難飛行艇~
アワワワ……

>特警隊専用~
専用のフネなくても、やろうと思えば出来るんですよ。色々と試みていたようですから。

それこそ冷戦期、ロスケ相手にブリキの軍楽隊で散々スカート捲りやっていたんです。高練度のフネなら、特殊部隊だろうが機雷敷設だろうが何でもござれですよ。

投稿: 名無し二等空士 | 2010.10.22 01:43

確かに敵も上手いこと考えましたよね。海洋調査船なら何十隻を周辺海域に集結させようが排他的経済水域には入れられない。だけど漁業監視船なら日中漁業協定を盾に堂々と侵略できる。もちろん常駐化させることで暫定措置水域を中国領海化させることが目的でしょう。次は複数の漁業監視船を日本の排他的経済水域内かつ暫定措置水域内に常駐させた上で、海洋調査船を侵入させてきますよ。菅政権に海保を出動させる度胸があるのかな?

投稿: | 2010.10.22 01:49

>センセ
図星をつかれたところを何とか切り返そうとしたものの、他の人からの反撃をくらって沈黙というところですか。

実際今の時期にこういうことをするということの外交的意味について故意に目を閉ざしているというは、まさに大石=池野メダカ説を例証していますね。アメリカに対しては妙な反米意識があるのに対して、中国については(そのジャイアンぶりはアメリカと比較にならないにも関わらず)脅威を過小評価する、あるいはむしろ「どうせ勝てないから手を挙げろ」といった風を示すのは、やはりパックインジャーナルでの元帥の薫陶のおかげですか。
センセが中国に対して作家としての卓抜な表現を反復する一方で、アメリカとの連携のための集団的防衛権の主張、あるいは麻生氏の「自由と繁栄の孤」構想の可能性を語らないのはどういうことでしょう。その点では今回の日本の対応は東南アジア諸国や台湾などに「あてにならない」と思わせたという点でその影響は後々効いてくるでしょう。
台湾情勢についても元帥の口移しでしかないわけで、台湾が民主主義国でありいろいろな勢力がある以上、民進党などをendorseするといった発想が全然わいていないというのも不思議な話です。

投稿: | 2010.10.22 05:58

長期的に見れば少子化から50年後は中国は先ず経済的にもそしておそらく軍事的にも脅威ではなくなっているでしょう。そしてそういった人口の推移から考えればインドとそしてアメリカの方がまだ未来があります。そしてその50年の平和を求めるのなら、やはりアメリカとの連携が必要でしょう。むろん米中は裏でつながっている部分も多いでしょうが、大国(残念ながら日本はそうでない)同士の外交なんてそんなもので、それを前提としながらなお日本の国益に沿うようにアメリカと連携しかつ中国を適度に抑えるという方策を目指すべきです。
米中同盟で日本はどうせ無視されるというのが元帥の持論でセンセもそれを信じ込んでいるようですが、そもそもNo.1とNo.2の同盟があったのかどうか「安全保障の専門家」なら外交史について色々と御存じなのでしょうね。

投稿: | 2010.10.22 06:06

日中漁業協定という建前は建前で中国側が遵守してくださればいいわけですが、
中国の漁業監視船に洋上で出会って銃を向けられる日本の漁民という
実在は無視ですか。
中国のお上が農民から土地を取り上げるように、日本のお上も漁民から漁場を取り上げてもよいということですね。

投稿: 九頭竜 | 2010.10.22 09:22

>長期的に見れば少子化から50年後は中国は先ず経済的にもそしておそらく軍事的にも脅威ではなくなっているでしょう。

今ひらめいたのですが、確かに「一人っ子政策」による少子化は
中南海にとっても頭が痛そうですが、
その代わり共産主義というよりは単なる権威主義政体のかの国では、
明日からいきなり「一人っ子政策」はやめます、とか言いそうな気がするのですが、
荒唐無稽でしょうかね?
まぁ今年生まれた子供が社会に出るのは早くて15年後だから
即効性はないでしょうけれども。

投稿: 池沼・高橋和司 | 2010.10.22 10:22

>投稿: | 2010.10.22 05:58
>投稿: | 2010.10.22 06:06

 は同一人の投稿なんだが、私のブログを読んでいない、無理難題を求める、不必要な挑発を繰り返しているので以降、コメント禁止とします。

投稿: 大石 | 2010.10.22 10:31

>尖閣諸島
>彼らの真の目的は、危なっかしいことをする自国の漁船にプレッシャーを与えることですよ。

鳩山、仙谷と同じで、あまりに人がよすぎる。
南沙諸島(スプラトリー諸島)、西沙諸島と似たような様相をほどこしてきたので外交の経験者、専門家、研究者が警鐘を鳴らしているんですよ。

一般のテレビでも東海大の教授から、池上章まで一貫しているのは、
中国は自国漁船が拿捕されると最初は監視船をその次に海軍をだして
海洋権益の拡大を目指してきたという説明だ。

「中華人民共和国を含めたASEANでの会議で軍事介入はせず現状維持の取り決めが結ばれたが最近中華人民共和国の人民解放軍が建物を勝手に建設しマレーシアなどから非難を浴びている」
「1995年、中華人民共和国軍の活動が活発化し、ミスチーフ礁等フィリピン主張の島を占領して建造物を構築した」、ウィキペディア

今年、5月末に鳩山首相(当時)が尖閣は双方が話し合って・・・とコメントしたために中国は行動を開始したとみるのが正解かと思うね。
この時、大前研一は鳩山首相をクルクルパーと評していた。
鳩山が頭が逝かれているのは今に始まったことではないけどな。

投稿: kouda | 2010.10.22 10:53

しかし、この発言は何らかの処置が必要だと思いますが…。
誤認のまま放置されるというのも、大石さんにとってあまり良いと事だとは思えませんけど。
老婆心ながら。

>何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから<

>ネトウヨさんは、せめて日中漁業協定くらいググってから物言ってくれないだろうか<

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 10:55

議論の経緯はよく知りませんが,世田谷区民さんが引用している全漁連の地図で,尖閣諸島の西方海上に引かれているのは,200カイリ水域の線ではなく,12カイリの領海線ではないのですか?

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 11:05

>誤認のまま

 別に誤認の認識はありません。

投稿: 大石 | 2010.10.22 11:09

ちゃんと経緯を読んでからレスするのが礼儀だと思いますけどね。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 11:09

いや,議論の経緯以前に,世田谷区民さんの説明と,引用した地図に矛盾があるのではないかと・・・

尖閣でお互いに排他的経済水域の主張を機械的にしていたら,血みどろの戦いになるので,なんらかの調整をしているのではないですか?

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 11:14

調整した結果が、日中暫定措置水域と中間水域の設定だと思いますが。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 11:18

暫定措置水域の南では,日本は明らかに200カイリの主張を抑えてますね。

自分が引用した地図ですよ。見てないんですか?

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 11:30

それも調整の結果ですが。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 11:37

それなら,「領海」外での自由な操業が可能ということではないですか?

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 11:39

そこはEEZ外での自由な操業は可能と書くべきでしょ。
EEZと言っても勝手に設定しているわけでない以上。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 11:43

この海域で,日本がEEZの権利を主張していないのに?

この件については,もう少し調べてから書いたほうがいいのではないでしょうか。

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 11:49

>この海域で,日本がEEZの権利を主張していないのに?

「この海域」という「この」が特定できませんけど、尖閣諸島には領海も設定されてますし、EEZも設定されてます。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/ryokai/ryokai_setsuzoku.html
リンクした水産庁のはあくまでも日中漁業協定のラインだけが書いてあるだけで、そこにEEZはないから設定もされてないというのならアホすぎです。
頑張って反論してください。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 11:55

※ リニア:交通体系の再編必至 「直線」で決着

やっとまともな結論が出て良かったなーと思ってます。長野県の、やれ諏訪を通せだの、長野経由にしろ(でしたっけ~笑)とかいう横車見ていると、アホすぎてあきれかえってました。

投稿: | 2010.10.22 14:28

世田谷区民さん

お互い,相手がアホだと思いながら議論するとしたら,難儀なことですね。

> リンクした水産庁のはあくまでも日中漁業協定のラインだけが書いてあるだけで、そこにEEZはないから設定もされてないというのならアホすぎです。

中国漁船の自由操業が問題ならば,漁業協定の問題でしょう。EEZは日本だけでなく中国も主張しています。だから調整が必要になるわけです。日本の主張するEEZのラインでことが済めば簡単ですが,そうはいかないのが国際関係です。「領土問題は存在しない」というのは日本のレトリックですが,現実には中国も領有権を主張しているのですから調整が必要になります。したがって日本の主張するEEZのラインを中国に押しつけるわけにはいかない。

現実はこう↓ですよ。

http://www.taro.org/2010/09/post-814.php
> 北緯27度以南は、新たな規制措置を導入しない。現実的には自国の漁船を取締り、相手国漁船の問題は外交ルートでの注意喚起を行う。(尖閣諸島はこの水域に入る)
> 尖閣諸島を含む北緯27度以南の水域では、お互いが自国の漁船だけを取り締まる。中国船はかわはぎを狙って数百隻がこの水域で漁をするが、日本は11月頃のカツオ漁の船が中心で数も少ない。
> 海上保安庁は、尖閣諸島周辺の領海をパトロールし、領海内で操業している中国船は、違法行為なので退去させる。操業していない中国漁船については無害通行権があり、領海外に出るまで見守る。<

つまり領海外での中国漁船の操業について日本の取り締まりはなされていない。

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 14:54

領土問題と排他的経済水域と取締りをゴッチャにして何が嬉しいのやら。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 15:31

横からでてきたやせ猫さんが、何をいいたいのか分かりませんが、議論を戻すと「何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから」という認識が間違っているという指摘に対し、大石さんは「別に誤認の認識はありません」と反論している。
ここで問題なのは、「日中の協定」と「領海外での漁」です。
ググれと木で鼻をくくったようなレスでしたが、「何度も書きますが、これは騒ぐようなことではないんです。日中の協定で、EEZ内でも暫定措置水域では日中共同で資源管理をしながら漁をして良いことになっていて、それを取り締まるのは旗を掲げる国が義務を負うことになっているんですから」というのが正しいのです。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/pdf/091217_1-01.pdf
従って、騒ぐも何も暫定措置水域で中国漁船が大人しく漁をしている分には尖閣で事件なんか起こることはないんですよ。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 15:51

太郎のそのページをリンクするなら一番肝心のここを出さないと。

>現在でも尖閣諸島の領海内で複数の海上保安庁の船がパトロールをしており、領海の周りを中国の監視船が徘徊している。領海の外を中国の監視船がパトロールするのは漁業協定に違反しているわけではないが、これまでそういう行動はなかった。

両国の武装した政府船が、両国の主張の食い違う海域で接近し睨み合いを続ける事態を「騒ぐようなことではない」っていう感覚がわかりませんね。だったらなぜ中国は今まで漁業協定の上では違法ではない監視船をこの海域に近づけなかったのか。それが極めて危険な行為であることを自覚していたからでしょう。

投稿: | 2010.10.22 15:55

>お互い,相手がアホだと思いながら議論するとしたら,難儀なことですね。
まあ、条文にあたっていないからだろ。
日中漁業協定は、日中のEEZに適用され、EEZ内では日中双方が漁業ができるとしている(相互入会)。他方、6条bで、北緯27度以南(尖閣周辺EEZを含む)は適用されないとしている。
すなわち同水域では、両国は自国の(主張する)EEZで他国の漁業を行うことを認めていない。
で、太郎のいうように、両国は、協定6条bの水域について他方の国民に対して自国の法令を適応しないことを確認している。
だから、日本は尖閣周辺のEEZで中国の操業を取り締まることはできないし、中国も当然中国と日本のバッティングするEEZで日本の操業を取り締まることはできない。
すなわち「従って、例え領海外であっても尖閣周辺で中国漁船が漁をするのは協定違反なんですけど。」と言い切ることは間違い。

投稿: | 2010.10.22 15:58

>北緯27度以南(尖閣周辺EEZを含む)は適用されないとしている。すなわち同水域では、両国は自国の(主張する)EEZで他国の漁業を行うことを認めていない<

北緯27度以南は「既存の漁業秩序を維持する」とありますけど。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/pdf/091217_1-01.pdf
沖縄も北緯27度以南ですから、沖縄や石垣島の漁師は領海内でしか漁をできないことになっちゃいますねぇ。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/pdf/091217_1-02.pdf

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 16:09

まぁこれが「騒ぐようなことではない」中国漁業監視船の実態と言うことで。

白い中国の漁業監視船:「インドネシアのEEZとは認めていない」 (毎日新聞
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/407.html
青く、穏やかな南シナ海に緊張が走った。6月23日、インドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西57カイリ(約105キロ)。現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、中国の白い大型漁業監視船が、「拿捕(だほ)した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告。大口径の機銃が銃口を向け、インドネシア海軍艦も応戦準備に入った--。
「洋上対決」は前日、同じ海域で10隻以上の中国漁船団が操業したのが発端だ。インドネシア警備艇がうち1隻を拿捕した。「排他的経済水域(EEZ)内であり、他国は勝手に操業できない」(当局者)ためだ。だが約30分後、2隻の白い中国の漁業監視船が現れ、「インドネシアのEEZとは認めていない」と無線で主張し、解放を要求してきた。
 毎日新聞が入手した現場撮影のビデオ映像によると、中国監視船のうち1隻の船首付近には漢字で「漁政311」の船名がある。軍艦を改造して昨年3月、南シナ海に投入された中国最大の漁業監視船だ。排水量は4450トン。漁業を統括する中国農業省の所属で、船体色こそ白だが、どっしりと洋上に浮かぶ姿は正に軍艦だ。
(中略)
「南シナ海は中国の核心的利益」--。今年4月の米紙ニューヨーク・タイムズによると、オバマ米政権のベーダー国家安全保障会議アジア上級部長とスタインバーグ国務副長官が3月に中国を訪問した際、中国側がそう説明した。「台湾」と「チベット・新疆ウイグル両自治区」について中国が使ってきた言葉で南シナ海が語られたのは初めてだった。
この海は、中国にとって安全保障と資源確保をかけた“生命線”なのだ。(中略)
インドネシア駐在の西側外交官は「既成事実を重ね、武力をちらつかせて海域を押さえるような手法が地域の安定に資するとは思えない」と話した。(後略)

ちなみにこの4月の会談で中国側は南沙だけでなく尖閣も「核心的利益」と宣言していたのは先日の報道の通り。中国は南沙でヘリ搭載型の漁業監視船まで投入していますが、自国漁船を取り締まるそぶりすら見せてません。

投稿: | 2010.10.22 16:44

>世田谷区民
いい加減にしろ!

以下引用-(142回国会、参議院外交・防衛委員会(平成10年04月28日)
○吉田之久君 次に、北緯二十七度以南の水域についてお伺いをいたします。
 この協定は、北緯二十七度以南の水域においては、日中両国は基本的に既存の漁業秩序を維持し、自由操業を継続することと規定いたしております。つまり、この水域では自国の関係法令を相手国国民に適用しないということになると思います。こうした規定ぶりとした理由それから背景には、この水域では日本、中国、台湾等の漁業活動が伝統的に複雑に入り組んでいることが挙げられますけれども、念のため、なぜ自由操業を継続、維持することとしたのか、御説明をいただきたいと思います。
 また、北緯二十七度という線引きはどのような根拠に基づいて行われたのか。この二十七度以南の水域には尖閣列島が含まれます。何かはれものにはさわらない方がいいだろうというような考慮もあって二十七度線というところで線を引いたのか、その辺についての御説明をお願いいたしたいと思います。

○海老原紳君(外務省官房審議官) 北緯二十七度以南の水域につきましては、ただいま委員がおっしゃいましたように、日中双方は自国の排他的経済水域におきまして自国の国内法令に基づきまして資源の保存、管理のための措置をとるということになっております。同時に、その水域におきましては、資源維持につきまして日中両国が協力関係にある。これは共同委員会の協議を通じた勧告を尊重いたしまして、これに基づきまして必要な措置をとるという協力関係でございます。
 このような協力関係にあることを前提といたしまして、相手国の国民に対しまして自国の漁業に関する法令を適用しないという意図表明を書簡の交換という形で行っております。これはどうしてかということでございますけれども、これも委員御指摘になりましたように、漁業実態が複雑かつ錯綜しているということでございます。
 二十七度という線の根拠というお尋ねでございましたけれども、これは先ほどもちょっと申し上げましたけれども、現在の協定もこの北緯二十七度を南限としております。今回も、交渉の結果、先ほど申し上げましたように漁業実態が複雑かつ錯綜しているという事情を考慮いたしまして、基本的に新たな規制は導入しないという、水域のいわば上限線という形で日中で合意したものがこの二十七度線ということでございます。
 最後に尖閣列島についてのお尋ねでございますけれども、この協定はそもそも日中間におきまして新たな漁業秩序を構築するためのものでございまして、尖閣諸島の領有権とは本来関係がないというものでございます。
 先ほども申し上げましたように、この水域を設定しましたのはあくまでも漁業実態が複雑かつ錯綜しているということでございまして、尖閣の問題は関係がございません。

大石様、長文失礼しました。

投稿: 投稿: 2010.10.22 15:58 | 2010.10.22 16:55

やせ猫さんにお次に相手する人は「いい加減にしろ!」ですか…。

>平成10年04月28日

この当時のEEZは、旧日韓・日中漁業協定の下でなるほど取締権は旗国主義です。
ですので、こんな状態でした。
現在のは平成12年に締結された新日中漁業協定です。
ってか、あたしゃちゃんとソースを示しているのに内容を読んでないのですねぇ…。
いやはや。

九州北西海域においては、領海のすぐ外側で韓国トロール漁船などの協定・自主規制措置違反、我が国イカ釣り漁船や延縄漁船などへの操業妨害の多発が半ば常態化していた。さらに、冬季には対馬周辺で数百隻の中国底びき網漁船が集団操業し、また大挙しての岸近くへの荒天避泊が続いた。当然、影響を受ける漁業者からの苦情も激しく、その対応に追われた。我が取締船と監督官は徹夜も厭わず行動したが、何せ取締権を持たない外国漁船への対応は警笛や拡声器による注意喚起と相手国取締船への指導要請に限られ、切歯扼腕の日々だった。そして対馬や萩などで開かれた外国漁船対策の会議では、我々の無力に対し関係漁業者からの非難を浴びた。
今、取締権は我が方にある。かつて韓国・中国への排他的経済水域の適用は不可能かとすら思わざるを得ないほど大きな山が立ちはだかっていたが、現行の日韓・日中漁業協定による沿岸国主義は長年にわたる関係者の努力の賜物だ。そして毎年の日韓・日中漁業交渉の成果を下に、我が取締船と監督官は韓国・中国漁船に立ち入り検査を行い、違反船は拿捕。現行協定発効以降、この海域での外国漁船拿捕件数は百数十件に達する。その一件一件に取締り関係者の汗と涙が詰まっており、これまでの苦労には頭が下がる。それでも違反船は後を絶たず、今後とも監視・取締りは一刻もゆるがせにはできないが、九州北西海域における外国漁船による不法操業の抑止に大きな成果を上げていることは間違いない。我が取締り陣営の士気は極めて高く、日々奮闘している。そして外国漁船の取締りに関して漁業関係者からお褒めの言葉を頂くこともあり、励みになる。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/koho/pr/mado/pdf/18.pdf

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 19:19

あほ、新日中漁業協定の審議の会議録だ!
新日中漁業協定でも北緯に十七度以南は、自由操業が残されたって話をしてるんだろ!
いい加減消えろ!!!

投稿: | 2010.10.22 20:07

平成10年に新日中漁業協定とか、北緯十七度以南!とか面白いですね。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.22 21:38

世田谷区民さん

> >平成10年04月28日
> この当時のEEZは、旧日韓・日中漁業協定の下でなるほど取締権は旗国主義です。
> ですので、こんな状態でした。
> 現在のは平成12年に締結された新日中漁業協定です。

新日中漁業協定は,

平成9年11月11日 署名
平成10年4月30日 国会承認
平成12月6月1日  発効

です。したがって平成10年4月28日の審議は,新日中漁業協定についての審議ですね。いやはや。

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 22:26

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.21 20:42

> 尖閣諸島の位置は北緯25度47分53秒 東経124度03分21秒ですから、「暫定措置水域」でもなければ「中間水域」でもありません。
> 「日中の協定で、領海の外では自由に漁をして良いことになっていて」というのは明らかに間違いで、200海里の排他的経済水域内において日中で取り決めしているのですよ。
> 従って、例え領海外であっても尖閣周辺で中国漁船が漁をするのは協定違反なんですけど。

結局,世田谷区民さんの,この部分は間違いだったということですね。尖閣周辺の海域である北緯27度以南について,協定が特別扱いしていたことを見逃していたからですか。

世田谷区民さんはWiki「日中漁業協定」を参照したようですが,Wikiのこの項目についての記述は問題があると思います。尖閣周辺である北緯27度以南について何も述べていませんから。

投稿: やせ猫 | 2010.10.22 23:38

>したがって平成10年4月28日の審議は,新日中漁業協定についての審議ですね<

発効前の問題、すなわちEEZ内で中国漁船が自由に操業しているのを問題として審議していたわけですよ。

>尖閣周辺の海域である北緯27度以南について,協定が特別扱いしていたことを見逃していたからですか<

もっともっとあと100倍ぐらい勉強して下さい。
勉強が全く足りませんよ。
EEZで操業するには両国でお互いに条件を定めた上で日本のEEZであれば農水大臣の許可が必要です。
「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」にはこう規定されています。
(漁業等の許可)
第五条  外国人は、排他的経済水域(禁止海域を除く。次条第一項及び第二項、第八条並びに第九条において同じ。)においては、農林水産省令で定めるところにより、漁業又は水産動植物の採捕に係る船舶ごとに、農林水産大臣の許可を受けなければ、漁業又は水産動植物の採捕を行ってはならない。

>世田谷区民さんはWiki「日中漁業協定」を参照したようですが<

ウィキペディアを参照したのは大石さんですし、どこぞの議員のサイトを丸呑みしたのは誰でしょうか。
あたしゃ一次資料しか参照しませんので、悪しからず。

投稿: 世田谷区民 | 2010.10.23 21:13

>ウィキペディアを参照したのは大石さんですし

 そういう事実はありません。

-----------------------------
>ネトウヨさんは、せめて日中漁業協定くらいググってから物言ってくれないだろうか<

大石さんの「ググれ」というのがウィキペディアの記述だと思いますので引用します。
-----------------------------

 この思い込みが誤解の出発点ですね。
 それで私も遅ればせながらWikipedia のその頁は読みましたが、正直、もう少しニュートラルなスタンスで書いた方が良いんじゃないかなぁ、と思った程度です。

 本件はこれで終わりにしましょう。

投稿: 大石 | 2010.10.23 22:08

>本件はこれで終わりにしましょう。
先生、すみません。一点だけ間違いを指摘して最後にさせて下さい。

>発効前の問題、すなわちEEZ内で中国漁船が自由に操業しているのを問題として審議していたわけですよ。
ちがいますよ、新日中漁業協定の審議ですよ。
いわずもがなですが、条約締結にあたっては、憲法73条で基本事前に国会の承認が必要となっています。
で、やせ猫さんが紹介されたとおり、新日中漁業協定は、平成9年11月11日に署名しており、同協定14条では、両国の国内手続きを完了した後、交換公文によって合意された日に発効するとされています。
で、同協定は、平成10年3月6日、142回通常国会で承認を求めるため提出されており、衆参両院の審議を経て、同年4月30日に国会承認されました。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1CE354E.htm
私が紹介したのは、まさにこのときの参議院外交・防衛委員会における審査の会議録で、新日中漁業協定で北緯二十七度以南が自由操業とされた理由について質疑しているものです。
以下引用-(142回国会、参議院外交・防衛委員会(平成10年04月28日)
○委員長(及川順郎君) 漁業に関する日本国と中華人民共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件を議題といたします。
 本件の趣旨説明は既に聴取しておりますので、これより質疑に入ります。
 質疑のある方は順次御発言願います。
引用以上
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/142/1090/14204281090012a.html

>あたしゃ一次資料しか参照しませんので、悪しからず。
一時資料である協定そのものを参照して下さい。
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdf/A-H12-343.pdf
ここの15-16に新日中漁業協定署名に際して、日中両国が北緯27度以南が旗国主義であることを確認した書簡が掲載されています。

大石先生、再度の長文失礼いたしました。
以上で最後にいたします。


投稿: | 2010.10.24 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6219/49802736

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日が殺す癌患者:

« 視察旅行 | トップページ | 円高是正という補助金 »