« 書店はどう生き残る | トップページ | 永遠に劣化する政治システム »

2010.11.03

変な転落事故

 さ、今日は月初めの祝日ですから、有料版に切り替えましょう(^_^)/
 休日にしてはニュースがてんこ盛りな朝です。

※ 民主党の三宅雪子衆院議員が自宅マンションから転落 腰の骨折り重傷 当時、酒飲み、直前にツイッターに「寝付き悪く…」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101102/dst1011021226003-n1.htm

*“自作自演疑惑”三宅雪子が泥酔→転落、重傷!自殺否定
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101102/dms1011021630017-n1.htm

>ベランダで携帯電話を落としそうになってバランスを崩し、誤って転落したとみられる。

 昨日の夕方の日テレニュースでは、庇部分に落ちた携帯を拾おうとしてバランスを崩した、と言ってました。またご近所のインタビューでは、あそこのベランダは人がうっかり落ちるような高さでは無いともありました。
 ただ、庇部分に落ちた物を拾うというのは、最近のマンションのベランダの構造を考えるとまずあり得ないですよね。そういう行為による転落事故を防ぐために、内側から取れるよう隙間を作ったり、そもそも物が外側に引っ掛からないような構造になっているはずだから。

 それで、よほど背丈があってバランスを崩したのかな、と思って彼女の身長をググッてみたのですが、数字が出てこないんですよ。ただ、他の男性議員と一緒に映っている写真を見ても、身長180センチには見えない。

 泥酔した政治家が、その時間帯に Twitter で呟くか? まずあり得ないでしょう。呟くにしても、理路整然とした文章を綴れるかどうかは解らない(その最後の Twitter 自体、果たして本人が書いたものなのか)。少なくとも、そんなことで誤って転落するほど泥酔していたというのは甚だ疑わしい。携帯を持って外に出て風に吹かれて気分が良い季節でしょうか? 年齢的なことはさておき、女性がそんな時間帯に自分の部屋のベランダに出ると思います?
 そもそも私は、そのベランダから落ちたということ自体に疑いを持っていますが、警察が特に事件性を感じていないのであれば、恐らくは、事故ではなく自殺未遂でしょう。事故だったで済ませずに、きちんと専門医に診せた方が良いですよね。そこに一片の嘘が無かったにしても、そういう事故を引き起こすほどに飲むということ自体が心の問題を抱えているとしか思えない。

※ 【露大統領北方領土訪問】佐藤優氏「北方領土の『脱日本化』にとどめ」 
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101101/erp1011012245018-n1.htm
*駐ロシア大使を一時帰国へ…北方領訪問に対抗
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101102-OYT1T00748.htm

 大使の帰国は無難な選択でしょう。この後に、駐在武官の追放合戦があるかも知れないけれど、ロシアが相手なら、そうエスカレートせずに収められる。
 この件に関して、沖縄を返還して道徳的に高いポジションにあるアメリカのクローリー国務次官補が、日本を支持すると表明しているでしょう。自分たちが射爆場として利用していた尖閣との違いは何かと言えば、結局はアメリカにとって、もはやロシアは打ち負かした相手でしかないけれど、中共は気を遣わなければならない相手だということですよね。
 今日、間もなく大勢が判明するアメリカの中間選挙にしても、中国との付き合い方が一つの争点になって、ネガティブ・キャンペーンで散々利用されたけれど、それでも連中は、選挙を終えてワシントンに戻れば、中国様とのお付き合いは大事にしなきゃならんと言うようになるんです。

 尖閣にしても北方領土にしても、bargaining power の本質は何かと言えば、結局は国力であって、国の勢いなんですよ。日本より少子高齢化が進む韓国には、でもまだそれがあって、今の日本には無い。だから、舐められるんです。そこを一日も早く回復しないと。

*【異論暴論】正論12月号 国民よ覚醒せよ! 核武装以外に独立の方途なし
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101102/plc1011020740007-n1.htm

>経済評論家の三橋貴明氏が、最新のデータをもとに日中両国の経済状況を分析した結果、日本の輸出入の対中国依存度が予想外に低いことが明らかになったのだ。

 言葉の綾的な部分があるけれど、日中どちらが、どらちにより依存しているかなんですよね。そうすると、貿易にしても観光にしても、中国の日本への依存度より、日本の中国の依存度の方がたぶん高い。となれば、相手の方がタカビーに出て来ますよね。ネトウヨ神のその分析がどのくらい正しいかもちと疑問なのですが。

※ 「尖閣ビデオ」見た議員から異論 「これが衝突?」の感想も
http://www.j-cast.com/2010/11/02079854.html?p=all
*「尖閣ビデオを観て・・・」期待外れだった これが「衝突」なのか
http://news.livedoor.com/article/detail/5110829/

>批判を恐れず申し上げれば主観の問題ではないか、と思われる程度の「衝撃」なのです。

 偉いぞ! 田中w。お前さんが言う通り(^_^;)。実は昨日それを書こうかどうか迷ったんだけど、ネトウヨさんに袋叩きにされるのが怖くて書けなかったんですぅorz。
 まず最初の衝突。あの位置関係で最も確実に、敵から逃れるためには、敵に大回りな回頭を強いるために、ぶつかる覚悟で背後へ抜けるというのはありだと思う。たぶん船長の頭の中には、巡視船と追いかけっこしても勝ち目は無いけれど、味方の漁船団まで辿り付けば、数で対抗できるという読みがあったはずだから。
 二度目の衝突も同様に、巡視船の反対側へ回頭して逃げるより、敵の真後ろへ舵を切って回った方が時間稼ぎできる。その危険な試みの目測を誤ってぶつかった可能性はあるでしょう。ただしこれは、あくまでもその可能性もあるというレベルの話に過ぎないけれど。

※ 村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000661-yom-soci

 当然こういう動きが出て来て、自分もそれに一口乗らせてくれ、という作家が増えるでしょう。だから出版社と作家の関係を前進させないと、みんな負け組という結末になりかねない。
 ところで、装丁やイラストレーターはどうなるか? という部分で、世間的には、そこは全滅するだろうと思われがちですが、実は私は、この部分こそ、この電子ブックの激変に立ち向かう鍵があると思っています。
 たとえば装丁なんて、今日はこの本の装丁画を電子ブックリーダーの壁紙にしようという時代が来るでしょう。

 しばらく前に、有料版の方で書いたのかな。単なるテキスト情報に過ぎない電子ブックを、ファイル交換から守るためには、付加価値を付けなきゃならない。その鍵の一つが、イラストだと思います。これまではコストの問題もあってモノクロでしか挿絵が描けなかったのに、カラーになり、あるいはパラパラ漫画みたいにしても良いし、いっそ十数秒のアニメにしても良い。当然音付きです。官能小説なんか良いと思いません?(^_^;)、音付きで。ちょっと電車の中では開けないけれど。
 当然、イラストレーターも、相応の印税を貰えるようになる。ただその部分というのは、フォーマットを囲い込むことなく、ファイル交換等と対抗していくための技術が求められるので、まだまだ試行錯誤が続くのでしょうが。

 そんなこと言ったって、紙が一番だろう? 日本で電子ブックなんか普及するはずがない、という意見も当然あるわけで、そこも否定できないですよね。言語というのは、本来その国、民族のアイディンティの根幹を成すクローズドなメディアだから、引き籠もろうとすると、不可能なことではない。

※ 陸自大宮駐屯地近くで爆発音 金属製の円筒2本みつかる
http://www.asahi.com/national/update/1103/TKY201011020567.html

*「ドーンという大きな音」「過激派の仕業?」駐屯地近くの爆発 不安な住民
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101103/crm1011030220004-n1.htm

 嫌らしいですよね。祝日前の深夜にやらかすんだもん。こんなこと、この連中は半世紀も続けていて、何の結果も出せずに、ただ警備公安の焼け太りに貢献しただけ。それこそただの革命ごっこじゃん。
 残念ながら池田先生が煽っても若者は革命を起こさないけれど、若者よ、世代間闘争を起こせ! と煽る方がよほど効果があると思いますけどね。何か、ネットの中の皆さんは、鉄パイプ持っての内ゲバや4畳半のアパートでカンパを頼りながら爆弾作りする行為に革命のノスタルジーを感じるみたいで。

※ 過労死訴訟:自衛官妻が逆転勝訴 国に補償命令--仙台高裁・控訴審判決
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101029ddm012040015000c.html

 所で、先週、こういうニュースがありました。お亡くなりになってから、一審に辿り付くまで8年も掛かったんじゃ、亡くなった旦那さんも浮かばれないですよね。

>死亡10日前に米同時多発テロが起きてからは休日がなく、

 あのテロの時に、当然自衛隊の待機レベルも、米軍並に上がったわけですね。恐らく、そこでは山ほどの誤報が飛び交い、スクランブルな事態が発生し、ひょっとしたら実弾を配るような部署があったかも知れない。けれど、当時、自衛隊がどう動いて、どんなハプニングがあったかほとんど明らかになっていないんですよね。公刊資料として防衛省が纏めてくれないかな、と思っているのですが。

※ 河川清掃で拾った現金、懐に 大阪市の職員約20人
http://www.asahi.com/national/update/1103/OSK201011030008.html
http://news24.jp/articles/2010/11/02/07169872.html

 免許証とかその場でポイ捨てするのは酷いですよね。ありそうな話なんだけど、第一報を聞いた時に、当然、大阪以外、首都圏の河川でも、そういうゴミ回収はやつているわけで、そちらの拾得物の処理はどうなっているんだろうと気になったのですが。
 それに、今日まで内部告発が無かったとも思えないけれど。

※ 「仙谷指令」が出された民主党は北海道補選でわざと負けた!?
http://www.news-postseven.com/archives/20101102_4822.html

>自民党との票差はちょうど3万。本気で勝つつもりなら方策はあったのだ。

 仙谷さん云々はともかくとして、この3万という票差は、町村さんみたいな名前も顔も売れているベテラン議員がどぶ板選挙して、しかも民主党への幻滅が広がった中での票差ということを考えると、選挙のやりようによっては、勝てた可能性が高いんですよね。
 そういう部分で、せめてこれ以降の補選を戦う時の反省材料にして欲しいですよね。

※ F35さらに1~3年遅れも 日本の機種選定に難題
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101102/amr1011021031004-n1.htm

>。開発段階の費用も総額約5千億ドル(約40兆3100万円)から約50億ドル増える

 たかが戦闘機に40兆円とか、4兆円の換算ミスじゃねw。空自さんが35に執着するようだったら、いよいよファントム部隊は自然減ですよ。
 ライノをひとまず50機入れて、その35の開発費用も持つけれど、ライノのライセンス生産は好きにさせろ(ブラックボックス減らせ)、と交渉するのが一番だと思いますが。

※ 警察ジャーナリストの黒木さん、車内で死亡 練炭自殺か
http://www.asahi.com/national/update/1102/TKY201011020315.html

 ちょっと疑問はあるけれど、遺書があってご遺族が納得しているのなら、事件性は無いんでしょう。人の心の中は闇ですね。合掌。

※ 裁判員候補戸惑い
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20101102-OYT8T00213.htm

>南さつま市の無職女性(88)

 これは酷いw。婆さんを殺す気ですか? さすがに40日もの拘束となったら、ジジババと子育てを終えた主婦しか参加できないじゃないですか。
 あと、このニュースで疑問な所があるのですが、被告は無罪を主張しているのに、テレビは相変わらず顔写真入りの実名で報道するんですよね。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 海江田氏「私が入っていないのは奇異」 閣僚委外れ不満
http://www.asahi.com/politics/update/1102/TKY201011020425.html

※ 「官邸は情報過疎地帯」菅首相ぼやく
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101102-OYT1T01008.htm

※ 「寝たら死ぬと思い、励まし合った」静岡の遭難男女5人を救出
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101103/dst1011030112003-n1.htm

※ テロ関係文書、故意による流出か IT企業が解析
http://www.asahi.com/national/update/1102/TKY201011020538.html

※ リバウンド中-発言小町
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0826/342184.htm?g=07&from=yoltop

※ 前日の空虚重量69.4キロ

※ 有料版おまけ いろいろ納得出来ないんだが

|

« 書店はどう生き残る | トップページ | 永遠に劣化する政治システム »

コメント

>池尻大橋にある学校
http://www.nit-komaba.ed.jp/j/
大丈夫!良い学校は一杯ある。
芸駒は都立だから無理だけど、筑駒とか駒東だけが、学校じゃない。
http://www.sogo-geijutsu-h.metro.tokyo.jp/information.html

投稿: pongchang | 2010.11.03 10:23

>そういう部分で、せめてこれ以降の補選を戦う時の反省材料にして欲しいですよね。

センセのような民主党支持者は大変ですね。
民主党にあれやらこれやらアドバイスし続けないといけない

投稿: | 2010.11.03 10:25

>まず最初の衝突。あの位置関係で最も確実に、敵から逃れるためには、敵に大回りな回頭を強いるために、ぶつかる覚悟で背後へ抜けるというのはありだと思う。たぶん船長の頭の中には、巡視船と追いかけっこしても勝ち目は無いけれど、味方の漁船団まで辿り付けば、数で対抗できるという読みがあったはずだから<

状況ってか、前提が違ってますけど。
巡視船は漁船を外に追っ払えばいいだけであって、逮捕するために追っていたわけではありませんよ。
ところが、中国漁船は領海内に居座っていたので追尾していたら、二度も衝突してきたので逮捕したということ。
おそらく2時間40分のビデオなら、この経緯は全て撮影されているので、大石さんのような想像をする隙もないと思いますけど。
まあ、全編公開しないことへの圧力として、「大したことないじゃん」って逆印象を流すのも手かもしれませんが。

投稿: 世田谷区民 | 2010.11.03 10:38

例によって週刊朝日の早版。

・訪朝21回 独占告白 アントニオ猪木が北朝鮮を訪れる本当の理由
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20101103-02/1.htm
『このころ、北朝鮮への核査察が国際問題となり、国会でも核の議論が白熱していた。参院議員だった猪木氏は、金氏との会談で
 いきなり核心を突いたという。
 「北朝鮮のミサイルは日本に向いているそうですね。お互いの信頼が醸成されれば解決する問題です。食事にしましょう」
 気まずい雰囲気が漂う。
 続く食事の席で今度は、「おれたちのミサイルも北朝鮮に向いています」と言った。相手が気色ばむ。
 「北朝鮮は美女が多いですね。日本男児の“ミサイル”はみんなこっちを向いているんです」
 その場はドッと笑いに包まれ、その後、一気に打ち解けたという。』

こりゃ、本当だとすりゃ、相当なモンですね。座談の名手、チャーチルの逸話にも通じる。なんか英国流(お下品ですけど)の
ギャグセンス。毀誉褒貶の多いひとだけど、プロデュースするプロがついてても、ホントにやるのが凄い。

>北方領土【アメリカのクローリー国務次官補が、日本を支持すると表明しているでしょう。】

・北方領土は安保条約対象外 米高官
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101103/amr1011030828002-n1.htm
「ロシアのメドベージェフ大統領が日本の北方領土を訪問したことに関連し、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条
 について、「(北方領土は)現在日本の施政下になく、条約は適用されない」と述べた。」

これが主旨。

「クローリー氏の発言は、同5条が適用されるのは沖縄・尖閣諸島のようにあくまで日本の施政下にある領域であり、北方領土は
 これに該当しないことを改めて確認したものだ。」

とも言っている(そうな)。オマケとしてリップサービス(?)が下記。

「同時に、「米政府は日本を支持し、北方領土に対する日本の主権を認めている」と重ねて強調した。」

大石先生は、別のダイレクトなパイプをお持ちなのかな・・・?

投稿: | 2010.11.03 11:10

まあ、領土問題だけは何処の国も譲らないからねえ。言えば売国奴扱いされて政治生命終わるだけだし。
その点、尖閣は日本領と言ってる李登輝元台湾総統はまあ商売の為に言ってるんだろうねえ。
元総統といっても所詮、選挙の洗礼を受けた人じゃないし。(台湾の総統直接選挙は次代の陳水扁から)

投稿: | 2010.11.03 12:00

※ リバウンド中-発言小町

舐めてるのは大石先生のほうでは?
ちゃんと食事に気を使えば週二日でも十分ですよ。
栄養なんか無視して単純にカロリーだけ考えジャンクフード食べ放題のその食事のほうがよほど問題。

投稿: | 2010.11.03 13:42

>三宅雪子
本人のコメントによると今回で2度目の落下だそうで。
一回目は、2歳?の時にホノルルのマンションでやはり4階から落ちたとか。
それ以降、不死身の雪子と言われている。

>静岡の遭難男女5人を救出
映像を見ると降りられない岩場を降りようとして
途中で身動き出来ず、ですよね。5人のうち二人。
スキー場でよくみる光景です。特にスノーボーダー。
急斜面にへばりついている。
先日、情熱大陸に岳人服部文祥が登場しました。
テントも時計も、もちろん携帯も持たずに冬の大菩薩嶺へ。
で、最後は岩場から30メートル落ちた。彼も不死身。


投稿: kouda | 2010.11.03 13:47

>偉いぞ! 田中w。お前さんが言う通り(^_^;)。実は昨日それを書こうかどうか迷ったんだけど、ネトウヨさんに袋叩きにされるのが怖くて書けなかったんですぅorz。


編集されたビデオをみて、総てを理解できるわけが無い。政府は国会への提出さえ渋ってビデオを闇に葬るつもりだったのでは。ならば、編集意図が明らかです。
海に落ちた日本の保安庁職員を銛で突こう(仄聞です)とした画面は、有っても、提出されたビデオに出てくるはずが無い。

投稿: | 2010.11.03 13:55

被告も70代でしたね。無期刑でもシャバに戻るのはほとんど不可能。

投稿: | 2010.11.03 13:58

>貿易にしても観光にしても、中国の日本への依存度より、日本の中国の依存度の方がたぶん高い。となれば、相手の方がタカビーに出て来ますよね。

 今の日中両政府がそんなに計算高いわきゃありません。一方がシナ崇拝、一方が中華思想を全開にしているだけです。

>ネトウヨ神のその分析がどのくらい正しいかもちと疑問なのですが。

 ネトウヨネ申は「所詮、2ちゃんねる厨房ですからぁw」ですか?でも、東大法学部卒の会計の専門家が、こんな分析をしていますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%8C%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%AF%E3%81%9A%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%8430%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1-%E7%A6%8F%E4%BA%95-%E7%BE%A9%E9%AB%98/dp/4198621438/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1288760347&sr=8-1
『中国がうまくいくはずがない30の理由』
「日本がどうしても輸入しなければならないエネルギーや食料の売り手としても、日本の主力輸出品である耐久消費財の買い手としても、中国は重要性を持ちません」(p112)
「中国で現在行われている加工レベルはタイやインドネシアと同程度であり、仮に中国が日本に理不尽な要求をするのであれば、日本はタイやインドネシアあるいは成長著しいベトナム、インドなどに仕事をまわせばいいのです」(p116~117)
「中国は貿易依存度自体が高いうえ、日本が圧倒的強みを持つ高度の資本財輸入を日本に大きく依存する、日本からの輸入が前提の貿易構造であり経済構造となっているのです」(p117~118)

投稿: 土門見人 | 2010.11.03 14:31

アホだ。タイやインドネシアって70年代から何度も進出し、結果中国のほうを選んだんでしょうに。
ベトナムはまだしもねえ。東大法学部卒の会計の専門家は所詮会計の専門家であって経済の専門家でも、まして企業家でもないってこった。

投稿: | 2010.11.03 14:38

>国民よ覚醒せよ! 核武装以外に独立の方途なし

30年前、清水幾太郎氏が「日本よ国家たれ-核の選択」を著して物議を醸しました。あのとき活発な論争が起こりました。
清水氏の論は、アメリカからの独立を意図してのものでした。核武装による本当の独立を謳うなら、対中露云々より、まずはアメリカからの自立でしょう。清水氏は、そこから初めて話が始まるとしていたわけです。
私ゃ、大いに頷かされたものです。いえ、核武装は無用だと思いますけど。

投稿: ペンチ | 2010.11.03 14:46

土門氏その本読んでる?2006年発売のその本は外れちゃったことも多いけど?

投稿: | 2010.11.03 14:54

まあ、毎年毎年書いているからそのうち当たるんじゃないか?
SAPIOの「中国経済崩壊」と安倍晋三の「北朝鮮はこの冬を越せない」。
いつかは当たるさw

投稿: | 2010.11.03 14:58

 技術水準が高いというわけではなく、タイやインドネシアよりチープレイバーがより豊富というのが、中国の強みだったわけで、それが「依存」と言えるのかね?現在よりリスクが高まれば、ちょっとやそっとの人件費より、現地法人の駐在員の安全を取る企業も出てくる。コストとは、何も人件費だけではない。加えて最近、日系企業の賃上げストも多いことだし。

投稿: 土門見人 | 2010.11.03 15:06

でもねえ。
ベトナムはともかく、ラマ9世の余命とタクシン問題のタイとか所詮はイスラム国家のインドネシアのリスクが低いかあ?

投稿: | 2010.11.03 16:33

まあ、タイよりはシンガポール
同じイスラムならインドネシアよりマレーシア
インドよりはフィリピンが現実的。
実際、中堅造船業はフィリピンシフト多いし。

投稿: | 2010.11.03 16:53

結局、低賃金と為替差益との兼ね合いで製造コスト(リスク)の安いところへ巡り巡るだけですね
で、現状では日本にはまず来ないって事だけははっきりしていると。

投稿: lor | 2010.11.03 17:39

つか、タイの将来リスクなんて、中国のこれから起こるであろう政治経済リスクと比較すればほとんど無きに等しいでしょう。だからこそトヨタもプリウスをタイで作るし、日産三菱こぞって日本向け自動車工場をタイに新設してるわけで。少なくとも世界の工場としての中国は完全に終わりましたよ。

気がつけば、タイが自動車王国に
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100903/216110/

投稿: | 2010.11.03 18:25

別にリスク分散ってだけでしょ。中国にも自動車工場作るんだし。

投稿: | 2010.11.03 19:07

>ベトナムはともかく、ラマ9世の余命とタクシン問題のタイとか所詮はイスラム国家のインドネシアのリスクが低いかあ?

中国のリスクに比べれば無いも同然。
日本のシーレーンと重なっているから戦略的利益も重なり、自然と相互互恵関係になる。


将来、赤道上に宇宙基地を作る時のためにも東南アジアに生産力を集中した方が有利だしぃ。

投稿: ほる | 2010.11.03 19:11

え?労働争議で日本の自動車メーカーの操業停止が相次いでる中国でどこの会社が自動車工場を新しく作るの?時流を見誤って作り出しちゃったトヨタの長春工場が最後じゃない?仕方ないからカローラとか作らせるらしいけど。タイと中国では労働者の質など色々な面で水準が違うんだよ。

トヨタ、タイで「プリウス」生産へ
http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_137576
>トヨタはまた、中国でプリウス車種を少数生産しているが、中国での同車種生産は大量生産には程遠く、生産には日本で製造した部品を使用している。

投稿: | 2010.11.03 19:25

*“自作自演疑惑”三宅雪子が泥酔→転落、重傷!自殺否定

>そもそも私は、そのベランダから落ちたということ自体に
>疑いを持っていますが、警察が特に事件性を感じて
>いないのであれば、恐らくは、事故ではなく自殺未遂
>でしょう。事故だったで済ませずに、きちんと専門医に
>診せた方が良いですよね。そこに一片の嘘が無かったに
>しても、そういう事故を引き起こすほどに飲むということ
>自体が心の問題を抱えているとしか思えない。

平気で嘘をつき続けるだけの太い神経をお持ちの三宅☆自演乙☆雪子さんですから、当然どっかで心に問題を抱えているでしょう。今回もまた底の浅い嘘を吐いているとしか思えませんよね。それは国会議員として必要な資質なのかも知れませんが、自分の心の病に押しつぶされて4階から飛び降りるくらいなら、早く議員をお辞めになる方が本人のためと思います。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:04

※ 「尖閣ビデオ」見た議員から異論 「これが衝突?」の感想も

>批判を恐れず申し上げれば主観の問題ではないか、と
>思われる程度の「衝撃」なのです。

結局、「ビデオを公開すると国民は激高する」ほどの内容ではなかった=見せられていないところに何かひどいことがある、ということにしかならないですよね。となると、やっぱり本件に対する政府の対応がお粗末、ということ。

いずれにしても、菅さんが言っている通り、外交においても国民に判断を仰ぐしかない、ということです。それが、民主主義国家というもの。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:08

※ 村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ

>単なるテキスト情報に過ぎない電子ブックを、
>ファイル交換から守るためには、付加価値を
>付けなきゃならない。その鍵の一つが、
>イラストだと思います。

売れてる「もしドラ」にしても、あの表紙が売れる原因と言われてますし、ラノベの類も表紙絵が一つのチャームポイントになってますもんね。マンガでは特別版でDVD同梱のモノも売られてたりします。それがうまく電子書籍の中に乗ってくるなら、これは結構電子書籍ならではのメリットかもしれません。

例えば、先生の場合では、武器や装備の説明や地図と両軍の配置が見たいところで見られるなんていうのは、結構個人的には大きな付加価値に思えます。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:14

※ 裁判員候補戸惑い

>被告は無罪を主張しているのに、テレビは相変わらず
>顔写真入りの実名で報道するんですよね。

政治家、有名人、企業や団体のトップを除いて実名報道する必要はどこにも無いと思うんですが。少なくとも、有罪が確定するまでは「属性」は別にしても個人名は要らないと思います。(その癖報道機関に勤めている人間が犯罪を犯した時だけは、匿名報道だったりする~笑)

顕名報道を止めるだけでもかなりの報道被害を減らせるんじゃないでしょうかねー。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:20

>>言葉の綾的な部分があるけれど、日中どちらが、
>>どらちにより依存しているかなんですよね。
>>そうすると、貿易にしても観光にしても、
>>中国の日本への依存度より、日本の中国の
>>依存度の方がたぶん高い。

>東大法学部卒の会計の専門家が、こんな分析をしていますよ。

土門さんの意見にかなり同意なんですが、ここ5年くらいで日本国内から中国内に相当投資されています。これは失うのは相当痛い。一方、中国から日本への投資は大したことはない。更に、市場としての中国は無視できないくらいに大きくなってきている。まだ、顧客としての中国市場を失っても直接的なダメージは大きくないですが、多分これから5年から10年で日本企業の中国市場への依存度は増えることこそあれ、減ることはないでしょう。最近の中国への投資は日本や海外への供給拠点としてではなく、中国内販をにらんでのものが多くなっていますから、ダブルパンチでしょう。

中国のカントリーリスクは非常に大きく、工場としての海外生産だけであればタイやネシア、ベトナムとかいくらでも行くところはあるんですが、やはり日本の対中依存度は正直無視できないところはあります。勿論、だからといって中国側から日本の異存が低いということではないんですが。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:31

※国会招致「必要ない」=インターネット番組に出演―小沢氏
+++
民主党の小沢一郎元代表は3日午後、インターネットの番組に出演し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐる自身の国会招致問題について、「裁判所の手続きに入っている。三権分立から言えば、司法で取り上げているのものを立法府が議論するのは妥当ではないし、必要ではない」と述べ、衆院政治倫理審査会(政倫審)などの出席に応じない考えを示した。
+++

訴えられてないから国会で説明する必要がない、と言ったり、役員を辞任したから国会で説明する必要ないとか、とにかく絶対に国会に出たくないんだな、このおっさん。

結局国会で証人喚問されたら嘘付くと偽証罪で訴えられたり、国会での応答を裁判に使われるのが怖いんだろうが、こんな人が国会議員だとは恥ずかしいとしか言いようがない。

投稿: モチキセキセキ | 2010.11.03 20:40

センセおめでとうございます。

「子ども手当やめちゃうのも手」松沢知事提案
阿部孝夫・川崎市長が、政令市長会で来年度のボイコット案が議論されていることを紹介すると、知事は「政令市長会は立派だ」と絶賛。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101102-OYT1T01258.htm?from=main1

投稿: | 2010.11.03 20:54

>平気で嘘をつき続けるだけの太い神経をお持ちの~

どういう太い神経してたら人さまのブログにコメントを6連投出来るのかわからない・・・

投稿: | 2010.11.03 21:10

三題噺・・・

・【駐露大使一時帰国】息巻く外相 及び腰の首相官邸
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101102/plc1011022207029-n1.htm
「ロシアのメドベージェフ大統領が日本の北方領土・国後島訪問を強行したことを受け、前原誠司外相は河野雅治駐露大使の一時帰国を
 決め、ロシア政府に抗議の意思を示した。だが、鼻息が荒いのは前原氏だけ。仙谷由人官房長官ら政府首脳陣はなお波風立てることを
 嫌い、日露首脳会談の実現に淡い期待を抱き続ける。」

こりゃ、半島有事の3巻では、ピョンヤンにダーティーボムが雨アラレと…

・月給5.4万円減…橋下知事vs労組、3600人“降格”で激突
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101103/lcl1011031801003-n1.htm
「今回の「わたり」廃止では計約3600人が“降格”、減給となり、保障が廃止される職員は、約1万4千人に上る見込みだ。
 「4級主任」のモデルケースでは、保障の廃止分も加えると、月給は41万1636円から35万7200円となり、
 5万4436円の減額となる。」

橋下っちゃん、対外的には結局上海万博に行って、『口だけ番長』っぷりをコケにされたから、内弁慶では突っ張るを得なく
なってるなー。でも地方公務員減給は頑張ってほしいね。

・自転車で老人はねた6歳児への訴訟可能 米地裁が判断
http://sankei.jp.msn.com/world/america/101103/amr1011032015020-n1.htm
「ニューヨーク州地裁の判事が、昨年4月に高齢の女性を補助輪付き自転車ではねた当時4歳の女児について、裁判で訴えることは
 可能だとする判断を示したことが分かった。」

親が見ていても危険行動を容認してはならない、ってことは、子供に銃オモチャにさせてジジババ撃ち殺してもダメ、か・・・

投稿: | 2010.11.03 21:14

>村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ

えてして創作家のこういった試みは一発屋ないし死屍累々で、3年経ってみないとなんとも言えないです。
3年後には数字が証明してくれるでしょう。

>たとえば装丁なんて、今日はこの本の装丁画を電子ブックリーダーの壁紙にしようという時代が来るでしょう。

私の見解は逆ですね。
本の装丁は本文と不可分であればこそ、
その内容と一対一の対応をもつ唯一の絵ないし模様として価値が生じます。
複数の差し替え可能なパーツとなってしまっては、
今でもそこら辺にあふれている二次創作のイラストとなんら変わりありません。
わざわざ金を払って買ってくれる人は出てこないでしょう。
せいぜい電子ブックの表紙につける素材集1000とかで一山いくらの値段と予想します。
Windowsの壁紙集が急速に二束三文になっていったのと同過程をたどるでしょう。

投稿: KAZ | 2010.11.03 21:38

今し方、「笑ってコラえて!」で高校の「全日本吹奏楽コンクール」の特集をやっていましたね。大石先生はご覧になられたのでしょうか?
今回、金賞をとった鹿児島情報高校もクローズアップされていました。

投稿: 禿鷲 | 2010.11.03 22:05

>経済評論家の三橋貴明氏が、最新のデータをもとに日中両国の経済状況を分析した結果、日本の輸出入の対中国依存度が予想外に低いことが明らかになったのだ。

 日本の輸出額は2010年度の4月分で
 中国向け 1兆1496億円
 香港向け   3243億円
 北アメリカ向け8782億円

で、すでにアメリカ向け輸出の1.7倍の額となっています。
これは4月分だけですので、1年だと
1.5兆円X12 = GDPの3.6%程度になります。
これが失われるのはかなり大きい。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100603/229381/?P=2

日本の輸出の半分以上が、韓国、台湾、ベトナムなどのアジア向けですが、
アジア圏の経済は、
 ベトナムが日本に要素部品を輸出
 ↓
 日本が中間製品を組み立てて中国へ輸出
 ↓ 
 中国で製品を完成してアメリカへ輸出

というように中国を中心にした国際分業になっているので、「正論」誌のように中国なしで日本の輸出経済を成り立たせることは不可能です。

 日本の立場は、第1次大戦以後世界の工場をアメリカにとられたイギリスのようなもので、海の向こうでバブル景気に湧く旧植民地に世界の経済支配権を奪われていく過程にあります。
 泣いても笑っても没落の過程がすでに始まっているわけで(イギリスも19世紀後半に大不況と呼ばれる長期の不況があったし)どうしようもありません。
 イギリスの二の舞(国内投資の不足により国内の産業インフラが陳腐化して生産性が落ちて国際競争力が無くなる)にならないように、国内投資は政府が主導してきっちりやっておくことでしょう。

  

投稿: 個人投資家 | 2010.11.03 22:54

>中国で製品を完成してアメリカへ輸出

この中国をタイやマレーシア、アフリカに変えればOK.
なんなら、アメリカ本土で製品を完成させてもよい。

アセンブリをやるだけの工場ならどこにでも作れますし、教育程度や民度の高い国に置いた方が結果的にコスト安になります。

中国の企業も最終組み立て工場を消費地に近い、アメリカなどに置いていますね。

投稿: | 2010.11.04 00:04

>電子書籍の付加価値
Softbank傘下のフレックスコミックの漫画で、
セリフの一部を声優さんにしゃべらせるWebコミック+VOICEというのをやってます。

http://flex-comix.jp/webcomic/hasegawayuuichi/maxtupus_v.html

コストが高いのかごく一部のようですが。

小説版でやるなら、朗読の音声ファイルなんか添付してみたらどうでしょう?
ドラマCDみたいに声優にしゃべらせるのもアリかも。

投稿: 森のクマ | 2010.11.04 01:12

交流のあった週刊朝日山口編集長によると岩手県警の裏金疑惑に対する抗議の憤死じゃないだろうかということだ。遺族の了解が得られたら誌面で展開するかもしれないとのこと。

投稿: | 2010.11.04 01:12

警察の裏金で警察ジャーナリストがいちいち抗議の憤死なんてしてたら命がいくつあっても足らないだろうにw

投稿: | 2010.11.04 01:20

>貿易にしても観光にしても、中国の日本への依存度より、日本の中国の依存度の方がたぶん高い。となれば、相手の方がタカビーに出て来ますよね。ネトウヨ神のその分析がどのくらい正しいかもちと疑問なのですが。

疑問に思ったら憶測で書かないで調べてから発言すればいいと思います。

ちなみに、中国人の日本への観光客は香港と合わせて2009年で年間150万人ぐらい
日本人の中国への観光客は330万人とダブルスコアで圧勝です。

投稿: KAZ | 2010.11.04 08:04

>ちなみに、中国人の日本への観光客は香港と合わせて2009年で年間150万人ぐらい
>日本人の中国への観光客は330万人とダブルスコアで圧勝です。

 これがそういう数字の話じゃないんですよ。
 確か、日本にやってくる海外からの観光客数に占める中国人の比率と、中国にやって来る海外からの観光客数に占める日本人の割合を比較すると話にならないみたいな、そういう話だったと思います。
 大陸の場合は、在外華僑がその数字の大半だろうとは思いますが。

投稿: 大石 | 2010.11.04 08:36

>確か、日本にやってくる海外からの観光客数に占める中国人の比率と、中国にやって来る海外からの観光客数に占める日本人の割合を比較すると話にならないみたいな、そういう話だったと思います。

失礼しました、そういう意味なら再計算してみます。
中国国家観光局の資料が2007年までなので2007年で比較します。
中国国家観光局
http://www.cnta.jp/motto/toukei/によると、中国における2007年の外国人入国者は
ざっと2600万人、うち日本人が397万人、約15%
日本における法務省の統計から
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html
新規入国者が772万人、うち中国+香港人が154万人で約20%
再入国者の外国人を入れると17%ぐらい
2009年だと、これが27% 22%ぐらいになります。

2009年における中国側の数字が分かりませんが、確かに比率としては高いです。
この点は仰るとおりです。
ただ、もし双方の観光が一切なくなったばあい、
日本人金と330万人が中国で使う金と中国人150万人が日本で使う金を考えると
国単位としては、中国側が損をすると思います。

投稿: KAZ | 2010.11.04 11:01

>大宮駐屯地攻撃

地元民ですが、十数年前にも同じ様な事やってるバカがいたんで、こちらでは「またか」とか「進歩ないな」という評価です。
自称過激派だか革命家(笑)だかゲリラごっこだか知りませんが、あんな打ち上げ花火に毛が生えた程度の玩具をぶっ放して何が楽しいのか。
正直理解に苦しみます。

>いつかは当たるさw

あちこちでやってる「日本経済は破綻する!」に比べりゃまだまだ歴史は浅いですし、これからですよね。

投稿: | 2010.11.04 18:45

>>尖閣衝突事件
海保が撮影したと覚しき動_画が数時間前にYouTubeに出てきています。

http://www.youtube.com/user/sengoku38

約一時間なのですが、これが件の事件の記録なのかどうかは私にはわからないです。

投稿: 業界インサイダー | 2010.11.05 00:44

>日本人金と330万人が中国で使う金と中国人150万人が日本で使う金を考えると
>国単位としては、中国側が損をすると思います。

 そういうことではないのでは?
 
 中国を訪れる日本人観光客が、中国旅行を取りやめても他の外国へ行くと考えられますので、日本国内の中国人観光客の150万人分の穴埋めにはならないでしょう。
 日本国内の観光産業は丸々150万人分の需要を失うわけです。
 

投稿: 個人投資家 | 2010.11.05 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変な転落事故:

« 書店はどう生き残る | トップページ | 永遠に劣化する政治システム »