« 中国は駄目になった | トップページ | 羽田に帰国 »

2011.06.25

余力ありや?

 結局、今週、内閣の改造は無かったんですか? それとも防災相がどうのこうのという話で終わり? それも国外ではよく見えないですが。

※ 余力たったの9%…電力需要、今夏最大に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110624-OYT1T00733.htm?from=top

 この一週間、パリは無茶苦茶な天気で、カッパを羽織ったり袖をまくったり大忙しでした。
 東京のようにカラッと暑くならないんですね。ただ、このニュースを聞いた時の私の率直な感想は、まだ9%も余力があるのに、何を大騒ぎしているんだろう、と首を傾げたのですが。
 関東全域が真夏模様になれば、そんな余力は吹き飛ぶかも知れないけれど、今ちょっと過去の猛暑のデータ等をググッている余裕が無いのですが、そこいらへんどうなのでしょう。ここ数日、埼玉以外がどうだったのかも知らないのですが、やっぱりクリティカルと言っていいんでしょうか?

※ 「刑事コロンボ」ピーター・フォークさん死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110625-OYT1T00127.htm?from=main1

 大人になって振り返ってみると、このドラマの面白さは、うだつの上がらない現場のたたき上げのデカが、次々とエリートに鉄槌を下していく図式ですよね。突然被害者が発見されるわけでもなく、犯行の一部始終が最初から明らかにされるのも斬新だった。

※ 自分をハグできる大発明?電通大の「センスロイド」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2808384/7415464

 え? セクサ……。これはもう次はキスの仕方を教え込んで、その次にナニとナニを覚えさせて、あと5年くらい?

※ 押井守、3D映画の現状にダメだし!「成功しているのは『アバター』だけ」
http://www.cinematoday.jp/page/N0033297

 劇場公開ということで言えば、3D向きのテーマはあるでしょうね。ただ、個人的には、まず3D酔い対策が最優先ですよ。
 ところで今回、パリでも3Dパブリシティが大流行でした。あれはいったい何の意味があるのか解らないけれど、大空から飛行機が飛び出してくる構図は、3D向きなんですよね。

※ ボーイングの大型旅客機を個人が発注、購入者めぐり憶測
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1308897674509.html

 維持費を考えると、アラブの王族にしか買えませんよ。

※ 小田嶋先生は Twitter 中毒の傾向があるのではと地球の裏側から案じております。最近、隆と名の付く人は……。

※ 有料版おまけ untitled

|

« 中国は駄目になった | トップページ | 羽田に帰国 »

コメント

半島有事5 東西線西葛西駅ガード下 24日夕8:30入手
平積み(多分)10冊 この店の購入第1号かと
本日1日 ゆっくりと読了予定
大石先生に感謝

投稿: bysyo | 2011.06.25 10:21

大石様、連日、お疲れ様です。

オマケに出ている「お風呂の件」ですが、やはり日本人団体の場合、クレームが入りやすいので、個人にしわ寄せが来ていると思います。とくに同じ団体内で湯船の有無が発覚すると、たいへんなことになりますので‥

>民主党政権
「岡田、延長国会“内幕”激白!菅が「新体制」と書き換えたワケ」とかいうインタビュー記事が出るようですから、もう体制がガタガタのようです。内閣改造は、隠し球として取っておいて、今回は復興相に松本防災相を起用して終わりのようです。が、これも「松本氏、一度は復興相固辞…選択肢少ない首相」とか書かれていますね。

投稿: ブリンデン | 2011.06.25 10:35

>余力

昨日は最大出力約4700万kwで91%。

6月にここまで猛暑になると思わなかった東電需要予測の
「想定外」(またか)の数字です。

真夏には最大5500万kwとプラス保険の揚水発電もありますから
昨日以上の猛暑でも全然余裕でしょう。

ちなみに今日の最大は4300万です。(土日は下がる)

投稿: | 2011.06.25 11:32


ちなみに今期最大5500万kw供給で昨日の需要4300万kwなら、約78%ですね。

投稿: | 2011.06.25 11:38

連投すいません。

私の感想は「意外とみんな節電してるじゃん」でした。

去年だったらこの暑さなら軽く5000超えてるでしょうね。

投稿: | 2011.06.25 11:42

先日15年以上前に書かれたシミュレーション小説が出てきました。
猛暑日の昼、ある原発でトラブルが起きて出力低下と同時に山の中の落雷で送電線が切れ、その結果電力不足で東京が大停電を起こす……という話でした。

公開情報を元に著者が調べたのか電力会社のサポートを受けて書いたのかはわかりませんが、電力がギリギリだとアピールするのが陰謀だとしたら随分気の長い陰謀だなあw

その話で印象深かったのは、電力会社で働く主人公のグチで「みんなテレビだエアコンだと電気の使用量は年々増えていくのに、その電力を生み出す発電所の増設には文句を言う。電気が足りなくなったからってすぐに発電所を増やせるわけじゃないのに。発電所の建設には10年単位の時間がかかるのに」という趣旨の台詞でした。

投稿: | 2011.06.25 12:49

今の原発と太陽光発電の話で太陽光発電を全くの役立たずと言っている論拠を見ていると、太平洋戦争のころの対艦巨砲主義と航空主兵の論争にダブって見えた。
太陽光発電ごときに発電できるかぁと叫んでいた原発利権者たちは、家々の屋根に無数に設置された太陽光発電パネルと一家に一台の蓄電装置(PHVとかEV含む)によって次々と倒れた。
そして、その後新たな原発の建造はなく、廃炉となった原発と核廃棄物の管理費用だけが重たくのしかかるのであった。
まぁ、妄想ですw

投稿: Nori | 2011.06.25 14:38

MRJに欧州は臭わない。Saabとかオランダ支社とかイラね。香港のリース会社のリリースを何週間かずらせば少しは何か華やぎに成ったかもしれ無いのにね。

投稿: pongchang | 2011.06.25 14:45

>太平洋戦争のころの対艦巨砲主義と航空主兵の論争にダブって見えた。

これ面白いですね

大艦巨砲主義のなかにはいろんな意見があって、武蔵の例から撃沈には魚雷が10発以上当てる必要がある。
命中率5%としたら、雷撃機200機必要。
としたら正規空母7隻以上。
これば全盛期の米軍でしか無理な数字。
とすればRSBCの播磨クラスなら事実上撃沈不可能ってことで、大艦巨砲が中途半端だったという意見もあります。

原発にすれば、安全対策が中途半端だったという意見もありますからね。

投稿: oka | 2011.06.25 15:06

調べてみたら播磨は大和級の1.5倍近い全長と3倍の排水量があるみたいですけど、的が大きく鈍重だと命中率も変わってくるのではないでしょうか。

投稿: | 2011.06.25 15:16

>投稿: | 2011.06.25 15:16

確かにそうですね
でも大きい分、対空火器も多くて…

まぁ、いずれにせよ妄想の世界ですから

投稿: oka | 2011.06.25 15:20

>家々の屋根に無数に設置された太陽光発電パネルと一家に一台の蓄電装置(PHVとかEV含む)によって次々と倒れた。

個人宅の屋根面積を考えないのが太陽光推進派とやらの思考限界。
蓄電装置も置く場所があるのですかねえ。

投稿: | 2011.06.25 15:30

RSBCの世界では、互いに対空砲火に近接信管を使うので航空機の消耗が激しく、序盤に空母対空母の航空戦を2,3回やると互いの航空戦力はすり減ってしまい、結局、艦隊決戦は戦艦対戦艦になってしまうという世界観がよかったですね。
 大石先生の新刊でなくて、他の作品の話で申し訳ないのですが(^_^;)

投稿: プレーリードック | 2011.06.25 15:32

そうそう原発もこの災害をすべてのりきって、運転再開させてたら、原発はこのように堅牢である。 と胸をはれたのに…
装甲を中途半端にしたから沈没してしまった。
こんな愚か者に原発はまかせられない

投稿: nori | 2011.06.25 16:47

>>蓄電装置(PHVとかEV含む)
まぁ、要はピークアウトさえしてしまえばいいんですから、太陽光パネルより即効性があると思うんですけどねぇ。
置き場所については、リフォームする気なら、床下だろうが壁の裏だろうがどうとでもなりますよ。
 ※発火対策必要だけど。
田舎なら皆、自家用車持ってんだから、それをEVにしてつなげばガレージ=バッテリー庫になりますし。

投稿: 義忠 | 2011.06.25 16:51

個人宅の屋根の合計は、かなり広いでしょうね。
一軒あたりは少なくとも、合計はどうでしょう。
そしてまだまだ技術向上の余地がある。
蓄電技術も然り
まぁ今しか見れない人には理解できないでしょうね

投稿: nori | 2011.06.25 16:52

去年新築したけど、南側、東側に屋根がない。
建蔽率や高さ制限のためだけどね。
最初から太陽光発電を検討したけど、結局あきらめました。
狭小住宅に太陽光発電は無理ですよ。

投稿: | 2011.06.25 17:00

技術はどうにかなるかもしれんが設置費用がね…。あと屋根が重くなることで耐震性に影響しないかも心配。

投稿: | 2011.06.25 17:19

発電量の最大値は5500ですけど、それをずっと維持できるほどの燃料は無いんだそうですよ。暑い期間が長くなれば苦しくなる。あと熱機関は外気温が上がると能力が下がりますからそこら辺どうなんですかね? 5500というのはそういうのも考慮された数字なのか、それともただのカタログ値なのか。

投稿: | 2011.06.25 17:30

航空機の損耗が激しい→大艦巨砲ってのも火葬っぽい豪快な展開ですなあ。
ミサイルの開発とかには向かわなかったんですかね。10代の頃何冊かは読んだ記憶があるけど、二十歳過ぎて続き読んだら色々鼻に付くようになってて即やめちゃったので。谷甲州さん作品は歳食えば食うほど味わいが感じられる様になるけど、大ちゃんのは自意識過剰な思春期向けだからなー。

投稿: | 2011.06.25 17:50

>太陽光発電
先日、専門家にお話を伺ったところ、最初から太陽光発電を前提に設計されている戸建て住宅は別にして、既存の戸建て住宅にパネルを取り付ける場合、結構重いので、耐震強度に影響が出る場合があるそうです。また、重さに耐えられても、トップヘビーになるので、影響は出てくるというお話でした。

あと戸建て住宅の場合、周辺にアパートとか建ってしまうと日陰になる可能性もあるので、用途地域によっては難しい判断を迫られそうです。

投稿: ブリンデン | 2011.06.25 17:56

大艦巨砲でいくと

福島原発は古い扶桑とでもいうんでしょうか
(外国製の金剛が最適か…)

最新の大和なら撃沈されなかった

長門(女川)だって大丈夫だったんだから大和なら余裕で耐える

で、いつまでも扶桑を使う海軍が悪いとなり…

海軍は「条約が…」とか言い訳する

伊勢(浜岡)は強化改造が終わるまで使わないと長官が言いだし、

ところが、金剛型は機動部隊随伴が必要と使い続けられている。

そんな感じでしょうか。

投稿: oka | 2011.06.25 18:49

>このニュースを聞いた時の私の率直な感想は、まだ9%も余力があるのに、何を大騒ぎしているんだろう、と首を傾げたのですが。

都市機能突然死のリミッタまでの余力が10%無かった、ってことなんですけどね。工学的、産業的に見ればリミッタをトックに振りきってる状態。

例えば定格で5Gまで荷重かけて壊れない、というリクエストがあった場合、クリティカルなパートでは設計時に安全率2倍以上とりますよね。
それで設計して負荷試験して、10Gでビクとしないことを確認してから、実際にぶっ壊れる限界を試す。まぁ15Gくらいでぶっ壊れて、技術的
には初めて安心できる。30Gかけても壊れないなら逆に設計者がヘボなんだけど、わざわざ設計し直す必要がなきゃ(重量ギリギリ、とか)余裕代
としてそのままにしますね。トータルバランスも考えなきゃいかんけど。工学ってのは必ずバラツキや見落としに備えてそういう設計をする。
(浜岡の地盤強度なんかの偽装見てると、暗澹たる想いですが)

例えば戦闘機のミリタリーパワー+緊急出力、なんてのもキチンと整備された前提であれば、『ここまでは制限付きだけど安心して使っていいよ』、
ってコト。実戦ではソレ謹厳遵守した結果、墜とされちゃタマランからブっ壊れるまで回す(回す)けれど。

今回の例は、そういう安全率が入ってない“素”の数字とみるべきで、タダでさえ復興に向けて余分にエネルギーが必要なところで、早くもこの時期
に薄氷踏むトコまでいった、ってことです。夏に向けて供給力もアップする、って言うけど、そりゃ計画・想定通りの工程表でモロモロ進んだ前提。
タダでさえフクシマの処理ひとつとっても汚染水処理がチビチビ始まったトコで、ガレキの処理やらなんやら、エネルギー需要は増える一方でしょ。

いくらピークカット、って言っても、節電を謹厳遵守して熱中症で死ぬ奴が出たら洒落にならない。それこそガマン主義の品行方正なジジババが
蒸れ死ぬケースが相当数、出てきそうですね、この夏。で、冬はガスと灯油の暖房器具がバカ売れして、痴呆老人やら赤ん坊の火傷やら焼死やら、
灯油の18リッター缶を5年ぶりに持って、ギックリ腰になるオッサンなんか続出しそう。旧いガス器具やら灯油ストーブやら持ち出して自爆する
ウチも多そうだし。近隣で得意げに、物置に10年放置のガスストーブなんか持ち出されたらゾっとしますよ。死ぬなら独りでやってね、です。

技術屋の感覚としては、この時期で90%超えかよ!! 危なかったぁ、なんですけどね。東電の限界出力ってのがイマイチ信用できないし。
(100%超えても実は… ならいいけど、アイツラなら95%で『あ、ココ見落としてましたぁ!!』で大停電しそうな気がする)

投稿: 残10%切り、の意味・・・ | 2011.06.25 22:27

そもそも、電圧や周波数の安定性を考えると8%の余裕が必要なんじゃなかったけ?
であれば、限界超え直前だったともいえるわけで

投稿: | 2011.06.25 23:02

>田舎なら皆、自家用車持ってんだから、それをEVにしてつなげばガレージ=バッテリー庫になりますし。

EVは通勤などで使っている間は充電も消費も出来ません。
EVをバッテリーとして使うのは停電時や災害時などのバックアップ用途でしょう。
週末しかEVを使わないという家庭なら別でしょうけど…

投稿: ほる | 2011.06.25 23:30

>結局、今週、内閣の改造は無かったんですか? それとも防災相がどうのこうのという話で終わり? それも国外ではよく見えないですが。

あれ? センセイの永田町パイプって、海外じゃ電話もダメ… あ、そうか盗聴に御用心、ですね!
でも国内だと平気で電話かかってくる、ってことは、秘話回線でしょうか。そりゃ凄い。流石です。

投稿: | 2011.06.26 00:19

確かに東電の100%がどういう基準というか、どういう意味での100なのかは気になりますね。別の言い方をすれば、90を超えたってことは、その意味を確認しなきゃならない段階にあっさり入ったってことでしょう。で、この政権の事だから、国の根幹にかかわるようなこの意味をおそらく東電に確認してもいない。後になって、政府は何も知らされていなかったのだから政府には何も責任はありません、とか絶対に言う。もはや断定口調。

投稿: | 2011.06.26 00:38

つか、100になることはない。だって制御不能の大停電という事態だけは避けなければならないから、95なのか98なのか知らないけど、どこかの段階でまた計画停電をしなきゃならない。みんなもう計画停電なんて忘れてるけど、東電はできるだけ避けるとしながらもこの夏の計画停電を否定してないし、既に実施方法を決め正式に発表してる。もちろん8月の昼間停電なんて地獄。6月で90超えじゃ東電や経産省の関係者はヒヤヒヤもんだと思いますよ。

投稿: | 2011.06.26 01:16

>確かに東電の100%がどういう基準というか、どういう意味での100なのかは気になりますね
全力の定義を明確にすべきは東電なんだが結局何の90%なのか5500という数字は何に基づいているか等を不明確にしたまま、やばいやばいというから結局どうなんだ?となるんですよね。
しかし、1つの例外を出すとすべて否定できると思う低脳な主張にはつける薬がないね。
例:
EVが蓄電のすべてでもないし、すべての家庭でEVを通勤に使うようになるわけでもない
全ての家庭の屋根に太陽光発電パネルをつけないといけないわけでもない

昼のピークが5%でも10%でも下がればそれは効果ありだというのに...そしてこれは今年の話をしているわけでもない。

>太陽光パネルより即効性があると思うんですけどねぇ。
残念ながら、今の蓄電能力だと足りないので技術革新待ちなんですよね...
いまここ
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110414/biz11041422110042-n1.htm
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201104/11-053/
リチウムイオンの価格低下(リチウムイオンよりいいのがでるかもしれませんが)がすすめば蓄電池の容量に応じて停電対策、ピークカットにつながるんですが。
蓄電能力は日々上がっているのでいずれは家庭に入ってくるでしょうね(金持ちとマニアと人柱からw)
需要が増えるということは性能向上と価格低下の速度が上がることを意味するので、この人災は追い風でしょうね。

あと、ピークカットの目的で家電製品の省エネは進むでしょう。
冷蔵庫は断熱構造になって、夜冷やした蓄冷材で昼の一定時間冷やすとか、暖房もお湯にしておいて床下暖房(今でもありますが、もっと進むのかな?)とか、あと待機電力ももっともっと減るでしょう。
でもこれは今年ではないんですよねぇ。

とはいうものの、今年は大丈夫だと思っています。
産業界のピークカットはすさまじいものがあります。
たぶん7月から昼間の消費電力が落ちますよ。
ただ、今年限りにしないとやばいかと
今後ずーっとこれだとどこかで破たんしそう。

投稿: Nori | 2011.06.26 01:32

>昼のピークが5%でも10%でも下がればそれは効果ありだというのに...そしてこれは今年の話をしているわけでもない。

電力不足で産業が壊滅すればピークは無くなりますよ。


>蓄電能力は日々上がっているのでいずれは家庭に入ってくるでしょうね(金持ちとマニアと人柱からw)

蓄電能力が向上するなら変電所にでも置いておけば充分。
メンテや管理の手間を考えても家庭に置く必要性は皆無でしょう。


>冷蔵庫は断熱構造になって、夜冷やした蓄冷材で昼の一定時間冷やすとか、

断熱構造なら、冷蔵庫のスペースを消費してしまう蓄冷材は必要なし。

投稿: | 2011.06.26 02:06

>>太陽電池と蓄電


今の電気自動車のトレンドは、標準リチウムイオン電池である18650セルを束ねて使う方法のようですね。
http://president.jp.reuters.com/article/2011/03/06/F72FDF2E-3F2C-11E0-ABB7-64073F99CD51.php

これだと調達コストがかなり圧縮できるようです(でも、まだ、$300〜$400/kwh 程度なのでまだ高い)

>>Noriさん
>リチウムイオンの価格低下(リチウムイオンよりいいのがでるかもしれませんが)がすすめば蓄電池の容量に応じて停電対策、ピークカットにつながるんですが。

スーパーキャパシタと呼ばれてる電気二重層コンデンサが充放電特性が理想的でレアメタルを使わないので有望とはされていますが、コストがまだまだ高いようです。
生産の面が改善すれば、リチウムイオン電池の前にニッケル水素電池を使うことも考えられるんじゃないですかね。同レベルのコストで安全性や耐久性は上なので、若干の容量の小ささは数を増やしてフォローできるかもしれない。

投稿: 業界インサイダー | 2011.06.26 06:31

現行でトラブル多すぎる。
トラブル例
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20091007_1.pdf
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110203_1.pdf
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090709/199592/?rt=nocnt

標準化・・・
http://www.enecho.meti.go.jp/energy/jutaku/hyoujun/hyoujun2/230119yousi.pdf

記事の5以降は新たな利権スタートを予感させる
http://www.ohmsha.co.jp/ad/kiji/dk1103kk/dk1103kk_ki.pdf

普及させるためには山積する問題を片付けねばならず
個人的には家庭用を導入する気にはとてもなれません。

投稿: vodka | 2011.06.26 08:47

>普及させるためには山積する問題を片付けねばならず
課題は解決すればいいんだよ。

>断熱構造なら、冷蔵庫のスペースを消費してしまう蓄冷材は必要なし。
目的を理解しようね。
ピーク時の電力消費を減らす目的なのだから、熱を貯めるという方法もあるということを理解できるようになってから出直してらっしゃい。
まぁ産業界がこちらに進むかどうかはまた別の話。

投稿: Nori | 2011.06.26 09:29

>目的を理解しようね。

冷蔵庫の目的は物を入れることだというのを理解しようね。

投稿: | 2011.06.26 09:42

東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる

http://www.mynewsjapan.com/reports/1453

確かに、日によって供給力が大きく違う。

投稿: | 2011.06.26 10:04

Noriさん>
課題は解決すればよいのはわかりますが、それに何年かかるのかなあと。
それに基本的に個人でやるのには適さないと思うのですが。
メンテナンス永続的にやらなくてはいけないし。
メンテ不足の周波数不安定な電気が系統側に入り込むのは困るでしょうね。
売電がなければ全く問題はないかと思うんですが。他に迷惑かけませんから。


投稿: vodka | 2011.06.26 10:04

>リチウムイオンの価格低下(リチウムイオンよりいいのがでるかもしれませんが)がすすめば蓄電池の容量に応じて停電対策、ピークカットにつながるんですが。

脱原発派の方々が言う再生可能エネルギはスマートグリッド化が主流で、その文脈の中でのピーク平準化のためのエネルギーバッファとして
一番有力視されてるのは、バッテリで言えばNAS電池です。あとキャパシタ系も有力視されてますが。

風力や太陽光はどうしても安定性に問題が出るし、地熱や水力、海水温度差なんかは設備投資が膨大。どちらも『これから』の整備になる。
日本に限れば、数年単位では原発を動かさざるを得ないし火力を増やしてインフラ整備をする。その間の災害発生も防災ならぬ『減災』の概念を
入れながら。徐々にエネルギー源のシフトをしながら旧い原発から順次廃炉、ペアになってる揚水発電(貯水水粋が狭くて電気捨て場化してる
ところが多い)も費用対効果を考えて潰せるものは潰す(ランニングコストと発電メリットのバランスでね)。

原発はどうしても廃棄物処理+廃炉のコスト問題が避けられない。特に日本では災害対策やリスクヘッジまで考慮加味すれば商業的に成立しない
ことは今回、フクシマで露呈してしまった。イキナリ全廃はできないにしても、徐々に自然減で20~30年スパンのハナシですよ。

そこまでの視点であれば、日本の場合は経済規模が低下するし、産業・家庭共に省エネタイプの機器へのシフトが行える。まず今年の夏~冬の
ひっ迫状態、次に震災復興を含めた10年程度のインフラ再構築、20~30年スパンで観たビジョン。全て観点とプライオリティは異なります。

核サイクル一つとっても、もんじゅの体たらく(計画開始から50年、建設開始から30年、稼働開始から20年弱、事故後の修理に10年余、既に2兆円
以上注ぎ込んで漸く本格修理にこぎつけた)、六ヶ所村の現状(これも遅れに遅れて既に数兆円食ってる)を考えたら、国際的なパイロット
プラントとして認定でもしてもらえない限り、もうカネを注ぎ込めない。ラオスのように、水力発電の売電でかなりの部分、食えてる国もあるわけ
だけど。逆に言えば、太陽光には不自由しないサハラやゴビ砂漠、オーストラリアのようなエリアもあるわけです。ただ、それを電気に変える
やための初期投資エネルギはどうするのか? 『あるものは使え』で既存の原発や石炭火力、当面のLNG火力(コージェネ)になるわけでしょ。

こういうマクロ観や技術論が判らずに右往左往したり、利権で一山当てよう、って輩が多い中で、政治の迷走は迷惑なんだけど、こりゃ日本人は
投票行動で意思表示してきたワケで、気が付いたら将来にツケ回し、ってことになってるのがバレる前に震災が起こっちまった。本来不可被なんだ
けど。

ただでさえ掻き回されてる短期的な状況の中で、場当たりの思いつきでモノ言ったり、内閣がドウのと『永田町パイプ』ひけらかしたり、もんじゅ
は水棺、なんてトンデモ垂れ流してメッキ禿げまくった中で、『対原発テロ部隊』を書いてる作家先生も居ますな。今から原発攻防書いてもだれも
相手にゃしないでしょうが… 
ノ○トラダムス一本槍で1999年まで延々と四半世紀喰ってた、トップ屋上がりの商売上手なライターも居たけど、アノ人は確信犯で社会をおちょく
って稼いだわけだから下手な政治論なんかブたなかった。20世紀末までにノス○ダムス本の初回版なんか80刷近かったけど、商売としては完勝逃げ
切りですよ。ある意味、潔いほどの商売上手・危機アジテート。品性根性抜きにすれば尊敬すら値しますな。なんせ違法なコトはなにもやってない。
下手なパフォーマンスもしなかったし、周囲にケンカ売ったりしなかったしね。勝手に惚れ込んで擁護しまくり自滅こいた推理小説作家は居たかな。

投稿: マクロとミクロ、短期と中長期 | 2011.06.26 10:13

>確かに、日によって供給力が大きく違う。

供給力があっても、その供給力を100%発揮できるとは限らないということでしょう。
発電機は常にカタログどおりの発電量を供給できるわけではありません。

投稿: | 2011.06.26 10:13

>売電がなければ全く問題はないかと思うんですが。他に迷惑かけませんから。
私個人としては、売電はなくすべきだと思っています。
これは普及のための補助の目的でしかないとおもうので。

どちらかというと、昼間のピーク時の電力料金を上げて、深夜をさらに下げる方向にすると、ピークカットに投資する人が増えるのではないかと...
家庭内に電力を貯める(熱としてもあり)という方向に進むとすればですが。

>冷蔵庫の目的は物を入れることだというのを理解しようね。
頭悪いのわかったからお勉強してらっしゃい。
物事には優先順位というものがあるんですよ。
そして、これは物を入れることより電力のピークカットに世の中が進んだという仮定の下の話なのだから。
どちらに進むかはまた別の話。

投稿: Nori | 2011.06.26 10:18

>投稿: マクロとミクロ、短期と中長期 | 2011.06.26 10:13

事故のリスクヘッジや対策の費用が社員の待遇に回されていたのが福島の事故原因。
豊富にあるウラン燃料の利用技術を開発せず、限りある燃料資源を浪費するほうが将来へのツケまわしでしょう。

チェルノブイリ以降でも人類が原発を進めてきたマクロ的な意義も考えましょうよ。

投稿: ほる | 2011.06.26 10:22

>そして、これは物を入れることより電力のピークカットに世の中が進んだという仮定の下の話なのだから。

昼間、ほとんど空けられない冷蔵庫の消費電力なんてたかが知れているのに(w
冷蔵庫でピークカットを本気で言っているなら爆笑するしかない。

投稿: ほる | 2011.06.26 10:24

http://www.jmf.or.jp/japanese/houkokusho/kensaku/pdf/2009/20kodoka_y09.pdf
原子炉でなくても、火力でも、気温水温で電気出力が増減する。
寒ければ増える、暑いと減る。
だから、中国も中東湾岸も酷暑で発電量が減る。フランスも合衆国も以下同文。
東電が隠している訳ではない。

投稿: pongchang | 2011.06.26 10:25

>確かに、日によって供給力が大きく違う

そりゃそうでしょ。事前に需要予測取って
その日の供給を決めるんだから。

使わないのに無駄に火力で石油消費する意味が無い。
工場の稼動が無い土日なんて4300程度。

先日の猛暑は最高37度前後の予想が
北関東各地で39度越えしたのが90%越えの原因。
1度気温が上がるだけで数百万kwの差が出る。
事前に39度越え予測が出てれば
5000くらいに上げてただろう。

(東電は7月以降に最大出力5500に上げる予定だった)

東電に文句言うより予測を外した気象庁に言うべきか。

投稿: | 2011.06.26 10:32

今のことしか見えないかまってくれくれくんはもう少し視野を広げてから出なおしてらっしゃい

投稿: Nori | 2011.06.26 10:38

>投稿: Nori | 2011.06.26 10:38

突っ込まれると、将来のこと!10年先のこと!と言って誤魔化して罵倒するだけのピークカット厨が必死ですね。

ピークカットを叫べばみんなから褒めてもらえるとでも思っていたのかな?

投稿: ほる | 2011.06.26 10:43

議論する気がなければ書かなければいいのに。
もうここであなたをかまってくれる人はほとんどいませんよ

投稿: Nori | 2011.06.26 10:52

>太平洋戦争のころの対艦巨砲主義と航空主兵の論争にダブって見えた。

太陽光を航空兵装に例えて悦に入ってますが

夜間や悪天候で使用不能になるところまでそっくりにしなくてもw>太陽光

夜間全天候航空兵装まで何十年待つしかないですか?w

それにその航空機と空母も、戦艦他の大容量対空防御あってこそ
その実力を発揮できるのであって、単独だったらただの的ですわ。

対空護衛が穴だらけだったミッドウェーごとく
突発的な大量電力消費に耐えられず壊滅ですかね。

つか何度も言うようにオールオアナッシング論議は不毛ですわ。

今後太陽光や自然エネルギーを増強するのは否定しませんが
原発を全廃してその代替に出来るほどポテンシャルはないです。

つか福島なんて戦艦大和どころでなく40年前に作られた
鈍足欠陥戦艦扶桑山城ですわ。とっとと廃棄して新型戦艦にするべきだった。

投稿: | 2011.06.26 11:23

原発をすべて太陽光で代替するなんて誰も書いていないのに、いったい誰と戦っているの?

投稿: Nori | 2011.06.26 11:42

>投稿: | 2011.06.26 11:23

やはり扶桑でしたか

投稿: oka | 2011.06.26 11:57

>議論する気がなければ書かなければいいのに。

ピークカットを正義の御旗にして10年後には実現される!という夢物語を語るだけの人とは議論は不可能でしょ。


>原発をすべて太陽光で代替するなんて誰も書いていないのに

誰も書いていないことに必死で反応してるのは…m9(^Д^)プギャー

投稿: ほる | 2011.06.26 12:16

>確かに、日によって供給力が大きく違う

昨日も書いたけど、最大供給をずっと続けられるほどの燃料は無いんですわ。ぎりぎりを狙って攻めないと後半で力尽きてしまう。これから3ヶ月くらいはずっと綱渡りが続くことでしょう。

投稿: | 2011.06.26 14:00

ドイツは間違った
全量固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ)は正反対の結果
http://www.engy-sqr.com/watashinoiken/iken_htm/feed_in_tarif_ono100328.pdf
『結論
フィード・イン・タリフを通じて再生可能エネルギーを推進するドイツのや
り方は高コストをもたらし、炭酸ガスの効率的削減、雇用増大、エネルギー
安全保障、技術イノベーションなどの目指すものは何も得られない結果とな
っている。
 政府の役割としては研究開発(R&D)で民間を援助すべきであろう。競争
力を持たない揺籃期の技術については、大規模な生産を推進するよりも研究
開発に投資する方がコスト効率は高い。特に太陽光発電について言えること
である。』

…太陽光の負担は、原発事故の後始末と大して変わらないようです。

投稿: | 2011.06.26 14:27

自然エネルギーの開発にしろ蓄電技術の開発にしろ、大震災より遙か昔から長い時間をかけて研究されてるのに今でも山積みの問題が解決できなかったのに、なんで自分が脱原発を言いだした途端技術的な問題が解決すると思うんだろう。
そんな簡単な話じゃないからみんな困ってるってのに……
とりあえずご自慢の未来を見据える瞳で過去と現在を見てもらいたいもんですが。

いや、実は研究の関係者で数年以内に新技術が完成することを知っているとかだったら話は別ですが。

投稿: | 2011.06.26 22:38

>投稿: | 2011.06.26 22:38

そりゃ原発推進派のおけげで予算が少なかったから

と言うんでしょうね

投稿: | 2011.06.26 22:54

ごく一部の方の中では東電は原発推進の為に国のエネルギー政策や他企業の研究内容にまで影響を及ぼす事ができ、国民に原発安全神話を強制的に信仰させられる超企業らしいからw

この手の陰謀論を集めたら日本軍最強コピペならぬ東電最強コピペとか作れるんじゃないかしら。

投稿: | 2011.06.26 23:22

太陽光
個人はFIT無しで自由にどうぞ。日本版スマートグリッドは10-20年程度では期待薄。
都市計画の段階でスマートタウン構想からやらないと難しい。

本格運用は電事連(+県市町村)でやった方が良い。
特に既存の発電所に併設すれば効率が上がる。
http://www.fepc.or.jp/future/new_energy/megasolar/index.html

計画公表済のメガソーラー発電
http://www.fepc.or.jp/future/new_energy/megasolar/sw_index_01/index.html

投稿: nao_c/w | 2011.06.27 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余力ありや?:

« 中国は駄目になった | トップページ | 羽田に帰国 »