« 孫商法 | トップページ | 極小発生率事象対応力 »

2011.06.17

外務副大臣を首の上で

 昨夜の報ステで、脱原子力の本命、ガスタービンのハイブリッド発電をレポートしていました。原発一基並の出力を得るのに、1/60の敷地面積で済む。富津のは504万キロワットもあるんだそうですね。
 このガスタービン+余熱を使った蒸気タービンのハイブリッド発電の導入で、実はCO2の25%削減も可能なんだそうですね。

 その後のWBSでは、最近メディアに引っ張りだこの立命館の大島教授の試算を紹介していました。
 これまで東電や政府が出して来た原発の発電コストは、需給バランスを取るための揚水発電のコストは入っていないし、立地に対する行政の補助金も入っていない。もちろん廃棄物処理のコストも入っていない。六ヶ所村で処理できる廃棄物は、必要な量の半分に過ぎないけれど、それだけでも19兆円掛かる。

経産省試算では、
水力、11.9円、
火力(石油)10.7円
原子力、5.3円。

大島試算では
水力 7.26円
火力 9.9円
原子力 12.23円(廃棄物処理コスト含まず)

 これからさらに、フクシマ原発の廃棄処理や補償金も上乗せしなきゃならない。私は以前から原子力のコストは廃棄処理を含んでいないから嘘っぱちだと書いて来たけれど、一方で、消極的原発反対論者の私は、今すぐ原発を止めろということにも全く反対です。第一に、現にわれわれは節電を強いられている。これは経済活動を無視した要求です。第二に、作ってしまったからには、元を取る努力はすべき。もちろんそこは、より安全にフェードアウトさせるための努力は必要だろうけれど、それでも明日全部、それを止めるべきだという意見には全く同意しません。

 ただ、昨今の太陽光への熱狂を見ていると、ひょっとしたらイラ菅にしても、本当は太陽光が全くダメダメなことは百も承知していて、結果的に、「再生エネルギーなんて駄目じゃん」、ということを国民に自覚させ、「やっぱり原子力しかないね」という所に世論の落とし所を作るための陰謀じゃなかろうかとすら思え来ますよね。

※ 民主ドスケベ副大臣!職員キャバ嬢代わり…胸尻お触りキス迫る
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110616/plt1106161619005-n1.htm

>2000年の参院補選で初当選し、現在は3期目。

 なんでこんなバカが3回も当選するんだろう。
 新潮を読むと本当に酷い話です。その日付を見た時に我が眼を疑ったのですが。
 セクハラ自体はたいした話じゃないんです。たぶん何処かのお役所の女子職員に飯食おうとメールしてみたら、相手が乗ってきたと。この時点で女の側も迂闊なんだけど、先生は、その女を落とそうとライブハウスとか連れ回すわけです。モーションを掛けながら。
 女の側は、「こんな時に良いんですか?」と言うんだけど、先生は、「どうせ俺はソファで寝ているから」みたいな感じで応じる。結局、女の側が逃げ勝ちして、先生は「断り方が気に喰わん」とご立腹して外務省での宿直勤務に入る。
 別にセクハラ云々は、それが役所の外で起こったことなら、どうでも良いです罠。ご本人が信頼を失うだけの話。
 ただ、被災者が必死に助けを求め、ヴォランティアや制服な皆さんが泥だらけになって不眠不休で働き、原発の行方に世界が固唾をのんで見守っていた時に、何なんだ!? このバカは。首にした上で、被災地に連れて行き、陸に上がった漁船に縛り付けて銃殺刑にしてやれ。
 信じられないのは、こんな無様なことをやっておきながら、せいぜい厳重注意だとか、おまけに記者クラブなマスゴミは黙殺同然。どいつもこいつも呆れる。自民党さんの反応も鈍いけれど、このネタを熟成させるつもりでもあるんだろうか。当然首を獲りに行かなきゃならない案件だけど。

※ 社説:子ども手当修正協議 減収では本末転倒だ
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110617k0000m070130000c.html

>(1)3~15歳は月額1万円(2)3歳未満と第3子以降に限って月額1万5000円に増額(3)所得制限を旧児童手当の水準より引き上げて設ける

 私は所得制限はやるべきじゃないと思うけれど、そこは譲っても良い。ただ、この公明党案は駄目よ。何考えてんだかとしか言い様が無い。第3子以降の増額はok。

※ 迷走政権のツケずしり だぶつく仮設住宅、資材の在庫山積 住宅業界が悲鳴
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110616/biz11061622440036-n1.htm

 余るのは仕方無いから、それを国内の何カ所かに保管し、劣化する部材は数年置き買い換える形にして、自治体は自治体で、一旦緩急あったら、それを建てる敷地を平素から探しておくよう、国の災害対応プログラムを組み立てればいいんですよ。

※ JR東日本:節電で運転本数を最大4割減 24日から夏の特別ダイヤ
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110616mog00m040009000c.html

>◇南武線 川崎~登戸60%▽登戸~立川85%▽快速の運転を取りやめ

 鉄男さん、南武線が不当に虐められる理由は何なのでしょうか? これじゃ一昔前の横須賀線じゃないですか。

※ 中国空母搭載の2つの主な武器システム
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-06/16/content_22799072.htm

>誘導弾はRAMよりも小さい
>精度が相対的に低い
>敏捷性でRAMに劣る

 をひ! そんな弱気でどうするw

※ 東シナ海の監視巡り日中応酬 「危険」「事実異なる」
http://www.asahi.com/politics/update/0616/TKY201106160682.html
*解放軍記者:日本の哨戒機、春暁ガス田に毎日飛来
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-06/16/content_22800019.htm

 こっちには解放軍記者はいないし、朝雲新聞は一般的じゃないから、産経新聞記者をその哨戒機や護衛艦に同乗させてルポして欲しいですね。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ ソニックブームと共に飛び去るUFO動画が話題に
http://rocketnews24.com/?p=105207
※ MRJ、香港から5機受注 日本以外のアジアで初
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110616/bsc1106161229019-n1.htm

※ 傷害:障害者の体たたく 柏のNPO、男性ヘルパー解雇 /千葉
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20110616ddlk12040179000c.html
※ 米国、アフガン支援「陸自の大型輸送機派遣を」 米公電
http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY201106160680.html
※ NASAが緊急メッセージを発した!? 家族を護るための準備とは?
http://news.nifty.com/cs/item/detail/rl-20110615-7615/1.htm
*2020年から太陽活動が沈静化、ミニ氷河期到来か
http://rocketnews24.com/?p=105101
※ これが2050年の航空機! 空を一望できるキャビン、立体ディスプレイが備わっていてまさに近未来的
http://rocketnews24.com/?p=104654
※ 華麗なる転身!松沢前神奈川県知事吉本入り
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/17/0004179887.shtml

※ 前日の空虚重量72.5キロ

※ 有料版おまけ サンシャイン2057は何が拙かったのか

|

« 孫商法 | トップページ | 極小発生率事象対応力 »

コメント

>シートのモニターに、いつでも地上を映せるようにするのが先。
これは、機上カメラで地上を撮影した映像を映す‥ということでしょうか。これでしたら、すでに導入されています。私の知っている限りではJALの国際線仕様B777-346ERでは、エコノミーでも常時、前方および下方カメラの映像を見ることができます。が、巡航飛行中は雲ばかりで、地上の景色はほとんど見えませんが。

>ガスタービンのハイブリッド発電
効率は上がっているので当面は有力な方法だと思いますが、燃料を安定供給する算段をつけておかないと‥LNGにしても国内では産出されませんからね。

投稿: ブリンデン | 2011.06.17 10:23

>「やっぱり原子力しかないね」という所に世論の落とし所を作るための陰謀じゃなかろうかとすら思え来ますよね。

「鳩山由紀夫のゲーム理論」wとおんなじ

投稿: | 2011.06.17 10:26

> ただ、昨今の太陽光への熱狂を見ていると、ひょっとしたらイラ菅にしても、本当は太陽光が全くダメダメなことは百も承知

太陽電池は、太陽電池を含んだ必要なシステムを作る為の電力を、自分自身の発電した電力で賄うのに20-25年かかると聞いたことがあります。 甘めにみても10年は必要なはずです。

となると、現時点で太陽光発電を大量に導入するには、その為に大量に電力を使う必要があるのですね。 (太陽光パネルが巨大な半導体みたいなものですから) それだけを考えても、太陽光発電が、現状の切り札になるとは考えられない。 停電しているエリアでの緊急時の活躍を宣伝しているのが多いが、サイズや夜間も使えることを考えれば、燃料で回せる発電機の方がよっぽど安くて、出力も大きくて役に立つ。

投稿: 外資社員 | 2011.06.17 10:53

外資社員様。
エコ袋みたいですね。

投稿: | 2011.06.17 11:16

>※ 民主ドスケベ副大臣!

>>おまけに記者クラブなマスゴミは黙殺同然

 こんな話も出てきてまして。

NEWSポストセブン|菅内閣になってマスコミ幹部への機密費接待増えたとの証言 http://t.co/iDWi6mT

>※ 迷走政権のツケずしり だぶつく仮設住宅

 一方で韓国やらタイやらから仮設住宅を輸入するとか言ってるわけで、そういう部分が『迷走』なんですよ。業界に言わせればもともと国内で十分にまかなえるという話でしたし、コスト的にも輸入すると輸送費が掛かるので国産と大差ないわけですし。

用地不足解消に2階建て仮設住宅 海外製を輸入へ http://t.asahi.com/29mj

【東日本大震災】仮設住宅用「合板不足」に業界反発 政府の「批判かわし」の声も - MSN産経ニュース http://t.co/EwOyvVL

投稿: KWAT | 2011.06.17 11:28

太陽が停滞期というの未だ気が早いような気がする。過去何回かの極小期の直前に通常の11年周期がやや長くなることが認められており、今回も11年より周期が長くなった可能性があるということ。極小期になると北海道は耕作不能でしょうが、北欧も壊滅的かも

投稿: | 2011.06.17 12:17

日本不動産研究所が震災後の土地評価とりまとめ公表
はじめによると阪神・淡路大震災の同様の研究は
各方面に感謝されたとのこと。
宮城県では震災復興基本方針(素案)で
復旧期3年、再生期4年、発展期3年と想定。
http://www.reinet.or.jp/?page_id=3761
また阪神淡路のものも再掲

投稿: | 2011.06.17 12:19

>「やっぱり原子力しかないね」

燃料確保と電力喪失のリスクを考えると、日本国内でも採れるウランを使う原発の維持は必要でしょう。
うまく元素転換させれば燃料を増やすことも可能ですし。


>極小期になると北海道は耕作不能でしょうが、北欧も壊滅的かも

原発で暖めればOK。
環境の激変にも強いのが原発の魅力です。

投稿: ほる | 2011.06.17 12:33

>発電
水力が安く出ていますが、ダムは一定期間で浚渫しなければいけないし、メンテがかなり必要。原油が安かった頃は、火力より高かったはず。
ガスタービンは、排気をMHDやスターリングエンジンの熱源にするとかで、効率を高められそう。
昔、聞いたことがあるんだけど、太平洋と大西洋とでは高さが違うんだそうです。パナマ運河の側にもう一つ水路を造って、そこで発電すれば事実上の永久機関ってことにならないか?詳しい人教えて!

投稿: | 2011.06.17 12:41

>需給バランスを取るための揚水発電のコストは入っていない

余った電力って困るのでしょうか?
原子力発電が出力調整できないというのが事実で定格出力しかできないとしても、電気が余るから「もったいないから揚水」だと思ってましたが。捨てれない、だから捨て先が必要なのでしょうか?

ピーク需要が100だから、すべて原発で100、夜間60でいいから40捨てる。
あるいは
ピーク需要が100だから、原発を80夜間60、余剰20を揚水で貯めておいてピーク時だけ原発80+揚水20。

100のピーク需要を充たす発電設備はなんらかのかたちで必要だと思うのです。

投稿: たつや | 2011.06.17 13:29

>サンシャイン2057
ググってみるまで、「クライシス2050」のことだと思っていました・・・。

投稿: | 2011.06.17 14:21

>ボタン一発、スモークガラス

職場のいい年こいた独身のオッサンが、ボタン一発で電動カーテンが閉まるだか何だかのオプション付きエルグランドを購入して嘲笑の的になってますた。

一方イタリアあたりだと、ソレ用に目張り用新聞紙を常備しているそうで。

投稿: | 2011.06.17 14:36

>余った電力って困るのでしょうか?
電気は、余らないですが、原発でお湯が余ります。

投稿: ikekenji | 2011.06.17 15:27

ウィルス作成罪が成立しましたね。

> その意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

電磁的記録でなければ、引っかかる人が一杯、国会にいますね(^^;

投稿: 一般書店で | 2011.06.17 15:32

全然、関係ないけど海って全部どこかで繋がっているよね。
なのになんでパナマ運河の辺りは、あんなに高低差が有るの?

投稿: | 2011.06.17 15:43

>パナマ運河の側にもう一つ水路を造って、そこで発電すれば事実上の永久機関ってことにならないか?

太平洋と大西洋の海面の高低差は最大で数メートル程度だそうです。
ゆるやかすぎて発電は難しいと思われ。


>なのになんでパナマ運河の辺りは、あんなに高低差が有るの?

運河の途中で山越えしているから。
閘門や人工湖は船を山越えさせるためのものです。

投稿: ほる | 2011.06.17 16:28

> なのになんでパナマ運河の辺りは、あんなに高低差が有るの?

海抜26mのガトゥン湖が間に存在します<経費削減のため天然湖を利用した。

発電するなら鳴門とか下関あたりで。

投稿: | 2011.06.17 19:00

>日本国内でも採れるウラン
日本国内でも採れる石炭、日本国内でも採れる石油。

投稿: | 2011.06.17 20:37

>電気は、余らないですが、原発でお湯が余ります。

お湯が余るのが問題なら、制御棒を使って出力を落とせば良い
現状そうしてないのは節約しても一回のサイクルの期間が変えられないから、出力を下げてもコストが下がらないせい
だったら、揚水発電でも使って電力使用量のピーク時間帯にまわしたほうが、発電所の数も抑えられるという合理的な理由から

投稿: | 2011.06.17 21:01

>日本国内でも採れる石炭、日本国内でも採れる石油。

量が少なく、質も悪いとあってはウランの代わりにはなりませんね。
と突っ込まれなければわかりませんかねえ。

投稿: ほる | 2011.06.17 21:16

>太陽電池は、太陽電池を含んだ必要なシステムを作る為の電力を、自分自身の発電した電力で賄うのに20-25年かかると聞いたことがあります。 甘めにみても10年は必要なはずです。

Wikipediaでは1-3年となっていますが、どれが正しい数字なんでしょうかね?
信頼できるソースがありましたら教えてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%80%A7%E8%83%BD

投稿: | 2011.06.17 22:49

>>#94『死者の書』

ラストでのシド、マック、ホークス、そしてフラックのやりとりが最高に良い回だったりします。(^^;)

投稿: | 2011.06.18 00:41

ほるさん>
たぶん、
量が少なく、質も悪いという、同様な例として
>日本国内でも採れる石炭、日本国内でも採れる石油。
と書かれたのだと思いますよ。

投稿: vodka | 2011.06.18 07:49

結局、昼のピークをなんとかするための手段としては原子力は不向きであるということですね。
太陽光発電を目の敵にする人は多いですが、昼間に発電できるという意味ではピークをならす効果としては適しており、
・家庭用を主とする
・余った電力は何らかの手段で蓄電する。
 (熱(冷熱)として貯めてもいいかも)
・足りない分は電力会社から普通に買う
・売電はしない(この条件があればややこしいことがなくなる)
とした場合、5~10年で実用レベルになるのではないかと思っています。
また、これに都市ガスによる発電&湯沸しを追加してもいいかもしれません。
(今もエネなんたらがあるらしいが、停電すると発電できないとどこかで読んだ気が...)
現状は当然ながらコスト面、蓄電能力面でまだまだ金持ちの道楽レベルですが、お金持ちの人柱からある程度普及すれば、コストも性能もまだまだよくなる余地があると思います。
既に、自動車ではハイブリッドが実用化され、EVも制限付きながらまあ金持ちの道楽レベルまで落ちてきました。
太陽光発電ももうちょっと研究、開発コストをかければ、晴れた日は夜間まで自家発電でまかなえて、停電してもUPS効果で1日くらいは大丈夫、都市ガス発電があれば、ガスが来る限り電気大丈夫くらいは余裕で行けると思います。
ハイブリッド車と同じです、発電結果をすべて蓄電池に充電させて、家庭の電気は全て蓄電池経由にしてしまえばいい。
新築なら、もうLED照明だのなんだのの配線は直流にしてしまえばさらによしですねw
ここら辺のメリットが出ればお金持ちの方々が人柱になってくれるかと...
今までは東電の政治的な圧力なのか、停電すると太陽光発電はスイッチ切り替えしないと使えないとか馬鹿げた制約があるようですが、東電の力が衰えている今がチャンスかと...

投稿: Nori | 2011.06.18 09:29

あぁあと、原発は今回の災害による補償を自社内でまかなえない限り、順次廃炉にする以外の選択肢はあり得ないと思います。
(もちろん電気料金上乗せは論外)
リスクが顕在化したときに許容できないのであれば回避するしかない。
今すぐなくせないのはいたしかたないにせよ、10年、20年かけてなくすしかないでしょう。
もうけはおれのもの、損害はおまえのものなどという商売が成り立つと考える理由がわかりません。

まぁこれで電気料金がガッツリ上がれば、太陽光で自家発電のコスト回収の期間が短くなる効果はありますね...
そして、電気料金による収入が減ってさらに電気料金が上がると...

投稿: Nori | 2011.06.18 09:35

> 結局、昼のピークをなんとかするための手段としては原子力は不向きであるということですね。

この時点で論理的に物事を考える能力も、本毎を解決する手段を考える能力もないことが判るな

投稿: | 2011.06.18 09:54

>5~10年で実用レベルになるのではないかと思っています。

太陽光電池が実用レベルにならないのは日本の日照量に限界があるから。


>晴れた日は夜間まで自家発電でまかなえて、停電してもUPS効果で1日くらいは大丈夫、

夜間まで電力を消費しつつ、UPSに充電まで可能なほどの出力は太陽光では無理でしょう。

>リスクが顕在化したときに許容できないのであれば回避するしかない。

石油やガスが輸入できなくなった時のリスクはどうするの?
原発はエネルギー・リスクを回避するために建造されたのですよ。


投稿: ほる | 2011.06.18 10:41

> 太陽光電池が実用レベルにならないのは日本の日照量に限界があるから。

その要因をゼロとは言わないが、まったく主要ではない。とだけ指摘しておく。まあ、勉強してくれたまえ。

投稿: | 2011.06.18 13:09

日本で一番日照時間の長い山梨ですら年平均6h/日で、平均日照率25%。蓄電池(UPS)の耐用年数も5~6年ですからねぇ。

>昼のピークをなんとかするための手段としては原子力は不向
>昼間に発電できるという意味ではピークをならす効果

変な文章w。昼間しか発電しないんだから...。
明日の発電量すら確定できない不自由な設備という表現が正解。
まぁ、個人でやる分にはOK。

投稿: nao_c/w | 2011.06.18 15:53

>投稿: ほる | 2011.06.17 21:16
vodka さんのおっしゃるように皆まで言うなというセンスをお持ちでないのが惜しい。

投稿: | 2011.06.18 20:49

投稿: nao_c/w | 2011.06.18 15:53
書いてもいないことに反論されても困りますね。

かまってくれくれくんは相変わらずわざと誤読しているので放置。

ヒント:時間、条件、制約、リスクコントロール
もうちょっとだけ、
ウランの類だけ特別扱いできる理由はない
今でもピークコントロールに原発は使えない

投稿: Nori | 2011.06.18 21:12

>ヒント:時間、条件、制約、リスクコントロール

おそらく永遠にそれが説明されることはないのでしょうね。


>今でもピークコントロールに原発は使えない

原発はピークコントロールには使われていませんよ。
24時間は発電できるのが原発のよいところであり、それを利用して揚水発電や畜氷によるピークコントロールが行われているのです。


>投稿: | 2011.06.18 20:49
何年かあとに書き込みが検索されるかも知れないし…

投稿: ほる | 2011.06.18 23:30

ピークコントロールはいずれにしても火力任せ。
日中すら役に立たない太陽光にピークコントロールも糞もない。

それと、あの、

すぐにヒントとか言い出す面倒くさい奴は、
どっかの自分のブログで、自己顕示欲でも満たしてればァ。

投稿: nao_c/w | 2011.06.18 23:33

投稿: nao_c/w | 2011.06.18 23:33
ほんとあんたは人が書いてもいないことをさも書いたように反論するね。

投稿: Nori | 2011.06.19 00:07

>投稿: Nori | 2011.06.18 21:12


>>ヒント:時間、条件、制約、リスクコントロール
おそらく永遠にそれが説明されることはないのでしょうね。
投稿: ほる | 2011.06.18 23:30

ほる氏の予言が当たるかな…

投稿: Noriさん、こっちにも答えてよ | 2011.06.23 23:00

>投稿: Noriさん、こっちにも答えてよ | 2011.06.23 23:00

うーん、この程度を読解できない人にどう説明すればいいのか困るんだけど...
あさっての方向に向かって反論するのまででてきたので放置していたのですがw

・太陽光発電の目的はピークカットである。
電力の消費が多くなると推測される暑い夏の昼間に家庭内で商用電力の消費を減らす効果がある

・夜に発電する必要はない。
 どうせ余っているし、火力だけで十分

・蓄電能力は今後の需要と研究によって改善する余地があり、現在の能力だけで議論する必要はない
今は金持ちの道楽と書いているのに今は使い物にならないと反論されても、「そうですね」としかいいようがないw

・蓄電は太陽光からのみとは限らない。
コジェネを使うなり夜間の商用電力なりで貯めることも可能であろう。
蓄電能力の向上と家庭内の消費電力の減少次第ではUPS効果による停電時の電源供給時間は増えるであろう。
何年後になるかは、ここにかけるコスト次第。今金持ちが人柱になれば加速するであろう
10年で実用レベルまで上がればいいなぁと思います。
EV等で需要はある。

昼間商用電力を使わない家庭が増えればその分必要な最大発電能力が減るということは理解できますか?
企業の使用量に比べれば大したことないのかもしれませんが...

ところで、日中すら役に立たない太陽光パネルがそれなりに設置されているのはいったいなぜなのでしょう?
昼間の電力をまかなって、売電までしている(売電そのものの是非は別として)家庭がありますが...
何をもって役に立たないといっているのか興味がありますね。
原価分の発電ができないという理由ではないですよねw
それを言ったら原発も原価分の発電ができなくなったということになるwこれからいくらかかることやら...

>原発はピークコントロールには使われていませんよ。
>24時間は発電できるのが原発のよいところであり、それを利用して揚水発電や畜氷によるピークコントロールが行われているのです。
原発は24時間発電しないといけないのが欠点であり、揚水発電で捨てる電力を回収する必要があるというのが正しいのでは?
夏の最大需要をまかなうためには原発は不要で、これから安くなる天然ガスの火力発電を使うのが当面の対策かもしれない。
原発は緩慢に減らしていく方向ではあると思いますが...
急激なリスク回避は別のリスクを生むと思われるため。
だが、顕在化した結果発生した課題はあまりに大きいため、許容できないでしょう。
今回の原発の事故が大したことないというのであればもう価値観の相違なのでどうしようもないですが。

さて、これまでも含め、私の質問にはいつか答えてもらえるのだろうか...

おそらく永遠にそれが説明されることはないのでしょうね。(爆笑)

投稿: Nori | 2011.06.24 01:14

>暑い夏の昼間に家庭内で商用電力の消費を減らす効果がある

設置代が200万円ほど。役に立つのが晴天の昼間だけで元が取れるのはいつになるでしょうね。


>どうせ余っているし、火力だけで十分

余っているのは原発で発電された電力。


>何をもって役に立たないといっているのか興味がありますね。

もしかして、金持ちの道楽の意味を理解していないのかな?


>原価分の発電ができないという理由ではないですよねw

それが太陽光発電の問題点。


>揚水発電で捨てる電力を回収する必要があるというのが正しいのでは?

ああ、ピークコントロールと揚水発電も理解していないわけだ。


>10年で実用レベルまで上がればいいなぁと思います。

それなら10年後に普及を開始すれば充分ですね。

結局、太陽光発電が現時点では全く役に立たないことが改めて明らかになりましたね。


投稿: ほる | 2011.06.24 01:34

やはりほるほるは馬鹿ですね。
何もわかってない

投稿: Nori | 2011.06.24 06:46

>投稿: Nori | 2011.06.24 06:46

結局、太陽光発電が現時点では全く役に立たないことをようやく理解出来ましたね。
10年後の実用化という妄想にでも浸っていてください。
設置面積が必要な太陽光は日照時間が少なく、土地の高い日本では資源の無駄になるだけです。

投稿: ほる | 2011.06.24 08:20

なるほど、そこまで文章の理解力が足りないとは。
たいへんですね。

投稿: Nori | 2011.06.24 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外務副大臣を首の上で:

« 孫商法 | トップページ | 極小発生率事象対応力 »