« 拡販店による究極の嫌がらせ | トップページ | 戦犯呼称がよくない »

2011.08.15

小笠原にUS-2を

 今日はお盆の新聞休刊日で、ニュース枯れのピークなのですが、珍しくそれなりにネタがある週明けです。

※ 終戦66年 今も続く米軍の占領/再び沖縄を戦場にするな
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-180503-storytopic-11.html

>枝野幸男官房長官の口から驚くべき言葉が飛び出した。
>攻めてきたら戦うと言わんばかりの態度は人命軽視にほかならない。

 沖縄の新聞は良く解らない(^_^;)。それが在沖米軍に対する態度ならまだ解らないでもないけれど、沖縄県民は、こういう常軌を逸した地元紙の論調に関してどう思っているんだろう。新聞なんてそんなものというレベルなのか、そもそも新聞を読む人間は一部の偏った人間で誰も気にしないのか。地域社会自体が、そのお約束な安保観から逸脱することを許さない状況に今でもあるのか。

※ 復興需要は「千載一遇のチャンス」 野田財務相が発言
http://www.asahi.com/politics/update/0814/TKY201108140132.html

 ピンチはチャンス! とかも駄目です罠。その番組を見ていたけれど、野田さん、非常に能弁でしたね。言質を取られまいとつまんないことしか言わなかったけれど、それでも結構喋っていた。まるで財務官僚の国会答弁を聞いているみたいだったw。

※ 今流行りの児×○ルノでおまわりさん来た
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51655053.html

 臨場感があって、ドキュメンタリーとしては面白いんだけど、なんて下らないことに貴重な司法のリソースを無駄遣いしているんだろうと思えてならない。
 せいぜい交番に呼びつけて、「お前これ、一応未成年相手だから、名前メモしとくぞ。ネットにばらまいたら逮捕だからな」で済ませりゃ良いジャン。
 この程度のことでいちいち家宅捜索とか家裁とか、日本の警察も家裁もそんなに暇を持てあましているのか?

※ ドイツの貢献、催促する世界の金融不安
http://s.nikkei.com/pmybrU

 やっぱりオバマはミスったんですよ。ガイトナーも、足下ばかり見ていないで、せめて一ヶ月前、あるいは半年前に、メルケルに向かって、ドイツの怠慢が世界恐慌の引き金を引こうとしていると明確なメッセージを発するべきだった。

※ 成長率4~6月、年率マイナス1.3% 輸出落ち込み
http://s.nikkei.com/qFUtYf

 こういう時には、良い数字を拾ってプラス面を見ることです。

※ 日本の美人外交官と公費で密会? 台湾“イケメン外交官”の不倫騒動
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110814/chn11081411490003-n1.htm

>「誰もが知っているほどの評判の清楚な美人だった」

 実にけしからん!(>_<)。新聞記者ともあろう者が、その美しすぎる外交官の生写真も無しに記事を書くなどと!? 5W1Hの基本原則は何処に行った!

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ 自宅で「原子炉」を作ろうとしたオタク男が御用に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110814/erp11081416010003-n1.htm

※ iPadがサラリーマンの「重荷」に-軽量PC人気で法人需要苦戦
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=aqh5A.CaNhp4

※ 酒飲んだ海自隊員、駅で下半身を露出容疑
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20110814-00487/1.htm

※ ボーイング:1機200億円のためのショールーム
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110815mog00m020001000c.html

※ また格安航空会社を設立したANA、2本立て飛行のなぜ?
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/toyo-20110810-01/1.htm

※ 警察官、手話通訳の派遣拒む…事故被害者に謝罪
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110813-OYT1T00877.htm

※ 前日の空虚重量72.1キロ

 日曜午後、仕事部屋の暑さが尋常でなくなり、ここでボーとしているも外で汗掻くも同じだ! と思って次男を連れて久地駅往復。今年は区民祭りは中止になったけれど、用水路では、灯籠流しのイベントが用意されていた。
 蝉時雨も本格的に。アブラゼミを一匹捕まえるも次男近寄ろうともせず逃げる。蝶も何種類か見る。アオスジアゲハ、クロアゲハ、ギフチョウ、タテハチョウの何かを目撃。いずれ、この関東でもツマベニ蝶を見る日が来るんだろうな。
 帰宅時、246沿いの灯籠流し会場にはご老人達が。震災慰霊の灯籠舟が浮かび、オカリナで「故郷」を吹くご婦人が。
 安物の靴が相変わらず全然駄目orz。足には馴染んだけれど、靴の中で足が前後に滑って酷く疲れる。滑り止めグッズとかあるだろうか。
 日焼けする。外出したのは午後3時過ぎで、日焼け止めをたっぷり塗った上で手袋をし、しかも10分置きくらいに冷水で両腕を冷やし、そもそもすでに十分に日焼けしていたにも拘わらず、今朝起きたら、日焼けして手の甲がひりひりする。

※ US-2を小笠原にどうよ

 日曜のNHKの番組の中で、父島から観光客を乗せたフェリーが出港する様子が映りました。空撮映像として。港を出た後まで、島の観光船等がフェリーを囲んで見送るんです。良いシーンでした。
 小笠原は、かつて空港を作る作らないで揺れました。結果的に作らないことが良かったのでしょう。当時から、US-1飛行艇で空路開拓という話が無かったわけではありません。ただ、飛行艇はどうしても天候に左右されるし、当時のUS-1の安全性を考えても、そう積極的に検討できるものでもなかった。

 で、US-2の登場です。さらに安全性も上がりました。天候に左右される所は変わらないけれど、そこは固定翼機も同様だし、無いよりはましです。それに、真夏のオンシーズンは、台風でも来ない限り、あの辺りの天候はほぼ安定している。

 そこで、整備入りも考えて、3機くらい都が民航機仕様で購入して、三セクに委託するという形で定期便を羽田なり晴海から飛ばしてはどうでしょうか。東京都は金が余っています。金額は知れている。運航費も、離島経済への貢献と割切れば、赤で一向に構わない。オリンピックで散財するよりは有益な使い道でしょう。
 海自パイロットの受け皿にもなる。私は新明和が飛行艇の輸出に本気だなんて思ったことは一度もありません。せいぜい、一点物が好きなアラブの王族にオモチャとして売り込むのが精一杯でしょう。それも、フライアブルな状態を維持しようと思ったら、メーカーとしての持ち出しで足が出る。
 でも、もし都が民航機として買って運用実績を作れば、それは海外にもアピールできる。

※ 有料版おまけ やがて総労働人口の1/6が失業する時代が来る

|

« 拡販店による究極の嫌がらせ | トップページ | 戦犯呼称がよくない »

コメント

>日焼け止めをたっぷり塗った上で手袋をし、しかも10分置きくらいに冷水で両腕を冷やし

日焼け止めは量よりSPFが重要です。
SPF40以上のを使うと、本当に焼けません。

あとは、ウォータープルーフのものを使っているかどうかかなぁ
まぁだいたいのものはウォータープルーフだから大丈夫だと思いますが、そうじゃなかったら両腕冷やしの水で日焼け止めを流してしまっているかも。手の甲まで濡らしたかどうか文面からはわかりませんが。

ご参考:日本化粧品工業連合会っつうところ、
http://www.jcia.org/spf_main.htm

投稿: Nori | 2011.08.15 10:56

>また格安航空会社を設立したANA、2本立て飛行のなぜ?

ここにきて日本でもLCCが花盛りの様相を呈してきましたね。
私はvirginのLCCが日本に参入したら面白いな、と思っています。

メルマガのANNはANAのタイプミスで良いんですよね?
揚げ足取りの様ですいません・・・。

投稿: blue sky | 2011.08.15 10:59

>もし都が民航機として買って運用実績を作れば、それは海外にもアピールできる

これは昔から私も考えてしました。民間貨客仕様として運用実績を積めば、有用性を認めるケースは世界的にかなりあるかと。
島嶼群を抱える国が対象となるでしょう。そのような国々は、同時に救難や警備にも有用かと思います。問題はコストでしょうか。

投稿: ペンチ | 2011.08.15 11:30

>153:以下、…タメぐらいの
そうよ!そこなのよ!安全パイで熟女物の流通量が増える昨今、これから子供をなすべき思春期男児のリビドーを萎えさせるのは、きっと亡国のミンスやミズホの陰○ウなのよ。加担する野田聖子も同罪、40すぎなきゃ子育てしないんだって刷り込みやがって。

投稿: pongchang | 2011.08.15 11:32

>大佐
トムじゃ大佐は無理というのは同感ですが、その大佐は、処刑当時の年齢は36歳なんですよね。戦時ということもあるんでしょうが若いですね。
我が国でも一選抜の大佐の中には、どう見ても1尉か3佐にしか見えない人もいますよね。3佐なんて隊長にでもなっていない限り、ペーペーにしか見えませんし・・・。

投稿: | 2011.08.15 11:34

>SPF40以上のを使うと、本当に焼けません。

 そこはクリアしているし、もちろん石けんでも落ちないくらいなのですが。
 ふと思ったのは、加齢なものは守りようが無いとかorz。

>ANNはANA

 おっと失礼。

>問題はコストでしょうか。

 コスト的には絶対黒字は無理だろうけれど、そこは島の経済貢献ということで。

投稿: 大石 | 2011.08.15 11:36

だとすると、日焼けじゃないかも?という被疑が...
かゆかったり、ぶつぶつができてたり、赤くはれたりしていませんか?
手袋をしているというところから推測できるのはあせもとか、かぶれとか...
ひどければ皮膚科に行ったほうがいいかもしれません。

投稿: Nori | 2011.08.15 12:04

>US-2を小笠原
 今年の1月に参議院環境委員会の委員がUS-2を使って、小笠原に視察に行ったようです。
 晴天時は厚木から小笠原(父島)まで3時間程度だそうです。
 人員の輸送を行うときは、後部スペースに座席を設置し、10名程度は座れるようです(以前、写真をネットで見たことがあるのですが、見つかりませんでした)
 搭乗記は、以下の亀井亜紀子議員のホームページに出ていました。
 http://akiko-kamei.home-p.info/archives/1273

投稿: | 2011.08.15 12:04

>沖縄の新聞
やっぱり沖縄戦の影響なんでしょうかねえ。本土戦の時間稼ぎを命ぜられて必死に2ヶ月以上も頑張った挙げ句、結局内地は本土戦パスして降伏ですからね。
官房長官が「あらゆる犠牲を払って云々」言っても、「ただし沖縄周辺限定ね」とかいう但し書きが付いてると勘ぐっているのでは。
たぶんその勘ぐり当たってるだろうし。

投稿: 川副海苔 | 2011.08.15 12:33

>安物の靴が相変わらず全然駄目
靴は価格に関わらず足の形に合っているか?が重要ですね。
靴の中で前後に滑る(所謂靴擦れの状態)起こすのはサイドのサポートが足と合っていないからでしょうけど。紐の締め方で調整出来ないかな。

>US-2
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/kaihatsukokuki/sonota/pdf/01/005-1.pdf
流石に海上も上空も過密な東京港では晴海からの運航は無理で羽田からが順当でしょう。
離島経済への貢献とか運用実績作りと割り切ってのチャレンジはありだと思いますね。民間型で38席だとコスト的には全然合わないでしょうけど。
ただこれ、国も資金出すような話じゃないのかなぁ。天下り先が増えるだけならいらんけど<国の資金。

投稿: ロック | 2011.08.15 12:46

この時期、いやこの時期でなくても久地にギフチョウが居たら大事件ですな。
ナミアゲハの間違いだとおもうけど。

投稿: | 2011.08.15 13:24

>iPadがサラリーマンの「重荷」に
まあ所詮おもちゃですから。
Appleが出したのでなければ、ただのゴミ扱いですよ。

投稿: 銀次 | 2011.08.15 13:26

> 流石に海上も上空も過密な東京港では晴海からの運航は無理で
> 羽田からが順当でしょう。

羽田または調布からはどうでしょうか?
調布飛行場から大島などに便があるようですし。

投稿: | 2011.08.15 13:41

>ナミアゲハ

 私がそれを目撃した瞬間、鮮明に認識したのは、後翔の鮮やかな縁取りというか斑点で、ナミアゲハやキアゲハのそれより大きかったです。ただ私は素人なので、別にギフチョウだと言い張るつもりもありませんが。

投稿: 大石 | 2011.08.15 14:00

>US-2

以下妄想です笑

◇路線:羽田(陸)-父島(海)
◇使用機種:US-2民間旅客型38席1機新造
◇運行頻度:週2〜3便(往復)オンシーズン30週運行して、約6000席
◇事業者:東京都
社会実験として、当面5年程度目途
◇後援:防衛省、国土交通省、経済産業省、環境省
◇その他:
・羽田専用スポット新設
・父島海自スロープに旅客ターミナル新設
・悪天候ダイバート->羽田へ引返し

◇課題
・事業資金
・事業主体の設立
・旅客型の民間型式証明取得
・運行コストは回収出来そうにない点
・定時運行の可能性
・旅客数

高くつきそうですが、処々価値はありそうですね

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 14:21

※ 終戦66年 今も続く米軍の占領/再び沖縄を戦場にするな

260年もどっかの県民がひどいことをしたから本土に根深い不信感持ってるんじゃないですか?
それでも一度は信じたのに酷い裏切り重ねたしね。

投稿: | 2011.08.15 14:25

>それでも一度は信じたのに酷い裏切り重ねたしね。

そうして被害者面をするのは、被害者ぶれば容易に金を引き出せたころのうまみが忘れられないのでしょう。
沖縄の新聞も、そうして本土の誰かに褒めてもらえた快感やうまみが忘れられずに同じ事を繰り返す。

投稿: ほる | 2011.08.15 14:37

>US-2

妄想連投ご容赦です

先程投稿してから気がつきましたが、パイロットソースも重要な課題ですね

とにかく特殊な機材なのでボンバルみたいには(操縦スキルではなく運行体制維持)いかない

・海自から出向
・海自退職者雇用
・海自に養成委託
・新明和から出向etc
さらに
・定期運送用操縦士としてのUS-2資格維持

色々ハードルがあり、いざやるとなると大変そうですね

もっとも、ハード、ソフト面はやりゃ出来ますから、やはり、要は、この事業を引っ張れる人が現れるかですよねぇ

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 15:24

沖縄の人々が今でも怒る気持ちは分かるけれど、どこかで折り合いをつけないとしょうがないんじゃないかな。というか、ほとんどの人は気持ちの整理なんてついているんじゃあるまいか。

三里塚でも負けて、どこにも行き場が無くなった方々の最後の砦が沖縄なんじゃないかと疑ってしまう。沖縄の新聞は、地元のひとびとの声を代弁してないんじゃないかと、常々疑っている。

投稿: ピンちゃん | 2011.08.15 15:26

>投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 15:24 様

まず、ごく基本的なレベルで、運用(調達)機材が1機のみ、って時点でアウトです。
実フライト時に直前交換機として完動機が1機、メンテ中のが1機。で、最低3機は必要でしょう。類似機材じゃ代替が不可能な特性が
ありますから。これも、稼働率が枯れてきてナンボです。まずは4機くらいからスタートじゃないかな?

逆に、緊急時には海自に貸し出すとか、海保がチャーターするとかいう運用もアリとすれば、海自上がりのライセンサーも増えてソッチ
系の助成金を引っ張る、って手もあるけど。

>ハード、ソフト面はやりゃ出来ますから、やはり、要は、この事業を引っ張れる人が現れるかですよねぇ
そう、やれることは判り切ってる。事業としては成り立たないけど、あくまで実績作りとして割り切れれば、あとは政治の問題でしょう。

投稿: | 2011.08.15 16:01

>あとは政治の問題でしょう。
テクノスーパーライナーの就航すら実現できなかったのに、いまさら何が期待できるのでしょうか?

投稿: | 2011.08.15 16:17

>普段、若い役やアクションで売っている俳優が、突然大佐役を演じても無理があると思う。

 気持ちはわかります(^_^) 若い頃に持っていた大佐と言えばリーアム・ニーソンのように60歳に手が届くくらいのイメージだということが。
 

 でもコメントにあるとおりシュタウフェンベルク大佐は処刑時は36歳だったし、映画で演じたトム・クルーズは出演時は46歳を過ぎていたから10歳も年上で、逆に年とりすぎているんじゃないかという意見がありました。
 戦争映画じゃ大佐は老けたイメージですが、先生も50歳になりましたので、同年齢ならば平時の自衛隊でも連隊長や艦長、隊司令でもおかしくない年齢です(^_^)

投稿: プレーリードック | 2011.08.15 17:58

>>まず、ごく基本的なレベルで、運用(調達)機材が1機のみ、って時点でアウトです

妄想にお付き合いいただきありがとうございます
で、どこの政府専用機ですか?笑

「当航空は、諸事情により、アボート時の代替機のご用意はございません。機材故障時は場合により欠航となります。予め御了承下さいませ」

社会実験に1機100億の機材を何機も購入は出来ないという前提です。書いてないですけどね

もっとも100億と云うのは官品込みのUS-2の調達価格なので、旅客型はまた変わってくるんでしょうけど。新明和は消防型を70億で売るつもりとか。型式証明取得費用はどうまぜ込みましょうか..消防型ってもしかして軍用?

>>海自に貸し出すとか、海保がチャーター

面白い話ですが、わざわざ旅客型飛行艇チャーターのニーズがありますかね。救難飛行艇US-2とごっちゃなってませんか?


ひまにまかして見ていたら、真偽は全く不明ですが、US-1の父島急患輸送には一回2千〜3千万の運行費用がかかり、これを単純に30席旅客型で割ると往復一人100万弱になっちゃうてな記事も見かけました..
根拠があれなんで参考にもなりませんが

東京都を丹念に探せば、ここらの費用予測はありそうですね

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 17:59

>わざわざ旅客型飛行艇チャーターのニーズがありますかね。
いわゆる海外の邦人救出に当たっては、まず民間機をチャーターしますよ。
有事や災害において、小笠原の住民を輸送しなければならないとき、まさにチャーターするでしょう。

投稿: | 2011.08.15 18:24

>1機
天草エアラインが1機で頑張っておる。定期的に運休すれば大丈夫。
http://www.amx.co.jp/news/n_20110702_132.html
まぁ、ヘリも1機受託しているけど。

投稿: pongchang | 2011.08.15 18:25

>>有事や災害において、小笠原の住民を輸送しなければならないとき、まさにチャーターするでしょう

そりゃ有事災害時には使える物は何でも使わなければいけませんよね
いや別にいいんですけど

小笠原諸島人口三千人弱、&観光客を考えたら艦船送りませんか普通?

公費を使って小笠原に定期航空を実現するという案は一概に否定すべきものではないと考えますが、たった38人乗り(新明和提案)でもって4発TPの極悪コスト機を過剰に保有したフリートで、機材は普段はどうするんでしょう
旅客機を海自海保に貸すんですか?
え?そうではなくて定期で毎日何便も伊豆諸島、小笠原諸島へ?

海自が、輸送機型のUS-2を5〜10機保有するという話なら納税者として賛成すらします

有事のチャーターなど本末転倒です

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 19:25

>足には馴染んだけれど、靴の中で足が前後に滑って酷く疲れる。滑り止めグッズとかあるだろうか。

http://www.guts-man.com/SHOP/FM-03.html
上記のような滑り止め付ソックスとか、滑り止め付中敷を試してみては?

投稿: | 2011.08.15 19:53

>公費を使って小笠原に定期航空を実現するという案は一概に否定すべきものではないと考えますが

で、どうすんの?
くだらない妄想を垂れ流した割には、最後に全否定ですが・・・。
それ、どうゆう芸風ですか?
つまらないよ・・・。

投稿: | 2011.08.15 20:43

>>で、どうすんの?

別に..
課題が多いですねって話を羅列しただけです
読んで頂いた通りですよ
m(__)m

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.15 20:58

>港を出た後まで、島の観光船等がフェリーを囲んで見送るんです。良いシーンでした。

いつもやっている、とNHKでは言っていましたが、取材が入ったために、いつになく多くの船がでて、はしゃいで海に飛び込む者まで現れたという感じでした。何人も船から飛び込んだので、1人ぐらい浮いてこないのがいても不思議ではありせんね。
で、番組の最後に小笠原は若者の移住が多く若者率が高いと説明していました。
US-2、こんなモノが定期的に飛ぶようになったら彼らは幻滅してまさに離島するんじゃないかと思う次第デス。

投稿: | 2011.08.15 20:58

>ギフチョウ
まさかオナシアゲハではないでしょうね?

投稿: KI | 2011.08.15 21:23

http://www.youtube.com/watch?v=qBNLUskR3qw
 「美人」日本人外交官はこちらで見れますよ。

投稿: ヨシザワ | 2011.08.15 22:26

>iPad
webを見るだけならそこそこ便利なんですが文章入力が果てしなく面倒くさいです。検索ワードくらいなら入力できますがブログのコメント程度の文章ですらきついです。

>小笠原
どの案を見てもTSLの二の舞にしかならなさそうですが。

投稿: | 2011.08.15 23:12

>ipad
>文章入力が果てしなく面倒くさいです
キーボードがオプション装備だった初期のMacや、外部記録装置のない初期のiMacを見るに、ジョブスは「消費者にアウトプットなど不要である」と考えている感が。

投稿: 銀次 | 2011.08.16 00:06

>TSL
どっかの作家先生が、陸自の高速輸送艦に化けさせた奴は、エンジンレスの状態で北朝鮮に売られそうになった、ってキナ臭いニュースが、
イラ菅さんの在日韓国人からの献金問題と絡んでつい最近出ましたな。

作品内では、ラプター・リーダーの指揮下で浮き砲台にまでなって大活躍でしたが、静岡で防災船になった後、結局、三菱でスクラップ。

小笠原の奴は、今次震災で救難活動。ただし、浮上航行はできなかった(する必要もなかった)けど。

投稿: | 2011.08.16 00:07

2011/9/25を楽しみにしてます。

半島有事6
仁川上陸作戦

http://www.c-novels.com/from_now_on/

投稿: pfe | 2011.08.16 00:32

>「当航空は、諸事情により、アボート時の代替機のご用意はございません。機材故障時は場合により欠航となります。予め御了承下さいませ」

遊覧飛行艇としての運用だったらそれでも良いかもしれませんけど、小笠原から離水しようとしたら故障で「(最悪)5日後に出発する船でお帰り下さい。」ってわけには行かないでしょう?
さらに定期整備ではある程度の期間工場入りしちゃうこともあるんだし。

小笠原の場合東京←→小笠原で用事を済まして帰ってくるのに基本5泊6日かかっていてそれをせめて1泊2日とか2泊3日にしたいという要求があります。
今は小笠原から都内の病院に行って半日の検査受けましょうってだけで5泊6日必要なので。
このへんは代替交通手段のある天草を引き合いには出来ませんね。

東京都の案では他に硫黄島でヘリに乗り換えて父島・母島へ行く案と、旧海軍の父島航空基地跡地+桟橋方式滑走路建設案があって、水上機案は(大?)赤字でも良いって訳には行かないようです。US-2は夜間の離着水が出来ないとか、滑水面に警戒挺出さないと安全が計れないとかのデメリットもあるようですし。

世界的に飛行艇の需要として消防飛行艇用途がそこそこ有るようですけど、そっちでも実績積んで離島旅客用でもやりましょうという動きが必要なのでは。
この前も瀬戸内の島で山火事がありましたけど日本では消防飛行艇の需要って無いんですかね?

投稿: ロック | 2011.08.16 02:37

>ipad

ちょっと前に地下鉄で『なんか最近またipad持ってる人いるな』と思ったら2が出た直後だった。でも今はもう見かけない。
新しくなるたびに会社から支給されるけど使わなくなるんだろうなw

投稿: | 2011.08.16 03:02

>投稿: | 2011.08.16 00:07

それ違うんじゃない? 作中で出てきたウェーブ・ピアーサー船て、元東日本フェリーのナッチャンRera、
ナッチャンWorldをモデルにしていると思われ、TSLは関係ないのでは?
どちらもまだスクラップにはなっていないはず。

投稿: DML61-ZB | 2011.08.16 03:30

>辞めた後考えるとうれしくて 首相ポロリ
>退陣後はバイオマス(生物資源)の活用に携わりたいとした上で「辞めてからのことを考えると、うれしくて仕方ない」と軽口もたたいた。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011081302000023.html

日本で英国みたいな暴動が起きたら政治家・役人・マスゴミ狙い撃ちだね

投稿: | 2011.08.16 03:34

>>このへんは代替交通手段のある天草を引き合いには出来ませんね。

なるほど
機材としては、US-2旅客型の信頼性(定時出発率やグランドアボートの発生割合)もとても重要ですね

ただ私は機材よりも、併せて触れられている二見湾の海況の方が大きな問題じゃなかろうかと心配します。大石様は楽観視されていますが、定期運送事業として二見の年間波高や風向きがどの程度クリア出来るかわからない故の「社会実験」というエクスキューズ、かつ実績積み上げのつもりで、昨日の妄想は書きました

この辺のデータなくしていきなり三機も四機も用意するというのはちと乱暴かと云うのが私の感覚です
(元々の発案が飛行艇振興国策だとしても。もっとも父島の海自はとうに二見のデータ持ってるでしょうけど..)

大石様の提案を全否定するのは嫌なので、現実解を探るコメントを書いていますが、本当に空便を確立するならフロートも含めた滑走路以外に選択肢はないんじゃないかと私も思います

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.16 06:21

補足です

一機じゃ足りないという指摘ですが、現在の状況では二機じゃ余計だという立場って話なので
m(__)m

投稿: 素人の疑問 | 2011.08.16 06:55

>投稿: DML61-ZB | 2011.08.16 03:30

ラプター・リーダーが活躍してたころに登場したのは、当時のTSL「飛翔」(後の「きぼう」)ですよ。
まだ土門サンが新米で、土門さんの奥様(になる人)が、OH-1「ハヤブサ改」に乗って登場するんです。
確か「環太平洋」シリーズだったから、もう前世期の作品ですけどね。

あと、ナッチャンはウェーブピアサーで、TSLじゃありません。念の為。

投稿: やれやれ・・・ | 2011.08.16 07:14

プレーリードック | 2011.08.15 17:58さん
>先生も50歳になりましたので、同年齢ならば…連隊長や艦長、隊司令でもおかしくない…

そういえば、宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長も、最初は50歳でしたっけ。

投稿: しらせひびき | 2011.08.16 10:09

>大石様の提案を全否定するのは嫌なので、現実解を探るコメントを書いていますが、本当に空便を確立するならフロートも含めた滑走路以外に選択肢はないんじゃないかと私も思います

旧海軍の洲崎飛行場跡地でも1000m×100mありますからね。
いっそC-2(最短離陸距離500m)の貨客運用のほうがよっぽど現実的じゃないか?
硫黄島・南鳥島への物資輸送と絡めたっていいんだろうし。

海況調査の結果なら東京都HPに出てますよ。観測場所は二見湾の外ですけど、年間を通した1.5m超の波の出現率は18.7%だそうで。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/05gyousei/press/koukuuro5kaime1.pdf

投稿: ロック | 2011.08.16 11:27

児ポの件で大石センセは司法リソースの無駄遣いと怒っておられますが、多分彼らは検挙点数稼ぎでしょう。だから、司法リソースの無駄遣いを批判したいなら、駐禁取り締まりとかの検挙点数稼ぎ行為全体を批判しなきゃ。児ポなんて、成人男子の二人に一人は「叩けばホコリが出る」でしょうから、検挙点数ノルマが足らないなら、手っ取り早い検挙手法になるでしょう。あと、誰か一人を「スケープゴート」に仕立てあげ、一罰百戒を狙った、という面もある。こういう体験談は瞬時にネットで広まるから、一人スケープゴートを見つけて検挙すれば、一万人が萎縮するので、効果絶大。公平性考えれば、一万人全員検挙しないといけないが、そんなことしたらそれこそ司法リソースの無駄遣いになるので、「一万人の中から運の悪い一人をスケープゴートにする」のが一番効率がいい

投稿: スルッとKANTO | 2011.08.18 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原にUS-2を:

« 拡販店による究極の嫌がらせ | トップページ | 戦犯呼称がよくない »