« Dellパソコン復旧 | トップページ | 拡販店による究極の嫌がらせ »

2011.08.13

偽医者

※ 被災地で資格なく医療行為 石巻で活動、本人「医師だ」
http://www.asahi.com/national/update/0812/TKY201108120279.html

*医師免許持たない男性、大阪市住基カード変造か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110813-OYT1T00005.htm?from=main6

 これが朝日は歯切れが悪くて、本当は彼は何物なのかも全く触れていない。昨日の朝刊の段階では、本当は医師なんだけど、たまたま日本の医師免許を持っていないだけだったのか否かもあやふやで、しかもウェッブ上ではなかなかニュースを出さない。ウェッブ朝日内で検索して、やっと昨日15時過ぎにアップロードされたニュースが一件引っ掛かるだけで。他紙はどこも大きく扱っているのに。
 テレビも引っ掛かったみたいだから、その人物の正体に関しては、お盆明けの週刊誌を待て! という所でしょうか。

 昨夜のTBSが報じる所では、その人物は月初めから行方不明だということですが、置きッパなキャンピングカーの中には、「輸液セット」と書かれたケースとか車内に見える。注射や処方箋を書くようなことまでしていたのか。

 この問題で感じるのは、人の善意を疑うのは、誉められたことではない。一方で、彼が何をしたかったのか解らないけれど、単に感謝されることが快感で、そういう行為に走る人もいるでしょう。
 日本の場合、その現場で、医者の正体を確認する術が無いわけです。別に免許証みたいな携帯可能なライセンス証があるわけじゃない。命を預けるのに、事実上、厚労省が発行した一生ものの免状一枚しかない。紛失時再発行くらいはあるでしょうが。
 国民の側としては、ネットを使った検索システムはあるけれど、こちらはオンラインでなければ使えないし、医者と患者の関係で言えば、それを使うのは角も立つでしょう。行政はそれをすべきだろうけれど。逆にライセンス・カードが無いことが、医師の権威を高めているという自負もお医者の側にあるでしょう。それがあったからと言って、詐欺を防げるわけでもないし。
 でも、診療科限定のカードにみんなが騙される辺り、日本社会で、いかに医師が神格化されているかの証左でもある。長閑と言っては何だけど、一方でそういう社会も守りたいものです。

※ 五山送り火、被災松使用断念…「涙が出そうだ」保存会落胆 被災地は失望
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110812/crm11081222320021-n1.htm

 表面を剥げば良いジャンとか、そもそも人体にはセシウムがあってな話がすでに出ていますが、それを検査する過程で、検出されたらどうするのか? という想像力も対応力も皆無だったということに呆れます。ただ、「検出されたら使わない」ということになっていたというお話だけど、この京都市長さんを筆頭に、そういう事態が起こることを全く想定できなかったのだろうか。

※ 再発の防止、裁判で 日和幼稚園遺族
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001108110001

 判断ミスは明かです。余震は続いているだろうし、親が自宅にいるかどうかも確認できない段階で、わざわざ子供を帰すために移動して低い場所に降りるというのはまずあり得ない。
 ただ、神奈川県下の小学校でも、震災当日、さっさと子供を下校させて、でも親は電車が止まって自宅に辿り着けないから、家の中で子どもだけでひもじい思いをして夜を過ごしたというケースが少なからずあったと先日の新聞に載っていました。

 冷静に考えれば、電話は繋がらない、電車が止まって保護者が自宅に戻れない可能性がある。しかも余震もあって、上から路上に何が落ちてくるかも解らない。普通に考えれば、少なくとも速攻で帰宅を促すような選択肢は絶対にあり得ないのに、それでも帰してしまうという、この先生方の判断力の鈍さはいったい何なのだろう? と疑問でならないのですが。
 通勤電車が長い時間止まるという状況は、地震以外でも起こりうるし、そうなれば、携帯や電話がパンクするのも目に見えている。
 しかも、関東地方は東南海や直下型地震に備えて、日々いろいろと準備していたはずなのに、いざそれが起こった時に、どう対処すべきかの肝心のマニュアルが無かった、あるいは極めていい加減だったという事実に、驚愕するばかりです。

※ 迫る“日本売り”危機 増税反対、見えぬ財政再建、政治機能不全…
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110812/fnc11081221070016-n1.htm

 日本の場合、それで格付けが下がっても、それがどうかしたの? という程度の反応で<しばらく>は済むんだけど、フランス等も格下げとなると、いったい景気の足を引っ張るだけの格付け会社って何なの? という話になる。

※ 「東海」単独表記が究極目標=日本海呼称問題で韓国外相
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011081200647

>日本海を「東海」ではなく「韓国海」

 これは事実上の白旗です。散々これまで歴史的事実とやらに執着して「トンヘ」に拘ってきたのに、それを引っ込めるということは、そこに正統性は無かったと白状しているようなもの。

※ 原発事故処理用のアシモ開発へ ホンダ早期実用化目指す
http://www.asahi.com/national/update/0812/TKY201108120209.html

 いよいよ真打ち登場! でも、指の形をなんとかしなきゃね。落ちたネジを拾って、ドライバーを持って回せるくらいにならないと。

※ スタートレック遊園地計画 ヨルダン、国王がファン
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110812/ent11081211190003-n1.htm

 せめて北米のどこかにそれを作ってからにして欲しい。ベガスのアトラクションが規模拡大しない所を見ると、客の入りは知れているんでしょうね。

※ 搬送の救急車でAED故障、Uターン…男性死亡
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20110812-00510/1.htm

>AEDのコードの使用期限が2年間だが、同本部は2004年に購入して以降、交換していなかったという。

 素人考えだと、軍隊に於ける武器のように、出撃前には毎朝動作チェックをするんだろうと思っていたのに、意外に触らない機械なんですね。

 ↓その他の話題はメ-ルマガジソにて

※ A○B48メンバーの修正前写真が大量流出
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/yucasee-20110812-8568/1.htm

※ 少年院から18歳脱走 鉄格子切り、有刺鉄線乗り越え? 大阪・茨木
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110813/crm11081309250004-n1.htm

※ 半永久的に機能する光磁気ディスクが登場~ミレニアタ、今秋に発売
http://www.usfl.com/Daily/News/11/08/0811_000.asp?id=89936
※ DNA、宇宙に存在か 南極隕石にアデニンとグアニン
http://www.asahi.com/science/update/0812/TKY201108120447.html

※ 米無人極超音速機、試験飛行中に通信途絶える
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2819573/7626767
※ ロシア軍、水中で使用できる新型武器をテスト
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2011-08/12/content_23199992.htm

※ 【民主と北朝鮮】軍事転用できるハイテク船に疑惑のニオイ
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110812/plt1108120935000-n1.htm

※ 前日の満腹重量72.2キロ

 甲子園なんてもう長らく見ていないのだけれど、たまたま点けたテレビでこれもたまたま勝利校の校歌が流れていたりすると、そのあまりの今風な旋律や編曲に唖然としたりする。一瞬、こんな時間に歌番組でもやってたっけ? とか思ってしまう。

※ 有料版おまけ 軍研最新号を読む

|

« Dellパソコン復旧 | トップページ | 拡販店による究極の嫌がらせ »

コメント

> でもこれで、DNAが宇宙に存在したと言ってしまって良いんだろうか。

いえますね。試料抽出に基本的ミスがなければ。さすがにそんなヘマはしてないでしょう。おそらく、DNAがあるないのために調べたのではないと思います。その過程でのこの発見は思いもしない大金星でしょう。ある意味ノーベル賞級です。

投稿: | 2011.08.13 10:14

>薪

>市は「どんな形で被災松が来るのか分からなかった」と説明しているが

前回 表皮削って芯だけ加工した白木 

今回 表皮むき出しのぶった切りの「薪」

そりゃ後者が検出されて当たり前。東京だって静岡だって調べれば出るだろう。
(京都だってわからんぞ)

ホント調達指示した市の無能さアホさに愕然とする。

投稿: | 2011.08.13 10:42

案の定、スレタイ脊髄反射のツイッターなんかは

「ホレ見ろやっぱり」
「被災地だからって情けをかけるな」
「そもそも最初に企画した奴が不見識」

とか騒いでる。

最初の「白木の護摩木」だったら問題なかったのに
前回と今回の「木の状況の差」を考えず
やっぱり「短絡的につぶやくだけ」のツイッターってのは
利より害のほうが大きいなと感じる。

投稿: | 2011.08.13 11:16

>これは事実上の白旗です。

問題なのは「本人たちはその認識がまったくない」ってことでしょう。
せいぜい認識してるのは「旗の色が変わっただけ」です。

今後も「日本海呼称改名への嫌がらせ」は衰えるどころか激化するでしょうな。
ウザいったらありゃしない。

投稿: | 2011.08.13 11:20

>日本の場合、その現場で、医者の正体を確認する術が無いわけです。別に免許証みたいな携帯可能なライセンス証があるわけじゃない。命を預けるのに、事実上、厚労省が発行した一生ものの免状一枚しかない。

これは確かにその通りです。
例えば、医師なら誰でもそうだろうけどどこかの病院の当直や外来のバイトに行ってくれないか?という連絡がきます。同期や先輩から。「ちょっと代わりにいってくれへんか?その日は俺いけへんねん」みたいな感じで。
その病院に行くとやらなければならない作業がいくつかある。当直日誌とバイト料振り込みの口座番号の記入、そして医師免許のコピーです。
この医師免許というのは先生の指摘されるように国家試験合格時にもらう免状ですが、自分が医師であることを証明するのはこの紙切れ一枚です。ところがバイト先にいって「コピー下さい」と言われても実際に持ってないケースもままある。そういう時は後からファックスしたりするんですが。
じゃあ事後で確認するの?それじゃあ実際に診察している時はわからないだろ?というのは正しくて、実際確認しようがないんです。僕が当直先の病院に到着して「○○から行けといわれて参りました××です~」とか言ったら、当直先の事務長はほぼノーチェックで当直室まで案内してくれます。相手が誰かなんて気にするほど、バイトの医師に頼っている病院には余裕はありませんから。

とはいえ、そこで実際に無資格な人間が入り込む余地があるかというとそれもかなり微妙で、医師の世界というのはすごくせまいから大概顔見知りだし、替わってもらう者が代行医師の特徴とかも簡単に電話で伝えますから、間違いが起こるなんてことはまずありません。要するに医師であることの公的な身分保障が貧弱だから、個人間の人脈的なものがそれを補完している感じです。

でももし明確に意思をもって身分を騙ってやろうという人物が現れたりした場合、それを阻止することは、特に無医村なエリアでは難しいだろうな・・・とも思ったりします。このあたりの微妙な関係を描いた映画につるべ主演の「ディア・ドクター」という傑作があるので是非見てみてください。

投稿: ハスミ | 2011.08.13 11:21

そういえば、手塚治虫のブラックジャックにもニセ医者の話がありましたね。

個人的には「この謎の人の治療で、医療ミスはあったのか」が気になります。患者側としては、免許の有無よりも自分の身体の方が大事ですから。

投稿: 銀次 | 2011.08.13 11:31

厚労省のHPで医師、歯科医の検索ができますよ。
フルネームを知らないとヒットはしませんが。

医師等資格検索
http://licenseif.mhlw.go.jp/search/

投稿: | 2011.08.13 11:33

>これは事実上の白旗です。

半島の衆が
「東海」だろうが「朝鮮海」だろうが「高麗海」だろうが「韓海」だろうが
“半島の方言で”何と言っても、言うだけならどうでもいいが
「韓『国』海」
だけは、大笑いに笑える。

投稿: | 2011.08.13 12:12

>長閑と言っては何だけど
>そういう事態が起こることを全く想定できなかったのだろうか

個人レベルでは長閑を希望しますけれど、区別する必要があるのじゃないですか?
個人が個人の責任の範囲において疑わないことはあったとしても、組織の場合は違う。
決定的に違うと思うのは「あおる」マスコミやネットの第三者でしょう。明らかにチェックする責任を放棄し無責任すぎる。

投稿: たつや | 2011.08.13 12:30

甲子園では一回戦敗退でしたが・・・
話題の愛知県代表・至学館高校のJ-POP風校歌
http://www.youtube.com/watch?v=aVXTEQp3MIs&feature=related

投稿: あるぷす | 2011.08.13 12:42

>厚労省のHPで医師、歯科医の検索ができますよ。

うお、ほんまや!
確かに自分の名前入れたらヒットしました。
こんなのあるんですね。シンプルなデザインが謎の凄みを感じさせますw

投稿: ハスミ | 2011.08.13 13:33

><しばらく>

読みにくかった…
狼中年が問題というより日本は狼より恐いものに直面してるんですけどね

投稿: | 2011.08.13 15:21

>関東地方は東南海や直下型地震に備えて、日々いろいろと準備していたはずなのに、いざそれが起こった時に、どう対処すべきか

大石先生のお宅のように、行動規範や耐震装備、襲撃対策まで揃えて子供を教育しているところは少ないと思います。

都内でも下町では、未だに余震の累積疲労で、今月になって上階からの漏水があったり、未だにマンション建屋の歪みが定まらず
高層階の天井が張れないで配管配線がむき出しのお宅も実在します。学校の建屋や校庭(散水用配管の漏れ等)も安全とは言い難かったり
しますし。率直に言えば、直下型でキラーパルスのデカいのがドカンと来たら、阪神淡路の比じゃないでしょうね。

投稿: | 2011.08.13 16:06

>そういえば、手塚治虫のブラックジャックにもニセ医者の話がありましたね。

ニセ医者の前に主人公自体がwww

投稿: | 2011.08.13 16:38

>それでも帰してしまうという、この先生方の判断力の鈍さはいったい何なのだろう? と疑問でならないのですが。
時々通勤電車で見かける大人の集団に「センセーじゃねぇ?」と思ってそれとなく会話を聞いていると「やっぱり」って事がある。
何で一見して判るんだ?って言えば学生がそのまま年取りましたって緊張感のない顔してるので。
完全に一般世間から隔離された環境にいたら人間そうなりますよ。しかも大学出たてのペーペーだって保護者からは「先生」って頭下げられちゃうんだから。
千葉では研修で一年間デパート勤務させているという話を何年か前にやっていたけど、世間の荒波を経験させないと駄目でしょうね。

投稿: ロック | 2011.08.13 19:18

その偽ものポイ古地図(?)にはSea of corea と、Matusima(松島) と書いてあるんだよね。

脳みそが足りないとしか思えない。

投稿: | 2011.08.13 20:05

災害時にいつ子供たちを帰すか、ですが、基本的に保育園から高校まで、すべての「子供を預かっている」ところでは、安全に帰せる方法があるかぎり、どこでも速やかに家に帰そうとすると思いますよ。
なぜなら、学校や幼稚園や保育所は、通常時の通常営業時間内に子供達の安全を守れる設備とスタッフを備えているだけであって、それ以外の場合に子供達を責任を持って預かる能力を(多分権限も)有していないからです。
園バスで送るという、通常の(=安全な)降園の方法が有効ならば、帰そう、となるのはむしろ自然な流れです。
園バスは動くがそのルートが限りなく危険だというところに思い至らなかったのは、確かに落ち度かもしれませんが、あれほどの大津波を地元の人も全てが予想できていた訳でなく、なればこその2万人の犠牲ではないのでしょうか。
仮に園に残す判断をして、もし津波が園バスのルートに来なかったら、大きな余震などで園舎が倒壊し子供が怪我をしたら、ショックで子供が急病を起こしたら、いずれもどうして帰してくれなかったと責任を問われたでしょう。
親御さんのお気持ちは察して余りありますし、他にもなにやら不手際があるみたいで、訴訟も無理ないとは思いますが。

投稿: 彼岸過迄 | 2011.08.16 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽医者:

« Dellパソコン復旧 | トップページ | 拡販店による究極の嫌がらせ »